• ホーム
  • 健康
  • 生後10ヶ月の娘を病気で亡くした父親です。

生後10ヶ月の娘を病気で亡くした父親です。

レス82
(トピ主0
お気に入り567

心や体の悩み

ゆりパパ

レス

レス数82

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • きっと傍に

    私は、きっとお子さんの魂のようなものが傍にいてくれるんだと思います。あなたたちが心配なのでしょう。今はお子さんとの素敵な年月を思い出し、そしてこれから生きていく強い決意をしていく時ではないでしょうか。ご夫婦の前向きな意思が決まったら、きっと成仏していかれると思います。
    とてもおつらいでしょうが、ぜったい朝の来ない夜はないのですから、天に召されたお子様に恥じないよう、生きて行ってください。そしてお子様のご冥福をお祈りしています。

    ユーザーID:0279807966

  • あの世での約束

    私が交通事故にあい、一時、心肺停止状態になった時に、私は病室の上から自分とお医者さんや看護師さんたちを見ていました。上から見ているんです。不思議でした。しばらくしてから光のようなものが眩しくて次に今まで見たこともない綺麗な場所にいました。そこには遥か昔に亡くなったお爺ちゃんがいました。お爺ちゃんは随分若返っていたのですが、それがお爺ちゃんだとすぐにわかりました。お爺ちゃんは「いつもお前のこと見ていたよ」私「お爺ちゃんから私が見えるの?」お爺ちゃん「見えるんだよ、お前はまだこっちに来るのは早すぎるから戻らないとな」私「また、お爺ちゃんと会える?」お爺ちゃん「会えるよ、未々先だけど、必ず会えるよ」私「本当に?」お爺ちゃん「絶対会える、約束するよ」そう言ってニコニコ笑いました。この経験で私はあの世を信じました。トピさん、お嬢さんが見ていますよ、頑張れ!

    ユーザーID:8965895950

  • 優しいお嬢さんですね。

    せっかくお嬢さんがそう言ってくれているのですから、
    ここはお嬢さんの言葉を信じて、
    明るくたくましく生きて行きましょうよ。
    再会を心待ちにして。

    ユーザーID:5100373412

  • 信じます

    お辛い体験でしたね。。

    子供を亡くす体験は、とても辛い‥

    無理に頑張らなくていい、無理に立ち直ろうとしなくて良いと思います‥

    それだけ、辛い体験だから。


    世の中には、説明できないことって、あると思う。

    きっと娘さんは、パパとママのそばにいます。


    私は、妊娠7か月目で、死産になりました。

    まだ3年しか経ってません。でも、夢の中で、一度きり、赤ちゃんが出てきてくれました。


    時々、お墓へお参りに行きます。手作りのぬいぐるみやベビーシューズを持って。

    また夢の中で会いたいけど、なかなか出てきてくれません。

    多分、ずっと、おもい続けます。


    子供が亡くなってから、ずっと、この3年間、命について、深く考えています。。

    以前は、「生」と「死」って、とても遠い存在だと思ってたけど、実はすごく近くにあるんだ‥と、今は感じています。

    私達は、死んだら、どこに行くのかな‥と思うけど、多分、この世に生きてる間は、明確な答えは見つからないんだ‥と思います。

    身体は亡くなっても、魂は亡くならないって、感じます。

    ユーザーID:1124986247

  • 当事者として

    私も、長期にわたる不妊治療の末に授かった子を生後7か月の時に突然看取ることになりました。
    そのときから、ふわふわとして生きている実感がないまま、5年すぎました。5年すぎても、このふわふわした状態は続いています。夢のなかにいるようです。病院にも通院しましたが、私にとっては意味がありませんでした。この状態は一生続くものと悟りました。すみません体験中のことです。

    ユーザーID:7571781530

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • いつまでも傍にいるよ

    一か月前に子供を亡くされてお辛いでしょう。
    未だに亡くなったのを信じられない気持ちが強い時期かと思います。
    ご冥福をお祈り申し上げます。

    肉体は亡くなっても、魂は生き続けています。身内の傍にいて、見守っていると思います。会いに行くのは「生まれ変わってまた家族として生きる」事を意味していると思います。それはいつなのかわかりません。でも必ず会えると思います。辛すぎる体験をすればそんな経験される方います。

    病気じゃないですよ。わからない人にはわからないです。娘さんの事が見えなくなる日がくると思います。その頃から主さんが気持ちが落ち着いたので安心して姿を見せないでいる。そしてもう一度主さんの子供として生活する日が近いと思われた方が良いでしょう。

    ユーザーID:2108887823

  • 感謝いたします。亡き娘も喜んでおります。(トピ主)

    たくさんの暖かいお言葉ありがとうございます。先週、亡き一人娘の49日法要も無事に済みました。法要が終わった夜、10年に及ぶ不妊治療で私達夫婦のところに来てくれてから亡くなるまでに撮った約300枚の写真を妻と二人で見ました。とめどなく流れる涙を拭いながら・・・妊娠9ヶ月で撮ったマタニティフォト、妻が感激して本当にいとおしそうに胸に抱いている生まれたばかりの写真、すやすや気持ちよさそうに寝ている新生児のころの写真、笑ってくれるようになって私の小指を小さな手でしっかり握って微笑んでいる写真、ハイハイができるようになって嬉しくてベッドではしゃいでる写真、つかまり立ちができて得意そうに片手を上げて笑っている写真、亡くなる二日前まで本当に元気だった生後10ヶ月までの娘がそこにいました・・・私は27日で50歳になりました。こんな残酷な誕生日、無いですよね。。。
    今は・・・・そこにいるはずもない娘が見えています。生前、お風呂に入れるのが私の担当であり喜びでもあったので、(続きます)

    ユーザーID:9600562070

  • 続きです。

    (続きです)
    お風呂で毎日亡き娘と会話しています。
    私からは「今日は寒かったねー、天国はあったかいの?」「ひいおばあちゃんに抱っこしてもらってニコニコだねー。そっか、カービィ(先日亡くなった老犬)も一緒なんだね、にぎやかで楽しいね」とか・・・・妻の亡くなったおばあちゃんに抱っこされて喜んでいる娘が見えるんです。私はおばあちゃんに会ったことはないですが、見えたおばあちゃんの特徴を妻に言ったら「合っている」と言っていました。
    亡き娘からは「天国はね、明るくてあったかくて気持ちよくて皆やさしくて、すごくいいところだよ」「パパ、もう少し待っててね。もういっかいママのお腹に入ってパパとママに会いにくよ、今度はずっと一緒にいるよー」って言ってくれるんです。。。私は泣きながら「うん、うん、待ってるからね。。」って答えるのです。
    娘との会話は毎日、妻に伝えます。妻にとっては、それを私から聞くことが生きていくための精神的な支えですから・・・
    38歳の妻は不妊治療を再開します。もう一度、娘が次女として生まれ変わって来てくれることを信じて・・・・

    ユーザーID:9600562070

  • また会えますよ

    いつかまた会えますよ。神様はそのような仕組みでこの世界を創りましたから。
    毎年の命日にはその子が生きていたらどんな風に育っていたのか想像してあげてください。辛いかもしれませんが、それが最大の供養になりますから。

    ユーザーID:2524503932

  • 精神衰弱状態によるものとはおもうが

    説明できない不思議体験ってものはこの世で数々とあるもんです。
    実際病気だとしたら逆に苛まれる悪いものを見たりそんな幸せなものはみえません。現に見えない何かが見えてしまう病気はありますが、だいたいは怖かったり恐怖を感じる傾向がほとんどですがそういうわけでもなさそうですし。

    本当にそこらへんにいるんじゃないですか?また妊娠されたらその子がくると思いますよ。

    ユーザーID:4629798006

  • 信じます

    科学者として、最近科学では証明出来ないことに多々直面しております。脳内での記憶を整理するための現象、現実から心身を守るための現象と言うことはできますが、それだけでは無いものがあると思っています。トピ主様と年齢、誕生日も同じです。このトピを見つけたのも偶然では無いと思っています。本当に科学で説明出来ることはほんのわずかです。

    ユーザーID:3343436536

  • きっとまた会えますよ

    お嬢様のこと、とてもお辛い出来事でしたね。
    お悔やみ申し上げます。

    私のことで恐縮ですが、私の娘の話を聞いて頂けますか?

    現在私は2児(姉弟)の母ですが、
    娘が3歳くらいの時に、突然生まれる前のことを話し出しました。

    「お空で弟と遊んでいた時に下を覗いてみたらママが見えたの。
    とっても優しそうだな、あのママの子どもになりたいなって思ってママの所に来たんだよ。
    弟には、先に行ってるからあとから来てねって言ってた来たんだよ」と。
    さらには、「お空でお兄ちゃんやお姉ちゃんにも会ったよ」と。

    私は娘を出産するまでに数回の流産を繰返していますが、その時まだ小さかった娘は、生まれてくることができなかった自分の姉兄の存在を知りませんでした。

    娘の話を聞いて主人は半信半疑でしたが、私は不思議と信じることができました。
    その当時娘は、大人には見えないいろいろなものと会話をしていて、中には不幸にも事故で亡くなってしまったという小さい女の子もいました。

    ですから、ゆりパパさんが見えているお嬢様の姿は、私は幻ではないと思います。
    きっとお嬢様は、ゆりパパさんと奥様の側に寄り添っていますよ。

    ユーザーID:5807322142

  • 私は信じています

    私も経験あります。でも誰にも言っていません。たぶん信じて貰えないと思うからです。
    最初は自分がおかしくなったと思っていましたがあれから30年…普通に過ごしています。
    すごく大切な思い出としてそっと胸にしまっています。亡くなった後でも心配してくれてたんだなぁと有り難く思っています。
    思い出す度に今の自分を見つめ直しています。
    心配ないよ、と報告しています。
    それで良いのだと思っています。

    ユーザーID:4772440853

  • しっかり前を向いて生きて下さい

    苦労して、ようやく授かった娘さんを亡くされて、さぞおつらかっただろうと思います
    今はまだ前を向けなくても娘さんが幻覚で言っているように、あなたがたがそんな状態ではうかばれないでしょう
    なんとか元気を出して前進してください

    ユーザーID:6015385025

  • 私も信じます

    2度目です
    涙がとまらなくて…
    気がきいたことを言えないですが、心から応援させて頂きます

    ユーザーID:3579122465

  • しばらくはそのままで

    見たことがない人にはわからないと思いますが、ありますよね、そういうこと。
    見えるというか、感じるというか。

    トピ主さんたちが立ち直れるまで、娘さんはいてくれると思います。
    ゆっくりでいいと思いますよ。

    病院とか行かなくていいです。
    ただし、変な宗教の勧誘にだけは気をつけてくださいね。

    ユーザーID:8420006196

  • 毎日笑っていて下さい

    トピ読みました。レスさせて下さい。確かに泣いてたらきっと哀しいと思うけど、毎日忘れない様に笑って過ごしていればまた良い事があります。

    ユーザーID:4001166510

  • 本当だと思いますよ

    可愛い盛りのお嬢様を亡くされてまだ一ヶ月。お辛いですね。お悔やみ申し上げます。

    まだまだ実感なんて湧きませんよね。家族を亡くしてしまったら、年単位の時間が必要だと思います。

    私も妹を亡くして20年経ちましたが、振り返ってみると、似たような事がありました。

    幾つかありますが、亡くなって7、8年も過ぎた頃でしょうか…。通勤バスからぼんやりと外を眺めていたら、「お姉ちゃん!」と、とてもハッキリとした声で妹に呼び掛けられたのです。

    思わず周りを見渡してしまいましたが、勿論妹が居るはずもなく…。でも、本当にはっきりと聞こえたのですよ。

    いつも、私の事を見守ってくれているのだな…と思っています。

    また、ある晩、寝ている私の布団の上を誰かがぐるぐると歩き回った感触がして、父かな、と思ったら夜勤で居ない日でした。祖父の命日でした。

    ですから、今聞こえたり見えたりしている事は、病院に行くような事態とかではなく、お父様お母様を慕ってお嬢様が見せてくれている贈り物のようなものなのではないでしょうか。

    今はまだ、そんな時期だと思うのです。
    お嬢様のご冥福をお祈り申し上げます。

    ユーザーID:5797673758

  • コウノドリ

    今、TBSで出産を巡る新生児、親、医師の葛藤を描く真面目なドラマを放映中です。
    出産で母親を無くされたり、死産となったり、障害児、早産児となったケースが描かれ、
    体験された方の共感の輪が広がっています。
    一度ご覧になったら如何でしょう。

    ユーザーID:9310057848

  • 50歳なんですか?

    もっと若いパパだと思ってました。
    奥様38歳ですか。

    夫婦でカウンセリングに通って
    これからのことを考え直したほうがいいかもしれません。

    お子さんを持つことだけが人生ではありませんよ。
    亡くなったお子さんも見ていてくれると思いますよ。
    夫婦お二人だけの人生でもいいじゃないですか。

    ユーザーID:3580969015

  • おつらいですね

    私は流産を2度経験しました。

    主様のように、生まれてきた大事なお子さんが天に召されてしまったのは、それとは段違いの悲しみだとは思います。

    でも、私も流産した二人の子は、私のそばにいつもいてくれていると信じています。
    主様のお子さんも、そうなのではないでしょうか?きっとパパとママが大好きだと思いますし。

    それでいいと思います。
    忘れる必要は、ないです。私もわが子のことは忘れません。
    私の場合は、その後出産することができ、その子ももう高校生です。
    だけど、高校生のわが子と、生まれてこられずに天に戻っていった子たちも、同じ私の子です。
    生まれ変わりだなんて、思っていません。

    お子さんは、パパとママのそばにいてニコニコしています。
    お子さんが語りかけてくれる通りです。今のままで、いいんです。

    できたら少しずつだとしても、笑顔を取り戻されますよう。
    そのほうがきっと、お子さんも嬉しいでしょうし、安心してくれます。
    でも無理はいけません。お子さんの可愛い姿を忘れず、大切に思っていれば大丈夫です。

    ユーザーID:4427385342

  • ぜひ読んでみてください

    ゆりパパさま、お気持ちお察しいたします。わたしも昨年、不妊治療で授かった息子を3ヶ月半で亡くしました。かわいい我が子がある日忽然と自分のそばから消えてしまう辛さ…。こればかりは、経験した者にしか分からないでしょう。
    ゆりパパさまの書き込みを読んで、真っ先に飯田史彦さんの「生きがいの創造」という本が頭に浮かびました。昨年、死別に関する書籍などを読み漁っていたときに出会った本です。お読みになっていただくと、ご自身の体験は幻覚などではない、と思えるのではないでしょうか。奥さまにも強くお勧めいたします。わたし自身も、昨年は、この本に書かれていることを支えになんとか日々を過ごしてきた、という感じです。

    ユーザーID:3697996511

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧