「古い着物に古い帯」はだめ?

レス18
(トピ主2
お気に入り40

美容・ファッション・ダイエット

40代の女性です。

子供がぼちぼち大きくなってきたので、
七五三(五歳男児です)を機に、
亡き母が遺した着物をまた着始めました。
今後、とりあえずは卒園式、入学式と着てみようと思っています。

ですが、着物も帯も、古いものなのです。
今回着た色無地は、母の持っていたものの中では比較的新しいものですが、
それでも恐らく、作って30年以上はたっています。
付け下げ、訪問着などは結婚時の支度かと思われるので、
50年前のものでも不思議ではありません。
これって、ほぼアンティーク着物だったりする・・・?

着用回数が少ないので、着用感はあまりなく、ぱっと見シミもありませんが、
柄ゆきがどうも、現代のものとはちがいます。
例えば、花が一種類(水仙柄の訪問着、辛夷の付け下げ、など)、
大柄のものが多い(成人男性の手のひらくらいの花の大きさ)、などなど。
見る人が見れば、古いものとわかると思います。
帯にしても同様で、とくに礼装用のものは着物と同じ年代ものです。

よく「古い着物には新しい帯」などと言い、両方古いものにはしないのよ、
と聞きますが、そんなにおかしいことなのでしょうか?
着る機会が多い訳ではないので、できれば手持ちものを活用したいのです。
なお、帯揚げ・帯締め等はぼちぼち新しいものを追加している状態です。

着物に詳しい諸姉の助言を賜りたく存じます。

ユーザーID:2636334977

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お好みで

    トピ主様もお気づきのように、柄付けや色使いは時代によって違いがあります。昔の着物に昔の帯だと古めかしく見えてしまいがちなので、どちらかを現代のものにしたほうが今の時代の空気にあったコーディネートにしやすいです。
    ただ、今っぽくする以上の意味はなく、場にそぐわないとか着物と帯の格が違いすぎるとかでなければ、お好みに合うなら古いものどうしの組み合わせでいいと思います。

    雑誌の「お母さんの着物を今風に」という特集を見ても、昔の組み合わせのほうが私は好みだなあと思うこともあります。私は普段も着物を着ていますが、祖母の遺した紬を写真に残る祖母のコーディネートで着ることも、自分で買った帯を合わせることも、両方あります。

    一種類の花しか描かない着物は、お洒落に見える季節が限られる(その花の時期外れだと野暮)とされています。着物を沢山持つ人も着る機会も少なくなった現代では、高価になりがちな礼装は季節を問わず臆せず着られるよう、四季の花々を描くことが多いのです。そういう意味で、お母様のお着物はお洒落の心意気に満ちたものだと思います。

    ユーザーID:6246122068

  • ちぐはぐよりは・・

    古いと言うのは、汚れているとか、着古しているとかじゃなく、あくまでも、品物事態は良くて、数えるほどしか着ていない、そして結婚式とか改まった席に着て行くわけじゃない、外出着やお洒落着と言うことですよね。

    何れにしても、私個人としては、ちぐはぐになるよりは、調和がとれている方がいいと思います。

    今の時代は、多少自由にしてもいいのではないですか。

    ユーザーID:8692288990

  • そうでしょうか。

    50代です。
    着物は茶道をたしなんだこともあり、
    少しはもっています。
    古いキモノに古い帯はNG?
    初耳です、私が知らないだけですかね。
    確かに30年ともなると多少柄行きが違うかもですが
    私なら着ちゃいますけど・・・・
    お似合いで、サイズの問題がないならお召しになっては。
    そのうえでまた新しいアイテムをこれから考えてもいいのではないですか。
    見た目しみがないとしても、汚れがあったりしますので
    まずは丸洗いですっきりさせて、少しずつ着ていかれてはどうですか。
    私、母のものが着られるのなら、今でも着たいですよ。
    寸法がNG(私のほうが大きい)なので、できませんけど。

    ユーザーID:2828213864

  • マナー違反ではないので

    着物も帯も古いと、素人が見ても古めかしい感じになります。
    でもそれはマナー違反ではなくただ野暮ったいだけなので、ご本人が気にしなければ着て問題無いですよ。

    ユーザーID:7716227069

  • 素敵じゃないですか

    母親の着物がサイズ直しせずに着れるなんて羨ましいです。

    古い着物と古い帯の組み合わせって別に変じゃないですよ。
    元々呉服屋で上手くコーディネートされて買われてる訳だしおかしいはずはありません。
    小物類に差し色を持ってくるとか、帯留めで自分の個性を出すとかされたり、半襟をビーズにしたり、色々と現代風にアレンジすればいいのでは?

    着物も色無地なら、染め直しすれば自分の好みの色に出来るし、柄が寂しいなら、絵を足して貰うこともできます。
    昔は解いてから、染め直し、絵付け、仕立て直しとお金がかかったけど、今は技術が進んで丸染めという、着物を解かないで色を染め替えする方法もあり、価格も安いし、母親の若い頃の派手なピンクなんかは少し青色をいれて、藤色とかにしたら今の40代だと着やすい色になりますよ。

    帯もリサイクル市などで安く手に入るし、自分の持っている着物に買い足してオシャレしましょう。
    お母様の箪笥の肥やしを活用して、着物が着れる素敵な女性になって下さい。

    ユーザーID:1005140265

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • そんなん聞いたことありませんが。

    アンティーク着物愛好家の中では
    アンティーク着物に現代帯を合わせる、又はその逆もかなりの高度テクニックなので初心者には無理。
    という話はよくします。

    ユーザーID:7474091372

  • 帯の場合、昔のものは「長さ」が短いのと、「芯」の問題が…

    あると思われるから、
    そのように言われている・・のかなー? と。


    昔は皆さん「手結びしていた」ために、帯はどうしてもヘタってるんですよ。
    加えて「短いのが多い」ために、
     ・柄に影響が出ない所で生地をつないで、長さを伸ばし
     ・新しい芯地を入れて仕立て直し
    とかするケースも、まま聞きましたし。


    あと、帯の種類。
    豪華なものほど、【丸帯】だったりするんですよ。
    (その場合でも、仕立て直せば問題解決)

    ユーザーID:5142582980

  • 帯は

    先の方がレスされているように、長さが足りなかったりする場合もありますし、着物と違って、糸が傷む場合があると思います。
    私も祖母の錦糸の袋帯をいただきましたが、ちょっと傷んでます。

    着物の柄については、花が一種類、というのは季節を限定するので、かなりおしゃれだと思います。なので、お召しになる季節は慎重に。

    二人の祖母から帯や着物を譲り受け、また、母の着物も(母のは裄を出してもらいました)譲り受け、嫁ぐときに持たせてもらった着物も合わせて、着物を楽しんでいます。

    着物と帯の組み合わせについては、着物より帯のほうが格上で、とは聞きますが、新しい古い、というのは聞きません。
    大事にお召しになってください。

    ユーザーID:3154163995

  • 昭和40〜50年代の着物?

    着物のアンティークって戦前までのものですよ。主に大正から昭和初期。お母様のお若い頃のものだとレトロでしょうか?

    古い着物に新しい帯とかの決まりごとはありませんが、色柄に時代を感じて、現代の細密で華やかな帯は合わせにくいと思います。
    でも枚数をお持ちのようなので、いいコーディネートが見つかるといいですね。

    今は裄丈も羽織の着丈も長く取るので、私の母の着物は日の目を見れません。
    お直しなしでお母様の着物がれるなら、ぜひたくさん着て差し上げて下さい。

    ユーザーID:8062529536

  • 古いもの同志 年代を合わせると調和

    主様と同年代の着物好きの既婚女性、東京在住です。
    古い着物に古い帯、古めかしいですがしっくりと良く調和すると感じます。
    昔の着物の愛好家の間では、着物と帯と羽織物の年代を合わせるとしっくりとする、と言われています。
    どうぞ、手持ちの着物と帯を合わせてお召しになって下さい。
    もし古臭さを一新したいのでしたら、先ずは着物と帯とコートを、しみ抜き+洗い+プレスのお手入れに出してこざっぱりとさせるとすっきりと気持ちよくお召しになれるのではないでしょうか。
    もし古めかしさとは別の世代のズレによる若すぎる色柄の顔映りの違和感があるのでしたら、お手入れのご相談次第で霞を入れる、地味色を重ねるなど地味に調整することは可能です。

    ユーザーID:0683327070

  • 私は帯は買い替えた

    母の着物(昭和40年代)をそのまま着てますが、帯は買い替えました。
    ものにもよるんでしょうが、全部お下がりでまとめると「アンティーク」感がすごくて。

    普段着はアンティークとか好きなので、お下がりでまとめることもありますが
    結婚式などのオフィシャルな場では帯・小物は現代物にしてます。
    一気に垢抜けます。

    ユーザーID:3036413047

  • ほぼお母様世代

    着物の取り合わせで一番重視するのは、古い新しいより、格。
    そして、季節感です。
    おそらく、お母様は私と同年代と思われますが、たしかに当時と今とでは、柄や色合いの流行の違いもありますが、見る人に、あ、古い着物だな、と思わせるのは、袖から見える裏地や八掛の色。
    真っ赤、あるいは朱色ではありませんか? それが当時の流行りでした。
    それと、一般的に、いまの方のほうが体格がいいので、たとえ身幅があっていても、裄(背中心から袖口までの寸法)が短いと、お下がり感が出てしまいます。
    地元の呉服屋さんか、手入れ一般をする悉皆屋さんにご相談なさって、気に入ったもの、今後着る頻度の高そうなものから、一つずつ仕立て直しなさったらいかがでしょう。
    裏、八掛が変わるだけで、見違えるようになるはず。
    帯もみなさんおっしゃるように、短いかもしれません。
    芯を変えたり、物によっては見えないところを継ぐこともできます。
    手入れや仕立て直し代を高いと思うか、すぐ流行の変わる洋服より長く着られるし、母上の形見だから良しとするかは、ご判断で。

    ユーザーID:9815394354

  • 素敵ですね

    ごめんなさい。「着物に詳しい諸姉」では全然ないのですが、レスさせてください。
    私もトピ主さんと同じように母、叔母、祖母からもらった着物や帯がたくさんあってずっと興味なかったんですが最近着始めました。
    呉服屋さんなんか行くと「古い着物に古い帯はおかしい!!時代遅れ!!帯は新しいものじゃなきゃ!!着物の柄ゆきも流行に合わない。。。云々」言われますけど(笑)
    私は気にしてません。

    ただ、着物は派手で鮮やかなものも素敵ですが、帯も派手だと着こなしが難しいです。
    帯で合わせやすいのは淡い色目のものや、落ち着いた色のものかな、って思います。格の高い帯でも緑やオレンジの原色、蛍光カラーの帯も持っているんですけど、これは野暮ったく見える気がします。
    トピ主様がお持ちの帯の中に淡い色めのものがあればお持ちのものでも十分だと思います。
    あと、帯揚げ帯締めは1000円くらい〜ありますが、そういうのは結局あんまり使えません。10000円以上の淡い色のものがカジュアルでもフォーマルでも使いやすいです。

    「七緒」などの着物雑誌を参考にして、好みの組み合わせが見つかるといいですね。

    ユーザーID:4128501267

  • ありがとうございます!

    仕事が火を噴いて、ここを見られない間にずいぶんレスをいただき、ありがとうございました。

    なんだか力が湧いてきました!ありがとうございます!
    「野暮なだけ」・・・そうですね。
    着物の格があっていて、汚くなければ問題ない!と唱えて
    好きな格好をしていこうと思います。
    とりあえず卒園式に着るつもりのを洗いに出しました。

    ここからは余談です。

    今、私の手元にある着物は「とりあえず使えそう」なものだけですが、
    在庫(笑)を見直しても、最近の「四季の花を染めた」なんてものは
    1枚もないのに改めて気が付きました。
    辛夷、水仙、葡萄、萩、、、いずれも1種類の花のみ。
    あ、私の振袖も雪椿だった。もう筋金入りですね(笑)
    ここいらは、3月末から4月にかけて辛夷が咲く地域なので、
    卒園式に辛夷を着ていこうと思います。

    ユーザーID:2636334977

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • お礼ついでにもう一つ質問です。

    母の和箪笥の奥底には、結婚時に箪笥の嵩増しに突っ込まれたと
    思しき、祖母(明治生まれ)の娘時代の銘仙やお召が数枚あります。
    大正期〜昭和1桁生産の、正真正銘アンティークです。
    (母が生前「おばあちゃんの着物」と言っていたので確かだと思います)

    この中には、とある銘仙産地のHPで見た「代表的な銘仙」に
    似た柄もあったりします。
    こういうのって、活用していただける場はありますか?
    ちょっと私は着られないし、かと言って廃棄も忍びない。。。
    ただでもいいので、せめて素材としてでも活用していただける
    方にお譲りしたいです。

    ユーザーID:2636334977

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 古い■無価値ではない

    四季の花柄、というのは、要するに使いまわしのための節約的な柄です。
    一種類の花、季節限定の柄、というのは、本当に贅沢なお着物、胸を張ってお召しください。

    おばあさま着物について。
    ひとくちに戦前と言っても、大正から昭和一桁までは豊かな時代で、アンティーク着物としての価値が高い逸品かもしれません。
    問題は状態と身丈。
    全国ネットの「たんす屋」の引き取り基準は身丈150センチ以上だそうです。
    私の知っている範囲では、アンティークモール銀座内の「かわの屋」、その近くにある「銀座きもの青木」は、良心的なリサイクル店です。
    どちらもHPがありますので、ご覧になって、お着物の銘柄とか画像を添えるなりして御尋ねになってはいかがでしょう。
    当然のことながら、引き取り価格はせいぜい数千円と覚悟してください。
    あとはリメイク素材として扱う古布屋さんですが、おそらく一山百円といった扱いになると思います。
    主さんにお気持ちがあれば、なにかしらリメイクして、身近にお使いになったらいかがですか?
    あと、着物や羽織は、帯にリメイクできますよ。

    ユーザーID:9815394354

  • 銘仙は人気ありますよ〜

    アンティーク着物店でもネットオークションでも、
    はっきりした柄の銘仙は人気ありますよ。
    状態が良ければそのまま着たい人に、小穴などがあればハンドメイドの素材として。

    まとめてアンティーク着物店に買い取りしてもらうのは簡単ですが
    面倒でなければ、ネットオークションに出品しては?
    出品タイトルには「銘仙の着物 ピンク系 ナデシコ柄」などと色柄も明記すれば
    検索している人に探してもらいやすくてよいです。

    私も過去にコレクションしていた銘仙の一部を出品して落札されましたが
    譲る人と直接やりとりできるのも(メールだけですが)結構楽しかったです。

    「可愛い柄で一目惚れしました」と書いてあると嬉しいし
    最近着物を着るようになったという男性から
    「彼女ができたら着てもらいたい逸品です」と感想をもらえたときも
    アンティーク着物好きの冥利に尽きるという感じでした(笑)

    主様のゆかりの女性達が大事にしてきた銘仙が、
    本当に求めている人の手に渡りますように。

    ユーザーID:0600652137

  • 昔の着物の愛好家にとっては価値ある逸品

    二度目のレスです。

    >祖母(明治生まれ)の娘時代の銘仙やお召が数枚あります。

    私に売って頂きたい位です(笑)(冗談です)
    一定数のファンがいますよ。

    トピ主さんがどちらにお住まいか存じ上げませんので、
    全国どこからでも可能、という観点で
    ヤフオクなどのネットオークションに出品されることをお勧めします。
    宅配便で無料査定をうたっているウェブサイトは逆に処分費用がかかったりしておすすめできません。
    私は小柄なので丈が130cm台でもおはしょりをして着られますが、
    今の若い女性ですと上背が高いので、敢えてブーツや美しい靴やタイツなどで短い丈のお着物を工夫してお洒落にお召しになるようです。
    私は裄丈は短めを肘を伸ばさずに着る所作を躾けられましたが、今の若いお嬢さん方は袖口にレースやフリルなどをあしらって装ったりするんだそうですよ。

    もしトピ主さんがそのお着物の色柄を素敵だと感じられたなら、
    着物を解いて四角い布に戻し、クッションカバーなどのインテリアや、バッグなどの小物に作り替えてご愛用なさってはいかがでしょうか。
    おばあさまもお喜びになられるのではないでしょうか。

    ユーザーID:0683327070

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧