昔読んだティーンズ小説を探しています

レス5
お気に入り14

らびっと

学ぶ

20年近く前に読んだ、コバルト文庫のタイトルや著者名が知りたくて探しています。もしご存知の方があれば、教えて下さい。

・高校生くらいの地味な女の子が主人公
・昔の彼氏、または片思いの男性をパーティ会場で見返したいと思い、おしゃれや衣装に磨きをかける。
・衣装代を稼ぐ為、バイトに励むが、バイト先の年上男性を好きになる。
・好きになる男性は写真家?世界である国にしかいないという、貴重な青い蝶の羽入りのイヤリングを主人公にくれる。
・最後は、思惑通りに昔好きだった男性から声をかけられるが、無視し、外国に旅立つ、好きな男性を追いかけ、告白する?その時、男性からは貴重な蝶みたいと評される。

青い蝶のエピソードが印象深い話でした。お心当たりのある方は、どうか教えて下さい。宜しくお願いします。

ユーザーID:6656745577

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • その話覚えてます!

    イヤリングは空飛ぶ宝石とも言われる
    モルフォ蝶の翅が入った物。

    バイト代とイヤリングを持って、
    パーティドレス買いに行って
    青いドレスを見つけるんですよね。
    ショップのおねーさんに、おずおずと
    イヤリングを見せると、キレイ!
    このドレスにピッタリじゃないですかー!
    と、おねーさんも大はしゃぎ。
    こういう仕事をしてるだけあって、
    キレイな物にワクワクしちゃう性分みたい…
    というシーンが印象的でした。

    多分、25〜30年前。表紙イラストも浮かぶのに
    作者の名前が出てこない…。
    モルフォ蝶のイヤリング、コバルト文庫で
    検索したら、わかりました!

    下川香苗さん、虹いろイヤリング
    1986年の発行です。

    余談ですが、わたしはこの話でモルフォ蝶を知って
    某物産展で実物見つけて、イヤリングとペンダント
    買いました。ほんとにキレイですよ〜。

    ユーザーID:4658308091

  • 虹いろイヤリング

    虹いろイヤリング (集英社文庫―コバルトシリーズ) (文庫)です。私も好きでした。モチベーションあがりますよね。下川 香苗さんです。

    ユーザーID:4146524685

  • その蝶は「モルフォ蝶」ですね。

    その小説は知らないけど。


    1990年代半ば頃、モルフォ蝶は「テレビCM」「雑誌広告」に使われ、
    その鮮烈な金属光沢の青は、話題となりました。

    ユーザーID:1261178849

  • もしかしてこれかな

    トピ主様、こんにちは。
    私もその話を覚えていますよ〜。
    題名が知りたくて、いろいろ検索してみました。

    虹いろイヤリング/下川 香苗

    たぶん、これだと思います。

    ユーザーID:1601614832

  • 有難うございます!

    ご回答くださった皆さん、有難うございます!そう、この本を探していました!すごく嬉しいです。心から感謝しています。

    ユーザーID:6656745577

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧