頑張ったという体験がありません

レス34
(トピ主1
お気に入り70

家族・友人・人間関係

スイカ

「一所懸命、努力した」という経験がありません。アラフォー独身女性です。
歯を食いしばって何かをやる、という気持ち(記憶)がない事にコンプレックスがあります。

テスト勉強は一週間前からダラダラいって、真ん中ぐらいの成績。高校も短大も偏差値内の推薦で入り(合格枠)、就職や転職も薦められたところを受け、働いています。いずれも中の中程度で、頭が良いわけではないです。

昔から競争や目立つことが嫌いな大人しい性分で、覇気がありません。
嫌いな事から逃げてきたのにもかかわらず、何故か学校や会社で真面目だと評価されていたようです。
周りを見て、何て自分は目的のない中途半端な人間なのだろう?と思いました。

努力家でモチベーションが高い方、その体験談とエネルギー源を教えてください。

ユーザーID:8577847490

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 頑張る必要がないから

    頑張らなければならない必要がないから、してこなかっただけでしょう。

    エネルギー源があっても動機がないとダメでしょうね。これから死ぬまでの間に否応なしに直面するかも知れませんから、その時には頑張りましょう。

    ユーザーID:0517969954

  • 性格

    まあ、個性ですね。ホルモンバランスとかでしょう。

    私の場合は負けず嫌いなところがあるのと、偉人伝を読んで自分も頑張ろうと思ったのが大きかったかも。

    人それぞれでいいんじゃないですか。

    ユーザーID:0334786821

  • 聞いてどうするの

    それこそ、人の数だけ体験もあるし、聞いたところで「ふ〜ん」で終わるのがオチだと思いますよ。

    まずは、今の自分自身を認める処から始めてはどうですか?背伸びしても何も変わりません。

    ユーザーID:0842652345

  • わかる!

    わかります。

    私は政令指定都市に住み、高校は県内有数の進学校、大学は地元の人気私大にすすみました。
    それぞれ一般受験ではありましたが、その時々の学力に見合ったところに行った感覚です。
    ガリガリと勉強したという記憶はありません。
    就職も大きくはないですが地元では知らない人はいない安定した会社(これも一般受験ですが。
    「どうやったら入れるの?!」ってよく聞かれる)に入って、もうすぐ勤続20年です。
    仕事は普通に辛いこともあるけど楽しいこともあり、人に恵まれているなあと思いながら、
    自分なりに働いています。

    不幸ではありませんし、一般的に見て悪くない経歴だと思います。
    でもトピ主さん同様の感覚はいつもあります。
    私の場合は一つには、高校が進学校だったので、旧帝大・早慶をはじめとした難関大学に行った
    同級生がごろごろいて、そこがコンプレックスになっている。
    努力してダメだった、という体験をしていないので、
    自分の限界がわかっていないことで、もっとやれたかも…と思ってしまうのだと思います。

    ただ、努力するのも才能のうちで、私は、自分にはそれがないと思っています。
    続きます。

    ユーザーID:2735966068

  • 人柄のいい方なのでしょうね

    面白いトピです。
    ご両親がゆったりした方なのかと思います。
    当方、<一所懸命、努力>の連続の人生でした。歯を食いしばることの連続で上前歯の
    裏側を見た歯科医がギャーと大声を出してあきれるほど削れています。
    受験勉強では親に尻をたたかれ、社会人になれば構造不況にあえぐ会社でしんどい思い
    の連続でした。皮肉でも嫌味でもなく、トピ主さんのような人にコンプレックスを抱きます。
    このようなトピを見ると誰もが苦労しているのだなと思います。
    地頭がいいか悪いか、存じませんが、何故か周囲から真面目だと評価されていたトピ主さん、
    素晴らしいではないですか?

    ユーザーID:1418646374

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • やるしかない状況に出くわした

    帰国子女です。
    皆さん、海外に行ったら数ヶ月で魔法のように外国語が話せると思われてますが。
    現地の学校に何もわからず編入させられカタコトで毎日勉強。
    やるしかなかったです。
    それまではなんでもフツーなレベル。
    でもやるしかなかった。
    言葉を覚えないと誰からも相手にされませんから。
    6年間ぐらい苦労し、頑張った経験があります。

    ユーザーID:0544664906

  • 下を見たら後が無い

    >努力家でモチベーションが高い方、その体験談とエネルギー源を教えてください。

    HNとタイトルの通りです。
    貧乏に生まれ育ち、その怨念をモチベーションの発生源としていますので、かなりなところまで頑張れますよ。勝ち組と言われるレベルに達しました。

    トピ主さんは、生ぬるい育ちだったのではないでしょうか?

    ユーザーID:1447970117

  • 私も

    あまり頑張ったと言える経験がありません。勉強は不真面目でした。宿題の提出もサボり気味。授業中も半分は落書き、半分は居眠りに費やしていましたので、真面目という評価も無く。真ん中くらいの成績で、真ん中くらいの高校に入り、中の上くらいの私大に奇跡的に潜り込みました。

    運動も嫌いで、部活は帰宅部のようなものに籍だけある感じ。

    子育ても、自分がダメ人間なので子どもは少しはマトモに育てようかと思っていましたが、まあまあ手のかからない子たちで、私が頑張らなくてもごく普通の子に育っています。

    運がいいのか、逆に運が悪いのか。試練も無いけど達成感も無いです。頑張ったことが無いからか、打たれ弱いです。やはり中途半端な自分の人生にうんざりすることもありますが、だからと言って頑張れそうな何かを見つけられる気がしないです。

    トピ主さんの求めるレスとは違いますが、似てるー、と思ってレスしてしまいました。

    ユーザーID:8398357624

  • 続きです

    「努力家でモチベーションが高い方」の体験談を聞くと、正直『疲れそう…』と思ってしまいますし。

    一方で、会社でもここまで大活躍はないけれども大過なく過ごしているわけで、
    そういう意味では適応力というか、そこそこやる才能(能力)はあるのだと思っています。
    そして、その能力すらもない人も、実は社会には多い。
    ですから私はこれはこれでアリだなと思っています。

    おそらく自分はこのまま、ぼうっとそこそこやりながら、一生を終えるのだろうと予測しています。

    主さんがそうかどうかは、わかりません。
    が、自己評価はさておき、まわりから真面目と評価されているのなら、それはそれでいいのではないですか。
    自己評価なんて案外どうでもいいものなのかもしれないですよ。

    ユーザーID:2735966068

  • 自分で授業料を払って初めて頑張った

    子供時代は何をやっても中途半端でした。思えば親が授業料を払ってくれていたからです。
    大人になって何事も自分払いになり、頑張ってモノにしなければお金がもったいないと思うようになりました。
    手始めに水泳を習いまして、金づちから上級者になり、長距離大会のエントリーをするまでになり「安心して見ていられる安定した泳ぎ」と言われるようになり、一級スイマーを取得しました。自信が付いた私は43才で自動車学校に入り免許を取得。ますます自信が付き書道教室に入り、師範取得。一番辛かったのは準師範試験で、力尽きて肺炎になりました。顔つきまで変わるほど頑張ったのに、論文と楷書の実技で落ちました。試験に落ちたショックと疲労で咳が止まらず肺炎になりました。しかし翌年合格。次の年には師範試験に一度で合格しました。準師範の経験がこの時には役立ちました。人生の中であんなに頑張った事は有りません。
    師範試験は実技と論文と合わせて十教科ですが一発合格は珍しいと言われました。
    その頃の私は道具にはお金に糸目を付けず、時間の有る限り筆を取り、論文のためにあらゆる本を読み頭の中身は他の事は有りませんでした。

    ユーザーID:8233469532

  • 学校での授業は勉強ではありません

    学校での授業は勉強ではありません
    きっかけに過ぎません
    自分が何かをしたいと思うときにするのが勉強です
    何でもいいのですが 例えば司法試験 人を裁きたい 罪を罰したい 法で弁護したい と思えば勉強に身が入るでしょう
    まぁ大方は生活の為ですが
    生活の安定を目的としてもいいのですが

    ユーザーID:0768241371

  • トピ主です

    早速のレスをありがとうございます。
    目的を持てない事が一つの個性とすれば、そうなのかも知れません。

    ただ最近「焦燥感と困惑」を感じます。この間、同年代が集まる機会があったのですが、高い向上心や探求心を持つ人の殆どが一様に「努力してきた。特に受験では必死だった」と口にしていました。皆さん高学歴で大企業にお勤めでした。

    私は何だか自分が恥ずかしくて、ただ話を聞くだけでした。何となくやってきたらここに着きました、という感じの自分の居たたまれなさ。

    親には「やれば出来るが、やらない阿呆」と言われてきました。
    やれば出来るというのは方便だと思います。私のようにやらない(やれない)人の言い訳に過ぎません。
    私は頑張り方を知らないのだと思います。

    ユーザーID:8577847490

  • .....

    頑張らなくても良いようなシチュエーションの中を生きてこられたのなら、それで良かったんですよ、コプレックスなんて持たなくてもね。
    競争や目立つこと、私も嫌いです。でもしかたなく、という感じでしたね。
    私の選んだ職業には競争は必要だったから。
    平穏な生活があなたに合うのならそれで良いのですよ。
    私も今の職場で、争いごとには近づかないように心がけていますよ。

    ユーザーID:2620239531

  • 燃えつきた・・・

    子供の頃からどうしても就きたい憧れの職業があり、学生時代から寝食を忘れてがむしゃらに努力しました。
    夢は叶ったものの、成功はせずリタイアとなりましたが、納得して自分から引退したので満足してます。
    過酷なまでに競争の激しい業界で、職を得るまでのなりふりかまわない努力も、振り返ってみればよくあれだけの事が、しかも結構な長期間できたものだと自分でも感心します。
    夢を叶えられた時に味わった「世界一幸せだ!」の気持ちも、本当にいい思い出です。
    エネルギー源は「夢を叶えたい、その為に生きている!産まれてきた!」という「気持」でしょう。
    多分。
    で、あまりにも無我夢中で長い間突っ走ったため、その後は燃え尽きて、あの頃の私はどこへやら、すっかり地味〜〜な生活になりました。
    仕事はしてるんで、それなりに努力はしてますけど、超生ぬるいですね。
    今はいいんです、それで。
    我が人生に悔いはなし!と胸はって言える人生歩いてきたから、これからは静かな老後をひっそりと、で。
    ちなみにアラフィフ、独身女性です。
    ま、地味〜〜な今も、それはそれでかなり幸せです。

    ユーザーID:9128681588

  • 45歳から頑張りだしました

    真剣に打ち込んだものが何もない、どんよりした子供でした。
    傍から見れば、目的意識が無くフラフラと危なっかしかったと思いますが、適当にすり抜けて来ました。絶頂も無く、どん底も無い人生です。

    去年、ちょっとした事がきっかけで「なんでも頑張ろう!」と決心しました。
    関わることすべて、小さいことでも意識して「頑張って」きました。
    心と力と時間(時にはお金も)を使って事に当たるよう努めました。
    いろんなチャレンジも敢えてするようになりました。

    何を何のために頑張るかは人それぞれですし、意識して頑張っても頑張らなくても結果として得るものは同じかもしれません。

    ただ、私は「エイっ」とひと漕ぎすることで「頑張った。一歩前に進めた。」というこの感覚が好きです。
    出来なかったことが出来た瞬間、新しい世界に足を踏み入れた瞬間、まだ先に進める、次はどうするなどと考えるのです。

    ユーザーID:2242940977

  • 中途半端のどこが悪い。

    イヤな事からは上手に逃げることができるし、
    目立って責任を押し付けられることもなく、人から恨まれることもない。
    ダラダラやっても、どうにかなる程度の才能がある。
    中途半端のどこが悪い!


    ま、親はね。
    成長途中なのに、世の中を見切ってるわが子の姿みてれば、「もう少し頑張れるだろうに」って思いますよ。。。


    一所懸命努力する人、うらやましいですよね。。。。
    ハチャメチャな人生を送るほどの無鉄砲さもなかったようです。。。
    人に自慢できるような苦労もなく、過ごしてこれたんです。
    天性の処世術が備わっているんだと思います。
    「有難い」ことだとおもいませんか。


    「すごいなあ、大変だったんですね。」でいいじゃないですか。
    頑張ったアピールの人は褒めてもらいたいのですから、褒めて差し上げましょう。


    一所懸命せざるを得ない体験は、トピ主さんにはまだめぐってきていないだけかも。
    人生いいことばかりじゃありませんから。


    その時に、頑張れるだけの積み重ねを、今、しているんだと思います。

    ユーザーID:1097556484

  • 自分に厳しいだけでは??

    私は、底辺高校卒なので・・・
    「あの、動物園のような荒れた悲惨な高校をヤンキーに染まらず卒業したこと」
    それだけでも「頑張った〜!」と思ってます
    そして今、封印していることも、頑張ってます(何かと嫉妬しては足を引張ってくる人が出現します)

    そして、ダイエット目的で、日々お菓子を食べない、体重管理も頑張っていること、です
    朝早く起きて掃除も頑張っていることです

    ね・・・!トピ主様から見たら「笑っちゃう」ことでしょ!

    トピ主様は、水準が高い、自分に厳しいのだと思います
    私は、トピ主様がうらやましくもありますよ(なにせ高卒・・驚かれます。嫉妬でしょうけどね)


    >エネルギー源
    コンプレックスです(笑)私、マイナスから起動してますので。自分を好きになるためには
    日々精進!!前進あるのみ!です

    ちなみに私は、個人事業主です

    ユーザーID:4849429192

  • まっ、そんな人もいるんだと

    こういう気持ちで聞いていればいいと思いますよ。
    努力や頑張ったことは自慢と捉える人もいますからね。

    スイカさんだって「また精神論かよ。痛いヤツ。」と聞き流しておけばいいんですよ。
    「こいつ馬鹿で要領が悪いから死に物狂いでしか大学に行けなかったんだな。」って。
    腹黒が推奨されているんですよ、スイカさんみたいに繊細でいなくていい。
    他人をどう悪く思っても心の中で全力で自分を擁護していればいい。
    努力や頑張った人は努力や頑張ったことがない人を何とも思ってないから。

    アラフォーなんですよね。まだ人生半分以上残っていますよ。
    明日のことなんて誰にも判らない。
    スイカさんにも歯をくいしばらなければならない日が来る可能性があるんですよ。
    コンプレックスになんてしなくていい。

    ユーザーID:2241487138

  • 一人で舞台に立つ機会があるとねえ…

    私もグダグダですがね。
    入試準備とか全然やった覚えがなくて。

    ただ、私、小〜高でピアノ習ってまして。
    年一回発表会ありますやん?
    そこで赤っ恥をかくのは嫌なんですよね。まあミスればバレるからね。
    先生はなんかやたらと難しい曲を指定してくるし、
    仕方ないから、発表会の前は必死でやってました。

    あと、教育実習で研究授業ありますやん?
    先生方がずらーっと後ろで観察する中でのへっぽこ授業、しかも大学の指導教官まで来てくれることになってて。
    赤っ恥かくの嫌で(いやまあどうやったって赤っ恥なんですがね)、これも必死で準備しました。

    大学院の時、大きい学会で発表しますやん?
    これも赤っ恥かくの嫌ですから(以下略)。

    ということで、たくさんの人が見てる舞台に一人で立つ機会があると、
    「赤っ恥をかくのは嫌だ」
    という動機の下、かなり必死でがんばれるんじゃないかな。
    そういう機会が持てる習い事とかしてみたらどうかなあ。
    あと、職場での何やらプロジェクトとか、研究発表の機会があったらリーダーや発表者に立候補してみるとか。
    尻に火がつく状況に自分を追い込む。

    ユーザーID:0375067686

  • 他の皆さんに同意します。

    そういう家庭に生まれたから、必然的に頑張らないとならなかったから。
    私もその口です。
    やるしかない。
    そういう状況でした。

    理系四大卒ですが、奨学金とバイトで全て賄い卒業しました。
    理系だったので、課題提出時には泣きながら三日程徹夜…。
    若さと、自分で選んだ道だから出来たんだと思います。
    今はもう無理でしょう。

    主さんだって、頑張っていると思いますけどね?
    ずっと働いていらっしゃる。
    すごい事だと思いますよ、私は。

    ユーザーID:7399613220

  • とってもわかる

    私もトピ主さんに似ています。
    勉強は嫌いだったし苦手でした。勉強の努力が全然できず、無難な学校に進学し、なぜかそこそこ大きな会社に就職し、それなりの収入を得ていました。
    健康で、仕事は真面目にやり、特に趣味もなく、家族を持って、毎日元気に暮らすことができて今はとても満足しています。
    両親はこんな私を心配し、早くから学習塾や習い事をいろいろとやらせ、特技を作ってくれようとしたりしてくれましたが、どれも中途半端。今思えば申し訳ないなと。
    そしていま、わが子の一人が私にそっくりです。一生懸命やることはぜんぜんなし。何を言ってもあまり心に響かず、とてもマイペース。そしてそんなわが子をとても心配している私です。自分とそっくりだと気づいてからは、何とかなるのかなとも思いますが、やはり子供のこととなると心配です。

    ユーザーID:2501840267

  • 結局言い訳をしている

    焦燥感、なんとなくわかります。
    でも主さんの言い分を読むと、根本的に違うな、と感じます。
    主さんの言う「努力」とは、試験などによって得られる結果なんですか?
    確かに生きる上での安易な目標にはなりますし、結果が目で見てわかるので達成感を感じるには十分ですが、本来の「一生懸命努力した」に値することって、学歴や職歴では表せないことだと思いますけどね?

    ここに自分の経歴を書き連ね、親からも「やればできるのにやらない」と言われている、と、結局やらない自分の言い訳をしているだけですよね。
    「これだけは」というものが持てないのは自分の問題なのに、どこかで客観的に考えている、というか。
    結局は「自分がやろうと思わなければできない」のに、自分ではどうにもできないから仕方がない、という結論を出していますよね。

    やりたいと思うことがないのではなく楽な方に逃げている、と自分でわかっているのに、結局はやらない。
    中の中で甘んじている自分が嫌なら、その一つ上を目指したらどうですか?
    いくらでも転がってます。
    簡単なことですよ?

    ユーザーID:3286579083

  • このまま終わりたくないって思った

    学生時代ずーっと平凡で真面目で地味に生きていました。
    でも、本当は目立ちたい気持ちもあったし、将来への夢もありました。
    でも、平凡なまま普通の銀行員になりました。
    同じような毎日。
    ある時急に思ったんです。このまま終わりたくないなあって。
    仕事しながら夜間の専門学校に通いました。
    頑張りすぎちゃって体調崩して入院して、通学中に事故にもあってその職業にはつけなくなりましたが。(現在は趣味としています、仕事は変わっていません)
    私はやったから後悔していないです。
    やらないままなら後悔しました。
    何かを頑張った自分に自信が出ました。
    いつからでもなんでも頑張れるって思ったら変われました。
    性格が変わりましたよ。
    まあ、頑張ってないままでも生活は今と変わってないと思うんですけどね。ホント気持ちの問題だけです。

    ユーザーID:0707968295

  • 悔し涙を流したことがない人なのですね

    なんとなくうまく行って人生を渡って来れたことに、コンプレックスを抱いている。
    自分でそれに気がついているならまだいいのではないでしょうか。

    一生懸命頑張って、結果の良し悪しはそれぞれですが、精一杯頑張ったのだ、という自信というか、やりきったぞ感がありますよ。
    それのあるなしって、けっこう大きいと思うんです。

    逆境に置かれないとその価値はわからないように思います。

    トピ主さんはまだ、逆境にあって逃げられないような辛い思いをしたことがないんじゃないでしょうか?
    そういう目に会わなかったのはラッキーかもしれません。
    ただ、今後逆境にあった時に解決までに相当時間がかかるかも。

    それと「自分がやるしかないんだ」という踏ん張らなければいけない状況にも、おそらく、会わなかったのでしょう。

    タイトルにした悔し涙。
    これは精一杯やった!のにミスや油断等で結果が振るわなかった場合にしか出てこないですよね。
    ギリギリまでやった人、やらなくてもなんとなくの人、人に話すこと、アドバイスの含蓄が違います。

    トピ主さん、人生長いです。これからどうなるかわかりません。

    ユーザーID:1259573456

  • 就職で地獄を見た

    子供時代は貴女のように何とな〜く生きていました。

    小学校低学年の時は負けず嫌いで努力して何でも1番でなければすまない性格でした。

    ところが

    就職も何とな〜くしたのですが、自分よりも随分とハイレベルな一流企業に就職してしまいました。
    そういう場所には男女とも人一倍競争をして勝ち抜いた人ばかりで、あっという間に劣等社員のレッテルを貼られてしまいました。

    人の足は引っ張るは、人の獲得自分の物、自分のものは自分のもの。
    ジャイアンのような男女ばかりでした。

    『こんな筈はない。私が劣等社員の筈がない』という意地があり仕事を死ぬ程頑張って心身壊しました。
    その会社は業績だけでなく人の足を引っ張れない者は一人前とみなされませんでした。

    一流国立大、早慶の男性達も心身壊して辞めていきました。自殺者も多い企業です。

    そういう身の丈に合わない会社で死ぬ程働いた現実は大抵のことでへこたれない精神力をつけました。

    辛く苦しい人生でしたが、『あの時よりも楽』という経験を多く持っていますので、今後の人生は少し楽に生きていけると思います。

    ユーザーID:2871499209

  • スポーツは嫌いですか?

    運動部の経験があれば、歯を食いしばる場面は何度もあるのですが。

    ユーザーID:1931513815

  • 性格では・・・?

    こんにちは。
    単にそういう性分なのですよ、トピ主さんは、素直で柔軟な性格なんですよ。
    私は、昔から自分が興味のあること以外はしたくない(できない)性分で、親の勧めアドバイスも無視して突っ走ってしまう性格です。アラフォーになった今、随分まわり道してきたな、、と思うことが沢山あります。
    勉強や就職でもがむしゃらに頑張りましたが、要領が悪いので「中途半端な人間だなあ」って思うこともあります。
    親の介護だったり、自分や家族の病気がなければ、それだけで幸せです。毎日を淡々と生きることだって、頑張ってることなのではないでしょうか。

    ユーザーID:3107321465

  • 身の丈を知る

    特に女性に多いタイプだと思いますが、気を付けてほしいのは、そういう人たちは、中年くらいになると自分以外の事しか話せないタイプになりやすいのです。(旦那の職業とか、子供の学校とか、義実家の話とか・・・)
    そして加齢と共に謙虚さが薄れると、自分は中途半端じゃないと主張したいのはわかるが、自分の周囲と違う生活をする人や、苦労してる人の話をワイドショーみたいにちょっと失礼な感じで辛口コメントしたりする。。。結構います。
    気を付けてくださいね。

    ユーザーID:5631723769

  • わかります

    私もそうです。

    なんとなくやってきて、進学、就職、結婚と進みました。

    その後、性格の不一致で離婚しました。
    そのときは「頑張ってないからだな」と思いました。

    でもその後も変わらず、なんとなく働いて「私の人生、この程度だな」と思っていたら、現在の夫と出会って再婚、出産。
    現在は3児をもつ専業主婦です。

    夫は年下ですが優しく子煩悩で頼りがいがあり、夫婦でデートするほど仲良し。
    こども達も普通に優秀で、私が頑張るまでもなく順調に育っています。

    いまだに本気で頑張ってはいません。

    自分以外の人はみんな頑張っているように見えるときもあります。
    スポーツ選手や頑張ってる人のドキュメンタリーを観ると本気で尊敬しますし、応援します。

    こんなにラクをして幸せでいたらどこかに落とし穴があるんじゃないかと時々不安になったりもします。

    でも、欲張らないでこのまま今の幸せに感謝しながら生きていくのもひとつの手だとも思います。
    頑張らないけど、欲張らず、謙虚に過ごしていればいいのかなと思うのです。

    ユーザーID:6019388599

  • 最近知りました

    長年、自分の好きなこと、おもしろいなと感じることだけしてきました。
    生まれて初めて、努力とはこういうことだと思うことがありました。
    それはある習い事です。
    進歩が感じられないとおもしろくはありません。
    やっているんだけど、何か進歩を感じない。でも継続する。
    これが努力なんだと思いましたね。
    好きなことは楽しくて、負担感はないんですよね。
    成果が目に見えないのにとりあえず頑張る、これが努力だと思いました。

    ユーザーID:2539866933

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧