• ホーム
  • 学ぶ
  • アメリカやイギリスの子どもの学習教材について教えてください

アメリカやイギリスの子どもの学習教材について教えてください

レス13
(トピ主1
お気に入り56

趣味・教育・教養

どんぐり

はじめまして。
もしよろしければ教えてください。

アメリカやイギリスの子どもが各教科を学習するのに使う定評のある教材を探しています。

教科書のように解答がついていないものではなく、また、ドリルのように簡単な説明しかないものでもなく、できれば子どもが理解しやすい工夫があるものが理想です。

日本の教材でいえば、ベネッセのチャレンジや、Z会、学研のようなものをイメージしていますが、もちろん、通信教育ではなく、オンライン書店などで入手できる参考書のようなものであると嬉しいです。

アメリカのHoughton Mifflinや、イギリスのOxford Reading Treeなどが、読み物では定評がありそうだと思っているのですが、できれば算数・理科・社会を英語で学ぶもので、おすすめのものがありましたら、ぜひ教えていただきたいと思っています。

また、学年によって、大体このレベルをこの順序で、といったアドバイスがありましたら、ぜひお願いいたします。

あまり詳しくないので、的外れな質問をしているかもしれませんが、どうかご容赦ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:8982792641

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 定番?

    イギリスの小学校は教科書がなく、学習進度も個人によって違います。
    だから、ベネッセや学研のように、皆が同じような教材を使うのではないため、これが定番!という物はかなり少ないかも。
    ただ、オックスフォード出版社の本は人気がありますね。

    教材と言っていいのかわかりませんが、イギリスのこども達に人気があるのは、Horrible historiesです。
    イギリス版まんが世界の歴史とでも言いますか…オリジナルは本ですが、BBC製作のテレビ番組の方をお勧めします。
    現在シリーズ6までDVDで出ているようですが、あのミスタービーンの俳優さんが、ヘンリー8世を演じているそうです。大人も楽しめますよ。

    ユーザーID:4538984634

  • What Your First Grader Needs

    日本&アメリカハーフの子供を日本の公立小学校に行かせながら育てていました。
    今は大学生と高校生です。
    大学ではアメリカの学校にと思っていたため、家で少しホームスクールの様なまねごとをしていましたが、そのとき次の本が大変参考になりました。

    "What Your First Grader Needs to Know"

    これはシリーズになっていて、First Grader, Second Grader, ---> と学年ごとに一冊にまとまっていて、とても判りやすかったです。

    英語、算数、社会、理科という感じでサブジェクトごとにわかりやすく書いてありました。
    ただこれはこらしょや学研と違って、大人の助けが少し必要かなーっと思います。
    お子さんが5年生ぐらいなら、もしかすると自分で進めていけるかも知れません。

    参考になれば幸いです。

    ユーザーID:0410025683

  • とりあえず算数はない

    米国の教材のレベルって全般的に信じられないくらい低いですよ。
    日本語の教科書が200ページなら、米国の教材は1000ページあって、
    しかも大事な事は3分の2くらいしか書いていないイメージです。
    これじゃ、米国人は算数できるようにならないよね、と納得してしまいます。
    日本語の教材をそのまま英語に直して使った方が良いです。
    米国の数学の教科書がまともなのは、せいぜい大学3年以上です。

    米国では、同じ英語のシンガポールの算数教材を輸入して
    先生もそのまま連れて来て教えたりするのが流行っています。

    ユーザーID:9897460299

  • 何の為ですか?

    他の方も書かれているように英国の学校では、テーマや学力に合ったものを先生方が準備し授業が行われる上、特に小学校では教科毎に分けて授業が行われるよりも総合的に教えている(草花の成長で長さの図り方を覚えたり季節や温暖化について考察したり、外国人を呼んで語学、文化の違い、地理を勉強したりする等)学校が多いので定評のある教材と言う物は聞きません。日本と違って教科書を使って何かを覚えると言うより、得た知識やヒントを使って自分はどのように考え問題解決をしていくかと言う論理的思考の育成に力を入れているように感じます。

    Year2と6でSATsと呼ばれる到達度テスト、更に学年が進むとGCSEやAレベルと言った試験があり、その準備用の教材は書店に沢山並んでいます。そういったものをお探しですか?
    この辺の教材は残念ながらドライな感じですが、HorribleシリーズにはScienceやGeographyもあり、小学校低学年向けにフローズン、スターウォーズ等の英語、算数ドリル等はあります。
    英国では学校に行かない選択もありますので、Home Schooling用教材に良いものがあるかも知れません。

    ユーザーID:2012268487

  • 目的は?

    アメリカかイギリスに駐在予定等があって、子供に今から慣れさせておきたい、とかの理由でしょうか。
    それとも単に興味本位??英語塾でも始めるとか?

    アメリカでは数年前からコモンコア、という教育システムをほとんどの州で始めています。
    まだ始まったばかりなので混乱も多いし、反対意見も多数あります。

    レスしてる方の子どもが今小学生でないなら、全然参考にならないかと・・・。


    これはそれまでの教育法とも違うし、日本のものとはさらにかけ離れていて、私でも「なんでこんなやり方するんだろう」と思う程なので、こういう教育法をもしお子さんにさせても混乱させるだけだと思います。

    こちらに来る予定があるなら別ですが、わざわざさせる意味はあるのだろうかと疑問に思ってしまいます。

    一度調べてみてください。

    ユーザーID:8761990415

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • あんまりないかも

    在米、小学校四年の子供あり。

    教科書、ドリル、ワークブックみたいな概念が薄い気がします。日本みたいな学習塾もなく、個人の習熟度と、親の監督が全てと言う感じかな?出来る子供はそういうクラスや学校にいったり、飛び級したりです。優秀な子供には、学校の外に競争や協業の場もいろいろあります。

    ちなみにうちの子供の宿題は、驚くほど読み書き創作中心。算数や理科は必要最低限かも。オンラインの算数の宿題も、物足りなかったら勝手にレベルを上げてやってね、と言われます。

    また、夏のキャンプ(飯盒炊爨じゃないです、念のため)なども科学系のすばらしいものが色々ありますが、プレゼンを聞いたりいっしょに実験をやったり解決策を探したり、理論を体感するスタイルで、問題集を解いたりはしません。

    結論としては、みんなが使うような定番はあんまりないんじゃないかと。(公文の英語版はありますよ!)トピ主さんの目的は?オンラインの宿題サイトを探してどんな感じかリサーチしてみられたら?

    ちなみに、カリフォルニア州の公立小ではCommon coreというカリキュラムが採用されています。

    ユーザーID:7346088918

  • イギリスの理科・歴史・地理の教科書

    Info Trail はいかがでしょうか?下記の本で紹介されています。
    『続・イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ[社会・理科編](朗読CD付き) 』 小学館
    古川 昭夫 (著), 宮下いづみ (著)  

    ユーザーID:9470973728

  • 10年ほど前のものですが

    イギリスの大学院(教育学部)に留学していたとき現地の学校にいくつか見学に行きましたが、小学校はLETTSというところが出版しているKey Stage別になっているワークブックのようなものを使っていました。

    私は英語教育専門だったので英語(国語)の物しか手元にありませんが、他の教科もあったと思います。英語の物はとても面白いです。日本の国語の教科書のように名作が一部取り上げられていて、それに沿って語彙、文法、内容理解、等をする構成になっています。

    ただ、子供の本当の国語力は日常会話や読書で付くように、ワークブックによって力が伸びるとはあまり思えないのですよね。なのでお勧めかと言われるとそうとも言えないです。他教科はどうなのでしょうか?

    特に欧米は繰り返しドリルのような知識の付け方を嫌いますから、大学入試レベルまであまり日本のようなものはないと思います。宿題は調べ物や意見を書くなどが多いです。今は補助教材としてはネット中心だと思います。ホームスクーリングも一般的ですから、そちらを調べたほうが良いかと。

    ワークやドリルが好きな方向けに日本の公文が英語版で出していますよ。

    ユーザーID:1220111684

  • たぶん

    トピ主さんが求めている回答とはズレると思いますが。
    イギリス在住ですが、街で見知らぬローカルのお母さんが私が日本人だと知るやいなや、公文式の算数ドリルのすばらしさを語ってました。
    あと100マス。
    日本式のいわゆる反復練習がそのお母さんのお子さんにはあってたようで。
    ただ単に英語の勉強をお子さんにして欲しいならそちらに集中して、他の教科はお手元にすでにある教材を使われては?
    それとも子供向け英会話教室にプラスアルファの要素をお考えでしょうか?(やめといたほうがいいと思う・・・)

    ユーザーID:9192842295

  • 在米高校生の母

    アメリカは基本的に教科書は持って帰りません。個人の所有物ではないので。年度初めに保護者が教室で先生と顔合わせをしてその方針や1年のカリキュラムについて聞く機会がありますが、下手すると保護者が教科書を見る機会はその1回になる事もあります(学校に赴けばいくらでも見せてくれますが)。そもそも低学年のうちは教科書使わない事も多いですし、高学年になると教科によってはオンラインの教科書という事もあります(学校で契約していてパスワードが必要だと外部者は閲覧できません)。

    アメリカやイギリスと言う大きすぎる括りの割には目的を明らかにされていないので何をお知りになりたいのかわかりませんが、書籍販売のサイトで教材を探してレビューの良いものを詳しく調べた方が早いんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:1776499031

  • 本当は教えたくないけど教えてあげます(1)

    英語と言えば英国や米国と考えがちですが、トピ主が思うような勉強法や教材が見つかるのは実はインド、中国、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムなどの進学校が使っている教材ではないでしょうか。彼らは高校まで現地校に通いながら、優秀な欧米の大学へ奨学金がもらえるくらい優秀な成績でさらっと進学しますので。
    でも彼らの共通点は、基本的な勉強は自国語で自国の選りすぐりの先生について、しっかり学んでいること。
    英語はできて当たり前なので、英語学習に重点を置いて勉強するなんてことしません。

    かく言う我が子も上記に挙げたある国で高2まで普通に学習し、欧米の高校へ転校しましたが、翌日から授業についていける英語力はありました。
    彼曰く英語は簡単、でも、それまでの勉強をしっかりしていないといい大学にも行けないし、大学に行ってからも苦労する、と。

    我が子の高2までの英語学習はとにかく読み書き中心、週1冊は本を読んで内容や感想を書いて提出、くらいです。
    本と言っても、もちろん物語系だけではなく、いろんなジャンルで、物語系でも日本人には馴染みのないシェークスピアなんかも絶対出てくるので必須。

    ユーザーID:8821071135

  • 本当は教えたくないけど教えてあげます(2)

    数理とか学校でやるのにまたやる意味って何ですか?欧米の数理はレベル高いとは言いがたいです。でも高学年になると日本と方式が変わって理論で説明していく方法になるので、ひとりで家で学習ではなく、共に学習する仲間と導いてくれる先生は必須でトピ主が考えるような学習法ではありません。

    地理や歴史は英米の日本でやらない範囲は将来英米の大学を受けるならやるべきで教科書もすぐ見つかるでしょうね。あと宗教や経済も必須。
    経済は実際に自分で投資してみたり、小さな売店みたいなのを実際に経営してみたりなんて経験をして単位をもらうこともあります。

    小学生くらいまでは「英語ができる=我が子優秀」みたいな勘違いも発生するけど12,13歳くらいから大学行くまでは環境がすべて、その頃に徹底した学習環境といい先生に出会えること、その前に十分な準備ができているか否かが将来を左右します。そこまで我慢強く将来を見据えた学習を習得した子だけが勝ち組になります。
    英語に妄信する前にもっとやることがあるのでは?

    ユーザーID:8821071135

  • たくさんの情報をありがとうございます

    お返事をくださった皆さま、本当にありがとうございます。

    欧米の学校ではあまり「教科書」を使わないことは聞いていましたので、
    ホームスクーリング教材についても、少し調べてはいたのですが、
    自治体によってだいぶ違うようでした。

    そこで、学習指導要領に沿った、いわゆる定番の参考書や教材があれば、と思ったわけですが、
    Common Coreのような動きは、わりと最近のことなのですね。

    最初の投稿時に私がイメージしていたのは、
    Lettsのようなものでしたので、大変ありがたい情報でした。
    一方、What Your First Grader Needs to Know シリーズ、Info Trail シリーズなども、
    それぞれとても良さそうで、非常に興味を持ちましたので、
    ぜひ、実際に拝見して、じっくり決めていきたいと思います。

    Horrible Histories のDVDも、おもしろそうですね。
    Mr.Beansの俳優さん、好きですので、見てみなくては!


    実際に実物を手に取ったことがある方からの情報が、本当にありがたいです。
    小町の皆さま、どうもありがとうございました。

    ユーザーID:8982792641

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧