円安で魚が値上げ?

レス21
(トピ主0
お気に入り16

生活・身近な話題

不思議

昨日のテレビで、アメリカのFRBの利上げで、円安になり最終的に魚や卵の値段が上がる可能性が高いと言っていました。
魚が値上がる理由は、燃料を輸入しているため、円安で燃料が高くなるから。
卵が値上がる理由は、飼料を輸入しているため、円安で飼料が高くなるから。
ここまでは分かります。

この高くなった分が、最終的な売値に反映されるため、売値が上がる。
との事でしたが、ここが全く分かりません。

1次産業の生産物は、大体 市場でのセリで価格が決まるため、
直売所でもない限り自分で値段を決められないはずです。
燃料代や、飼料代の高騰分が反映される余地が無いと思うのですが、
どうなんでしょう?

どなたか、ここらへんの仕組み分かる方いませんか?

ユーザーID:5752172856

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いやいや

    セリ、ゼロ円スタートじゃないし。売る側が燃料代を上乗せしてスタートできるし。それでもほしいひとがたくさんいれば値段もあがるでしょ?

    ユーザーID:5317242543

  • レスします

    ・正確な事は経済学の薄い本を1冊読めば直ぐ分かります。

    ・卵の例で簡単に説明します。

    ・飼料が値上がりすると、同じ金額で買える飼料が減ります。飼料が減れば、飼育できる鶏が減ります。鶏が減ると卵が減ります。

    ・出荷される卵が減れば、今まで卵を買っていた人の中の誰かが卵を買えなくなります。得意先への販売を継続する為等の理由で、どうしても卵を入手しようと思う人は、他の人より高い値段を出してでも買おうとします。

    ・値段が高くても買う人が出てくれば、卵の取り合いが発生し、より高い値段でも買おうとする人が増え、卵全体の値段が上がります。

    ・魚の場合も、燃料高騰により漁の回数が減ります。その結果出荷される魚が減ります。後の仕組みは卵と同じです。

    ・卵や魚に限らず、物の値段は需要と供給のバランスする水準で決まります。供給が減れば、より高い価格で需要と供給がバランスします。よって価格が上がります。

    ユーザーID:8219745653

  • 利益がないとなれば、漁師さんも、漁に出ません

    >1次産業の生産物は、大体 市場でのセリで価格が決まるため、
    > 直売所でもない限り自分で値段を決められないはずです。

    利益がないとなれば、漁師さんも、漁に出ません。

    そうすれば、市場に供給される魚は少なくなります。

    買い手は、仕入れが出来なければ話になりません。

    よって、落札価格は高くなります。

    農産物の場合も、生産調整が行われます。

    値崩れを防ぐために、収穫前のレタスをトラクターでひき潰すシーンなどが、年によってはTVのニュースで流れたりします。

    1次産業と言えども、市場の外に存在している訳ではありません。

    ユーザーID:9558169367

  • 食い物の恨みは恐ろしい?

    魚の美味い九州在住ですが、スーパーの刺身が高くなりました。

    円安の影響だと思います。

    アベノミクスの好影響とは、その面でも無関係です。

    持論ですが、自国の通貨が安くなる方が経済的に良いなど、有りえない事だと考えます。

    たかだか、従来の産業界が楽になるだけであって、新産業の発展を阻害する分、経済全体にとっては、停滞や後退でしかないと考えます。

    食い物の恨みは恐ろしい?

    便乗させて頂きました。

    ユーザーID:9558169367

  • 簡単です。

    生産者の方で燃料・飼料の経費が上がれば、セリの開始金額が上がりますし。
    さらに、業者が買い付けた商品を燃料使って運搬するわけですから、
    買い付け業者もその商品を経費が上がった分値上げします。

    それだけです。

    ユーザーID:7744054857

  • 需給

    円安。燃料や飼料の高騰。生産コストの上昇。儲からないから生産縮小や廃業。
    供給量の減少。価格の上昇。

    ユーザーID:9583136860

  • たぶん…

    トピ主さんはニュースなどで、野菜が豊作すぎて畑に放置されていたりトラクターでつぶされている映像を見たことはありませんか?
    基本はそれと同じですよ。
    漁師さんは、漁に出ても赤字確定なら漁に行かないでしょうね。
    そうすると市場に出荷される魚が少なくなるから値段が高くなるでしょう。
    卵も同じ、養鶏農家も飼う鶏の数を少なくします。
    卵が値上がりすると、いろいろな食品の値段にも影響が出るでしょうね。

    ユーザーID:5327098450

  • 大企業ではないので

    燃料代が上昇すると、オペレーションに関わるコストが上昇します。すると、採算の取れない方は、漁を控えます。
    漁獲高が減少し、需要に対して供給が追いつかない場合は、セリでの価格があがる、ということだと思うのですけど。
    赤字を覚悟してでも操業する漁師さんは大変ですよね。

    ユーザーID:7777396180

  • レスします。

    玉子と鮮魚ですね。

    まず、玉子は市場取引ではありませんので、とぴ主さんの理屈は当てはまりません。

    次に、鮮魚ですが、全体の流通量を100とした場合に、市場外取引が40あります。
    残りの60が市場内取引になりますが、そのうちの45が相対と呼ばれる直接取引にて売買され、残りの全体の15がとぴ主さんが言われるセリによって取引されているのが現状です。

    ですので、鮮魚の大半がセリを通さずに取引されますので、原価コストが商品に転嫁されるのは普通のことですね。
    ちなみに、大手スーパーの鮮魚コーナーに並んでいる商品は、ほぼ市場外取引されたものです。

    ユーザーID:7441047436

  • 持ちつ持たれつ

    市場は品物があってこそ成り立つものです。
    ですから、市場の大卸・仲卸はその品物を送ってくれる側の事情も考えます。

    もし、燃料費が高騰して魚の値段がそのままで漁師さんが赤字になるなら…
    漁はしませんよね。結果として出荷量は激減するでしょう。
    少なくなった商品はまるでインフレのように高騰する結果となるでしょう。

    生産者の過剰な保護は市場の意味を無くすために反対ですが、
    高く売りたい生産者と安く買いたい卸の人は敵対関係ではない。
    呉越同舟でどちらも品物がなきゃ共倒れになるだけなんです。

    生産者が納得できなきゃ商品は市場に出回りません。
    大企業と直接契約をするなりして次々と独占されていくでしょうね。
    市場に商品がなく高騰した価格をベースに大企業が販売価格をつけられる。

    商品が不足し、品物の適正価格を決める役割も失ったら市場の価値はない。
    そうならないためにも、生産者をある程度守り、生産者と市場の信頼関係を
    維持することが大切なのです。

    「築地魚河岸三代目」という漫画で市場の役割の話があります。
    デフレのときの話題ですが、本質的には同じでしょう。

    ユーザーID:6118945994

  • 自分も農家です

    自分も農家してますが、
    燃料代や、肥料代が上がろうとも、入ってくる収入は変わらず、
    家計が苦しくなるばかりです。

    最終価格が上がるなら、その分我々生産者にも還元して欲しいです。

    しかも低減税率の導入で、
    生鮮食品売る時は8%入って来て、燃料や肥料買うときは10%出ていく?
    そんな馬鹿なことがあっていいんですか?

    ▲2%分は国が保証してくれるんですかね?

    ユーザーID:1670087692

  • 風が吹けば桶屋が儲かる

     >>1次産業の生産物は、大体 市場でのセリで価格が決まるため、

     「価格は需要と供給で決まる」と社会で習いませんでしたか。

     特別な事情がない限り、「売って損するくらいなら漁に出ない」それによって市場への供給が減り価格が上がるのです。

     たまに農家さんがせっかくできた作物をトラクターでつぶして市場調整をする事がありますがそれと理屈は同じ

    ユーザーID:8574288503

  • 近海物と輸入物

    近海物はセリでしょうが、輸入物は大体商社とスーパーみたいな顧客間での取引です。よって、円安・燃料高はすぐに価格に反映されます。

    ユーザーID:4615548200

  • だから、直接取り引きが増加したのですよ

    >1次産業の生産物は、大体 市場でのセリで価格が決まるため、
    直売所でもない限り自分で値段を決められないはずです。

    昔は、すべて市場で行われる仲買人によるセリをを通じて価格が
    決まっていました。もちろん、今でもこれは根本的な市場の仕組
    みとしては同じです。しかし漁業の場合、特に、水産加工品や冷
    凍品を中心に、大手スーパーなどによる市場を通さない直接取り
    引きも増えました。

    生産者側からすれば、燃料高騰などのコスト分を自己で自由に決
    めることのできない市場を通した取り引きを嫌い、大手スーパー
    など、大量かつ、安定的に取り引きをしてくれる方に、重点を置
    く生産者も増えたのですよね。
    地域によっては、漁協が直接取り引きを重視したことで、仲買人
    組織と対立するなどということもあったり、様々な取り組みが行
    われていますね。

    消費者側からすれば、できるだけ価格が安くなってほしいのが本
    音ですが、だからと云って、海外からの農作物や水産品ばかりに
    なってしまい、食の安全や安定的な供給の面で、国内の生産者が
    いなくなってしまうのも困りますし、難しいところですね。

    ユーザーID:1498641138

  • セリで決まるとしても最低価格はありますよ。
    じゃあ買う側は少しでも安いほうがいいからセリで安い値段だけつければいいよね?
    安かったら生産者は安いところには売りません。原価割れして作っても作っても飼料代だけでマイナスになっていくなら作らないほうがましだからです。
    セリったって売主がまったく関与できないわけじゃないです。いくらでもいいからもってってーじゃないです。

    ユーザーID:5036308451

  • 加工品が多いから

    一番多いサバ、鮭、ししゃもなどの加工済み輸入品で来るものは直輸入なので円安になると上がりますよね。鰻の値段で分かるように国内養殖は飼料代が上がるので仕方ないし、後は近海の漁ですがこちらは燃料代が上がるのでこれも仕方ないと思いますが。
    セリっていうけど、そもそも漁師さんがいないと魚が無いわけですから。
    いくら値上げといっても限度があるし、魚の値=生活水準でもあるので場所により高いものや安いものが振り分けられると思いますが。

    ユーザーID:2469564030

  • 追加

    近海物のセリの場合でも、燃料費高騰などで赤字になる様なら、漁には出ません。そうなると需給関係で値が上がって行きます。

    ご理解できましたでしょうか。

    ユーザーID:4615548200

  • 売り手が安い値段では売らない、から

    競りの開始時に最初に提示される値段がありますね?。その価格以上でないと売らないよ、って値段。そこに反映されるからです。

    ユーザーID:5814183404

  • 世の中変わっている

    >大体 市場でのセリで価格が決まるため、
    >直売所でもない限り自分で値段を決められないはずです。

    魚だと、セリで値段が決まるのは全体の15%程度という話があります。
    スーパーの魚はセリは通りません。生産者と直取引ですので、コストがある程度反映されやすいでしょう。
    また、サーモンのように北欧から買い付けるなら為替の影響は大きいです。よく、日本は中国や台湾に買い負けすると言われますが、そういうことも価格に影響します。

    ユーザーID:6579135316

  • 横ですが消費税

    >しかも低減税率の導入で、
    >生鮮食品売る時は8%入って来て、燃料や肥料買うときは10%出ていく?
    >そんな馬鹿なことがあっていいんですか?

    >▲2%分は国が保証してくれるんですかね?

    消費税は生産・流通段階の業者さんは1円たりとも負担しません。消費税を負担するのはひとえに消費者だけです。よって国による保証などやりようがありません。
    そのケースだと、受取った消費税が支払った消費税より少なければ、その差額は戻ってきます。これは、国の保証じゃなくて消費税制度の仕組みで当たり前のことです。

    ちょっと勉強すればわかるはずです、あるいは、消費税の申告を1度でもやっていれば理解できて当然なのですが・・・ご存じない?

    一介の消費者より

    ユーザーID:6579135316

  • もう少し話をさせてください

    自分の勉強(おさらい)の意味で、もう少し話をさせて下さい。

    まず、市場のセリを通さなくても、大きな意味の市場の中にいる事には変わりはありません。

    直取引は、大きな市場の中で、間接コストの削減や商品の囲い込みによる差別化、仕入れの安定化などを狙ったものと考えるべきでしょう。

    また、魚は、それだけではなく、肉や野菜など、他の商品(代替品)も視野に入れて考えるべきでしょう。

    漁師さんも、漁業で生計を立てられないとなれば、他の職を求めるしかないでしょう(農業や畜産業へ転職するとは限りませんが)。

    買い手側も、魚が高すぎるとなれば、肉や野菜の消費を増やさざるを得なくなるでしょう。

    供給側も需要側も、当然、見通しを立てますから、国内に限らず海外市場も含めて、様々な条件を考慮に入れて価格を付けていくと理解すれば良いのではないでしょうか。

    バイヤーと言って、仕入担当はそれで一つの専門職ですし、スーパーバイヤーと称される人達が、TVで取り上げられる事もあります。

    ユーザーID:9558169367

レス求!トピ一覧