あなたの家のお話を聞かせてください。

レス14
お気に入り31

素敵な家

話題

女性の多くは家に対して拘りがあると思いますが、いかがでしょうか。
私も拘りがある方で、住宅雑誌などを買い込んできては、
「夢の楼閣」を描いては楽しんでいました。

とある住宅雑誌を観ていましたら、
輸入物のキッチンのお値段、600万円からに絶句しため息。
お値段だけに重厚で素敵な物でした。
絨毯・カーテン・照明など拘れば天井知らずなのですね。

そこで皆様にお聞きしたいのは、お金をあまりかけなくても、
理想の家が出来たというお話をお聞かせください。

因みに私の家のリビングは天井が高く広々としているので、
圧迫感が無くて精神的に落ち着きます。

中廊下が広いので大きな箪笥を置け満足しています。

嫁入りに持ってきたお気に入りの北海道民芸家具ですが、
この場所が無ければ処分せざるを得ませんでした。

寒い地ですので断熱材に拘ったので、夏涼しく冬暖かい家です。
昨今の気温の変化によって当地でもクーラーを付ける家が多くなりましたが、
我が家では扇風機も使ったことはありません。

家の入口から階段を上がり玄関までの通路に様々な花が植えてあり、
四季折々に楽しめます。

宿根草とこぼれ種はお金が掛からず最高です。(笑)
芝桜は6種類程植えてあります。

皆様の素敵な家のお話をお寄せください。

ユーザーID:2530091214

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 気に入ったところは

    マンションなので、自慢できるようなところはありませんが、
    立地と、間取りが気に入り購入しました。
    玄関から入って数歩のドアを開けると、まず、やや広めのリビング。
    子どもが、小中学の頃は友達がよく来ていましたが、自室にこもらず、
    ゲームをするにしても、リビングのテレビでわいわいと。
    私もたいがいリビングか、隣接するキッチンにいましたが、当たり前になっていたので、
    嫌がられることもなく。子どもの友人たちと仲良くなれた、この間取りが唯一の自慢ですかね。

    ユーザーID:1577277724

  • 広い階段スペース

    我が家の自慢は広い階段です。

    よくあるI字型でも、L字型でもなく、U字型で階段部分が3つに分かれ、たっぷり畳半畳分はある踊り場が2か所ありあります。
    もちろん蹴上げも低めになっています。

    別に建築面積に余裕があったわけではなく、逆に細長い敷地のためうまく階段部分を設計できなかったという事情もあるのですが、いかにも無理やり組み込みましたというような三角踏板の多い狭い階段にはしたくなかったのす。
    あがったところはちょっと広めの廊下になっていて、窓が大きいので大変明るいです。

    無駄と言えば無駄なスペースですが、本人は家は効率ばかりが能ではない、狭いなりに余裕も必要と満足しています。
    もちろん、階段の上り下りが楽なことは言うまでもありません。

    とご自慢の階段なんですが、あまり一般的には賛同を得られていません。
    ほめてくれるのは、家具や大型家電を2階に搬入するときの業者さんくらいなのが残念です(笑)。

    ユーザーID:6014930732

  • 趣旨に添わなくてすみません

    「家」にはHOUSEとHOMEの意味がありますね。
    個人的にはHOME(家庭)の方がHOUSE(建築物としての家)よりはるかに大切だと思っているので、雨露凌げればどんな家でも気にしません。
    我家は築80年のボロ屋ですが、暖かい家庭があればそれで「素敵な家」です。

    実家は私が子供のころに新築しました。
    「きれいな家」と友達にうらやましがられました。
    でもあの家では二度と暮らしたくありません。

    ユーザーID:5461111246

  • トピ主です・・カナッペ様へ

    レス頂きましたのに雑事に追われ、お返事が遅れ申し訳ありません。

    「立地と間取り」はマンション・戸建に係らず大切なことですね。私も現在地に決めるまで方々の土地を見て歩きました。

    「玄関から入って数歩のドアを開けると、まず、やや広めのリビング。
    子どもが、小中学の頃は友達がよく来ていましたが、自室にこもらず、
    ゲームをするにしても、リビングのテレビでわいわいと。」・・
    ↑の間隔良くわかりますよ。最初に建てた家が同じような感じでした。

    「子どもが、小中学の頃は友達がよく来ていましたが、自室にこもらず、ゲームをするにしても、リビングのテレビでわいわいと。私もたいがいリビングか、隣接するキッチンにいましたが、当たり前になっていたので、嫌がられることもなく。子どもの友人たちと仲良くなれた、この間取りが唯一の自慢ですかね。」・・同感です。
    冬のある日遊びに来た子供たち7人と(同学年の子もいれば年上・年下の子もいました。)御汁粉を作って皆で食べたのも良い思い出です。

    カナッペ様と同じで親も一緒に楽しませてもらいました。その懐かしい家は今は無く寂しい限りです。
    レスありがとうございました。

    ユーザーID:2530091214

  • トピ主です・・「無用の用様」へ

    無用の用様レスありがとうございます。

    「広い階段スペース」これ最高ですね。

    「よくあるI字型でも、L字型でもなく、U字型で階段部分が3つに分かれ、たっぷり畳半畳分はある踊り場が2か所ありあります。もちろん蹴上げも低めになっています。」・・羨ましいです。
    我が家は平凡なI字型で何の拘りもない階段です。

    階段を上ったところも狭いので、引っ越しの時洋服ダンス搬入出来ずピアノと一緒に空を飛びました。
    この洋服ダンスは廃棄しようと思っていたのですが、主人の「勿体ない」の一言で残留決定しましたが、今後不要になった時は解体して運び出すしかありません。(汗)

    無用の用様の階段は決して「無用の用」などではありません。「有用の用」です。
    ご自分の家ですから誰に遠慮などいるものですか。

    斯く言う我が家も人様から見たら変梃りんな家・・いい歳してメルヘンそのものの様な家です。
    カーテンレールの上のスペースには、様々な写真や絵を額に入れて飾っていますし、壁のあちこちにはお手製のリースを飾っています。

    無用の用様の階段は「人に優しい階段」

    雑事に追われお返事遅くなり申し訳ありませんでした。

    ユーザーID:2530091214

  • 長く、ひとさまのおうちの設計をしていました

    戸建ではなく、マンションですが。
    売りものとしての間取りがあります。ずっと、悩んでいました。
    マンションですから建物そのものにも制限があり、間取りにも制約があります。

    一見無駄に見えるスペースでも、造り込んでこれ以上無駄はない、という答えを欲しがる…でも、実はその「無駄に見えるスペース」には入居者の生活における自由度がある、と思う私。

    一人の作業スペースのミニマムを追求するキッチン。
    私はDKスタイルがもっと普及すればいいと思った。食事を作る、食べる、はプライベート。居間は客間兼用、パブリック。

    夫もマンションに限らず同業です。
    そんな二人が選んだ家は、中古の戸建。自分たちで考えていたら、いつまでたっても納得できそうになかったし(苦笑)
    今の家は気に入っています…家は入れ物。家族の入れ物。その家族の生活スタイルを誘導するのではないか、と、間取りを見ながら思っているのです。
    今の家で特に気に入っているところは、主寝室の隣に続き部屋があること。
    その部屋は子どもたちが2段ベッドで寝ています。もうしばらく、親子みんなで寝息の聞こえる距離で眠れます。

    ユーザーID:0067819539

  • トピ主です 古い家の住人様 へ

    「家にはHOUSEとHOMEの意味がありますね。個人的にはHOME(家庭)の方がHOUSE(建築物としての家)よりはるかに大切だと思っているので、雨露凌げればどんな家でも気にしません。我家は築80年のボロ屋ですが、暖かい家庭があればそれで「素敵な家」です。」・・「冬のソナタ」にも同じような台詞があり、読んで胸の奥が熱く目頭が・・

    私は20代で最初の家を建てました。その家は平屋・片流れの屋根・黄色の洋風瓦・木製建具・煉瓦の壁・床に石を敷き詰めた暖炉スペース・作り付けの食器戸棚・カウンターのある食事スペース・真鍮のドアベル・漆喰の壁・ステンドグラス風のランプシェード・下がり壁には本置きスペース・天窓・むき出しの柱・・

    お金を掛けた家ではありませんでしたが、子どもを産み育て、子供の背丈を柱に付けたこと・燃える暖炉の火を見て心癒された事・厳冬期でも暖炉のおかげで家中ポカポカ・・・その家は今はありませんが、「私あの家大好きだった。」と知人に言われ感無量・・あの家は沢山の子供が集った正にHOME(家庭)でした。

    古い家の住人様、大切なことを思い出させて頂きありがとうございました。

    ユーザーID:2530091214

  • トピ主です・・たろすけ様

    お返事遅くなり申し訳ありませんでした。

    たろすけ様は設計士さんでいらっしゃるのですね。きっと素敵な間取りの家が出来たことでしょうね。

    「実はその「無駄に見えるスペース」には入居者の生活における自由度がある、と思う私。」・・
    ↑は「無用の用様」と同じ考えですね。

    実は我が家もその様なものがあります。30畳ほどの部屋の真ん中にある通し柱、建物の構造上はいらないものですが、
    却ってあれば邪魔な代物ですが、万一のことを考えての事です。

    「もうしばらく、親子みんなで寝息の聞こえる距離で眠れます。」・・
    今子育て真っ最中なのですね。
    そういえば前の家の柱に「丈比べ」の跡が沢山ついていました。
    懐かしい思い出です。

    「家は入れ物。家族の入れ物。」・・雨露・突風から身を守ってくれますし、
    家族団らんの出来る場所です。

    たろすけ様、お子様たちと一杯思い出を作って下さいね。
    「笑い声の絶えない温かいおうちで」

    レスありがとうございました。

    ユーザーID:2530091214

  • 中三女子です

    私のお家は先月漏電になり○○になり、現在私の部屋が有りません。○○から一ヶ月になりますがお家の中、中々臭いとれません。日曜で私がいる時だったので又、来年受験なので冬の制服が何より大事なので、冬の制服は持って行けました! 何とか臭いを早く消して欲しいし私の部屋早く欲しいです。受験勉強が中々落ち着いて出来ません。

    ユーザーID:5002166982

  • トピ主です・・かなみ様

    おはようございます、かなみ様

    ○○に該当する言葉を掛けない事情があるのでしょうか。
    私の想像で○○に該当することとして書かせて頂きますね。

    大変な目に合われたことお見舞い申し上げます。
    中3の受験生という事で大変とは思いますが、
    兎に角命が助かってよかったですね、
    命があれば何でもできます。

    自分の部屋が出来るまでは学校や図書館に行ったりして勉強しましょう。


    厳しい事を書きましたが、この経験があなたを強くしてくれることと思いますし、
    若いあなたならきっと乗り越えられると信じています。

    これから寒くなりますが、お体ご自愛してくださいね。

    ユーザーID:2530091214

  • とぴ主さんへ

    温かい励ましありがとうございました。元気に又受験頑張ります。もし私がいない時で中学に入学し三年間共に行動してきた一番大好きな冬の制服が燃えていたらまたまだ悲しく受験勉強も身が入らずいまだに立ち直れなかったと思ってます。私がいたから自分の命と共に三年間行動してきた一番大好きな冬の制服と一緒に避難出来て感謝しています。温かい励ましありがとうございました。

    ユーザーID:5002166982

  • 朝日のあたる家

    基本家関係ほぼ興味ないほうです。それでもこのトピをよんでしまったのはやはり古い家の住人さんのいうhomeとhouseゆえと思います。

    私の実家は事業をやっており元大金持ちでした。そのときの贅沢な家は今でもなつかしいです。その後色々あり家を売り母の実家に家族で帰りました。気落ちする家族の中兄は淡々と荷造りしてドライだなあと皆で思っていました。でも兄がネットに家の思い出・さびしい気持ちを投稿していることを偶然みてしまいそこに「家って単なる住まいではないのだよね」と書かれていたのをよみせつなくなったことを思い出しました。

    今は普通のマンション暮らしで語るべきものもありません。それでもこの家で良かったなあと思えるのは、リビングが東南で毎朝朝日が部屋中にひろがるときです。
    母が昔「朝日のあたる家は幸せがやどるんだよ」といっていたことを思い出します。

    ユーザーID:3075520004

  • 続き 長くてすみません・・・

    あとはダイニングテーブルとあわせておいているカップボード。
    キッチンには、食器棚も収納もたくさんあるのに無駄と思いつつ・・・唯一のこだわりでおきました。母が以前の裕福な時代に集めてきた食器のシリーズ(有名ブランドから海外の小さな街の手作りみたいなものまで)が並べられており特別な日やふっと疲れたときにここから食器を選び丁寧にお茶をいれると優雅な気持ちになれます。
    小さなマンションでもこういう空間を作っておくって大切だなと思います。

    ユーザーID:3075520004

  • トピ主です・・基本は興味なし様

    レスありがとうございます。

    私も形は違いますが別れを経験していますので、お気持ちがわかります。
    慈しみ育てられた大切な家との別れを想像しただけで胸が苦しくなります。

    広大な土地に囲まれた生活は鷹揚でのんびりしていましたが、
    今はある意味のカルチャーショックです。
    そういう環境ですが、家の中は依然と変わらないリースや手作り籠が置いてあり
    心癒されています。
    「朝日のあたる家は幸せがやどるんだよ」・・その通りですね。
    真冬でも「朝日」が当たると心が弾み暖かくなります。

    「ダイニングテーブルとあわせておいているカップボード。」・・中には大事な思い出が一杯詰まっており、お母様が大事にされてきた食器たちが疲れた心や体を癒してくれるのですね。

    我が家にも両面扉でカットガラスの素敵なカップボードがあります。このカップボードは間仕切りにもなっていますので、我が家の大事な一部です。
    これからも大切にして共に歳を重ねてゆきたいものです。

    「基本は興味なし様」ご家族様に幸多かれと祈念しております。
    レスありがとうございました。

    ユーザーID:2530091214

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧