• ホーム
  • 男女
  • 給料制の夫婦生活って、多いのでしょうか?

給料制の夫婦生活って、多いのでしょうか?

レス24
(トピ主2
お気に入り65

恋愛・結婚・離婚

虹のように

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の場合は

    ちょっと夫婦の経済運営が気になったのでこのトピを見てレスさせていただきます。
    内は結婚して2年半は夫である私がすべて家計を管理していました。ただし、給与明細は渡していました。そのころの職場は建て替えが多く一度10万円強立て替えて自腹となったことがあり、そんなこんなですべて妻が金銭を把握することになりました。私は反対しましたが、離婚すると脅されて認めました。

    以来4年ぐらいたちました。その間小遣いはなく、今の職場で現金で出張費などが払われるときも額が多そうだと妻が財布空けて持っていってしまいます。ですが、自分が必要な時は大体において必要に応じてお金をもらえています。辛いのはいつも少額のお金しかもっていないので、急な出費といっても弁当を買うとかですが、それでもコンビニで現金がなくてクレジットカードを使うことになります。

    ですが、今までほとんどもめていません。共稼ぎの人は夫婦別財布の人が多いようですが、財布は同じ方が効果的にお金を使うように努力できるように思います。

    ユーザーID:4096905671

  • 家計を任されているからと言って愛されているとは限らない

    50歳代後半専業妻です。
    結婚して直ぐに夫から家計管理をするように言われましたが、拒否。夫のほうが仕事がら金銭管理に長けているから。
    また夫が働いたお金をなぜ私に預けてお小遣いを渡すのか私は理解できないので。
    新任地に赴任するたびに任せると言われますが拒否しています。
    毎月食料費用と雑貨費用を渡されています。子供関係やその他に必要な時はその度にもらっています。
    30年以上このやり方です。

    決して夫からはお手伝いさん扱いされていないと断言できます。
    なぜなら私が欲しいと言った物は高額でも買ってもらえますし、夫に大事にされているのを日々感じていますから。

    家計を任されていても、夫の浮気で苦しんでいる妻もたくさんいますし、家計管理で夫婦の愛情を図るのは間違っているのでは。

    ユーザーID:2444086729

  • 皆さま、有り難う御座いました。

     夫婦別財布でも、家計をどちらが管理していても、皆さま、夫婦円満のようで幸せを分けて頂き、有り難う御座います。

    後出しというわけではないですが、自分が小さかった頃の記憶が残っていて、収入の全てを妻に渡すのが正義とまで思っていました。

     私の母の姉の話しです。その夫は非道い男で、腕の良い仕立屋で収入十分なのに、家に一銭もお金を入れませんでした。子供が一人居たので生活は悲惨でした。

    おばは土下座して「せめて○○ちゃんの食費だけでも下さい」と泣いて頼んでも、ニヤニヤ笑っているだけでビタ一文渡しませんでした。

    その子が事故で亡くなった時、私は小さかったので助けることができませんでした。
    おばは、即行で離婚しました。

     以来、収入の一部しか妻(主に専業主婦の方)に渡さないとか、まして全然渡さない男は人間と思わなくなっていましたが、皆さまのお陰で、かなり偏見だったと思えるようになりました。

    有り難う御座いました。
    また色々教えて下さいませ。

    早々

    ユーザーID:9317657348

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 【2回目】給料じゃなくて、生活費を預かるだけ

    お手伝いさんと思われていたら、嫌だな〜
    そうは思っていないと思うけれど。

    住み込みのお手伝いさん?
    そう思うかどうかは、人によりますね。

    全額渡すのも、生活費を預けるのも、
    その人が、パートナー(生活費を預ける人)を
    お手伝いさんと思うかどうかでしょう。

    >私が全額渡すのは、妻はお手伝いさんじゃない、というささやかな思いからです。

    トピ主がそうであることは自由ですが、
    他の家庭もそうだとは思って欲しくないですね。

    ユーザーID:8361091398

  • 違いがわかりません

    50万、夫の給料があるとして、全額妻に渡し夫はお小遣いを貰う。
    妻はその残りで生活費、自分のお小遣い、貯金をする。

    お給料制の場合、夫は50万から生活費と妻へのお小遣いを妻に渡す。
    残りは自分のお小遣いと貯金

    えーと、何が違うのかわかりません。
    どっちが管理したって片方が浪費家とかじゃ無ければ
    使える金額も貯金額も同じ事だと思うのですけど???
    お給料の金額は決まっているのだから。

    ユーザーID:3173782122

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • うちは

    国際結婚組ですが、夫は給料の全額を渡してくれます。

    彼は、持っているだけ使ってしまううタイプなので、
    私が管理した方がいいようです。

    大きな買い物をする時、貯金の方法については夫と話をしながら決めます。また、貯金額の報告も年に1回します。

    今のところ問題はないです。

    給料制にすると、夫婦間での信頼が揺らいでしまう出来事が起こる気がします。私に限ってかもしれませんが。

    ユーザーID:6933280551

  • 意味がわからない・・・

    給料制・・・って何でしょうか?

    1ヶ月の生活費ですよ、って渡すことでしょ?

    それ、給料なんですか?



    あなたのお宅では、奥さんにすべて渡す=奥さんが家計を管理、ってことですよね?

    あなたの言う給料制の場合は、夫が管理をするから必要経費を妻に渡すという方法になるだけではないですか?

    給料制と考えるから、おかしな発想になるのでは?

    どちらがお金を管理をするのか?というだけの違いでしょう。

    もちろん、二人で管理するという方法もあります。

    ちなみにうちは夫が管理しています。

    といっても、特に生活費を渡されていません。

    私一人で生活費を払うことがないからです。

    たいていは銀行引き落とし、買い物は必ず一緒、仕事帰りの夫に「○○買ってきて〜」と頼むことも。

    私もお小遣い程度の収入はありますので、自分の欲しいものはそこから出しています。

    私の収入で払っているのは、携帯代とペットのエサ+病院代と、服や化粧品です。

    つまり自分の稼ぎがすべてお小遣いということです。

    なので夫からお金を渡されることがないですね。

    ユーザーID:2334814029

  • 続き

    東林さん、ありがとうございます。

     昭和の習慣は、それと別の目的がありまして、「ほら、今月の給料だよ」と言って給料袋を渡し、奥方が「有り難う御座います」と言って、うやうやしく受け取るのは、亭主の偉そうなところを示す儀式みたいな意味がありました。でも、すぐに全給与が銀行振り込みになってしまい、意味が無くなってます。

     共稼ぎの場合は、別財布でよろしいと思います。それぞれ結婚前から収入があったでしょうし、共稼ぎだと「有り難う御座います」は不要ですね。互いが家計を支えているわけですから。

     給料制夫婦と表現したのは、別財布と区別したかったためです。給料って、雇用主が額を決めるじゃないですか。もっと給料よこせったって、そうは世の中、通りません。

    説明が不足だったのですが、給料制夫婦というのは、奥さんが専業主婦で、旦那さんの方が奥さんに渡す金額を決定している夫婦です。これだとお手伝いさんと変わらないじゃありません?

    私が全額渡すのは、妻はお手伝いさんじゃない、というささやかな思いからです。

    旦那さんが、奥さんに渡す金額を決定している夫婦、
    これ普通でしょうか?

    ユーザーID:9317657348

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 給料制というの?

    私の夫の会社は給与口座を2つに分けてくれます。

    1つ目の口座に約40万円、もう一つの口座に10ー15万円振込みがあります。
    多い方の口座をつまのわたしが預かってます。他に私の収入が月に10万ほどあります。

    私は家賃、光熱費、自分の交友費やお洋服、美容院、生活費、子供の習い事代、仕事の経費などを払います。
    残りは私の裁量で家計の貯金と自分のへそくり?にしてます。
    株なんかもしてます。

    夫は自分の交友費や美容院、仕事の備品、自分だけの友達の冠婚葬祭費、携帯代を支払います。英会話代や服も夫が自分でまかないます。残りから貯金もしてるようです。

    家族での外食やレジャーの際はその都度出せる方が出します。
    夫と子供だけで出かけた時は夫持ちです。

    ボーナスは分割されないのとその時によって金額が変わるので、お互い高額なものや家具家電などで必要なものを言い合います。また帰省や旅行のお金もボーナスからです。
    使う予定の金額をボーナス額から引いたものは家計の貯金になります。あまりにも残りが少なかったら支出予定を見直して再計算します。

    この方法で結婚後20年お金の件でもめたことはありません。

    ユーザーID:8796747022

  • 40代夫婦、私は専業主婦です

    給与振り込み先の銀行カードを持たせてもらって、自由にしています。
    大きくお金を動かす時は、(家電の買い替えや息子の授業料等)何々にいくら
    使うと知らせます。

    車の買い替えの時は、運転するのは夫なので私は何も言ったことないです。
    現金でしか買った事ないですが、予算オーバーした時は仕方ないなと心で
    思っただけです。

    夫もお金がいる時は、私が預かっているそのカードを黙って持って行って
    好きに出しています。
    高額の出費予定がある時だけ、その予定があるからあまりお金を出さないでと
    頼むくらいです。
    特に揉めないし、デメリットも感じた事はありません。

    ユーザーID:4880035047

  • 給与制?

    >夫が得た収入が月々50万円程度として、奥さんに向かって、食材費とか光熱費などを含めて月々25万円とか、奥さんの衣服代・友好費+生活費で15万円とかを、給料みたい毎月渡して一切よろしく・・・。

    というのは給与制というより、単に夫の方がお金の管理がキチンとしてるからそうしてるだけでは?
    そして、トピ主さん夫婦の場合は奥さんの方が管理がキチンとしてるから全て奥さんが遣り繰りしてる。
    お金の管理は、夫でも妻でも、貯金生活費など、キチンと管理できる方がした方がいいと思うので。

    ちなみにウチは共働きで折半なのでこの範囲ではありませんが、もし私が仕事を辞めて専業になったとしたら・・・。
    きっと夫に生活費と自分の小遣いだけ貰って生活してると思います。
    なぜならやはり、お金の管理が夫の方がキチンとしてるからです。私はあったらあるだけ使っちゃう方なので。あとやはり、お金は稼いできた人の采配で使用した方がいいと思うから。

    きっと、私がトピ主さんの奥さんで全て私に給料を預けたら、今ごろ貯金なんてないかもしれません。
    そういう場合はやっぱりトピ主さんが管理した方がいいでしょ?
    そういうことです。

    ユーザーID:3604765553

  • 生活費をもらってます

    3人子供がいる専業主婦です。
    うちは毎月、定額の生活費をもらってます。
    毎日の食品費、子供の習い事代、新聞代、洗剤等雑費、わたしのお小遣いがそこから出されます。
    節約すれば、わたしのお小遣いが増えるので頑張ります。
    でも、子供の学校や習い事などで急な出費があったりして足りなくなると、お願いして足りない分をいただきます。

    家電など大きな出費は二人で相談ですかね。
    車は旦那が好きなので、ほぼ旦那が決めます。

    外食や旅行に行った時は旦那が支払います。

    わたしの周りは結構、生活費をもらってる人が多いです。
    この間、友人5人(専業主婦かパート)で集まった時は、財布を握ってるのは1人だけでした。

    類は友を呼ぶんですかねー?

    ユーザーID:7798761794

  • まとめてもらってます

    共働きのアラフォーです。夫からは月○○円。もらっています。これで全部やってね。ということで。。

    私のお金は使わなくてもいいレベルでもらっています。


    私の母も、父から、同じようにしてもらっていた。みたいです。

    ユーザーID:6553415519

  • そういうの給料制っていうんですね?

    まだ日本は給料奥さん丸投げがおおいんじゃないですか?
    我が家は、お互いの収入から10万ずつ生活費を出し合い、残りはそれぞれの口座でそれぞれが好きに管理します。小遣い制ではないです。一緒に会社経営なので私が専業主婦になることが残念ながら(?)ありえないので奥さんの生活費15万ってすごいなーと思います。

    生活以外の会計は一緒でないのでお金の使い道ではもめません。一生を見据えての老後貯蓄などの管理は私の役割だと思ってますので、夫の口座にも口は出しますけどね。そんなバカみたいな浪費家ではないので口座にお金がたまってきたら「そろそろ定期にしちゃっていいかしら」とか「おいしい優待株があるのよ」とか(詐欺っぽいですね笑)老後貯金を殖やしてもらいます。
    家電など大きな出費は私が「これが必要で〇〇円かかるから半分ちょーだい」とお金をおろしてきて買います。車はそれぞれ好きな車を買います。

    ユーザーID:4357502831

  • 我が家は給与制夫婦ですが、私や夫の周りではかなり少数派です。

    30代後半夫婦。幼い子供が2人。

    夫は結婚する時『給与は自分で管理したい。仕切りたい』と言いました。
    夫は大学時代からずっと一人暮らしで管理になれているし、貧乏学生でかなり節約していました。
    私は結婚するまで実家で。
    両親は共働きで、割と裕福で節約せず、バンバン使ってしまうタイプ。
    夫は私に任せるのが不安なのと、自分が稼いだ金を仕切られたくない気持ちも強く、給与制に。
    毎月末、私に生活費+私の小遣い+家の貯金をくれます。
    メリットは、夫が妻に仕切られている・妻に尻に敷かれている・俺が稼いだ給与なのに!!等の不満を、夫は一切感じないこと。
    会社ではかなり羨ましがられているそう。
    デメリットは、給与明細を私に見せないので、私は夫の年収が良く分からない。
    ボーナスもいくら貰っているのか知らない(汗)

    私や夫の周囲で給与制夫婦は、私の両親だけ。
    あとは、昔ながらの、妻が仕切るパターンや、共働きだと、夫婦で相談しながら家計をやりくりするパターン。

    私は、夫婦で相談しながらやりくりするのが、双方不満もなく、良いんじゃないかなと思います。

    ユーザーID:6511313311

  • よくわかりませんが

    どちらのシステムを採用しても、貯金は夫婦共通になるのではないかと思います。
    そして車や病気、出産などは「家族としての出費」になるので、
    いずれにしても双方の合意が必要になると思います。
    給与制にしてそれぞれで貯金するとしても、
    「家族としての出費」については双方が一定割合で出すことになると思うので、
    結局、同じような合意が必要であろうと思います。

    細かいシステムの差については、各家族で効率がいいと思うやりかたにすればいいのではないでしょうか。
    どうせ最後は「家族のお金」です。

    双方に収入があって別財布であっても、マトモに家族として機能している夫婦であれば話し合って出費額を決めるであろうと思います。

    ユーザーID:4106790058

  • 給料というには少ない小遣いゆえ、給料制とは呼んだことなかった

    首都圏政令指定都市在住、30代夫婦(夫会社員、妻専業主婦)です。

    まさにトピ主のいう「給料制」です。
    でもこの給料って、主婦業に対する給料という意味でしょうか?

    私は妻側で、夫が手取りでいくら受け取っているかは知りません(年収は把握)。
    生活費として一定額を受け取り、余裕があれば私の小遣いになります。
    毎月1万円前後、外食の回数などで変動します。

    一応、私も扶養内パートで月8万円程度の収入があり、
    5万円を毎月家計に貯蓄として入れ、残りは私の小遣いになります。
    (といっても、ここから通勤にかかる交通費が出ていくので、実質2万弱)

    ●各々、小遣いで賄うもの
    携帯電話料金、交通費、服飾・美容費(散髪)費、平日の昼食(自炊、弁当持参は家計扱い)、(夫婦揃って出席しない)友人との交際費、趣味にかける費用など。
    尚、車は夫の所有物なので、ガソリン代、保険、車検費用など夫の小遣いから(帰省やレジャーで予算を組んでいる時のみ家計から出します)。

    私がフルタイムの仕事を退職してからこの方法ですが、
    今のところ揉めたことはないです。

    給料というより、生活費を預かっている、と自覚しています。

    ユーザーID:8361091398

  • 結構居ますよ

    夫が家計管理してるところって事でしょ。

    うちは夫の給料知らないし、今月は家計にはいくら入れるからと言われてその金額おろしに行くんだけど、夫が家計管理してるところと違って残りは全部夫小遣いで、貯金も私の役目なので結局のところ車で揉めましたね。

    ユーザーID:6053618706

  • 支給制

    我が家は私が専業主婦だった時は支給制でしたよ。
    夫の年収、手取り月収は夫婦で把握し、それを生活費、貯金、小遣い、などにどう振り分けるかを二人で決め、生活費と私の小遣い分を毎月もらってました。
    貯金はすでに夫が管理していたから、もらっった分は全部使い切ってもいいお金で
    ラクチンでしたよ。でも大抵は少しずつ毎月余らせて、それで夫婦で温泉旅行行ったり家電買い替えたりしてましたけどね。

    お金の使い方で揉めることはなかったなあ。私も専業時代は質素に暮らそうと割り切っていたし。

    奥様と毎度毎度お金のことで揉めてらして、ご苦労様です。

    ユーザーID:6096334001

  • 夫からもらっています

    自分が働いたお金をなぜ一度妻に預けてそこからお小遣いをもらうのか理解できない、と夫が言いました。結婚当初に。

    なので夫から一度に数百万振り込んでもらって、それでやりくりしています。
    夫の給与明細も見たことないですし(大体想像できますが)、私はどのように使っているか詳細を知らせたこともないです。

    子ども関係(習い事、学費、服飾費など)、食費、雑費、私の趣味や服飾費など、一応月に何となく決めた額を使っています。
    光熱費や住宅費は主人の口座から落ちます。

    毎月毎月同じ額というのは厳しいです。年末年始はやはりお金がかかるし、月によって出費が違うからです。
    トータルで年間いくらくらい使うか、もほぼ毎年同じくらいです(冠婚葬祭は別として)

    最初は家庭内の財産と収支の全てを知って管理したいと思っていましたが、今は一番これが楽だと思っています。
    夫は浪費するタイプではなく、旅行の費用は出してくれますし、一緒に買い物や外食に行けば支払いをしてくれます。貯金もしているみたいです。

    デメリットは見当たりません。夫が浪費家または計画的な貯金ができない場合はやめた方がいいですね。

    ユーザーID:1729872764

  • うちはトピ主さんと同じ

    妻の私が一括で受け取り金銭管理をしています。
    けどそれは私に時間の余裕があり、お金の計算も不得意でないから。
    特にこだわりもないので、夫の方が管理に適していれば「ではどうぞ」とお任せしてもいいなーと思ってます。
    結局は信頼関係なので、「相手が使い込むかも!?」とか思っちゃうご夫婦には財布別々や給料制のほうがストレスがないかもしれません。
    私の友人夫婦はご主人がかなりの浪費家でいちいち揉めていたので、財布別々を導入したそうです。
    結局は相性と工夫次第なのかな。

    ただ財布別々だったり給料制だったりすると、大きな出費や投資、貯金の際に効率が悪いかもなあと思ったりします。
    たとえば、夫婦合わせて1000万の貯金があれば利率のよい大口の定期が組めますが、夫500万妻500万だとなかなかそういうのも難しい。
    貯金も「相手がしてるだろう」と勝手に思って自分は散財…とか。
    やっぱりある程度の信頼関係がないと難しそうですね。

    ユーザーID:2770832807

  • 家も・・

    家はもうリタイアした夫婦ですが、私は専業主婦ですべて夫は私にトピ主さんと同じ、給料、ボーナス、その他、手当すべて私に渡してくれて、電化製品や車などは、お互いに相談して決めました。

    後は私が貯蓄をして、生活費、一男一女の学費、その他みんな私がやりくりしてきました。お金のことで喧嘩をしたことはないです。大抵私と旦那の意見は一致しました。

    今は年金生活ですが今も私が財布を握って私がやりくりしています。

    ユーザーID:6868724002

  • 給料制?

    私は30代既婚女性ですが、
    トピ主さんのおっしゃっている夫婦形態の、
    どこが『給料制』なのか分かりませんので、
    自分や周囲が当てはまるのかもわかりません。

    だって『給料』とは使途を指定されるものではないですよね?

    生活費やお小遣いを渡しているなら、
    それは生活費やお小遣いに他ならず、
    給料ではないのでは?


    定額を生活費やお小遣いとして渡しているということですかね?
    ということは、夫が家計管理をしているということがおっしゃりたいのでしょうか?

    それならば最近は増えているかもしれませんね。
    以前のように妻に財布を預けるのが美徳という根拠の無い風潮はあまりないように感じます。
    得意な方が管理すればいいですもんね。
    それは暇な専業主婦が減ってきていることも関係あると思いますが。

    ちなみにうちは共働きですが、
    家計管理は主に私の仕事です。
    でもその理由は女性だからではなく、
    私が金融機関勤務でファイナンシャルプランナーかつ保険販売の資格もあるからです。

    ユーザーID:0514761506

  • 今は

    給料制、というと違和感はありますが、最近の若い夫婦を中心にどんどん別財布(トピ主さんの言う給料制)になっていますよ。

    >収入は一切、一度、妻に渡しています。

    これは古い昭和の手法ですね。専業主婦でないとお金の出し入れが困難だった時代の名残です。今はそうする必然性は全くない(特に旦那さんに浪費癖があるとかない限り)ので一定額を渡すほうが理に適っているでしょう。

    浪費癖があるのは何も男性だけでなく、専業主婦の癖に預かった家計費を自分のお金と勘違いして自身の趣味や交友に散財し、貯金など全くしない主婦も多いですからね。共働きが進んだ現在は、どちらか一方が浪費家でも、他方の稼ぎまで食い潰す心配のない別財布が一番リスク対策として優れていると思います。

    ユーザーID:3412508302

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧