着ない着物の処分

レス34
お気に入り249
トピ主のみ1

カネゴン

話題

昭和60年に結婚し、50代後半になりました。
当時、婚礼3点セットという洋ダンス、和ダンス、ドレッサーを嫁入り道具に持って行くのが割と一般的だった気がします。
和ダンスの中には本人の希望というより、当時の母親の希望で、色々と訪問着や帯やら、着物のコートなどが入っています。
若い頃、友人の結婚式に何度か着た物もありますが、紋のついた喪服の着物は仕付けの糸がついたままです。
多分、今後何かあっても洋装だろう‥と思っています。

一度でも袖を通した着物は、きれいにして仕舞ったつもりでも、ポツポツとシミが付いています。
もし着るなら今の年齢に合わせて染め直して、という方法もあると思うのですが、おそらく着る機会はないと思います。
友人に聞いても同じように思っているようで、恐ろしくて、和ダンスは開けられないなどと言っています。

譲り渡す女の子もいないし、さてどうしたものかと考えております。
何百万などという着物ではありませんが、嫁入りのために親が持たせてくれた物なので、ポイッとゴミにして捨てたり、
1枚100円くらいでリサイクルショップへというのも何だか寂しい気がします。

同じような年代の方、着ない着物はどうされていますか?

ユーザーID:5871032416

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ありがとうございます

    皆さま、色々アドバイスありがとうございます。

    私は着物を洋服にリメイクしても似合わないと思うので、リメイクするなら小物かな‥と思います。

    数年前、英会話を習っていた時、帰国する若い女性の先生に1枚着物と帯を差し上げました。
    部屋に飾ると言ってとても喜んでくださいました。

    東京オリンピックの時、たくさんの外国の方がいらっしゃると思います。

    その時、本物の日本の着物を「どうぞ御土産にお持ち帰りください」と言って差し上げる事ができたら‥
    ‥なんて勝手に妄想しております。


    私の世代の母親たちは、戦中、戦後の物資の少ない時代に娘時代を過ごし、
    自分が着たかったものを、せめて我娘にと、張り切って持たせてくれたのかもしれません。

    それを考えると、あっさりポイするのではなく、皆さまの意見を参考にしながら、もう少し時間をかけて、
    どうするか考えてみたいと思います。

    ユーザーID:5871032416

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧