砂糖の害について

レス34
(トピ主0
お気に入り162

心や体の悩み

モロッコ

砂糖の害は検索するとたくさん出てきますが、どう思いますか?
私は甘党で砂糖依存だったのですが、疲れやすく常に肌荒れ、アトピー、冷え症でした

砂糖断ちはしてませんが、砂糖を控えたら、上に書いた症状が軽くなりました


最近ちょっとストレスで砂糖依存が復活してしまいました
すると肌荒れ、アトピーがひどくなってきました
これはまずい、とまた砂糖を控えはじめました


でも、甘いものたくさん食べてても美肌で健康な人もいますよね?

ユーザーID:1875477554

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 砂糖をそのまま食べてるの???

    砂糖依存って、砂糖をそのまま食べてるのですか?
    それはかなり重症ですね。


    単に甘党でケーキやお菓子が好きなだけなら、肌荒れの原因は白砂糖ではなく、ケーキやお菓子に含まれる油かも知れません。

    白砂糖や牛乳を敵視する人が最近増えてますが「とんでも医学」を信じすぎると、逆に健康を害しますよ。

    ユーザーID:9393550676

  • IBSです

    私はIBS(過敏性腸)ですので、砂糖含めて糖質類がNGです。
    限られた食べ物しか食べることできないですが、そうもいかないので食べてしまいます。
    砂糖については、体を冷やすという作用があるらしいですが、確かに翌朝疲れが取れないですが、砂糖を控えると、スッキリとまでいかなくても起床できるようになりました。
    甘味料は体質によっては、お腹がゆるくなる場合あるので、あまりお勧めできません。
    トピ主さんの場合は、まるっきり断絶したとしたらストレス溜まるかもしれませんので、砂糖の量を適度に控えながら食事を楽しめたらいいですね。

    ユーザーID:4502654656

  • 砂糖が、ではない

    ストレスで、砂糖依存をするような状態でいるのが、問題なんですよ。

    砂糖依存と言ってる間、他の栄養素をきちんととらないのも問題です。
    他の栄養をバランスよく摂取することができず、砂糖入りの食品しかとらないのであれば、ただの偏食なので、害は当然あります。砂糖の害じゃなくて偏食の害です。

    ユーザーID:1474804678

  • こういう話、好きな人いますよね…

    過ぎたるは及ばざるが如し、という言葉を知ってますか?
    糖分は脳の栄養です。
    低血糖だと身体も動きません。
    取り過ぎはもちろんいけない、でも、取らな過ぎもいけないんです。
    砂糖が毒だとか牛乳が身体によくないとか、とんでも話に飛び付くのはやめましょう。

    ユーザーID:6308845520

  • そりゃあね、人それぞれ体質が違います。

    砂糖にはこういう害があるから全員が同じ影響が出る、という訳ではありません。
    人それぞれ体質が違います。
    普通は、常識の範囲内で甘いものや砂糖を摂取しても何も起こりません。
    私も砂糖を控えなくても美肌だし何ともありません。

    砂糖の影響を敏感に受ける人もいます。それは体質の違いで症状が出る人出ない人がいるのであって、砂糖の害悪が嘘だという話ではないのです。

    ユーザーID:4841892506

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 体に聞く

    自分の体に聞くのが一番です。
    自分の体が拒否してるのに、口から入れるの?

    他人とあなたは同じ体?

    塩分だって、人によって感受性が違うのですよ。
    たくさんとっても、害のない人もいれば、ちょっととっても高血圧になる人もいます。

    自分の体で試してみて、だめなものは口から入れちゃだめですよ。

    ユーザーID:0790530996

  • 「砂糖の害」は、エセ科学

    検索すると色々出てきますよね。エセ科学のオンパレードで笑ってしまいます。何で砂糖で目が悪くなったり、骨折したりするんでしょう。

    「砂糖は食べ物でなく化学方程式」というのを読んで大笑いです。化学式でショ糖(砂糖の主成分)は表せますが、それを言えば塩だって塩化ナトリウムは化学式で表す事が出来ます。

    「白砂糖は漂白している」というのも嘘。不純物を取った状態が白砂糖。製糖工場で見学をさせてくれる所もあるので、一度見学に行かれたら如何でしょう。農水省 砂糖で検索されても詳しい事が判ります。

    砂糖断ちで肌荒れやアトピーが治るというのは、プラシーボ効果でしょう。摂りすぎると太るし、代謝が悪くなれば糖尿病等の原因にもなりますが、普通に摂っている分には心配ありません。むしろ砂糖は精神安定作用があり、砂糖断ちするとイライラする事があります。

    ユーザーID:6233140658

  • 同じく

    私も砂糖の甘い食べ物を控えたら、原因不明だった頭痛などなくなり体調が良くなりました。でも、もともと甘いものが好きなので、完全に砂糖断ちはできませんので、なるべくオリゴ糖や人工甘味料などを選ぶようにしています。あとはおからや豆乳を使用したクッキーとか、低GIのソイジョイとか。

    疲れると甘いものが欲しくなりますね。特に仕事中、行き詰って頭が働かなくなるとチョコレートとか食べたくなります。ストレスを感じている時もしかり・・

    ロッテのゼロというチョコレートを食べていますが、糖類ゼロ系のお菓子は高価なんですよね。でも、高価だと食べることを控えるので、逆にいいことかな・・と思っています。

    職場に甘いものが大好きで毎日何かしら甘いお菓子を食べている人がいるのですが、健康診断で何も引っかからず、健康優良児の人がいます。太ってもいないし、本当にうらやましくて仕方ありません。きっと、体質なのかなと思います。

    ユーザーID:9285801466

  • 人間の体が求めているもの

    意外なことですが、人間が摂取している食べ物、栄養物を
    突き詰めて見ると「脂肪と糖分」+「水分」に収斂される
    のではないでしょうか。

    脂肪と糖分と水分は、身体を動かす活力の源です。
    どんな食べ物も、結局は脂肪と糖分に行き着くのではない
    でしょうか。

    と言う事で、「糖分」を否定する事はありません。ただし、
    糖分の取り過ぎは、肥満になるので気を付けなければなり
    ませんね。

    ユーザーID:1140197107

  • いい加減な流布に流されないで

    砂糖は高カロリーな食材な上で売名行為宜しく攻撃されやすい食材です。。
    でもね、使い方によっては健康にとっても良いの(笑
    塩分との交換作用により酢漬けを美味しくしたり果実酒に見られるように食品の保存効果を高めたりとね、

    暗に批判する前に
    その効果を知る事が大切

    ユーザーID:2936666706

  • 人によりますから

    乳製品が一切アウトの人もいれば、
    毎朝、ごくごく牛乳を飲んで元気に過ごせる人もいます
    体質ですので人と比べても意味がないです

    私は50近いですが、どこで肌年齢チェックしても肌年齢は20代です
    ケーキ大好き、大福大好きで、必ず一日一つは食べます

    ユーザーID:6013222806

  • 人によるよね

    元々甘い味が好きではないので、甘いお菓子はあまり食べないし、料理を作る際は砂糖を使う事はありません。
    なので砂糖断ちをしようとはしてませんが、結果してる感じです。
    でも冷え症だけどね。
    今まで砂糖を摂取後、嘔吐や心臓がバクバクしたり、色んな症状にあってきました。
    なので砂糖って体に悪いな、とは思ってますが、普通の売ってるジュースでなったりするので、他の人はよく平気だなーって思ったり。
    なので、砂糖の害?は人によるのかな、って思います。

    ユーザーID:0737410078

  • それで?

    その逆の人もいます。
    大酒呑みでも病気知らずで90歳で大往生する人もいます。

    それぞれ違う身体
    それぞれ違う管理をするしかないでしょう。

    ユーザーID:5703987637

  • ほどほどに楽しむ

    私も基本あまいもの好きです。仕事の後や疲れた時に無性に食べたくなります。家族がいるので、一人だけ避けるというわけにもいかず・・。午前中と午後のお茶の時、一日に2回くらいは食べてしまいます。

    ただ、知り合いの自然食品のお店の店長さんに言わせると、砂糖は私たちが思っているより害があるそうです。確かに甘いものを食べたあとは、身体が冷えるような気がしますものね。鼻水が出たり寒気もします。

    でもでも、甘いものは楽しみです。アルコールやたばこが好きな人がいるように、嗜好品だと思うのです。だから健康と美容のため、ほどほどに楽しむことがいいのではないでしょうか。節度を守って食べるようにすれば、きっと大丈夫ですよ♪

    ユーザーID:2001668007

  • 糖はエネルギーの源

    専門的になりますが、人の体にはブドウ糖(グルコース)を分解してエネルギーにする解糖系という特殊な一連の酵素反応が存在しています。

    エネルギー産生という非常に重要な反応のため、この過程は生産物によるフィードバック調節がかかっていて厳密にコントロールされています。

    一方、砂糖は加水分解されブドウ糖と果糖(フルクトース)に分解されます。

    果糖はこのフィードバック調節段階をスキップし解糖系に横はいりするため大量に摂取すると代謝系を乱すことが知られています。

    解糖系の先には脂肪代謝が連なっているため肥満などとも関連してきます。

    解糖系、クエン酸回路、脂肪酸代謝、電子伝達系などもし興味がありましたら調べてみてください。

    ユーザーID:1194247516

  • 過ぎたるは及ばざるがごとし

    >砂糖の害は検索するとたくさん出てきますが、どう思いますか?

    別に何の不思議もありません。

    水だって、飲み過ぎれば害になります(一日10リトルも飲めば害になる)。
    米だって、食べ過ぎれば害になります(一日10キロも食べたら害になる)。
    ビールや酒だって、同じ。
    クスリだって、同じ。

    どんなものにも「適量」がある。

    「毒」と言われているものでも、ごく微量だと「薬」になるものは多い。

    何事も「適量」を考えて摂取しましょう。


    >でも甘いものたくさん食べてても美肌で健康な人もいますよね?

    適量には個人差があります。

    ユーザーID:1009128962

  • 生まれつき体質が違う

    同じ量食べても、太りやすい人と変わらない人の違いは生まれもっての体質です。
    アトピーにしろアレルギーにしろ同じ。

    お世話になっている漢方医の方が言われるには「白砂糖は毒ではないが薬品と同じ。」とのこと。
    頭痛の多くは白砂糖の弊害らしく、我が家からは白砂糖は消えました。
    甘味は蜂蜜と黒砂糖とみりんで補います。頭痛はかなり減りました。

    ユーザーID:0827993875

  • それを訊いてどうするんですか?

    >でも甘いものたくさん食べてても美肌で健康な人もいますよね?

    確かにそういう人もいるでしょう。
    でも、残念ながらトピ主さんはそうではないようですね。
    そんなこと聞いて、どうしたいんですか?
    だから、私も砂糖を摂っても美肌でいられるかも? ということですか?

    健康に気を付けていても病む人もいる一方で、暴飲暴食でも健康なまま長寿の人もいます。
    この2タイプを比べても仕方ないですよね?
    体質が違うんですから。
    ほんと、うらやましいですよ。
    でも、比べてどうなります?
    自分はこれだけ節制していても病んでいるし、相手は暴飲暴食で好き放題でも問題なし。
    納得できないけど、仕方ない。それが現実です。
    受け入れるしかないでしょう。
    他人と比較しても「なんで自分だけ」と苦しみが増えるだけですよ。

    ユーザーID:5342967258

  • 砂糖止めれないです

    私も甘いお菓子が大好き。
    ご飯も甘めの煮物や煮付けの和食が大好き。

    仰るような砂糖の害を知りつつ止めれないです。

    砂糖を減らしたり控えた方が体調良いように感じるます。

    でも止めれないんで、せめて上白糖は止めててんさい糖や黒糖、サトウキビを使ってます。

    ただ、周囲はスイーツ大好きでも肌が綺麗で健康そのものって方が多いんです。
    50代の従姉と70代の伯母はとにかく甘党。
    なのに母娘揃って見た目10歳若く病院にも無縁です。

    幼なじみは家族でケーキ&甘味処のお店をしてスイーツ三昧なのに超元気。

    私の祖母も甘党で90歳の今も現役です。

    反対に砂糖を除去し食にこだわっているにも拘わらず体調崩して落ち込んでる方も居ます。

    そういう話しを聞いたり見た結果、ある程度は砂糖を控えた方が良い。

    けど必要以上に神経質になるのも良くないのかなぁ〜と考えるようになりました。
    結局は人それぞれなのかなぁ〜。

    ユーザーID:4716971737

  • 表現が曖昧

    甘いものを沢山とはどのぐらいが沢山ですか?
    表現が曖昧なのでよくわからない。

    体質の個人差があるので平気な人は平気。
    健康を害する人は害するでしょう。
    また40代までは平気でも60代になったらどうでしょうか?

    いくつの時から、1日何をどのぐらい食べ続けているのか
    具体例を書いてください。
    毎日、ケーキや菓子パンを数個食べるのは
    沢山のうちには入らない。

    ユーザーID:2618226935

  • 日本の平均寿命を考えようよ。

    日本のお年寄りたちは、
    砂糖のいっぱい入ったお菓子を食べて、
    元気に暮らしているよ。

    砂糖が体に悪いなんて、
    考えた事も無い人たちが殆どだよ。

    平均寿命が証明している。
    砂糖は体に悪くなんかない。

    ユーザーID:1936735880

  • 中学校

    >砂糖の害について
    >甘いものたくさん食べてても美肌で健康な人もいますよね?
    こんなことをいう方って中学校を卒業したのかしら?

    体内での話だよね。
    中学「理科2分野」で「食物の消化と吸収」の話は聞いてるよね。
    「消化器では、最終的には、炭水化物は ブドウ糖(ブドウとう) まで分解されます。タンパク質は アミノ酸(アミノさん) まで分解されます。脂肪の消化は、 脂肪酸(しぼうさん) と モノグリセリド まで、分解されます。」

    砂糖も糖質(炭水化物)も人体に吸収されるときは同じ(ブドウ糖)です。
    同じものなのに砂糖だけ害があるなんてありえないよね。

    ユーザーID:9467656739

  • 白砂糖控えたら体調良いです。

    母の病気を機にマクロビ的な食事に切り替えました。

    厳密にすると続かないと思って、主食を玄米、出来るだけ全粒粉や甜菜糖を使い、
    調味料も有機とか昔の製法のものを使っています。

    ケーキが好きなので、それは、月に数回の楽しみ、贅沢として食べています。

    乳製品は、ケーキ以外で取らないようにしています。

    甘いものやケーキが続くと鼻づまりがひどく、すごく粘調の鼻水が出ます。

    自分でも作るので、ケーキに含まれる砂糖の量は、大体わかります。

    何事も摂りすぎは害だと思います。

    ユーザーID:0565119086

  • ふと思ったこと

    私は砂糖害悪説に肩入れするわけではありませんが
    いくつかのレスを見て、ふと思いました。
    砂糖害悪説はエセ科学だと言いながら
    砂糖断ちして体調がよくなったという話はプラシーボ効果だと断言するのは
    都合よく証拠を収取選択している意味で
    エセ科学と同列ではありませんか。
    プラシーボ効果なのかもしれませんが、裏付けが必要です。

    ユーザーID:5703987637

  • あのー・・・・

    >最近ちょっとストレスで砂糖依存が復活してしまいました
    >すると肌荒れ、アトピーがひどくなってきました


    肌荒れ、アトピーがひどくなったのは、砂糖ではなくストレスが直接の原因では?

    ユーザーID:0439268916

  • そもそも砂糖のせいなのか

    トピ主さんも、砂糖を控えたらという話をされている方も、そもそも砂糖ってどういうくくりで判断されているのでしょう。
    日本で一般的な上白糖のことですか?
    それともグラニュー糖のことですか?
    三温糖や黒糖も含みますか?
    そして、控えたら体調が良くなったとのことですが、どうやって砂糖を断ったらよくなったと判断できたのですか?
    砂糖そのものを加えるのをやめても、もともと砂糖が含まれてしまっている食品はたくさんあるわけですが、それはどう判断してますか?
    もしかしたら、砂糖を断ったつもりが食品に含まれたほかの成分のせいで体調に変化が出たのかもしれません。
    また、三温糖や黒糖ならいいというのも、グラニュー糖や上白糖は黒糖を精製したものです。
    それはさておき、体調の変化を砂糖だけに求めるのはナンセンスです。
    扇情的な情報を流布して得しているのは誰か冷静に考えてみましょう。

    ユーザーID:4800064250

  • 糖について。

    砂糖の摂り過ぎの方を見ていると、実年齢よりも見た目年齢が老けている方が多いです。
    原因は糖の摂り過ぎると、それを分解するだけの栄養素が不足する事が考えられます。
    増してや加齢によって細胞内のミトコンドリア(ミトコンドリアは糖を消費してくれる役割がある)が減少、又は元気が無いので、血中に糖が残りやすくなり、万病の原因にもなります。
    糖はなるべく食事で摂ること。かと言って炭水化物の摂り過ぎにも要注意。日本人のDNAの関係で、小麦よりも白米の方がいいと言われています。後は果糖ですね。
    糖や砂糖は依存性があるので、我慢すると余り摂らなくても少量で満足感が得られますよ。
    後は沢山緑黄色野菜を摂りましょう!

    ユーザーID:1342794366

  • もともとの体質と、その時点での体の状態によるようですね・・・

    持病もちです。
    西洋医学と共に東洋医学にもお世話になり、
    対症療法だけでなく、症状を出にくく、出ても軽く済むよう、
    体質そのものの改善に努めています。

    一昨年、体が赤信号状態になり、
    主治医の指導で、砂糖、果糖を三ヶ月間できるだけ止めました。
    調味料としては気にせず、お菓子、果物を止めるという方法でしたが、
    それで血液の状態はかなり改善され、症状が軽減されました。

    今はお菓子も果物もほどほどに食べますが、
    そのまま改善された血液の状態を保てています。
    ただ、お菓子や果物はどうも習慣性があるように感じます。
    止めている時、当初はかなり我慢が必要でしたが、
    次第に全く欲しなくなっておりましたのに、
    最近再び毎日欲しくなっている自分に気づき、
    控えるようにしなければ・・・と思っていたところ。
    日々を豊かにしてくれる、お菓子や果物、
    生涯ずっと食べ続けたいからこそ、自分の体にとっての適量を
    守らないといけないな、と思っています。

    なんでも過ぎたるは及ばざるがごとし、
    食生活はバランスが大切。
    この、“適量”というのが、
    体質によってかなり個人差があるように思います。

    ユーザーID:8650369991

  • 気にするストレス

    小麦製品を控えると肌がきれいになる、頭痛が無くなる等の説も、最近はあるようですよ。
    トピ主さまが砂糖を控えたのが、ケーキ類を控えたということなら、砂糖ではなく小麦を控えた成果かもしれませんね。

    そういう事を気にしながら食べるストレスの方が、私は害が大きいと思ってます。
    だから美味しい、食べたい、と思う物を、あまり気にせずにいただいています。

    ユーザーID:4115097625

  • 人それぞれだと思います。

    自分にとって良くない物なら控えれば良いと思うのですが。

    私も以前、健康の為に白砂糖を摂らないって事をしていましたが、今はあまり気にしなくなりました。
    チョコもケーキも普通に食べるけど、以前と変わりは無い気がします。

    ただ、食べ過ぎる事はしないように普段から腹八分目くらいにしています。
    何でもほどほどが良いと思います。

    食べる事以外でストレスを解消する方法も見つけるといいかもですね。

    ユーザーID:4322091761

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧