生活・身近な話題

不思議な雲を見ました

レス20
お気に入り244

トワイライトゾーン

話題

雲、または超常現象に詳しい方、教えて下さい。

ちょっと前に飛行機に乗っていたときの事です。
上空で、窓外の流れる雲を見るともなく見ていた時、急に一塊(乗用車一台分程)の雲が速い速度で逆流していったのを見ました。
飛行機の前方から後方に、飛行機の脇数メートル位だと思います。
「何、何???」と思う間もなく見えなくなりましたが、確かに雲でした。
速いといっても十分に目で追える速さですが、窓越しなので、すぐに見えなくなりました。
飛行物体ではありませんでした。雲です。

その日は曇りで雲は厚かったです。
赤道に近い海上でした。

ちょっと気になっているので、分かる方、宜しくお願い致します。

ユーザーID:4006054943

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数20

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それは逆流ではありません

    >上空で、窓外の流れる雲を見るともなく見ていた時、急に一塊(乗用車一台分程)の雲が速い速度で逆流していったのを見ました。
    >飛行機の前方から後方に、飛行機の脇数メートル位だと思います。

    ごくごく普通のことです。雲のある日に飛べば、必ずといっていいくらいそうなります。
    飛行機は、空気に対して浮いていられる速度(失速速度以上)で飛んでます。
    雲は空気の中で浮いているものが多く、止まっているのと同じです(例外はあるが移動速度は風速が限度。ある場所で雲が発生し、風で流され移動したら消えるという雲で、風に対して見かけ上風上へ動くように。しかし厳密には、風に乗って流れている。例は山頂の傘雲)。

    なので、雲を横切ると、必ず雲は飛行機の前から後ろへすり抜けていきますよ。もちろん、前述例外の雲も飛行機より遅いので、必ず前から後ろへ抜けていきます。

    >その日は曇りで雲は厚かったです。
    >赤道に近い海上でした。

    雲は、小さな塊や大きな塊や層状になったものなどが複雑に混在します。
    赤道であれ北極南極であれ同じです。

    ユーザーID:0028222386

  • くものかたち

    車の形の、バナナの形の雲の形を想像するのは楽しいですよ

    ユーザーID:9075822504

  • 逆流してますか?

    ただ飛行機の近くの雲が、遠方の雲より相対的に早く動いているように見えただけでは?

    飛行機の前方から後方に流れていったのですよね?普通じゃないですか?飛行機を追い越す形で雲が流れていったなら超常現象ですが…。

    ユーザーID:3858041836

  • えっ?そんなに不思議?

    一塊の雲が、速い速度で逆流…。
    これって単に流れの遅い一塊の雲が窓から見えただけでは?

    飛行機の速度が雲の流れよりも速かっただけじゃないですか?

    それに、雲って高度によって流れる速度が違うこともありますよ。
    違う種類の雲が何層も見られる場合もあります。

    超常現象などではありません。

    お一人様な気分な雲だったのでしょう。

    ユーザーID:0479602835

  • 筋斗雲だ!

    いや。たんに海流みたいに違う空気の流れにのっていたのでしょう。

    ユーザーID:8186860977

  • まさか

    UFOでは?
    飛行機から見ると言う話も聞きますし、そんな動画も見たことがあります。
    まあ、本当がどうか疑わしいですけどね。

    でも、主さんが見たのはひょっとすると、ですよね。

    ユーザーID:4647020009

  • どこが

    >不思議な雲を見ました
    トピ主さんにとって、どこがどのように不思議なのでしょうか?

    大きさ?、前から後ろへ移動したこと?
    どちらも当たり前だよね。

    ユーザーID:6250057643

  • 近くの風景、遠くの風景

    間違っているかもしれませんが、新幹線などから風景を見ても、遠くの風景は進行方向について行きますが、ごく近くの景色は逆方向に高速で流れますよね。
    ああいうのとは違うのでしょうか。見当違いだったらごめんなさい。

    ユーザーID:3935882192

  • ユーフォーの進化

    飛行機の前方から後方で逆流ってどういうことですかね?
    よくわからんですが、
    ユーフォーは雲に変身してるとか、雲を見にまとってカムフラージュしてるって最近聞きました。

    アダムスキー型以外にもめっちゃいろんな形があるようです。
    果ては鳥に化けてるとか、宇宙人も人間に気づかれないように工夫してるんですね。

    見てる人は当たり前に見てるようです。
    私見たこと無いです。見たらパニックです。ガクブル!

    ユーザーID:9715440514

  • 旋回中?

    もし着陸間近で、空港の順番待ちの旋回中だったら、自分の乗った飛行機の飛行機雲かも? 
    旋回で前に通過した時の飛行機雲が同じ軌道だったので見えたとか?

    ユーザーID:3500072828

  • 未確認飛行物体!

    それは異星人が地球の技術を観察するために人類の飛行機械を間近から観察していたのです。もちろん人類にバレないように雲に偽装していたのですね・・・。という可能性が一つ(笑)。

    もう一つの可能性ですが・・・、飛行機に乗っていらしたとの事。想像するにジェット旅客機で巡航高度、巡航速度での飛行中だったのではないかと思います。ざっくり言って時速1000キロ近い速度で飛んでいて、また目で追える速さというと、視界の端から端まで5秒くらいでしょうか。視界の端から端まで120度くらいでしょうか。

    秒速250メートルくらいで5秒ですから見ている間に雲は1250メートルを移動、視野の中で120度を移動したとなれば最接近時で約360メートル、つまり雲がひとつじっと浮いていて、その近く(360メートル)を飛行機が時速1000キロ程度で通過すれば同様な光景が見えると想像します。雲のサイズも車の100倍程度でしょう。「飛行機の脇数メートルだった」との事ですが、となると翼の端の上にあがっている部分(ウィングレット)は雲の向こうにありましたか?上空では比較対象になるものが無いので距離感が非常につかみにくくなるのです。

    ユーザーID:5875818735

  • きん斗雲では?

    孫悟空が乗っていませんでしたか?

    ユーザーID:0610837912

  • 何が不思議なのか判りません

    逆流って何でしょう?
    前から後ろへ流れていったのならば、普通に飛行機が雲の横を通り過ぎた時の雲の流れだと思いますが。

    上空は見通しが良く、遠くまで見えるので錯覚してしまいますが、飛行機はトピ主さんが思っている以上に速く飛んでいます。

    大体700km/h〜900km/h程度でしょうか。

    乗用車位の大きさということなので、高速道路を100km/hで走っている車をトピ主さんが考えている距離で見ていたと考えてください。
    とんでもなく速く通り過ぎませんか?
    飛行機はそれの7倍〜9倍の速度で通り過ぎます。
    勿論逆に飛行機の窓から数mの距離で通り過ぎたものなんて認識すら出来ないと思われます。

    ですので、『たまたま大型ダンプ位の浮浪雲が1〜200m位離れたところを通り過ぎていった』
    と言うのが真相な気がします。

    ユーザーID:1753712404

  • ・・・?

    普通ですよね?

    何が不思議なのでしょうか。
    雲は別に、一固まりであったら変と言う訳ではないでしょうし。
    大きな固まり、小さな塊、そして飛行機による気流の流れ、
    それらによって違いますから。

    それとも、飛行機の後方から前方へ飛行機を抜いて流れたんですか?
    だったら不思議ですけど。

    ユーザーID:2269097004

  • 前方から後方って、普通では?

    後方から飛行機抜いて、前方に行ったらすごいけど。
    (この場合、飛行機より早く移動する雲ってことになりますね)

    トピ主さんの状況は、雲の塊の横を飛行機が通過しただけだけのような気がします。

    ユーザーID:0342735699

  • こういうことですか?

    雲海の上に自動車大の小さな雲が飛行方向とは逆に移動していた。


    空気の層で風の強さが違うということは良く有ります。
    たぶん雲海も飛行機と同じ方向に動いていたのでしょう。
    そしてその小さな雲はそれより大きな速度で流れていた。

    でも飛行機の速度がはるかに速いから雲海は止まっているように見えて、小さな雲が雲海の上を移動しているように見えた。

    ユーザーID:2056797038

  • 自然現象です

    一塊の雲が
    飛行機の後方から前方へ飛んで行ったら
    超常現象ですが

    ユーザーID:5971397468

  • ありがとうございました!目から鱗です。

    皆さん、私の愚問にお付き合い頂きありがとうございました。

    例えば、追い風に乗って飛行機が飛んでいる場合も雲は飛行機に抜かされるので後方に向かうのだ〜
    なるほど、と考えながら皆さんのレスを読み進めていたんですが、初めて「筋斗雲」というのを知りました。
    画像で見てみましたが、私の見たのはまさしく筋斗雲でした。
    孫悟空も乗っていたんですね。
    私も乗ってみたいです。
    結構普通に見られるとは知りませんでした。

    雲をまとったUFOとか、夢があっていいですね。
    皆さん、本当にどうもありがとうございました!
    目から鱗が落ちました。

    ユーザーID:4006054943

  • 違う違う

    >例えば、追い風に乗って飛行機が飛んでいる場合も雲は飛行機に抜かされるので後方に向かうのだ〜

    違うよ。
    飛行機は、空気に対して時速○×キロで飛んでいる。
    風が吹いていれば、その風に乗って時速○×キロで飛んでいるので、地球に対しては風速+飛行速度(逆向きだったらマイナスです。ベクトル合成してください)で飛んでいる。
    それに対して、ほとんどの雲は空気(風)に乗って同じ速度で流れている。
    つまり、飛行機と比べるうえで、空気は止まっているし、雲もその空気の一部として止まっているのです。その止まっているものの中を飛行機は飛んでいると考えてください。
    なので、向かい風とか追い風は、飛行機の雲に対する速度(相対速度と言います)に影響せず、不変なのです。だから雲を突き抜けるのですよ。
    なので、風速より飛行機が遅い速度(対気速度と言います)であっても、飛行機は雲を突きぬいて飛びます。

    ユーザーID:6861277779

  • その鱗、アロワナの鱗のように厚くて硬かったのでは。
    原因が分かった今、
    今度飛行機に乗るときは
    雲の海の中から5本の柱が立っていないか探しましょう。

    ユーザーID:5971397468

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧