男女平等社会って

レス63
(トピ主1
お気に入り85

生活・身近な話題

トピ主

働きたい女性だけの主張に聞こえますが、そんなに必要なことなのでしょうか?
男女って互いに違う性質であり、外見からして全く異なる生き物だと思います。
男女平等を言えば言うほど、生き難くなりそうな社会をイメージしますが私が遅れているのでしょうか?
平等を言うのなら、子供の教育環境を平等にしたほうがいいのではないかと思います。
義務教育があったところで、裕福な子とそうでない子とでは雲泥の差があります。
合わせて、相続制度の廃止とかがあれば資産家とか関係なくなるとも思います。
「男女平等」聞こえはいいですがより一層、男女間で隔たりが出ると思いませんか?

ユーザーID:9944337602

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数63

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同意です

    トピ主様に同意です。
    女性が男性と同じように活躍出来るのは頭を使う仕事のみだと思います。
    肉体労働は男性には絶対かないません。
    逆に女性にしか出来ない仕事だってあるのですから、互いに不足しているところを補いながら生きる方がよいと思います。

    教育に関しては、日本はかなり平等じゃないんでしょうか。

    ユーザーID:9431312396

  • 言わないよりはましでしょう。

    >聞こえはいいですが

    「聞こえ」だけでも、あれば意識します。

    男女平等の意識さえない国も、まだ世界中には沢山あるんですよ。

    女性であるが故にまともな教育を受けられなかったり、公の場では女性のみ顔を
    隠さなければいけなかったり・・

    国民の常識として、平等意識があるだけでも、日本はいい国だと思います。

    トピ主さんのおっしゃるのは、差別ではない「区別」が必要だということでしょうか。
    私もそれは賛成です。

    しかし、子供の教育環境の平等化の話が、個人資産の問題から相続制度の廃止という
    発想に行くというのは、かなり突飛ですね。

    相続を廃止すれば、個人資産の行く先は、常識的には国家です。

    飛鳥時代に、当時の日本政府が土地と人民の国有化を宣言しましたが、その政策は
    たった50年で失敗しました。
    つまり1300年前に破綻している発想ですよ。

    いや近代でも旧ソ連とか中国本土では類似の考え方が敷衍されてますが、成功してる
    とは言い難い発想です。

    トピ主さんは、それで、どうやって男女平等に変わる理想を持った社会を組み立てるんですか?

    ユーザーID:4641323705

  • 一部同意

    といっても「男女平等は必要か?」という部分だけ。

    男女平等!女性に市民権を!と吠える輩がいるから、そういった風潮(制度等)になっただけです。
    もちろん、女性だから…といった差別的なものはなくしていくべきですが、
    むりやり感はありますね。

    トピ主さんは女性でしょうか?
    男女平等社会では、責任を押し付けられて生き辛いと?
    そういう人には平等は訪れませんから心配しないで大丈夫です。

    教育や資産の件は、社会主義国家でないと無理ですね。

    ユーザーID:8815574447

  • 区別はあっても差別はいけない

    男女ともに生きる選択肢が増えるのは望ましいことです。

    先進国でも日本は子供にかかる学費が高すぎますので、それを国が負担するのは大いに賛成です。

    相続制度はむしろもっと柔軟に緩めるべきです。
    三代で山を捨てねばならなくなる現状は大変危険です。
    外国資本にそこらの土地を買い叩かれている現状を直視し、早急な見直しが必要。

    ユーザーID:9717122205

  • つっこみどころ満載のトピ主さんの意見

    >働きたい女性だけの主張に聞こえますが、そんなに必要なことなのでしょうか?

    労働は男女問わず、憲法で定められた国民の義務です。働かなくていいって誰?

    >男女平等を言えば言うほど、生き難くなりそうな社会をイメージしますが

    いつと比べてですか。
    ・男性は複数の伴侶を持てるけれど女性は持てない
    ・離婚時に親権は男性家長に
    といった長い長い辛苦を強いられた時代は生きやすかった?

    >子供の教育環境を平等にしたほうがいいのではないかと思います。

    義務教育は全ての人にチャンスが有り、私立高校の費用補助や、
    優秀な人に対する返済不要の大学の奨学金(企業などが負担)など
    よくなってきましたが、まだもう少しですね。

    >相続制度の廃止とかがあれば資産家とか関係なくなるとも思います。

    相続税廃止はいいですが、資産家の重税感はものすごいです。所得税
    と住民税で、所得の5.5割とかね。その結果残した資産にまた重税だと
    したら、税金の安い海外に居住する方がいいと思いませんか。
    物事は単純ではないので、どのように最適に運用すべきか考える必要
    があります。

    ユーザーID:1128137857

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 賛成出来ません

    男女平等と相続の廃止や教育の平等?はどういう関係があるのでしょう。

    義務教育は誰でも受けられるので平等です。お金を持つ人がそれ以上のことを子供に施すことのどこがいけないのか分かりません。

    相続を廃止する目的はなんですか。要するに、教育機会の平等ではなく、その結果、得られる収入や社会的地位の平等を求めているのでしょうか。

    そういう国が過去存在したし、今もわずかにありませんが、うまく行っていないことは誰の目にも明らかです。賛成出来ません。

    ユーザーID:8201944101

  • 個人が自由に生きられる社会

    >働きたい女性だけの主張に聞こえますが、そんなに必要なことなのでしょうか?

    男女とかに関係なく、”個人が自由に生きられる社会を実現する”と考えれば良いのではないでしょうか。

    本人が望んで努力もするつもりでいるのに、”女だから男だから”を理由にして、可能性を奪うのは、精神的な自由がないことを意味すると思います。

    ユーザーID:7893269593

  • んー

    もう少しいやたんまりと、近代歴史の勉強をしたらいかがでしょうかね。

    ユーザーID:0484540632

  • 誰も努力しない国になりますよ

    私は個人的な考えとして、生まれた環境は選べないという時点で不平等ではないと思っています。
    もうそこは運なので。選べないというところは誰しも同じです。平等です。あとは運です。
    運は平等にはできないものです。

    そもそもトピ主さんは平等社会が意味するものを間違えていると思います。
    男女は見た目からして違う。当然のことです。
    平等社会とはなにもかも一緒にしろではなく、性差を認めた上で、性別による不当な扱いをなくす、ということを意味しています。
    性差があることは大前提なのです。また、働く女性のためというのも違います。
    例えばこれで女性が無能力者であった頃に戻すとなると、女性は男の付属品であり、従属するものとなります。選挙権もありません。
    これは働いていない女性にも不利なのでは。また、勉学の機会も奪われるでしょう。結婚も好きな人とはできないかと思います。これが男女不平等な社会です。

    資産没収などしたらなんのために努力するのかわかりませんね。
    資産を得られたということはその家の誰かが努力した証ですよ。
    また頭の違いや教育の差はあった方が良いでしょう。

    ユーザーID:8524490095

  • 働きたい女性の家族も不利益

    雇用機会の均等だけが男女平等でもないとは思いますが。

    さておき、働きたい女性だけがというより、働きたい女性の家族の方が男女雇用機会の不均等故に多大な損を被って来たんじゃないかと。

    世の中には全ての家族で、息子と娘が一人ずつではないので。
    跡継ぎのいない家は婿を貰わねばです。中世の武家社会ですら跡継ぎの男子がいない場合や能力が無い場合は、娘が経済力含む権力の相続可能な習慣があったのに。
    経済条件で男女格差があると、娘しか産まれなかった家や、息子がイマイチな一族や家庭は、没落せよと言ってるようなものです。

    また、父に問題ある家庭の子供は、母が経済力を持てない場合は、恵まれない条件から脱出できる機会が減るでしょう。

    女性の家族は女性だけでなく、その父や息子、兄や弟も入っています。
    男性社会でなぜ女性の権利がここまで伸びたかは、女性の希望も去ることながら、不利益や不服を感じていた男性の力もあったと思っています。

    ユーザーID:0065712327

  • 男女平等を声高に話す人の傾向

    男女平等を声高に唱える人は、基本的に以下の傾向にあります。

    ・女性の権利の拡張を目指す
    ・女性の義務の負担は無視
    ・男性の義務の軽減は無視
    ・女性に不利なことには敏感
    ・男性に不利なことには無視
    ・男性側不利の解消を唱える人は差別者と糾弾する
    ・自分の意見に従わない人(特に男性)を差別者と糾弾する
    ・理屈を重視しないので理屈で反論する人は会話にならない

    まだまだ女性が不利なことは多く残っているとは思いますが、
    少なくともそれを訴えることは自由になり、周囲の理解も進んできました。
    一方、副作用として男性が不利になること、元々不利なことには耳をふさぐ人が多いのが現状です。
    たとえば、父子家庭への手当って認められたのほんの数年前ですよね。

    海外では「男性だけに課せられた○○の義務を負担するから、女性にも△△を認めろ」
    って主張する女性団体も多いのですが、日本では何故か皆無です。

    ユーザーID:9937868441

  • 男女平等っていいうより、

    人はどの人種でも性別でも、
    障害があれどなかれど、平等です。
    全ての人が。

    複雑でもなんでもないんですけど。

    ユーザーID:5312827387

  • 過渡期なんでしょうね

    男女平等であることは悪いことではないと思います。

    でも今はちょっと違うんじゃないかな?と思っています。

    権利が平等なら義務も責任も平等でなければなりません。
    性差を盾に責任逃れをしておきながら、権利だけ平等という輩が多いのです。
    これが真の平等を阻害しています。
    よく見かけるのが、女だから昇進が遅いと差別されたかのように言い募るけど、その実、難しい事や残業、取引先からのハードネゴは女だからと逃げ回って、男性社員に尻拭いしてもらってる。
    権利だけ主張して、義務や責任を果たさない典型です。

    次に、結果の平等を求めるという愚行。
    過渡期は仕方がないにしても、本来、チャンスが平等でありさえすれば良いのです。
    過渡期は仕方がないとするのは、選択する側の意識改革のためで、意識が変れば必要のない措置です。

    義務や責任から逃れているくせに、結果だけ平等を求めるのは、平等とは何かということを考えることさえしない、ご都合主義な愚行です。
    本来的な平等を求める方々の邪魔にしかなりません。
    私だって権利ばかり主張して、責任を全うしない人からは、権利を剥奪したくなります。

    ユーザーID:3269709757

  • 勘違いしていませんか?

    男女平等とは、「機会が平等に与えられる」ってことですよ。

    女性だからとか、男性だからという理由だけで、選択肢が狭められるようなことがないようにということです。

    男女平等を「聞こえがいい」で済ませてしまうトピ主さんは、男性か女性かわかりませんが
    あなたの性別のせいで、就きたい職業に就けない、さらに言えば、
    「男性なのだから(女性なのだから)この職業に就きなさい」
    と強制される世の中だったらどう思いますか?

    受け入れますか?

    ユーザーID:4732243304

  • 男性に意見してはならない

    >男女平等を言えば言うほど、生き難くなりそうな社会をイメージしますが私が遅れているのでしょうか?


    男性には決して意見せず、言われた通りに従う。
    男兄弟とは差別されて育つ。
    女子に高等教育は必要なし。
    …というようなことを受け入れる覚悟があっての発言ですか?

    単に「働かず養ってもらいたいという希望が叶う!」とだけ考えているなら、考えが浅すぎますよ。

    ユーザーID:2220542424

  • 勉強してないんですか?

    あのですね…。
    おいくつでしょうか?学生さんですか?

    子供の教育の平等は必要です。
    でも、そこに男女平等が無いとどうなるかは、歴史を見れば明らかですね。

    トピ主や私は運良く先進国に生まれました。
    子供の教育の平等を願って、選挙に行く権利だってあります。
    でも日本も女性の選挙権は昭和20年からです。
    今まで、そういう当たり前の権利を手に入れる為、女性は戦って来ました。
    男女平等雇用法も、育児休暇も、やっととれた権利です。
    私が第一子を産んだ時は、無かったのです。
    政治家に働きかけたり、手紙を書いたり、そう言った女性がいて、やっと得たんです。
    私は絶対手放すつもりはないですよ。

    トピ主さんのそう言う意見も、男女平等に権利があるから言えるんです。
    男も女も、働いていい。
    遊んでいい。
    子供を育ててもいい。
    教育者になっても、スポーツ選手になってもいい。
    そう言う事なんですよ。
    貴方が専業主婦になるのだって、権利です。
    とくに女の子は昔は学校へも行かず、子供の時から働いたんですよ。

    ユーザーID:0671791333

  • 言いたいことが論理的でない

    「男女は平等ではない」もしくは「男女は平等である必要はない」と言いたいのかと思ったら、最後のほうは「男女間で隔たりが出る」ことに懸念を示している。
    相続については、とんでもない暴論です。
    相続することによって、人類はここまで文明を築きあげることができたのです。

    ユーザーID:8093368780

  • では大昔のように

    女は学歴なんぞいらない、家で家事子育てしろ
    両親の財産は家名を継ぐ長男にいき、女には一切の財産相続を認めない

    とかトピ主さんは賛成なんですか?

    ユーザーID:5117623886

  • 夫より給料が高くてきまづい

    男女平等って確かにいい面、悪い面があると思います。いいのか、悪いのか、やはり何十年前に比べたら、どんどん男性の給料が減って女性の給料が上がってますよね。実際にうちがそうですね。私の方が夫より給料が若干高くてこれも男女平等社会がもたらしたことなのかなとちょっとだけ思います。

    私は基本男女平等には賛成です。でもちょっとは男性の方が上に立ってほしい、リードして欲しい、強くいて欲しいという気持ちはありますね。身体的にはほぼ確実に女性は男性に勝つことは出来ないので、やっぱり守って欲しいか思うのかも。

    ユーザーID:8189946003

  • 矛盾してませんか?

    教育や私有財産に対してリベラルなら、ジェンダーに関してもそうあって欲しいな。

    >「男女平等」聞こえはいいですがより一層、男女間で隔たりが出ると思いませんか?
    ん? 何故ですか?

    「男女機会均等」は、もちろん生物学的性差を前提にしたものであって、女性であること
    によって社会的不利益をこうむることのない社会をめざそうというものです。
    貴女は何故、生き難くなるのですか?

    ユーザーID:8713148521

  • 差別がなく男も女も自由に生きられる社会

    理想は平等ではなく男と女が自由にそれぞれの特質を生かし生活できることです。

    もともと人間は一人ひとりが違う存在なので完全な平等は不可能です。

    ですから今は少しずつ世の中の不平等を正していくことが大切だと思います。

    確かに相続は大きな不平等を生み出しますので是正する必要があると思いますが、税の徴収についてもバランスの問題があり全てが一代限りというのも刹那的で賛成しかねます。

    行き過ぎた平等はすでに社会主義の実験から明らかで、かえって特権階級を生み出すという不幸な結果に終わることを示しています。

    ユーザーID:3680210015

  • もしかしたら・・・ですが、

    時代と時代の狭間で、皆混乱しているのでは?
    「差別」と「区別」の違いは非常に難しいですよね。
    確かに男女は身体の作りから、脳の構造まで、心身共に違う生き物かもしれない。
    今は平等とどう接したら良いか、世の中が見極めている時かも知れない。
    少子高齢化や結婚年齢の変化まで、色々と関係もあるでしょう。
    もしかしたら?近い将来男女共に「平等」との関わり方(考え方)が改善されればね。
    女性は「女らしさ」や「女のくせに」と言われるのを嫌うけど、
    男に対しては、男女共に「男だから!」と思いますよね。
    この先、どの様な世の中になるでしょうか?

    ユーザーID:2277408766

  • 平等の意味をはき違えている

    機会の平等は必要です。

    男女の違いによって、職業を限定したり、
    教育の機会を奪ったり、選挙権を与えなかったり
    しない。
    これが「平等」なのは肝心でしょう。

    先人たちの努力の結果ですが。

    その他のことに関しては、それぞれの能力差や家庭の
    方針に応じて選択することです。

    夫仕事・妻専業主婦を選んでも「平等」
    お互い折半の共働きも「平等」
    妻仕事・夫専業主夫を選んだって「平等」
    役割分担の違いだけの話でしょう。

    児童扶養手当って、母子家庭のみなんでしたっけ?
    父子家庭にも同じ援助あってもいいですよね。
    そういうのも平等は必要ですよね。

    それだけの話では。

    ユーザーID:5703586078

  • 適正ではなく、機会の平等でしょ

    捉えている意味が違いますよ。
    身体の差等はあるが、男女とも同じ人間です。
    私は、人生において、どのように生きたいのか、選択する権利はあると思いますよ。

    で、百歩譲って、トピ主様のお考えに合わせるとすると、男女が、各々の選択肢以外選べないなら、子供の頃から教育も別々にするべきです。大人になって、「あれ?平等じゃないの?」って、なりますからね。私はそんな社会は嫌ですが…。

    まだまだ、現状では男女間での機会均等は得られていませんが、男女で括るのではなく、個々の人間の適性で生きられるようになると良いと思います。

    ユーザーID:9076659760

  • 男女が不平等で良いということ?

    一昔前は「女性に選挙権なんてもってのほか!」という時代がありましたが、その現代版のような主張ですね。

    平等というのは「機会の平等」が保障されるべきということであって(実際には保障されていないケースもままありますが)、強制的に何から何まで平等にするということではありませんよ?

    トピ主さんが男性か女性かわかりかねますが、こういう主張をされるのは、向上心のない怠け者の女性か女性に脅威を感じている力不足の男性ではないかと勘繰ってしまいます。

    私自身は働く母親ですが、まだまだ男女は不平等だと感じています。
    母親の方が負担が重いです。

    でも、先人たちが頑張ってこことまで持ってきてくれたのだから、私も努力してより良い社会にしていきたいと思っていますよ。

    ユーザーID:3235776521

  • 日本は先進国なのに

    >男女平等社会って、、、、、、、そんなに必要なことなのでしょうか?

    つまり、トピ主様は男女平等は必要無いとお考えなのですね?

    少なくても今の日本は男女平等に教育を受ける権利がある社会ですので、
    日本史、世界史、世界情勢・・・もう少しマトモにご自身でお勉強されれば
    こんな質問自体が生まれないと思います。

    ご自身がお勉強されていなかった(お勉強したくなかった)のに、
    「勉強したい女性の主張」のせいで、無理矢理学校に通わされてたんでしょうか?
    なら、お勉強しなかったのもしょうがないですが。

    昨年ノーベル平和賞を受賞した10代の女の子のこと、ご存知?
    日本は先進国なのに、大の大人の中にこのような質問をする方がいる嘆かわしい現実。
    はぁ。。。

    ユーザーID:7989958997

  • 働きたくないだけでしょ

    「男女平等」を

    >働きたい女性だけの主張に聞こえますが、

    と言ってしまえるトピ主は「働きたくないだけの女性」ですよね。


    男女が平等でないという事は、片方が優位になるということです。
    過去の歴史を知らないのですか?
    男女が平等でない時代の女性がどんなに忍耐を強いられていたかを。
    結婚したら、義父母や夫の機嫌を損ねないように、追い出されないように、どんなに理不尽な目にあっても我慢していたのですよ。
    離婚されたら、養ってもらえないし働けるところもないから生きていけないのですから。
    子供は「夫実家のもの」ですので、親権も養育権も夫のもの、妻は追い出されるだけです。

    ユーザーID:4898296225

  • ???

     トピ主さんが、こんなところに書き込む権利もなくなりますよ。

    ユーザーID:4785811713

  • よく出来た風刺画があります

    風刺画があります。

    一つは、肌を見せたファッションをしている女性。
    一つは、頭からすっぽりと黒いベールをかぶっている女性。
    ただ、その両方共の女性は同じ事を考えています。
    「こんな姿をしないと、男性と一緒に居れないのね」

    両方ともに言い分はあります。
    しかし、圧倒的に肌を見せたファッションをしている女性が有利です。
    何故か。
    それは、自由に服装を選べる権利があっての発言だから。

    男女平等は、男女の区別をなくすものではないのです。
    一部、それらを混同して喚いている団体もありますが。

    女性は子供を産む性です。これらから逃れる事はできません。
    遺伝的にもそうなっているのです。
    でも、自由を選べる権利に置いては平等であるべきです。
    これは、男女関係ない話です。
    男性にも自由な権利と平等な機会があるのです。

    また、トランスジェンダー、男女共に色んな恋愛の形もあります。
    その人達の自由と権利を守る為にも、平等であるべきですね。

    私は自分の子供は男女平等の世界で育ってほしいですよ。
    トピ主さんは、自分の子供が女だったとして、
    「女だからその職業は無理」と言いたいですか?

    ユーザーID:8105759081

  • 多分みんな論点がそれぞれなので

    子供の環境を全て平等にするには、生まれた瞬間から親元を離す必要がありますね。
    私はそれを良いとも悪いとも思いませんが、反対意見は多そう。

    多分主さんの仰る男女平等って、雇用機会均等法のようなことだと思うのですが
    ある程度は必要かな、と思います。
    ただ、最近はちょっと行き過ぎの様子かな…と。
    企業内の女性役職の人数に目標値を作る、というような動きがありますが、あれは滑稽ですね。
    あんなもの、男女関係なく力のある人物を据えればいいだけの話であって、その流れで企業のカラーとして独自に男女比を定めるっていうなら宣伝にもなるかもしれないけど、行政が介入するようなことではないです。
    女性が輝く社会なんてのも余計なお世話です。
    輝きたい人は勝手に輝いてますからね。
    輝く気が無い人まで構うとやる気がある女性が足を引っ張られます。

    最近は妊婦との摩擦も顕著になってきたので、そろそろ行き過ぎた平等論は衰退すると思いますよ。
    何せ日本人は欧米の女性と違って、出産直後から働ける人はそういません。
    体の質が違うのですから欧米のスタイルを真似るのにも限界があります。

    ユーザーID:8323120495

  • 平等じゃなかった時代のことを知っていますか?

    女性は
    子どものうちは父親に従う
    結婚したら夫に従う
    年を取ったら息子に従う
    ということを当たり前のように強いられてきた時代がありました。

    従うってどういうことかわかりますか?
    意見があっても言えないんですよ。
    父親が「こうしなさい」と言ったら嫌でもその通りにしなくてはいけないってことです。

    「女に学問は必要ないのだから本を読むな」と言われて取り上げられても我慢するしかない時代があったのですよ。

    「おまえはこの人と結婚しなさい」と言われて、思いを寄せる人がいるのに泣く泣く嫁がされたりした女性も多かったんです。

    DV夫から逃げることも許されない女性もいたんです。

    そんな時代がほんの100年ほど前にあったんですよ。
    そういうことを知っていて「男女平等が必要なのか」と言っているのでしょうか?

    ユーザーID:5826585411

  • 何をもって平等とするか

    ここでトピ主さんが仰る「平等」とは何かによりますよね。

    男性も女性も仕事量も給与も同じみたいな、古い共産主義みたいな平等ならば、確かに男性に頼って生きようとしている女性にとっては生きづらく不必要かもしれません。

    でも今日本で言われている男女平等は機会(チャンス)の平等です。
    男性でも女性でもやりたいと思った事に挑戦するチャンスは平等に与えられるべきだという事です。
    それは人間として社会で生きていく上では当然の事です。
    チャンスをつかんだら、あとは個人の努力が花開くような社会が来ればいいと思います。

    ただし、政府が推進しようとしている「女性の活躍」についてはちょっと疑問があります。
    企業の女性役員や女性議員の割合を諸外国並みに増やそう!って、それは今の日本では女性の男性化を意味すると思います。
    企業や議会でも女性が女性として遇されるなら問題はありませんが、今の日本では所詮「男の代わり」です。
    それでは数を増やしたところで意味がありません。
    社会の根本の思想が変わらない限り日本では女性が女性として活躍するのは難しいと思います。

    ユーザーID:2061116333

  • 男女平等とは公平な扱いをすること

    例えば、

    ・男性社員Aが一か月に10の成果を挙げた。
    ・女性社員Bが一か月にまったく同じように10の成果を挙げた。
    ・AとBの仕事上の成果は1年間を通してまったく同等であった。

    それに対して与えられる給与が、
    ・A=500万円。
    ・B=250万円。
    加えて、Aは課長になり昇給した。
    Bは昇進も昇給も見送られた。
    このような差が生じた理由は、Aが男性であり、Bが女性であったためである。

    単純化して書きましたが、似たような事例が過去には当たり前のこととして存在していたのです。
    男女平等とは、上記のABのように、仕事上の成果が同じであるなら同じ給与を払い、能力が同じであるなら同じように昇進昇級のチャンスを与えましょう、ということです。
    性別を理由にして不当な扱いをするのはやめましょうと、ということなのです。

    >子供の教育環境を平等に

    少なくとも、子供の教育では、同じ答えを書いたのに、裕福な子には○が、貧しい子には×がついたりはしませんよね。

    >相続制度の廃止

    私有財産を禁じ、すべてを国有化する試みはかつてなされてきました。
    一つの理想ではありますが、長続きしないものなのです。

    ユーザーID:9412206058

  • 難しいですが

    比較して同じというとき「人間」が物差しのような感じがします。男も女も、性同一性障害などであっても、あるいはまた人種が異なろうが、「人間」として同じだという発想だと考えています。でも難しいのは「人間」という物差しです。男と女、オスとメス、雄花と雌花は、明らかに違うのですが、「同じ」だというのが平等論ではないでしょうか。雌雄の別を消し去るのが平等だという考えもあるみたいですが、おかしいと思っています。 また、教育については、機会均等という考えがありますが、それで十分なのかどうかはわかりません。男女別学はなくなってきました(国立の女子大はありますよ)が、いろいろなスポーツ競技については、すべて混合になっているわけではないですよね。違うものは違うように、子どもは子どもとして、大人は大人として扱うのが平等ならば、男を男として扱い、女を女として扱うのも、平等のはずですね。separate but equalにも一定の根拠はありそうですが、黒人だけの学校、白人だけの学校はよくないとされています。飛行機や船や観劇では、料金が違うと待遇が違う、というのもありますが、これは平等?

    ユーザーID:5934120368

  • トピ主さんにも皆さんにも共感できない

    >男女って互いに違う性質であり、外見からして全く異なる生き物だと思います。

    産む性だとか色々言う人はいますが、それを全部個人差と見なし、男女に差はないとするのが男女平等だと私は考えますし、私が子供の頃に学校で習った男女平等もそうでした。
    平凡な人が男女で求められる事の違いなんて殆どありません。例えば3Kの代表と言われる建設業でも実はそれ程体力は求めららませんし、見るからに体力の無さそうなお爺さんも沢山働いていますし、少数ではありますが現実に女性も職人として働いています。

    >嫌でもその通りにしなくてはいけないってことです。

    それは女性に限った話ではありませんでしたよ。男性だって「農家の跡取りに学問は必要ない」と言われれば我慢するしかありませんでしたし、「おまえはこの人と結婚しなさい」と言われて泣く泣く結婚させられたりしたのも女性に限った話ではありません。
    男女共に色々なしがらみに縛られていたのを殊更女性だけ取り上げて不平等だと言っているだけです。
    皆さんが言う様な女性が不幸ではなかったとは思いませんが、でも女性だけが不幸だったという風潮は明らかに事実に反します。

    ユーザーID:8473429279

  • 男女平等社会にするなら真の男女平等社会に

    私は男性です。
    このトピに来ている女性の皆さんは、男女平等社会には基本賛成されているようですね。
    同じ仕事をした場合、性によって給与に差別を設けられることがない社会、等の例を出している方もいるようですが。

    しかし、その前に女性の意識が変わらなければ、男女平等社会は実現しませんよ。
    女性の考える男女平等社会は、人間として平等に扱え、しかし女性が優遇される「既得権益」はそのまま残せ、という「平等」などとはほど遠いものです。小町のトピでも頻繁に出てくるこの言葉が象徴してますよ。
    金払いの良くない男に対して「ちっちゃな男」「甲斐性なし」
    これが男性に対する差別用語だと考えない無神経な女性たちが「男女平等社会」と語ることなど笑止千万ものです。(「これだから女は」「女のくせに」という言葉に対しては烈火のごとく怒る癖に、平気で上記の言葉を話せる無神経さ)

    そもそも「男女平等」であるなら、男が女性のために「金づる」になる必要性も全くなければ、別に女性より器が大きいことが義務であるはずもなく、金が欲しけりゃ自分で稼げ、で済む話ですね。

    続きます

    ユーザーID:8058126872

  • 男女平等社会にするなら真の男女平等社会に 2

    続きです。

    男にそんなこと言う前に女性自身が器を大きくすれば良いですし、男を蹴
    落として出世して高給取りになればいい。そのためにぶっ倒れるほど仕事すりゃいいだけです。


    本当に「男女平等社会」を目指すなら、まずはすぐに男に都合よく頼ろうとし、その時
    だけ急に「女は弱いのよ」となってしまうその他力本願思考を排除することですね。

    男女で区別が必要なのは、身体的・生理的な面での区別のみです。
    真の「男女平等」とは「差別を受けない」ことは当たり前ですが、それに加えてもう1つ「性による優遇も一切されない」。これが真の「男女平等」です。

    ユーザーID:8058126872

  • 異なる生物なのに、何をもって平等とするか?

    こんばんは、ハッピーです。

    「異なる生物なのに、何をもって平等とするか?」←トピ主さん、これが難しいんですよ。

    男と女は違う生き物なんです。
    明らかに違いがあることをふまえて、どうしたら双方が納得するかが問題なんですよ。

    例えば、
    男はエサをとるのが役割だから、仕事は男有利であるべき。
    女は人を産み、授乳もできる性であるから、やはり早く結婚し、家で活躍するべし。

    という言い分なら、それを前提に社会を作くって、大半の男女がそれに納得出来ないと不味いんですよ。

    極論「男女雇用機会均等法」を廃止して昔の男しか、働けない社会に戻して「男性優位」を今より鮮明にしたとします。

    男は女を守りきれますかね?
    女は男を支えきれますかね?
    そこが問題なんですよ。
    では失礼します。

    ユーザーID:4738152312

  • 勘違いしてますね

    他の人も書いていますが、適正を無視して無理やり男女比を同じにしたりするわけではありません。法的な男女平等というのは、あくまでも機会の平等を保証するものです。
    さらに書いてて馬鹿らしくなるくらいに噛み砕いていうと、たとえば「女性には選挙権はいらない」や「女性は大学にいく必要は無い」のように、女性という理由だけで機会を与えられないということの無いようにするのが、男女の平等というものです。
    要は、誰にでも門戸を開くということであって、アファーマティブアクションをやるということではありません。

    なんというか、女性にこれを理解していないのがいるっていうのが、男女平等を浸透させる上での最大の難点ですね。まあ、まさかその趣旨を理解できない人間がいるとも想定しませんしね。

    ユーザーID:8575709900

  • 結果、機会、何を平等とするのか

    平等って難しいですよね
    共産主義国ではありませんから「結果」の平等は不可能です
    「機会」の平等はある程度実現できるでしょう


    男女平等において感じるのは
    女性が、働いて、子供を産み育て、家事もやって
    「全部同時にやれるようにする」事が男女平等であるかのように勘違いしている人が多い
    全部やるのは常人には無理です、全部やったら辛くて当たり前です

    女性が「自分の道を選択する事ができる」これが男女平等なんです
    子供を産み育て、家事をする、でもいいし
    仕事をして出世する、でもいい
    自分で選べることが大事なのです


    男女平等とは
    女性が全てを同時にこなせるようにする事でも
    結果としての女性管理職の数だけ増やして辻褄をあわす事でもない

    そういう、平等の趣旨をはき違えた男女平等論が横行しているのは嘆かわしい事です

    ユーザーID:7920649596

  • 全てにおいて平等はあり得ない

    でも、それに向かって改善していくことが大切です。
    同じ仕事をしていながら男性だからという理由で高い給料をもらえるのはおかしいです。
    しかし、男女間の役割って意識が社会にまだまだありますね。
    専業主婦は普通にいても専業主夫はまだまだ奇異な目で見られます。専業主夫という生き方を男性が選んでも変な目で見られないこと。それも平等な社会のあり方ですよね。
    仕事において性による優遇をナシにするのは賛成です。どんなバカでも男性だからと昇格できた社会はもう今後は変化すべきです。都会や大手企業だけではなく、地方の中小企業においても同一の認識をもつように社会に浸透させるべきですね。老若男女すべてに意識改革が必要です。
    そして、女性が働きやすいよう幼児・児童を安心して預けられる場所をもっと増やすべきですし、家庭という物を男女共に大切にする意識もまた必要です。家庭を軽視して仕事をしてそれで良い夫婦親子関係が築ける訳がありません。

    ただ、個人差はありますが男性が女性に求めるキレイ・優しい・細やかな気配りや、女性が男性に頼りがいのある強さやエスコート力を求めるのも多分、変わらないでしょう。

    ユーザーID:7048029755

  • 難しい、話の続き

    第1、生物の先生に聞いたのですが、一般にオスよりメスが強いとのこと。なるほどと思って、つい世迷言を言ってしまいました。「オスは、生物学的には弱いから、社会的には強くしてきたのか」と。 第2、affirmative actionについては、私も大いに疑問です。逆差別の感じがします。 第3、相続制度の廃止は興味がありますが、難しいでしょうね。 第4、子どもは家庭で育つのが一番ではないか、と考えられているし、この考えには、一理あるように思います。が、子どもは親を選べないし、親も子どもを選べないという事情が重要ですね。「機会」自体にすでにある種の差別があることを認めざるを得ないと思います。考えるべきポイントが非常に多いですね。

    ユーザーID:5934120368

  • 平等の意味を履き違えてるだけ

    多くの方が指摘しているとおり。性差に関係なく「機会を等しく与えるべき」と言うのが基本でしょ。

    だから「役職者、議員の何人以上を女性にする」なんてのも性差別。「女だからその役職には付けない」が差別であるのに対し、「女でも男と同じにその役職にふさわしければ登用される」のが平等。

    逆に「女性特別枠」を設けて全体として「男性の座席数を限定する」のが性差別でなくてなんですか?

    言ってしまえば各種商業施設の「女性サービスデー」も然り。

    こんな都合のいいときだけ「女」を利用するような考え方を是とする能の無い男にも責任あり。だから勘違い女がのさばる。そんな女が都合のいい男女平等を声高々にトピたてるから叩かれる。

    ただし、そんな残念な奴らは幾ら正論で叩かれようと何が間違ってるかすら理解できないけど。

    トピ主はそういった「勘違い女」の主張と、本来の男女平等の意味の違いに気付いていないだけ。

    ユーザーID:4956415618

  • トピ読んでると

    働くのいやだから誰かに養ってほしい。子どもの教育は平等に最高の教育をエスカレーター式でね。お金は資産家のとこから回してちょうだい。

    って読めるのですが、思い違いだったらごめんなさい。

    ユーザーID:9091495228

  • 機会の平等と言っているのに、

    こういう時に男性から女の他力本願を見直せという
    レスが付きますけど、

    企業や国が機会の平等を与えることに対して、
    夫婦やカップルのケースを同次元で語ることや
    個別のジェンダープレッシャーや依存心を語ることは
    無意味ですし、毎回男女間のお金の話ばかり持ち出すけど、
    採用や賃金の平等と関係ないでしょ?

    ここで言う平等は、
    女性だから書類や面接選考でわざと落としたり、
    能力が同じでも給与や待遇に差をつける不平等が不当だと
    いうだけなのに、

    男性全てが女性を養う訳でもないのに、
    前提として男性優位にしろってオカシイでしょ?

    上の世代に女性で男性に頼る人がいても、
    若いこれから社会に出ていく依存も何もしていない女性まで
    その他力本願のしわ寄せを受けないといけないの?

    そういうレスする男性の屁理屈って、
    非生産的で、時代を退化させると思いますね。
    若い男女がこの先の社会を作るのに、
    古い人間の偏見で歪めると、成長が阻害されますよ。
    もっと建設的に見たらどうですかね?

    ジェンダープレッシャーと機会の平等を混ぜて話すのは、
    非論理的過ぎますよ。

    ユーザーID:5312827387

  • 論点はどこ

    トピ内容の論点があちこち行くのでタイトルだけで。

    法律で完全に縛ることには無理があります。
    仕事だけに論点を絞っても妊娠、出産だけは今の技術では女性にしかできない。
    となるとこの期間に対しては女性のみへのフォローが必要ですし。

    私の感覚ですが、
    仕事ができるのはやはり男性です。
    決断力や行動力が速いのは圧倒的に男性です。
    遺伝子の影響なのか歴史が培った日本独特の感覚なのかはわかりませんが女性集めてビジネスと思っても「そこまでは考えてない」と言われるのがおち。
    私の周囲でバリバリ仕事をしている女性は未婚や離婚した人の割合が多く
    女性はバリバリ働くことと結婚は両立しにくいものかと考えてしまいます。

    理想は自分では選択できないことで
    自分のやりたいことができないということが排除される社会なのでしょうが
    知り合いの方の教育費のかけ方などを見ていると人間はやはり生まれながらにして不平等です。
    平等な社会は絶対にあり得ません。
    それでも日本人で平均的な家庭であれば何かに向かって努力できる自由だけは持っています。
    その中で一番わかりやすく法制化しやすかったものが男女平等という概念だったのでは?

    ユーザーID:8688248246

  • 男女平等を誤解してる人が多すぎる

    平等とは、全員が同じことをするという事ではありません
    どうも世間では、変に誤解しているか間違えている人が多い
    現にトピ主さんは、男女平等=共働きになる事だと思っている様子

    まあ、誤解するのも仕方ないかもしれません
    今の政府は、税収増額を目指して、主婦の扶養控除をなくし、人手不足の現場に
    より安い労働力を供給し、かつ税金を取るという方針ですから

    男女平等というのは、基本的人権おける平等です
    昔、女性の地位は低く、発言力もなく、父親や夫に従属し、自由がありませんでした
    相続権もなく、選挙権もなく、学びたくても学べず、結婚したくなくても結婚を強いられたのです

    現在、多くの女性が働き続けたいと思うのは、経済力がないと
    今の時代でも、生きて行くのに色々と自由を奪われる場合が多く
    夫の経済力を前に、発言力が極めて低くなる事が多いからでしょう

    本来は、経済力に関係なく、男女も夫婦も平等であるべきなのです
    そちらを目指すべきなのに、何故か日本では、男女ともに働くことが平等であると
    語られているからオカシイのです

    働きたい女性の主張が、一部の勢力の思惑に利用されている現状が心配です

    ユーザーID:4775585413

  • 一部の人はそこは理解していると思いますよ

    >女性が「自分の道を選択する事ができる」これが男女平等なんです

    一部の人はそこは理解していると思いますよ。ただその一部の人達の大半が、女性が自分の道を選択できる様に、男性がそのお膳立てをする事を男女平等だと勘違いしてますけど。
    自分の道を自分で選択できる事、その入り口に立つ事は平等である事。資本主義における平等とは正に貴方の言う通りなのですが、それにもう一つ。その選択に対する責任は自分にある事。これを忘れる人が物凄く多い。
    働く事をセーブして家庭を優先する事を希望しても良いですけど、自分のその希望を叶えてくれない夫が悪いわけでもありませんし、そういう生活をさせてくれない社会が悪いわけでもない。そういう選択ができない自分の能力不足。
    家庭をセーブして働く事を優先する事を希望しても良いですけど、蹴落とされるのは男性社会だからではない。自分の能力不足。

    女性は特に「男性社会だから女性は男性の3倍働かないと評価されない」と言いますが、先入観を持たずに世の中をよく見渡してみて下さい。男性の3倍働かないと評価されないのは、同じ様に働いても男性の1/3倍の結果しか生んでいないからです。

    ユーザーID:8473429279

  • 男女は平等じゃないですからね…

    ちょっとズレますが,男女は平等ではないですからね。

    男はいくら頑張っても子供を産めません。
    こんな不公平はないですね。
    女だけが子供を産む権利を持っているのですから。
    これを解消しなければ平等になるはずもありません。

    ユーザーID:1561232508

  • 既得権を侵されたくない

    男にせよ女にせよ、男女平等に批判的な人は既得権を手放したくない、しがみついていたい人なのかなと思います。皮肉っぽい言い方ですみません。
    女性の場合に既得権とは違和感があるかもしれませんが、旧来の女性の生き方のモデルが否定される危機感とでも言えばいいでしょうか。
    トピ主さんの場合は、それと格差問題がごっちゃになっていますが、要するに、横並びで一億総中流意識でやっていくことのできた頃の日本をよしとする感覚が読み取れます。
    今の日本は格差社会が進行し、貧富の差が目に見えるようになってきた。夫婦ともに働く家庭の裕福さと、専業で裕福さを感じられない家庭の差を感じ取っているのだろうかと推察しました。
    とすると、トピ主さんの問題は、男女平等というよりは、トピ文の後半の格差の是正・適正な富の再配分の方に重きが置かれるべきかと思いますが、どうでしょうか?
    敢えて、男女平等で論じるならば、すでに指摘があるように生き方が自由に選択できる権利と考えればいいでしょう。その観点で行くと、男女平等に批判的な男性もまた、旧来の生き方・価値観に縛られているのかなという気がします。重要なのは、意識改革ですね。

    ユーザーID:6057304758

  • トピ主です

    コメントありがとうございました。
    男女平等の話なのに、子供の教育の話までは余計でした。
    雇用機会はとっくに均等になったはずなのに、今度は権利ばかりの要求が増えたなと感じています。
    トランスジェンダーの話が出ましたが、性差をなくす観点から米国では男女共同トイレの試みが始まっていますね。

    ユーザーID:9944337602

  • 全てにおいて平等だと困る

    現実としては女性にとって美味しい部分だけ平等を求めている感は拭えないかな。
    何を以って平等と言うかには個人間で相当の隔たりがあると思いますし、男女平等を本来の主旨から逸脱して利用しようとする輩も沢山いますよね。

    全女性の総意でないことは事実だと思います。

    ユーザーID:0692262647

  • 論旨が理解できません

    >こういう時に男性から女の他力本願を見直せというレスが付きますけど、

    そりゃつくでしょうね。
    男女平等を謳うなら当然そうなりますね。

    >男性全てが女性を養う訳でもないのに、
    前提として男性優位にしろってオカシイでしょ?

    すみません。
    誰がそんなこと言ってるんですかね?
    ざっと見たけど、そんなレスありました?
    女性の他力本願を見直せって主張が、「前提として男性優位にしろ」って話なの?

    ちなみに

    >能力が同じでも給与や待遇に差をつける不平等が不当だというだけなのに、

    能力が同じでもアウトプットが違うのはままあることなので、アウトプットが同じなら給与や待遇に差をつけるのは不平等だと思いますが、アウトプットが違うなら差があって当たり前だと思います。

    ユーザーID:6199974358

  • 評価する側の資質

    女性への評価ですが、評価する側が女性差別の考えを持っていれば、女性が成果を上げたとしても正当に評価されません。
    アファーマティブ・アクションは、このような「構造的差別」を解消するための制度です。
    「日本の企業内に、そのような構造的な差別などない。能力を正当に評価した結果として、女性は男性より能力が低いのだ」
    と胸を張って言えるのなら、そう言っていればいいでしょう。
    いずれ、そのような企業は淘汰されていくでしょうから。

    ユーザーID:6057304758

  • 男と女は違う

    こんばんは、ハッピーです。

    トピ主さん
    男女平等って言っても、男と女の違いはあるから、難しいよ。

    今、女性が色々言ってるのは、今まで女性があまりにもないがしろにされていたからだと思うよ。
    私は、男だけど、別に会社にオスメイトトイレと「託児スペース」が合って働く女性が子供を連れて働きやすくなってもいいわけさ。

    また、専業、兼業主夫が増えても良いわけさ。
    別に、もう
    「料理うまくて、おむつ交換得意で、パートしてくれる優しい旦那様を見つけるにはどうしたら良いですか?仕事は私が養うから心配しないで!」↑何てのが増えてもいいんだよ。

    でも、男は逆立ちしたって出産出来ないし母乳もあげれない訳だよ。

    女は力や空間把握能力で男に劣るんだ。

    その上で、どーすれば社会がうまく回るかが問題なんだよ。

    では失礼します。

    ユーザーID:4738152312

  • 違うんじゃないでしょうか?

    >女性が「自分の道を選択する事ができる」これが男女平等なんです
    >子供を産み育て、家事をする、でもいいし
    >仕事をして出世する、でもいい
    >自分で選べることが大事なのです


    大事なのは、
    「女性が...自分で選べること」ではなく、
    「男性も女性も...自分で選べること」ではないでしょうか?

    もちろん、出産を男性が選ぶことはできません、
    しかし、その他は、全て可能です。
    家事だって育児だってできます。

    現状はどうでしょうか?
    男性が専業主夫を選択したくても、それを容認してくれる女性は少ないです。

    女性にだけ自由な選択権があっても男女平等とは言いません。

    ユーザーID:4655816544

  • 要求ばかりなのは

    >雇用機会はとっくに均等になったはずなのに、今度は権利ばかりの要求が増えたなと感じています。


    権利ばかり要求しているのは、
    「機会均等になっても稼ぐのは男の役割だし女は養ってもらって当たり前、ただし妻が専業主婦でも夫は家事育児すべきだ」という、いいとこ取り人間では?

    ユーザーID:2220542424

  • 平等によって何が困るのかわからない

    男女平等によって何を求められているかを誤って理解しているのではないでしょうか?

    「男女」に限らず個人差はあります。これは性別によるものだけではなく同性であって
    同じです。
    外見、能力、性格・・・そこは誰しも理解していることだと思います。

    トピ主さんのいう平等、例えば教育環境の平等というのはどういう状況をイメージ
    されていますか?
    トピ主さんのいう平等は格差をなくすために上を抑えようとしているようにしか
    見えません。

    基本的な部分、入口については平等であることが必要でしょうが、個人の能力差に
    よって格差が発生するのは当然だと思っています。
    格差をなくすために下を上げるなら兎も角、上を抑えるなんてナンセンスです。

    結果の格差が問題ではなく、入口の部分にある機会や権利に格差があることが
    問題だと言うのであれば理解できます。
    そして男女平等はそれを解消するためのものでもあると理解しています。

    トピ主さんが何を懸念して行き難くなると言っているのか理解に苦しみます。

    ユーザーID:0064816087

  • 矛盾したトピです

    ちょっと前のことですが
    遺族年金、寡婦年金、母子家庭手当、レディースデイなど、何故ウーマンリブの人は不平等の実例として取り上げないのかと女性と議論したのですが
    (現在は年金など改善されているようですが)
    女性側は女性は差別されているから当然と言ってました。

    その時感じたのですが
    社会制度の問題などはひとまず置いといて
    女性は論理で話を進められない人が多いと、いまさらながら感じました。
    感覚で飛躍する人が多く、議論がかみ合いませんでした。
    また、意図的かどうか、論点のずらし、ごまかしが上手に思えました。

    ユーザーID:2100141429

  • 全ては平等にならない

    仕事の機会、給料、待遇、昇進においては男女差を作ってはいけません。これは現代では常識です。

    問題は人の意識です。専業主夫はまだ奇異の目で見られますし、共働き夫婦でありながら「家事と育児は女性がすべき」という価値観はまだまだ生きています。地方なら尚更でしょう。
    そのような価値観を振り回す舅姑小姑とパパとママ兄弟姉妹に味方してもらっていい気になって何もしない男性。こういう一家の意識なんかそうそう変わりません。幼い頃から学校で徹底して教え込むなど教育が必要です。
    また、専業主婦は怠け者と批判される方も多いかもしれませんが、妻を専業主婦にさせたがる男性もおられるのです。
    専業主婦批判で不思議なのは何故、妻を専業主婦にさせたがる夫を男性は批判しないのでしょうか。最終的に決めたのは本人だとしても愛しい配偶者のたっての願いならきいてあげようと思う方もいるし、円満な関係でいたくてしぶしぶ専業主婦になった方も多いでしょうね。
    男性配偶者に専業主夫になって欲しい女性もおられるでしょうけど、中々実際に口には出しにくいはず。そういう意識を持たずに済む社会が男女平等だと思います。

    ユーザーID:6728223370

  • 機会平等は重要だけど、結果も出ないと議論は収束しない

    「機会の平等」といいますが、例えば同じ男性でも
    「見るからに健康そうな人」と「顔色が悪く精気がない人」が
    同じ就職機会が得られるでしょうか?

    就職試験が受けられれば平等という解釈なら、多分平等は実現できます。
    企業もそれで義務が果たせるならOK。でも、言いたいことはそうじゃないですよね。


    何年か前、求人で年齢制限をするなということになったとき、何が起こったか。
    前提として、行政は機会平等は強制できても結果平等は強制できないと考えた場合です。

    「応募はできても、内部選考で年齢を理由に落とされる事が予め決まっているなら
    年齢制限無し求人は結果として時間の無駄」ということになり、苦肉の策として
    「○○が活躍中」という表現で、「選考対象になっていない人は応募しても無駄ですよ」
    ということを暗に書くしかなくなったわけです。

    これならば、ハッキリ「選考対象は○○歳以下」と書いてあった方が双方無駄がない。
    さすがに行政も応募者の中から○○歳以上を○割以上採りなさいと強制はできない。
    公式にも、年齢以外を理由にされればそれ以上の干渉は無理なわけです。

    ユーザーID:1265053000

  • 主婦も主夫もあっていい

    >仕事の機会、給料、待遇、昇進においては男女差を作ってはいけません

    私は男女平等を謳う企業に勤務していましたが、
    どうしようもなく男女差というものは存在すると実感しました。
    一例ですが、海外の危険な地域への出張が、女性は免除されるのです。
    これは仕事の機会の損失ではありますが、本音を言えばありがたかったです。

    しかし男性も行きたくて行くわけではありません。
    夜も眠れないほどの不安を殺していくんですよね。女性の代わりに。

    営業担当が男女半々になると、男性が二倍、危険地域へ出張しなければならなくなります。
    結果として、男性の出世が早くなるわけですが、不平等とは思いませんでした。
    役員に女性枠を作るという発想などを聞くと、何だかなあという気がします。

    現在私は、夫婦双方の希望で専業主婦をしていますが…
    専業主夫を求める妻には、堂々とそう口にすることを推奨する一方で、
    専業主婦を求める夫は、男女双方から批判されるべきとの考え方は理解できません。

    ユーザーID:7381665160

  • 簡単な話です

    女が女であることに甘えず、身勝手な優遇を求めなければ、

    男女平等なんてスグにでも達成されると思うわよ♪

    ユーザーID:5069797882

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧