斜視の娘

レス16
(トピ主2
お気に入り39

心や体の悩み

ひつじ

小6の娘、赤ちゃんの頃から両眼が外斜視です。
毎年、学校の検診の後に眼科に行き様子を見てます。
元々視力も悪く一年生の頃からメガネをしてます。
いずれは手術と思ってますが、外斜視は治りづらいとか、失明などが怖くて行動に出せずにいます。
経験のある方はいますか?

ユーザーID:6075370741

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 病院を変えてみたら?

    息子も(気がついたのが)2才の時から、
    他人がひと目で分るような斜視、そして視力検査をしたら強い遠視でした。

    息子の場合、体が出来上がってない子供のうちのが治り易いと聞かされて、
    すぐに近くの病院(総合病院)で治療をうけさせました。

    治療といっても、月に1・2度、視力を計った後、機械を使った簡単なトレーニングと、
    医師の指示で「アイパッチ(片目をふさぐ絆創膏)」を毎日つけて過ごすことです。
    目の筋肉を正常に戻す訓練ですね。
    アイパッチをしていた時期は1年間くらいだったでしょうか。

    後は定期健診と、治療用の度数の眼鏡を何度か作り変えたくらいかな。

    息子は小学校高学年で、眼鏡をしてれば斜視はでなくなり、
    高校生で、裸眼でも斜視にならなくなりました。
    大学生からは、視力(遠視)もよくなったみたいで、眼鏡なしで過ごしてます。

    トピ主の娘さんは、学校の検診で斜視と判断され、病院にいっても様子見なんですよね。
    軽い斜視だから放置しててもいいと診断されてるのか、
    トレーニングはしてない病院なのか。

    2才と小6とでは参考にならないかもしれませんが、
    トレーニングで直せるといいですね。

    ユーザーID:6387159642

  • なぜ早く手を…

    私も遺伝性の間歇性斜視です。すなわち生まれつきです。
    斜視は幼児期こそ治療が有効で改善され易い…事くらいご存知ですよね?
    なぜ自分の子供が斜視とわかっていて、なんで他人であるあなたが勝手に悩んで治療を放置してるのですか。
    ママが手術こわいから?一生コンプレックスになるのに??視力だって普通じゃなくなるのに???
    あなたのお子さんと同じ立場の人間として、理解に苦しいしまた腹立たしくあります。

    そういう私は中2になるまで自分が“斜視”と知りませんでした。
    一番に気づくだろう母親自身が斜視で、母が“自分が斜視。それに遺伝性がある”という事を全く知らずにいたから、の放置です。

    母親は子供を分身のように思っているようですが、こういった場合それはただのエゴでしかないと思います。
    小さなうちに気づいてたのに放置だなんて、将来恨まれても仕方ないですよ。

    最後に。斜視の定義間違ってるように感じました。お子さんの症状と文献などを鑑みてください。
    早く治療受けさせてあげてください。本当に。

    ユーザーID:3595363368

  • テリー伊藤さん

    自分の経験でなくてすみません。

    以前に、テリー伊藤さんが言っていたことが
    印象にあったので。。

    「ずっと手術をすることから
     逃げていたけど、いざ手術をしたら
     なんでもっと早くしなかったんだろう」

    というようなことをおっしゃっていたように
    思います。

    ユーザーID:6413224390

  • 20年以上前ですが

    うちの場合も娘でしたが、片目だけ外斜視でした。
    大学病院の眼科で診てもらい、小学校に入学してから手術をした方が良いと
    言われていました。その後他県に転居しましたが、その県のやはり大学病院で
    小学生低学年のうちに手術しました。

    万が一という危険はあるかも知れませんが、それほど心配はしていませんでした。
    私の理解では目を吊っている上下6本だかの腱(?)の力のバランスがよくないので
    バランスが取れるように位置を変えてあげるのが手術だったように思います。

    結果は良好で、普段はまったく気にならない状態になりました。眼球を一番端まで
    動かすと少し斜視っぽい感じになってしまいますが、そういう時は首ごと回すように
    することで回避できますので。

    手術の時、完全看護なので家族が泊まれなくて、一人で初めてのお泊りが病院
    になってしまったその娘も今やアラサー世代です。思いきって手術してよかった
    と今も思います。

    ユーザーID:8314152409

  • 手術しました。

    トピ主さんこんにちは。
    私は子どもの頃に外斜視と内斜視で
    両目を一度で手術しました。
    大学病院の眼科に紹介状を書いてもらって
    検査したところ、自然に直る斜視の角度ではないので
    手術適応ですと判断され、
    夏休みに入院して手術しましたよ。
    ちゃんと手術前に色々な検査をしますので、
    街のかかりつけの眼科の先生と相談されて
    医療連携もあると思うので、もし手術をされるなら
    小学校のうちがいいと思います。

    お子さんの目、よくなるといいですね。

    ユーザーID:5549036145

  • 手術しました。

    斜視で問題になるのは両眼視機能ですが、今まで検査や訓練はしてきたのでしょうか。赤ちゃんの時から斜視がわかっていたのに斜視矯正や訓練していなかったとしたら、残念です。

    両眼視の訓練を受けてなければ、手術してもまた戻りやすいそうです。

    手術は眼球の外側の筋肉の手術です。失明のリスクはほとんどないです。
    うちは小学校に入ってから手術しました。見た目はわかりませんが、検査では戻りぎみだそうです。でも手術後は物が見えやすくなったと言うので手術して良かったです。

    眼科専門の病院で相談してください。普通の眼科ではなく、ちゃんとした視能訓練士がいるところです。

    ユーザーID:0585666343

  • 両眼視の訓練はしてますか?

    娘が片目外斜視、母親の私が上下斜視です。
    まだ低学年なのでもう少し体が大きくなってから手術するかどうか
    決めましょうと言うことで、両眼視の練習用のプレートでピント合わせの訓練をしています。
    ちょっとサボると、すぐ視線が飛ぶので毎日続ければそれなりに効果があるようです。
    手術は若いうちにすれば効果があるそうですが、老眼が始まる歳になると直ぐにもとに戻るそうなので、部活で忙しくなる中学進学前の今が決め時なのでは?
    目の筋肉をうまく調整できない場合は、再手術の場合もあると説明を受けていています。
    帝京大学と東京女子医大が斜視の手術では実績があるので、まずはどちらかにかかってみてはいかがでしょうか。(うちは親子共々女子医の先生にお世話になっています)

    ユーザーID:5928727286

  • 酷い親だ

    外斜視は治りづらいとか、失明などが怖くて


    それって、本人の心配事じゃなくてトピ主の心配事だよな?
    それで、本人が困るのは問題ないんだ?

    酷いね〜

    ユーザーID:6478875332

  • 片目だけだけど

    私は生まれつき、弱視による内斜視があります。
    左目だけで、右目は正常です。

    小学生のころからメガネをかけはじめ
    年に2〜3回は病院に通って検査を続けていたと思います。

    その間、視力をあげるための訓練などもやりました。
    すべての斜視がそうかは分かりませんが、
    眼球を引っ張る筋肉が弱いため斜視になるとのことで、
    その筋肉を強くするとのことでした。

    0.2程度だった視力は、中学の頃には0.7くらいになっていました。
    斜視も、疲れると強く出ましたが、
    気づかれないことも多くなりました。

    年頃になり、メガネをかけることも恥ずかしくなり、
    結局、そのままになってしまいましたが、
    現在も視力は0.7程度のままで、斜視は残っています。

    私も年頃には、斜視が気になって仕方ありませんでしたので
    できれば治してあげたいですね。

    何件か眼科を回ってみてはどうでしょうか?
    先生によって考え方も違いますし、
    何か良い方法が見つかるかもしれません。

    ユーザーID:8971493155

  • トピ主です。

    皆様、貴重なご意見を有難うございます。
    正直愕然としました。
    訓練という方法がある事を知りませんでした。

    幼稚園の頃、帝京大に行きました。その時の医師からの説明では、目を動かす筋肉は動いているので、緊急を要する状態では無い。幼少期の手術は全身麻酔の為、心配なら、部分麻酔が出来る歳まで待つ。ただし、眼球が真ん中に戻らなくなった時は即手術と言われ、年に一度の通院をしていました。小学校に上がり、学校検診とその後の眼科受診で大丈夫と言われました。眼科の医師にも毎回相談はしていましたが、今まで訓練の話を聞いた事がありません。
    知り合いで斜視の子が2人いました。どちらも手術しました。小4の時、中3の時。どちらのお母様にも伺いましたが、本人の希望との事でした。なので、私もそれまで待つつもりでした。出来れば部分麻酔が良いので。
    でも、皆様の意見を伺い、もう遅いかもしれませんが、別の病院を探したいと思います。有難うございました。

    ユーザーID:6075370741

  • いずれは手術もっていう事は

    医師からも、手術はした方がいいと言われているのですか。
    だとすれば、子供の斜視は対応が早いほど、改善の見込みもあるのでは?複視になったりしてませんか?

    息子はかんけつ性外斜視です。
    6歳のころから、両眼視にちょっと問題が出てきたので、特にずれの大きい方の目を、入学前に手術しましたよ。かんけつ性は「手術での改善は7割程度と思ってくださいと」言われましたが、見た目も随分良くなり手術して良かったと思っています。
    1度の手術では、済まないかもしれませんが、学校の検査でも引っかかるのは結構ずれているのでは?(息子は学校では指摘されたことは有りません。)

    眼科は普通の眼科ですか?
    小児眼科、斜視外来で視能訓練士さんがいることろを受診したほうが良いですよ。
    子供は、目を寄せる筋力トレーニングを教えてもらって、毎晩行っていました。

    ユーザーID:8676379609

  • もっと早くに

    私、50歳です。

    そんな私でも幼稚園のころに3回
    斜視の手術をしました。
    子供のころの手術の方が良いですよ。

    小児眼科の有名な先生を探してください。
    私を手術してくださった先生は小児眼科では
    有名な方です。
    当時、子供の遠視を見つけ眼鏡を処方したのは、
    その先生だけです。
    お子さんのことを考えられるのなら、もっと真剣に
    探してあげてください。

    ユーザーID:0560219736

  • トピ主です。

    帝京大の医師からは、本人が気になるようなら、との話でした。ただ、筋肉が動かなくなった時は視力に関わるので手術になるとの事です。
    学校の検診では、視力で引っかかりその後眼科に行く流れです。斜視を指摘された事は無く、私が心配でその都度眼科の医師に相談してました。
    斜視の専門という事で帝京大に行きました。なので、安心してしまい、セカンドオピニオンなど考えた事もありませんでした。
    もっと情報を集めれば良かったと思います。
    今からでも出来る事はやりたいと思います。有難うございます。

    ユーザーID:6075370741

  • 今はわかりませんが

    本当の最近のことはわかりませんが少なくとも数年前までは斜視といえば帝京大でした。
    いまでも症例数はダントツだと思います。
    帝京大に通院できるような地域にお住まいでいたら結局帝京大をすすめられる気がします。
    個人病院でお子さんの斜視のオペをする病院は数えるほどしかないと思います。
    大学、総合病院でも斜視の症例数でどんなもんでしょうか?
    結構、感覚とか経験に左右される部分も多いみたいですよ。
    ただお子さんのことですし納得した治療をすすめればいいのだと思います。

    ユーザーID:3891389209

  • 5歳で手術

    娘(現在20歳)は、当時の国立小児病院(現:国立成育医療センター)で手術をしました。

    ひつじ様と同様、小さな子供に手術なんて怖い・・・と思いましたが、
    先生の話では、
    「手術内容そのものは難しいものではない。
    大人なら局所麻酔で、日帰りで済ませる程度の手術である。」とのことでした。

    また、予約が取りにくい先生(予約受付日は、コンサートチケットを入手するかの如く電話かけまくり)でしたので、
    それなりに症例数も おありだろうと思い、お任せすることにしました。

    手術・入院の費用は、県の方から補助が出ましたので、
    入院中の食費程度しか かからなかったように記憶しています。

    ちなみに、お世話になった先生は、現在 月曜午前が初診担当です。

    お嬢様、手術のご意向があるのでしたら、
    術後の経過観察などで通院することも考え、お勉強が大変でない小学生のうちに ご検討されるのも有りかと思います。

    ユーザーID:1993032587

  • 35年以上前に手術をしましたよ

    当時は麻酔の量が年齢で決まっていたので、二度目の手術で麻酔の切れが辛くて三度目は受けませんでした ただ私のは回転性斜視と当時は言われ、左目が真ん中にいるときは右目が外側に向いて、左目が疲れてくると右目が真ん中にきて、左目が外側に向くというもので、しかも角度もかなり傾いて見えていて、身体を斜めにする癖は私からするとちょうどよい角度で癖はそのせいでできたと言われ、手術後は身体の傾きはかなり緩和されました 母もとぴさんと同じように心配し、手術する先生を何年もかけて探し、なかなか決心がつかなかったみたいですが、親しい方の紹介で手術に践みきりました 今の医学はもっと進んでると思いますし、レーザー手術もあるようですから、失明の心配はないと思いますよ それをいったらどんな手術でもリスクはありますからね ただ私は大人になっても光が当たると斜視は目立ちますが、それでも三度目の手術をしなかったのは、ある人に「マリアさまは全員斜視に描かれているんですよ!だから○○さんもマリアさまなんですよ」といってもらえたからです コンプレックスを変えられた魔法の一言でした 余談ですが一言付け加えさせて頂きました

    ユーザーID:5455764263

レス求!トピ一覧