49歳にして一度も働いたことのない兄

レス34
お気に入り440
トピ主のみ1

困窮

ひと

このトピのレス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 98歳の祖母,,,

    お母様の引き取りを提言した者ですが、98歳の祖母様がご存命のうちは動けませんね。

    98歳お元気で独り暮らし、、。
    う〜ん、こちらの事も気がかりな要素ですよね、お母さんにとって。

    もう家を売却して、祖母様とお母様親子で、有料ホームに入るのがいいかもしれませんよ。

    お兄さんとは絶縁しないと、その後のお母様の金銭管理に危険をもたらすと思います。

    お母さんと兄をとにかく引き離さないと駄目なのでは?

    ユーザーID:3520334646

  • 母上次第ですが、難しいですね…

    「引き取れ」などと言う書込みもありますが、どちらの国にお住まい化は存じませんが移住するにはビザが必要です。

    米国では本人が市民なら親の永住権のスポンサーになれますが、本人がグリーンカードではダメです。いずれにせよ祖母殿のスポンサーにはなれません。また諸国の「リタイアメントビザ」は結局その国に金を落としてもらうのが目的ですから多額の現地預金と定期的な外国からの送金(年金など)が必要です。

    仮にビザの問題が解決しても、移住となると日本の社会保障は適用されなくなりますからその備えが必要です。更に仮に社会保障の問題を克服できても、高齢者が言葉は通じず生活習慣のまるで違う外国で特に医療などで適応できるのか疑問です。

    家を売るにしても何にしても、究極的には母上(と祖母殿)が嘘つきでプライドだけは高く虚栄心しかない兄上を諦めて絶縁できるかどうかです。

    貴女がいくら時間と金を使って骨折りしても、結局土壇場で母上が現状の変更を拒否して元の木阿弥になるか、引っ越しをしても別の場所で現在の状況が再開するだけになる気がします。

    まずは母上と話し合って彼女の意向を確かめましょう。

    ユーザーID:9035986486

  • 生活困窮者自立支援制度

    H27年4月から始まった制度です。
    お兄様のような長期ひきこもりケースの就労支援も行っています。
    相談窓口は、自治体にもよりますが、生活保護などの担当をしている部署になると思います。

    この相談は、生活保護の申請をすることとイコールではありません。
    生活保護を受けないと生活ができなくなってしまう前段階、
    保護の受給資格はないけれど生活が困窮しているような状態の方を
    支援するための制度です。
    困りきる前に相談をしましょう。
    ※制度の詳細ついては、厚生労働省のHPのリーフレット等を参考にしてください。

    私は昨年まで高齢者の支援の仕事をしていましたが、
    ニート息子と母親の2人暮らし世帯は、多問題ケースとしてよく見かけます。
    高齢女性は家の恥を隠す傾向にあるため、
    行政が把握に至るのはたいてい母親が介護を要する状態になってからです。
    息子の介護放棄や、ゴミ屋敷化などで発覚します。

    おそらくお母様に相談に行くように伝えるだけではうまくいかないと思うので、
    トピ主さまがお母様を連れて自治体へ相談に行かれるのがよいと思います。

    ユーザーID:9106794100

  • 放置でよろしい

    そのとんでもない兄とやらは、いつも困った時には、母親が助けてくれたものだから、未だに、自分が困った時は、誰かが何とかしてくれる と思ってるのでしょう。         単に、ほっとけばいいかと。           餓死する前に、自分で何とかすると思います。   それで、ようやく、人間としての第一歩。     赤ん坊のよちよち歩きと同レベル。        未だに、そのレベルってことです。        赤ん坊に歩き方なんて、誰も教えません。勝手に歩き出します。

    ユーザーID:4871816582

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧