趣味・教育・教養

テストで良い点数を取りたい

レス30
お気に入り35

100点

学ぶ

高校2年女子です。
学校の定期テストで良い点数を取りたいです。

テスト範囲が判った時点で勉強のスケジュールを組み立て最大限の努力をします。しかし、なかなか満足出来る点数が取れません。クラスで40人中15番目位です。特に歴史や地理や生物などの暗記系が駄目です。
一番仲の良い友達は、毎回クラスで3位以内に入っています。勉強方法を聞いて真似してみましたが私には合いませんでした。テスト前に一緒に勉強した時は暗記方法を観察しましたがウトウト舟を漕いでいたのに、その後問題を出し合ったら友達は完璧でした。

頭の構造が違うのは判ります。でも負けたくないのです。本当に悔しくて悔しくてたまりません。

今度のテストでは絶対に良い点数が取りたいです。
暗記系が苦手な私はどのような対策を立てれば良いのでしょうか?

友達は私を見下したり馬鹿にしたりは一切せず、性格はとても良いです。

まとまりの無い文で失礼します。
よろしくお願いします。

ユーザーID:2511050721

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数30

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 暗記ものは寝る前に。

    こないだ読んだ本には「暗記ものは寝る前にやると良い」と書いてありました。寝ている間に脳では記憶の整理が行われるそうで、寝る前に覚えて、目覚めて確認するとよく定着するらしいです。
    それとただひたすら暗記するのではなくて、ストーリーにして意味付けすると覚えやすいとも聞いたことがあります。極端な例が円周率を自分なりにストーリー化して覚えるというやり方ですね。
    お試しになってみてはいかがでしょうか?

    私が高校生だった30年前にはそんな科学的な裏付けなどなく、それぞれ我流でやっていましたので、今の子はいろいろノウハウ情報があって良いなあと思います。
    あ、でもお友達もこのコツを知ってたらダメか。。

    ともあれ、トピ主さんのようなガッツのあるお嬢さん、ステキです。がんばってね。

    ユーザーID:2748063420

  • うちの息子みたい。

    高校生の息子がいるお母さんです。
    うちの息子も、社会科全般と生物が苦手ですね。

    暗記は寝る直前にやると、脳に定着するらしいですよ。
    あとは、繰り返し、ですね。
    当日→次の日→三日後→一週間後→…みたいな。
    あと、クルミ食べるのも良いらしいです。

    あと、テスト勉強は範囲が出てからでは遅いかも。
    範囲が出てからの授業の進みは半端ないので、前回テスト範囲の後からやったものは、早目に頭に入れてしまった方が良いのでは?
    範囲が出てから進んだ部分は、平行してやっていかないとならないでしょ?

    良いアドバイスじゃないですね(苦笑)
    実は私も理系なんですが、社会科全般が大っ嫌いで、暗記ができませんでした。
    英単語テストとか、いつも0点。
    生物は好き。
    私は、できない勉強をどうにかするんじゃなくて、できる、得意分野を100点にするようにしていました。
    できない科目は、平均点が合格点に自分で決めていました。
    数学は大体満点で、理系科目も大体クラスで一位でした。
    それだけで、まあまあの位置にいられましたから。

    ただ、世の中には確かにオールラウンダーが存在しますね。
    頑張って下さい。
    応援しています。

    ユーザーID:6910670795

  • 2点ほど...

    2点ほど言わせてください。
    1つは、人と比較しないことです。
    記憶力がずば抜けている人は確かにいます。
    でもこういう人は、いずれ我々に役にたつ人物になってくれるので、広い目で見てあげましょう。
    比較すれば劣等感を感じるだけなので、決して比較しないことです。

    2つ目は、暗記の方法について
    問題を繰り返すことが効果的です。
    穴埋め式の問題集をしたり、自分自身で問題作ったり、カードめくったり、問題出し合うのもいいですね。
    このポイントは繰り返し(最低でも3回)することです。
    これを手抜きして、1回2回で終えようとするのはナンセンスです。
    凡人(99%)は最低でも3回は繰り返すことです。
    できなければ5回、10回何度でもすることです。
    これを恥と感じている人は将来性はゼロに近いと思います。
    この繰り返しにより、短期記憶が長期記憶にかわり最強の記憶、知識となります。

    ユーザーID:2389289818

  • 他人を意識している時点で無理

    テストって自分との戦いなんですよ。
    友人の勉強法を真似たところで、本家には絶対勝てるわけもないのです。
    何事もそうだけど、人に見せない部分(影の努力・意識)という土台ができているから
    結果が出せるようになっているわけです。

    「〜すれば効果的」という助言はあるだろうが、それも土台があってこそ活きるものです。
    では、何をすべきか。全ての科目を一斉にというのは難しくても1〜2教科ずつ
    「絶対に満点をとるためにどうすべきか」と意識してほしい。

    この意識があると、授業の受け方から変わるはずです。
    なにが問題として問われるかも想像する。自分が覚えるためのメモやノートにもなる。
    それらを忘れないうちにどうすべきか考える。
    そうすると、試験が終わった次の授業からテスト対策の意識が出来て準備も前倒しできる。
    試験1週間前までに8割方準備するようになる。

    そこまでして記憶の定着と引き出し方の訓練が活きるのです。
    ここまで完璧に覚えたら寝るとか自分に課す。
    でも自分との戦いですから、本当に覚えたか次の朝に自分で確認する。
    自分自身を己で試せるかが結果に出るのです。

    ユーザーID:1284634322

  • テスト前日に自分なりにまとめるが日々の積み重ねが重要

    テスト前の暗記は、歴史を覚える時は歴史の編纂者に、地理を覚える時は探検家に、生物を覚える時は生物学者になったつもりでまとめながら覚えていました。この3つの教科は好きでしたので授業中先走って教科書を何度も読んでいた(授業中先生の話を聞くのは教科書に載っていない面白そうなところだけでした)ので暗記はテスト前日に2時間くらいやるだけでした。
    覚えようと過剰に意識するとかえって覚えられないものかもしれません。

    ユーザーID:1094461274

  • 普段の努力

    『不断の努力』とか、堅苦しい言葉は嫌いです。


    「普段の努力」で良いんです。
    テスト前に慌てて頑張るのではなくて、普段からやろうよってことです。

    意味も、まあ似ているんですが、頑張らなくて良いです。
    というか、『頑張らない』のがポイントです。


    社会科や理科の暗記物なんて、毎日30分呪文のように唱えていれば、かなりのバカでも相当記憶できますよ。
    ただし『毎日』です。



    毎日毎日、その日に身に付けるべきことを身に付けていれば、『テスト範囲』なんて気にする必要がありません。

    『9月にやったことは全部できているし、そんなことを今更頑張る必要はない』
    何故そう言えるようになろうとしないのか、私には不思議でならない。


    学校の勉強とは、試験で高得点を取るためにするのではありません。

    自分の能力を高めるためにするのです。
    それをしていないから大変なんですよ。

    試験で高得点を取るための勉強をしても、能力向上は見込めません。
    そんなことを繰り返していても意味ないですよ。

    能力が上がれば、試験の結果が良くなるのは必然です。

    ユーザーID:8010448269

  • 理科・社会は暗記科目じゃない

    トピ主さんは理科・社会好きですか?
    原理やなりたちに興味・関心がないと点数にならないと思います。

    例えば「低気圧の風向き=内向き」を覚えるのに
    「内向きだから、雲が集まって雨雲ができ、天気が悪くなる」と
    実際の気象と関連づけて覚えるか、機械的に覚えるかの違いでしょうか。
    一問一答だけに頼ると、覚えきれません。
    授業だけでよくわからないことは
    動画サイトや教育テレビを参考にするといいですよ。

    実は、子供が理社得意タイプです。
    子供の場合、ノートにイラストを描きつつ頭に入れているようです。
    ノートの中で偉人がフキダシ付きで何かしゃべっているのは
    まるで歴史漫画のようです。
    おかげで、特別なテスト勉強をしなくても高得点とってます。

    そのあたりの、根本的なところを思い切って見直してみては
    いかがでしょうか。

    ユーザーID:5168189700

  • 私の方法

    1 授業中、板書された物をノートに写すのは当然で、先生が話している事も書くようにします。ノートは自分が読めればよいので、綺麗さにこだわってはいけません。
    こうする事で、自習する際に何故こうなるのか、何故その答えになるのかが解り理解力が深まります。

    2 読書すること。図書館にいくらでもあります。何を読んで良いのかわからない場合は、教科書で学んだ作家の物を読んでみましょう。
    あなたの好みの作家は必ず見つかります。国語力というか、読解力はどの教科の成績向上にも必要です。

    私は上記2つの事をするだけで成績だけはクラスで1番でした。
    大学受験もこれで乗り切りました。
    当時は、勉強が嫌になると、長い人生のたった数年の我慢じゃないかと自分を励まし、勉強とは、その物を覚えるだけでなく、脳にプラスの何かを与えてくれる行為なのだと思うようにしておりました。

    がんばれ!!!

    ユーザーID:6909252325

  • 日頃の知識の積み重ねがモノをいう分野です。

    「好きこそものの上手なれ」という言葉があります。
    おそらくそのお友だちは日頃から、本や新聞を読むのが好きだったり、テレビのニュースやドキュメンタリー番組をよく見たりしているのではありませんか?
    コツコツ積み重ねられた知識量には、一夜漬けレベルで対抗できません。

    ユーザーID:2346350672

  • まず書く

    最近の勉強法では書いて覚えるのがいいのかわからないけど
    私の場合、書いて見て解いて、の繰り返しでした。

    書くこと自体暗記作業で、まとめ方を変えたり
    チェックシート化したり、ノートの端に答えを書いて折って隠してぱたぱた問題集にして
    毎日一通りチェックするなり、ベッドサイドに貼るなりしてました。

    それ以外に総合的に充実した問題集1冊完全解答を目標に
    準備100%で本番85%を目安とし、到達後
    準備100%+α(他の問題集2冊をあたり出来ないところを埋める)で目標を95点に変更。満点も同様。

    まず自分の書いたものと1冊完全解答、丸暗記する事で
    自分の知識のザルの穴をひとつひとつ埋めていくのが早道だと思います。

    教育課程の勉強は相対評価の部分もあるけど
    必要要件として絶対評価を満たす事が前提です。
    人のことは程々にしないと、勉強内容への集中力や関心が落ちると思います。
    自分に合ったやり方を編み出しているのが、成績のいい人の特徴のように感じます。

    ユーザーID:3032647472

  • 関連付けて覚える

    私も高2までは、日本史は苦手でした。高3の時の日本史の先生が、歴史はまず、流れを把握しなさいとアドバイスしてくれました。
    私は歴史マンガを読んで、流れを把握しました。今もあるかわかりませんが、大学の漫研の学生さん達が書いたもので、面白おかしく、わかりやすかったです。何度も読み返しているうちに、細かいことも覚えていました。

    年号は、私は語呂合わせで覚えられなかった年号は、大好きなプロ野球選手の背番号を組み合わせて覚えました。

    年号を覚えたら、それに関して紐付けで覚えます。例えば、1549広まるキリスト教。キリスト教を広めたのは、ザビエル。ザビエルはスペイン人というような感じです。

    さっき、高校時代のノートを見てみたら、教科書をコピーしたのか、ザビエルが貼ってありました(笑)その下にキリスト教を広めたとか、色々ザビエルとその頃の時代のことを書いてありました。
    他のページにも地図や写真などが貼ってあり、見返して楽しくなるようなノートでした。

    書くと、脳に定着しやすくなります。授業のノートに自分で写真を貼ったり、勉強したことを書き足したりして下さい。生きた参考書になると思います。

    ユーザーID:0226609814

  • 記憶は寝ると定着する 1

    暗記したことや出来事を脳は睡眠中に整理して保存します。
    暗記が不得意な人は、脳に定着させるような睡眠が出来ていない可能性があります。
    睡眠 記憶 などで検索して記憶に一番よさそうな睡眠方法を探してみてください。

    テスト範囲が判った時点で、というのはダメです。テスト範囲など無視して学習したことはすべて覚える気持ちでやってください。
    勉強のスケジュールを組み立て、というのもダメです。スケジュールを作ることで勉強したつもり、努力したつもりになってしまいます。
    最大限の努力、というのもダメです。知識は脳の食事です。努力してすることではなく日常の動作です。

    勉強は範囲だけでなく、毎日、全教科、強制的に2ページやるくらいの気持ちで。
    「わかったところ、暗記したところ」「わからない、暗記できないところ」は○をつけるなどしてきっちり区別しておいてください。
    数日後に復習して覚えていなければ、「わからない、暗記できないところ」を重点的に繰り返します。
    また、一夜漬けは記憶に定着しませんから、無駄なので止めましょう。

    テスト直前は、「わからない、暗記できないところ」を中心に暗記です。

    ユーザーID:0010665207

  • 記憶は寝ると定着する 2

    >テスト前に一緒に勉強した時は暗記方法を観察しましたがウトウト舟を漕いでいたのに、その後問題を出し合ったら友達は完璧でした。

    その友達は、はじめて見る問題や課題を短時間に暗記したのですか?
    そうではなく、すでにその部分の勉強と暗記はやってしまっていて、たいくつだからウトウトしてただけでは?
    世の中には、一度教科書を読んだだけでほぼ全て暗記し、漢字なども一度見たら書けるという方がいるそうです。
    しかし、そのような人と自分を比べても自分の成績はあがりません。

    勉強の方法は、、、
    暗記する。
    数日後に暗記しているか確認する。
    覚えたことと覚えていない部分をしっかり区別する。
    覚えていない部分を暗記する。
    この繰り返しですよ。

    ユーザーID:0010665207

  • 声に出す。

    ウソのようですが声に出して暗記する部分を読み上げます。

    覚える部分を抜き出す事はしていますよね?それを一つひとつ丁寧に
    読み上げます。その時に雑念が邪魔をするときがあると思うのですが
    本当に集中してゆっくりと丁寧に読み上げるわけです。

    印をつけて一回二回と正しいという字を書く要領で、読み上げた部分を
    マークして行きます。それで5回目に覚えられなかったところは
    「自分は5回やっても覚えられない」と思って
    そこを抜き出します。目につくところに(壁とかトイレとか)
    張り出して次の日起きたらそれを見ます。


    試験前には5回以上繰り返してもまだ覚えられない部分だけになっていると
    思うのでスクワットでもしながら「どうして○○は覚えられないか?」と
    またそれを音読します。
    一度に全部暗記しようとするからダメなんです。

    そのうち要領を覚えてくると思いますよ。

    ユーザーID:3665434419

  • 要点把握

    要点を把握することです。参考書で協調されている所を重点的に、教科書でもいいですが、7回読みましょう。音読がいいです。試験範囲の内容を、他人に講義できるぐらいになれば大丈夫ですよ。

    ユーザーID:6843188163

  • 暗記方法は人それぞれ

    トピ主さんは、自分のタイプをわかっていますか?

    視覚型…目で見る(読む)ことで記憶が定着するタイプ
    聴覚型…耳で聞くことで記憶が定着するタイプ
    身体型…身体を動かす(書く)ことで記憶が定着するタイプ

    他にもいろいろあると思いますが、私は視覚型と身体型混合です。
    自分で一度書いて、それを見る(読む)ことで覚えます。
    耳からの記憶は、なかなか定着しません。

    聴覚型であれば、自分で声に出して読むほうが効果的です。
    (録音して繰り返し聞く、というのも有りです)
    他にも歩き回ったり、手を動かしたりすると、頭に入るタイプもあります。
    自分に合った方法がわかると、今後の勉強(暗記に関して)は、少し楽に
    なるかも知れません。

    ユーザーID:5640477843

  • 「地歴生物が得意」さん同様のやりかた

    学校の授業を基本にして、自分だけのノートを毎回作成します。
    さらにこの「自分ノート」を基本にして問題集をやります。
    訂正は解答集と「自分ノート」で。新たな発見は「自分ノート」に付け加えます。

    「自分のノート」作成のポイントはマーカー3色で色分けし、1教科につき3種類程度の参考書と授業用ノートを見ながら作成していきます。授業中先生が強調した文句は隅の方に、でも目立つよう記入。

    溜めると大変ですが、慣れてくれば1時間もかかりません。習慣です。

    勉強は、本来宿題としてやらされるのではなく自主的に覚え方を考える、テストで良い成績をとれるようにどうしたら良いかを考える、この能動的な思考を生み出す
    訓練です。そう、社会に出ても日々同じことが繰り返されるからですよ。

    指示待ち人間ではなく、あなたなりの解決策を皆さんのレスを参考にしながら見つけていってください。今があなたのスタートです。

    個人的には、トピ主様の姿勢が大好きです。人間死ぬまで努力の連続なんですよ。
    わたしもそうあり続けたいと思います。

    お互いガンバりましょう。 オバちゃんより

    ユーザーID:2930506752

  • 授業を聞く

    すっげぇ努力タイプの友人(女子)が、どうも点が取れないなあという時は、
    大体、授業中に先生の話を聞いてないことが多かったですねえ。
    なぜ聞いてないかというと、
    ノートを綺麗に取るのに必死で。

    授業の直後に「さっきのアレ、寒かったねえケケケ」
    と、先生の雑談やシャレについて振ってみても、
    「・・・?何それ?」。
    私はテスト時はそういう雑談を頭の中の栞みたいにして、授業中に聞いた必要事項をズルズル引っ張り出していたので、
    雑談とかは聞く必要ないのかな?まあ別に雑談だからいいけど…と不思議だったのですが。
    なんかもうちょっと突っ込んでみると、学習事項そのものも聞いてない、
    板書されないものは全くの無視状態という事が判明したりして。

    そういう人は、テスト前に教科書と美しいノートと参考書を使用して一から覚えることになるので、
    かなり大変な作業になりますわな。
    折角授業を受けてんだから、先生が覚えさせようと努力している話を普通に聞いたほうが、
    覚え易いと思うんですがね。

    すごーく頑張ってて点数が上がらない女子ということで、
    もしかしたらと書いてみました。

    ユーザーID:5894357802

  • がんばって

    そろそろ高校2年ということですから、
    「どうしたら一番覚えられるか」という自分なりの方法って見つけられてませんか?

    人によってそれぞれなんです。だから、友達を観察してもダメなんです。
    声に出して覚える、
    書いて覚える、
    見て覚える…

    私は、書いて覚えるのが得意でしたから、覚えるまで、覚えなきゃいけないことはすべて書き続けました。
    テスト中、思い出せなくても、「ノートの〇ページ目の、上の方に書いてあったのに!」ってところまで思い出せればなんとかなるものだったので。

    あとは暗記はひもづけですね。こじつけというか…
    「水平リーベ、僕の船」なんて、まだ使ってますかね?もうああいう感じで、たたきこんでいくしかないです。

    私、県で1番になったことあるんですが、30歳過ぎた今でも、未だに、
    「地図で東(”ひ”がし)は、左(”ひ”だり)じゃないほう…」って
    つぶやきながら見ますよ…。地図も読めるんですけどね!

    勉強がんばってくださいね!応援しています。

    ユーザーID:3039893546

  • 無駄な努力をすることは学生時代の特典かも

     普通は、人より努力しなくちゃ人並みに成果があがらない分野には適正がないと判断します。さっさと進路を変えるべきなんです。トピ主様は暗記科目に向いていないので、そこは捨てて得意科目で勝負すべき。
     ただ、非合理的でも無駄でも、気がすむまでやってみる、というのも学生時代には許されるかもしれませんね。

     と言うことで、ご友人の倍やっても叶わないなら三倍勉強しなさい。書きまくり、声に出して、それを録音した物を聞いて、24時間暗記漬くらいの覚悟で取り組みましょう。

     血を吐くほどの努力すれば、結果がどうであれ、それはトピ主様の人生の勲章ですよ。

    ユーザーID:9646908937

  • ONとOFFを自覚する

    簡単そうに思えて、実は出来ていない人が多いことがあります。
    勉強していない状態と勉強している状態を自分で判断できないということです。
    これが分かるようになると勉強できる人になります。

    まず、作業と勉強を分けて考えましょう。
    ノートをきれいにまとめたり、カードを作ったりするのは作業です。勉強ではありません。なので、これを勉強時間に含めないようにしましょう。

    それから、勉強中、ちょっとボーッとしてしまう、少しでも違う事を考えてしまうようなら、勉強を中断して5〜20分程度休むようにしましょう。勉強中はひたすら集中しましょう。集中できなくなったら休憩を取りましょう。15分勉強して20分休んだとしても、ダラダラやるよりずっと効率的です。

    作業は出来るだけ少なく済むようにしましょう。
    元々ポイントをまとめてあるページが問題集や教科書や参考書にあるはずなので、それを2枚コピーして、1枚は覚えたい部分を修正テープで消して問題用紙にします。もう1枚が答えです。
    この手作り問題をひたすら繰り返してやり、完璧に覚えます。
    その後、補足して覚えたい事があれば覚えます。

    ユーザーID:9378358574

  • 悔しい気持ちが大事ですよ

    地理歴史、生物が得意でした。参考になればいいのですが・・・。

    生物はいつも学年トップでした。友人にも勉強方法を聞かれ教えていましたが
    そのやり方をやっても点数に結びつかない、と言われました。
    私の場合は先生の講義を教科書やノートに書き込んでしました。
    つまり、板書されたものは勿論ですが、先生が説明している部分に結構重要な要素が含まれているってこと。
    箇条書きでもいいので書いておいて、授業後に一通り目を通してわからない部分は先生に聞く、というやり方でした。

    同じく現在理学部在籍の娘も生物が得意でしたが彼女もひたすら先生の講義に集中していたそうです。
    とにかくひたすら聞き取る。あまりメモ書きはしなかったようです。教科書や副本に要約されているので。
    娘の場合は生き物が好きなので片っ端から関連本をよく読んでいましたよ。

    暗記主体の教科はやり方をあれこれ試してみるのも一つの手ですよ。
    しかし、良さそう、と思っても結果に結びつくには3か月くらいかかります。
    簡単に諦めず、色々なやり方を試してみて。娘は先生にやり方を相談したそうですよ。頑張って。

    ユーザーID:7853037902

  • ありがとうございます

    皆さん、様々なアドバイスどうもありがとうございます。
    読みながら増す増すヤル気が出て鼻息が荒い状態です。次のテストでは必ず納得いく結果を出してみせます。

    頑張ります。

    ユーザーID:2511050721

  • ポイントを押さえる

    古典的ですが、私はこの方法で普段まったく勉強せずに、試験の前夜の一夜漬けだけで学生時代を乗り切りました。
    学校のテストには基本的に授業で習った事以外は出ません。
    そして習った範囲の中からどこを出題するかは、冷静に推理すれば大体予想がつきます。
    どの教科でも必ず覚えるべきポイントというのは限られているし、その他はテストを作る教師の趣味が反映される事が多い。
    どちらも普段の授業内容をきちんと聞いていれば、「この辺が出そう」というのは予測が付く…というか、大抵の教師は「ここは覚えておくように」とわざわざ教えてくれます。

    「覚えておけ」と強調された部分と、授業中教師が熱心に話していた部分だけ暗記しておけばそれなりの点数を自動的に稼げます。
    全部覚える必用はないんです。もちろん、全部覚えておいた方がのちのち自分の力になりますが、テストでいい点を取りたいだけなら、要点さえ押さえておけばOK。

    ユーザーID:6480747785

  • 根本的な間違えです

    歴史、地理、生物を暗記科目と考えていること自体が今の限界です。暗記で国立大学のセンター試験位は乗り越えられますけど。

    ユーザーID:0215598892

  • 傾向と対策

    他の方もアドバイスされているとは思いますが。。。

    まず、良い点数を取ることが本来の目的ではないですよね。
    ここ、あえて説明しなくても、お解かりだという前提で、あえて、目前の中間期末などの、学校のテストなら、先生の出題傾向を過去テストを参考にすることです。
    (実力テストはそういう訳には行きませんが)
    部活などに入られているのなら、過去問を先輩からもらいましょう。
    その先生の過去のテストを見ると、この先生の出題傾向がわかると思います。
    勿論、授業中に、先生がどこを時間を掛けて話されたかや、黒板に書かれた内容もポイントです。

    私も暗記は苦手でしたが、テストの少し前に一度しっかり記憶して、直前に再度確認と、まぁ、時間をかけていました。
    今、考えると、歴史なら、もっと、もっと、その時代に興味を持って、楽しむ余裕があれば良かったとは思いますが、なかなか、現実はそうは行きませんよね。

    でも、貴方の努力は、たとえテストの結果に現れなかったとしても、将来、役に立ちます。絶対に、必ず。

    ファイト!

    ユーザーID:3175603046

  • 前回の追加です

    二回目の書き込みです。授業中にノートを取ることに一生懸命になっていませんか?私は授業中はノートは取らず必要なことだけ教科書や資料集に書き込みしてました。授業中は他のページを読んでいることが多いので授業で先生が話しているところは何度も既読済、先生が教科書に載っていないことを話した時にだけその内容を該当ページになぐり書きします。まとめたノートを作るのは試験前日だけ、テスト範囲の内容を再確認するだけです。この方法ですとテスト前に1〜2時間勉強するだけで済みます。
    高2までは気の向いた時だけ(主に数学だけ)しか家で勉強しなかったのですが理社の予習復習は授業中に済ませていたので得点源でした。某予備校のように高速授業だったならそんなことはできませんが地方の公立高校だったので授業中に先取り・反復学習してました。
    努力家だけどイマイチ努力が反映されていない人(特に女子)に共通するのは、ノートがきれいなこと(授業内容分しか学習できていない)、いつも勉強している(オンとオフがない)、目先のこと(学校内のテストとその範囲だけ)しか頭にない、の3点だと思います。
    これからが勝負時、頑張ってください。

    ユーザーID:1094461274

  • 試してください

    現在、入院中です。ガッツのあるお嬢さんで頼もしいです。
    センター試験では苦手教科も必須科目ですからね。
    地理は、地図を頭に入れることです。リビングに地図帳を置いて、ニュースを見ながら場所を確認してください。シリア難民は、シリアからトルコに行ったグループ、舟でヨーロッパに行ったグループがあります。地図帳を見て体感してください。3ヶ月位で頭に入ってきます。
    歴史はマンガで。息子は小学生の時読んだマンガの日本歴史シリーズがきっかけで歴史はバッチリです。流れを掴んだら、時代別にまたよいマンガがあります。小町で今、古代マンガのトピが出ていますよ。マンガなら息抜きに読んで、頭に入ります。
    生物は本物を見るのが一番かな?昆虫とか植物とか。試してくださいね。

    ユーザーID:5531084182

  • 予習と授業中

    まずは各教科、必ず予習します。
    英語数学はしっかり、他の教科はザックリでも大丈夫です。
    予習をすると授業中の内容が頭に入りやすくなります。
    番書だけではなく、先生の話(雑談、横道にそれた話)に定期テストのヒントがあります。それらももれなくメモします。
    先生が話した内容もノートに取ることで内容が暗記しやすくもなります。
    社会や生物なんかは先生が話す付属情報こそ重要です。

    出来る子は授業中に覚えてしまうんですよね。
    きっとかなりの集中力で授業を聞いてると思いますよ。
    だから試験前に慌ててやらなくて済むんです。

    ユーザーID:2610141517

  • 繰り返し勉強

    暗記は勉強にあらず。

    テレビコマーシャル、流行歌は覚えるのになぜ教科書が覚えられないのかをよく考えてみますと、コマーシャルのようにほぼ毎日繰り返し聞いているうちにその宣伝の意味がわからなくても覚えてしまいます。

    学問も似ています。とにかく毎日同じページを1回読む。これを試験の有無にかかわらず毎日実行する。

    そのうちに、問題集でしたら繰り返し解いているうちに、ページをめくる前に次のページの問題と解答があたまに浮かんでしまうようになる。理解したかどうかは別として、繰り返しているうちに 問題集・教科書1冊を全て覚えてしまって、

    「ああ・・・あれは 英語の教科書の ○○ページの上から5行目に書いてあるよ・・・」

    なんて具合になるものです。これは私の中学生時代から30代までよく経験したものです。

    さらに数年経過すると理解不十分ながら覚えてしまったことが気になり、再度さらに深く勉強したくなる。私は58歳ですが現在でも学生時代に習ったことを再度勉強しています。

    せっかく習ったことです。先生だけ知っていて自分が理解できなかったなんて損だと思いませんか。

    先生に追いつけ、追い越せ

    ユーザーID:8337339263

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧