• ホーム
  • 男女
  • 夫婦同姓が合憲はサイレントマジョリティの女性にはよかった

夫婦同姓が合憲はサイレントマジョリティの女性にはよかった

レス180
(トピ主0
お気に入り249

恋愛・結婚・離婚

male

タイトルの通り、今回夫婦同姓が合憲となった結果について、個人的にはよかったと思う。
なぜか。
サイレントマジョリティの女性たちは、
「別姓にしたい人がいるなら選択肢があるのはいいことだから賛成、でも自分は同姓婚を予定」の意見が多数を占めており、あたかも他人事の法改正と認識してる節が感じられるからである。
仮に別姓婚が現実となった場合、以下の事案が懸念されると思う。

1・男性側から妻の別姓を同意するだけでなく、生まれてくる子供についても妻側の姓にするよう要望してくる。
(その要望に対して諸手を挙げて女性が賛成するのか疑問だ。)

2・結婚という責任に対して、男として一定程度の解放が実現できることにより、
気軽に・気楽に結婚しようとする男性が増える。
(結果、外れを引いた女性が悲しむだけな気がする)

正社員で国家資格もあり収入も保障されているようなクレームマイノリティの女性の利便性解消でなく、
非正規雇用で収入も不安定な大多数の女性が不幸にならないよう政治家には日本の未来を考えてほしいなと思います。

意見があればどうぞ

ユーザーID:1445323258

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数180

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 逆です

    あなたが挙げたどの懸念もどの女性にとっても懸念材料にもなりません。
    女性の社会進出をとは口ばかりで、逆行する体制を改善しようとしないマインドにうんざりします。
    それは非正規雇用の女性を守ることにもなるどころか、同姓は正社員として活躍する女性への負荷になり、その延長で女性の正規雇用にも影を落とします。
    夫婦別姓を認めない開発途上国並みの結婚制度に女性はデメリットを感じ、少子化は進むでしょう。

    ユーザーID:1137998976

  • どうでもいいです

    正直、どうでもいいと思ってる人が多いと思います。

    ユーザーID:6825834747

  • 夫婦別姓を違憲とは言っていない

    あの裁判では、夫婦同姓を「違憲ではない」としただけで、夫婦別姓を「違憲だ」と結論づけたわけではないです。

    ぶっちゃけると、夫婦同性でも夫婦別姓でも「どっちでもいい」ので、どうするかは政治で決めてね、となったものと私は解釈しました。

    個人的には選択肢は多い方がいいので、夫婦別姓か夫婦同姓か結婚時に選べるようにしたらいいのではと思います。

    夫婦別姓を選んだ場合、子供の姓をどちらにするかも婚姻届を出す時に選択するようにすれば、出産時に揉めることも少ないと思いますし。

    夫婦別姓を選ぶ女性は結婚後も働く人が多いと思うので、婚活の時には夫婦別姓を希望する女性を求める男性が増えるのではないかと私は思いますよ。
    それを「男性の結婚への責任が軽くなる」と考える人もいるのかも知れませんが、男性の責任を軽くしてあげないと、この不景気ではますます結婚するカップルが減ると思います。

    今の時代は夫が妻を養うのではなく、夫も妻も同等、イーブンの関係が求められると思うので、夫婦別姓とする事で男性が気軽に結婚する気になるのなら、それはむしろいいことだと思います。

    ユーザーID:9803502299

  • 通りすがり

    国家資格持ちの女性は、食うには困らないから、
    少々出世する障害があっても構わないだろう、という考えですね。

    そういう風に、同性同士で足を引っ張り合うような構図を作られるから、
    女性の社会的立場が向上しないのでは?

    ユーザーID:1433452566

  • どちらを選んでもよい、結婚しなくてもよい

    というか、

    どちらの姓を選んでもよい、そもそも結婚しなくてもよい、という時点で、不平等でも何でもないですよね。

    それより、親権に関する不平等のほうが問題だと思います。
    経済力がなくても、問題があっても、母親に圧倒的に有利になる親権問題のほうが深刻だと思います。

    ユーザーID:3982253596

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 社会の本質を見ましょうよ。 1

    >1・男性側から妻の別姓を同意するだけでなく、生まれてくる子供についても妻側の姓にするよう要望してくる。

    ●大いに、結構ですよ。生れた子供は、是非、妻の姓にしたいです。望むところです。母親のお腹から生まれた、間違いない母親の子供です。母親姓を名乗るのは自然なことです。

    >2・結婚という責任に対して、男として一定程度の解放が実現できることにより、気軽に・気楽に結婚しようとする男性が増える。

    ●大いに結構。現実的に、男性はもう、結婚で、経済的に責任を持って妻子を養うことができなくなっているのです。結婚するためには、女性との共働きをするしかないのです。そういう意味では、【家族を生涯養う】という昔の男の責任は、すでに幻想です。妻の稼ぎにも頼り、鎧を脱いで家事育児をして気楽に結婚するしかないでしょう。

    >非正規雇用で収入も不安定な大多数の女性が不幸にならないよう政治家には日本の未来を考えてほしいなと思います。

    ●その非正規の女性をたくさん輩出しているのは政府の政策であり、女性が正社員になりにくい社会構造を作ってきたのも、作っているのも政策なんですよ。そのことに気づいていますか?

    ユーザーID:4567549290

  • 全体的に意味不明。


    どこをどうとっても意味不明っていうか、どこからそういう発想になるのか、見当がつくとしたら男性とおぼしきトピ主が、あくまで女性たるもの男性の支配下にあるべきという前提のもとにある妄想にしか思えないんすけど。自分ならこうするだろうということですか?女性の味方のふりして男性優位万歳ですか。笑わせんな。

    だいたい同姓が合憲だって言われてるだけで、別姓が違憲だという判決じゃないんだと思うんですけどね。

    女性が輝くだの一億総活躍だの言う割にそれと矛盾しないような政策を政治家には期待します。

    ユーザーID:6403023656

  • 夫婦別姓が違憲とは判断されておりません。

    国会の審議に委ねるべしとのこと。
    民法に夫婦別姓規定を制定することについて、否定されたわけではありません。

    ユーザーID:1530377983

  • 社会の本質を見ましょう。 2

    今まで女性の地位が上がらず、自活できない女性を多く作ってきたのは政策です。女性が正社員に登用されにくく、非正規やパートなどで、安い時給や給料で、企業の労働力の調整弁としての役割を果たしている。企業に労働力が不足すれば非正規やパートで採用され、労働力が余れば、やめさせられる。

    安定した経済力がないサイレントマジョリティ―の女性は、夫の経済力を頼るしかない状態に追い込まれ

    結婚で夫の姓にさせられ〜夫親と同居させられ〜夫親の介護をさせられ〜夫家の「嫁」という家制度の虐げられた地位に追い込まれる。

    経済力のないサイレントマジョリティーの女性から順に、同居政策に囲い込まれる。

    この状況には、結婚における男女平等はない。経済力がない女性は立場が弱く、理不尽で不平等な結婚生活に陥る。

    しかし、これは、女性の社会的な地位を、低いままにしてきた政策に因するもので、サイレントマジョリティーの女性が多いのは、作られた社会構造の問題なのです。

    <非正規雇用で収入も不安定な大多数の女性>が、みんな正社員になり自活でき、結婚においては選択的夫婦別姓で男女平等である〜これが普通で正常な社会なのです。

    ユーザーID:4567549290

  • 意味がわからない事だらけ。教えてください

    夫婦同姓に賛成なのは個人の意見としていいとして
    >別姓にしたい人がいるなら選択肢があるのはいいことだから賛成
    >でも自分は同姓婚を予定。の意見が、なぜ
    「他人事の法改正として認識」となるのか疑問です。
    自分はしない事、でも他人の事を思って賛成しているのですから。

    あと、トピ主さんが言ってる事、私の頭では理解できません。
    どなたか教えてください…
    >男性側から妻の別姓を同意するだけでなく
    これは、男性が妻が自分の姓にしたい、という事に
    同意する、という事ですか?
    男性の姓にするのが当たり前、ではないのになぜ「男性が同意?」

    >生まれてくる子供についても妻側の姓にするよう要望してくる。
    >その要望に対して女性が賛成するのか疑問だ。
    これは、妻側の姓にするよう要望 しているのは夫?妻?
    意味わかんないです。

    >結婚という責任に対して、男として一定程度の解放が実現
    妻が夫の姓にならないから解放?なぜですか?
    あと一定程度って意味わかりません
    >結果、外れを引いた女性が悲しむだけな気がする
    結婚相手というのは、自分自ら選ぶものであり
    引く、ものではない。悲しい結婚は別姓に関係ないです。

    ユーザーID:0238346143

  • 続き どなたか教えてください。

    続きです
    > 正社員で国家資格もあり収入も保障されているような
    >クレームマイノリティの女性の利便性解消でなく

    ですが、これも意味わからない。
    クレームマイノリティってnoisy minorityの事ですか?
    noisy minorityの人の便利な事を無くして、、?
    いや「でなく」がついてるから
    noisy minorityの女性の便利な事を無くさずに、
    >非正規雇用で収入も不安定な大多数の女性が不幸にならないよう
    >政治家には日本の未来を考えてほしいなと思います。

    ???さっぱりわかりません。
    そもそも、「クレームマイノリティの女性の利便性」
    とはなんですか?
    それと「非正規雇用で収入も不安定な大多数の女性」
    =サイレントマジョリティ なんですか?

    そもそも、このことが、夫婦同姓が合憲がサイレントマジョリティの
    人には良かった、にどう繋がるのかわかりません…

    そして正規雇用、国家資格有り が収入が保証されてるなんて
    決まっていないし、非正規雇用=不安定なんてこと
    全くありませんが?どの国の話をしているんですか?

    ユーザーID:0238346143

  • そう?

    姓を一緒にすることと、家族になるということが一緒ではないのですから、トピ主さんが考えるようにはならないと思いますけれど。

    同姓を選ぼうが別姓を選ぼうが夫婦は夫婦、結婚した以上責任は一緒のはず。
    そんなことが分からないほど、世の男性は愚かではないでしょう。

    夫婦同姓は合憲であると判断されたことと、夫婦同姓は選択的夫婦別姓より良い制度なので続けるべきであるかどうかはまた違うのではないですか。

    私は姓にこだわりがないのでどちらでも良いのですが、改姓によって不便だから別姓を使いたいという人より配偶者の姓になることによって、@@家と取り込まれるのが嫌な人が多いなら、いっそのこと結婚する時には新しい姓を付けることにしたらいいのではいいのではないのかな。

    ユーザーID:0952439441

  • だらしない男性は

    夫婦同姓でも、たいして責任感などないと思う。

    トピ主の周囲には、ろくでもない男性しかいないようだ。
    ちゃんと考え責任感を持ち子育てしている男性に失礼だと思う。

    ユーザーID:1867892227

  • 選択制だから問題ないと言うことではないと思います

    トピ主様のご意見の通りだと思います。
    選択肢が増えるだけだから、選択的夫婦別姓が認められてもごく一部の人にしか影響がないという考えは表層的な捉え方だと感じました。
    トピ主様がおっしゃるように、夫婦別姓が選択的にでも認められれば、結婚という制度と文化が質的に変容することは間違いありません。そして、その変わり方はトピ主様が挙げている通りになるはずです。
    選択的夫婦別姓が認められれば、事実婚と法律婚の差がますます無くなり、事実婚を選択するカップルが増えるでしょう。夫婦別姓の先進諸外国は事実婚が激増しました。
    日本でも、事実婚が増加することになるでしょう。
    その場合、経済力のある上位1割程度の女性はそれを受け入れられるでしょうし、歓迎する層もあるでしょう。
    けれど、9割の経済的に盤石でない女性は、法律婚で守られる部分が無くなってしまい、いっそう不安定な状況に置かれます。
    結婚制度だけでなく、すべての社会制度は、自由と規制のバランスが大切です。
    自由が行き過ぎれば、過当競争と格差が人々を苦しめます。
    事実、この10年、社会は自由を増し、経済格差が問題になりました。

    ユーザーID:0605002367

  • 別姓派は子どもの権利は二の次なんですよね。

    別姓にしたい人は、だれかの為にではなく「己のため」なんですよね。
    だとしたら、民法に保障された婚姻制度など利用せず、事実婚でよくないですか。
    なんで事実婚ではダメなのですか?
    そこがよく分からない。

    婚姻で姓が変わるのは世の中では一般的に認知されている風習です。
    仕事をしていても「結婚したんで姓が変わりました」と相手に伝えればよいと思うのですが、なぜそれがそれほどの不都合なんでしょうか?
    結婚の事実を隠したいとか??

    悪い慣習もありますよね。
    夫の姓になったら「○○家の嫁」と思われるとか。
    でもそれは民法が悪いのではなく、あくまで古い慣習のせいなんですよ。制度のせいではない。

    そもそも、別姓派はかなり極端なフェミニストたちで、ヒステリー気味に、別姓反対派を批判するのでうんざりしています。

    自分の姓を残したいなら、まずは旦那さんを説得して男性側の姓を変えてもらえばいいのにねぇ。
    そういう問題ではないなら、いったいなぜ?
    本気で理由が分からない。

    ユーザーID:2947976346

  • 結婚の化けの皮が剥がれてしまうでしょうからね〜。

    姓の問題といったカタチを突っつくと「結婚て何なの?」ってことになると思います。
    すると、トピ文の最後、非正規で収入の不安定な大多数の女性が不幸にならないためにという部分が引っかかる。
    非正規で不安定な収入を国が義務付けているわけではありません。むしろ、教育も雇用も平等にというのが現代の国是です。大多数の女性が非正規で収入が不安定なのを前提として肯定的に置くのがおかしいのです。
    非正規で収入が不安定でも不幸にならないようにするなら、男性も安心して非正規で収入が不安定な生活を選べないとおかしい。
    逆に、正規雇用で安定するのが望ましいなら女性も男性並みの割合でそうなるように努力しなければおかしい。
    まさか男女で能力に明確な差があるわけではないでしょう?
    逆に、男女で明確な差があるなら条件を平等にするのがナンセンスだということになる。「女に教育は要らない」が正当だったことになる。
    男女関係においてやることといえば男性は本来あの行為だけですが女性は後で出産や子育てがついてきたりする。もともと結婚は恣意的に責任を創出して男性に負荷を負わせるための制度です。
    本気で平等にするなら結婚は廃止になる。

    ユーザーID:4681285839

  • 問題提起自体が意味不明

    ごめん、何が言いたいか意味不明。

    1.男性が別姓を希望 →女性側が同性を希望するならそれを主張すればいいだけ。
    2.結婚という責任に対し〜 →同性婚だろうと別姓婚だろうと、責任が変わるわけじゃない。 

    そもそも、原告の主張自体、全員別姓婚じゃなきゃいけないって主旨の主張じゃない。今まで通り同性婚をしたい方はそれでどうぞ。でも別性婚をしたい人には別姓婚を選択できるようにしたい、ってだけの話じゃないの?

    で別姓婚が認められると「非正規雇用で収入が不安定な大多数の女性が不幸になる」って意味が解らん。

    私自身は法律婚で夫の名字を名乗り、通称で旧姓使用だけれど、これもなかなか不便。最近、父親が倒れて、入院、退院、施設入所等の手続きをすることになったけれど、実の父娘なのに、名字が違うので、戸籍謄本のコピーを添付しなきゃならなかった。

    なんか、別姓反対の人から、家族で名字が違うのはヨクナイ、みたいな意見があるけれど、自分の親兄弟だって家族だからさ。同じ苗字名乗って何が悪いのかさっばりわからんわ。

    ユーザーID:1527364789

  • なぜ男性だけに扶養を背負わせる?

    > 1・男性側から妻の別姓を同意するだけでなく、生まれてくる子供についても妻側の姓にするよう要望してくる。

    夫婦で話し合って決めればよいことなので、賛成でなければそう言えばいいだけです。
    そして、子どもが妻の姓で何か困ることがありますか?

    > 2・結婚という責任に対して、男として一定程度の解放が実現できることにより、
    気軽に・気楽に結婚しようとする男性が増える。
    (結果、外れを引いた女性が悲しむだけな気がする)

    同姓別姓関係なく、配偶者には扶養義務があります。
    事実婚も同棲も珍しくないのですから、気楽でいたいなら、そもそも結婚しませんよ。

    > 非正規雇用で収入も不安定な大多数の女性が不幸にならないよう政治家には日本の未来を考えてほしいなと思います。

    非正規雇用の男性も、増えています。
    平均年収、生涯年収も下がっています。
    これからの結婚では、共働きの想定は必須と思います。

    トピ主さまの頭の中では、男性1人の収入で家族を養えるような時代が今も続いているのですね。

    ユーザーID:8857258286

  • 夫婦別姓とは子どもとも別姓になるということ


    結婚後は女性の姓に男性が変えて同姓にするべき、なんて風潮ができたら
    夫婦別姓の法案なんて速攻可決されると思いますよ。

    なんだかんだ言って、現代でも女性が不利な立場におかれてるってことです。

    今回、夫婦同姓・別姓だけを先に動かそうとしても無理があったのではないかな。


    未婚の場合や結婚前や離婚後、両親の「片方」が子どもへの責任から逃げるのは
    法的にも容易く、養育費を払わなくても、認知しなくても前科がついたり
    給料を取り押さえられたりは実際のところほぼない。

    夫婦別姓により、周りからすぐには夫婦だとわかりにくくなりますが、
    子どもとも別姓になることで、その問題が大きくなると思いませんか。

    DNA鑑定などの技術も進み、マイナンバーで管理が容易くなった今、

    親権や養育権、養育費、認知、扶養義務その他に関する法規制を厳しく設定し、

    出産や育児によりキャリアが削がれた人に対する保障と補償も

    立法だけでなく司法も変えて、

    そこまでカバーして、それからやっと夫婦別姓法案かなと。

    夫婦だけでなく親子別姓にもなるわけですから。

    ユーザーID:8364174372

  • 自分の都合で生きている

    自分の都合で物事を考えていくから、自分にとって都合の悪い場合、その人の声が大きくなるだけです。自分にとって都合が良い場合には、人の声は大きくならずに黙っているように思います。

    例えば、宝くじが当たらないという声は大きく聞こえてきますが、宝くじが当たったという声はあまり聞こえてきません。それは、黙っているからでしょう。その方が何かと都合が良いからでしょう。私も、宝くじが当たったら、黙っています。

    そう言えば、お釣りが少なかったら人の声は大きくなると思いますが、お釣りが多かったら人の声は小さくなるように思います。これって、人間の性分ではないでしょうか。

    夫婦同姓も、都合の良い人も居れば、都合の悪い人も居るのでしょう。都合の悪い人が声を上げるのでしょう。見方を変えれば、そのことを不満を抱けるのは幸せだかもしれまん。もしも、日本が紛争地域であれば、それどころではないでしょう。こうして、人間の不満の対象は、その時に応じて色々変わっていくのでしょうね。

    ところで、人間不満の正体とは一体何なんでしょうね。それが判れば、みんな幸せになれるのでしょう。多少の不満は生きる力になるように思いますが。

    ユーザーID:5628484980

  • おおむね

    おおむね同意です。

    自由というものは無償では手に入らない。
    選択が増えるという事は往々にしてコスト増加と出来たのに選択しなかったものへの意識というものが残る。

    それは必ずしもその後の生活にプラスに働くとは限らない。
    小町はその様な相談掲示板なので分かりやすいですが、AとBの間で揺れてます、あの時あっちと結婚してたら変わってたのか、選択の自由が幸せにつながるなら、昔の3大神器をもてれば幸せな時代よりも今の若者は幸福感を得ていないとおかしいが、実際はそうではない様に思う。

    前向きという言葉のように、自由も言葉の響きが良いものの様に扱われ、否定する事が異端の様に感じる要素を持っていますが、実際にどの程度の影響が出るか、優先順位、合理性を伴った判断が必要だと思う。
    会社とかでも同じですが、声の大きなだけの一部の意見がすんなり通る様では問題につながったりする。

    感情的にこうだと主張する事はもちろん自由ですが、それだけでは説得するには足りない。
    本気で説得するならデメリットを払拭する術を提案するくらいしないと。

    ユーザーID:1597296606

  • 確かに同意できる部分があるね。

     夫婦別姓に否定的な少々うがった見方かな。とも思えるけど…確かに同意できる部分はあるね。
     1 トピ文の通り別姓を積極的に求めているのは一部の女性が中心だと思うよ。そのような女性たちは「夫婦は別姓でも生まれてくる子供は自分の姓にしたい。」一歩譲っても夫婦と全く違う姓、そしてその姓には自分の意見が盛り込まれていないと気が済まないのではないかと思うよ。
     絶対に子供が夫側の姓にすると言ったら反対するだろうね。
     それと結婚する時点で同姓にするか別姓にするかで親族を巻き込んでの確執が起きるよ。
     結局は逆に姓というものに縛られてしまうんじゃないのかな?
     2 夫婦ともども別姓に賛成して結婚する場合はどこか同姓の夫婦に比べて「気の合う男女の同居」という感じが強くなるんじゃないのかな。
     一方の父母や親族の問題などが発生しても「それは自分には関係ない」という感じになるんじゃないのかな?
     家族としての煩わしい部分からは避けてメリットのみを求めそうだね。

     私の見方も結構偏見に満ちているかもしれないけど…そんな感じに見えてしまうよ。

    ユーザーID:3308563729

  • トピ主さんに質問です

    興味ある話題ですがトピ内容がよく理解できないので教えて下さい。

    まずクレームマイノリティというのは知らなかったのですが昔からある言葉ですか?

    内容については前段の大多数の女性が他人事の法改正だと認識しているというのは同意しますが、1の男性が子供の姓を妻側にするように要望とは何かのデータがあるのですか?
    子供の姓については夫婦で話し合い、事実婚でも認知し養子縁組すれば父親の姓にもなれますよね。
    それを多くの父親が拒否するであろうということですか?

    2は男女共に言えることじゃないですか?
    なぜ男性だけが解放されることになるのですか?
    女性こそが「家」「嫁」に縛られることが少なくなり解放されると思うのですが。
    また外れを引いた女性が悲しむというのは結婚に対して不誠実な男性と事実婚をした女性が何の法的保証も得られないという意味ですか?

    トピ主さんのご意見は全般的に女性の視点・立場しか語られていないので客観的かつ公平じゃないと思うのですがいかがでしょうか?
    因みに私は女性です。

    ユーザーID:9911861683

  • 仕事で旧姓を認めてないものもある?

    芸能人や政治家はいいですが、
    今回女性裁判員は別姓に賛成しているところを見ると
    法律関係はやはり「通称」は使えず
    結婚後は「本名」となる夫の姓になるのかな、と感じました。

    選べるならいいと思うし、
    その分国が手間かかるので
    別途費用がかかるようにすればいいし。

    ユーザーID:0011864853

  • よく分からないけど。

    論旨が読みとりにくいのですが。
    つまるところ、世の中には無責任な外れ男が多いってことですか?

    そんなに捨てたもんじゃないと思いますよ。

    ユーザーID:7098726040

  • 日本の将来の女性に対して、手本にならない言動

    依存心満々で
    「正社員で国家資格もあり収入も保障されているようなクレームマイノリティの女性の利便性解消でなく、非正規雇用で収入も不安定な大多数の女性が不幸にならないよう政治家には日本の未来を考えてほしい」
    というのは情けないことです。

    トピ主さん自ら、この2種類の女性がいるとお考えなら、なぜ前者にならなかったのだろう?

    娘には、日向を歩く女性になって欲しいし、優秀な人の利便性を損なうような政策は、決して国家のためにもならないと思います。特に、通称別姓で仕事での渡航による不便は致命的。

    通称別姓で十分とお考えの政治家の皆さん、パスポートも通称で発行してください。

    ユーザーID:5242907167

  • アラ還男性です

    1)子供に女性側の姓を付ける
     トピ文読むと、それを「男性の側」から要望すると?
     そんな事したらタダでさえ足りない「父親の自覚」が更に無くなることくらい、女性には分かってるから断固拒否でしょうね。
     そもそもそんな要求する男性は「結婚しない」し「子供も欲しがりません」から、ちょっと無理な想定です。
    2)気軽に結婚する男性
     短期的には増えないでしょう。それこそ「結婚の意味が無い」から。
     でも長期的には増えるかも知れません。というか、今の「非婚願望男性」のハードルが下がるかも知れません。男女平等とやらの美名のもとで、結局は「男なんだから」とがんじがらめにされてる男性を「解放」するから。
     ただ、今の同姓婚でも「安易な結婚離婚」は掃いて捨てるほどあるし、「外れを引いて泣く女性」も沢山居ます。だから不幸な女性を今以上に増やすことにはならないでしょう。

    個人的には「夫婦別姓」に反対ですが、今の非婚化時代をみるに少しでもハードルが下がるなら受け入れましょう、のスタンスです。
    そして女性達には「権利を主張するなら義務も果たせ」と言いたいです。

    ユーザーID:4213778390

  • どちらの姓を名乗ってもいいはず

    ということを言っている評論家がいました。「私の姓を名乗って」といって「いいよ」という男性がマイノリティであるのが現実です。
    街頭インタビューで別姓に賛成の男性からの意見です。「女性は姓が変わることについて、会社で不便とか、何らかの理由をつけなくては意見を言えない。男性は「いやだから(婿養子じゃあるまいし)」という一言で終わる」というところが不公平」と言っていました。夫もこの男性位の器量があったらと思います。
    自分の名前についての思い入れがあるかないかによっても、考え方は違うと思います。私は夫の姓を名乗るのがいや(自分の名前を変えたくない)ということではなく、どちらの姓を名乗ってもいいのだから、少し位「どちらの姓にするか」の話があってもいいのでは?と思っていましたが「ばかいうな」の一言で夫の姓となりました。夫が姑にそのことを話したらしく「何言っているの?」と言われました。
    だから、別姓の選択肢も欲しいと思います。

    ユーザーID:2514653693

  • ホッとしました。

    選択制夫婦別姓案に大反対していましたので、ホッとしました。

    もし夫婦別姓が認められると、明らかにトピ主さんが言われる「非正規雇用で収入も不安定な大多数の女性」が不利になると予想されます。

    一見、女性に良い風に思いがちですが、結婚時、夫から別姓を勧められることも大ありだと思います。

    家族姓がないため結婚に対して男性側に家長としての意識が薄れ、妻に更なる稼ぎの要求、専業主婦やパートなど、の働き方では満足しない夫も増えることでしょう。

    そして、結婚していても、独身を装うこともできる,
    夫婦別姓とは、まさに男性側にとって都合のよい法案だったでしょう。

    一方、しっかり稼ぐ女性、下方婚(男のほうが下)とってどうなのか、微妙かもしれません。
    別姓併記の案が進めばまた便利になると思いますが。

    外国の例を出される人が多い事に驚きます。
    専業主婦を寛容に許されているこの日本より良いように思えるなんて。

    夫の名前を名乗るとは、むしろ夫に首輪をつけることと一緒なのでは、内心思います。

    夫婦同姓とは、まさに、「おとうちゃん、頑張って!!、」だと思います。

    ユーザーID:3661087779

  • 違憲=別姓強制ではないのでは?

    >別姓にしたい人がいるなら選択肢があるのはいいことだから賛成、でも自分は同姓婚を予定

    この意見は、サイレントではなく普通に多数意見ではないでしょうか。

    現在議論されている夫婦別姓はあくまで選択的夫婦別姓であって、別姓強制論の議論は聞かないように思います。
    違憲の主張も、同様です。
    仮に違憲判決が出たとしても、トピ主さんのおっしゃるサイレントマジョリティの利益を害することにはならないのではないでしょうか。


    ところで、夫婦別姓議論で必ず問題になるのは「子の姓」の問題です。
    しかしこれも、夫婦同姓の選択肢があればそれを選択する多くの家庭では問題になりえません。

    夫婦別姓を望み事実婚を選んでいるカップルを複数知っていますが、そのために子の処遇に関し不自然な努力を重ねています。
    そういう無理に比べれば、夫婦別姓の選択肢を認めたうえで、子の姓について夫婦の判断にゆだねることから生じる混乱は、はるかに少ないように思います。


    いずれにしても夫婦別姓の議論は国会で解決されるべき問題であり、司法の場で方向が決定づけられなかったことは良かったと思っています。

    ユーザーID:6789031879

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧