生活・身近な話題

2回目の人生 不安です

レス13
お気に入り31

テン

話題

40歳(性別は伏せさせてください)、休職中です。

子供のころからの夢を叶え、ある職業○○に就きました。ずっと急な山道を全力疾走してきたような人生でした。抽象的ですみませんが、次第に山道が垂直の崖になってよじ登るような感覚でした。それが私の人生だと思っていたので苦ではなかったです。ありがたいことに家族や友人、知らない人からも応援され、傍から見ると輝かしいキャリアだったと思います。しかし、業界では異端児で逆風は強まりました。ストレスのせいか心身に症状が現れ、ある日ガクンと崩れ落ちるように人生が止まりました。うつ病と診断されて休職し約一年です。最初の頃の感覚はもう覚えていないほど辛かったと思います。どうやって死ぬかしか考えていませんでした。配偶者が理解して支えてくれなければ今頃私は死んでいました。今はやっと生きてもいいかと思うようになりました。配偶者に感謝しています。

職場の人は、本心とは思いませんが頑張れ戻れと言います。せっかく○○になったのに辞めるなんて馬鹿だと言います。以前の私なら同じように思っていたでしょう。でも私にはどうしてもその気力は戻りません。もう辞めるしかないのです。それなのに。
私の代名詞のように[○○の]テンさん、といつも言われてどこに行っても歓迎してもらえたのは職業のお蔭でした。職業が人生そのものでした。
だから怖いという気持ちがあります。無職になった私はいったい誰になってしまうのか、人生はどうなってしまうのか・・尊敬されたり皆が友好的だったのは職業によるものだったのでそれらを全部失うのが怖いのかもしれません。途中で辞める罪悪感もあります。

貯蓄は老後まで十分あります。配偶者はしたいようにすればいい、辞めたければ辞めてゆっくり暮らそうと言ってくれています。

隠すことが多くてすみません。人生があまりに予想外で事が大きくて不安です。

ユーザーID:5843632688

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数13

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 二回目?

    うつにまでなったのはお気の毒でしたが、仕事がきつくて心が折れたということですよね。

    もう一回挑戦したら、また折れるかもしれませんよ。もうやめておいた方がいいと思います。何かするにしても、そういう危惧のない仕事がいいでしょうね。

    大変だったことの比喩だとは思いますが、災害で無念に亡くなる方もいるので、二度目の人生という言い方にちょっと違和感を感じました。

    ユーザーID:2716809310

  • 自分を赦せないのは自分自身では?

    そんなに周りの評価が大切ですか?
    せっかく一番身近な配偶者がそのままのあなたでいいよって言ってくれてるのに。

    ユーザーID:5225674116

  • ???

    何がしたいのですか?

    ユーザーID:8080973283

  • 職業を


    推理することは出来ます。が今あかすのはやめておきます。あなたは女性でしょ。

    考えてみると、配偶者がいる事は有難い。よく他のトピで悩みは深いが孤独だというものも多い。あなたは少なくとも理解ある配偶者がいる。

    こういう場合、変に元気づけるのは逆効果。読み手としては見守るしかない。

    だけれどね。

    降り止まない雨はないし、永久に吹く風もない、沈まない太陽もないし、逆に言えば、陽はまた昇る。

    信じましょう。

    ユーザーID:3465203940

  • 不安ですか

    働かなくても、老後まで生活できるお金があるのですね。

    他者と比べてどうこ言う話ではないのでしょうが、
    お金がなくて不安な人のほうが、よっぽど不安です。

    今日泊まる場所も、明日の食糧の確保もままならない人もます。
    被災して、家を流されローンだけ残った人もいるでしょう。

    お金も時間もあって、他者から賞賛されたいという欲求が強いのならば、
    ボランティアをされてはいかがですか。
    ボランティアは賞賛されるためにするものではないですが、
    現場に足を運んで、体を使って片付けの手伝いや生活支援をしたり、住宅ローン返済の足しになるよう資金援助をすれば、人に喜ばれる筈です。

    寝食を惜しんでボランティア活動に励まれるのがよいと思います。

    ユーザーID:8003990215

  • 人間万事塞翁が馬

    何が良いか悪いかなんて、人生終わるまでわからないからねえ。
    人生振り返って、「あの時ウツになって本当に良かった」と思うかもしれませんよ。

    ひとつお聞きしたいのですが、あなたはその職業を愛していますか。
    そんなにも打ち込んできたのなら、異端児だったとか逆風だったとか関係なく、
    仕事が好きでたまらなかったのではないでしょうか。
    具体的な個々の出来事を全て肯定しろと言っているのではありません。
    遠ざかった今、故郷を眺めるように愛おしむ気持ち、湧いてきませんか。

    たまに、戦力外通告を受けたプロ野球選手のドキュメンタリーをテレビでやってますよね。
    それぞれが苦しみ迷いながらも、地方リーグに挑戦したり、転職したりしていきます。
    1つ共通していることは、みんな野球を愛していて、野球のせいで不幸になったなんて言わないこと。

    プロスポーツのみならず、一度でも愛を持って懸命に物事に取り組んだ人は、
    挫折しても別のなんらか形で次のステップへと進んで行けるものではないでしょうか。

    あなたもそんな1人だと思います。

    ユーザーID:2365238549

  • そんな輝かしい道を歩いてきたわけではないけれど

    わたしもアラフォーです。
    まだ誰にも言ってないけれど、もうすぐ長年勤めた会社を辞めるつもりです。会社は、もちろん辛いこともありましたが、居心地が良くて好きでした。

    辞める理由は、夫のサポートがあり金銭的に困らないのと、もっと自分の時間が欲しいからです。仕事は嫌いじゃないけれど……これが自分の人生かと思うと違うかなと。

    違ったらごめんなさい。てんさんが鬱になったのも、仕事とご自分の間に乖離があったからではないでしょうか? もちろん、夢を叶えて素敵なお仕事をされていたのだとは思いますが。老後まで金銭的に困らないなら、自分の時間をゆっくり取って、ご自分と向かい合ってみてはいかがですか? 仕事=自分ではない部分が見えてくるのではないかと思いますよ。

    わたしも、会社を離れるのは恐いです。せっかく築いてきた場所です。ここには自分の居場所があります。

    でも、せっかくだから、もう一歩踏み出してみようと思っています。
    てんさんも、いかがでしょう? 

    ユーザーID:3146938524

  • お気を楽に。

     これまで、特定の山に登る事に全力を注いで来られ、現在の様な事を全く想定していらっしゃらなかったから、様々な不安や葛藤で強く動揺されていることでしょう。

     トピさん、ご自身で感じていらっしゃるより現状はとても明るいのではありませんか?どうかお気を少し楽にお考えください。

     いいですね、輝かしい成功のご経験があって!トピさんが頑張って来られた事実、築いて来られた努力経験は今後もずっと、トピさんの財産だと思います。これから先、老いたり病気にかかったり、退かれてもです。幸いにして蓄えはお有りとのこと、ずっと疾走していらした種目は卒業して、次に何に挑戦してもいいのです。

     努力経験をバネに、今度は登る山を変更して…山の種類を変えたら1年生ですから低い山にして、その低い山でスッ転んでもいいじゃぁありませんか。人生豊かで素敵じゃないですか。 

     職場の方は仕方ありません、職を通じての方はその様におっしゃるのが当たり前です。お気にし過ぎないように、暗いお気持ちになる必要はないと思います。どの人もどんな栄光も力も、いずれは過去のものになるのです。

     お体をお大切に!

    ユーザーID:9820282562

  • まあ ゆっくりしなはれ

    >貯蓄は老後まで十分あります

    もう十分に働いたのですよ。何の不足がありましょう。

    この先、遊んで暮らしてもいいじゃないですか。

    ユーザーID:9379963588

  • まずは回復

    とにかく死ななくて良かった。闘病、本当にお疲れさまです。
    まだ十分ではないでしょうけれど、うつの闘病は本当に苦しいですね。

    主さんはほんとうに努力に努力を重ねてその仕事を誇りにがんばってこられたのですね。尊敬します。
    わたしはそれほど必死の職業ではなかったけれど、それでも50歳手前でリタイアせざるを得なくなった時はどうしようもない喪失感に襲われました。
    でも、出来ない時は出来ない。流れに逆らわず身を任せる。人生にはそういう時期もあると思うのです。

    職業と言うのは自分で思っている以上に「アイデンティティ」にかかわっているものなのだな、とわたしも思います。
    復職後、わたしは別の仕事(ボランティアですが)を見つけました。退職しなければ出会わなかったであろう道です。
    時間はかかりましたし、前のようにがむしゃらには出来ませんが。

    主さんは40歳とのことで、考え方によっては次の道に進み易い年齢かも知れません。また、貯蓄があるのは、非常に幸運だと思います。
    今までのように物理的にがんばるのは無理かも知れませんが、うつが良くなれば情熱はまた沸いて来ると思いますよ。

    ユーザーID:3698730917

  • 本当の自分

    無職になったあなたは本当の自分になるのだと思います。
    そして本当の友人だけが残ります。

    過去も未来も見ず、今日やりたい事だけをやる。
    私はそうしました。
    辛い日々から逃げてもうじき2年になります。
    呼吸が楽になったような気がします。

    会社の顔と言われ前線で頑張っていたあの頃に戻りたい気持ちは少しあります。
    でも今は、朝起きた時にちゃんと呼吸ができている事にホッとします。
    コーヒーを飲みながら今日やりたい事を日記に書き出します。

    会いたい人だけに会います。
    逃げた自分を責める気持ちが強いときは日記に書きます。
    何もやりたくない日は天井を眺めています。
    元気な日は友人の畑を手伝います。

    最近、自分はこれでいいと思うようになりました。
    無色だった世界に色が塗られていく感じです。

    ユーザーID:3441678618

  • 横かも知れませんが

    食生活はどうでしたか?
    偏った栄養バランスも、鬱の原因の一つと聞いたことが有ります。(詳細はネットで調べてくださいね)

    もしそうであれば、食生活を見直すことから始めてみてはどうでしょう。
    お大事に。

    ユーザーID:2069029473

  • 金があるのに何が問題なのか?

    「貯蓄は老後まで十分あります」ってことは
    40代ですでに数億単位の貯金があるって意味です。
    金があるのにいまさら何が問題なのか?
    意味不明だ。

    ユーザーID:2022061014

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧