夫を亡くしました

レス10
(トピ主0
お気に入り95

心や体の悩み

YOKO

50代のYOKOと言います。

数か月前に、主人を病気で亡くしました。

今までは、しなければならない事が多く、最近やっと落ち着いてはきたんですが、
そうなると今度は、日増しに喪失感、不安感が強くなり、仏壇に話しかける毎日です。

私自身の病気や、家族の問題もあり、この先どうやって暮らしていけばいいのか...
心の持っていき方がわかりません。

1年間近くの闘病でしたので、その間、覚悟はしていたつもりでしたが 今はどんどん募る寂しさを
どうやって乗り越えていったらいいのかわかりません。

ご主人を亡くされた経験のある方がいらっしゃいましたら、
どうやって毎日を過ごされていたか、ご自身の経験をお聞かせ願いませんか?

ユーザーID:9525955194

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 悲しいですね…

    2年前に主人を亡くしました。

    とりあえず目の前のことに集中して、悲しみにつからないように気をつけるしかないと思います。
    暇があると、つい悲しくなってしまうのでダメです。
    立ちあがる気力が無くなってしまうから。
    何か考えてしまいそうになったら、夕食のメニューでもいいです、衣替えしなきゃとかでもいいです、何か目の前のことに集中しましょう。

    私は、最近になって、やっと主人の荷物の整理を始められました。
    それまでは見るのもつらくて触れませんでした。

    あ、それから、ご主人様に感謝の気持ちを送ることは、いくらやってもいいです。
    心が温かくなります。

    ユーザーID:8961786813

  • YOKO様と同じです。

    アラフィフのにくきゅうです、初めまして。私も半年前に夫を亡くしました。
    夫の死亡から葬儀、納骨、相続関係の諸手続きと慌ただしく過ごして、最近ようやく落ち着いて参りました。
    ウチは年の差夫婦(夫が年上)でしたので、結婚した時からいつかはこうゆう日が来るんだ、と漠然と考えていましたが、いざ一人になってしまうととてもうろたえてしまいました。でもメソメソ泣いてばかりはいられない、しっかり食べて働いて生きていかないと、天国の夫に叱られる!と自分に気合いを入れるようにしています。
    私達夫婦には子供はおりませんでした。実父は他界、実母は元気にしてますが高齢です。きょうだいもおりません。今は趣味の習い事での仲間たちが支えてくれていますが、いずれ天涯孤独の身になると思います。
    YOKO様のトピを見て、私と同じ境遇の方だなって思って、ああ私は一人じゃないんだ、って胸が熱くなりました。
    一緒に頑張って生きていきましょう!

    ユーザーID:2108155216

  • 最初の3年。

    子供たちがまだ、中学生だったので、どうにかしなければと、がんばってたみたいですが…

    記憶があまりはっきりしてません。ただ、仕事をしょっちゅう変えていたということ。

    やっと、未亡人という立場に慣れてきた9年目です。

    世間の目とか、気にならなくなりました。

    ユーザーID:0386468922

  • 心のままに

    覚悟とは、自分でするものではなく、他からの働きによって、させられるものです。他からの働きとは、亡きご主人の願いのことです。その願いを、あなたが受け止めることが出来た時、甦って行けるのです。仏壇の前で、ご主人があなたに願っていることを問いかけてみてはいかがでしょう?

    ユーザーID:5809130438

  • お互い頑張りましょう

    三ヶ月前に、同じく一年近くの闘病で妻を亡くしました。トピ主さんと同じ名前だったので、他人事のような気がしませんでした。
    残念ながら私はまだ答えを持ち合わせていませんが、お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:4679220728

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 48才で主人を亡くしました。

    トピ主の気持ち、とてもわかります。私も48歳のときに主人を突然亡くしました。私の場合は、本当に突然で、朝出て行った主人が2時間後病院で冷たくなっておりました。49日までドタバタで悲しんでいる暇があまりなかったのですが、すべてを終えたときの喪失感ったら、、、。一人娘がいたおかげと、ペット達に支えられた気がします。でも、スーパーで夫婦で買い物をしている方々を見るとほんとにつらくてね。一人で涙を浮かべたものです。今では「あっちはあっち。こっちはこっち」と自分の人生を受け入れております。泣きたいときは今でもポロポロの私ですが、泣いた後はすっきりして「さぁ、今日もがんばるよ」と仏壇に声をかけてます。主人だって逝きたくて逝ったわけじゃないんです。彼の分も生きていかないと。トピ主さんも泣いてください。泣ける映画を一人でも観て大泣きするのもいいものですよ。さんざん泣くとなぜか少しだけ元気になれた気がします。私はやっと三回忌を終えました。私も50代、まだまだこの人生を謳歌しないと、ね。がんばって!応援してます!!!

    ユーザーID:8130615665

  • レスします

    50代です。病気で主人を亡くして半年が過ぎました。
    早いのか、遅いのか月日が経つ感覚がわかりません。
    まだ夢の中のような感じで、ふわふわしています。
    今までどうやって生活していたかあまり覚えてません。
    この頃は普通に生活をしているように思いますが、
    毎日涙の出ない日はありません。
    急に思い出して号泣したり、
    買い物に行っても、仕事に行っても主人を
    思い出して、頭から離れません。
    私は一生こんな自分でもいいと思っています。
    ただ、日々の生活の中で、しっかりとやるべきことはやっていく、
    そうでないと、主人に申し訳なくて。
    乗り越えることが出来なくてもいいから
    辛さ、悲しさ、寂しさと向き合って生きていく
    それしかないのかなあと。
    健康、家族の問題、その家なりに
    いろいろとありますね。
    YOKOさんだけじゃないですよ。
    お互いに、なんとかやっていきましょう。

    ユーザーID:6136661909

  • 来年の春に何かご自分にご褒美を

    さみしくて当たり前です。
    私は半年は全く笑えなかったです。

    この先どうやって暮らしていけばいいのか?と、聞かれたら、
    一度ファイナンシャルプランナーの方に相談してみたら?と、答えます。
    お金の問題がクリアになれば、少しですが安心して暮らせます。
    すぐにじゃなくていいのです。
    たくさん専門家がいるから、
    講演会や雑誌や本を読んで人柄を気にいった人がいればアクセスしてみたらいいのです。

    旦那様の看病を頑張ったYOKOさん、
    何かご自分にご褒美をあげましょう。
    ご主人だってきっとあなたに感謝の気持ちを上げたいと思います。
    予算を決めて、何を貰うのが嬉しいのか考えましょう。
    旅行でもいいし、ジュエリーでもいいし、
    おいしい食事でもいい。

    冬至が過ぎたからこれからは日ごとに日が伸びてきます。
    日が長くなれば気持ちも変わってきます。

    ここにはあなたの辛さをわかる人がいます。
    何時でも気持ちを吐き出してください。

    ユーザーID:2484306139

  • トピ主です

    トピ主のYOKOです。
    レスしてくだっさた皆様、暖かいお言葉有難うございます。
    私の周りには、夫や妻を亡くした友人知人もおりませんので、慰めの言葉をいただいても、嬉しいのですが
    やはり、この辛さをわかってくださる皆様のお言葉は、身に染みて嬉しいです。

    主人は亡くなるまでの一年と少しの間、本当に前向きに懸命に病気と闘い、良いと思う事は何でもやりました。
    私達家族も、一緒に闘いました。その事については後悔はしていません。

    主人は多分、まだ亡くなるとは思っていなかったのだと思いますが、自分が亡くなった後の事は、何も言ってませんでした。亡くなる前日まで話も出来たのですが、
    急に容態が悪化してしまいました。

    亡くなる直前、もう言葉を発する事は出来ませんでしたが、段々閉じてしまう眼を、力を振り絞って開けて何度も涙を流しました。
    必死に私達に、何かを伝えたいようでした。
    それが何だったのか、何を言いたかったのか、どうしてほしかったのか...

    毎日、仏壇に向かってそれを問いかけています。
    答えは出ませんが...

    せめて夢に出てきてほしい。夢でいいから会いたいです。

    ユーザーID:4728713743

  • トピ主のYOKOです

    レスをしてくだっさた皆様、暖かいお言葉有難うございました。
    私の周りには、夫や妻を亡くした友人知人もほとんどいません。
    皆、気を遣ってくれますが、やはり同じ経験をされた方のお言葉は
    心にしみます。うれしいです。

    まだまだ、夫の死を受け入れられません。
    夫は末期ガンでした。良くなる可能性はゼロだと、最初から医師に言われて
    いましたが、一年間ものすごく前向きに病気と闘いました。最期まで。

    自分が亡くなった後の事も何も言いませんでした。

    亡くなる直前、もう口も聞けなかったのですが、閉じてしまう眼を、必死に開いて涙を流しました。
    何かを伝えたいようでした。
    何が言いたかったのか、伝えたかったのか...

    それを聞きたくて、毎日何度も仏壇に向かって話しかけています。

    夢に出てきてほしい。 ただ、逢いたいです。

    ユーザーID:7703150835

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧