お好み焼きにマヨネーズはいつから始まったか

レス82
お気に入り80
トピ主のみ3

もんどりモンドリアン

話題

北関東出身、50代後半の男性です。
最近では、お好み焼きにマヨネーズをかけることがすっかり定着してしまいましたが、私が幼かったころはそうではありませんでした。
私が十歳に満たないころ、家の近くに八百屋があり、子ども相手にお好み焼きや焼きいもなども売っていました。
おばさんが鉄板で焼いてくれてソースをつけ、二つに折って紙袋に入れてくれたように記憶しています。あるいは、店先で食べていたのか。半世紀も前のことなので記憶は定かではありません。ただ、とてもうまかったという記憶は今も残っています。
そして、現在のようにマヨネーズをかけるということはなかったと、これも確信をもって言えます。
だいたい、当時マヨネーズという調味料は、少なくとも私が育った北関東の小さい市では一般的ではなかったように思います。
その後、「お好み焼き粉」が発売され、家庭でフライパンを使って手軽にお好み焼きが食べられるようになっても――昭和四十年代半ばくらいか――マヨネーズをかけて食べるということはしかなったように思います。この時にはマヨネーズは生野菜にかけて食べるものでした。
さて、本題に入ります。皆さんにお尋ねしたいのはトピタイトルの通り、

お好み焼きにマヨネーズをかけるのはいつから始まったのか

ということです。
私は特にお好み焼き好きというわけではないので、このようなトピを立てるにはふさわしい者ではないのかもしれませんが、ふと疑問に思いトピ立てしました。
私は北関東の出身ですが、よく本場として取り上げられる大阪や広島などでは昔から行われてていたことなのでしょうか?
それとも、やはり近年に始まったことなのか。始まりについてはっきりとした由来があるのか。などなど、ご存知のことがあれば教えてください。
そのほか、お好み焼きにまつわる思い出などでも結構です。どうぞお付き合いください。

ユーザーID:8209983585

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数82

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 25年前はありました

    中学生くらいの時に初めてお好み焼きを渋谷で食べたときは、テーブルに置いてありました。
    チェーン店です。

    ユーザーID:8494816221

  • 大阪出身者です

    お好み焼きの本場、大阪で生まれ育った48歳女性です。
    私が小さい頃はお好み焼き・たこ焼きは家で作るものでした。
    昭和50年代当時はマヨネーズはかけてなかったと思いますよ。
    (話はそれますが、たこ焼き器は一家に一台あります)
    お好みソースもたこ焼きソースもなくて、家でケチャップとウスターソースを混ぜて作ってましたね。
    キューピーマヨネーズは気がつくと冷蔵庫に常備されてました。
    ということは昭和50年代には普及していたのか。

    現在全国展開しているお好み焼き店「千房」が大阪で大流行したのが私の中学・高校時代です。
    その頃から大衆的なお好み焼きがちょっと洒落た外食へと変わったのを覚えています。
    勝手な推測ですが「千房」からマヨネーズ仕様が広まったのでは?

    ちなみに私は今でもお好み焼きにマヨネーズかけない派です。
    お好み焼きソースも、自家製が世界一おいしいと信じています。

    ユーザーID:9483426464

  • 平成のマヨラーブーム?

    50代の主婦です。
    同じく、私が子供の頃はソースのみでした。
    それが、いつの間にかスーパーで販売されているお好み焼きやたこ焼きまでもがマヨネーズがけのものですよね。
    サラダうどんにまでマヨネーズかかってるのを見た時は、さすがに驚きました。
    マヨネーズ抜いてください、とお惣菜担当者にお願いしたことありましたが、「決まりですから」と断わられたことあります。
    それ以後は、スーパーのお惣菜コーナーのお好み焼きは買っていません。
    食べたくなったら面倒でも自分で焼いて食べています。

    ユーザーID:2498798367

  • 30年前に、大阪で食べた豚玉

     私の記憶が確かなら大阪、玉出のお好み焼き店「象屋」さんで食べたデリシャスな豚玉にかかっていたのは、一般のマヨネーズでは無く「ダーキー」というものだったようです。

     それは確かに30年前のアメ横、調味料専門店で銀色の一斗缶で売られていたのを見たことがありました。検索しても出てきましたね。

     味は酸味が抑えられたとてもマイルドなもので、関東のお好み焼き屋さんで使用している店は一軒も見た事がありません。

    ユーザーID:3475449709

  • 関西語圏

    関西語エリアの端のほうで育った40代後半です。
    私が高校生くらいのころ(30年前?)に近くのお店で
    マヨネーズつきのお好み焼きの店ができて、
    最初は違和感をおぼえつつも、食べたらおいしかったのを覚えています。

    ユーザーID:9043628344

  • 私も北関東出身です

    私の子供時代は、マヨネーズと言えば生野菜のみにかけるものでした。
    たしかにそんなに使わなかったです。
    今は、西日本に住んでいますが、以前広島に行ってお好み焼きを食べても、出てくるのはソースのみでした。マヨネーズが出てくるのは、マヨラーという言葉が登場してからのように思います。

    多分、平成12年くらい?

    ユーザーID:6813486071

  • 大昔から

     マヨネーズは「酢」
     ソースも「酢」

     マヨネーズはマイルドな酢、ソースは辛めのハードな酢、

     料理好みによって使い分けているだけ、

     本来「お好みソース」だって、ウスターソースに(ほぼ)ケチャップをブレンドし、独特の隠し味を加えているので、隠し味にマヨネーズというのもあり得る。

     昭和40年代の「暮らし○手帳」にウスターソース、ケチャップ、マヨネーズを均等に混ぜた「ドレッシング」をサラダだけでなく、お好み焼きにも合うという記事がありました。
     我が家は、そのころから一時的に、このミックスソースを好んで(ややマヨネーズの割合を減らして)利用していました。

     だから、記事以前にあったとしても全然おかしくないと思います。

     因みにその当時、大手チェーン店は練り辛子を皿に添えていましたが、今のお店は辛口、甘口ソースで事足りている処が多いはず。

    ユーザーID:2569221361

  • 30年以上前に

    親の転勤で東京から南九州の某県に行った時に遭遇しました。

    学校帰りに「お好み焼きの美味しいお店があるから行こうよ」
    と誘われました。
    実はマヨネーズはどちらかというと苦手。
    でも「絶対美味しいから!」
    と言われ、生まれて初めて「お好み焼きにマヨネーズ」を食べました。

    うん、美味しかった。

    大学進学で東京に戻りました。
    かつての友人から連絡が来て会うことに。
    浅草でお好み焼きを注文。
    「東京ってマヨネーズつけないんだね」
    と二人揃って言いました。
    私も当たり前になっていました。

    夫と娘は「どっちでもいい」と言っています。
    今は浅草でもマヨネーズついているかしら。

    ユーザーID:2495112377

  • 戦後

    マヨネーズをお好み焼きにトッピングしたのは「ぼてじゅう」さんです。進駐軍の配給品(の横流し)のマヨネーズをなめてみると、酸味が効いていて、これはお好み焼きにあう、と思ったのが最初だったと聞いています。

    ユーザーID:6239309938

  • 私の記憶が正しければ

    50代前半です。

    小学低学年位(45年位前)の頃から出始めたように思います。
    最初は小袋のマヨネーズで1つ10〜20円だったと記憶しています。
    母が「マヨネーズつけたら美味しいねんてー」って言っていたのも覚えています。

    マヨネーズを普及させたくて始めたのではないのかなぁと思っていますが
    お好み焼きやたこ焼きにはマヨネーズが当たり前になりました、美味しいのでOKですけどね。

    ユーザーID:7992469733

  • 50年くらい

    諸説ありますが、昭和50年に入ってからだと言われていますね。
    私はお好み焼きは、ソウルフードの一つです。

    ユーザーID:2687110965

  • お祭りの屋台(香具師さん)から広まったんじゃないか?

    お祭りの屋台(香具師さん)から広まったんじゃないか?と 思ってました。

    「たこ焼き」「お好み焼き」を始めて見たのが、その屋台だったもんでした。

    「広島風お好み焼き」等との出会いも、屋台でしたし。
    「焼そばにマヨネーズ」を初めて見たのも、屋台。

    ユーザーID:4511842924

  • カップめんの

    カップめんの焼きそばにマヨネーズ付きが浸透したり、
    子供向け漫画のお菓子や料理の味付け変えてどうこうする奴でマヨネーズが色々使われたり、コンビニおにぎりでツナマヨが出て人気になったりと浸透した位から?

    約20年位前とかじゃないですか

    ユーザーID:7817524449

  • 一番はじめは、大阪で昭和21年からだそうです。

    大阪に「ぼてぢゅう」というお好み焼きのチェーンがありますが、そこのホーム
    ページに、マヨネーズを使う元祖と出ています。昭和21年です。

    ですが、関西でも一般的に広まったのは、1970年より後でしたし、お好み焼き屋
    でも、マヨネーズを出すところと、出さないところは、マチマチでしたね。

    その後1980年に入ると「あるのが当たり前」の雰囲気になりましたから、今から
    40年くらい前が、普及の境目なのではないでしょうか?

    これは「関西」の話なので、北関東となると、また時期がずれてくるとは思います。

    ユーザーID:6510789568

  • 東京からの逆輸入

    1980年代末期に広島で予備校の寮生活をしていてその時に広島式お好み焼きを知りました
    その寮は土曜の夕食はでなかったので近所のお好み焼きやで食べることが多かったのですが、その時はまだマヨネーズはなかったと思います
    ちょうどその頃に広島出身の芸能人がサイドビジネスで東京に開いた広島式お好み焼き屋を紹介する記事を見たのですが、その写真ではマヨネーズがかかっていました
    正直びっくりしました
    1990年代になって広島に寄る機会があったのですが、その時はマヨネーズはかけてはいませんでしたが、調味料としてテーブルに置いていました
    広島の場合は東京からの逆輸入でないかと思います

    広島時代は爺ちゃん婆ちゃんが小遣い稼ぎでやっているような店に通っていたのですが、最近は観光客相手の高級店が増えているように思います
    広島式と言えば中華麺ですが、私が食べていたのは蒸麺で適度にソースを吸っておいしかったのですが、なんでも生が高級と思っているのか都内の店では生麺を使っています
    生麺だとソースをはじいて絡めにくく物足りません
    どこか蒸麺を使っている店はないものか

    ユーザーID:0466969370

  • 1970年代前半

    トピ主さんよりは少し年下なオッサンです。
    1960年代半ばから1970年代半ば位に、(少なくとも関東地方では)NHKの朝のTV番組で「カメラリポート」というのがありました。
    その番組の1970年代前半に、関西の新しいお好み焼きということで、マヨネーズをかけたものが出て来た記憶があります。
    当時は既に関東の方に住んでいましたが、その時それを見た私も両親も「何だそりゃ」でした。
    ですのでお好み焼きにマヨネーズは、関西では1970年代初め、関東では1970年代半ば以降ではないかと推察します。(広島は分かりませんが)
    ちなみに、1960年代か1970年代に「イタリア人も大ショック」というTVコマーシャルのお好み焼き粉がありましたが、それにマヨネーズが付いていたかどうかの記憶がありません。

    ユーザーID:9098011296

  • お好み焼き屋が現れて

    トピ主さんと同年代の女性です。
    東京世田谷区で生まれ育ちました。

    トピ主さんのおっしゃる通りですよ。
    昔はお好み焼きにマヨネーズはかけませんでした。
    ソースだけ。
    それでいえば、青のりも鰹節もなしでしたね。

    我が家では、元々お好み焼きは家で作るもので、外で売っているのを見たこともありませんでした。
    もんじゃは東京下町の名物ですが、それも大人になるまでは知りませんでした。

    お好み焼き屋というものが現れたのは私が20代の頃でしょうか?
    その時初めてお好み焼きにマヨネーズというのを見ました。
    多分関西の方からお好み焼き屋というのが進出してきて、その時関西風の食べ方で(マヨネーズその他)で売り出したのかと思ってました。

    同じようなことでいえば、今はすっかりて定着している札幌ラーメンも、同時期ぐらいに現れたような気がします。
    それまで東京のラーメンは澄んだスープで、せいぜいホウレンソウ、シナチク、なるとが載っているだけのものでした。

    東京の生活しか知りませんが、子供の頃と比べたら何もかもが様変わりして、昔ながらのものを探す方が難しいですが、暮らしやすくなったことの方が多いとは思います。

    ユーザーID:3614274044

  • ぼてじゅう

    大阪のおばちゃん@還暦間近です。

    子供の頃、お好み焼きといったら「ぼてじゅう」へ家族で出かけたものですが、もの心ついたころから「ぼてじゅう」のお好み焼きにはマヨネーズがのっていましたね。
    少し調べてみたらお好み焼きにマヨネーズは「ぼてじゅう」から始まったようです。
    「ぼてじゅう」は昭和21年創業とのことですが、創業当時からマヨネーズを使っていたかは定かでないものの、先にも書いたとおり昭和35年頃には既に使われていたことになりますね。

    ちなみにお好み焼きは子供の頃に近所の市場(商店街)でもよく買っていましたが、ソースに蒼海苔とかつおだけだったような?

    また子供の頃はまだ瓶入りも売っていましたが、スプーンですくって舐めるマヨネーズはポリ容器かた絞り出したものとは微妙に味が違うように感じたものです。(笑)

    ユーザーID:1910024606

  • お好み焼きにマヨネーズをかけるのは!

    私もトピ主さんと同じ50代後半ですよ!私が学生の頃には、マヨネーズをつけて食べてましたね!その頃はまだボトルでは無く、小袋入りのマヨネーズでしたよ!そこの店だけかも知れないですけど!

    ユーザーID:3024309309

  • たこせんにマヨ、37年前。お好み焼きには33年前

    愛知県出身です。

    昭和53年ごろ。
    近所の駄菓子屋さんへ通っていた頃、たこせん1枚10円。
    ソース、あおのりつき20円。マヨ付き30円。卵つき50円。
    とかだった記憶があります。
    その駄菓子やでお好み焼きもありました。
    小さすぎで食べた記憶がありませんが、
    たこせんにマヨというトッピングがあったので、
    お好み焼きにものっていた可能性があります。


    ホットプレートが我が家に登場した昭和57年ごろ
    お好み焼きがたびたび食卓にのぼりましたが、
    その頃はマヨネーズとケチャップとソースをまぜたものを
    かけていました。
    ある意味マヨをかけています。
    母がどこからかこのやり方を聞いてきたようです。
    当時はお好みソースなるものは家にはなく、
    愛知だけに コーミソースです。

    (駄)はじめにマヨだけまぜ、ケチャップ、ソースとまぜていくと
    だまになりません。

    別々にするのはそこから数年後、
    母が広島出身のママ友さんにお好みソースをもらって
    広島流の焼き方を聞いてからでしょうか。

    昔、マヨ嫌いだったので、かけてから混ぜて食べてました。

    ユーザーID:9279184839

  • 調べたらすぐ出てきましたよ〜

    wikiでは昭和50年とワードが出てきてます。

    そして、こういった話も出てきました。

    大阪在住の人の話で、大阪万博前の東京の放送で「田村魚菜」さんという料理研究家さんがかけたそうです。
    お客さんからはビックリした歓声があがって「気持ち悪くないので試してください」とあったそうです。
    で、それを見てた大阪在住の方も、自分も周りもしてなかったので驚いた、とあります。

    なので、1970年代から、そういったマヨネーズ文化が入ってきたのだと思いますよ。

    ユーザーID:6963028236

  • それ、なんともいえない

    本場・阪神間で育ちました。

    少なくともわたしの子供時代(昭和40〜50年代)、おこのみというのは小学校高学年にもなれば自分で好きに焼くものなので、味付けに何を使うかは自由だったのですが、マヨネーズについては諸説あります。

    a)時系列⇒昔(昭和?)はなかった。平成から始まった
    b)本場vsそれ以外⇒関西限定。それ以外、とくに首都圏ではやってなかった
    c)地域差⇒兵庫県はつけない、大阪府はつけるなど、関西でもいろいろ
    d)メーカあるいは店が主導した

    a〜dがもう、マトリックス状に入り乱れていて、なんともいえません。
    個人の体験を集めても、発言小町で結論を出すのはむずかしいでしょうね。
    dの何かがあるならすっきりするけど、寡聞にしてわたしは知りません。

    ただ、昭和のころは関西にもマヨネーズをぬる習慣はなかったですよ。
    お好み屋のテーブルにあったのは、あおのり、ソースぐらい。ちょっとリッチ(?)な店とかチェーン店だと、塩コショウ、紅ショウガとかついてたかな。いまはマヨネーズもありますね、たしかに。

    ユーザーID:0784530560

  • 別の話し

    戦後すぐ大阪のぼてぢゅう総本家(既に廃業で現在のぼてぢゅうは経営が別)がマヨネーズとからしで味付けする事を考案しました。
    ぼてぢゅうグループのHPでは昭和21年となっています。

    と話してる人もいます。

    私の育った大阪の泉州地域(夕張市になりかけの泉佐野市)では、昭和40年頃に当時100円以内で食べれたお好み焼き屋さんで、キューピーマヨネーズの袋入り(現在も有りますが)が一袋/10円だったような記憶があります。

    と言ってる方も居ます。

    調べてみると面白いですよ〜♪

    ユーザーID:6963028236

  • 30年以上前には

    私は関西出身の40代です。
    私が10歳前後の頃のことなので、今から30年以上前だと思いますが、その頃にお好み焼き屋さんで注文したところ「マヨネーズかけますか?」と聞かれたので、その頃にはある程度は広まっていたのだと思います。

    私が家で食べる(母親の作る)お好み焼きには、マヨネーズはかけず、またわざわざ外で食べるほどの物でもないという位置づけだったので、そのときまでマヨネーズをかけるというのは見聞きしたことはありませんでした。
    子どもの頃のことをほとんど覚えてない私が、覚えてるくらいなので、それなりに衝撃は大きかったんだろうと思います。
    なので、トピ主さんが疑問に思うお気持ちもよくわかります。

    今でも、お店によっては「かけていいですか」と聞くので、かけるのが当然とまでは行ってないのかなという印象です。
    マヨネーズをかけると、ソースの味が柔らかくなっていいのですが、わざわざ不健康な食べ物にしてるような気もして、私はどっちがいいのかいまだに悩むこともあります。

    ユーザーID:9661871168

  • 以前のトピで

    以前にも似たような感じのトピがあがっていて、いろいろ回答が寄せられていました
    「お好み焼きのマヨネーズって、常識?」
    http://okm.yomiuri.co.jp/t/2013/0408/585079.htm
    というトピです、参考までに

    ユーザーID:7996873372

  • 55歳です

    福岡市出身55歳の私が小学生の頃、福岡市中心部のビルに、その頃の福岡では珍しかったお好み焼き屋があり、そこではマヨネーズを使っていました。
    トピ主さんが子どもの頃でも、お好み焼きにマヨネーズを使うお店は既にあったと思われます。
    マヨネーズを使う「元祖」のような店は結構古くからあって、それが全国に広まったのではないでしょうか。
    関西か広島辺りがマヨネーズ元祖なのかなと、思っています。

    ユーザーID:5944822362

  • 確かに…

    そう言われてみれば、30年程前、食卓に並んだお好み焼きにはマヨネーズは掛かっていませんでした。

    うろ覚えなのですが、ちょっとコジャレたお好み焼きやさんが出て来た時に、マヨネーズもトッピングに使われるようになったような気が?

    あ〜なんか素朴なの食べたくなって来たな…。

    ユーザーID:9609464438

  • ぼてじゅう進出

    私が小学生の頃なので1960年代の後半ぐらいかなと思いますが、東京・中野ブロードウェイに関西のお好み焼き屋さん「ぼてじゅう」が出店して来ました。
    初めて食べる関西風のお好み焼きのおいしさに感激しました。

    その時にソースの中に何か白い部分があり、それがとてもおいしく感じられて「なんだろう」とそこだけすくって舐めてみたら「…マヨネーズかな?」と。私が知っているキユーピーマヨネーズの味よりだいぶ酸味が弱かったのでその時には定かではなかったのですが、多分マヨネーズだなと感じました。その後、数年経ってから確かにマヨネーズだったと知りました。

    ということはその頃から少なくともぼてじゅうのお好み焼きにはマヨネーズが使われていたということです。今みたいに模様のようにしてたくさんかけてあるわけではなく、量はほんのちょっとでしたよ。

    ユーザーID:9461606362

  • 1980年代前半〜中ごろにバーッと広まった感じかなあ

    まあ好きな人はもっと前から勝手につけてたと思いますが、
    断らなければ店側が自動的にかけてくれる、というのを食べたのは、
    私が高校生の時…たぶん1984年。岡山。
    「へーマヨネおいしいね」って友人とワーワー言いながら食べてた覚えがある。

    1986年頃?連載の、
    くらもちふさこ『kiss+πr2』という漫画で、
    とある家でお好み焼きをふるまわれた主人公(高校生男子)が、
    「これかけて食べて、おいしいのよ」と渡されたのがマヨネーズで、
    マヨネーズコマが大きくてなんか妙に印象に残ってるのですが、
    そのころまだ全員に「当然」ではなくて「おいしいのよ」って男子に啓蒙するような、
    でも、もう一般論になりつつもあった、
    そういう感じだったかなーと。

    ユーザーID:8832337478

  • 昔からかけてましたよ

    広島在住、42歳。

    小学生の頃から独りで近所のお好み焼き屋さんに
    食べに行ってました。
    私が知っている限りでは、その頃から普通にかけてましたよ。

    ユーザーID:9204797681

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧