働き者の夫と義母

レス35
(トピ主14
お気に入り67

家族・友人・人間関係

ニャン子

レス

レス数35

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それでは寒さに気をつけて。お元気で。

    レス13・14を読みました。

    >夏の繁忙期、田植え、稲の予防、稲刈りのとき以外は、しっかり夜勤明けは休むことを約束しました。
    >義母たちが体調悪いのに働いてることは、気にしないようにして、私が倒れないことを優先させます。
    >何より本業も元気に動けないと仕事にならないし、本業優先ですから。
    仕事に理解がないのは、内容に対してなので…夜勤明けに休むことは問題ないようです。

    以上の内容を読んで、かなり安心しました。

    >仕事上、離婚しても独りはもちろん、子どもがいても生活には困らないので、気持ちが離れたときには躊躇わないと思います。
    >>離れようと思えばいつでも離れられる、という余裕はあるのかもしれません。

    一番の安心材料です。

    >>自分の幸せのために、我慢し過ぎないよう線引きはしようと決意しました

    それが聞きたかったです。
    その【決意】で通してください。

    安心しました。

    自分らしくのびのびと生きて下さい。

    それではお元気で。

    ユーザーID:3955778878

  • トピ主です 14

    離れようと思えばいつでも離れられる、という余裕はあるのかもしれません。

    自己犠牲…なんでしょうかね。

    ぶつかり合うのも、いがみ合うのもめんどくさいし、今は夫や義母を責める気にも憎む気にもなれないし、私が多少我慢して済むことなら、まあいいか、っていうのが本音です。

    子どもができれば変わるかもしれません。

    それと、夏の繁忙期、田植え、稲の予防、稲刈りのとき以外は、しっかり夜勤明けは休むことを約束しました。
    義母たちが体調悪いのに働いてることは、気にしないようにして、私が倒れないことを優先させます。
    何より本業も元気に動けないと仕事にならないし、本業優先ですから。
    仕事に理解がないのは、内容に対してなので…夜勤明けに休むことは問題ないようです。

    あくまでも我慢するのは睡眠以外の遊ぶ時間ですね。
    気分転換は、通勤で好きな音楽を聴きながら運転することで済ませます。
    もともと趣味がドライブなくらい、運転は好きなので。

    こうしてまた思い付くままに書いていると、私はけっこう自己中心的な気がするんですが…

    こんな私を心を痛めるほど心配してくださって、本当に本当にありがとうございます。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • トピ主です 13

    嫁に楽させない様
    見ず知らずの私のことをここまで真剣に考えてくださって本当にありがとうございます。
    泣いてしまいそうなくらい有り難くて、感謝したいのに結果的に辛い思いをさせてしまっていることが申し訳なくて…いろいろお伝えしたいのですが、うまく言葉にできません。

    今すぐにご助言に従えませんが、貴方のおかげで、自分の幸せのために、我慢し過ぎないよう線引きはしようと決意しました。

    夫は、確かに弱くて情けないです。
    話をきくと義母は元々きつい性格だったと思われ、さらに姑や近所の年寄たちの目を気にして、かなり厳しく夫を育てたようです。
    未だに義母に逆らえず言いたいことも言わない姿を見ていると、子どものままなんだなと思います。
    この度、義母に対し『結婚前と言っていたことが違う、今回ばかりは譲らない』と私には言っていました。

    そんな夫への愛情だけが、今の結婚生活を維持しています。
    普段は私が欲しい温もりと愛情をくれているので、今のところは離れたいと思えません。
    ただ私は仕事上、離婚しても独りはもちろん、子どもがいても生活には困らないので、気持ちが離れたときには躊躇わないと思います。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 幸あれ

    もしかしたら主さんはいままでが【寂しい】人生を生きてきた人ではないでしょうか。だから、そこでのささやかな【ぬくもり】がささやかな幸せ感に感じるのかもしれません。

    正義感や慈愛感に、ご自分が納得してしまう考え方のパターンが身についてしまっているようですが

    見ている方は、どうしても自分を犠牲にしてしまう性格が見えて辛いです。

    すみません。今の生活を心からお勧めする気にはなれません。
    でも生き方は自由です。主さんの結論は結論で尊重したいと思います。

    ただ自分の娘なら離婚を勧めます。農作業の量がどうこうもありますが、それよりも、生活の中での労働時間や休める時間を制限され自分で決められないような生活はさせたくないです。24時間の中の労働が、姑さんの考えで決められ、泊り仕事明けにも休めないような生活と、それを黙認する夫さんの狡さと弱さが気になります。妻も守ってやれない主さんの夫さんは夫とは言い難い気がします。

    ということで、賛成やお勧めの感想が言えなくてごめんなさい。
    この辺りで退散します。

    お体お大事に。お元気で。

    産後だけはくれぐれも無理せず、農作業は絶対にしないように。

    ユーザーID:3955778878

  • お体お大事に。

    ただね、普通の、妻を愛する夫なら、
    夜勤明けの妻に農作業をさせようと考える母親には絶対に賛成しません。何をしても妻をかばいます。農作業はさせず、妻を休ませます。

    それが、
    一番妻を大事に思う新婚の今でさえ、夫さんは姑の考えを通し、ただ、主さんが耐えて理解を示し諦め、姑の考えに従うだけの結論に至るのは

    夫さんが、【本当には主さんを大事に思っていない】と思えて仕方がありません。

    それでも夫と姑を思いやって付いて行く主さんには、もう何も言えることがありません。

    こんないい方は失礼かもしれませんが、売られていく子牛をなすすべなく見ているような、辛い気持ちで一杯です。

    ただ、お体だけはお大事に。今は若いですが、もうすぐに年齢と共に、過労には耐えられない体になります。本当にしんどいのはそれからです。

    無理を重ねて過労を続けると知らぬ間に病気になります。

    主さんは夫さんを愛しているようですが、夫さんは本当に主さんを愛してはいないと感じます。

    ユーザーID:3955778878

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • お元気で

    ニャン子様

    主さんへのレスを書くのは、本当はとても苦しいです。50代嫁様の微妙な気持もわかります。

    50代嫁様もですが、主さんがこの先、あまりにも苦しい人生を送らないようにと(義母様の人生のように)、普段は言わない内情や実情を、ここで書かせて頂いたわけです。主さんのためを真剣に思って。

    勿論、人の人生も価値観もそれぞれで、自分が思うように生きていいのですが、主さんがあまりにも自己犠牲的な考え方をされるので戸惑います。

    正直に言いますが

    まるで洗脳されていく人を見るようで、辛いです。

    自分の娘なら、離婚を勧めます。

    辛い目に合っても、夫さんや姑さんを信じ、それどころか庇(かば)ったり愛情を与えてあげようとしています。それは立派な心根です。しかしそういう生き方は往往にして、主さんの人間性や人権を奪うような生活になりかねません。

    でも、ここまで言っても、おそらく主さんは、「私は大丈夫です。夫と姑も大変なんですから」とずっと突き進むでしょうね。

    誰が何と言っても自分の考えを曲げないでしょう。農家に同居した決断もそうだったのでは?だから、どういう結果になっても納得するのみです。

    ユーザーID:3955778878

  • トピ主です 12

    続きです。

    農作業をするのは、身体は楽にないですが、気分は癒されます。
    夫と一緒にするのは楽しいです。

    夫と義母と笑い合って過ごしていると、幸せを感じます。

    しんどくて、辛いことばかりではないのです。
    今まで独りで過ごしていたときにはない幸せが、義母も一緒にいることで感じることも、あるんです。

    一度受け入れて始めた生活を、簡単に投げ出して逃げることは、できません。
    今後、どうしようもなくなって、別れを選択するしかなくなったとしても、後悔のないように、夫とも義母ともしっかりと話をして、できる限りのことは、していきたいと思います。

    こうして前向きに考えられるのも、夫や義母と話をしたからでもありますが、農家の意識、あり方をこちらで教えていただいて納得できたことが大きいです。

    同居の厳しさを胸に置いて、自分の幸せを見失わないよう、頑張っていきたいと思います。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • トピ主です 11

    嫁に楽させない様
    再度、ありがとうございます。

    『人生も幸せも自分がどう思うか』
    私もそう思っています。

    前回の返信時には、まだ整理しきれておらず、とても自虐的なことを書いてしまいましたが、今は、自分だけが我慢し、犠牲になるとは思っていません。

    義母と2人で話しているときにこう言われました。
    『1年過ごして違うと思うなら、〇〇(私の旧姓)に戻っても良いよ。
    私は、自分がしたいことを全て捨ててきた。
    誰にも真似できないくらい精一杯やってきたから、後悔は無いけど、とっても辛かったから、そんな思いをさせたくない。』

    『私の人生ではない』
    これは、義母が思ってきたことです。
    義母は親の決めた見合いで嫁ぎ、親を泣かせたくない一心で、子供が産まれてからは子供を守るために、姑からの酷い仕打ちに耐え戦ってきたのだと思います。

    そんな義母に、これからは楽しく過ごして欲しいとも思うのです。

    私は、夫を好きになり、義母のことも好きになり、望んでこの生活に入りました。
    本当の農家を知らず、自ら知ろうともせずに受け身で甘えていたために、今回のようなことになりました。

    続きます。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • トピ主です 10

    順番をかえて、返信いたします。

    50代嫁様
    不快な思いをさせてしまって、申し訳ありませんん。
    せっかく私の書き込みに目を通して、励ましの言葉をかけてくださったのに、私の方こそ気遣いの足らない返信をしてしまいました。

    内容をしっかりと理解する前に、『女』や『施し』等の言葉に引っ掛かってしまって。

    そうですね、義母を上司だと思えば、おっしゃる通りかもしれません。

    誰にも相談できず、苦しい思いをおさえきれずに、ここに書き込みをしたため、とにかく慰めて欲しい気持ちもあり、被害者的な書き方になりました。

    ですが、辛いのは義母も同じです。
    同じ家で暮らす、家族なんです。

    人権意識ではなく、問題は、徹底的な価値観の違いだと今は思っています。

    義母は義母なりに、私を思い、大切にしてくれています。
    私はそれを施しとは思えませんし、その気持ちを無下にはできません。

    それに、封建的で時代錯誤なことだとしても、年長者に従い敬う気持ちも忘れたくはないのです。

    答えになっていないかもしれませんが、ご理解ください。

    私のいたらない言葉で嫌な思いをさせて、本当にすみませんでした。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • お返事します

    あなたの文章を読むと、

    >私なりにがんばってきたことが否定されたようで…
    >義母は好き嫌いが激しくて……怖くて作れません。
    >それを許されているだけありがたい…
    >なぜ月に3日で普段のことが帳消しされて「遊んでばかりいる」になるんでしょうね。
    >厳しく激しい気性の義母…
    >そんな夫を見てるのがつらい

    私にはどう読んでも、封建的な旧社会しか思い浮かびませんでした。
    私自身が大卒後、就職難で零細家内工業で働き、
    就業規則もちゃんと守られない過酷な状況の経験から、
    人権意識がないのだ、と書きました。
    でもあなたはどうやらそうでもなさそうですね。
    そこまで姑を庇えるのなら、
    あなたこそ、
    上記のような書き方はもっと考えてください。
    自分が被害者のような同情を誘う書き方はやめてください。
    自分とダブって可哀相と思ったけど、
    嵌められたような不快感です。

    ユーザーID:1549352022

  • 結局はお金の問題。無理せず犠牲にならず。 状況次第で離婚も。

    生き方は人それぞれなので、主さんが思うように生きればよいと思う。
    人生も幸せも自分がどう思うかですから。

    でも、いつか
    これは違う。これは私の人生ではない。

    そう思ったら
    私のレスを思い出してください。

    農家で、結婚と共に完全同居した女性は、(大分前ですが)たった一人だけ知っています。数年後離婚しました。

    また、敷地内同居や別棟で住んだ人は何人も知っています。(時代的には今の親世代ですが。)その人たちも、何人も、子供ができる前に離婚しています。

    中には、1軒の農家の長男・次男・3男全員が離婚した家もあります。原因はやはり「働け」という嫁への姑の強制攻撃です。中にはある日飛び出してそのまま帰ってこなかったお嫁さんもいる。聞こえてくるのは「姑が憎い」という言葉。

    夫を信じて結婚してきた若い嫁に対して容赦ない「働け攻撃」で、心を病む。

    勿論、うまくいっている家もある。しかし、そういう家は、嫁は農作業していない。というより、嫁は自衛で、一切、田畑に出ない。姑と戦う。農家の若奥さんで、普段農作業をする人は(私は)一人も見たことがない。死ぬまで、一切、田畑に足を踏み入れない人もいる。

    ユーザーID:3955778878

  • トピ主です 9

    嫁に楽させない様
    私の立場に立った親身なお言葉をありがとうございます。

    本当に頷ける納得できる内容でした。
    しかし、先ほどのレスにも書きました通り、別居=離婚になると思います。

    あれから夫や義母とも話し合ったりしまして…

    けっきょく、私が理解して受け入れ、その中で息抜きをする方法を見付けるしかないものと思います。
    『農家だから仕方ない』のです。
    仕事は尽きないほどあることも確かですし。

    まだ納得できてない部分はありますが、私が仕事に出なければ家計は苦しいというかやっていけませんし、私の仕事についての理解は得られないことも分かりました。

    仕方がない、本当にそれだけです。

    精一杯して、できないところは、ごめんなさい、と言うしかないですから。

    未熟者ですから、農家でない他の家庭と比べてしまって辛かったりしますが、それぞれの家庭にそれぞれのやり方があるものなんですよね。

    幸い、精神的にも身体的にも丈夫な方なので、そうそう壊れはしないと思います。

    改めて、農家の現状を教えてくださって、ありがとうございました。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • トピ主です 8

    間が空いてしまって、すみません。

    さくらんぼ様
    別居は考えられません。
    農地の管理をしているのは夫ですし、義母に独りで暮らしてもらうことも、考えられません。
    別居するときは、私が独りで離れるということになると思います。

    米百俵様
    そうですね、その普通が理解できてなかったのです。
    私の農家に対する理解が足りていませんでした。

    50代嫁様
    私は義母に対して、そのようには思えません。
    言葉を頂いておいて失礼ですが、もう少し言葉を選んで頂けると有り難いです。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 家の中で誰が働くか〜誰がしんどいか〜のせめぎあい。 4

    こんな穿った考えは失礼かもしれないけど、何が何でも最初から同居するために「母は姑で苦労したから嫁には苦労させない〜」というような、結婚前の同居誘導ゼリフを主さんに言ったのではないでしょうか。お見合で「結婚しても農作業はしなくていい」と仲人さんに嘘を言って誘導するのと同じ感じです。もしかしたら主さんのケースも、義母さんは、そんなことは言ってなかったかもしれません。

    今、夫さんが義母さんにビシッと言えない様子からして、裏(姑と夫)で、同居に向けて何か考えた(画策した)かも。普通なら、そんな反故にするようなことを母親が言えば、「言うことが違うじゃないか。そんなこと言うなら別居も考える」と夫が強い態度で出るでしょう。「直接何かあっても僕は君の味方だよ」だけでは・・・。

    姑・夫ぐるみで、なんとしてでも恋愛で(お見合なら無理だから)嫁を同居にこぎつけ、そして徐々に農作業をさせる〜という最初からの計画だったのではないでしょうか。経済面で必要があり、労働力が必要なので、一般的には、そういう傾向はありがち。

    主さんが考えている農家と現実の農家は大分違うかも。期待せず、離れた場所の別居を勧めます。

    ユーザーID:3955778878

  • 家の中で誰が働くか〜誰がしんどいか〜のせめぎあい。3

    主さんが泊り明けに、農作業を手伝わずに昼間家にいること。土日に休みがあり、家にいること。それが姑さんには「嫁が遊ぶこと」です。その間、姑と夫さんは労働している訳ですから「年寄りと休み返上で旦那が働いているというのに、嫁が安気(あんき)に家で遊んでいる」と、不満なんです。これは話し合いなどではどうにもならない。嫁への不満は、今後ますます増大する。

    主さんの夫さんは、残念ながら、こういう問題を解決できないタイプに見える。
    もしかしたら母親に騙されたか、姑&夫ぐるみの、結婚前からの計画かも。

    きっと、夫が優柔不断(のふり?)・義母寄りで、主さんが苦しむ。農家の長男はそういうケースが多い。

    あまり、良い人・好い嫁になってはだめですよ。甘く見ない方がいい。
    揉め事の傷が浅いうちに、【早く別居】したほうがお互いのため。

    お義母さんの場合、義父も他界。農家の年金は少ないから、老後の義母の生活のためには、経済的に、息子夫婦と同居して米をつくり、1年中、たくさん野菜を植えて収入を得るしかないのでしょう。耕作はやめられない。姑が高齢で弱るにつれ、主さんがその労働を背負い義母に変わる事が求められる。

    ユーザーID:3955778878

  • 家の中で誰が働くか〜誰がしんどいか〜のせめぎあい。2

    農家は筋金入りの働きぶりと労働観。きっと主さんは姑さんの今後の「働け攻撃」に悩まされると思う。

    実際に、仕事がたくさんあるので。前日が泊りの仕事でも関係ない。知人の農家では、隔日の徹夜泊りで仕事する息子が、翌日の日中に寝ているのを見て、母親(姑)が「遊んで働かない」と言って起こし、農作業をさせていた。

    話合いなどでは解決できない根深い考え方の違いがある。主さんも体を壊さないように気を付けて。

    農家では仕事が延々とあり、家族はいつも仕事に追われている。野菜の収穫期には、朝から収穫し、夜に夜なべで出荷準備。よく早朝に出荷〜を繰り返す。誰かが休んで楽していると忙しい人から不満が出る。若い嫁が家で何もしないでいると、義親から文句が出る。

    話合いができないと思ったら、早く別居しよう。姑の感情や気持ちもエスカレートする【嫁は農作業して働いて当たり前。いい若い者が家でぶらぶらしているなんて】と。

    義母さんがいう「遊ぶ」は、外出して街ブラとか買い物とか、友人とおしゃべりとかいうようなものではなく「外で仕事せずに家にいること」を指す。家にじっといること自体が農家では「遊んでいる」とみなされる。

    ユーザーID:3955778878

  • 家の中で誰が働くか〜誰がしんどいか〜のせめぎあい。1

    ニャンコ子さんは、思いやりがあるいい方のようですが、この件は一筋縄ではいかないかも。

    農家では昔から、多くの姑・舅が「農作業労働」を嫁に強制。嫁と揉めにもめる。離婚・別居・絶交・嫁が家を飛び出す・嫁が完全無視などある。また、昔は農作業で体を酷使した嫁が身体を壊し離婚で実家に帰戻るとか、産後無理して体を壊すなどがあった。

    同居でなくても、とにかく「働け」「手伝え」と言われるので、農家の長男にはなかなか縁が・・・・。
    だから結婚前には「結婚しても農作業はしなくて良い」と仲人さんを通じて約束するが、結婚すると、又は子供ができると当たり前のように「農家なんだから嫁が農作業をするのは当たり前。年寄りが難儀して働いているのに、よく何もせずに遊んでいられるな」と、仕事をさせようとする家が多い。その頃に、離婚や別居や様々な揉め事・確執が起こる。

    田舎の人はそういうことをよく知っていて、農家の同居結婚をする人は滅多にいない。別居でも難しい。内情を知らない街・都会の人や、主さんのように理解がある人が恋愛で農家で同居や近居をし、内情に直面して驚くんでしょうね。知っている人は自衛して絶対に同居はしない。

    ユーザーID:3955778878

  • そういうのは働き者とは言わない

    マイペースで動いてるだけです。
    加えて、人権意識の低い女です。
    夫がいないから余計に勝手気ままに動けるのです。
    適当に息抜きするコツも知ってるから休みなく動いているだけです。
    息抜きしないと続くわけない。
    トピ主さんはそれに振り回されてるだけです。

    そういう人から施しを受けてはいけません。
    ますますのし上がり、人を怠け者呼ばわりします。
    せめて自分のお弁当くらいは自分で作りましょう。
    そこに姑ではない自分のペースをつかんでいくのです。

    「お母さんは一日中バタバタしていたいタイプ、
    私は就業時間と休み時間を区別するタイプ、違いはそれだけです」

    と言い返しましょう。

    ユーザーID:1549352022

  • 農家は基本休みなし

    休むのは運動会や冠婚葬祭くらいです。雨が降っても何かをしてますね。働き者でも何でもありません。それが普通なんですよ。

    ユーザーID:6238083501

  • トピ主です 7

    wit様
    それだけは、ありません。

    どうお伝えして良いかわかりませんが…

    夫は私ができることを精一杯していることを認めてくれていますし、労ってさえくれます。

    義母から言われたことが自分の思いと違うからこそ、義母が納得するようにしなければならない、でもそれを私に求めることはできない、と、苦しんでいました。

    夫には『もし直接なにかあっても、自分はニャン子の味方だから』とも言われました。
    その言葉は有り難いですが、そんな風に言わなければいけない状況は、望んでいないのです。

    今はたった3人の家族です。
    時間がかかっても、折り合いをつけてそれぞれが自分なりに、できることならバラバラにはならずに、過ごせる家を私は作りたいと思います。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 仕事場との中間地点に別居

    同居は不満も出るのは当たり前です。
    別居しか選択肢は無いよ。

    旦那様が頼りないのは致命傷ですね。

    ユーザーID:9781372447

  • 本当に義母が言ったの?

    ご主人が、自分の感情を人のせいにしたってことはないの?

    ユーザーID:5655356170

  • トピ主です 6

    numero様
    ありがとうございます。
    やはり夜勤のリズムはなかなか理解しがたいかもしれませんね。

    明治生まれの方の時代には、嫁は労働力であり、新たな働き手を産み育てるという役目も負わされ、話をきくよりも大変で辛いものだったのだと思います。
    そういう風に過ごされた方がいて、引き継がれた農地であり家であることも、事実なんですよね。

    どんなに利益が出なくても、負担があっても、できる限りには、農地は農地として維持していきたいというのが、夫と私の思いです。
    まだ私にはできることは少ないし、覚悟が足りずに、こんな書き込みをすることにもなりましたが、この思いは変わりません。
    昔からのやり方を引き継ぐのではなく、誰か一人に負担がかかることなく、働ける方法を考えていきたいと思います。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 冷静に考えると

    父方の祖母がとても似たような感じで、明治生まれなので生きていたらもう百歳は越えているのですが、
    生涯に7人の子を産み、出産後、2日後には畑に出ていたと聞きました。
    でも、冷静に考えると、これって異常ですよね。
    どう考えても強迫神経症だと思うんですよ、自分が大人になってから考えてみると。

    まわりもおかしいですよね。産後の彼女の体を心配する人や止める人がいなかったのかと
    すごく奇妙に思えてきます。
    トピ主さんは夜勤があるお仕事までされていて、さらにそれを批難されるいわれはないと思いますよ。
    姑さんはただたんに「自分と同じような働き方をしない」というところに不満を持っているんだと思います。おかしな話です。

    ユーザーID:0928735039

  • トピ主です 5

    kotori様
    2回目のメッセージをありがとうございます。

    本当に、その通りです。
    私がこうして匿名のネットを利用して吐き出しているのも、知り合いに話せば、『そうなると思ってた』と言われそうだからですね。

    結婚する前から義母と何度も会って話す中で、『この人となら上手くやっていけるかもしれない』と思っていたのです。
    私の考えが甘かったことを痛感しています。
    息子である夫すら、今の義母の状態は信じられないようなので、義母自身、自分の考えや思いの変化は予想外なのかもしれません。

    夫は義母から、『板挟みにはしない』とはっきり言われていて、それなのに今のこれはどういうことだと腹を立て、更に、ストレス性の蕁麻疹に悩まされるような状態です。
    厳しく激しい気性の義母には、昔から逆らえず言いたいことも言えなかったようで…
    そんな夫を見ているのも辛いし、それもこれも、私がいたらないからだと思うと堪らなくて。

    ここで、姑とはそういうものなんだと言っていただけて、遊ぶことを考えても良いと言ってもらえて、本当に有り難いと思います。
    実際の行動をどうするかは、これから考えますが、気持ちは楽になりました。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 2回目です。


    中年の女性は、その場で適当な事を言うの。
    その言葉が本当なら、息子に甘えてるんだと思います。

    本来なら、お姑さんの話し相手は舅なのに、いない。
    そのあたりで、息子に甘えた事言ってしまったの。

    それに自分の悪口を聞いたとして、何がいけないのか。
    言うでしょ。主さんだってこうしてネットで言っている。
    そうやってガス抜きするのが、未熟な人間の業なんだと思いますよ。

    私も、時々姑の悪口を聞きます。(私に対するね)
    でも、「あら、お互い様ですから、ははは。」
    で終わりです。

    主さんのお姑さんは、立派で尊敬する人?
    そこが勘違いだった。
    最初からハードルを上げてしまったんです。
    普通のおばちゃんだったのよ。

    ユーザーID:0980715926

  • トピ主です 4

    miyunyanko様
    普段からよく文句を言われているのでしたら、そう思えるのですが…
    本当にいつもは、私を気遣う優しい義母なのです。
    自分が姑で苦労し、家のことも農業のことも1人でやっていた時期もあり、義父が他界したことで更に苦労していて。
    自分にも息子にも厳しいですが、私から見て、曲がったことや間違ったことをしていない、尊敬できる人です。
    そう思ってきたからこそ、今回の言葉が信じられなくて辛かったです。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • トピ主です 3

    野口様
    同じような方がいるなんて、心強いような嬉しいような気持ちです。
    そうなんですよ、体調が悪いのに、急ぎの仕事がなくても働いていることが不思議です。
    自分の仕事が休みの日くらい料理もした方が良いかと思いつつ、義母も好き嫌いがとても激しくて…私が食べなくても気にしないでとは言われているのですが、怖くて作れません。それを許されているので、まだ有り難いです。
    なぜ月に3日で、普段のことが帳消しにされて『遊んでばかりいる』になるのでしょうね。
    私が今回言われたのは、夫が仕事で街に出るので、車での送迎のついでに義母も一緒に買い物に出掛けませんか、と誘ったことが原因でした。
    稲刈りが終わったところで、夫も不在で機械の片付けは出来ないし、と私なりに考えたうえだったのですが、まだ機械の片付けも済んでいないのに、ということだったのかもしれません。
    それでも、自分が遊びたいというよりは義母も出掛けたいと言っていたから、という気持ちからだったので、なおさら堪えました。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • トピ主です 2

    ももん様
    私の実家は都会ではないのですが、農家ではないせいか、母ともよく遊びに行っていまして。
    義母の働きようにとても驚きました。
    義母も私が来たことに感謝していると、よく言ってくれます。
    やはり一緒に暮らしていると、いろいろ言いたくなるのかもしれないですね。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • トピ主です

    たくさんのエールをありがとうございます。
    励まされ、少し心が軽くなりました。

    らすは様
    今までの生活習慣が違うから仕方ないと割り切ることが出来たら、楽になりますよね。
    家族なのだから、働き方の価値観も合わせなければ、と思い込んでいました。
    価値観の違いも長い時間をかけて、互いに諦め、できれば認め合えるようになれたら良いなと思います。

    kotori様
    義母は自分が嫁に来て、姑から酷い仕打ちを受けて苦労してきたので、私には決して同じ思いをさせまいと気を遣ってくれています。
    嫁同士、女同士の『同士』なのだから、と親戚や近所の方に対しても私を『息子の妻』と紹介しても『嫁』とは言いませんし、何かをしろとかしないとか言われたり人に言っていることもないです。
    むしろ、夜勤明けには『寝なさいよ』と言ってくれるくらいなので…だからこそ、夫からきいた言葉がショックだったんです。
    後から話していると、どうも持病で体調が悪く、そのせいもあったようです。
    これからもっとあると覚悟した方がいいでしょうか。

    ユーザーID:7494436558

  • トピ主のコメント(14件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧