キャリア・職場

先輩同僚へのお餞別

レス4
お気に入り6

かつを

働く

30年近く働いた先輩同僚が辞めることになりました。
私は30代契約社員、先輩同僚は50代契約社員です。
長く勤めたので、社員並みに課をあげて送別会を催すことになり、
課長やリーダーからの会費は設定より多く頂き、食事代・プレゼント・花代をのぞいてもかなりあまってしまいます。
そこで私を含めた送別会幹事数名(私と同じ30代契約社員数名、30代社員)との話し合いにより、
お餞別として現金を送るということに。
身内ならまだしも、同僚とはいえ、年上に現金を送ることに私は抵抗があり、
商品券の提案もしましたが、あっけなく却下。
こういう状況でも現金でお餞別を贈るのは普通なのでしょうか。
私の感覚が間違ってるのでしょうか。

退職する先輩同僚は顔が広い人なので、送別会に誰に声をかけるか悩みましたが、
そこでも一悶着。
他にもこの送別会で色々ありましたが。。。

なにぶん、この幹事の一人とはこだわるところが私とは全く方向が合わず。
退職者に「寸志」を贈ると言ったり、色々とかみ合いません。

ユーザーID:8725965135

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数4

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • やりすぎじゃないかしら

    別に現金でもいいんじゃないかと思います。

    ただ、あくまでも私の経験で恐縮ですが、送別会、花束、プレゼントで十分じゃないかと思います。それらに加えて現金または商品券まで渡すというのは私は見たことがありません(特に親しい個人が個別に、と言うなら分かりますが)。

    もちろん会社によって違うと思うので、ほかの長く務めた方が辞める時にもそれぐらいやるというならいいのですが、その人だけの特別対応になるのであれば止めた方がいいと思います。変に習慣になると後の人が大変です。

    余ってるなら参加者に会費をお返しするか、次の送別会のために積み立てておいてはいかがでしょう。

    ユーザーID:6113675110

  • 餞別なのだから。

    現金で良い。
    金券だって金額が分かるのだから同じことです。
    住んでいる地域によっては使用出来る店が限られるため
    嫌がられるパターンも知っています。
    お祝いでもなんでも結局現金が一番喜ばれます。

    ユーザーID:1531974170

  • 別におかしくない

     それなりに社会経験を積んだ爺です。
     年上に個人で餞別を渡すのは、ちょっとどうかなとは思いますが、職場全体としてということなら、別におかしくもないと思います。
     職場の互助会などから、餞別を贈るというのは、普通にやっていますよね。その延長のような感じではないですかね。
     私自身は、かって、後輩に餞別をもらったこともあります。その時は、「あれ!」と思いましたが、その後輩にかって餞別をあげたことがあったので、そのお返しのつもりかなと思って、受け取りました。

    ユーザーID:7404805721

  • 餞別不要

    食事+プレゼント+お花で十分だと思いますが。
    集めた会費を使いきりたい・・・なんか年度末に予算を使いきるために道路を掘り起す役所のような発想ですね。
    余ったお金を餞別にするよりも、多く出してもらった課長やリーダーに少しバックした方が良いのでは?そうすれば、トピ主さんの上司からの受けもアップすること間違いなし!仕事がしやすくなりますよ。
    役職が上の人はお給料を一般の人よりももらっているはず、だから、会費も多めに設定という考えだと思いますが、実生活では子供の教育費やら家のローンとかで自分の支出を切り詰めている人も多いと思います。
    私が昼に利用するコンビニではカップラーメンをや菓子パンを買う勤め人と思しき中年男性を良く見かけます。

    ユーザーID:8449349553

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧