着ない着物の処分

レス34
(トピ主1
お気に入り249

生活・身近な話題

カネゴン

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 寝具は?

    なんだかお困りのかたが多いんですね。
    洋服にリメイクが?と思われる方、寝具や座布団・クッション、またはそれのカバーなどにもリメイクできますよ

    ユーザーID:1747286328

  • 月ウサギさん、クロスのボールペンさん、ありがとうございます

    八掛け、気にしなければそれでいいのですね。

    でも私のはダメかなぁ…
    私の八掛けはきれ〜いなオレンジが多くて、着物クリーム色×八掛けオレンジの組み合わせってかなり鮮烈です。
    袂はじっとしてても見えますしね…

    唯一、グレー地に色とりどりの花柄×赤の八掛けが帯や小物を地味にしたら着られそうな気もします。
    タンスの肥しもおしいし、ちょっと考えてみますか。

    でも他のは着物の色自体もちょっと無理っぽいです。紅花染めなんか鮮やかなパールピンクですし。(苦笑)

    ユーザーID:8134512150

  • 本当にどうしたら良いのでしょう?

    ドレスに仕立て直す業者もありますが、その料金たるやそこらのドレスよりもずっとお高い! クッションと言っても狭い我が住まいのインテリアにはぜんぜん合わないし、大体置く処がない! 着物も帯も高いものなので捨てるに捨てられない・・・本当にどうしたら良いのでしょうか?

    ユーザーID:8700984248

  • ponおばさんさんへ

    派手なお色の八掛けを気になさり、お若い頃の着物をお召しになれないとのこと。

    私は、八掛けは無視しております。
    洋服でも派手目のものを着ますので、歩いた時にチラッと見える八掛けが派手なくらい全然気にしません。

    お着物に一家言ある方には、顰蹙を買ってしまうかもしれませんが、普段着るのに何の遠慮がありましょう。50代でひざ上15cmのミニスカートをはいてる方もいらっしゃいます。何をどう着るかなんてそれぞれの好みの問題だと思います。

    自信を持ってお召しくださいませ。

    ユーザーID:6047852983

  • 八掛問題について。

    50代です。10代の時に母に作ってもらった、
    可愛い桃色地に小花が沢山ある紬。
    八卦が赤です。
    当時はこれに濃い桃色のザックリ帯、
    薄ピンクの帯揚げ、帯締めをあわせていました。
    もう無理かな?もう無理かな?
    そう思いながら、30代後半から身に着けています。
    まず、帯締め帯揚げを抹茶色にすることから始め、
    帯をネットリサイクルショップで、茶系、グレー系、黒系を買ってあわせたり。
    半襟を抹茶やグレイにしたり。
    私は元々洋服では真っ赤や、派手ガラが好きで、
    抵抗がないせいもありますが、
    八掛の赤ぐらいでおじけづくこともありません。

    最近はネットで、一見デニム調の、麻文様、唐草文様を組みあわせた小紋を手に入れましたが。
    八掛も紺色で、男物の浴衣のようにも見え地味に感じましたが、
    これに黒字のザックリ帯を角出しにして、
    帯締めをグレイ、
    帯揚げを振袖で使った鹿の子の真っ赤な総絞りを
    チラッと見せて・・組み合わせたらとっても可愛くなりました!

    先日は70代のご婦人が、グレイの紬の八掛が真っ赤で、帯も赤系なのが
    粋でした。
    銀髪だから余計に素敵!

    ユーザーID:9665257698

  • インテリア茶箱として

    ネットでみたのですが、帯や着物をといて、和箱(桐箱)にリメイクするものがありました。私も、着ない中振袖がありますので作ってみようかなと思っています。本当に、今では見ない質の良い布なのでもったいないです。

    ユーザーID:2932524595

  • 2度めです

    現在着ていらっしゃる皆さんは、八掛け問題はどうしているのでしょう?
    お名前を出して申し訳ありません。
    クロスのボールペンさん

    作った時に地味な八掛けを付けた?
    若くても気にしないで着ている?

    20代に作った着物を50代で着るのは勇気だけでクリアできるでしょうか?
    皮肉ではなく、質問です。
    できることなら私も着てみたいので…

    ユーザーID:8134512150

  • 着たいのは山々なれど…

    50代後半、30年前に結婚しました。
    親に持たせてもらったもののほかに、お給料が良かったので自分でも買いました。

    20代の時に「40代まで着られますよ」と太鼓判押され、長く着られそうなものを選んだつもりです。
    「30年前の40代なら、今でも着られるかも?」と思って、数年前に出してみました。
    でもダメです。
    どれも、着物自体の色・柄は着れそうですが、八掛けが若すぎる!

    八掛けを直すのに10万くらいかかるらしいです。
    昔は年を取ったら八掛けを変えて着たのでしょうが、今、そこまでするのも躊躇われます。


    私も糸を取っていない一度も締めていない帯とかあります。
    振りそでは従姉妹に譲ったのでありませんが、
    訪問着、付け下げ2、色無地、小紋3、紅花染めの紬、一重3、喪服夏冬…
    勿体ないですね。

    私も家でガウンにして着ましょうか?(涙)

    ユーザーID:8134512150

  • リメイク

    うちの母、洋裁が得意です。
    昔は、洋装店で針子をしていたそうです。
    今は年を取り、せいぜい自分の服を縫う位ですが、近頃、小物づくりにはまっているようです。
    和物の端切れでパッチワークした巾着だったり、バッグだったり色々作っています。
    それを聞いた知人や、知人の知人が着なくなった着物や帯を下さるようになりました。
    お返しに、帯をセンタークロスにリメイクして差し上げたりして喜ばれていますよ。
    この前は、縮緬をワンピースに仕立て直してあげてました。
    難易度が上がっていて、驚きました。
    愛着のある着物が違う形で手元に戻ってくるのも嬉しいようですよ。
    新しい形で活用して頂けているようです。

    ユーザーID:2500859524

  • 着ましょう!

    私は50代半ばになって、親が持たせてくれたしつけの付いたままの和服を、二束三文で売却処分するのはあまりにも親不孝な気がして、「ジャカジャカ着て、だめにしてから捨てよう」と決めました。

    まずは、好評悪評多々ある「着付け無料講習会10回コース」に4回通ったところで、着られるようになったので、そこで退会し、以降、機会があってもなくても、嘘ついても着ています。「この後、姪の婚約披露パーティなんです」とか言って、普段のおでかけに訪問着なんて着ちゃいます。ちなみにお茶やお花やお香など全く習っていません。

    現在50才前後以上の人が結婚に際し購入した(してもらった)和服は良質の日本産絹で作られています。同質の最上級シルクは今日ほぼエルメスが買い占めていて、今あの質の絹で作られた和服を購入しようとしたら、百万円だしても手に入らないとのことです。

    さあ、皆様、ちょっと着付けを習って、日本文化保存に貢献いたしましょう。
    すぐに慣れて、新しい世界が広がります。
    そして、最後は野となれ山となれです。

    ユーザーID:6047852983

  • リメイク素敵ですよ

    着物は、リメイクで洋服にするのは好みがあると思いますが、帯で小物もなかなか素敵ですよ。
    数珠入れ、メガネケース、バッグ等

    刺繍が派手な帯でも、バッグで刺繍が入っていない部分とうまく組み合わせて作ると、すごく素敵な仕上がりになります。
    着物生地で作った日傘も素敵でした。

    着物なら、ちょっと勿体ないけど、2枚合わせのリバーシブルで、手芸店で売ってる、バッグ用の持ち手(鼈甲がらのプラ製輪っかとか、竹っぽいヤツ)を使って巾着バッグが出来ますよ。
    風呂敷バッグの作り方が参考になるかと思います。

    うちの母は、牛乳パックで作った小物入れや、ちょっとプリントがはげちゃった手鏡に、木工用接着剤で切れ布を貼付けたり、エプロンの下部分にワンポイントになるように、小さな四角に切った布をミシンで縫い付けて楽しんでます。
    あと、シュシュとか。これは、かなり可愛いです。

    ひとつ作ると、勿体ないって気持ちがすこーし薄れます(笑)
    巾着バッグは、軽いし気楽に使えていい感じです。

    ユーザーID:6300288237

  • 寄付

    売ってもまさに二束三文

    捨てるのは心が痛みすぎる

    私も亡き母が呉服屋さんと楽しそうに柄や色を
    選び仕立ててもらっていたことを知っているだけに
    多くの着物それぞれに母が着ていた姿とともに
    思い出深いものでした。

    でも私は好きでも着ない。

    リメイクもどの着物も洋服にするには色柄が
    ふさわしくない。

    袋物などの小物は使わない。

    というわけで寄付しました。

    どのような使われ方になるのか分かりませんが、
    恵まれない国や人々への支援をしているところだと
    いうことで、そういうことに人一倍関心のあった
    母なら納得してくれているだろうと、自分をなぐさめて
    います。


    ご参考までに「ワールドギフト」というところです。
    送料はこちらもちですが、着物も受け入れていただける
    とのことで送りました。

    ユーザーID:5769258239

  • ありがとうございます

    皆さま、色々アドバイスありがとうございます。

    私は着物を洋服にリメイクしても似合わないと思うので、リメイクするなら小物かな‥と思います。

    数年前、英会話を習っていた時、帰国する若い女性の先生に1枚着物と帯を差し上げました。
    部屋に飾ると言ってとても喜んでくださいました。

    東京オリンピックの時、たくさんの外国の方がいらっしゃると思います。

    その時、本物の日本の着物を「どうぞ御土産にお持ち帰りください」と言って差し上げる事ができたら‥
    ‥なんて勝手に妄想しております。


    私の世代の母親たちは、戦中、戦後の物資の少ない時代に娘時代を過ごし、
    自分が着たかったものを、せめて我娘にと、張り切って持たせてくれたのかもしれません。

    それを考えると、あっさりポイするのではなく、皆さまの意見を参考にしながら、もう少し時間をかけて、
    どうするか考えてみたいと思います。

    ユーザーID:5871032416

  • もう派手かな、というお着物は

    少しずつ洗い張りにだけ出して、さしあたっては反物として保管しておくのはいかがでしょうか。その方が場所もとりませんし、シミなども落ちるものがあると思います。

    リメイクするなりなんなりは、またあとで考えるとして、生地のお手入れだけはしておいた方がいいと思います。一緒にしまってあるものまでダメにしないように。

    綸子などの着物は、単衣に仕立て直して、ガウンなどにするのもいいかもしれません。(自分でできます)。軽くって,暖かくって、着ていて心が慰められます。大概のものは自分で洗濯できますし。


    世の中、気づかぬうちに、だんだん絹など100%の天然素材が少なくなってきています。同じぐらいの値段のものならば、当時の生地、縫製の質は、今できのものとは比べ物になりませんから。

    ユーザーID:2043122333

  • 私も着物の行く末を考えています。

    五十代後半の主婦です。

    昔、結婚時に自分の貯金で婚礼道具一切・着物も一式(喪の夏冬袷から始まり、訪問着・附下等・・・)
    母子家庭だったので、恥ずかしくないお支度を自力でしたいと思い、和ダンス一棹に詰めました。
    なので、思い入れも人一倍。
    なかなか手放す気持ちにはなれません。
    大手企業で収入も良かったので20代の小娘にしては良いものを揃えています。
    手描き京友禅が好きなので、留袖・訪問着・附下みな高額でした。


    幼少期に日本舞踊を習っていたこともあり着物は見るのも着るのも大好き。
    出身が京都で小さい頃から和装に触れる機会も多く、和服の素晴らしさに魅了されている一人です。


    でも仕付けが付いたままの着物もあり、今悩んでいるところです。
    娘は着物に興味が無く{結婚の際には持たせましたがわたしが管理してます)
    譲ってもおそらく着ないでしょう。

    でも眺めているだけでうっとり。
    我が家はもう少し、私の『目の保養用』としてタンスに眠らせて、じっくり考えてみます。

    他の方々からのレス、参考になります。

    ユーザーID:3140429769

  • 娘が居ても同じです、困っています。

    同じく昭和60年に結婚した者です。
    大学を卒業してすぐの結婚だったので、22歳でした。
    若かったために、母がいろいろと用意をしてくれた着物は、
    淡いピンクだとかシャーベット色だとか
    可愛らしい色柄のものばかり。

    今20代の娘が3人いますが、誰も着たがりません。
    (振り袖だけは私のものをそれぞれ着ましたが)

    ですから、娘が居ても役に立たないものばかりが
    桐の箪笥に眠っています。

    姪っ子やご近所さんから頼まれてお貸ししたことは
    数回ありますが、それっきりです。

    私も良い方法を知りたいと思っています。

    ユーザーID:3800775151

  • リメイク

    昭和59年に結婚、56才。
    トピ主さんとほぼ同年代でしょう。

    義母が亡くなった時、着物をリメイクしてる方に全部差し上げました。
    襦袢や帯や帯揚げ類もです。
    今頃はバッグや吊るし雛になっているでしょう。

    私も娘時代の着物はもう着られませんから一緒に出そうかと思いましたが、買ってくれた親が生きてる間くらいは手元に残しておくつもりです。

    ユーザーID:9304727464

  • 断捨離したいけど・・

    最近、亡くなった義母の和服、帯なども含めて約70枚・・

    茶道具などを引き取りに来た骨董屋さんに引き取ってもらいました。
    総額にしたら多分うん百万、いや一千万は超えたであろうそれらの着物

    もう何も考えずに出しました。他の物と一緒に、二束三文です(笑)
    でも大島とか紬ものは仕舞っています(超高価なんで)

    問題が私の着物!帯などは解いてテーブルランナーとかにしていますが
    ほとんどが箪笥の肥やしとなって久しいです。
    でも自分で処分することはできません なので私の死後に好きに処分してと
    子供達には伝えています。順送りですね。

    さらに洋服・・これは徐々にリサイクルに出しています。でも減った分
    また増えます(笑)困ったもんです。

    ユーザーID:1050155161

  • ほどく

    知り合いの方ですが、ワンピースやチュニック、帯はスカートやハーフパンツなどにつくりなおして着ておられて、なかなかおしゃれですよ。

    半襟などはスカーフにしたりしてます。

    私も着ないものをエプロンや、エプロンドレスにしました。

    ユーザーID:0461750029

  • 同じ世代のものです。

    その時代のものは確実にmade in japanだからものがいいはずです。

    着る機会なんてないですよ。でも、私は50代になって風流とか日本の文化に触れてしみじみと着物の良さがわかる年齢になったきがします。

    機会がないから着るとかではなく、折角の親が持たせてくれた(私たちの親は一生懸命でちゃんとこのぐらいのものはもっていないとと持たせてくれたものです)ものだから、どんどん着てやってください。

    絶対世界が広がりますよ。着物って着慣れてないと着方がわからなかったり大層だけど、あえてそれを楽しめる「粋な人間」になって下さい。着物もそれで喜びます。

    私が近くにいたらもらいに行きたいくらいです。私はもう少ししたら着物の生活をと思ってます。着るのは冬と決めていて、その姿で割烹着なんかをして台所で料理を作るのを夢見ております。

    まだ50代なので、あなたの気持ちに着物の良さが訪れてないのかもしれませんが、着物って機会だけできるものではないです。あえて邪魔くさいことをやってみてください。50代だからこそ。

    ユーザーID:4304994230

  • リフォームしてもらいました

    叔母に着物と帯を渡してクッションや小物入れを作ってもらいました

    ユーザーID:5835865473

  • 何枚かは

    何枚かは、母の知り合いのお嬢さんに差し上げましたが、
    私もトピ主さん同様、母と父が、それはそれはたくさん和服を仕立ててくれ、それを持ってお嫁入りしました。
    そういう時代でしたよね。
    まあ、私もそこそこ和服好きで、若い頃は時々着たけれど、子供が出来てからは全く着ることがなく、冠婚葬祭もワンピースでしたね。
    今、還暦ですがますます今後は和服なんて着ないでしょう。

    それで、手元に残っていても仕方がないので、座布団カバーを作ってもらいました。
    (私は裁縫などできませんので、人に頼みました)
    柄の出方が違うので、少しずつ雰囲気の異なるカバーになり、なかなか趣があります。
    大切な和服を座布団でお尻に敷くなんて・・・とも思ったけれど、箪笥で眠っているだけでは可哀そうなので、形を変えて役立って和服のためにもよかったかなと。

    和服って洋服のように安くないし、一生ものだと思うとなかなか処分できなくて、結局主さんのように、ある程度のお歳になると、さて、どうしたら?と思ってしまうのですよね。

    ユーザーID:9422301302

  • 仕立て直し

    勿体ない!着物が大好きな私なら譲り受けたいです

    でももし着ないのであれば洋服に仕立て直してはいかがですか?
    アロハシャツは和服をリサイクルしたのがきっかけで作られ始めたと言う話も(本当かな?)あるくらいですし、洋服に仕立て直しができなければ小物に、縫いぐるみに。。。
    沢山ありますよ。
    あまりシミが付いたものを綿と裏を付けて半纏にするとか。

    もっと他の意見も出てくるといいですね

    ユーザーID:1747286328

  • 続きです(長文ですみません。)

    人に差し上げるのは、止められたほうがよろしいかと思います。

    好みが合わなかったりがありますし、サイズが合わないもあります。

    高価な物を下さる・・・というお気持ちをないがしろに出来ず、「裄が合わない・・・好みでもない」と思いながらも頂くしかないということもありますので。

    着ない着物でも頂いたからには何もしない・・・というわけにもいきませんし。

    一番いいのはトピ主様が着物を着ていただくといいんですが♪

    ユーザーID:7773786160

  • 同じような年代ではないのですが・・・。

    すみません。アラフォーです。
    涼しい時期は休日は着物ですごしている、着物好き人間です。

    お出掛けも着物・・・契約社員で働いてる子持ちがこんな生活できるのはリサイクルのきもの屋さんのおかげです。

    そのお店は買い取りもしていまして、トピ主様のように、自分はもう着ないし、身近に着物を着る人間も居ないし、捨てるには忍びないし・・・との事で
    持ってこられる方も多いです。
    正直ほとんど金額はつきません。よっぽど状態がいい(←仕付け糸がついていても喪服は名前が入っていたりするので引き取りもしないようです。)ものとかじゃないと厳しいようです。私が行っているお店の場合ですが。

    先日義理の母から何枚も頂いたのですが、丈は大丈夫そうだったのですが、裄が合わず、お金を出して裄を出して着るほど好みでもなかったのでお店に持っていってみましたが見事に全て金額つきませんでした(笑)←ちゃんと義理の母には了解とっています。

    無料で引き取ってもらいましたが、リメイク用や、ご自分で和裁が出来る方が買っていかれたりするので、着物も箪笥の中に閉じ込められているよりは幸せなのかな・・・と思います。

    ユーザーID:3001890388

  • 絹は洋服に仕立て直す

    そういうサービスがいろいろありますよ。

    ミシンが使えるのなら、自分でブラウスやワンピースにすればどうですか?

    絹以外はカバンにもできます。捨てないでね。

    ユーザーID:3147590571

  • 私も箪笥に

    同じく和箪笥には着てない着物や母が用意してくれた喪服は、しつけがついたまま箪笥の肥やしになって、シミがついた状態です。

    独身の頃お茶を習ったり組み紐を習っていたので、沢山ありますが、着たのは子供の七五三の時位で、今後も着ないと思い、洋服にリフォームする予定です。

    幸い洋裁が得意なので、リフォームするには苦にならないのですが、絹物は一度洗い張りや染み抜きをしなければと考えるとなかなか実行出来ません。

    洋服以外にも、小物などにリフォーム出来ますから、簡単に捨てない方が良いと思います。

    我が家も孫が女の子ならと思いますが…。

    昔の人間でなかなか捨てられません。

    ユーザーID:6937192029

  • 私もその情報知りたいです!!

    私の婆ちゃんもそれで悩んでます。
    じいちゃん(=婆ちゃんの旦那)が仕立て屋やってたのですが、10年以上前に亡くなりました。じいちゃんから結婚式に着る着物などを作ってもらったけど、婆ちゃんは90歳を過ぎ、着て行く所もなくなり、婆ちゃん自身背が低いため、ひ孫も孫も背が高いため譲ってもらっても着られません。
    本人の思い出の品状態なので、でもゆくゆくは処分なのかな……何て家族と話し合ってますが、本人の意思次第ですよね?
    売りに出すか、着物を鞄や他の物にリメイクするのもあるとすすめたのですが、「もったいない」と、納得いかないようで…。
    確かに売るなり捨てるなり処分しちゃえばそれまでの話なんですよね……。

    断捨離ですかね…??

    他に何か良いお考えがあれば私も知りたいです。

    ユーザーID:0410256063

  • 私ではありませんが

    親しい友人どうしでのやり取りです。
    母親が着物をたくさん持っていて、もうさすがに年なので処分したいと思っていた時に、娘(といってもアラフィフ)がお茶を長年やっている友人に声をかけました。
    いくつか持っていくのでもし欲しいものがあったらもらってほしいと。結構よいものがあったらしく、双方喜んでやりとりしていましたよ。
    また、私の友人にも最近着物に凝っている人たちが結構いまして、和装専門の古着屋でよく購入しているようです。
    つまり、御茶やお花をやっている人はいませんか?

    ユーザーID:7379571802

  • 100円にもなりませんでした

    50代主婦です。
    同じように、結婚時に和ダンスいっぱいの着物を持たされました。

    昨年、引っ越しに際して和ダンスを残すか残さないか、ということで、処分することを選びました。
    洋服にリメイクしたところで、シルクですから、着る機会もありませんし。

    一応、リサイクル屋さんに持ち込みましたが、購入時に勧められて水をはじいて汚れない加工がしてあったものは、絹であっても化学繊維扱いで値段はつかないと言われました。
    そういう加工をしていない小紋が1枚あったので、他の着物も帯も小物もひっくるめて数千円で買い取ってもらいました。

    子どももいないし、甥姪もいません。
    私が死んだ後に遺品の整理・処分を押し付けられるのは、従兄弟姉妹の子どもという遠い親戚か、でなければ赤の他人になるでしょう。
    自分がその立場になったらと想像してみると、それこそゴミと一緒くたに分別もせず処分場行きになっても文句は言えません。

    それに比べたら、私自身が行き先を決めて引き取ってもらえるのですから、それだけで十分と考えました。

    ユーザーID:0454443031

レス求!トピ一覧