• ホーム
  • 学ぶ
  • 好きだったのに急激に見るのも嫌になった趣味

好きだったのに急激に見るのも嫌になった趣味

レス47
(トピ主25
お気に入り50

趣味・教育・教養

LOSA

私は、憧れていた素敵な女性から「sanaは絶対に着物が似合う!私、年齢的に色が合わなくなってきたから、私のお古で良ければ着てあげて!箪笥に寝かすより、着物は喜ぶから…。」と言われて、住所まで確認され尋ねられて、とても楽しみにしていました。

それまで、何度か周囲の大人達からは「絶対に着物が似合うよこの子は」とか色々言われてきたのですが、それまでは年齢的にあまり興味がわかなかったのですが…。

彼女から言われて和装に目覚め(笑)本を読み漁ったり、私の体型だったら、どうすればより綺麗に見えるかなあ、とか色々情報収集したり、インスタグラムでは和装モデルさんとか、デパートの中にある呉服屋さん?で着物を遠目で実際を見に行ったり近寄ったり(笑)着物を着る仕事とか考えてしまう位、好きでした。

でも、彼女からは待てど暮らせど届かなくて。着物の事は忘れているのか、着物とは別件での約束が守られず、そのお詫びのチケット(お値が張るもの)を頂きました。

着物の事は私も彼女も全く触れず、多分、忘れてると思います。

そう思ったら、急に和装や着物について、見ても全然ドキドキしなくなって、むしろ悲しい気持ちになってます。本当に好きなら、それはそれとして、和装への思いは変わらないと思います。けど、私は億劫になってしまいました。

憧れていた女性から、褒められた事が嬉しかっただけで、社交辞令?を真に受けて、つけ上がった罰なのかなあ、とか。

大学での研究に然り大好きで熱中してたのに、もうやり切った。完全に満足!或は、やり切って飽きてしまった、もう携わるのも嫌。などなどと言った感覚に近からず遠からず…。

和装の事、あんなに情報収集して着るのが楽しみだったのに今では冷めてしまいました。着物が好きじゃなかったのかな…。

皆さんは好きだったのに嫌いになった事はありますか?

ユーザーID:1809353452

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数47

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 熱しやすくさめやすい?

    想像で申し訳ないのですが、ある期間は寝ても覚めても興味のある対象に一直線、とことん集中するが、達成感を得られると、すっぱり辞めてしまう、というタイプではありませんか?
    それでしたら、今回の成り行きは理解できます。
    また、着物には今まで全く縁がなく、頂けると聞いて、夢と想像が膨らんでしまったのでしょうか。
    もしそうなのでしたら、もしかしたら余り着物自体に愛情を持っていらした訳ではなく、恋に恋する乙女のような心境だったのかもしれませんね。
    着物はとても奥深く素敵なものだと私は考えておりますが、確かに良いものを着ようと思い、知識が増えてゆき、好みも確立していくとお金もかかるようになります。
    今気持ちが萎えておられるのでしたら手を出さないのも一つの選択肢です。
    熱中タイプの方が着物の呪縛(物欲)に捕らえられると大変な事になるかもしれません。
    ただ、個人的には是非着物の楽しさを経験して頂きたいと思っております。
    人を当てにするのではなく、ご自分の好きなものを一つ一つ吟味して揃えていくのも良いものですよ。予算が許せば、良心的な呉服店で、また、最初は良く相談にのってくれるリサイクル店でも良いかも。

    ユーザーID:0002952032

  • あんなに好きだったのに・・

    10年くらい前まで、アンティークが好きでした。お気に入りの骨董屋さんに頻繁に出入りしたり、骨董の雑誌を購読したり、東京に行くと骨董市や美術館に足を運んでいました。それからアンティーク・キリム。当時の恋人の影響ではまり込んで、何枚か本物を手に入れました。

    その後、両親の介護・家の引っ越し・恋人との別れと大きな出来事が続き、気が付いたらすっかり骨董に興味を失っていました。なにか付きものが落ちたような感覚。特に恋人と別れて以来、キリムは目にするのも嫌になりました。懇意の骨董屋さんで、すべて買い取ってもらいましたが、もう一生あの世界に戻っていくことはないでしょう。

    トピ主様の例もそうですが、趣味って、他人の影響も大きいですよね。自分の好きな人が好きだから、自分も興味を持つこともきっとあると思います。私の骨董好きもはしかのようなもので、本物の趣味ではなかったのです。

    ユーザーID:9898147425

  • 元々そこまでの興味はなかった

    飽和状態になって、遠ざかるということはあるかもしれませんが

    今回の場合は貴方はただ調べて、妄想していただけです。
    何も行動していない。

    本当に着物に興味があったなら、着物教室に申し込むとかしたら?


    何事も主体性を持たないと、楽しめないよ。

    ユーザーID:6547815905

  • 某国の映画

    テレビの名画劇場で、それまで観た事のない国の映画をはじめてみました。
    アクションものが好きな私にとって恋愛ものなんて興味なかったので、
    最初は時間つぶしのつもりでしたが、最後は号泣してしまいました。

    それから同じ俳優さん、女優さん、監督など、もともとのオタク気質も手伝って
    次々と観ていき、日本語になっていないものも、
    日本で扱っている店を見つけ出して購入し、
    英語の字幕をメモとりながら読みとり、十何本と観ました。

    1年間くらいどっぷり浸かっていましたが、ある日突然、ぱっと熱がさめました。
    購入しただけでまだ観ていないソフトが数本あるのですが、
    残りの人生で観るかどうかさえわかりません。

    風水の人の本によると(そういえば風水も凝ったなあ…)、
    「その人にとってある必要があって夢中になることがあり、
    その役割を果たせば興味がなくなる」ってことがあるそうです。

    ユーザーID:5778071244

  • 女性イコール着物だったのでは

    憧れていた人が好きな物が自分の嫌いな物でなければ、その物に興味が沸くのは自然な事だと思います。

    トピ主さんの場合は女性イコール着物になったのかもしれないです。
    でもその女性に失望する事があって着物にも失望してしまった。
    大好きだったのに裏切られた、そんな感じではないでしょうか。

    その女性を忘れて着物の良さを再発見出来たらいいですね。

    ユーザーID:3637684773

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私の祖母がそんな感じです。

    トピずれごめんなさい、私の祖母がそんな感じで、一度きつく、おばあちゃんっ!!、あげるなら黙ってあげる、あげないなら黙ってあげないでっ!と怒った事があります、人からねだられたわけじゃなくて自分が自分の口から人にあげると言った以上、あげないとダメだよ!、あの時はあげると言ったけど、やっぱ、やーめたっなんて成人した女性がすることじゃないよっ!!!、相手はすごく不愉快な気持ちになるから、二度としないでっ!と言った事があります。

    高齢者相手に何ムキになっているんだと外の人から見ればそう思われるかもしれませんが、回数が多いし、だれかれ構わずやるようになったのでまずいな〜と。

    母の話だと昔からあんな感じで、だから夫からも娘からも敬遠されて、年のせいじゃないよと言う話でした。

    主さんの場合は相手は悪いと思う気持ちもあるのかもしれませんね、でも、ちゃんと主さんに謝罪すべきだと思います。

    私は祖母を教訓にあげる時は黙ってあげる、あげない時は黙ってあげないようにしています(野菜など収穫のいい時とあまり取れない時があるので話す言葉の中で未来形は使わないように戒めています)。

    ユーザーID:9494702425

  • 映画

    去年までは年間10本以上は観ていたが、今年は一本も観なかった。

    嫌いになったわけではないが、行ってまで観たい作品もなかったし、齢で出歩くのも面倒になったからだと思う。

    TVの映画番組は観ているが、映画はやはり、映画館でないとね。

    ユーザーID:6996311264

  • 着物好き様へ

    お返事どうも有難う御座います。

    確かに次なる目標が無いと「終りならもういっか。」となってしまいます。自分から課題をかせる事も無く「目下取り組まなければならない事が無ければ、別にいいや」と焦らず、仰る通り「すっぱり辞めてしまう」タイプです(苦笑)

    私は家族や他人から評価されたり褒められた経験が滅多にない為、憧れていた女性に「絶対に似合うから譲る。住所教えて」と褒めてくれた上に友人として(社交辞令なのに)お近づきになれた事に勝手に舞い上がってしまいました。

    着物はきっかけにすぎず趣味では無かった。レスを拝読し、身に沁みて実感しました。

    先方からのお話ですと着れなくなった数着を、という事だったので、今となっては笑い話でしかありませんが、頂ける範囲内で楽しむつもりでした(苦笑)卑しい話、物欲よりも財力の問題の方が強くて(笑)

    少ないですが得た知識を何かの形に活かしたいです。自前の着物は持っていないので、リサイクル店でブラリと見たりと。

    卑しい気持ちを捨て、教養として好むものの一つとして考えられるように努力してみようと思います。お返事、本当に有難う御座います!

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • わこ様

    お返事どうも有難う御座います。

    好きな人が好きだった影響、あります!とても共感します。
    心の断捨離?じゃないですけど、身体が「今はもう必要ないよね」と言っているかのように、脳がスリープ状態になります。

    私も好きだった人が美術館巡りが好きで。その影響で旅先では自分も自然と美術館に足を運んだりしてました。元々絵画に触れる機会が多い家庭だったので、好きという訳では無く日常だったのですが、自らチケットを払って入館するとは…思いもよりませんでした(苦笑)

    それが、全く今は、無関心で。実家に戻れば日常に絵画がある、程度で空気の様なものです。美術館で見かけた事のある絵画をCMで観ると目を背けてしまいます。

    仰る通り、私も「はしか」だと思います、というか「はしか」という表現が「今ハマってる」という感覚よりも的確な表現だ!と思いました。

    本物の趣味ではないんですよね。取り敢えず、身に付けた少ない教養?として好むものの一つとしてとらえられる様に努力出来たらと思います。

    有難う御座います!

    はあ…感化されやすいのかなあ。私は頑固だと思ってたのに。

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • えーと様

    お返事有難う御座います。

    他の方々にレスさせて頂きました通り、やはり趣味ですら無かったんですね。
    着物教室だって、調べるだけ調べて、お茶の教室とか着物を着る機会のある場所などまで調べて。でも、「着物が届いて袖を通してから!じゃないと帰宅してモノが不在なのに通ってもお金が勿体ないし、まずは揃ってから。」とか何とか考えてしまいました。

    まずは周辺を用意するはずなのに。その時点で、変ですよね。

    主体性が確かに無かったですね、届かないと解ったらリサイクルショップに行ったりするとか。財力ばかり気にしてたので、結局本命では無かったんですよね。

    好きな物なら、何十万なんてポンと皆は出すはずですし…。

    貧乏人のくせに、高くて良い趣味に関心なんて持とうとするなって感じですね(苦笑)

    目が醒めました!

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • 興味を持っただけ

    たくさん買い集めて冷めちゃったというわけではなさそうなので、興味を持ち始めた段階だったのですね。
    若いお嬢さんのようですし、着物もいいなぁ〜という憧れがあったのでしょう。

    誰にもあることなのでそう深く考えなくてもいいのではないでしょうか。
    特に飽き性とか冷めやすいといった性格ではないと思います。私は6年間習った趣味をやめて、今他の趣味を習っています。


    いろいろな物を見て、自分に必要なものを吸収していけばいいのです。誰だって迷ったりチャンスがなくて諦めたり、時間をかけられなかったり・・その時やりたいことをできるのが一番です。

    ユーザーID:3297833892

  • ぴゃー様へ

    お返事有難う御座います。

    風水のお話、大変興味深く拝読しました。私の場合は、今回の一件を通じて、憧れていた女性の「人となり」を知った(知ってしまった)事が、区切りだったのかもしれません。

    その後、一度、別件でお会いしたのですが、内面的なお話も伺って「ああ、そういう経験があったから、今のこの人が居るのだな。」「という事は私の事は、友達としてそういう目で見ていたのか…とほほ。」とか。

    あと、高価な「頂き物」に対して卑しい心を持つ自分に、トホホです。

    あと、恋愛映画を通じて…というお話。突然「あれ?何かもういいや」ってなる事、私もあります。「何でこんなに好きなんだろう」を突き詰めていったら、色々見えてきて「好き」から「こういう人も居るんだ」という興味深い人物事例の1人(一つ)や自分が何に興味を持つのか、自分ってこういう人間なんだ、という事を発見出来た事が、「もういいや」になりましたね…。

    今思うと、お話にある風水的に言うと、必要となる要素が私に対して役割を終えたのかもしれません。変な表現ですが内面的な成長がクリア出来た感覚でした。

    お返事有難う御座います。

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • 着物好きです様へ

    お返事有難う御座います。

    もうまさに仰る通りかもしれません。何と言うか悲しみと共に腑に落ちました。女性=着物。

    学生時代、彼女はマドンナ的な存在で。でも、その一方で疑問視というか批判する声も聞こえて。でも私は、これでもか!と言う位お世話になりました。雰囲気もさることながら言葉遣いや気配り、本当に尊敬する女性でした。

    けれど母は批判派と言うかあまり良い顔はしませんでした。女性ならではの嫉妬?かと思ったのですが…着物の一件で、そしてその後お会いした時の何気ない雑談から悟った「裏切られちゃった」感は、まさに着物にはもうこだわりを持てなくなった瞬間でもありました。

    本当に仰る通りです。彼女抜きに、彼女との一件は思い出さず、着物が好きになれる様になりたいです。

    幽遊白書というアニメでぼたんという女の子の着物姿が可愛かったなあ、とふと今、思いました。アニメじゃないか!と思いますが、徐々に現実の和装モデルさんに関心や興味を持って、いずれ着物にたどり着けたら良いな。

    ちょっと悲しくなってきた(笑)でも乗り越えたら好きになれるかも、そんな気がします!有難う御座います!

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • 皆さまへ

    レスを下さった皆様

    一括してのお返事となってしまい、大変申し訳御座いません。
    皆さまのアドバイスを参考に、自分が「着物は着物」と割り切って好きになれる様な、まずは気持ちを切り替えるところから始めようと思います。

    お返事がなかなか皆さまの所へ届かず、本当に申し訳御座いませんでした。

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • 高脂血症様

    お返事頂きまして有難う御座います。

    本当に仰る通り、別件で約束を破られてしまった件ですが「毎年届くから着たらあげるね!」と言う話で「当日まで待ってたんだけど結局来なかったの…約束守れなくてごめんね」未来形の話で約束をしないで欲しかったです。

    着物の件は本気でドキドキして待ってました。

    雑談の中で本人曰く、「事務的な対応をして無視をする。」「無かった事にする。」「丁重に謝って、それでも食いついてきたら無視をする。」と言ってました。自分にとってストレスが溜まる様な人に対する対処法でしたが、まるで私にした対応と重なって見えて…。

    別件で破られた件は、私がまた別の用事でメールをしない限り解らなかった事でした。「残念だったけど御厚意嬉しかったよ。気持ち急いで、もう2か月前からその日は空けてた(笑)笑い話だあ(笑)」と伝えたらようやくガチで謝罪してくれて。翌日お値の張るチケットを頂きました。

    着物の件は、礼儀すら、私は守ってくれるに値しない人なんだなって残念でした。

    おばあさまは悪意はないのだろうけど…。高脂血症様の様に未来形の約束、私もしない様にします。

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • 着物に罪はないでしょ

    単にそのお調子者の女性に幻滅しただけでしょう。

    そこまで言われたらそりゃ、いつ届くのかな、どうやって着こなそうかなって、あなたのようなうきうきした気持ちになりますよ。

    それなのにうんともすんとも言ってこず、くだんの着物は何処へやら、この話は完全に無かったことにされたら腹立つし悲しいし、誰かに八つ当たりしたくもなりますわ。

    で、あなたは着物そのものに八つ当たりしてるだけ。着物の事を考えるとその女性の顔も一緒に浮かんでくるから嫌なんですよ。

    本当に好きなら興味は失せないはずというレスもありますが、それはトピ主さんが既に着物を着こなしていた場合でしょう。

    初めて着物の世界に入るって時にこんな展開になったら女性への感情が先に来てもおかしくないです。

    ただ着物や和装は諦めないでほしいです。いつか是非着てほしいです。女性への悪感情を着物に投影しないでほしいなと思います。

    ユーザーID:2106945537

  • お菓子作り

    教室に通っていました

    最初は楽しかったです

    家でもしょっ中作って道具も揃えました

    しかし、資格取得前に逃げる様に退会しました

    教室の先生が多趣味で手広く色んな事業を展開されている方で
    「是非やって見なさい」「買った方がいいわよ」「手に入れておくべきよ」と、言われるがままになっていき
    大変な散財をしてしまいました

    今ではその教室で使っていたレシピを見るのも嫌な位です

    自分は人に左右されやすいんだな と深く深く反省しました

    同じ過ちを繰り返さない様に気をつけて生きたいと思います

    ユーザーID:8118485977

  • あんまり落ち込まないでね。

    主さんの喜んだ顔が見たいばかりについ不確定の約束をしてしまったのかもしれませんね。
    私の祖母や祖母の身内も、〜〜〜(相手の好きなブランド)の服を買ってあげるとか、====へ連れていってあげるとか、そういう話を大人相手だけでなく子供にもするので、ハラハラしていました。これを(当たり前ですが)職場の上司や会社の社長にはしません。妻子とか、失礼な事をしても我慢するだろうと思われる相手にしかしないんですよ。そういう事をする人って仕事で出世もしないし奥さんが定年退職後に家を出て行っちゃったり、成人した子供たちも寄り付かないわで寂しい老後を送っているな〜と思います。祖母も優しい嫁のいるお陰で健康状態を良好に保たれているのに人を人と思わない態度が身内としてホントに恥ずかしいです。主さんのお友達も、悪気はないとは思うのですが、ちゃんと人を見分けてそういう失礼な事をされているんだと思います、主さんの心がこれ以上ダメージを受けないようそういう人との付き合いは控えた方がいいと思います、自分の言葉に責任を持たない一貫性がない人と付き合うと付き合う方が心理的にやられます。主さんいい人そうだし自分を大切にして。

    ユーザーID:9494702425

  • 2どめです

    何だか意地悪な書き方をしてごめんなさい。

    色々揃ってからという気持ちはわかります。

    貧乏人のくせに〜ですが。

    私も貧乏ですが、着物ハマった時期がありました。

    着物教室は市がやっているやつに行って2千円くらいでした。

    教室で必要なものを教えてもらって、
    ネットオークションで少し難有りの小紋と半幅帯を千円くらいでゲットしました。

    サイズとかもありますので、
    一度着物に詳しい人に相談してからいろいろ買った方がいいと思います。

    肌着や着付けセットは新品で買いました。
    これもネットで安く売ってますし、これだけは中古はつけたくないですからね。

    まず必要最低限をそろえて、ハマりだしたら色々揃えるといいと思いますよ。

    それかいきなり着物ではなく、来年の夏、浴衣にチャレンジしてみるとか。
    着方の基本的な部分はかわりませんし、着付け道具で被るものもあります。

    トピ主さんが教室に通ったり、着付けグッズを揃えたり本気な事が伝われば、お友達も変わるかもしれませんよ。

    ユーザーID:6547815905

  • 何度もすみません

    お友達の件ですが個人的には、一緒に出かける人やイベントがないとなかなか着る機会がなく
    着方を忘れてしまうので、その方も巻き込んで、一緒に楽しんだら良さそうと思います。

    どうでしょうか?


    どっちにしても着物って同じものがあまりないし、いくつ持っていても、帯や帯締めの組み合わせでガラリと変わりますので、ご自身で最低限は持っていた方がいいと思いますよ。

    コーデを考えるのも楽しいですし。

    そして着こなし次第でいくつになっても着れます。

    長持ちしますしね。

    先日結納で母の40年前の振袖に
    オークションで落とした袋帯を合わせましたが、全然遜色なく着れました。

    洋服だと40年前のものって着れませんよね。

    日本の文化って素晴らしいな〜って思いました。

    お金をかけないで楽しむことたくさん出来ますよ。

    色々探してみてください、応援しています!

    ユーザーID:6547815905

  • tora様

    お返事有難う御座います。

    洋画か邦画かは存じませんが私もそうでした。私は洋画の方です。
    多分、私の場合、アチラの世界を知るツールが映画では無くなったのも一因かな、と。あと、現地の人の記事だったりドキュメンタリーだったり、刺激的で考えさせられる出来事が現実にあったり。
    あとは、映画業界の裏側・ハリボテ、はたまたPR業界と広告業界やエージェントの暗躍などなど…あと脚本も賞をとる用、自己満足用、芸術として撮影した用、と安易に別けて監督も選別してるんだ、と思うと、「何を観るべきか」とかだんだん解ってきてしまって・・・ショービズはもう日本以上にエゲツナイ(笑)
    今では皆無。

    そして、やはり私も、どうせ見るなら映画館で観たいです。

    映画評論家も「最近の映画はちょっと見たいモノ見るべきものが、少なすぎる」と言ってますし、やっぱり映画って…そうなっちゃいますよね(苦笑)
    俳優さんや女優さんを見ても「かっこいい!」とか思わなくなったし…。

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • もみじ様

    お返事有難う御座います。

    何度も何度も読み返してしまいました。本当にそうです。彼女の事は私は今まで全く悪い人?とは思わなかったのに、気が付いたら「忘れてるのかな」「おっちょこちょいなのかな」から「もしかして手の込んだ社交辞令なのかな」「富裕層の気まぐれだったのかな」そして「なんで一部の人に嫌われてるのか解ってきた!」とか発言する様になっていました。

    彼女の人となりを攻撃的に批判していた母でさえ「タカりじゃないんだから止めなさい。もしかしたら事情があるのかもよ?」とフォローを入れる位。

    土日は、宅配便のトラックが来るたびに、ドキドキしたり。もう不憫に思ったのか父は「御厚意を卑しくとっちゃダメ。いつか笑い話にしよう。」「彼女の良い所だけを学習して、あとはフェードアウトしたら?」と。

    でも、やっぱり悔しかったです。悲しかったです。着物を見る度に彼女に対する怒りと同様に「自分が」惨めでなりませんでした。

    和装に罪は無い。本当です。褒められて嬉しくて自信を持てた事が社交辞令の言葉だった、と言うのを抜きに前向きに今度は心からゼロベースで和装の世界と接してみたいです。

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • あん。様

    お返事有難う御座います。

    ノリにのってたんですね!とても素敵な事だったけれど、なんかこう…違和感抱いちゃいますよね。遠回しとは言え、他人の財布の事なのに、何故あなたがどうこう言うのよって。。

    あん。様の取った行動は、とても賢明だな、正しいな、と思いました。

    私も、渋谷の某マナー教室に通った事が有りました。個別で、顧客も子を持つ著名人が多く、お受験対策で少しだけ有名な、ネット上でもコラムを持つ女性の方です。年齢は40代から50代かなあ…。

    指摘を聞いても具体的なアドバイスが出てこないし、何よりも発言や行動から下品だなと思う点が多々ありました。最終的に「あ、この方ダメだ。」と判断し退会した理由は、新しい科目も勧められた時。「まだ私は社会人間もないので、財力的な問題でこれ以上は通う事が難しいんです。ごめんなさい。」と言ったら「親が出すわよ!子どもにはお金出すもんなんだから、親に連絡でもして!」と。

    とてもじゃないけどマナー教室の先生とは思えない発言にその月で辞めました。理由は添えませんでしたが今でもコラムで時々顔を見る度、不愉快でした。散財は禁忌ですよね。

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • 二度目ですが

    こちらこそ大変ご丁寧なレスを頂きどうもありがとうございました。
    トピ主様の追加レスを拝見してちょっと心配になりましたので...50代の心配性のおばさんのたわ言とお聞き流し下さいませ。
    着物を下さるとおっしゃったご友人ですが、少し気をつけられてお付き合いなさった方が宜しいかと存じます。
    余りに愛想が良く、調子の良い事を言う方は、自分より下に見ている人や自分を崇拝する人には寛大で親切な場合があります。それがちょっと変わると、手のひらを返すように文字通り豹変する場合も。お母様の危惧は当たっておられると思いますよ。
    そんな方と着物が結びついてしまったのはとても残念です。

    もし気が向いたらで結構ですが眺めているだけでも素敵な本(人)をご紹介致しますね。

    「日本のおしゃれ「七十二候]」 上野敦美著
    「壇流きものみち」壇ふみ著
    「樋口可南子のきものまわり」清野恵里子著
    「きものを纏う美」節子・クロソフスカ・ド・ローラ著
    などなど。

    今は無理せず、心の赴くままになされば宜しいかと思います。

    ユーザーID:0002952032

  • 何をお返しするつもりだったのかな

    彼女は学生時代マドンナ的な存在で…とのこと、そう年は離れていないんですよね。
    そして「これでもか!と言う位お世話になりました」な方なんですよね?
    主さんは彼女に何をしてあげたのでしょうか?

    彼女も主さんが好きで、色々してあげようと思い、一つ目の約束と、着物の件を口に出した。
    事情があって約束が後回しになっていたところ「気持ち急いで、もう2か月前からその日は空けてた(笑)笑い話だあ(笑)」と遠回しに謝罪を要求された。
    彼女は気分を害したが、礼儀とけじめとしてチケットを送った。
    その段階で、彼女の心はあなたから離れて、着物の件もなかったことになったのでは?
    2か月前から空けてた、なんて恩着せがましい言い方をせず、じゃあまた次の機会に、いつも気にかけてくれてありがとう、と言っていたなら、彼女は着物を送ってくれいたのでは?
    普通そこまで色々してくださる方を、一度二度の行き違いで、悪く言わないと思うんですけど…私には主さんの方が「思い通りにならなければ掌返し」に思えます。
    愛嬌があって憎めないお人柄を感じますが、遠慮がなくやってもらって当たり前の人になってませんか?

    ユーザーID:1561028638

  • 高脂血症様へ

    確かに「この子なら何言っても利害はないかな」と思われる対象です。

    その友人は、観光地名所の老舗料亭の女将をしています。皆にとても愛されてます。私は卒業して一般人の社会人をしています。自分に対しては見下すじゃないですけど、お得意さんという関係でもないし…その場で良い事を言ってしまっただけかもしれません。

    FBも、経営者同士の方しかコメントしなかったり。たまに会うと思しき遠い地にいる同年代の方がコメントなさっていたり。

    悪気は無いと私も思います。でも、私がどういう扱いレベル?の友達なのか、身の程を知ったというか…だんだんと私も大人になってきたと思いました(笑)

    「貴女はピュアで羨ましい。私にはなれないから」「素直で何でも聴いちゃう良い子」「全ての人に好かれようとか思われなくてもいいんだよ。」とか、何か皮肉交じりだったのかな、と今思うとそう感じてきました(笑)

    もう、遊びに行く事は無いと思うし、緩やかに友達を断捨離私用と思います。
    とても良い勉強になりました。

    これからは振り回されず頑張ります!

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • えーと様

    滅相も御座いません!頂いたアドバイスが核心というか「確かにそうだ」と思ったからこそ、自分自身を見つめ直す事が出来たんです、むしろ私の書き方がふてくされてる文になってしまいごめんなさい。身の程を知り過ぎて…呆気笑いした位(笑)

    でも、アドバイス頂いた通り、お値段がそれほど高くない物もあるんですね…!実は、ネット販売ものだと(偏見ですが)実際と違うかもしれないし、振り込んだ・振り込んでないの類のトラブル?が怖いなあ、と全くの未開拓だったんです。
    最初は浴衣…確かにその段階ならトライ出来そうな気がしました。試着できるのなら是非してみたいな、と思えるような気分に、今は徐々に上がってきました。レスを沢山拝読し、少し、落ち着いてきたのかもしれません(笑)これを機に…頑張ってみようかな!

    そして…浴衣を着て、彼女を誘ってドヤ!とイベントに遊びに行こうかな(笑)頑張るぞ!

    数十年経っても、遜色なく着れるって凄いですね…お金をかけずに楽しめる方法があったのか…!色々是非模索してみます!有難う御座います!!

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • 着物好き様へ

    こちらこそお返事頂けてとても嬉しかったです。
    仰る通り、他の方もチラっと言及なさっていましたが、やはり彼女とは少し距離を置いた方が賢明かも知れないですね。

    彼女は、観光地の老舗女将を継いでいます。確かにお友達らしき方?はあまり…見受けられません。沢山男性は寄ってきたり、雰囲気が素敵でとても和やかな方ではありますが…。

    今は、皆さまのレスを読み返し、気持ちが徐々に落ち着いてきました。浴衣から入るのも良いのかな、来夏に試着してみるのも素敵だな、と思える所まで漸くなってきました。皆さまのお蔭です。

    いよいよ着物を、と思える時が来ましたら、お教え下さいました参考文献を必ず読んでみます。メモしました。

    いつか、より一層心が着物に傾く日を私も願うばかりです。処世術など、色々学んだ出来事でした。本当に、気を付けたいと思います。振り回されない様に気を付けます。

    彼女の「貴女はピュアだから羨ましい。私にはなれないから。」「優しいから何でも全て聞いてしまう。」といった言葉が今では皮肉交じりだったのではと思いました。和装まで嫌いにならぬ様に割り切る努力をしようと思います。

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • オレンジチョコ様へ

    お返事有難う御座います。実は…彼女に対する疑問は1度や2度の事じゃなくて。驚く事が何度か…でも「きっと忙しいからだよね」と思い過ごしだと自分自身に度々言い聞かせてきました。でも「流石にこれは絶句。悲しいなあ」と思うレベルの事が何度か重なり。最終的に「これでダメならもう諦めよう」と思いラストのつもりで会いました。息子さんの誕生日プレゼントを渡す為です。本当にやっとやっと会えてお渡しできました。デパートを何か所も何度も回って選んだものです。お子さんが好みそうなものを職場の子持ちの先輩方から沢山リサーチして。

    会えてお顔を見て、喜んでくださった顔を見れて、全部吹き飛んだつもりでした。

    でも別件で「MLの件だけど、〜」の返信際「MLの件、了解!あ、そう言えば。チケットだけど当日まで待ってたんだけど結局来なかったんだ。約束守れなくてごめんね!じゃ!」と来て。私が用事で連絡しない限り、約束のチケットの真相は知らぬままだったんだ…着物は額が違うし問う気もないけど…と思い「御厚意有難う!私も楽しみにしてたから残念だったよ」で今に至るです。過去の不信感が着物の一件で爆発してしまったのかも…

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る
  • 湯たんぽ様

    お返事、出来てませんでした!レスを自分のも全て読み返しまして、気が付きました。遅くなり本当に御免なさい。

    幻滅、多分そうです。何と言うか、性善説で人を見ていたというか…。そんな中
    「あ、こういう人だったんだ…」と悟り、人となりを知った事で、憧れから「可愛らしくて頑張ってる女性」という目に替わりました。

    熱が冷めるでは無いですが、「私も人を見る目がなくて馬鹿だったな。」と。

    完璧な人間なんて居ないし、不快な事も何度も「忙しいからだ」と目をつぶったり、「全然気にしないで!」と言ってきました。でも…私が思ってるほど、相手は私を思って無かったのかもしれません。だから、「ちょっとこれって失礼じゃないか…」と思う事が2度3度では無く、もう本当に何度も重なってあって。

    そして、着物の件。「やっぱり…」と不信感を抱いてしまいました。

    でも、折角得た、和装という世界。私は無駄にしない様にまた、心が穏やかになるまで、そして「試着してみたいな」と思えるようになるまで、割り切る努力をしていきたいと思います。

    本当に有難う御座います。

    ユーザーID:1809353452

  • トピ主のコメント(25件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧