古典が好きな方

レス17
(トピ主1
お気に入り18

趣味・教育・教養

ダージリン

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 好きです

    平家物語を読んでいます。 その日の気分で開いた所を眺めてます。 同じ日本語かな…と、なかなか進みません。 落窪物語と雨月物語もすきです。

    ユーザーID:8343151698

  • 「徒然草」

    ちゃんと読むと、これが日本人の道徳的美意識の根幹であることがわかると思います。
    一度は通しで読んでおくことをおすすめします。

    ・「伊勢物語」
    「源氏物語」もその他の物語も、源流はこれです。これを読まずに古典は語れません。

    ・「紫式部日記」 
    「源氏物語」が書かれたときの宮中の様子がわかって興味深いです。

    ・「平家物語」や「大鏡」などは読むのもたいへんかもしれませんが時代を知るには大切だと思います。

    ・「今昔物語」
    日本人の宗教観、死生観はここから流れていると思います。

    「源氏物語」の最大の魅力は文章です。いつか原文で読めるといいですね。
    原文を読む練習としては「土佐日記」「竹取物語」などをおすすめします。

    原文の「源氏物語」は、岩波の文庫版が傍注で主語を補っているとう謎仕様で台無しです。なら訳でいいじゃんと。
    「新日本古典文学大系」に入っている方をおすすめします。注も多く、解説も勉強になります。

    注の多さで言うと岩波文庫の「平家物語」は左ページすべてが注だという割り切りぶりで詳しいです。おすすめです。

    ユーザーID:0552294175

  • 伊勢物語

    平安時代前期に書かれた伊勢物語は、源氏物語と並んで日本古典の貴種流離譚として有名です。源氏物語は、伊勢物語の影響をかなり受けているとも言われ、物語中にも伊勢物語が登場します。

    伊勢物語のモデルと言われる在原業平は、源氏のモデルの1人とも考えられています。どちらも高貴な血筋でありながら不遇にあったり、入内予定の藤原の姫と恋仲になったり。伊勢物語では都を追われて東国をさすらいます。

    また伊勢物語に登場する和歌は有名なものも多く、さらに能の題材になっている段もあり、非常に興味深い作品です。

    ユーザーID:5640290011

  • 読みやすく且つ面白い

    今昔物語は短編で読みやすいと思います
    歴史作家も題材をとっています
    時代が下り上田秋成も面白いものです
    彼の妻が出家した際コレンと名付けます 其の訳を秋成が聞けば
    あなたが常に私を呼ぶ際これこれと呼ぶので其れを名としたなどと
    面白い話もあります

    ユーザーID:6007046721

  • 私も古典好きです

    瀬戸内寂聴さんは好きな作家なので、現代語訳を私も読みました。
    与謝野晶子さんの訳も良いですよ。

    私は原文の言葉の響きが好きなので、原文でも読みました。
    現代語訳の後に原文も読んでみることもお薦めします。

    トピ主さんが言われる古典がどの時代を言われているのかわかりませんが、井原西鶴も面白いですよ。(日本永代蔵など)
    平安時代なら「枕草子」ですね。

    秋の夜長、読書を楽しんでくださいね。

    トピ読んで、私も古典読みたくなりました。図書館に行ってこようかな。

    ユーザーID:7980312577

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私も好きです

    国文学科卒の40代主婦です。

    中学生の子供が古典を勉強するようになり、私も久しぶりに『徒然草』『方丈記』『平家物語』等を手に取りました。品詞分解などはすっかり忘れてしまっていましたが、当時暗誦したことを懐かしく思い出しました。中世の作品ですが、現代にも通じる教訓が沢山あります。

    『とはずがたり』『更級日記』も好きでした。最近は図書館の古典文学コーナーが大好きになりました。大人になってから読むと、また違った印象にもなり、楽しいものです。

    ユーザーID:0358491057

  • 古典といえば説話集

    わたしにとって、古典といえば説話集です。
    古語辞典をひきながら、原文を読みます。

    今昔物語集
    宇治拾遺物語
    古今著聞集

    これらは日本三大説話集と称されています。
    平安びとの不安や喜び、おかしみに触れることが出来ますよ。

    ユーザーID:8681707080

  • 枕草子

    田辺聖子さんのモノはとっても読みやすいです。
    枕草子がベースの小説、って感じです。

    田辺聖子さんは源氏物語も書いてます。
    読み比べるのも面白いですよ。

    あとは、古事記と方丈記も大好きです。

    ユーザーID:4456140399

  • 文庫でシュールな絵のシリーズ

    どこの文庫が失念してすみません(いろいろなあるいみ古典と言われる文学を現代語訳にしている文庫です)
    ベージュの背表紙にシュールな絵が描いてある文庫なんですが……。
    その中で「堤中納言物語」(虫愛ずる姫君)、「梁塵秘抄」が面白かったです。
    虫愛ずる姫君の話って、こんなんだったんだ〜って思いました(だいたい皆さん、「毛虫が好きな姫君がいた。毛虫集めてた」くらいしか覚えていませんよね?ですよね?)。
    私が面白いと思った鉄板は「徒然草」ですが……。

    アレンジものとしては、やはり夢枕獏さんの「陰陽師」シリーズです(上記の虫愛ずる姫様もレギュラーです)
    落窪物語といえば、最近書店でやっぱりアレンジものだと思うのですが今時の絵になっている文庫があったな……。

    ユーザーID:7979360498

  • ポー

    学生の頃に読んだ『モルグ街の殺人』や『黒猫』が好きだった。最近読み直して、『盗まれた手紙』も面白かった。、『盗まれた手紙』は殺人などの悲惨な話は出てこないが、ミステリー小説になっている。

    ユーザーID:4687444732

  • 皆様ありがとうございます。

    色々とご紹介して頂きましてありがとうございました。

    皆さん詳しくてとても参考になりました。

    私も遅ればせながら・・これからじっくりと読み進めていく予定です。

    ユーザーID:9885209249

  • 今は昔

    高校生の頃、谷崎源氏に挑戦。
    なんとか読んでは見たものの、深くは味わえず。
    娘が高校生の頃、おそらくコミックの影響で源氏物語を読みたいというので、瀬戸内源氏を購入。娘より私が夢中で読みました。
    あれからン十年、再び瀬戸内源氏を読み返していることを友人に話したところ、お手持ちの円地源氏を貸してくださり、まさしく、いま、読書中。
    まあ、ずいぶんと訳によって味わいが違うなあと感じているところです。
    円地文子ならではの、情念とか風雅さが素晴らしいです。
    で、派生して、やはり伊勢物語とか説話集が気になりだし、池澤夏樹個人編集の「日本文学全集」の中から「日本霊異記・今昔物語・宇治拾遺物語・発心集」を、併読しています。
    好みは分かれるかもしれませんが、宇治拾遺集の町田康訳がもう絶妙です。もともと町田康のファンだったので、たまりません。
    「源氏物語」「平家物語」「竹取物語・伊勢物語・堤中納言物語・土佐物語・更科日記」も今後、それぞれ素敵な現代作家さんの訳で発刊されるようで、いまから楽しみにしているところです。

    ユーザーID:1308136463

  • 密虫さんへ

    光文社の「古典新訳文庫」ですね。面白いですよね、あれ。
    数年前に『カラマーゾフの兄弟』がヒットしたシリーズ。

    もともと現代語で書かれているものの新訳が中心ですが、おっしゃるとおり古語の現代語訳の新訳も少ないながら出ていて、それぞれに異彩を放っていて私も大好きです。

    おなじみの作品ぞろいなので、翻訳者や評論家による解説がまた面白い。
    書店で、この文庫のトークショーなんかもときどきやってるので、のぞいてみたりしてます。

    ユーザーID:2812348848

  • 落窪物語

    日本版シンデレラって言われてます。
    源氏よりずっと短いし、下世話ですがワクワクします。

    ユーザーID:2599634468

  • すみません、みかんさんへ

    小学校2年の時にマンガで読んだのが最初ですが、最古の継子いじめ物語と知ったのはずっとあとです。 ハーレクインの要素もあり娯楽小説の王道いっていますよね。

    ユーザーID:8343151698

  • わぁ、読みたい

    大鏡、平家物語、源氏物語。大好きです。万葉集、古今集、ほか数々の和歌集も好きです。百人一首も学生時代の畳上のバトルを思い出し脳内と両手の血が騒ぎます。
    歌人では西行法師イチ押しです。読み人知らずの歌にはとても惹かれるものがあります。春の山里から眺める深山の山桜と、美しい鎧兜に弓をたばさみ駿馬の傍らに立つ武者と、出家の旅姿。これが私の古典のイメージです。

    ユーザーID:8262094516

  • 枕草子は現代的で面白い

    『枕草子』は清少納言の現代にも通じる感性に溢れていてとても面白いですよ。
    例えば「滅多にないもの」として「舅に褒められる婿、姑に大切に思われる嫁」というのにはウケました。
    人間って平安の昔から変わらない。

    ユーザーID:3671054278

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧