サスペンスドラマのここが気になる

レス147
(トピ主4
お気に入り198

生活・身近な話題

くまん

レス

レス数147

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 人は皆

    人は皆「自分だけは死なない。」と思っているからでは?

    ユーザーID:6994390857

  • よくぞ言ってくださいました!!

    くまんさん、よくぞ言ってくださいました。私も同じことを思っていました。しかも、ご指摘の現場は必ず階段のある場所・崖っぷちが多いですね。

    私は『土曜ワイド劇場』が大好きでよく見ますが、次に誰が死ぬのか大体見当が付いてしまいますね。
    善良な被害者と思った人物が犯人だったということも多いです。

    あと『土曜ワイド…』は、役者さんが使い回しというか、あるドラマでは犯人役だった役者さんが、別のドラマでは刑事さん役ということも多いです。
    何のドラマか忘れましたが、犯人役(それもかなり感じの悪い)の役者さんが、『おかしな刑事』では、ゆきひと君の勤務する法律事務所の所長である武井弁護士役、『タクシードライバーの推理日誌』では、夜明けさんの家でエプロンを着けて朝食を作り、最後はめざしを持って出ていく刑事さん役でした。

    ワンパターンといえばそうですが、それでもサスペンスドラマ(特に『土ワイ』)を見るのはやめられません。昼間の再放送は必ずチェックして録画して、土日にお酒を飲みながら見ます。

    ユーザーID:5147638260

  • 私の気になるところ

    そもそも温泉旅館の若女将がなぜ殺人事件を解決できるのか。
    ていうか、旅館内で殺人が起きたら現場検証やらテレビ取材やらで営業ストップしない?
    悪評たって大損害じゃない?
    露天風呂で人が死んで、なぜに関係者全員通常業務?
    刑事も捜査情報を一般人に喋りすぎ。
    こんな刑事本当にいたら懲戒だよねー。
    あと、俳優のランクで役が特定出来てしまうのもどうなのか。

    ・・・まあこうやってツッコミながら見るのが二時間ドラマの楽しみですかね。

    ユーザーID:4950973068

  • 私も言わせて

    犯人を追いつめるのはか弱い女の子の場合が多い。しかも断崖絶壁の上で「貴方が犯人ね。許さないわ」等と寝ぼけた事を言う。「そうだ。お前も海に投げ捨てて殺してやる」と言われるのも同じ。「でもどうやって5人も殺したの」と最後の質問をする。「教えてやろう。まず一人目は」等とご丁寧に説明し、それが終わって「さあ、お前の番だ」「キャー助けて」という時にパトカーが何台もピーポーとやって来て、「クソ」等と言うと母親が「雅夫。これ以上罪を重ねるのは止めて。お願い。お母さんは待っているわ」等と泣きながら言う。「かっ母さん」等と感動している内に「小林雅夫。連続5人殺人と殺人未遂で逮捕する」とかっこいい刑事に手錠をかけられる。テーマソングが流れる。なぜかサスペンスとは関係ないロマンチックな甘い歌声が流れる。
    こんなのをもう何十回も見ました。なんで、女一人で断崖絶壁に犯人を追いかけるの。自分が危ないとは考えないの。
    おまけに実在の温泉ホテルがコマーシャルみたいに使われるし、おかしくない?。
    アー言うだけ言ってすっきりしました。
    でも又見てしまうのよねー。誰か止めて下さい。

    ユーザーID:6724608974

  • 主様の言うとおり

    仕事柄ゆすりたかりなどで捕まった人と話しますが彼等は昼日中の賑やかな喫茶店などで相手と会います
    サスペンスドラマみたく人気ない場所に一人ノコノコ行きません、相手が反撃きてくるリスク知ってるからです

    ユーザーID:8244489517

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • それはね

    実際に起り得る状態にしたら、
    真似をする不心得者が出るので、
    あり得ない設定にしているのだとか。

    スポンサーにも気を使うようです。
    例えば、酒造メーカーの提供する番組では、
    お酒に毒を入れる殺害方法はNGだそうです。

    ユーザーID:5013602129

  • アハハ、面白い

    今は全く観なくなったサスペンス、、、。

    キャスティングで犯人が最初から誰か判る不思議、、、
    って不思議じゃないね 笑

    あと、一番の悪人が
    しぶとく最後まで生きる。結構、不快。

    ユーザーID:3925533771

  • 私の気になるのは

    最後、犯人が認めると、何故かそこにいる犯人の家族や恋人が
    「罪を償って帰ってくるの待ってるね」と言うところ。

    トピ主さんがおっしゃる通り、強請られたりなんたりで
    2人、3人、4人……と殺してる。

    もう、どんなに情状酌量があったとしても
    絶対に帰ってこれないから!

    と、毎回思います。

    ユーザーID:1929119161

  • やっぱりみんな思うよね

    1. なぜ警察は女将や葬儀屋に捜査情報を漏らしまくるのか
    2. なぜ殺人が起きているのにツアー続行するのか(ツアー内で連続殺人が起きてるのに!)
    3. なぜこの人が犯罪を?と思うと「私は殺された◯◯の母(父、兄、など)!」という告白。大抵は幼いときに生き別れ。
    4. 現場に落ちているボタンやイヤリングは犯人の遺留品ではなく、捜査撹乱のため故意に置かれたもの。
    5. 夜明さんのタクシーに乗った人(美人)がだいたい犯人。で、アリバイ工作に利用される。大抵同情すべき理由あり。
    6. 番組終了30分以上前に自首してくるのはニセ犯人。真犯人をかばう身内。警察が疑問を持ち始めると「なんでですか!?私が犯人だって言ってるんだからいいじゃないですか!早く逮捕して下さい!」

    ユーザーID:2811308694

  • ご都合

    ご都合主義なところはありますが、無理に解釈すると、結局、蛇の道は蛇、というところでしょうか。殺される可能性より、目先の利益に目が眩むような人がいないと、ミステリーが成り立たない。

    ユーザーID:7898036578

  • 海賊の妻さん

    ヨコですが・・笑わせていただきました。


    確かにドラマの殺人事件は、警察よりも一般人のほうが解決していますね。

    事件のカギを握った若い女性が、わざわざ人気の無いトンネルや、

    高架線の下を通って襲われるシーンを見ると、

    「絶対、アレはないね」とツッコミ入れたくなります。

    刑事同士がソバ屋で食べながら、大声で捜査状況を話してるのもアリエナイ。

    私がヤキモキするのは、終盤に差し掛かった頃、ある写真を見て「え、まさかこの人が・・!」

    と驚愕するシーン。(たいてい視聴者には見えない)

    『私にも早く見せてぇ!』とイライラします。

    ユーザーID:9747523814

  • 新幹線

    東京から京都に行くときは必ず右から左へ走る。(裏側から見たら左から右なのに。。。)

    そして京都駅に着いた次の瞬間に渡月橋に着いている。

    ユーザーID:3497913818

  • 私の気になるところ

    階段落ちで死に過ぎ。
    突き落したり、揉み合いになって落ちたり、とにかく階段から落ちて死ぬパターン多過ぎ。

    あと、突き飛ばして打ちどころが悪いパターン。
    即死過ぎる(笑)

    骨折程度、もしくは意識不明の重体が精一杯で、即死とかすごい確率だと思う。
    ドラマだから笑って見てるけど、普通は考えられない。。

    ユーザーID:4109699310

  • 私は

    あんたは普通なら 定年だろ。歳行き過ぎ!といつも思います。そんなあほなという場面も多々ありますね。

    ユーザーID:3650801276

  • 海賊の妻さんへ

    サスペンスの断崖絶壁に犯人を追いつめるのはですね、松本清張の「ゼロの焦点」が原点で、最初に映画化されたときに使われてから今にいたるまで、定番として多用されているそうです。

    数年前に広末涼子さんが主演でリメイクされてたのですが、そのときのパンフレットに書かれてました。


    黄門様の印籠とおんなじで、なんだかんだ言いつつ皆あれが好きなんでしょうねー。

    ユーザーID:6309729501

  • 分かります!

    私がいつも思っているのは、
    狙われてるよ!…って言われてるのに人気のないところを歩く被害者。
    (案の定、犯人に襲われる)

    なんで1人で犯人を追い詰めるの!っていう刑事。
    (案の定、犯人に返り討ちにあう)


    もっと気を付けて!って思って見てます。

    ユーザーID:4478480961

  • 変な所色々ありますよね

    母がサスペンスドラマが大好きなのですが、たまに一緒に見ると突っみたくなります。

    ・記憶力良過ぎ
     「あ、そういえば半年前の晩にこの女性が駅に…」 そんなの覚えて無いって。
    ・最後に自白し過ぎ
     どんな推理されようがシラきれば証拠不十分で捕まらないのに、何故?
    ・偶然が重なり過ぎ
     たまたま出会った人々から重要証言を次々得るとか効率が良過ぎ。
    ・本業やらなさ過ぎ
     新聞社だか旅館だか葬儀屋だか保険屋だか知りませんが、素人探偵の方々は仕事舐めてます。
    ・主人公の勘が冴え過ぎ
     主人公が怪しいと思ったら犯人、逮捕に疑問を持ったら無実。
     飛躍した推測で犯人を追いつめ逮捕する。
     で、その後のニュース番組で冤罪事件を激しく非難したりする。

    ユーザーID:0661508062

  • 楽しみ方

    サスペンスドラマって
    あまりリアリティが無いのが、良いところですよね
    ナイフで人を刺しても、血が出なかったりね

    面白いのは
    犯人が独白しながら、観光名所を歩いたりします
    観光案内みたいに

    数年前はチョイ役だった俳優さんや、女優さんが
    立派になって、連続ドラマに出ているのをみると
    ちょっと嬉しくなったりします

    ユーザーID:5646264194

  • そうですよねぇ〜

    私も皆様と同じように思ってました(笑)

    あとドラマの中で刑事が乗ってる車がちょいと目立つ。

    実際は目立たなくて、個性が無くてもっとグレードが低いです。

    それと最近はそんなに気にならなくなりましたが、携帯が出回り始めたころは今ほど繋がりが早くなかったんですが、ドラマではすぐに繋がる

    いつもおかしいって思ってました。

    ユーザーID:7102393810

  • あはは、面白いレス

    まあ、サスペンスのお決まりですね。

    片平なぎささんは、葬儀社の仕事全然してないしね。

    ちなみに...サスペンスではないけど【相棒】も、伊丹さんに任せていたら冤罪がエンドレス。

    ユーザーID:0841041832

  • だって、サスペンスですから

    その場限りのドラマですからね。
    お約束がいるんでしょう。

    ヒーローショーで正義の味方を呼んだら
    悪役が先に来て
    お姉さんが「みんな、大きな声で、ヒーローを呼ぼう」
    と同じです。

    職場で、嫌でも聞こえますが
    同じです。

    なので、見ません。

    ユーザーID:6731741205

  • 立ち入り禁止テープ

    警察の張った黄色い立ち入り禁止テープのなかに、ずかずかと部外者が入っていって何かを拾って推理するドラマがありますよね。
    普通は2段階に張られていて、しかも所轄の若手が立って押しとどめているから、OBの元刑事でも入れません。もし入れたら、鑑識や上司に本当に怒られます。

    あと、今はメディアスクラムを気にして、容疑者の家族にマスコミが集団で押しかけることはありません。肖像権の問題も大きい。あんな映画のような出来事、近年、実際に見た人いますか?
    同意なく撮影して放映し、さらには「嫌疑不十分で不起訴」なんてことになり、訴えられたら100%負けますよ。
    被害者家族にも、記者クラブから警察に確認(捜査妨害にならないか、遺族の体調はどうか)をとり、代表取材かコメントをお願いしています。
    見るたびに、「いつの時代だよ」って思います。

    某アニメでは、非番の警察官が、高校生を令状なしで手錠をかけて、警察に連行しようとする場面がありましたが、実は彼は無罪でした。
    「逃亡の危険性も無い」「緊急性もない」「任意で同行が可能である」のに、こんなことを未成年に本当にやったら免職ですよ。

    ユーザーID:5680532906

  • 殺された人の家族がありえない

    殺された人の家族が、(多少下を向いていたとしても)フツーに警察に事情を聴かれて話している、翌日もフツーに仕事をしている、時には笑顔を見せながら話をしている。あり得ません。突然殺されたわけですから、しばらくは食事ものどを通らないほど、ショックで、フツーに話しなんかできませんから。

    ユーザーID:1402195755

  • トピは勿論レスにもポチしたいです

    みなさま、良くぞ仰って下さいました!
    最近は特に、犯人役をする演者さんが決まっていて、
    あまりドキドキ感がありません。

    あと、年齢のわりに美しく見える女優さんが
    増えたせいでしょうか、
    隠し子・生き別れにおいて、大体の実年齢から
    犯人役を予想していると、
    「どうしたって計算あわないでしょ!」と
    ツッコミたくなる方が犯人の設定、
    ということもございました。

    しかし実際の事件で「揉み合いになり云々・・」
    というのもおきていますので、
    ドラマは極端な例だから、と自分を納得させています。

    山村さんが犯人役とかは無いのでしょうか。

    ユーザーID:7410119598

  • あるあるですね!

    サスペンス、マンネリの美学みたいな展開が大好きで、ツッコミどころ満載だけど見てます。私が思うのは、殺人現場に刑事でもない素人がノコノコ入れて、密室トリックの検証や証拠探しをする!←出来るか〜!そして素人が警察より早くトリックを見破ったり証拠を発見する。やたら京都で殺人が起きる!(笑)!犯人が最後に必ず自分の殺人の経緯をペラペラしゃべる、何故か関係者が最後に全員集められて推理を披露する、犯人は最後に必ず自分が死のうとする、とりあえず被害者は2人以上&連続殺人である…などなど。

    ユーザーID:5662375524

  • そうですよね

    皆さんの書込みを読んで、そうそう私も思ってた事だらけ。

    犯行動機など話し出すのも、ずっと喋ってますもんね。
    役者さんがいつも同じなのもそうですね。
    ニセ犯人も多い。

    そして刑事が、ペラペラ一般人に話しすぎ。
    居酒屋などで、話しているのも気になります。
    周りの人に絶対聞こえてる。

    あり得ない状態じゃないと、リアルでマネをされるからなんですね。
    だからツッコミどころ満載なんですね。
    ツッコミながら見るのがサスペンスドラマの、醍醐味なのかも知れません。

    ユーザーID:3794894223

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 色々あるんです(1)

    トピ主の疑問について
    ・「故意に殺したわけではない」人が「平穏に生活する為」に金品を提供する事例は存在します。ただし、殺人を見て行うのは「分け前の1回限りの要求」。
    判ってない人が定期的にたかると殺されるのも実例がある。

    他の方の疑問について
    ・断崖絶壁:昔はそんな事無かった。制作側の怠慢です。ただ、人気の無いところで犯人を指摘するときは、本来「告発する側を突き落とそうとして誘った」から。

    ・「待っている」の場合、普通は2人しか殺していません。最初は不可抗力、次が自己防衛。なので死刑にはなりにくいです。3人以上殺した話なら、まずもってそういう展開にならない。

    ・「警察で無くて一般人が解決する」のは、推理小説の伝統なんだけど、実際の権力機構の鼻を明かして溜飲を下げるという意味合いが含まれている(なので、掲示が解決するのは部長や署長など「お上」と対立する)。ちなみに、権力側が謎が解かないテクニックの効果としては「ワトソン君効果」があり、「探偵が立派に見えるよう、周りのレベルを下げまくる」表現をする事で、探偵側が利口に見えるのだそうだ。

    ユーザーID:3366738939

  • 私も気になることがあります

    どうして警察官でもないのに、事件の捜査(聞き込み)がすんなり出来るのかが不思議です
    普通、警察官でもない人が、あちこち行って、色々な人に聞き込み捜査をしてるけど、そう簡単に、見ず知らずの人にベラベラしゃべらないですよね
    不思議です

    ユーザーID:0091441420

  • 皆さん、面白過ぎます

    私は、2時間番組の中盤、ホワイトボードに写真を貼って説明が書いてあるのが、気になります。

    免許書の証明写真ならまだしも、捜査の際、手に入れたであろう隠し撮り写真が鮮明過ぎる。

    ボードの文も、一人が書いた文字だし、途中で書き足したりもしていないし、行間等が適度なバランスで凄く見やすい。

    事件が重ならないのも不自然。同じ管轄で、違う事件が発生して、同時進行で仕事することも有るでしょうに。

    一時間で解決しちゃうのも変。難事件なら、2週位に渡って、念入りに作り込めばいいのに。

    監視カメラの映像も、最初はぼやけていたのに、画像処理すると極端に鮮明に。
    まぁ最近のカメラは精度が良くなったとは思いますが、流石にここまで鮮明にはならないでしょ?って思います。

    科捜研では、毎回スイーツの差し入れ。糖尿にならないの?お金は続くの?って心配になっちゃいました。

    鑑識なのに、頭や靴にビニールのカバーかけていないし。それじゃ自分の髪が現場に落ちちゃうよ、っていつも気になります。

    ユーザーID:1961745238

  • サスペンスあるある(笑)

    かの有名な推理作家、山村美紗さんの長女でもある山村紅葉さんが、出演者目線で楽しみ方を解説していらっしゃいました。

    犯人役の場合、お受験を控えた女優さんや、イメージ重視の俳優さんはオファーを断るそうです。
    そう思ってチェックすると、「昔は売れてたけど最近はあんまり…の元アイドル的女優・俳優」とか、「一流ではないけど役を制限しない演技派」とかが多いかな。

    最初に捕まる犯人は濡れ衣で、一見無関係の人が真犯人というパターンが定石。

    基本は地方ロケで、各種団体が撮影協力してるので、「サスペンスの名を借りたご当地ツアー」ですよね。
    地元民が見ると、移動距離や段取りが有り得ない(爆笑)!
    県中央部の空港から、県南部と県北部の観光地を午前午後で周遊し、また県南部の県庁所在地
    に戻って夜景を見ながら語る。
    翌朝は、なぜか県東部にワープして朝から露天風呂に入り(ここで一悶着)、ホテルを出発…等。

    私の居住地域は結構よく出てるので、毎度ツッコミ入れつつ楽しんでます(笑)

    ユーザーID:0269100648

  • ラストで船越英一郎と片平なぎさが断崖絶壁に立ってさえいれば

    途中経過は好きにして下さいの心境でした。

    最近、二人の共演を見る機会がないので・・・・・

    既に引退したり、亡くなった俳優を懐かしみつつ再放送を見ています。

    ユーザーID:7531109616

  • 放送コード

    地上波では現実的な殺人表現ができないのです。

    ユーザーID:3983878336

  • 山村さんといえば、

    まだまだ言い足りないので出てまいりました。山村紅葉さんといえば『鉄道捜査官』で飲み屋の女将さん役をする一方、確かこのドラマの別の回で、地方の警察の刑事さん役をやっていたような気がします。『十津川警部』では十津川さんの部下の刑事さん役、『温泉若おかみの殺人推理』では仲居頭の小百合さん役ですね。山村さんが犯人役というのは、私にはとても想像できませんが。
    そういえば「若おかみ」も、事件に首を突っ込んで、大女将に叱られていますね。

    ミルクさんご指摘のとおり、京都で殺人が起こるドラマが多いですね。「京都」がタイトルに入っているものもあるくらいです。その他にも地方の観光地がよく事件の舞台になっており、見ていると旅行に行きたくなります。

    あと、犯人、特に美女の場合、生い立ちが惨め過ぎます。両親が健在ということは皆無なのではありませんか? 

    キャベジさんご指摘の、夜明けさんのタクシーに乗る犯人(美女)は毎回、夜明けさんの娘・あゆみちゃんのバイト先の上司ですよね。業界では著名人なので、あゆみちゃんは慕っていますが、あゆみちゃん、いつになったら定職に就くのでしょう?

    ユーザーID:5147638260

  • まだ参加してOK?

    みなさんが、気になる!と突っ込みながらもサスペンスを見まくっている様子が目に浮かびます。(笑)

    わたしが気になるのは、
    「殺すつもりはなかったんです!バッグを守ったら階段から転げ落ちて・・・」
    「あいつが悪いんだ!殺す気なんてなかった!あいつがナイフをかざしてきたから避けようとしたら躓いて(グサッと)」

    だったらはやく救急車呼べよ!
    別に隠す必要ないよ!
    事故でしょ!?正当防衛でしょ?

    ・・・って救急車呼んじゃったらドラマ始まってないってのは
    わかっててもいつも突っ込みます。

    ユーザーID:8660957749

  • だってー

    目撃者が殺人犯をゆするシーンについてですが(でもって殺される)

    ほとんどの目撃者は速攻で警察に駆け込みます。ゆすったりしません!
    多分ほとんどの善良な目撃者は、「殺人犯なんてゆすったら自分が殺されちゃうんじゃね?」と気づいています。

    けどそれじゃあスピード解決しちゃうでしょう。

    なので物語にまでなる殺人事件ってのは、基本登場人物がおっちょこちょいなのです。うん。

    ユーザーID:5922694579

  • momijiさん、ナイスです

    > そして京都駅に着いた次の瞬間に渡月橋に着いている。

    大笑いしてしまいました。
    京都駅と渡月橋、
    電車で行くとなると、
    地下鉄と阪急で、2回乗換えますから
    40分か50分はかかるでしょうね。

    ユーザーID:7989970869

  • 残り時間を見よ

    21時からの2時間ドラマだと、21:45頃犯人かと思われる人が
    出て来ることがよくあります。
    しかし、ほとんどの場合、その人は22:15頃、真犯人に殺されます。
    22:30以降に現れる怪しい人が真犯人です!

    あと、女性刑事はハイヒールやスーツで、採石場に駆け付けたり、
    もっと動きやすい格好にすればいいのにと思うことが多いですね。

    ユーザーID:1463199546

  • まだまだ書込みしちゃって下さい

    皆さんの書込みを読んでいたら、まだまだ気になるところが出てきました。

    女性刑事がキレイすぎ。
    女優さんなんで、キレイなイメージを壊したくないのは分かるんですが。
    サラサラのいつもブローしたてのような、ロングヘア勿論結んだりしません。
    やたらスーツが高そう。
    そして走ったりするのに、歩きにくそうなパンプス。
    対照的にすごいモサイ女刑事もたまにありますよね。

    電話で刑事さんに私犯人が分かりました、明日話しますと約束したら次の日殺されたり。
    電話だしその場ですぐ話ししたらいいのにと、いつもモヤモヤします。

    京都で殺人多いですよね。
    しかも観光名所ばかり。
    ホワイトバード確かに、すごくキレイな文字で見やすい。
    結構簡単に人を殺したり。
    えっ犯行動機そんな理由でって、ビックリする事あります。
    スピード解決にならない為に、刑事がやたらどんくさかったり。

    ユーザーID:3794894223

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • お邪魔します

    最近のものではないのですが

    登山で男女が遭難して山小屋の中で

    男性二人が急に女性に襲いかかることです

    死ぬかもしれないのに そんなことしてる場合かよ?

    と昔から思ってました

    どなたか男性二人の心境を教えて下さいませ

    全然わかんねっす!
    解説たのむっす!

    ユーザーID:8361328391

  • 観光名所を楽しんでいます

    京都なんて旅行で行ったとか、行ってないとか気になります。
    外国のミステリーも風光明媚な田園風景で起こりますね。
    世界的に有名な学園都市とか。うっとり見てて残忍な殺人。
    あと、残り30分での断崖絶壁での犯人の告白シーン。
    殺人は嫌だなと思っていますが、現実の世の中の方が怖く
    なってきました。

    ユーザーID:5179799762

  • 必ず1ドラマに1回はゆすりありますよねえ

    相手の弱みを握ってお金をせびろうとしたら殺されてしまうシーンって必ずありますよねー。
    たまには変化球でもすればいいのに、毎回必ず挿入されるシーンだし。

    以前見たサスペンスドラマは
    Aにお金を揺すられる→Aを殺す→今度はBに見られて揺すられる→Bを殺す→次はCに見られ揺すられる・・・

    をずーっと繰り返してたドラマもありましたよ。
    ここまでいくともはやギャグですね。

    他にもよく見るシーンはありますが、水戸黄門のように
    そんな王道展開が視聴者に好まれるのかもしれませんね。

    ユーザーID:2214706933

  • 例えば、明子さん

    40代〜60代の大物女優さんの役の回想シーンで
    20代のころもその女優さんが演じていることがあります。

    「無理がある!」と思うとそこから話が入ってきません。


    女優さんの実年齢と、役の設定年齢がかけ離れていても
    やはりそこが気になって、ストーリーどころではありません。

    サスペンスに限ったことではないのですが、とくにサスペンスに
    多いです。

    ユーザーID:4751610340

  • レスが面白い

    このトピはレスが面白いですね。思わず笑ってしまいました。サスペンス好きの掲示板みたい(笑)

    お仕事の裏側を特集したある番組で、退職した刑事さんが「2時間ドラマについてどう思いますか?」と聞かれ「妻はよく見ていますが、たったの2時間で素人が事件を解決してしまっては我々の存在意義はありませんよね。実際は地味な捜査ばかりです」と言っていてそうだよな〜本職の方は大変だよね〜と改めて尊敬いたしました。

    ミステリー好きな素人が事件を解決する、というフィクションが面白いんですよね。子供は名探偵コナンを楽しんでみていますが、大人になると突っ込みどころ満載です。たった30分なのに。

    サスペンス歴が長いと始まって15分でキャストを見て「この人が今回犯人役だな」と分かりますよね。私、現在30代前半ですが小学校の時からやってるシリーズがまだ続いています。やはりシリーズ新作が出る程の人気があるんでしょうね。

    個人的には昔、火曜サスペンスでやっていた片平なぎささんと船越英一郎さんの小京都ミステリーをまた放送してほしいです。放送局の関係で難しいかもしれませんが、たまーーにやる再放送が見られると嬉しいです。

    ユーザーID:1891832997

  • 家元が死に過ぎ

    こんなに死んでちゃ伝統文化が滅んじゃう

    ユーザーID:0598373000

  • 婆さまに1票

    楽しいトピをありがとうございます。
    サスペンス、2時間ドラマ、ドラマ大好きです。
    で、いつも突っ込みながら観ています。

    婆さまの仰る通り、こんな年の人って働けるの?とか、定年無いの?とか
    皆様、ちょっと年輩すぎますよね。

    「赤い霊柩車」シリーズでは、いつまでも婚約者だし、
    「バスガイド」事件起きてもツアー続くし、第一あんな派手なバスガイドって。。
    「窓際」さん、走るの辛そうになったし、あんなスーツの国税って
    中村玉緒さんのおばはん刑事なんてのも、ええええ!!って思ったし。

    突っ込みどころ満載で、有りえないなんて思いながら
    ああ、でもまた見ちゃうのよね(笑)

    ユーザーID:8676144101

  • 再びお邪魔します

    皆さんのレスを拝見して、無性にドラマを観たくなりましたが、
    今夜の放送は無し・残念。
    結局好きなんです。連ドラとは違い、
    2時間で解決しますから。ドキドキからスッキリ。
    出演者のどなたかが、撮影は過酷だと仰ってました。

    話はズレますが、捜査本部の入口に貼る紙や、
    ホワイトボードの字が美しい字でないと萎えます。

    あと、若手の刑事扱いをされる俳優さんが、
    別のドラマで課長役になっていたのは嬉しかったです。

    そうそう、あるあるでしたね。
    ・アリバイ工作がバレるきっかけとなる、
    誰かの旅先での記念写真に写り込み過ぎ。

    ・容疑者の出身地で、かならず手がかりを得られるラッキー。

    ・共犯者を殺すのは、新幹線車内にて毒を仕込んだお茶を使う。

    といったところでしょうか。

    崖や屋上から突き落とす際の人形または画像処理は
    大分改善されたようで、嬉しく思います。
    以前に比べて「ココもっと工夫してよ〜」と
    感情移入の邪魔に感じることが少なくなりました。

    皆さんのレスが楽しみです。失礼しました。

    ユーザーID:7410119598

  • 新幹線が走る向き

    momiji様、

    >東京から京都に行くときは必ず右から左へ走る。(裏側から見たら左から右なのに。。。)

     地図は北を上にして描かれているので、東京から京都に行く新幹線は地図の上では右から左へ走ることになります。なので、ドラマの中で新幹線が走る方向も地図上の方向に合わせているのだと思います。
    東京から京都行きの新幹線がテレビの画面で左から右に走っているのを私が見たら、「あれ、方向が逆じゃないの?」という違和感を覚えると思います。

    ユーザーID:7142943910

  • わはは

    壺で頭殴られて死ぬのを見るといつも、「これってかなり当たりどころが良かったから死んだものの、いまいちいい所にいい具合に当たらずに、いってーな何すんだコノヤロウ!って展開の方が多くないか?そして警察に被害届け出されるよな」と思います。

    どなたかのご指摘にもありましたが、聞き込みに持ってく写真が証明写真すぎて!

    ユーザーID:9678491533

  • 山村さんの犯人役はあります

    2時間ドラマでないが、「おみやさん」で山村さんが犯人役をやったことがあります。

    なお、「温泉若女将の殺人推理」は、毎回ことなる温泉で起こる別々の事件です。番組は毎回同じキャストで演じられますが、それぞれ独立した話です。温泉旅館が何度も事件に見舞われることはありません。

    ユーザーID:2511675874

  • 私も寄せてね

    おもしろくて久々に笑ってしまいました。

    皆様の突っ込みはホントその通り。

    追加するなら

    部屋に入ると死んでいる人が居ます。

    キャあ〜と叫んだら誰かが来ます。この場面で、「どうしたの?」って必ず叫んだ人の顔を見てますが
    その目線の先。。。つまり床に転がっている死んでる人を見ませんかね。

    死体を指すまでジッと叫んだ人の顔を見てるって変です。

    それから
    逃げてる目の前の犯人を大勢の刑事が追いかけても逃がすところ。。。

    思わず「何してんねん!」って言ってしまいます。

    でもベタなサスペンスが好き〜深刻なのは見ません。

    ユーザーID:3871489100

  • なぜ拳銃をもたない

    刑事が普段、拳銃を持たず、必要なときだけ拳銃を携帯するシーンが有りますが、これは本当は服務規程違反です。外勤の警察官は刑事を含め、勤務中は常に携帯していなくてはなりません。刑事がやたらに拳銃を撃ちまくった昔の刑事ドラマの反動でこうなったのでしょう。

    それにしても、今の刑事ドラマは本当に拳銃を撃たない。とくに2時間ドラマは本当に撃たない。唯一の例外は渡瀬版十津川警部シリーズで、銃撃戦が見られたり、日本刀での対決シーンがあります。

    ユーザーID:2511675874

  • 京都が舞台なのにありえない。

    京都府警全員と犯人を含むほぼ出演者全員がみんな東京弁!
    京都弁でしゃべってるのは、紅葉さんと通りすがりのタクシー運転手のみ。

    ユーザーID:7064190969

  • サスペンスとは時代劇のようなもの

    様式美ってやつですよ。
    あれでもハラハラしながら見ている層もいるんです。私の母です(笑

    ゆすりたかりは無理なく計画的であれば、それなりの立場の人は金で口を封じるのもありなのでしょう。
    殺人を冒すリスクより、少額の金で済むなら、まあいっか!みたいな。
    しかし、大抵のサスペンスは無茶な金額設定をして殺されます。
    というか、殺されないとサスペンスにならない…!

    観光名所が多いのは、地元の観光協会に協力してもらってるパターンですかね。
    昔はあからさまで、「○○名物○○」とテロップが入ったりしていた記憶があります…(汗

    あと、配役から犯人わかっちゃう、これも仕方ないですね、ギャラの高い方にチョイ役してもらう訳にも…。

    サスペンス劇場、思っている以上に大人の事情が色々あるんだと思います。
    裏事情を推察しながら見てみるのも楽しいかもしれませんね。

    ユーザーID:5413457911

  • ガラスの灰皿

    凶器と言えば、ガラスの灰皿。
    どんなに貧しいご家族の設定でも、貧相なテーブルに不釣り合いな立派なガラスの灰皿が置いてあり違和感を放ちまくる。
    か弱い女性でも一撃で相手を仕留めることが出来るという、見掛けに違わぬポテンシャルを秘めている。

    ユーザーID:0004698019

  • 意味不明

    主人公…「あなたが犯人ですね」
    真犯人…「フッ、馬鹿な。証拠は?」(不敵な笑み)


    いやいや、不敵に笑ってるけど「証拠は?」って言ってる時点でもう自分が犯人だって認めてるじゃん。
    シラを切り通したいのか、そうじゃないのか一体何なの?と思います。
    何もやってない、身に覚えのない人は「証拠は?」なんて言いませんって。

    で、主人公の推理が始まりアリバイが崩されたら、打って変わって自分の不幸な生い立ち、自分は弱者アピール。お涙頂戴。
    おいおい、さっきの不敵な笑みは何だったのかーー!!

    ユーザーID:9224688857

  • 浅見光彦シリーズが大好き

    皆様に笑わせていただいてます。
    本当に皆さんのいう通りですね。
    なぜ京都?なぜ家元?
    私も楽しみながらもツッコミいれてますね。
    真犯人と思われる人物に会いに行くんだったら先に警察に言えばいいのに…とか
    あと最大の謎は真っ昼間、白昼堂々と殺人して目撃者0…とか。この前のドラマ東京スカイツリーの目の前での殺しなのに目撃者いませんでした。
    実際は観光客いっぱいのはずです。

    ユーザーID:2047430042

  • 「…に金を持ってこい」

    のあとに、あからさまに「ガッチャン」と電話を切られてからの「も、もしもーし!!もしもーしっ!!」

    ユーザーID:3014803133

  • 私も気になってました!

    私がいつも気になっているのは、ナイフで刺されそうになるのを阻止しようともみ合いになって
    逆に刺そうとしていた方にナイフが刺さって死んでしまうパターンです。
    あれって現実にはよくあることなんでしょうか?

    以前テレビで見ましたが、崖は周りに看板などがなく撮影に都合がいいそうです。
    観光地の案内のようなことをするのも、
    殺人の舞台として放送してしまう代償の宣伝なのかと思ってしまいます。

    ユーザーID:6897787400

  • 京都が狭い

    本当に、サスペンスを見てると京都が狭すぎます。

    四条にいたのに大原で推理してたり、舞妓さんが出町柳辺りにいたり。

    一番不思議だったのが京都タワーです。
    入場料が必要なところで、犯人に「あなただったのね」みたいな話をするだろうか。
    まあ、簡単に逃げられないからいいのかもしれないけど、その前の段階を想像すると笑えるというか萎えるというか。

    さあこれからというときに、

    「あ、1人700円ねー。」
    「あら私、大きいのしかないわ。」
    「じゃあ3人分まとめて出しとくわ。」
    「ごめんねー、後で払うからー。」

    やっぱり無料の崖が無難だと思います、追い詰める場所は。

    ユーザーID:3573131776

  • いつも思ってました

    サスペンスドラマで遺体を発見した一般人が普通にし過ぎませんか?
    一応叫んだりしますが、あれ、本当だったら絶対トラウマになると思います。
    そして、遺体がいつもキレイ…言葉悪いですがフレッシュな状態なのも謎です。
    遺体がそんな状態だったら犯人はまだけっこう近くにいるのでは?

    「〜事件簿」と名の付くものは主人公が色んな事件現場に居過ぎです。
    あなたが連続殺人犯人なんじゃないの?と思ってしまったりします。

    ユーザーID:4893754266

  • なぜ春彦さんは京都市内に泊まらないのか?

    浅見光彦、あんなに事件に首突っ込んだりして、おにいちゃんの出世にひびかないのか、心配です。
    それとも、
    難事件を弟が解決したってことで、むしろ、出世にプラスになってるんでしょうか?

    あっこはんは、秋山さんがいるから、きっと働かなくて大丈夫なんです!

    ところで、あっこはんの永遠の婚約者・春彦さん。

    どうして、京都市内、京都駅近に泊まらないんでしょうか?
    なぜ、いつも宿泊先が、「琵◯湖グランドホテル(大津)」なのでしょうか?

    いや、現実的には、スポンサーの関係なんだろうなと思うのですが。

    設定上の理由としては、なんなんだろう・・・?

    秋山さんの監視の目から逃れるためか!?

    ユーザーID:2147849968

  • そうそう

    確かに突っ込みどころ満載ですよね。
    ちょっと考えたら、その行動殺されるって想像出来るのに、普通にやってしまう、とか。

    法医学シリーズの、「小田原のおばさま」もう定住なのかしら?とか、
    (小田原に帰るのがめんどくさそうな場所にある住宅街だし)
    テレ朝の十津川警部のシリーズの、現「亀さん」の高田純次さんは、
    愛川欽也さんがまだ亀さんをやっていたころに、元刑事として出てたのに、別人で刑事復活。
    フジテレビの光彦さんのシリーズの、「兄さん」の榎木孝明さんは元光彦だし。
    TBSの光彦さんシリーズで、長崎のカステラ屋「松風軒」と言うお店を舞台とした(?)の回があったけど、
    (松風軒はドラマ上の仮名で実際は「松翁軒」と言うお店)
    途中で「松翁軒」の広告が見えて笑えた。
    その他諸々。
    でもその突っ込み処があるのが結構好きです。

    ユーザーID:1725752646

  • 面白い

    このトピ面白いのでつい出てきてしまいました。

    私もいろいろ気になりますが、
    浅見光彦は、名探偵と言われていますが、お兄さんそんなに警察の情報もらしていいの?
    お兄さんがエライさんだからと言って捜査本部に入れる?
    警察が民間人主導で操作していいのか?
    しかもたまに犯人の自殺をようにんしているのが気になります。

    あと他の方も言われていますが、石原明子さん。
    いつまで婚約者なんですか。
    神田正輝入れる60歳超えていますよ。
    キャストを変えるべき話なんだろうけど、変えたら面白さが半減するから無理でしょうね。

    山村紅葉さんをそこそこの役で出演させるためには、周りの年齢層も上がってくるのでしょうかね。

    ユーザーID:4378176582

  • 誰かの一言が謎を解くことが多すぎる、他

    ●ドラマ終盤に、誰かの何気ない (いや、半分以上無理矢理な流れ)一言によって、主人公がいきなり「そうよ....それよっ!それだわっ」と、突然犯人に会いに飛び出して行ってしまう。


    ●事件の真相が過去にさかのぼることが多く、30年も前の事でも、小さな港町で話を聞くと必ず有力な情報が得られる。


    ●法医学の二宮サキ先生、毎回殺されそうになってるのに全く懲りずに犯人と対決する。


    ●ゆすりをする人がお金を受け取る前に、相手がいれたコーヒーをなんの疑いもなく飲み、「うぅっ....き、貴様〜」って死んでいく。
    普通飲まない。


    ●殺人現場を目撃する人は、いつもお金に困っている人か、怪しい記者。


    ●祇園で事件起きすぎ。


    ●自分が襲われそうになった時、果物ナイフかでっかい灰皿が都合よくありすぎ。


    ●旅館で事件が起きると、大女将から女将から仲居さんたちもみんな事件のことで集まって、お客さんほったらかし。


    ●「隣なら今朝早く、男の人と出かけましたよ〜、なんだか大きなカバン持って」そんなに人の生活見てない。

    ユーザーID:0841041832

  • 作る側も大変らしいですよ

    しかしみなさん上手すぎです。
    レス見てるだけで大笑い〜。

    ところで、サスペンスは作る側も結構大変らしいですよ。
    以前誰かがエッセイで書いてましたが、
    製薬会社がスポンサーだと、毒殺はアウト。
    自動車会社がスポンサーだと、ひき逃げとかもアウト。
    拳銃は一般的じゃないし。
    結局(凶器にこだわらない)普通の殺人の場合は、
    階段から突き落とすとか、
    ガラスの灰皿で殴る…辺りに落ち着くそうです。

    ということで、かめさんさん、ガラスの灰皿は許してあげて〜。

    SOIさんの京都タワーの話ウケました。
    犯人も払ったのだろうかとか気になりますよね。

    崖、最初はゼロの焦点だったなんて知らなかったです。
    でもあの話、確か主人公が崖についたとき、
    犯人は既に自殺した後だったような気がしますが…。

    ユーザーID:9065653652

  • 私服警官の拳銃について

    私もいつも突っ込みながら見ております。
    時代劇的な様式美かと(笑)

    ところでkimenzanさん
    国家公安委員会規則の中に警察官等けん銃使用及び取扱い規範というものが有るらしく

    ・警察官は、特殊の被服又は私服を着用して勤務する場合において、けん銃を使用する可能性のある職務に従事するときは、けん銃を携帯するものとする。

    と言うことで、普段(犯人の拘束等に関わらない時)は持ち歩けない事になっているそうです。

    なんかの刑事ドラマで
    「課長!拳銃携帯許可を!」
    ってセリフも有りましたね。

    ユーザーID:6263113368

  • そうやね

     私は、桃井かおりさんの「霞夕子」シリーズが好きでした。地味なスーツに髪はひっつめぼそぼそ話す。演技が上手くて大好きでしたが、桃井さんの熱心さにスタッフとトラぶったようで降板されたようです。その後、某パリコレモデル出身の女優さんが引き継いでいましたが、あかん。セリフが棒読み。シワがひとつもないスーツを着こなし(ブランド)、髪はサラサラのロングヘアー。そんな、刑事いるわけないやろ!とつっこんでいました。

     某番組でサスペンスの帝王が言っていました。ロケ地は必ず観光地やこの旅館の経営者の銅像の前などで撮影が行われると。事件は、生活の中で起こっているのになぜ観光地に犯人も刑事もいるのか? 地元の人と役者さんの違いは、方言ですぐばれます。 捜査の秘密は例え家族にでも漏らさないと思うなぁ。

     一度、私服警官がパトカーを鳴らして国道を爆走していましたが、顔が強面すぎてどっちが犯人かわからないなと思いました。

    ユーザーID:1741975694

  • 旅行ツアーで

    殺人があってもそのままツアー続行。

    なんで殺される被害者が一人だけというパターンが少ないのか
    関係者など次々と人が殺されすぎ。

    犯人をつけるとき
    毎回都合よくタクシーってすぐ通るものなの?

    ユーザーID:1650132561

  • 「お約束」に突っ込むのも「お約束」

    サスペンスドラマは、お約束に突っ込みながら楽しむのが
    お約束なのだと思います。

    「崖のシーン」
    犯人を追い詰めた崖のシーンで「なんでこんなところで…」みたい
    に自虐的なせりふがあったドラマもありました。
    荒涼とした岩場で、一歩間違えれば落ちてしまう緊張感のある崖は
    クライマックスに必要だと思います(笑)

    「身近な人の言動がヒントに」
    行き詰っているときに、刑事の身内や友人から発せられる言葉は
    都合よく事件のヒントになる。
    そんな都合にいいことあるかい!と重いながら楽しんでいます。

    ○○がいい人の役だけど、そんなはずなはい→やっぱり犯人or悪人
    ○○が普通の人?→やっぱり殺される
    みたいな定番の役者さんもいますよね。

    素人探偵が主役の場合、警察がちょっと間抜けでないと
    探偵の推理がさえないので、仕方ないとは思いつつ
    日本の警察はもっと優秀なはず!
    警察の皆さん、応援してます(笑)

    ユーザーID:2540230487

  • 謝罪申し上げます。

    世間の常識に欠ける私は、
    いつも小町を読んで勉強させて頂いておりましたので、まさか自分がレス出来るトピが出るとは思っておりませんでした。ニヤニヤが止まりません。

    3度目の書き込みです。
    と、申しますのは、山村さんファンの方に対して、失礼な発言があったと反省したからです。

    あっこはんの下で働く良恵さんは、以前、決算書を仕上げて電子申告なさってました。あの葬儀屋さんには、税理士さんがついていないご様子。1回も見ませんが、確か営業マンが4〜6人いるはずです。お父様のあとを継いだ、ということから、持ちビルでは無いでしょうか。お菓子をよく食べる本当の姿は、経理のエキスパートと思われます。失礼致しました。

    ユーザーID:7410119598

  • 確かに言語は気になる

    京都が舞台なのに紅葉さん以外標準語はその通りですね(笑)
    私は関西人なので余計に気になります。
    せめてイントネーションだけでも指導するとか
    西日本出身者を集めるとか、いっそ京都で起きた事件だが
    東京の刑事が捜査することになったことにするとか
    策を講じて欲しいもんですね…

    ユーザーID:8181200858

  • 車椅子の老人

    秘密の話を海岸波打ち際でうち明けるってシーンありますが、
    砂浜や、段差や足場の悪い所へは普通の車椅子 押していけないはず。

    バリアフリーの海岸なのかな?って思います

    ユーザーID:7085565744

  • 人がすぐ死ぬ

    「どうしてあんな事をしたんだ」

    「お前には関係ない」

    「何だと!?」

    (しばしもみ合い)

    「ウッ!!ア〜!」
    (バタンバタン!)

    絶対階段から落ちるし死ぬ。
    または同じくもみ合いになり、手頃な大きさの石が絶対あって、

    (ガツン!ガツン!)絶対死ぬ

    いとも簡単に人が死ぬ

    やめられないサスペンス中毒

    ユーザーID:4982717362

  • 心が疲れているとき

    心が疲れているとき、うるさいバラエティ番組や一投にはらはらするゴルフ番組を見る気にはなれません。ぼやーっと必ずやってくる終わり(事件解決)を待ってればいいんですから。

    ぜんぜんはらはらもどきどきもしなくてサスペンスドラマってまさに日曜の午後にふさわしいわ。あー、明日仕事かー、と思って夕食の準備など取り掛かります。

    tokio03さんの分析、笑いました。なんでゆすってる人からもらった飲み物飲むかな〜。笑

    ユーザーID:0768475897

  • 温泉宿シリーズと

    伊藤四朗さんと羽田美智子さんの親子コンビシリーズが大好きです。
    んなことあるわけないじゃん!と突っ込み所満載ですが、それがニサスの醍醐味。

    ただ一つ、キャスティングに不満があります。
    大抵、犯人ってそこそこ名の知れた俳優さんや女優さんじゃないですか。
    登場人物だけ見て犯人がわかっちゃうんですよ〜(泣)。
    メインキャストの次にメジャーな女優さんか俳優さんが犯人!と言うのが定番。
    ギャラの関係もあると思いますが、登場人物にもう一工夫あると良いなぁ。最後の最後まで犯人は誰?とハラハラしたいです。

    ユーザーID:9291058924

  • 10秒後が予測できるシーン

    トピ主さん、楽しいトピをありがとうございます。
    皆さんのレス、面白過ぎます。
    私も少々、「定番シーンの流れ」を書かせてもらいます。

    ・唐突なジョギングシーン
    ・犬の散歩中突然犬が吠える
    ・野球少年がボールを追いかけて草むらへ行く
    ・家を訪ねた人が鍵の掛かっていないドアを開ける
    …必ず死体を発見する

    ・刑事が聞き込み先のアパートのドアを激しく叩く
    …隣の部屋のドアが開き、何故か頭にカラーを巻いたご婦人が登場する

    犯人が自分の車か何かで逃走する
    …タクシーがやってくる

    犯人を脅した人間が、勝ち誇った表情で犯人に背を向ける
    …犯人に後ろから襲撃されて死亡する

    女性が夜道を一人で歩く
    …車のヘッドライトが点灯・轢かれそうになる

    刑事が自宅に居る
    …家族が推理のヒントになる発言をする

    墓参りに行く
    …事件関係者に出会う

    ユーザーID:5996754737

  • 土曜ワイドの明智探偵シリーズが大好きでした

    小学生の頃、よく母親がみてました。
    今は亡き天知茂さんが明智探偵役で、最後の方の犯人告発シーンで
    顔につけていた仮面のようなものを剥がすシーンが好きでした。
    殺されたはずの人の仮面を被って、その人になり切っているんです。
    犯人が動揺して告白したあと、ベリベリと剥がすのが面白くて。
    直後は剥がしそこないのカスが顔についているけど、
    次のシーンでは綺麗に剥がれてます。
    さらに早着替えも。

    あの頃はテレビで、激しいラブシーンや裸がでてましたね。
    子供なのでドキドキしながら、盗み見してました。

    ユーザーID:4984439999

  • 鬼怒川温泉の謎

    1、短くても日光東照宮が必ず登場する。
    ドラマの主要人物が事件の話をするためにフラりと入る。
    (う〜ん、そこ入るのに1人\1300円するよ…)

    (あと、鬼怒川温泉から徒歩で移動出来る場所じゃないし…)

    2、死体が発見される場所が必ず鬼怒川ライン下りか竜王峡。

    3、最後のシーンは必ず中禅寺湖。
    (海辺の代わり?)

    京都などは、何の疑問も持たすに観てるけれど、地元だと心の中で突っ込みまくりです。

    ユーザーID:6642224757

  • 私も好きです〜

    子供のころから全員集合のあとの土曜ワイド、火曜サスペンスが大好きでした。
    昔は崖の上とか橋の上とかビルの屋上で告白した後犯人がそのまま自殺する場合が多かった気がします。なにかあったのかな_

    ユーザーID:0232662189

  • 鹿児島県人ですが

    殺された人(犯人だったかな?)服のポケットにかなりの灰が入っていて、
    「これは桜島の灰だ。殺された場所は鹿児島だ!!」
    みたいなのがありました。
    確か、西村京太郎だったような・・・。

    普通、灰が降っていたら傘をさしますよ。
    ポケットにつかめるぐらい入るって、どれだけですか?
    ないな〜と思いました。

    それから、最近はあまりないかもしれないけど、古い車種の車が登場すると、
    運転を誤って崖から落ちたり、犯人に仕掛けられてブレーキがきかなかったりして、
    追突とかありましたね。

    浅見光彦シリーズ好きです。
    今まで光彦を疑っていた地元警察が、お兄さんが偉い人とわかって、パトカーで旅館にのりつけてきて、
    謝るシーンが水戸黄門の印籠のようで好きです。
    ありえないけど、このシーンだけは見逃したくないですね。

    ユーザーID:8928491791

  • Wisteria様

    わざわざ懇切丁寧な解説ありがとうございます。

    >地図上の方向に合わせているのだと思います。
    ええ、ええ。私もずっとそう思っておりましたよ。
    全く同感でございます。

    「そやけど、毎回毎回、どの番組も地図上の方向に合わせる必要ないんちゃう〜?」
    という、軽ーい突っ込みのつもりだったんですけど。。。
    通じなかったかな…ちょっとショック。

    これだけでは何なので。

    名探偵コナンでは、何故か初めての道で迷子になり、道案内してもらう。
    その親切でいい人そうな道案内してくれた人が犯人。

    ユーザーID:3497913818

  • 海賊の妻ですが

    皆さんお声掛けありがとうございます。崖の上の殺人もこのスタイルが出来上がるまで歴史があったのですね。大変為になりました。
    さて私が若い頃火曜サスペンス劇場と言うのが有りました。その中で小学校が舞台になって、若い教師がきれいな母親に「○君のお母さん。貴女のように美しい人はこの学校中探してもいません」と言いました。その時私にも小学生の子供がいまして、思わず「私も言われたい」と言ってしまいました。夫がお茶をブホーと吹きました。
    でも今考えるとそんな事を教師に言われたら、気持ち悪いです。例え私が美人だとしても。
    あの頃テーマソングに名曲が沢山出ましたね。聖母たちのララバイとか。そして今も歌い継がれていますね。
    若い頃私は馬鹿でした。夫もお茶を吹くわけだ。

    ユーザーID:6724608974

  • 浅見光彦シリーズで…

    おもしろいトピですね!

    火曜様
    >様式美ってやつですよ。

    なるほど!そうですね。
    灰皿で殴られて死ぬとか、断崖で犯人を追いつめるなどおきまりのパターンがある点は時代劇と似ているかも知れませんね!
    でも分かっていても色々と突っ込みながら見るのがいいんです(笑)。
    ちなみに個人的に好きなのは、浅見光彦シリーズの中で光彦が事件に首を突っ込んで不審者扱いされると、兄・陽一郎が所轄の刑事に「弟がご迷惑をかけているようで…」と電話で謝罪、刑事は陽一郎が実は刑事局長だということも知らずにぞんざいに応対していると、部下が電話の相手が刑事局長だと知らせ、慌てふためき態度が一変!(withコミカルなBGM)というシーンです。
    「け、けいじきょくちょー?!あの国会で答弁されている〜?!」
    (←なんだその例えは!とつっこむ私。)
    この台詞、視聴者に陽一郎がどれぐらいの地位かを分かりやすく知らせるための例えなんでしょうかね…。
    いいんです、この安直なところもこの手のドラマの真骨頂なのですから!
    このシーンの度にくだらないと分かりつつも「きたー!」とニンマリしてしまいます。

    ユーザーID:5091794056

  • あるある

    皆さん面白すぎです。

    サスペンスドラマにかかせない、崖の上・鍵をかけない住人・ツアーは中止にならない・京都・家元・素人が刑事きどり・記憶力が良すぎる人達・人が殺されすぎ・キャスティングで犯人が分かる・推理のヒントが家族からなど。

    私はおとり捜査と法医学教室のシリーズが好きです。
    松下由樹と名取裕子が犯人にさらわれすぎですが。

    ユーザーID:3794894223

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • かねてより疑問です

    刑事が逃げる容疑者を追いかける時、必ず「待てー!」と叫びながら走りますよね。
    素直に待つわきゃないだろ〜、といつも思います。

    あれは効果音として必要なんでしょうか、ほんものの刑事さんはどうなのか気になります。

    ユーザーID:9920182935

  • 仲間に入れて下さい。

    2時間サスペンス大好きで、よく見ます。『やっぱりね』『そうきたか』『これはないよね』と自分なりに評価しています。 皆様のレスには全く納得です。

    出演者の名前で、だいたい犯人は分かりますね。それでもどう話を展開させるのかで、納得できる場合とそうでない場合があります。

    時間の関係で人が直ぐ死んでしまう。毒殺なのに、口に含んで直ぐ亡くなってしまう。ナイフで刺されても、長時間苦しまずに即死。

    刑事が後をつける時、車か徒歩ですが、距離が近すぎ。画面に両者を入れるのに仕方ないですけど。

    多くのシリーズは展開はパターンは決まっていますね。時代劇の「水戸黄門」みたいに。

    ただ、ひとつ納得いかない時は、犯人が話の展開にあまり関与していない時です。例えば、殺人が家族親族内で起きた際、犯人当ては家族に焦点をあわせています。ところが、犯人は喫茶店のマスターだったり、近くの店の店主だったりします。実は犯人が昔別れた実親で、いつも遠くから見守っていたという事実が最後にやっと判明。全くの他人が、最後に血液関係である事が判明。だったら、出演者が全員犯人であり得ます。

    と言いつつ、いつも見ています。

    ユーザーID:2732997372

  • おもしろいトピですね〜

    みなさんのレスと重複する部分あると思いますが、

    1.配役で誰が犯人かすぐにわかってしまう(同じ女優さんを続けて犯人役に使い過ぎ)

    2.しかも殺人の理由があり得ない&恨み続けて15年ぐらい経ってから復讐する(それまで何してた?)

    3.連続殺人犯なのに、なぜか同情せざるを得ないぐらい犯人がいい人

    4.殺人事件なのに刑事役がほとんど出て来ず、一般人が解決し過ぎ(捜査している気配すらなし)

    5.たくさん殺された重〜い事件なのに、犯人が捕まったとたん刑事が同僚や自分の娘と のどかな会話をし過ぎ

    6.途中までほとんど出番のなかった人が急展開でなぜか真犯人(自分なりの推理が全て無駄だし、あんた誰?!みたいな)

    7.決定的証拠を見つけ犯人が誰かわかっても、警察に言わず素人が解決しようとする(で、危険な目に遭う)

    8.追い詰められた犯人が(たいてい崖やビルの上)すぐに手錠をかけられず、その場でベラベラしゃべり過ぎ、刑事も
      だまって聞き過ぎ


    ツッコミどころを満載にした脚本をわざと書いてるの?とさえ思います(苦笑)

    ユーザーID:9000504031

  • わかります〜

    基本的に善人の人が殺人を犯した場合は、
    「思わず突き飛ばした相手が頭を打って動かなくなった」
    というパターンがありすぎ(笑)
    普通救急車呼ぶと思いますけどね〜
    「実は気を失ってただけでそのあと真犯人に殺される」
    もあるあるですね

    あとアリバイを確認された人がよく言う
    「私を疑ってるんですか!?」
    の台詞は一度言ってみたいものです(笑)

    ユーザーID:6393752760

  • 再度投稿

    私も法医学教室とおとり捜査官好きです。法医学は、毎回サキさんが犯人に首絞められそうになったり、ナイフで刺されそうになったりするけど、身体鍛えてる訳でもないのに、意外と毎回抵抗して助かるオチですね。おとり捜査官は、いくらおとりになる為に、髪型やら服装似せても、気が付かれるだろう?と毎回思う。ラチってから、お前は刑事だな!とか気がつく犯人マヌケすぎ!とにかくみんな単独行動で犯人の懐に飛びまくり(笑)!死にたいのか!死なないけど!って思います。でも見ちゃう!彼氏には展開、セリフ、犯人大体予想つくから予め言うと尊敬されます(笑)

    ユーザーID:5662375524

  • サスペンスのお約束♪

    湯けむり(サービスショットあり) グルメ 列車 そして殺人
    一時期でしたが、何の旅行番組だ? って思うようなシリーズが流行りましたよね

    秘湯温泉、美女殺人事件 不倫旅行の人妻に何が?
    ○○(←地名)の絶品料理△△(←料理名)に隠された謎とは? 

    みたいな感じ。どんだけ殺人に盛るのかよって笑
    ストーリーそのものではもはや力不足で、
    旅行とグルメを合わせちゃいました〜感が絶望的にイタイ

    既出ですが、犯人はなぜ、崖で告白なんでしょうか
    しかも地理的に、どう考えても簡単に行けそうにない場所に
    数秒(ドラマの尺的に)で移動なのも謎だし
    そこに警察や探偵がわずかな手がかりでたどり着くのも謎
    で、大抵そのまま飛び込んで自死だし
    記憶にある限り、間に合わなくて告白せずに犯人死にました、ってことは
    なかった気がするし、不思議なくらいジャストな感じで
    犯人を追い詰めるのも、都合良すぎるだろ! って
    いつの頃からか、素直に観られなくなった私です

    ユーザーID:0307616377

  • 正当化される殺人

    私がいつもサスペンスドラマで気になるのは、復讐による殺人が多いことです。そして、それを目撃した人を仕方なく殺す。

    まず恨みがあるからって悪人Aを計画的に殺した時点で、Aと同様の悪人になる。
    ましてや何の恨みもない目撃者の第三者まで殺そうと思ったら、それは殺人鬼でしょうが。

    なのに、犯人は良い人で、何かしらの救いがあるようになっている。
    殺人を犯したけど償えば良い、待ってるからね、ってなんだそりゃ?

    自分の犯行を隠すために、第二第三の殺人を犯した人間に救いがあっていいのか?


    それとシリーズ物の刑事さん、みんな高齢過ぎませんか?
    70代ってあり得ないでしょ。

    ユーザーID:2707618915

  • 走るで思い出しました

    犯人を全力疾走で追いかける
    しかも結構長い距離
    そのあと格闘して捕まえる
    犯人も刑事も
    よく体力が持つなあといつも思ってます。

    ユーザーID:1650132561

  • あーあるある!

    と思いながら読んでいます。
    このトピ面白いですね。
    私は2時間系もシーズン物も見ます。
    どなたかが書いていらっしゃいましたが、犯人がわかりやすいのに見てしまいます。
    夫が当てるのが得意で、開始15分位で「犯人はこいつだ」と言い出します。

    因みに私が気になるのは(被りもありますが
    ・犯人にしょっちゅう殺されかけるにもかかわらず、主人公が懲りない。
    主人公が刑事だと「こんな人に犯人逮捕なんて出来るの?」と疑問。
    ・「おかしな刑事」の入浴シーンは必ず伊東四朗(でも先日の放送でとうとう羽田さんの入浴シーンが出ましたね)
    ・東京都北区赤羽の赤水門は結構な確率で人が死んでいる(元北区民だから気になるのかもしれません)
    ・最後の最後、犯人を逮捕するシーンで逃げようと思えば逃げられる隙が多すぎ

    ユーザーID:8183294186

  • そこで喋っちゃうの?

    断崖絶壁みたいなとこで、真犯人が主人公(しかも職業が本職の刑事じゃなかったり)に追い詰められ、観念して動機や殺害方法の一切合切を喋る…。

    「あいつが許せなかったんだよ!跡取りは本当は俺だったんだ!」みたいな。

    早く捕まえなくていいのか?というか主人公そんなに腕に覚えがあるの?

    そして喋り終わったくらいにパトカーのサイレンが聞こえてきて、ワラワラっと警察登場。待っててくれたのか…。

    死体役の人の首筋がドクドクしてるのもたまに気になります。旅に絡めたやつの再放送は結構見てますね(笑)

    ユーザーID:3716200400

  • 70年代くらいまでだけど、

    ローカルテレビで、70年代の刑事ドラマがよく放送されていますが、今見るとびっくりなんですが、刑事が東京の街中で、ピストルを撃ちまくり(笑)

    しかも、現実の小さいピストルではなくて、マグナムみたいなでかいピストル。

    大人になって、「警官が生涯でピストルを撃つことは一度もないのが普通」と知った時は、大変驚いた記憶があります。

    ユーザーID:3481411202

  • もう出ているかもしれませんが・・・

    私にも言わせてください。

    怪しいと思っている人物に呼び出され
    波止場近くの今は使われていない
    倉庫に一人で出向く主人公・・・

    いやいやなんで行くかなー???

    普通行かんでしょーよ。
    不思議でなりません。

    ユーザーID:2788225692

  • サスペンスに限らずですが

    告白などの長いセリフの時、最初は相手に向かって話していても次第に歩き出して相手に背を向けたまま話し続けるシーンが昔から不思議でした。
    背後から話しかけられてそのまま会話を続けたり。
    ましてや崖の上で海に向かって・・・

    聞こえないって!(笑)

    ユーザーID:3196829767

  • 不思議なシリーズもの

    浅見光彦シリーズ
    私より年上だったのにいつも間にか年下に

    温泉女将シリーズ
    いったい何軒ホテルを経営してるねん
    と突っ込んでしまいそうになる。

    ホテルを立て直すコンサルタントのシリーズ
    依頼のあったたホテルで必ず殺人事件
    顧客減っちゃうよ。

    ユーザーID:2340208667

  • ドラマの警察は有り得ないですよね

    二時間ドラマ好きな私も、ずっと思ってました。
    警察じゃない人が解決する事件のなんと多い事か!
    一般人が解決出来るなら警察はいらないって!

    そして、守秘義務違反の警察がなんと多いんでしょう。
    警察がつかんだ情報を、第三者にもらしちゃ絶対ダメなのは周知の事実なのにね。

    そして、自称探偵みたいなのが本当に身近にいたら胡散臭くて近寄りたくないですよね。

    金田一君とか、コナンも子供なのに殺人事件が周りで起こり、解決するべく探偵気取り・・・・有り得ない!
    でも、だから面白いんですね。

    ユーザーID:6945201720

  • 昔々

    私が小〜中学生だった時(昭和40年代)には、いかにも悪役と言う容貌の俳優さんがいつもいつも犯人でした。

    友達とも「もう最初からあの人が犯人って分かるよね〜。」とドラマ作りを馬鹿にしていたんですが、
    ある日突然、いつもは犯人役のその俳優さんが善玉になっていてびっくり!
    翌日、みんなで「あれ、ウソみたいだったね〜。」と言いあいました。

    それからかな、筋書きや配役が凝ったものになったのは。
    今では、ドラマ作りの過渡期を見た気分です。

    ユーザーID:4013084109

  • 江戸川乱歩

    二度目です。
    明智探偵シリーズ好きでした。
    天知茂さんの苦みばしった顔が子供ながらに格好良く見えてました。

    先日まで、スカパーでシリーズ一挙放送をやっていて何話か見たのですが、フランス人役の伊吹吾郎さんがカタコトの日本語しか話さないのがツボでした。
    他のフランス人役の俳優はお互いフランス語で会話するのに、伊吹吾郎さんと話すときはカタコトの日本語。
    伊吹さん演じる黄金仮面がロープウェーからヘリで逃走するシーンも指を咥えて見てるだけ。

    おいっ!その止めたロープウェーをこちらに動かしてとっとと逮捕せー!とついついテレビに突っ込んでしまうようなシーン盛りだくさん。


    非常に充実した一挙放送でした(笑)

    ユーザーID:6263113368

  • 記憶力が凄すぎる

    ホテルの従業員に警察が質問すると数ヶ月前に宿泊した一般客について、詳細な記憶があり、そういえば○○に行くと言っていましたなどあり得ない記憶力だと思います。

    それがないと手がかりが無くなってしまいますので仕方がないことと思いますが、自分のように昨日食べたものも思い出せない者にとって、いつも違和感を覚えています。

    ユーザーID:2499823383

  • でも癖になる2時間ドラマ

    皆さんの書き込み、うなづき笑いながら読んでいます。

    復讐ものの連続殺人のとき、一番罪の軽い小物から殺して
    最後に一番の復讐の相手を残す。
    恐怖を与えるためとか言ってるけど、警察などが介入するから
    結局復讐の目的を果たせない。
    一番憎いやつを最初にやるべきだと思います。

    犯人の告白シーン崖や屋上(フェンスがない)が多いですね。
    でも、あるサスペンスで病院の庭のベンチで座って告白シーンやってて
    すごく地味でした。
    崖みたいなとこで風にあおられながらっていうのは
    いいもんだなと思いました。

    ユーザーID:3557506960

  • 俳優のランク

    楽しいトピですね。デスクトップの前で
    爆笑しています。

    番組が始まり、テロップで流れるキャストを
    見ていると、犯人あるいは最後まで犯人だと
    強く疑われてしまう人って、わかりませんか?

    大抵は「かつては一世を風靡したのに、
    今は別に目立たなくなってしまった男優さん」が
    そういう役を振られています。
    年齢なら四十代から五十代。

    昔、二枚目の代名詞だったKさんとか、
    渋谷で名を馳せたAさんとか(笑)。

    あと、嫌味な有閑夫人の役とか、
    なぜか「おにゃんこクラブ」の元メンバーが
    多くないですか?

    ユーザーID:5146488192

  • 行く先々で殺人事件に出会う

    70年近く生きてきましたが身近で殺人事件があったのは一回だけです。

    もしかすると探偵が殺人事件にかかわっているのではないかと疑われるレベルですね。

    ユーザーID:2499823383

  • 面白い〜

    みなさん、面白いです。

    犯人らしき人物のアパートに行くと、留守確率が高く、
    必ず隣に住んでいる中年のおばちゃんが、ドアを少し開けて、
    「あぁ、○○さんなら数日前からいないわよ」等と教える。
    隣人に詳しすぎて怖い。

    鈍器などで殴って逃走した犯人が、最後に問い詰められた時に
    「殺す気はなかったんだ!」と情状酌量を求めるような自白をする。

    ホステスが昭和的に派手で柄が悪そう、煙草吸う。
    ナチュラルメイクなホステスは皆無。

    地味で真面目な女が犯人だったりする。

    聞き込み中、聞かれる側が心あたりがないと言っておきながら、
    去ろうとした瞬間、「あ、そう言えば、あの時・・・」などと
    かなり重要な情報を出してきたりする。

    私は袴田吉彦さんが出てきたら、犯人な気がしてしまいます。

    ユーザーID:5058183141

  • アンフェア

    2時間ドラマではないけど、アンフェアの篠原涼子さんの刑事役も、
    突っ込みながらみてました。
    犯人と戦うには不便そうなファッション、
    単独で夜に人気のない場所に行っては危険な目にあったり。

    あと、相棒も展開がベタな2時間ドラマ的ですね。
    捜査中に喫茶店や居酒屋で、機密情報を話したり、
    最後は犯人の告白タイム。

    ユーザーID:4984439999

  • あとでゆっくりレスを見たい

    面白いトピを立ててくださりありがとうございます。
    私も突き飛ばしただけで死ぬのかなって不思議に思っていました。
    神社の石段で落ちる人って多いですよね。
    それと、テレビで殺人のニュースが流れたら、「では次のニュースです」って言う
    タイミングでテレビを必ず消すんですよね。
    不自然なのねー。

    あとヒロインの親友とか出てきたら、「こいつや!」と膝を叩きますね。

    でも、わかっていても最後まで観ちゃうんですよねー。

    ユーザーID:5301935624

  • いまだにクロロホルムで倒れる

    クロロホルムは、
    刺激臭が強いし、
    犯人に協力するくらい吸い込まないと倒れないと聞きました。

    が、
    いまだに、
    後ろからガバ!
    う!ばた!
    って気がします。

    ユーザーID:9307562584

  • あるある

    「こういう人見たことありませんか」と聞き込みして回る時の写真が不自然。わざわざそのためにとった証明写真みたい。

    ユーザーID:7975218332

  • 京都で事件が多い理由

    一番の理由は制作会社が京都にあるので都合がいいからでしょう。
    俳優からスタッフ、エキストラと関わる人間が多いので遠くなると
    人件費や宿泊費は大変です。

    例えば山村美紗サスペンスは東映の京都撮影所が制作ですね。

    ユーザーID:0661508062

  • アボカド天ぷらさんへ

    >登山で男女が遭難して山小屋の中で
    男性二人が急に女性に襲いかかることです
    死ぬかもしれないのに そんなことしてる場合かよ?

    ‥に回答。

    生物として男性(雄)は、少なからずも命に危機が及ぶと 自分の種を残そうとするらしいです。

    だから 徹夜明けだと何故か欲情するのも、そのせいだと。

    今時の草食時代に それが一般的かは不明。
    私は女性なので。

    でも仮に そこそこ当たっているなら、
    >死ぬかも知れない、から
    >そんなこと、をする。

    2時間サスペンスの中では稀な、 なるほど場面です。

    本当かなぁ。。

    ユーザーID:3139817503

  • 能面に注意

    能面の裏には大体、青酸カリが塗ってある。

    ってか青酸カリ、出回り過ぎ。

    ユーザーID:3007621147

  • 水筒とおにぎり

    定番の断崖絶壁のシーンを見ると、あんなところへ行くの大変なのになあと思います。 黙々と皆で登っていくわけでしょう? 大きな水筒か1リットルのペットボトル飲料におにぎり等を絶対持参しないと持たない。息切れ、メークも剥がれ、靴ずれやらめまいでもう犯人なんかどうでもよくなると思う。

    ユーザーID:5589527128

  • 定番だから好きなんだ

    ・「あんな素敵な人が…犯人のわけないじゃない!」→犯人。

    ・「Aさんには完璧なアリバイがあるから犯人じゃないわね」→犯人。

    ・「昨夜9時にどこにいましたか?」→私を疑っているんですか!?

    ・「復讐なんて娘さんが喜ぶと思っているのか!」→ううっ……うわああ〜(犯人号泣)

    ・ヘボ刑事「うーん、これは事故(自殺)で間違いなさそうですな!」→他殺。

    ・村人「これは人間の仕業じゃねえ!○○伝説の祟りじゃ!」→他殺。

    ・「ねえ、明日会えないかな?話したいことがあるの…」→殺される。

    ・「こんなことがありましたけど…事件には関係ないですよね」→関係大アリ。

    最後、二時間サスペンスじゃないけど、古畑とか相棒系。

    ・「一体いつから私を疑っていたんです?」
    「最初に貴方とお話した時に…あの台詞はおかしかった」
    「そ、そんな…貴方は最初から…。ハハ、完敗です」

    ユーザーID:5119497635

  • 大人になって解った事

    昔は謎でした。

    男女の悪巧みは ベッドの上で、が多い不思議。
    今は解ります。

    誰かが聞いているかも知れないディナーの場での密談は危険だし、
    そういう場面が来る時点で、大抵は不倫設定。

    不倫である以上、持ち時間に制約があるから‥だね。

    ドラマ上の時間制約も含めると、二人の関係性を示すのと、お色気シーンを盛り込むのを絡めると、‥そうなるなぁ。

    もし不倫男女ではなく普通の夫婦だとしたら、と考えると

    夕食時に
    「次の連休は どこ行くぅ?」とか、旅行の計画をするみたいに殺人計画をされては、‥いかれた夫婦なだけですね。

    男が不敵な笑みで
    「まぁ何とかするさ」
    と、お色気シーンへ。

    うーん‥家庭内シーンではバカさ加減が際立ち、サスペンス性に欠けますよ。

    子役が現れたりしたら
    「おい!お前ら親だろっ!」とか、急に現実的に。

    やっぱり非日常!でないと。

    ユーザーID:3139817503

  • 後腐れなく2時間こっきりで終わるから好き

    最近はあまり観ませんが以前よく見ていていつも不思議に思っていたこと。

    1.刑事が関係者の捜査に重要人物のアパートを訪ねるともぬけの殻。
    すると隣人のおばちゃん(頭にカーラー付)がドア半開きで顔を出し「お隣さんなら引っ越しましたよ」
    刑事が「どこへ行くとか行っていませんでしたか?」と聞けば「なんでも故郷(くに)に帰るとか・・・
    あ、そうそうこの前葉書が来たんですよ」と部屋に戻って問題の葉書を差し出す。それを見る刑事。
    消印と差出人住所のクローズアップ。
    次の場面ではもう差出人住所で聞き込みが開始。

    2.刑事の聞き込み「5日前の○日×時頃、何かありませんでしたか?」
    (しばし考え込んでから)「あ、そういえば見慣れない女性がそこを歩いていました。なんだか思いつめたような顔で・・・
    ええ、とても綺麗な方でしたよ。すらりと背が高くて」

    ・・・5日前のことをそんな鮮明に覚えていたら、逆に「あんたが犯人じゃないの?」と疑ってしまいそうです。
    実際の聞き込みでそんな成果が得られるのか、警察関係者の方に聞いてみたいといつも思っています。

    ユーザーID:5706861778

  • 私も参加させてください

    ・科捜研の女のマリ子と土門刑事の間柄は?シリーズ当初の頃は二人はもう少し仲良しだった気がしますが。

    ・主人公の女刑事または元女性警官の夫はたいてい殉職しているって何故?そして、その夫の同僚がたいていはその殉職に関わっている。

    ユーザーID:4022497646

  • 素人探偵自腹切り過ぎ

    素人探偵もので「私どうしても気になるの、もう一度〇〇へ行ってくるわ」って、何回も飛行機に乗って北海道とか九州とかに直ぐに行ってしまう。

    往復の飛行機代とかホテル代とかタクシー代とか入れたら軽く10万円オーバーしますよね?
    仕事でも無いのに完全に自腹なのに、よく平気でそんなお金出せるよなぁー、と貧乏な私は毎回不思議に思います。

    ユーザーID:4098283102

  • 浅見光彦のお約束シーンもっと派手にやって欲しい

    あそこをもっともっとオーバーにやって欲しい。
    あのシーン見るのが生き甲斐なんですよ


    あっさりしてると、がっかりして
    もう続きを見る気力がなくなりますんで。


    おもいっきり浅見(弟)をこきおろしてから

    え?え?え? あの浅見さんの弟さんですか?って、
    白目むいて泡吹いてもっと慌てふためいて欲しいんですけどね。

    ユーザーID:5512248241

  • 2時間ドラマから連ドラまで大好きです!

    ・ジャーナリストは大抵死ぬ。ジャーナリストのゆすり癖スゴイ。正義のジャーナリストは居らんのかい!
    ・某法医学教室の先生はゲスト女性キャラにまず敵視される。気が強い女性が多い。
    ・ガラケーの普及率の高さ。再放送だっけ?!と疑いたくなるほど皆ガラケーを使ってます、特に刑事さん。
    ・医師免許を持つ某検事さんの前で、被疑者が必ず体調崩す。
    ・100の資格を持つ某事務員の潜入捜査は泊まり込み。そんなに泊まり込みの職場ばっかじゃないでしょうに。
    ・写真をアリバイにしている人は大抵犯人。
    ・主人公が男性刑事でシリーズものの場合、突然出てきた刑事(主人公が昔お世話になった、警察学校の同期等)は割と犯人。存在が怪しすぎます。
    ・罪を自白した遺書をパソコンに残して自殺した犯人は、大抵真犯人に罪を着せられて殺された。直筆以外の遺書は信用しないで!

    チャイムを押す→返事がない→鍵が空いてる→侵入する→死体発見
    という流れが主流ですが、我が家も近所も田舎で基本的に鍵をかける習慣が無いので、鍵が空いているだけで侵入されてしまうシーンにドキドキします(笑)
    鍵が空いてるからって入らないで〜

    ユーザーID:3446426284

  • 気絶する

    犯人に、お腹を殴られて気絶するシーン。

    腹を殴られたぐらいじゃ気絶しないし、せいぜいウッ!ってなる程度。
    もの凄いパワーの格闘家でも、無理じゃないかな。
    ミゾオチを殴られたら、気絶じゃなくて、吐くしね。
    気絶するほど腹を殴られたら、多分内蔵が損傷してるから、ハッと目覚めても動けないはず。救急搬送されるレベル。

    ユーザーID:7262655409

  • 毎回毎回

    タイミングよくタクシー来すぎ。

    ユーザーID:8275758704

  • タクシードライバー、科捜研

    ・アパートで就寝中の夜明さんを起こす、元部下たち。合鍵はないやろうし、戸締りもちゃんとしてるやろうし、どうやって勝手に上がりこんでいるのか、不思議。
    >でもこのお約束はドラマの中でも好きな部分。

    ・犯人役の女性を日を変えて何回か乗せるが、中のシャツが少し異なるだけで、最初から最後までアウターが同じことも。その人物を印象付ける、というのはあるのかもしれないけど・・・。



    科捜研
    沢口さんも内藤さんも大阪の人やから関西弁でしゃべってほしい・・・。でもそうすると、ドラマのシリアスさはなくなるかも。
    >『京都殺人案内』の音やんと秋山課長の絶妙な間のやり取りみたいなのは期待できないか・・・。

    ユーザーID:9206322033

  • あっという間の瞬間移動は

    ドラマを観ながらの観光気分になれるから

    そうそう旅行に行けない身としては見どころが凝縮されていて楽しいです

    だから最後の崖っぷちシーンも許せるかな

    ユーザーID:0598373000

  • パーティー会場

    パーティー会場で、美人で気が強い出席者が主催者の女性に嫌味な発言をする場合、まもなくその女性は毒入りワインを口にし、ううっと呻きながら床に倒れます。
    周りの「キャー」という悲鳴。場面切り替わり、刑事さん達がその女性の遺体の周りを囲みながら話している。そこへ主役の刑事さん登場。。。

    このパターンは昭和サスペンスに多くあったような気がします。

    ユーザーID:7676285450

  • 山奥でどしゃぶり

    犯人が死体を埋める場所が山奥、そして夜、どしゃぶりの雨。
    なので、合羽姿で土を掘っていることが多い。

    ユーザーID:5058183141

  • 移動距離と会話時間に??

    さっき○○歩きながら話してて、次のシーンでは同じ会話の流れなのに××の場所で歩きながら話してますけど。
    ○○から××まで電車か車必須ですけど。
    まぁ徒歩でも行けなくはないか。1時間とか歩きます?
    でも歩いてるうちに会話終わりますけど。

    観光名所盛りだくさんな場合だと、余計に…
    いやいや、そこからそこへの移動は無いでしょ笑
    ってなりません?

    ユーザーID:3929679157

  • 笑えないクロロホルム

    もかさんの仰る通りです。
    ハンカチに浸した程度なら人間が昏睡することはありえないそうです。
    どなたかのレスに会った通り、毒物などは真似しても失敗するようになっているそうですが、クロロホルムも同様ですね。
    ただ、だからといってめでたしめでたしでもないようです。

    クロロホルムが直接着いた皮膚は酷くただれるそうです。
    真似をした悪党に襲われても昏睡することはないですが、口の周りが酷いことになるようです。
    ああいうシーンはやめてもらいたいです。

    なお、クロロホルムは量が多すぎると死に至ることもあるそうです。
    その意味でも笑えません。

    ユーザーID:5996754737

  • 親切な人は生き別れの親

    偶然出会った人が昔自分が捨てた子供だった
    というパターンが多い。

    ユーザーID:4663580630

  • サスペンスドラマ大好き

    いつもドラマを見ながら、公園や神社に夜1人で行くと殺されちゃうよ・・・と思いながら見ています。

    ・アパートの2階に住んでいる人に事情を聞きに行くと、必ず窓から逃げられる
     →窓下にも1人配置させようよ

    ・目撃者が警察以外にベラベラ目撃談を話しすぎ
     →警察や報道関係以外から事件についてしつこく聞かれたら、普通は警戒するよね

    ・十津川警部(渡瀬さんの方)、日帰りできない地方へ出張するのに手ぶら
     →着替えはもちろん、書類も持っていかないけど大丈夫?

    ユーザーID:2232435191

  • 鳥の声

    自然のなかで登場人物がしゃべってるときですが、似たシチュエーションだとバックに流れる自然の音が同じであることが多く気になる(どのシーンにも同じ鳥の声がはいってるとか)

    ユーザーID:3006136555

  • 現実味に欠ける日本のドラマ

    この手のドラマは状況設定が、北米のものの焼き直しのようなものが多いけれど、脚本が今一つだから、現実味がないよね。  というか、ストーリーにのめり込めず、途中でチャンネルを変えることがほとんど。  シナリオ・脚本に不自然・安易な番組が多い感じ。

    今は大分見なくなったけれど、

    車いすの人物は歩ける。

    咳をした人物は病死する

    冥土の土産に、犯人がすべて解説してくれる

    刑事・記者が 電話を取ると、 相手の言葉をすべて復唱してくれる

    ユーザーID:9652323638

  • ブレーキ音

    パトカーも含めて、登場する車が止まる時、路面とタイヤの擦過音『キー』
    現在の自動車は、ABSが装備されていて、かなりの急ブレーキでもあんなひどい音は出ません。
    どう考えても皆さんの愛車は整備不良です。

    ユーザーID:0641610014

  • そうそう

    原作では洒落たジョークでもドラマになると親父ギャグになったり
    ハードボイルドな雰囲気の人物もただの変わり者のおっさんになったり
    機転の利く主人公も挙動不審のキャラに。

    原作で憧れた舞台もドラマ化されると某キャビンアテンド物語風になるのはなぜでしょうか?

    ユーザーID:6370525680

  • 孝行娘さん、同意です。

    浅見光彦シリーズ、あの、警察庁長官の弟様であることが判明したときの驚き、もっと、もっと派手に行ってほしい。
    てか、以前はもっと派手だったと思います。

    さらに言えば、その後の場面でも、もっと卑屈(笑)になってもらってもいいのかな、と思います。

    正体が判明後は、「浅見さん、どう思われます?」みたいな感じで普通に接しているのが気になります。

    もっと、もっと「弟君」という感じを強調してもらいたい(笑)

    ユーザーID:3481411202

  • 警察官や探偵が

    飲食店で、場合によってはそこの店の主人の真ん前で、「それって極秘に話し合う事では?」と思われる事をベラベラと喋る。

    作り話と分かっていてもハラハラします。

    ユーザーID:6324337564

  • 視聴者にわからないと意味がないから

    >冥土の土産に、犯人がすべて解説してくれる

    >刑事・記者が 電話を取ると、 相手の言葉をすべて復唱してくれる

    >そこの店の主人の真ん前で、「それって極秘に話し合う事では?」と思われる事をベラベラと喋る


    視聴者への説明ですから仕方ないですよね。
    カメラに向かって視聴者に説明するのはおかしいから、演出上しかたないでしょう。(古畑はカメラ目線ですが)


    捜査会議の必須アイテム「ホワイトボード」が、実際には使われないって
    聞いたときはびっくりしました。

    ユーザーID:2362315125

  • みのさんへ 「浅見」そうですよね!!

    そうそう、昔はもっと派手でしたよね!!

    たまにBSで再放送をしていて、昔の浅見シリーズを見るのですが、
    今より大げさで見ごたえがあります。

    最近のシリーズは、実にあっさりしすぎてけしからん(笑)

    あと、「え?あの浅見長官の弟さん?」って
    序盤に判明してしまうけど、もうちょっとひっぱることは出来ないのかなぁ

    ためにためて、ひっくり返す!

    今後に期待です。

    ユーザーID:5512248241

  • そんな

    >捜査会議の必須アイテム「ホワイトボード」が、実際には使われないって聞いたときはびっくりしました。


    ええっっ、なんですってっ!?

    そんな……。

    ユーザーID:3573131776

  • 御酒

    よく見るシーンですが事件が起こり、刑事様達が何人かでスナック?や小料理屋?のカウンターで店主、料理人を相手にお酒や食事をしながら事件の捜査過程を名入で話しています。
    またその経営者が親族だったリして。
    いつもこれってありと思いますが如何でしょうか。
    もしこれが本当にだったら・・・

    ユーザーID:7904945437

  • 室内で殺人事件が起こる時…

    必ず雷が鳴り響いてる。
    しかも、ありえないくらいゴロゴロひっきりなしに…。

    あんな鳴りっぱなしの雷なんて年に1度もないだろ、と突っ込みます。

    ユーザーID:3231284904

  • 行けないよ

    犯人が指定した場所が「ナントカ埠頭の○番倉庫に来い」の時。

    呼び出された人間がすんなり向かえるのが不思議。
    プリントアウトした地図や、スマホも持たず、基本的にバッグしか持ってないし。

    よく迷わないなー、と思いながら観てます。私は行けないわ。

    ユーザーID:7042563941

  • 居酒屋で仕事の話をしなかった者から石を投げなさい

    >飲食店で、場合によってはそこの店の主人の真ん前で、「それって極秘に話し合う事では?」と思われる事をベラベラと喋る。

    情報セキュリティ対策に、「飲食店や電車など公共の場所で仕事の話をするな」なんて項目がありまして。
    逆に言えば、対策の対象としなければならないほどその手の事例が多いって事で。

    ユーザーID:8844973616

  • お約束にホッとする午後のひと時

    おっちょこちょい警部の「よし!解った」はほぼ解って無い

    急に「うっ」となり手で口を覆い、トイレに駆け込み洗面台でげふげふと咳き込む
    『はっ!もしや?』と顔を上げて鏡を見れば妊娠確実

    犯人に見られない様にこっそり後ろを通り抜ける探偵
    その気配に気が付かないなんてドリフ並み

    ユーザーID:0598373000

  • いろいろな物で殴る

    でっかい灰皿については出ましたが、
    他にも、
    壺とか、
    レンガやブロックとか、
    意外に殴れる物ってその辺に無いですよね。

    あと喧嘩の時の空き瓶。
    今は見なくなりましたよね、、、
    せいぜい朝の居酒屋の裏口にあるくらい。

    ユーザーID:3228840810

  • 久しぶりに

    久しぶりにきたら、書込みが増えていてうれしいです。

    更に気になる点。
    死体がキレイすぎる。
    飛び降りたりしても、顔はキレイだしあんまり血まみれじゃない。
    親子や肉親で刑事が多い。
    実際あんなに親子で刑事って多いの?
    聞き込みが簡単すぎる。
    実際昼間から家に居る人って、もっと少ないと思う。
    居ても居留守使う家も多いと思う。

    ユーザーID:3794894223

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧