• ホーム
  • 学ぶ
  • 厳しい状況でも希望を捨てずに生きた、生きようとした映画

厳しい状況でも希望を捨てずに生きた、生きようとした映画

レス91
(トピ主3
お気に入り117

趣味・教育・教養

シネマの彼方

本トピにお立ち寄り、ありがとうございます。

正月休みにまとめて、上記のトピタイトルのような映画を観たいと思っています。

基本、ハッピーエンドが良いのですが、悲しい結末でも、どこか希望が残っている映画(例えば、ライフイズビューティフルのような)
も、対象です。

お勧めの映画ございましたら、トピお寄せ下さい。

ユーザーID:1139084201

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数91

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 映画大好き

    ジャンルバラバラですが

    「リリィ、はちみつ色の秘密」
    「潜水服は蝶の夢をみる」
    「最強の2人」
    「アイガー北壁」
    「インアメリカ〜三つの小さな願い事」をお勧めします。

    ハッピーエンドかそうじゃないかってけっこう主観だったりするので私基準です。
    お正月の映画三昧楽しんで〜♪

    ユーザーID:2719754995

  • トピ主です

    本文中
    トピお寄せ下さい

    レスお寄せ下さい

    に訂正致します。

    失礼しました。

    ユーザーID:1139084201

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • エール(日本タイトル)

    フランスの映画です。
    フランスではロングヒットした感動映画です。
    私も3〜4回見て、DVDまで買いましたが、友人はあまり感想もなかったので
    好みによるかもしれません。

    日本では10月末に公開されたので、まだDVDなど発売前かもしれませんが
    機会があればお勧めです。(映画館に寄っては年末年始、上映されています)

    ユーザーID:8404785719

  • 古い映画ですが・・・

    イタリア映画の『カビリアの夜』(1957)はラストで涙がこぼれてしまう名作中の名作です。

    女が男に騙され続けて、最後に信じた男にも金を持って逃げられてしまう・・・
    これ以上書くとネタバレになるので書きませんが、

    >悲しい結末でもどこか希望が残っている映画

    ご希望にぴったりの名作だと思います。

    これを見て良かったら、映画史上に輝く傑作『道』(1954)もどうぞ。
    『カビリアの夜』と同じフェリーニ監督で主演女優も同じジュリエッタ・マシーナです。

    二本ともあまりにも有名なので、もうご存じかもしれませんね。
    このころのイタリア映画は冴えてました。

    ユーザーID:4548298929

  • ショーシャンクの空に

    タイトルの映画がお奨めです。
    あとは、「ニューシネマパラダイス」と比較的最近の作品では「マイ・インターン」が
    元気をもらえます。
     

    ユーザーID:8551307354

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ショーシャンクの空に

    痛々しい場面も出てきますが、よいですよ!

    ユーザーID:7454207402

  • 「ペレ」「アンジェラの灰」

    「ペレ」はひたすら過酷です。でも、音楽、その他もろもろとても美しいです。
    ペレは主人公の少年の名前で、とにかく何度観ても深く感動しました。

    「アンジェラの灰」もひどく過酷でした。でも希望は必ず!
    こちらも私は何度も観たくなる作品です。

    「アンジェラの灰」は確実に実話なんですが、
    「ペレ」も実話だったような・・・すみません、ちょっと自信がありません。

    ユーザーID:0924800456

  • 既にご存知かもですが

    ぱっと浮かんだのがライフイズビューティフルでしたが、ご存知でしたね…

    とするとこれらもすでに見てらっしゃるかもですが
    「ショーシャンクの空に」
    「アポロ13」
    「僕らはみんな生きている」

    最後のは邦画です。出張先で内戦に巻き込まれた日本人サラリーマンの悲喜劇かつ世のお父さんへの応援歌です。

    ユーザーID:7919399123

  • ダンサーインザダーク

    歌姫ビョークが最高に優しくて悲しい主人公を演じていました。

    あと「チョコレートドーナツ」。これもアンハッピーですが、登場人物が温かくて優しいです。

    ユーザーID:3049911200

  • イーサン・ホークの「生きてこそ」

    数年前に録画撮りして観たのですが、強く印象付けられ、
    2度、繰り返して観てしまいました。

    いわゆる、雪山で遭難するというストーリー(実話に基づく)なのですが、
    娯楽映画とは違い、
    いろいろと考えさせられることも多く、感動しました。

    ユーザーID:8154410501

  • う〜ん

    「最強の二人」とても素敵な映画でしたよ。

    「あん」映画館で観て、とてもよかった映画です。
    樹木希林さんが主演女優賞を総ナメしそうです(笑)

    「50回目のファーストキス」とても素敵なラブストーリーでした。

    ユーザーID:2977723526

  • ダンサー・イン・ザ・ダーク

    涙々で見ました。
    上映の時には男性のすすり泣きも聞こえてきて、館内が明るくなると恥ずかしそうな方が多かったです。
    生きたと云うよりも生きる事を息子に託した映画です。 昭和の時代には母モノ映画と云うジャンルが有りましたが、外国でも有り不変だと思いました。
    お正月や若い方には不向きかも知れません。

    ユーザーID:6340538383

  • アンダーグラウンド

    旧ユーゴスラビアの動乱を描いた映画です。
    深く、音楽とリンクしていますので、まず「アンダーグラウンド予告編」を動画でご覧になってはいかがでしょう。
    とても長い映画ですが、生きるエネルギーのようなものが強烈に伝わってきます。

    ユーザーID:8743356698

  • マイ レフト フット

    ダニエル・デイ・ルイス主演の『マイ・レフト・フット』おすすめします。
    ハビエル・バルデム主演『夜になる前に』これは、ジョニー・・デップがちょっと面白い役で出ています。

    ユーザーID:6738500851

  • それなら!

    ショーシャンクの空に
    ヘルプ
    幸せへのキセキ

    どれも、とっても素晴らしい映画です!

    ユーザーID:8622045525

  • 「希望」というよりは「意志」ですけど

    「タワーリング・インフェルノ」(超高層ビル火災の話。かなり古い作品ですが、不朽の大作です)
    「アポロ13」(アポロ計画での事故に関する実話。かなり忠実に作られていると思います)
    さらに逸れるけど、
    「ライト・スタッフ」(米国の宇宙開発開始当初の話。未知の領域に挑むそれぞれの姿が印象的)
    あたりは流石だと思います。「アポロ13」と「ライト・スタッフ」は実話が基ですので、
    説得力が違います。

    チャップリンの「街の灯」、「ライムライト」も素敵です。

    ご興味がありましたら、ご覧ください。

    良い作品に巡り合えるといいですね。

    ユーザーID:2351858983

  • Bat 21

    30年近く前にやっていた、ベトナム戦争での遭難兵を救出する映画です。

    ユーザーID:3455879801

  • レス

    私は断然「ショーシャンクの空に」です。
    あんなにすっきりした映画はいまだかつてありませんね〜。
    最後の風景を思い出すだけで胸がいっぱいになります。

    ユーザーID:6590542434

  • アポロ13

    月面着陸へと向かったアポロ13号が、その途上の宇宙空間で爆発事故を起こします。
    このアポロ13号の乗員を地球に帰還させるため、地上のスタッフと乗員が、あらん限りの知力と気力をふり絞ります。

    ユーザーID:0863948006

  • ロレンツォのオイル/命の詩

    実話を元にした映画です。
    難病の息子を救うことを諦めない両親の戦いが、すごい迫力で描かれています。
    おすすめです。

    ユーザーID:3952012902

  • 古いですが

    「ショーシャンクの空に」はお勧めです

    ユーザーID:0025541518

  • キャストアウェイ

    飛行機事故で無人島にたった一人。
    死んだと思われて助けも来ない。
    道具も物資もほとんどないぞ、さあ、どうする!?
    というストーリーです。
    大丈夫、結末は悲しくありません。

    ユーザーID:0205675217

  • 炭坑ものに外れなし

    という持論を布教しております。

    炭坑事業が斜陽を迎える時代、炭坑夫たちやその家族が主役の映画が好きです。
    明日失業してしまうかもしれないという日々の中でも忘れない彼らの皮肉とユーモア、
    そして少しの希望の匙加減がいいのです。
    全てに監督の愛情も感じるので、暗い気持ちにはなりません。

    特におススメしたいのは、
    「遠い空の向こうに」(米国)
    「パレードへようこそ」(英国)でしょうか。
    どちらも実話がベースとなっています。

    上は、アメリカの高校生が人類初の人工衛星スプートニクを見て、仲間達とロケット作りを始める話です。
    炭坑村の子供たちはそのまま炭坑夫になるのが当たり前の時代、いろいろと軋轢があるのですが、
    彼らのひたむきな熱意はそのうち周囲を巻き込んで・・・原作もとってもいいです。

    下は、とある村の炭坑夫たちとロンドンのゲイたちの話です。
    どちらも「政府」が共通の敵であることから手を組むようになり、
    その輪が少しずつ広がって・・・という話です。

    もしお好きそうなら、
    「ブラス」
    「リトルダンサー」
    「フルモンティ」
    「シーズンチケット」等も見て欲しい作品です。

    よいお正月を!

    ユーザーID:4877947048

  • ショーシャンク、キリングフィールド

    いつか息子に見せたい映画と思っているものです。
    たくさん同じレスがつくと思いますが「ショーシャンクの空に」
    あとはジョンレノンのイマジンのイントロで号泣必須の「キリングフィールド」これはカンボジア内戦が題材でショッキングな内容もありますが、ぜひ見てほしいです。この映画でアカデミー助演男優賞を獲った俳優さんにその後起きた事件もショッキングでしたが、息子に伝えようと思っています。

    ユーザーID:4769332782

  • ベタですが

    ショーシャンクの空に



    いかがでしょうか。

    ユーザーID:2006201201

  • 世界最速のインディアン

    いーい映画です。
    自分も今年は何かやってやろう、出来ないかしらと思える 夢と冒険?と工夫に溢れる お正月にピッタリの映画です。

    このトピもとても良いトピです。

    ユーザーID:6340538383

  • まだ出てないかな?

    皆さんのあげられている映画、見たことがないものも多く興味深いです。
    「スタンドアップ」
    「マイライフアズアドッグ」はどうでしょうか。

    ユーザーID:2706056207

  • ゴーンウィズザウインドウ

    風と共に去りぬ
     
    しか思い浮かばなかった・・・

    明日は明日の風が吹く。  

    私の座右の銘です。

    ユーザーID:0433693171

  • 昔の映画ですが

    クレイマー・クレイマーをお勧めします

    ユーザーID:0744187151

  • 違うかな?

    自分はまだ元気いっぱいだと思っていたのに健康診断か何かで引っかかり、突然余命宣告された主人公が最後に思いっきり人生楽しんで終わろう!と全財産をはたいて贅沢三昧する話です。
    ハッピーエンドの映画ですよ♪
    ラスト・ホリデイというタイトルです。
    おすすめなのでぜひどうぞ!

    ユーザーID:8362129577

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧