老後の生活費が夫婦で15万円位

レス58
お気に入り829
トピ主のみ2

招き猫

話題

初めまして、トピを開いていただいてありがとうございます。
夫と二人暮らしの、アラフィフの女性です。

最近将来頂ける年金金額が、税金等を引いて夫婦で15万位だとわかりました。
少しは貯金もありますが、老後はなるべくこの金額で暮らさなくてはいけないようです。
持ち家のため家賃はかかりませんが、節約しながらの生活になると思われます。

今現在ご夫婦で月15万程で生活されている方がいらっしゃったら、家計はどうなさっているか、こんな所を工夫して暮らしているなど教えていただけたら幸いです。

例えば、食費は月いくらで光熱費はいくら、小遣いはいくらかかるなど
詳しく教えていただけたらと思います。

よろしくお願い致します。

ユーザーID:6179339887

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数58

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自営業の方でしょうか

    年金額が満額の年金を収めている方の国民年金×2の金額ですね。自営業の方で
    しょうか。

    生活に必要なお金はひとそれぞれです。現役時代の生活によります。現役時代の
    生活の質を変えるのは極めて困難です。今いくら生活費を使っていますか?老後
    はその額から老後に必要がなくなるお金(お子様の教育資金、住宅等のローン、
    現役だからこそかかる交際費等)等を引いた額から、老後だからこそかかるお金
    (老後は毎日が休日です、趣味にかかるお金や孫へのお小遣い等)を足した額が
    必要です。是非、この計算をして下さい。

    通常は15万円/月での生活は無理です。老後の平均生活費(家賃なし)は28
    万円です。もしも賃貸住宅ならプラス家賃です。

    いまから節制して、老後の収入で生活できる生活の質に落としてみて下さい。で
    きなれれば、収入を増やして貯蓄をして下さい。

    ユーザーID:6738238723

  • 出費多いです

     トピ主様の環境がよくわりませんので何とも言えませんが・・
    食費は約50,000円。これは肉・魚・野菜・米・パン・調味料・外食費を
    全て含んだ金額です。我が家は夫婦2人で3食を家で食べて手作りを心がけて
    います。新しい料理の本を買って、目先の変わった料理が続くと
    たちまち食費が跳ね上がります。
    50代前半で古い家を最新設備の省エネ住宅に建て替えましたが、
    光熱費は年間通して月約17,000円。夫も退職して夫婦2人で家にいる
    時間が長くなったので、冷暖房の電気代は多くなります。
    夫は退職後も現役時代に培ったスキルをいかしたアルバイトを続けているので
    夫小遣いが2〜3万円。
    自動車1台維持するためのガソリン代が月10,000円。という具合です。
    夫婦2人合わせて1カ月15万円というのは、本当に最低金額です。
    3食家で食べて、娯楽もテレビか近場の散歩、車も持たず,家の修繕もせず、
    旅行も行かず、病気もしない生活です。

    ユーザーID:3964059924

  • 現状分析から始めて

    お住まいの地域やトピ主さんの生活水準が解りませんので、
    15万が多いのか少ないのかは解りません。
    (多分多いと云う事は無いでしょうが。)

    他人に聞くのではなく、現在の生活費を分析して
    将来どのような生活が可能かを考えてください。
    収入が決まっていますから、それに合わせるしかありませんね。

    >持ち家のため家賃はかかりませんが、・・・

    その代わりに修繕費がかかりますが、それは計算に入っていますか。

    ユーザーID:9348020378

  • ・・・

    増やしたいなら、アラフィフなら働きに行って厚生年金のあるところに
    入ったらどうですか?

    もう一つ、一年遅く繰り下げてもらうといいでしょう。

    食費とか今聞いても、また消費税であがりますよ。

    ユーザーID:9441449624

  • それで十分足りるでしょう。

    今、夫婦で毎月幾ら生活費に費やしているか、が分かればそこから推測できます。
    子供の教育費や進学に備えての貯蓄、衣食住を省きます。
    老後に備えての貯蓄も当然省きます。
    それで、衣食住に幾ら必要か算出できますが、大抵の国民は10〜15万あれば十分生活できるはずです。
    それに、後期高齢者になれば介護費用なども介護認定でカバー出来るでしょう。
    余った分は子孫の為に遺してあげるのが良いでしょう。

    ユーザーID:0229952736

  • 老後に必用なのは

    1に健康2に蓄え。
    自分の周りの定年世帯を見ていて、つくづくそう思いました。
    潤沢な資金があっても、健康でなければ何も出来ないし,お金も老後の蓄えも減ってゆく。
    老後に使えるお金がまったく無いのも惨めだけど、夫婦2人共に健康で持病や障害が無ければ、「たまには贅沢しちゃおうか」と思った時に,二人で美味しい物を食べに行ったり、近場の温泉に遊びに行けるくらいの余裕があれば豊かな老後を送る事は可能。

    ユーザーID:7994405928

  • 実家の母は問題ないようです。

    実家の両親が、国民年金の受給者です。
    詳細な収支については知らないんですが、でも、全然生活は苦しくないそうです。

    だから私は何とも思ったことはなかったんですが、最近メディアで「年金暮らしの貧困」みたいな話をよく耳にし「国民年金じゃ食べていけない」って聞くので、あらためて実家の両親の生活を考えてみたんですが。。。

    持ち家なので、家賃はかかりません。固定資産税はかかるけど。。
    保険は高齢者用のものだし。。
    携帯電話とか、コンピューター、ネット環境はもともと興味ないし持っていないので、その辺の経費はゼロ。だから光熱費も高齢者なのでそんなにかからないようです。合計で1万円もかからないように話していました。
    残りは食費ですが、外食はあまり好まないので(出かけると疲れるそうです)もっぱら自分で料理したものを食べていますが、月に5〜6万もあれば十分だそうです。あとスーパーで売っている寿司はよく買うそうです。服は高価ではありませんが割りと洒落たものを着ています。


    やっぱり外食や交際費なんかを求めない生活だからなんでしょうかね。
    経済的には何の苦労もないし、貯金もできるそうです。

    ユーザーID:1367763942

  • 最低生活費

    68歳男一人暮らしの生活費
    ・家賃 47,600-(公団)
    ・電気 2,400-(15アンペア・冷暖房ナシ)
    ・ガス 1,653-(風呂はシャワーです)
    ・水道 1,500-(洗濯機はコインランドリ)
    ・携帯 797-(auほとんどかけません)
    ・ネット3,100-
    ・食費 35,000-(完全自炊)
    ---------------
    92,050-
    ギターとバドミントンに11,000-
    歯医者の定期健診 1,000-
    その他諸々 20,000-
    -----------------------------
    32,000-
    合計で13万ですね。

    外食はしません。移動は自転車。たまには酒も飲みます。
    結構快適に生活しています。心配事は健康。

    ユーザーID:8422884251

  • 年金は増やせませんか?

    15万の暮らし、というのはどういう計算なのかわかりませんが、少しでも年金額を増やすことはできませんか?今50歳なら70歳から年金を受け取るとしたらあと20年もあるじゃないですか。限られた年金の算段には早くないですか?そんな、後ろ向きにしかならない理由があるのですか。
    あなたの背景がわからないので正しくは言えませんが、たとえば、健康な限り働いて収入を増やす、年金は70歳までもらわない、今からでも国民年金なら付加年金を10年分はかける、などです。いかがでしょう。増やす算段をされたらいいと思うのですが。

    ユーザーID:2007601617

  • 工夫次第です

    海外ですが、いいですか?

    夫婦2人月15万(家賃含まない)で暮らしています。
    何にいくらと書いてもあまり参考にならないと思うので、
    工夫している所だけお伝えすると

    1、携帯はスマホではなくガラケー+ipad
    2、暇つぶしの為にショッピングモールへ行かない
    3、欲しい物はネット等で検討してから
    4、普段の生活は質素に、人との交際はけちらず楽しむ
    5、お金がかからない趣味を見つける

    お金があまり無くても、工夫次第で心豊かに過ごせると思います。

    あと、トピ主さん夫婦がもし国民年金でしたら、
    付加保険料を納付する、又は国民年金基金に加入すれば
    将来もらえる年金額が増えると思います。
    一度、調べてみてください。

    ユーザーID:7855443648

  • アラフィフって?

    具体的に何歳なのですか?
    悪いけれど、まだまだ年金を受給するまでには間がありません?
    不安ならご主人だけでなくトピ主自身がプラスアルファの収入を得、その分を貯蓄に回すとか考えません?

    あとはどの地域にお住まいで、どのようなライフスタイルなのかもわかりませんから・・・・

    参考になるか判りませんが、私の両親が自営業でしたので国民年金と年金基金をかけていたぶんだけで生活しています。
    支給額月換算夫婦で14万程度。
    東京に言えがありましたが、現役時代に関東のハズレに別宅を購入。
    リタイア後は東京の家を売却。
    別宅に移住してからは半自給自足の生活です。
    畑でおおまかな野菜が収穫できますので、足りないものは近所の型と物々交換。
    肉・魚は車をはしらせて市場やスーパーで購入。
    水道は井戸水(管理経費は掛かる)
    ガスはプロパン
    電気は通っています。

    まー余分な者は買わないですわ。
    それでも年に一度はハワイに行っている。
    私たちが訪問すると持て成しだけでなく土産まで用意している。

    まあ、いまから無駄をみつけて節約生活になれるしかないのでは????

    ユーザーID:6490173162

  • 二人で15万

    しんどいかも だって老いて来たら体にガタがきて 病院代も馬鹿になりませんよ。膝も悪くなるかも?? うちは22〜23万使いますよ。。普通の暮らしですよ。

    ユーザーID:7302060714

  • 年金生活者です

    私(50歳)の加給年金加算で月額およそ17万円の年金を貰っています。夫(67歳)のお小遣い2万円家賃4万円光熱費(携帯、パソコン込み)5万円保険類1万円食費(外食込み)4万その他1万円(雑費や交通費)これで17万円ピッタリ消えます。交際費や医療費等は私の収入から約6万円くらい出しています。

    ユーザーID:3999378558

  • 恐れる点は

    食費や光熱費、小遣いなんて個人差が大きい、その人の我慢具合、やり繰り具合によると思います。どこまで自制、工夫出来るかによる。

    そういう日々の出費は自分の心掛けひとつで何とかセーブ出来るけど怖いのは健康保険料や医療費、交際費などだと思います。私もまだ年金生活には間がありますが、今から将来のことを考えた時これらが大変気になる。

    自治体によっては国保がとても高いところがあり、月額すごく掛かりますよ。それからちょっと体調を崩したり歯が悪くなって医者に行けば千円単位でお金が飛びます。◯日分の食費!
    冠婚葬祭での付き合い、子どもや孫への出費も万単位で跳ぶ。

    月々の定額出費だけでなくこれらの臨時出費も覚悟しておく必要が。日々の生活は一円単位百円単位で節約してもこういうのはほんと、すぐ万単位で飛んで抑えられません。

    ユーザーID:0618008785

  • うちは17万円なり〜

     うちは夫婦と小学生2人の4人家族です。
    車関係と家のローン、夫小遣いは別で

    食費・通信費・光熱費(電気・ガス)・水道代・医療費(私に持病あり)・日用品・保険(学資保険、共済)・洋服代・交際費(お祝い等)・子供の貯金(1人当たり1000円〜5000円)・年2回の旅行・外食(行く時はランチのみ)・ペット関係(3000円)

    これら全てを17万円で賄っています。
    因みにうちは地方都市です。

    後、テレビ無いです。
    テレビなくても共同アンテナなくてもNHKは集金に来ます(笑)
    特に不自由はないですが東北の地震の時に主人がそちらに出張に行っていたのですが何も知らずに団らんしてました(汗)

    普段から贅沢しているとうちの両親、義両親がそうですが所持金が無くても借金して贅沢をします。
    長年してきた習慣を変える事が出来ないようですね
    私達の事を「貧乏くさい」と言って借金の申し込みをしてこないだけ有難いです。
    今から15万で生活されたらどうですか?

    ユーザーID:9417747664

  • 年金生活の参考になる本がありますよ

    我が家も年金生活に入る前に気になり、書店でぴったりの本を見つけました。

    「ねんきん生活。月15万円で幸せに暮らす」というムック本のシリーズです。

    いろいろなカップルの素敵なアイデアが紹介されていますよ。

    ユーザーID:3531322961

  • 現実を自己責任として受入れるだけのこと

    これだけの情報では何とも申し上げられませんが、身の丈に合った生活をするということに尽きます。
    単身でも15万円で厳しいと方もいらっしゃいますが、やり方次第です。
    人と比べてみても仕方がないことですから。

    衣食住で費用が最もかかるのは住で、居住地域のよっては固定資産税が高額でしたり、戸建の場合はメンテナンス費用で纏まったお金が必要になることもあります。
    どちらかが他界した場合の受給金額も考慮してお金を使う必要があると思います。

    単純に60歳から25年生きるとして生活費は300ヶ月分が必要になります。
    毎月1万円不足するとしたら300万円を手持ちの資金から出すことになると考えると判り易いです。

    お金がかかる時は入る時と違って勢いよく出て行きますからこれでは無理だと思ったら収入を増やすことです。
    節約は限度がありますし、節約が過ぎて人から相手にされない人達も存在しますから程々と思います。

    ユーザーID:0108420486

  • 食べるだけなら15万円で十分

    海外旅行やグルメなどで浪費しなければ、

    15万円で生活していくことは十分可能です。

    ユーザーID:0610568171

  • ぜいたくしなければやっていけるでしょうが・・・

    今アラフィフということなら完全年金生活者になるまでまだ15年はあるでしょう。
    その間に二馬力で働いて貯金を少しでも多くしておくことをお勧めします。

    15万円なら生活していくぶんには十分だと思います。ただ、ゆとりというか旅行に行ったり、プチ贅沢をするのは十分だと思えません。
    とは言え健康でありさえすればのことですが、旅行をしたりプチ贅沢をするのも80才ちょいくらいまでかと思います。であれば年金以上に必要な額も莫大な額ではないでしょう。
    あまり悲観的に考えず、健康で二人仲良く暮らしていれば十分にやっていけますよ。
    国年年金だけしか受給できない人もあるのですから。

    ユーザーID:7460975699

  • 15万円弱

    食費3万円、水道5千円、電気7千円、
    ガス7千円、衣服1万円、保健衛生2万円
    電話、パソコン、携帯合計1万円
    新聞4千円、雑費(冠婚葬祭含む)3万円
    保険2万円、国民健康保険3千円 

    節約して残れば貯蓄していくことで
    不意の出費に備えられます。

    ユーザーID:3140906306

  • まずはご自分の状況を

    住む地域によってかなり違うと思いますが。
    光熱費は北と南では倍以上差がありませんか。
    こういうのは、百あれば百通りですよ。
    同じ生活はないと思いますけど。

    トピ主さんの受給年金は夫婦で国民年金のようですね。
    まだ50代なら基金加入はどうですか。
    戸建ては光熱費も余計にかかるので、小ぶりなマンションに住み替える検討も。

    私は都心住まいですが、ふたり暮らしなら15万あれば月々の生活は充分過ぎてお釣りが来ます。
    大きな出費は滅多にないので貯蓄から。

    健康ならばこその老後であり、美食は控え、
    人付き合いの見栄はありません。

    ユーザーID:2197134021

  • これが大多数の近い将来

    退職金をローンの返済に組み込んでいる人はマジでヤバいと思う。

    ユーザーID:8586598527

  • 試しにやってみる

    既にご夫婦二人の暮らしであるなら、試しに15万で生活してみたらいかがですか。

    小遣いや交際費、交通費や昼食代など、勤めているからこそ必要な経費を除いて、定年後も生活する上で必要な経費を15万以内で収める生活をしてみればいいのです。

    それをすることで、今の生活の中で無駄や節約出来る部分など、見直せる部分にも気がつくでしょうし、逆に意外とこれは毎月必要だった、と発見する部分もあると思います。

    地域による物価の差や、やはり家庭ごとにここだけはお金を掛けたいと思う部分も違いますから、自分の住む地域で自分の価値観の中で体感してみるということが、何よりも分かりやすいと思いますよ。

    ユーザーID:8448719286

  • 実践練習に入る。老母と夫婦の暮しの家族です。

    私は3人家族で30万で生活しています。貯金もできます。夫が7万円のお小遣いが必要なので参考にはならないと思いますがその7万円でかなり距離のある病院で週3回の透析治療を受ける経費に大半を当てています。最近年金が下がり治療費の負担が半分になったので、お小遣いは6万になったところです。それでもガソリン代、長い時間の治療のため週刊誌やおにぎり、ペットボトル、テレビカードなどでギリギリです。
    大事な事は病気をしない事です。
    さて年金生活15万はかなり厳しいと思います。私は子供の教育が終わると同時に実践練習に入りました。実際に年金額で暮らし始めたのです。貯金もできるし一石二鳥です。
    こうして慣れるのが一番です。
    反省点は実際年金生活に入るとまだ甘かったという事。
    しかし毎日行くクリーニングがほぼ無くなり、定期的に買っていた洋服代もかからなくなりました。家に居る分光熱費は上がりました。
    あと言えるのは見栄を張らず、しかし人に馬鹿にされない暮らしをすることです。
    これは大変難しい事です。
    15万円でどう暮らすかはその家によります。今から工夫してやってごらんなさい。
    それが一番です。

    ユーザーID:0320852536

  • 計画通りの年金生活です

    >例えば、食費は月いくらで光熱費はいくら、小遣いはいくらかかるなど
    >詳しく教えていただけたらと思います
    現在の生活費と比較して、どのくらい足りないんですか。
    生活環境が違うのだから、食費も光熱費も違うのが当たり前です。
    だから、他人が詳しく書いても、知っても、意味が無い。

    例えば、一戸建て二人住まいの我が家の光熱費。
     7月 6500円
     8月 6900円 
     9月 4500円
    オール電化に加えて太陽光発電があります。8月は一日中冷房していた。ガス代0円。
    食費は、計算したことが無いです。

    私は若い頃から老後の生活を計画していました。(オール電化も計画のうち)
    貯蓄はもちろん、個人年金も二種類契約していた。(75歳まで支給)
    年金生活ですが月額43万円あります。(個人事業主の妻はまだ年金世代でない)
    使い切れないです。

    ユーザーID:5359618399

  • 現役年金生活者は語ります。

    団塊世代の走りです。年金生活も8年目です。

    「老後の生活費が夫婦で15万円位」、私から見ると厳しい額です。もちろん15万円/月で老後生活可能と言うレスもあると思いますが、内実はただ生きているだけ、という文化的な生活から程遠いものです。

    私の場合は、夫婦二人の年金額350万円/年に貯蓄からの70万円を加えた420万円/年で暮らしています。この額から各種税金、各種社会保険料、水道光熱費等を引いて12等分した25万円ほどが毎月の生活費になります。

    25万円/月も15万円/月も五十歩百歩の額ですが、10万円/月の差が老後生活のゆとりに繋がります。加えて、年金の減額は切実です。私も2.5%ほど減額されました。今後の年金の減額も考慮して、老後生活を考えなければなりません。

    ユーザーID:7331833593

  • 家があるなら大丈夫では?ご主人共よく相談してみて。

    ユーザーID:7399391175

  • 浪費家

    家賃がかからないなら15万で暮らしていけます。
    おいくつか知りませんが不安ならいまからでも節約生活に慣れるようにすればいかがですか?
    老夫婦2人なら、食費4万、光熱費かかって2万、携帯通信代1、5万、雑費1万、交際費2万、残りを小遣いで見積もっても余裕ですね。

    ユーザーID:9316320427

  • 我が家では、

    食費    7万円
    光熱費   3万円
    小遣いその他5万円
    臨時の出費 預貯金からのその都度取り崩し
    が我が家の大体の生活費です。電話は来月から固定を廃止する予定です。まだ双方介護認定されていませんので、15万円でギリギリ足りています。
     二人で話し合った大きなことは、子供達には一切の援助はしないと言う事です。そのかわり自分たちの老後は蓄えで何とかすると宣言しています。
     従って息子の配偶者と孫はわが家には殆ど来ません。時たま忘れたころ息子が孫を連れて来るのでそれで十分です。
     お金を掛けずに如何に人生を二人で楽しむかを毎晩夫婦で話し合うのが、一番の楽しみでもあり、喧嘩の元でもあります。年末に翌年の計画を、月末に翌月の行動を計画してお金を使っています。

    ユーザーID:4832894076

  • やっていけてます。

    関西大都市近郊、戸建て(ローンなし)の二人暮らしアファフォです。

    食費      4  万円(宅配、外食含む)。
    その他生活費  1.5万円
    光熱費     1  万円
    通信費     1. 2万円(電話・ネット、NHK,ガラケー2台)
    民間医療保険  2  万円
    被服費     0.5万円
    交際費     1  万円
    固定資産税   1.5万円
    セキュリティ  0.5万円
    交通費     0.5万円

    車はありません。
    レジャー費は別に年間10万円程度。
    家庭菜園も別に年間2万円程度

    リーマンショックのとき
    家計を削ったのがそのまま続いています。

    私は化粧っ気なしで、カットは旦那(上手です)。
    もともと家や食以外の物欲が薄い夫婦です。
    家庭菜園をしながら、毎日楽しく暮らせていますよ。

    ユーザーID:1567683609

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧