知育してる人教えてください

レス8
お気に入り38

えも

子供

海外に住んでいるので、日本の育児はブログで見て知っている、という状態です。

知育ブログされている方で、お子さんが2歳になる前ぐらいから、国旗や、地図に触れさせているのを見かけるのですが、
どういった理由からでしょうか?

いつもブログは眺めるだけでして、その方たちに質問するほど親しくしておらず、聞けません。

幼児教室でやるというのを体験で知ったから、幼児教室に通わずとも自宅で取り入れている、という感じでしょうか?
その場合、なぜ幼児教室では早期に文化教育を取り入れているのでしょうか?

私自身は海外でですが、モンテッソーリ教育に携わっている関係で、文化教育は5-6歳からという認識でいます。
ただモンテッソーリを好んでいる方でも、地図や国旗を2歳児に覚えさせているので、なぜなんだろう?というの疑問です。

ユーザーID:5936279882

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 遊び感覚です

    体を使って遊ぶのと同じで、頭をつかう遊びのようなもの。

    名前の記憶だけじゃなく、国や都道府県の形をバラバラにして、どの向きから見てもわかるようにするなど結構楽しいですよ。パズルや迷路も沢山しました。

    音楽やお話、登ったり、走ったり、泳いだりと同じで、
    色々な刺激があるのはいいことだと思います。

    ユーザーID:6090011464

  • 好きなんですよねえ

    いや別に興味のない子(うちの上の娘とか)にそんなもん覚えさせようとかは思わないんですがね、
    好きな子がいるんですよ。

    国旗と地図と漢字。
    三点セット。
    もう好きで好きでたまらないんですわ。
    2歳ごろにはもう地下鉄の中とかでも広告やら地名やらの漢字かぶり付きでうっるっせーし、
    地図や路線図が貼ってあるところで動かなくなるし、
    国旗を見つけたらうっとりだし。

    んでまあ、そういう子には与えますね、やっぱ好きだから。

    本格モンテ園の見学に行って、ああモンテってこういう感じよねえって見せてもらってたら、
    時刻表と各種地図でミッチミチの小部屋があって、
    「ふおおおおおこれはうちの息子(当時3歳)が入って永遠に出てこなくなりそうな」
    と興奮してたら、
    「好きな子が好きなことに没頭できるように、こういう部屋も作ってます」
    とのことでした。
    全然興味ないままスルーでも構わない様子でした。

    ユーザーID:4959085076

  • 自己満足

    専業主婦で子供も幼稚園に行っていないと、昼間の時間を持て余しますよね。

    頻繁に公園に行くのも疲れますし、家の中で出来ること、更に親も一緒に楽しめること、となると『知育』に目が行くのだと思います。
    教室系も、公園などで体を使って遊ぶよりも親は楽ですし、ママ友もできますし、義親などにも「教育頑張ってます」言えるし、一石三鳥なんだと思います。

    要するに、親の自己満足ですよ。
    幼少期の頃の知育が、大人になった後に多大な影響があるなんて、信じている人は少数でしょう。

    私の母はかなりの教育ママで、小さい頃から習い事を沢山させられていましたが、何一つ身につきませんでした。

    中学生になって、自ら「勉強したい!」と思うようになってから、やっと成績が上がったので、子供自らがやる気を出さないと意味の無いことだと思います。

    ユーザーID:7251592384

  • レスします

    地図も国旗も覚えることは膨大ですが、小学校入学してからは他にも勉強するべきことがあるので「あんな面倒くさいことは先にやっちゃおう」ってことなんじゃないの?

    私も海外ですが、わが子は地図とか国旗とかはしませんでしたが、小学校入学前には掛け算も20×20まで、文章も片っ端から暗誦させて、漢字も200個くらいはさらっと書けてましたし、3ヶ国語の基礎はできてました。
    それでも小学校入学してからは周りの子も皆同じようにやってから入学してくるのでなかなか上位には入れませんけどね。

    あと考えられるのは地図や国旗のフラッシュカードを使った右脳教育ですかね。日本では信じられてるみたいです。小さい子はまだ文字もかけませんしね。あと「名画カード」なる物で「ボッテチェリ!」とか当てっこみたいなのやってて失笑ですけどね。
    幼少時の右脳教育なら音楽や実際に絵画させるほうがいいと思いますけどね。

    ユーザーID:2422427159

  • 地図は知らないけど

    文化教育ではなく、
    国旗は瞬間記憶の能力を高める為ではないかな?と思います。
    大体2歳半位から暗唱に取り組むと、右脳の記憶力を大きくなっても使えるとか何とか。
    子供によって好みが違うので、好きな物で取り組んでるのだろうと思います。

    ウチは俳句とか、絵本の暗唱してますよ。

    ユーザーID:2138172947

  • 子供が好きだから?

    地図や国旗で、子供自身が好きなんですよねー。本屋さんに行くと、白地図や国旗の絵本がたくさん売ってますし、国旗の模様がカラフルで面白いからか、子供が自分でそういう絵本を発見して、ほしいっていうこともあります。
    電車とかと同じ扱いかな?と。親は特に電車を子供に知育(?)で教え込みたいという意図はないのに、子供自身が電車大好きで、異常に詳しくなってしまう、ということもありますよね。
    電車等の乗り物、地図や国旗は、子供の心に響くんじゃないでしょうか??

    ユーザーID:8715881623

  • 地図覚えさせました

    もう娘7歳ですが。
    ちょうど2歳の頃に、友達の引越しから、日本地図に興味を持ったので、お風呂に貼り、覚えさせてみました。
    あっという間に覚えてしまいました。特産品のイラストから、青森のりんごなんてスーパーで見かけると「地図にあったね!」みたいな感じで世界が広がり、楽しかったです。
    乳製品コーナーで、娘が北海道の形のイラスト見て「北海道の牛乳買って」とか。
    その頃。娘は文字に興味があったので、文字もぐいぐい覚えました。
    世界情勢が身近にある家庭でなかったので、世界地図や国旗は興味示しませんでした。
    モンテッソーリ、私も10数冊、本を読んだだけですが。
    2歳で文字や地図を教えることがモンテッソーリに反することだとは思いませんでした。
    シュタイナーではダメですが。
    文字にすごく興味を示しているのに、教えてあげないのは、◯◯教育が推奨していてもできませんでした。
    2歳児で、何かをひたすら覚えたい欲求のある子は、周りを見ても多かったです。
    キャラクターの名前とか、電車の種類とか。
    使わないものは忘れてしまうんですが、覚えて嬉しそうにしていた顔を思い返すと無駄であったとか、間違っていたとか思えません。

    ユーザーID:6722785368

  • わかりました

    ありがとうございます。

    親が子供に与えた、それがきっかけ、と自分なりに理解しました。

    また、国旗や地図を見て、「形」「図形」「色」への興味と同じ反応をする子供がいる、ということですね。

    本文で書き間違えました。1歳半の子のお母さんが、国旗を覚えさせて成功したと喜んで書いてたので、どういうことだろう?と疑問に思った次第です。

    モンテッソーリ教育で、1歳半、2歳児への文字や地図を教えるのがNGなのではなく、
    「国旗や地図をお仕事に取り入れる」という発想がこちらの国にはないので、私は現場で子供が国旗に夢中な1歳半、2歳児を見たことがなかった、ということです。

    国によってモンテッソーリ教育の「実践方法」は何通りもありますので、日本とこちらでは違う可能性があります。

    ユーザーID:5936279882

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧