• ホーム
  • 話題
  • 不動産屋が親に勝手にスペアキーを渡していた

不動産屋が親に勝手にスペアキーを渡していた

レス22
(トピ主1
お気に入り220

生活・身近な話題

ちよ

どうかお分かりになる方にお教え頂きたいのですが、タイトルどおり、
不動産屋が親に勝手に私の部屋のスペアキーを渡していました。
私が教えて頂きたいのは、不動産屋を小額裁判で訴える事が出来るかどうかです。

今のマンションに新築で入居し、5年ほど一人暮らしをし、今月末引越す事になりました。
退去の日が近づき、先日母に「実は不動産屋にスペアキーを渡されていた」と言われ、突然合鍵を渡され、頭が真っ白になりました。
母曰く、「若い人は親に鍵を渡したがらないので、何かあった際の為、内緒で鍵を渡しておきます。」と
不動産会社の担当が私の確認無しに、勝手に渡していた事が判明し、ショックのあまり眠ることが出来ず、不眠症になりました。

まさか親に鍵を渡されているとは考えもしなかったので、親には見られたくない物を部屋に放置していたし、過干渉な親なので間違いなく
不在時に部屋に入っていると思います。

知ってからショックのあまり髪の毛も大量に抜けてしまい、ここ数日間泣いていましたが、だんだん怒りに変わってきました。
不動産屋の担当が私に一言の相談もなく勝手に鍵を渡した事に強い怒りを感じています。
もし親が鍵を持っていたいと言えば私は渡しましたし、事前に知っていれば見られたくない物を部屋に放置するなんて無かったです。
 私に黙って鍵を受け取った親も親ですが、怒りは不動産屋に対してです。
何の権限があってそんな事が出来るのか疑問ですし、訴えたい一番の理由は、不動産会社の担当者から入居の際に説明された事も明らかな嘘ばかりで、
トラブル続きだったが、入居しているので我慢し続けてきました。やっと引越す事になり、鍵のことが発覚し、もう我慢の限界です。
どうしても気持ちの遣り様が無いんです。
 どんな事でもいいので、どうか助言をください。どうぞ宜しくお願い致します。

ユーザーID:0799086551

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 情報不足

    入居時に、トピ主さんは学生でしたか?
    また、二十歳を超えていましたか。
    また、契約書の連帯保証人に親が署名していますか。
    それによって事情は違いますよ。

    特に未成年と学生は、契約については親ががりです。
    民法第5条。未成年者による法律行為は法定代理人(通常は親権者)の同意が必要。
    また、親の同意が無ければ、親はその契約を取り消せる権限があります。
    これについては、未成年が勝手に高額なモノを買ってしまった時も、
    親の権限で取り消せる場合があるんですよ。
    場合によって、鍵の一つが親に行く事は「ありえること」かもしれません。
    同意を得るのは親であって、未成年の同意が必要な訳ではないので。

    まあ、成年だった場合、確かに勝手に渡した不動産会社も勝手です。
    でも、連帯保証人が親であれば微妙かなあ・・・
    契約を貴方と連帯して遂行する義務があるんですよね。
    それを少額訴訟で訴えると言うと言うのも・・・。
    何の損害に対して、少額訴訟するのでしょうか。
    するなら、精神的な被害とかそういう風になりそうです。

    よく、金勘定と心の感情は別に考えなさいと言いいます。
    裁判では、被害が何かを証明出来ないとね。

    ユーザーID:7569785172

  • 鍵の受領書は確認しましたか

    不動産業者の判断で親に鍵を渡すことなど考えたこともありません。

    借主であるトピ主さんに渡されたのは何本ですか。
    最低でも2本はあると思うのですが。

    母親が不動産業者から借り出して勝手に合鍵を作ったのかもしれません。

    母親の言い分だけを信用せず、不動産業者に確認したほうがいいですよ。
    もし本当なら宅地建物取引業の免許を交付している都道府県に相談すべきです。

    ユーザーID:7009908504

  • 忘れる、なかったことにする

    私も絶対に家族に見られてはならない物を見られたことがあります。
    見た方は何も言いませんでしたが、私は頭がおかしくなりそうでした。

    そのことを考えると、思い出すといたたまれなくなり
    どうにかなりそうになるので
    それはもう「なかったこと」として私の記憶から抹消することにしました。

    こうして時々思い出してしまうので完全に抹消はできてないのですが
    ちらりと思い出すたびに「あれはなかったこと、何もなかった!」と
    自分に言い聞かせています。

    確かに不動産屋はひどいと思います。親もひどい。
    だけど「ひどい、どうにかしたい」と思ってしまうと
    その事実が存在したことになってしまうので、
    私は忘れました。
    私の場合はある会社が余計なことをしたのが悪いのですが
    その会社を責めると思い出すし、とにかく思い出したくもないので
    責めることすらしません。

    その事実を人生から消しましょう。
    鍵のことはなかったのです。
    留守に入られた事実もなかった。
    親は何も見ていない。

    私の家族も何も見ていない!
    そう思ってこれからも生きていきます。
    いや、思うことすら忘れてしまうように生きていきます。

    ユーザーID:9503223652

  • そんな過干渉(失礼)な親の一方的なセリフを信じるんですか?

    鍵を渡す際トピ主様に確認あるいは承諾を取らなかったことは不動産会社の担当者の落ち度だと思います。
    鍵を渡されたとき本数を確認しなかったのですか?
    入居時の説明が嘘ばかり・トラブル続きについては訴えてもよいかとは思います。
    証拠は揃えられますか?
    相手は海千山千のプロですよ。

    が、母上の説明は?
    トピ主様の性別・年齢はわかりませんが、母上が「年若い娘が心配で」担当者を泣き落とした可能性は?
    「一方訊いて沙汰するな」
    鍵を返却する際担当者に確認しましょう。

    ユーザーID:3936403124

  • すぐに弁護士へ

    容赦なくやってしまっていいです。
    親御さんに関しては毒になる親をご覧下さい。

    ユーザーID:9393102434

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 素人ですが

    契約者と保証人、入居者の契約時の年齢によるのでは。

    入居者が契約者当人としても、鍵引渡の時に親に渡さないでほしいなど依頼しない限り、
    貸し主の管理に関する意向次第であり、一般通念上もさほどおかしいとはされないと気がします。
    もし入居者が未成年など支払い能力に問題があったり、
    親御さんが保証人なら、なおさらと思います。
    特別な取り決めは契約時に確認事項として書面化が必要な気がします。

    説明事項と明らかに違う嘘と言うのは、
    契約時の書類と現状の違いを提示できる形にすることが必要かと思います。
    ただ、住み続けている事実がある以上、現状承認しているという推定もされそうな気がします。

    ユーザーID:2041044945

  • まあ、やるだけやってみれば?

    まあ、トピ主さんの言い分とすれば仮に親が契約の連帯保証人であっても

    契約者当人の同意なく勝手にカギを渡したのが許せないと。

    そして「ショックのあまり髪の毛も大量に抜けてしまい、ここ数日間泣いていましたが」とのこと。

    ただ疑問なのは、不動産屋と母親は何処で接点を持ったのでしょうか。

    一緒に物件を見て回ったからですか。

    そして「不動産屋から鍵を渡された」と仰る母親の言い分は絶対に正しいのでしょうか。

    これが、あくまでお母さんの言われる通りなら、不動産屋相手に「精神的苦痛に対する慰謝料」
    請求でもされたら良いでしょう。

    DVから逃げている暴力亭主の場合と違い、鍵を渡されたのはトピ主と利害の対立の無い母親です。
    取れる額より弁護士費用の方が掛かりそうな気がしますが。

    寧ろ、このような激情的トピ主さんの方が私はコワい。

    ユーザーID:5442801038

  • レスありがとうございます

    レス頂けて本当に嬉しいです。ありがとうございます。
    情報を追加すると、入居時は成人していて、働いていました。連帯保証人が必要だった為、父が署名しています。
    鍵は二本との指摘ですが、受け取る時一本のみですと言われていました。
    親の一方的なセリフを信じるのか?確かにその通りです。母が嘘をついているのかも
    知れません。そして、忘れるのが一番いい方法なのかも知れません。
    小額裁判を起こしたいのはお金が欲しいとかじゃなくて、負けてもいいから、
    どれだけの精神的苦痛を味わってきたのかを不動産屋の当時の担当・もしくは不動産会社に解らせたいからです。
    これだけだと、私の被害妄想が強いと思われるでしょうが、簡単にまとめると、
    新居入居時に、管理会社が非常にしっかりした会社で年会費と会員登録が必要
    と言われ、無知だった自分は年会費2万円+入会金3万1500円+保険料2万
    を払ったが、たった4ヶ月程で管理会社が変わり、払ったお金は返金されなかった。
    後で知ったが悪質で有名な管理会社で、不動産屋も、管理会社と提携に近い
    マンション案内をする近隣の不動産業界では、納得される悪質な所でした

    ユーザーID:0799086551

  • 物件の契約者が誰かによる

    あなたが契約者だったら、それは訴えても勝てると思うよ

    ユーザーID:6936678433

  • そりゃまあ

    訴えるだけなら出来ますが、満足いく結果になるかどうかは別問題です。
    親に渡したがらないっていう不動産屋さんの言葉をみると親がかりの入居なのかなと思うんですが。
    未成年だったりしませんでしたかね。
    親の言うことは本当かどうかちゃんと証拠ありますか?
    赤の他人がみて事実だとはっきりわかるように証拠をキッチリ揃える所から始まりですよ。
    あと請求金額の根拠もね。
    ほとんどお金にならない可能性もありますが、やりたいならやってみればいいです。
    無料相談に行って見てもいいでしょう。

    ユーザーID:0931956112

  • 親があなたのカギをコピーした

    トピ主さんが実家にいる間
    またはトピ主さんのマンションに遊びに行ったとき

    こっそり合鍵作った に1票です

    「弁護士に相談して不動産屋を訴えようと思っている。
    裁判所に出向いてもらうことになると思うがよろしく頼む。」
    と言えば
    「あなたの事が心配だったから」
    と開き直って白状しそうです。

    この機会に母親とは疎遠で。
    私も過干渉の母親で苦労しました。
    上手な距離の置きかたを覚えましょう。

    大丈夫、大丈夫。

    親が何を知ろうと、
    私(トピ主さん)のことなんて1%だって理解できない。
    知ったふりさせてあげるのは、
    あかちゃんのときにお乳を飲ませてもらったお礼。

    大人になって不愉快な思いをしたお礼は、
    母親が老後にちゃっかり返させてもらいますから。

    耐えきれなくなれば、絶縁しますから。

    すべての主導権はこちらにありますから。
    大丈夫、大丈夫。

    ユーザーID:1278567753

  • 不動産屋を小額裁判で訴える事が出来るかどうかです

    だったら、ここで、何の効力もないド素人の意見を集める事が如何に無意味か理解出来てる?

    ユーザーID:8086869190

  • 素早く行動を

    レス拝見しました。

    賃貸契約書で、鍵は何本とありますか?通常2本渡されることが普通と思います(一人暮らしでも)ので、2本と記載があるのに1本しか渡さなかったのなら、そこが突っ込みどころではと思います。
    たとえ連帯契約者が父であっても、本人以外に「無断」でカギを渡すなど、あってはならないことです。今、2本目(とぴ主さん母所有)のカギはどこにありますか。これを不動産屋に返却してしまうと、鍵の引き渡し書が破棄されてしまう可能性がありますから、その前にコンシェルジュさんのレスに基づき、宅地建物取引業に関する所へ連絡した方が良いのではと思います。

    ユーザーID:7663495587

  • 証拠

    不動産業の者ですがそんな主張されても、退去費用を安くさせるための「誠意を見せろ」的な難癖としか思えません

    契約時の書類の中に、鍵の番号と本数が書いてある書類がないか探してみて
    1本と書かれていたら、2本目が存在するのはどういうことかと追及できるかも
    2本と書かれていたら、残念ながら主様の確認不足ということで諦めるしか…
    当然、2本の鍵の製造メーカー、形状、番号が一致している事が前提です

    大抵新築MSはマスターキーが2本なので、1本しか無いと紛失として別料金を請求される場合があります
    書類がないなら、1本しか受け取っていないので払わないと主張してみて、もし当時の契約担当が「母親に渡した」と漏らしたらラッキーかな?
    管理会社ではなく、賃貸業者に主張して下さいね。管理会社は2本渡した証拠を持っていると思うので、主張は通りません
    それも退去前に。鍵を2本返した後で何を言ってもただの難癖です

    でも正直、却って嫌な思いをするだけだと思います
    渡した相手が契約に同行した母親では精神的被害は認められないと思います
    腹立たしいでしょうが、忘れるのが一番だと思います

    ユーザーID:1388270418

  • 難しいような。専門家に確認を

    ます髪が抜けたことの診断書をとり、国民生活センター消費者生活センターで相談された方が良いと思います。
    裁判所のHPで少額訴訟について調べ、訴状のひな形を選び埋められるか試されましたか。

    髪が抜けた精神的被害の損害を請求するなら、関係者は母親と不動産会社でしょうか。
    母親との鍵の受け渡しが曖昧な口頭のやり取りなら
    母親による依頼だったと申し立があった場合、反対の立証困難で親子間の齟齬となる可能性が高いのでは。
    鍵の所有者である貸し主の意向という申し立てがあれば、不動産屋の一存である証明が必要となるかもしれません。

    管理費に関しては、悪名高いなら似たような訴訟があれば参考に出来ると思います。

    ご存知でしょうが、少額訴訟は一日で証拠提出判定し結審になり、複雑なら対象外。
    相手が望まなければ簡易の民事裁判に替わる可能性があります。
    負けた場合の費用負担は訴人です。
    それ以前に一度も話し合いをしていないならそちらを勧められる可能性が高いと思います。

    法の力を借りるなら、冷静な積み上げが必要と思います。

    ユーザーID:2041044945

  • 忘れるためにも行動すべき。

    多少、お金はかかるかもしれない。
    思い通りの結果を得られないかもしれない。
    でも、私はやるだけやってみた方がいいと思います。

    コンシェルジュさんの内容を参考に、まずは法テラスに相談。
    母と不動産屋双方に確認。(録音も忘れずに)
    その上で、訴訟に持ち込んではどうでしょう。
    (示談にするならそれはそれでいいんだから)

    身内とはいえ、本人以外に内緒で鍵を渡すって…。
    DVから逃げてきた人の鍵を、配偶者に渡したりするんですかね?
    前に進む、忘れるためにも、行動すべきだと思いますよ。
    どうか納得いく結果となりますように。

    ユーザーID:9289777025

  • 補助錠を出かける時にかけておく

    とりあえず補助錠をホームセンターやネットなどで購入して、出かける時にはかならず補助錠も鍵をかけます。合鍵だけでは、これで開かなくなります。

    ユーザーID:8732948593

  • ちょっと普通じゃない

    賃貸契約書に鍵が2本と書いてあれば、新居に入る際の鍵受け取りの時に、鍵の受領書にサインまたは捺印しますから、トピ主が鍵を2本持っている証拠となる文書が不動産屋にはあるはずです。

    それなのに、鍵1本しか渡されなかった事実はトピ主の証言のみしかありません。これは弱いです。ちょっと注意が足りなかったですね。

    私のアパートのオーナーさんは緊急時用に3本目のスペアキーを持っています。これは契約書にも書いてありますし、重要事項説明の時も聞きました。でも、面識がない私の両親が、実際にに大家さんを訪れて鍵を出せと言っても、3本目のスペアキーを渡すことはないと思います。トピの内容は普通のことではないと思います。

    あのーさんのレスした補助錠はいいアイディアですが、物件によっては火災等の非常時を想定して、玄関の補助鍵を禁止していることがあります。契約書を読んで対応することが必要でしょう。

    ユーザーID:3845491205

  • ペット用のWEBカメラを設置する

    録画機能があるのもいいですね。

    これでしっかり証拠を得ましょう。

    補助錠も禁止の賃貸契約の所があるのですか。ではこれは〜とアイデアをまた書きに来ました。

    ユーザーID:8732948593

  • 感情的にならないで事実確認を

    トピ主さんが、既に感情モードに入ってしまっているので
    難しいと思いますが、冷静に理性的に事実確認される必要
    があります。
    他の方が仰っているように、鍵の授受本数を再確認される
    ことが必要でしょう。授受書類があれば尚良いでしょう。

    次に、トピ主さんは、親御さんが自室に親が無断で入った
    と即断していらっしゃるようですが、それは事実ですか?
    感情的になって、在らぬ疑いを掛けているのではありませ
    んか。

    仮に不動産屋が行ったことが事実だとすれば、在り得ない
    ことだと思いますが、「問題発生時」の対応を楽に処理し
    たいとの考えだったのでしょうね。

    だとしても、無断で鍵を渡すと言う事は考えられません。
    言い難い事ですが、男性の単身者アパートに比較して女性
    のアパートは、kitanaiと言うのが不動産業者の評判です。

    しかし、その業者の行動は許されません。事業認可してい
    る機関に問題の報告をして置きましょう。

    ユーザーID:9849604007

  • 難しい

     >>小額裁判で訴える事が出来るかどうかです。

     無理と言うより何を訴えるのかがわかりません。

     少額訴訟と言うのは客観的な未払い金を証拠(=請求書、契約書等)を元に判決と言うか裁判所命令を出すもののために出来たようなもので多分トピ主さんの要求する事柄に客観性はないと思います。(契約書にカギを親に渡したらペナルティーとして○○万円支払うという文言があれば別。)

     慰謝料迷惑料と言う事となればやはり調停は必要だと思います。それでも保証人にカギを渡したという行為が習慣なのか、反社会的行為なのか、人権侵害にあたるのか、客観的な不利益を受けたかは謎です。(むしろ黙っていた親の方が道義的責任が大きような気がします。)

     ちなみに慰謝料の請求は大変です、かの教科書裁判で有名になった学者さんですら最高裁まで長い年月を使ってたったの10万円。
     私も不当解雇で調停を申し出ましたが70万円(当時の最高額)を請求してその学者さんを事例に10万円でとの勧告を受けました。(成立)
     大変ですよ。

    ユーザーID:0717549689

  • 訴える事はできるけど勝訴するとは限らない

    タイトル通りです。

    また、不動産会社は、仲介会社と管理会社があります。
    鍵の管理をしているのは管理会社で、部屋の案内や入居時の説明したのは仲介会社じゃないですか?
    どちらへもお怒りがあるようですが、2社まとめて訴えますか?

    主さんは、2社ごちゃまぜになっていて八つ当たり感が満載です。
    まずは整理をして、賠償に値するものを精査しましょう。

    また、管理会社が鍵を勝手に渡すのは勿論ダメです。
    ですが。。。
    「母親が部屋に入っていると思うので、精神的苦痛を味わいました。なので慰謝料下さい」
    「母親が部屋に入っている事を想像したら髪の毛が沢山抜けたので慰謝料下さい」
    今の状態はこんな感じですよね?
    これじゃ、勝訴は難しいと思います。

    仲介会社については「入居時の説明に嘘だらけ」に法的根拠があるなら、
    国土交通省、又は都道府県(会社の免許により異なる)の担当部署へご相談を。
    相談料は無料です。
    但し、ただのクレームの内容だと「そうですか。。。」で終了です。

    ユーザーID:8273782424

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧