心や体の悩み

80代母がガンになりました。

レス11
お気に入り27

風子

健康

はじめまして。

私の母(80代要介護3)が、ガンと診断されました。
本人は痛みもなく普通に生活して、異変が起きていることにも気づきませんでした。
二の腕に紫色のアザのようなものがあり、念のためと診察を受けて分かった次第です。

医師は最初から手術するつもりで話を進めています。
他に方法はないのか、例えば電気療法などと聞いても
「完全に除去できない、手術しないなら経過観察のみ」という答えです。
入院は10日間で植皮もするとのこと。
母は軽い認知症があり、医師の話は理解していますが、手術に関しては分かっているのかいないのか判断つきかねます。

母は2年前に足を骨折して2週間ほど入院しました。
それまで普通に歩いていたのに、退院後は杖歩行で時々車椅子を使用しています。

今の心配事は、入院後は本当に寝たきりになるのではないかと。
そして80代でのガンの手術が必要なのか。
(皮膚ガンなので患部を取り除けば抗がん剤は不要とのことです)

冷たい娘と言われそうですが、このまま過ごしても後数年かと思われます。
今更痛い思いをさせることなく、たとえ寿命が縮まっても穏やかに暮らせればと考える反面、完治することが約束されるなら手術しても良いかなと。

ずっと思い悩んでいます。
正解を見出すことは無理かとおもいますが、色々な意見を伺いたいと思います。
よろしくお願いします。

ユーザーID:1566259562

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 手術すれば

    皮膚癌で(内臓を切るわけじゃなくて)抗がん剤治療も必要ないなら、
    手術すればいいと思います。

    ユーザーID:5500961486

  • 他の病院へ

    行ったらどうでしょうか?
    年取ってからガンの手術したって話はききませんし。

    その上認知症なのですから、手術をしたら
    ますます悪化しそうな気がします。

    病院を変わりましょう。

    ユーザーID:0902902146

  • 私の母も80代で癌になりました。

    軽い大腸がんだったので、手術を受けたのですが
    その後、術後せん妄になり、それが治まった後も
    認知症になってしまいました。

    ですから、お年寄りの手術は慎重に考えるべきだと思います。

    ユーザーID:2494144373

  • 父親85歳

    同じく皮膚ガンです なので出てきてしまいました
     
    部位が腕でリンパに転移していないなら切除してもらいましょう
    内臓であったら寝たきりになることもご心配でしょうが
    腕なら術後に病院側も歩くことを推奨してくれると思います
    トピ主さんも面会に行ったら病室から連れ出せば良いのです

    医師が「切除すれば抗がん剤も不要」とおっしゃってるのですよね?
    ご心配なら術後にオ〇ジーボの投与をお願いしてみて下さい
    皮膚ガンに大変効き目のある「免疫療法」の薬です
    私の父親には大変有効でした 投与し続けてくれる病院に感謝感謝です

    トピ主さん 80代とざくっとお書きですが80歳越えると1,2歳の違いでも体力は雲泥の差です
    もしお母さまが80代も後半でいらっしゃるなら手術なしもアリかと思いますが
    80代に入られたばかりでしたら手術をお勧めします

    ユーザーID:5838002851

  • 素人考えですが

    放射線治療はダメなんですか。
    そりゃ外科医は切るのが仕事だから。。。
    ガンって老化でもありますが。

    ユーザーID:8300730982

  • 皮膚ガンなら

    皮膚ガンなら放置した方が大変なことになるんじゃないですか?
    私の母が皮膚ガンの手術をしましたが、安静にしたのは手術直後くらいです。
    同じ病室に皮膚ガンを長いことそのままにしてしまった方がいて、皮膚の奥までガンが浸潤してしまい、女性なのに顔の皮膚や肉を大きく取り除かないといけなくなってしまった方がいました。(命には別状ない)
    一口にガンと言っても体の内部と外部にできるのでは大違いなのでいまどのステージなのか放置したらどのような経過をたどるのか医師にもう一度確認した方がよろしいです。

    ユーザーID:1675528423

  • 父が87歳で手術しました。

    肝臓がんです。

    でも放射線とか抗がん剤とかは使用しませんでしたよ。


    他に転移も見られなかったので、手術して1週間で退院しました。

    でも2年後には小さながんの転移が見つかりましたが、そのころには年齢による他の病がもとで亡くなりました。

    国立の大きな病院でしたが、先生は手術を積極的には勧めませんでした。

    この年齢になると手術後の回復が遅くなり合併症も起きやすくなる。

    結局それがもとでチューブに繋がれることになりかねないとのこと。

    妹は医療関係者でそういう老人患者を多数看てきたので、手術には反対でした。

    結局母と私の希望で手術した次第です。

    手術後は先生も「まれに見る」回復力で退院できました。

    でもだからと言って他のご老人もそうだと言えません。

    たまたま父はそうだっただけで、やはり年齢による影響は大きいと思います。

    でも父の場合はがんは乗り越えられたけど、その後の病の後遺症と老いには勝てず「死にたい」を繰り返していました。

    同じく80代の母は「あの時、手術するよりも…」とこぼすことも。

    かえってかわいそうなことをしたと思っているのかもしれません。

    ユーザーID:9003068585

  • 独身で子供の居ない主人の伯母(80代だった)についての事

    伯母も軽い認知症で大腸癌(ステージ2)の手術をし、1か月以上の入院生活をしました
    本人は手術しないと言いましたが、医師の「スパッと切ったらいいんです」で思い直しました

    もう10年以上経ちましたが再発していません(現在90歳超え)
    毎日のように見舞いに行き、歩けるようになって一緒に散歩をしたりしたら認知症も進まず。

    入院生活ではお友達が出来、退院後の検査の時、友達を病室まで訪ね
    「あの時は楽しかったねえ」と言っていたので色々大変だった私は苦笑いです

    1年後、大腿骨を骨折し2カ月入院。
    身体能力は手術しても落ちると言われましたが、手術しないという考えは無かったです
    3、4日程は混乱したものの元通りになりました

    独り暮らしでの怪我だったので不安になったのか本人の希望で現在はグループホームに入居しています
    現在は杖か手押し車での移動。
    認知症に至っては現在は近年軽い進行がありますが、手術、入院のせいではなく加齢のせいです

    甥っ子数人しかおらずお金もない境遇の80代後半の年寄りでしたが、手術をせずにそのままにしておくという事は全く考えませんでした

    ユーザーID:7482646240

  • 皆様ありがとうございます。

    トピ主です。

    様々なご意見ありがとうございます。

    母は今日久しぶりに会ったひ孫や一緒に食べた好物の甘い物、
    そういった物に嬉しそうな笑顔が幼子のように可愛くて可愛くて。
    この笑顔を守るためにどうすれば良いのか。
    そればかりを考えています。

    どこまで浸潤しているかは切ってみなければ分からない、
    開いて全て取り除きましょうと、医師の言葉。
    医師にとっては患部を切り取れば成功なんですね。

    経験者様の言葉を胸に、次回の診察時にもう少し突き詰めて話したいと思います。

    ユーザーID:1566259562

  • タイムラグです。

    文中の「経験者様」は特定の個人ではなく、
    経験談を語っていただいた方のことです。

    失礼しました。

    ユーザーID:1566259562

  • 2度目です

    >医師にとっては患部を切り取れば成功なんですね

    トピ主さんは切除には反対だということがこの一文から強く感じられますね
    医師はこの患者さんにとって何が最善かということをキチンと考えて治療方針を立てます
    今の主治医が丁寧な説明もなしにただ「切っちゃいましょう」と言っているのなら
    病院を変えた方が良いと思いますが私は切除が最適だとの判断を下していると思います
    トピ主さんも、家族してこう考えている、ということを医師に伝え、疑問な点はどんどんお聞きになり
    充分納得されてから、 手術に同意 or 別の手段を選択 なさって下さいませ

    ユーザーID:5838002851

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧