あわせるということをどう思いますか?

レス22
(トピ主1
お気に入り25

生活・身近な話題

ゆずの実

日本社会は人にあわせるということが重要だと言われた時期がありました。
今はどうなのかわかりませんが、皆さんは「人にあわせる」ということをどう思いますか?

ユーザーID:3370204864

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大人になれば合わせるのが大事で重要である

    社会人は通説に従いましょう。
    大衆意見が常識です。
    一般に認められていく、合わせる、それが道理で大事です。
    協調性がある、合わせられる、重要なこともある。
    大人になること、合わせることで確認できる、大人には大事で重要です。

    ユーザーID:8609954451

  • そんな時期あった?

    そんなに強調された時期なんてありましたかね…。

    まあ、単に「お互い様」ということなのでは?

    それが極端で、
    「合わせてもらってばっかり」=我儘・傲慢
    「合わせてばっかり」=優柔不断・小心者
    など言われたり。

    個人的には「合わせてばっかり」のくせに
    「後から陰で文句ばっかり言う人」が
    日本人にしろ、外国の方にしろ、一番嫌ですけどね。

    ユーザーID:4798008155

  • 合わせた時に生まれる感情が「幸」と「安」

    人に合わせることで、自分の自由を奪われてしまい、そのことが不幸であると感じる生き方があります。これは、自由が幸せであるという考え方です。その逆に、人に合わせることは不自由ではあるけれども、そのことは不幸ではないという生き方もあります。何かに仕えて合わせて行くことを「仕合わせ」と言うのです。

    好きな人に仕えて合わせて行くと、自分の心にに生まれる感情が「仕合わせ(幸せ)」です。また「事」に仕えるのが仕事です。事に仕えることが出来なくなれば無職となり不幸となります。「合わせること」が、幸せに通じることを知っておきたいものです。

    ちなみに「幸」の語源をたどれば、結ばれている「絆」の意味があり、「赤い糸」と同義です。「幸せ」とは人に仕える時に自分の心の中に生まれる感情です。それを感じることが出来ない時に生まれる感情が「不幸」です。

    また今年の漢字の「安」も「幸」と同じ語源です。「安」は先祖と絆を結ばれていることが確認できた時に生まれてくる感情です。もっと言えば、先祖に仕えることで得られる感情が「安」です。そして、先祖代々の流れから外れていくと、どことなく生まれてくる感情が「不安」なのです。

    ユーザーID:9189185977

  • 日本人にっとては大事かもしれませんね。

    悪目立ちすることを良しとしない社会ですからね。
    小異を捨てずに大同についてますよ。「和して同せず」て言葉もあるではないですか。
    和を乱す人は苦手ですね。でも、「付和雷同」て言葉はもっと嫌いだな。

    ユーザーID:6752933538

  • 「あわせる」

    という言葉自体がキライです(苦笑)

    だから、今までマイノリティを承知でやらかし満載。敵を作りますがスルー(笑)
    それくらいイヤです(苦笑)
    互いに納得の上での言動が出来る相手のみと深くふかーく付き合います。友人は少なくもありませんし、身内も深いです。

    例えば「あわせる」ていうのは、こちらの意に反していてもあわせるって解釈で宜しいのでしょうか?

    だとすれば、それが「イヤ」です(笑)

    例え会社の飲み会があろうと、イヤなら拒否します。又は日頃から好感持ってる同僚先輩の間にもぐります(笑)

    納得出来ない「あわせる」は一切「いたしません」

    納得出来るものは過剰と言ってもいいくらい「オッケーオッケー♪」となります。

    納得出来ない合わせで、良い方向に行った事がありません。何だか具合が悪くなる。

    こういうところは我が儘でも傲慢でも、引きませんね

    ユーザーID:1679966593

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 状況によりけり

    状況によりけりだと思います。

    自分の意に反することであっても合わせなければならないこと、合わせておいて方が無難なことというのが多々あります。

    しかし、間違ったこと、理不尽なこと、自分や他者に大きな損害が降りかかることなどでしたら、自分の考えを貫くことが必要になってくるかと思います。

    こればかりは「状況によりけり」としか、言い様がありません。

    ユーザーID:9854594992

  • 程度による

    誰かと行動を共にする以上、ある程度は人に合わせないと何も進まないでしょう。

    日本人に限らず、世界中の誰もがある程度相手に合わせて生活していると思いますが。

    トピ主さんはどういうシチュエーションのあわせるの事を言っていますか?

    ユーザーID:8226861095

  • さして重要でないことは

    自分に取り、さして重要でないことは周りに合わせます。しかし、ときどき感違いする人がいるので、調整が必要ですね。
    欲しいものは欲しいといい、要らないものは要らないという。当たり前のことをやっているつもりです、大抵の場合は自分にとって、まあどちらでもよく、周りに合わせます。
    ときどき妙な要求をする人がいて、断ったり、当方の主張のすり合わせを要求すると、意外という顔をされたりします。機嫌がわるくなっちゃ人も。

    アホか?と思いますね。
    大抵の提案や決まり事、頼まれごとは、得意だから、ついでだから、負担がないから、ただの順番だから、快く承諾します。
    不快なこと、その責任もないこと、スジの通っていないこと、時間も都合も合わないことを「いつもはいいと言ってくれるのに」「おとなしい人なのに」という理由で言われても合わせられませんよ、当たり前でしょう。
    断わる場面で断わらないと嫌な人間が寄ってきます。

    しかし大抵のこと、町内の行事や生活習慣、子供の周りのエトセトラ、出先での人との関わりは周りに合わせます、その方が負担が少ないからですよ。
    子供が苦しんだり、当方に極端な不利益がない限り、あわせますよ。

    ユーザーID:8376931632

  • トピ主ですが。

    どこまであわせなければいけないのでしょうか?
    例えば、五人ぐらいで外食して、他の四人がAランチを選んだのなら、嫌いなものでもAランチにしないといけないのでしょうか? 皆さん、ご意見下さいね!

    ユーザーID:3370204864

  • 無理して合わせるなら自分を尊重したい

    和、協調という考え方もあるので全否定はできませんが、
    時と場合と人間によるでしょうね。

    1.自分と違う意見ややり方でも不満なく合わせる人、
    (自分がない人とも言われますが)
    2.自分と違う意見ややり方に合わせるが、陰で文句を言ったり体の不調に現れる人、
    3.私はこう思うのだが…と言うが周りに合わせる人、
    4.自分の意見を言って合わせない人(協調性がないと言われますが)…
    と段階も周囲人の感じ方も変わってきます。

    自分は違う意見がでた場合は4です。
    1から2になり、3になり4になりました。

    私はこう思うということは必要だと思いますが、時に飛び出た杭になることもあります。
    仮に非難されたとしても、私は自分に正直でありたい。
    無理をしてまであわせて 維持したいもの、団体はありませんし、
    協調性がないと言われても構いません。
    むしろ2の人になんか言われたくないですよね。

    ユーザーID:2589047138

  • それは一部

    合せるのが大切という人もいるけれど
    何割かの人はそうではありません。
    それをまるで全員そうするべきと
    言いたい気持ちはわかるけど狭量です。

    私は思いやりはほしいけど
    別に合せてもらいたくないですね。
    合せてあげたんだからと言われると困ります。
    合せてもらう必要ないので…。
    嫌なら相談してくれればいいのにと思います。
    結局 率直な人と話していると楽しくて
    意見のない合せるひととは縁遠くなります。

    ユーザーID:8681980169

  • あまり 合せたことが無い・・ケースバイケース

    団体行動が嫌いなので、どうしてもと言う時にしか合すことなく人生きちゃったかな。

    例えば学校の運動会・文化祭などは協力はしますし、合せなくてはいけない事柄については やってきましたけれどね。
    個人に決定権がある場合は 他人に無理に合せたりしませんでしたし、親もそういう教育方針でした。

    皆でお祝いとか皆で不祝儀集めるとかは 私はそれぞれお付き合いの深さが違うと言う理由で 個人でやってましたし、まとまっていかなければならない旅行も目的が違うのなら現地で自由行動だし、


    ケースバイケースで対応、じゃないんですかね?

    ユーザーID:7144938238

  • 人にあわせるというより…

    郷に入れば郷に従え。
    その土地の規則(常識・生活様式・文化)に従って生きる。
    「常識・生活様式・文化」は、風土から生まれて来たものです。
    今の時代に合わないものでも、作られた時は意味があった。
    尊重する心は、大切です。

    今の豊かな日本も「常識・生活様式・文化」の積み重ねでできたものです。

    ユーザーID:5774240363

  • 無理することないけど

    多数でレストランに行ったとき、みんなで同じものを注文するのでなく、皆それぞれ好きなものを注文する方がいいですね。飲み物もね。これが原則。例外があってもよいですが、これが基本。お役所に出す書類の「体裁」はすっかり同じだから、そういうときは合わせて。でも中身まで合わせては、まずいです。「空気」とか「同調圧力」とかに負けて、合わせることはないと思います。給食でも、食べる方からすると、多様性が必要だと思っています。作る方は大変ですから、家庭の食事は、ほどほどにするしかないですが。自分の意見があるなら自分はそれに従い、他方、他人の意見を尊重する(おしつけない)ことも大事。「和而不同」で「仲良く」する、これが一番。私はそう考えています。合わせる→我慢する→押し付けられる→やがてストレスがたまり・・・困ります!

    ユーザーID:3218173161

  • 嫌いなら無理して合わせなくて良い

    団体で食事に行った時、一人だけ違うものを頼むと出てくる時間が一人だけすごい違ったりして気まずい思いをしますが、新幹線の乗車時間が迫っているなど、食べる時間が限られているのでなければ、好きなものを頼んで良いです。嫌いならなおさら合わせる必要はありません。
    あえて合わせない方が、その集団にとって縛りがなくなり、後々皆が過ごしやすくなります。

    ただ、一人だけ違うと協調性がないと感じる人もいますので、「ごめん、私それ苦手だからBでいい?」と言っておけば100パー大丈夫です。

    ユーザーID:8226861095

  • ランチの件

    それは(笑)
    皆がAでも自分がB食べたければ絶対Bですよ(苦笑)
    Bにしたからって誰かの反感?食うような付き合いなら、付き合いすらお断り(笑)

    極端なくくりで話をすると、トピ主は「自分の軸」について問いたいのでは?

    レスにあるように、どうしても参加が必要(幼児の運動会など)なもの以外は「合わせません」

    私は無常の風さんの仰っている「仕合わせ」について勉強したものですが、それでも「合わせないものは合わせません」です。

    合わせる事の選択には「責任」が伴います。
    合わせた事で自身が後で不満を感じようが、バカをみようが、全て自己責任になります。

    配偶者選びに至っても、親からすすめられて合わせたとて、いざ色々問題が発生し、愚痴をこぼしても「自分が選んだのでしょ」となります。

    「仕合わせ」については、こういった事には厳しく突き放されます。

    自己責任を問われるのであれば、責任を取れる選択を自身でするしかないのです。
    例え批難されようと、自分の言動に、心に正直に、責任を取れる生き方を選択します。

    ユーザーID:1679966593

  • ランチレベルの話?

    合わせませんよ。
    ただし、合わせた方が都合がいいと思われる場合は合わせます。
    それはただの「ランチの好み」レベルではなく「常識」とか「世渡り」等を考えてそうするだけです。

    ユーザーID:9607707587

  • ランチ?

    >例えば、五人ぐらいで外食して、他の四人がAランチを選んだのなら、嫌いなものでもAランチにしないといけないのでしょうか? 皆さん、ご意見下さいね!


    いや まったく合わせる必要ないと思いますが・・私は食べたいものを注文しますよ。
    だって 自分でお金を出して食べるのに なんで人様に合わせなきゃいけないんでしょう?

    ランチなんて 金額的には大差ありませんよね。
    一人だけCランチでも別に構わないのでは?

    そんなことまで 合わせろといってくるような人とはお付き合いできませーん。

    ユーザーID:7144938238

  • これは日本も外国も関係ないよ。

    「日本社会とは」と書かれているから政治や風習のことかと思ったけど…
     ランチのことだったんだね。
     こんなことは別に悩むほどのことではないよ。自分の好きなものを頼めばいいんだよ。
     まさかランチで自分だけお酒を頼むというわけでもないよね。
     そもそも日本社会が外国に比べて人に合わせる部分が多いというわけでもないと思うよ。
     外国の中には決まった風習のなかで生きたり宗教が特定されていたり出生によって将来まで決まってしまう国もたくさんあるよ。
     (もっともそういう国の人はそれが当たり前であって「合わせる」という感覚ではないだろうけどね)
     むしろ生き方、考え方の多様性はある方だと思うよ。
     ランチだって多くの諸外国に比べて選択の種類が多いよ。

    ユーザーID:6594703994

  • 再度になりますが

    服装の話から。周りが冬服なら、自分も冬服、と思っていた私が、とある外国に行ってびっくりしたのは、冬服の人も夏服の人もいて! 聞いてみたら、暑い国から来た人は寒く感じ、寒い国から来た人は暑く感じ、という事情があるようでした。自分の感覚に合わせるのが当然ですよね。 モンスーン気候・農耕文化に、合わせる文化の淵源があるという説もありますね。 さらに、明治以降、学校に制服が登場した(理由は軍隊式教育が効率的だという考え)こともあります。交通事情に関しては、多分どこの国でも、合わせて走行するのが基本ですよね。また、礼儀作法は文化的背景が異なりますから、do as Romans do! が基本だと思います。

    ユーザーID:3218173161

  • 何だろうこの脱力感(笑)

    ランチって・・・

    自分の食べたい物たべればいいじゃん。

    もっと哲学的な事かと思ったら、くだらん。

    追加レスを見る前にレスした人たちが気の毒すぎる。

    でもまあ、どこまで合わせる?って事なので
    ランチは多くの場合AかB選べますよね、
    他の4人がAでも嫌いな物だったらBランチにするくらいは合わせます。
    ランチメニュー以外の物は頼まないかな。時間が掛かっちゃうからね。
    それをみんな同じ物にしましょうよと言われても断固断ります。
    食べられないもの頼んで残す方が嫌だから。

    ユーザーID:2772374380

  • ランチ???

    皆でパスタを食べに行こうと決めていたのに、1人だけ「やっぱりラーメンが食べたい」とラーメン屋に行ってしまったら「変なヤツ」になるでしょうね。
    でも、パスタのお店に皆で来たのなら、あとは何を頼むかは個人の自由でしょう。

    周りに合わせるのは日本人だけではありませんよ。
    欧米人だって、ちゃーんと周りを見て、周りに合わせて行動してますよ。

    常に単独行動だったら、友達ができないじゃないですか。

    ユーザーID:6224515130

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧