パパの稼いだお金と言う姑

レス346
(トピ主0
お気に入り763

家族・友人・人間関係

のあ

レス

レス数346

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスします。

    私が大黒柱で、夫が主夫だったらと考えてみました。
    私の母が娘に「誰に買ってもらったの?」と聞いたら、娘は買うという行為をしてくれた人を答えるでしょう。母が「ママ」という答を期待していたとしたら、質問意図をくみ取るのは難しいなと思います。
    通常、家には働き手が稼いできたお金しかありません。「誰のお金で買ってもらったか」なら答は1種類しかありません。それとも子供はいろんな人のお金で物を買ってもらうんでしょうか?質問が質問として意味をなすのは「誰とどんな時に何処へ行って買ってもらったか」ということだと思います。
    第一、この質問は「ママに感謝しているか」ではないし、子供の答も「パパにしか感謝してない」ではないし、パパがそれを聞いていて不快になるのも「私にだけ感謝しなさい」ではありません。それを、極端な意訳をして感謝のあるなしにしてしまうから「おばあちゃん何が言いたいの?」になってしまうのです。この質問で「ママに感謝しなさい」と言いたいのであれば、とても捻くれたコミュニケーションです。
    母が夫婦の関係性を心配してのことだとしても自分たちで解決しますし、子供にはもっと素直な物言いをしてほしいです。

    ユーザーID:7086047617

  • 養育費

    >「婚姻費用には,衣食住の費用のほか,出産費,医療費,未成熟子の養育費,教育費,相当の交際費などのおよそ夫婦が生活していくために必要な費用が含まれる」

    娘のおもちゃは、養育費にあたるでしょう。
    パパからの養育費は娘個人の権利なので、ママには全く権利はありません。
    この点からも、「ママが買ってくれた」は間違いですね。

    ママがしたのは、夫から家計をあずかり、お店で支払い代行しただけのこと。
    財布からお金を出しただけの行為です。

    パパの稼いだお金と言われて、何故不快になるのでしょうか。
    ママの作った料理と言われて夫が不快になったら、おかしいと思いませんか。

    トピ主は家計を預かるうちに、自分のお金と勘違いしだしているのかもしれませんね。
    早くその勘違いを改めることをお勧めします。

    ユーザーID:1271215693

  • 法律なら仕方がない

    「お母さんのおかげでおいしい食事が食べれる」という事を教えると同時に「お父さんのおかげでおもちゃや服を買ってもらえる」って事を教えることは大事なことだと思います。
    食事はお母さんの貢献が大きいし、買い物はお父さんの貢献が大きいですよね。

    姑さんの言い方はアレだと思いますが、トピ主さんは当然反省すべき内容だと思いました。
    「あなたは手柄を横取りしている。子供には両親"ともに"感謝することを教えなさい。」って言えば良かったんでしょうね。

    ユーザーID:4795855159

  • 夫婦別産制

    日本の法律は、夫婦別産制です。

    夫の稼ぎを妻名義で貯金したら贈与税がかかるし、夫の稼ぎで妻名義の土地を購入しても、法律は夫の土地になります。

    夫婦は相互扶助義務があるだけで、夫の稼ぎ=夫婦のものではありません。

    また養育費は子の権利であって、ママのお金ではありません。

    ユーザーID:6934102993

  • 子どもしだい。

    誰が稼いでるか知る必要ないって、必要とか必要ないとかじゃなくて、イヤでも分かるでしょ。子どもも馬鹿じゃないんだから。
    パパが家にいないとき、遊びに行ってると勘違いするの?
    夫婦の会話で、仕事とか、給料とか話し出たりするし、なんとなく理解もしてくるよ。
    感謝しなさいって、教えなくても、子どもも大人になって、仕事したり子育てするようになったときに親の有り難みが分かるときもあるよ。
    だいたい、子どもに感謝されたくて家事してるわけでもなく、仕事してるわけでもないです。
    子どもが親の背中を見て、どう思ってくれるかは、子どもに任せます。

    ユーザーID:0473521372

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 法律

    >【専業主婦は、娘のおもちゃ(=日常家事債務)を買うのに、夫の許可は必要ない】
    「民法第761条は、夫婦が相互に日常の家事に関する法律行為につき他方を代理する権限を有することを規定」

    解釈を間違えています。この法律は、夫か妻の債務は、日常家事の範囲なら連帯責任となると定めたもの。
    一方の許可なく自由に買い物できると言う意味ではありません。

    >【「婚姻費用」とは、「娘のおもちゃ」(養育費)も含む】

    子がいる場合は婚姻費用に養育費も含まれます。
    そして養育費から購入したと考えると、それは子どもの権利であり、子どものお金です。当然ママのお金ではありません。
    この場合はおもちゃはパパが稼いだお金から出した娘個人のお金(養育費)で買った、となります。

    まあ子どもを養育するのは親の義務であり、子どもの当然の権利と考えるなら
    子どもは父母に感謝する必要はない、となりますがね。そんな育て方をしたいんでしょうか。

    ところでうさぎを飼ってましたさん、吹き出されたことを気にするなんて、以外に繊細なんですね。
    一生懸命法律を調べる姿を想像したら、かわいらしく思えてきました。

    ユーザーID:2586752797

  • ご自分の日々の生活を理詰めで暮らすのは結構ですが・・

    他人に押し付けてもと思いますけど、もっとご自分もノンビリ暮らしたらどうですか?
    たかが、婆ちゃんと孫娘ちゃんのたわいないふれあいの一コマでしょう?
    母親さんが不愉快と思う程孫娘ちゃんは深く思っていないと思います、あんがいケロッとしたものですよ。

    夫婦の財布の中身は夫婦の物、夫が稼いでどうのこうのと法的にどうのこうのと言われずとも解っていること。

    卑怯で感じの悪い行為であると感じましたと感じるのであれば精神修業が足りない!!
    吐き出したものは飲み込め!

    ユーザーID:3801102690

  • 木蓮さんに激しく同意

    トピ主やトピ主擁護の人たちは、御自身が大黒柱のポジションで夫が専業主夫でもこの考え方なのですか?
    また、皆さんに男の子のお子様がいらっしゃり、将来御自身が本トピの姑さんのポジションに立たれた場合、
    本トピの様に、その息子の妻が「ママが買ったのよ」という態度でも何とも思わないのですね?
    (専業主婦もしくは、ほとんどの生活費は夫が稼いでいるという前提で)

    ユーザーID:0658686785

  • だから

    姑には夫に言わせればいいじゃないですか。

    誰が稼いでいるかは関係ないし、娘か知る必要もないと
    夫婦合意なら、夫にビシッといってもらいましょ。

    ついでに、家事育児を誰がやっているかも関係ない、
    家事育児に夫や娘が感謝する必要もない、と。

    そういうことですよね。

    まあ普通の父親なら、母親が娘に「誰が稼いでいるかは知らなくていい、全部ママが買ってあげているのよ」と躾ていたら、我慢できるかは時間の問題でしょうね。

    親戚にもいましたよ、こんな母親。
    幸い子どもは洗脳されず、成長したら
    母親を軽蔑しだして、結局は離婚してましたけど。

    ユーザーID:2586752797

  • 主観や印象とは関係なく、法律のお話など。

    法律の話になります。

    【専業主婦は、娘のおもちゃ(=日常家事債務)を買うのに、夫の許可は必要ない】
    「昭和44年12月18日の最高裁判決」によると、
    「民法第761条は、夫婦が相互に日常の家事に関する法律行為につき他方を代理する権限を有することを規定」だそうです。

    解り易く言えば上記【】内のとおりで。
    ご納得いただけないかもしれませんが、そういうものです。


    【「婚姻費用」とは、「娘のおもちゃ」も含む】
    婚姻費用とは、裁判所の定義で
    「婚姻費用には,衣食住の費用のほか,出産費,医療費,未成熟子の養育費,教育費,相当の交際費などのおよそ夫婦が生活していくために必要な費用が含まれる」
    です。
    つまり婚姻費用は「娘のおもちゃ」を含むと思われます。

    なお、ネット上の金額の相場を計算するための算定表は、「別居中の夫婦」が対象です。

    以上。


    【…雑感】
    直接に小生にレスをしてくる方々には、覚悟と潔さを感じます。

    一方、「噴き出した」などと思わせぶりなレスだけを書かれることには、卑怯で感じの悪い行為であると感じました。 

    ユーザーID:1627023233

  • うちのやり方について

    解決法といえるかどうかわかりませんがうちのやり方です。
    うちは、夫の自由に使えるお金(お小遣いのようなもの)が
    平均より多いです。
    子供たちのおもちゃは生活費ではなく、夫のお小遣いで買う時があります。
    それで子供の買い物も夫の休日に一緒に行きます。
    なので、子供たちは自然にお父さんに買ってもらったと思うし、私も生活費から出してないので、お父さんが買った(生活費から出していない)というのを自然に受け入れます。
    うちのお姑さんはどちらに買ってもらったと子供が言っても口を出すような人ではないので助かってはいます。
    ふたりで旅行した時の食事代も、そこから出してもらうことがあります。
    家計簿で言うとレジャー費のようなものを夫の自由なお金に組み込んでいます。
    なので考え方として夫も私も、夫が稼いだお給料は家族のものと考えていて、そこからの自由に使えるお金を自分のお金と自然に思っています。
    子供たちも社会人になり私は在宅で仕事をしていますが、その収入は自分のものだけとは考えていません。家族のお金だと思っています。

    ユーザーID:5825531102

  • 事実なら言われてもしょうがない論って変

    じゃあ、姑さんに「それは、そうと、このお家は誰に買ってもらったの?」とか、
    「じゃー、その家具は誰に買ってもらったの?」「そのお洋服は?」といちいち確認されてみては?
    どれだけ不躾な事を言ってるのか気が付かれるのでは?
    姑さんが「パパに買ってもらった」と言えば「お互いパパに買ってもらえて
    良かったですねぇ」と回りくどくともこのプロセスを踏み続けては?
    もし姑さんが「これは私のお金で買ったのよ」っという場面でも
    「いいですねぇ。これくらいの物だったら、私も自分で買えそう」と話してみるとか。

    いや〜、やっぱりよそ様の買い物に詮索入れるって下品になっちゃいますね。
    なんだかんだ言って、私ならやっぱ、スルーかな。
    下品な詮索に、事実なんだから言われてもしゃーない的に納得させるのは
    無理があるわ。

    ユーザーID:1535310846

  • 逆の場合

    もちろんパパが専業主夫だったら、ママが働いてくれたお金とおしえるべきですね。

    共働きだとパパとママが働いて稼いだお金、となるんじゃないですか。

    稼ぎに差があっても、買ったのは稼ぎが多いママのお金とかパパのお金とか言わないと思います。

    一方が高収入で一方が扶養内パート程度とかだと、また別でしょうが。

    ママが買ってくれた、と子どもが言った時こそ、パパの仕事のことを教えるチャンスですよ。

    ユーザーID:6431269985

  • そうそう・・・「うさうさ」さんのレスで思い出したわ!

    かなり昔のお話しですが夫の同僚が、ある病で休職していたので奥様が一人で患者さんを
    診ていました。

    そのご家族と一緒に、あるテーマーパークで美味しいランチをした時に
    娘さんが「パパもお家でこんな物作ってくれるの 凄いでしょ!」と
    言った時父親である同僚さんが「いやいや、パパの分まで頑張ってお仕事してる
    ママの方が凄いんだよ」と言っておりましたね。奥様は傍でニコニコと・・


    賢いそのお子様は今では立派に成長され3人で病院を盛り立てております。
    家族の運営は両輪(両親)が上手く動く事で前に進むのね。理屈だけでは動きませんって。

    ユーザーID:9372112829

  • 不愉快で不愉快で気持ちが収まらないのでしたら、

    お姑さんに「嫌味な言い方は止めて下さい」とストレートに言っても宜しいでしょう。
    賢明なお姑さんでしたら「分かりましたよ」で事を済ませるでしょう。
    賢明なお姑さんなら顔には出さないけどああこれだけの嫁かいなと思うかもしれませんがね。
    まあ、どんな賢明な姑さんでも気持ちを害することは間違いないでしょう。

    言って良かったわより、姑を負かした後の後味の悪さを感じるのが普通でしょう。
    言わなきゃ良かったと後悔しないように、どうせ言うなら相手の気持ちを考えて角が立たないよう、考えて考えて行動して下さいよ。

    私も姑ですから姑の気持ちが分かります、傷付けないで下さいよ、あと長くもない人生を嫁さんとイザコザで時間を潰したくありませんから、言いたい事は言ってください、ただし喧嘩腰はダメです。

    ユーザーID:2640176962

  • イジメか

    普通に考えて、いちいち誰に買って貰ったかを聞いて、パパだろうと訂正させるなんて
    面倒臭せーと思うよ。
    誰だろうと関係ないでしょうレベル。更に姑に対して、貴方では無い事だけは間違いありませんって
    言っちゃいそうだよ。

    ユーザーID:1535310846

  • お子さんの年齢は?

    未就学児相手にその会話なら、ちょっとお姑さんも意地悪、というか多くを求めすぎかなとは思います。
    しかし、お子さんが小学生以上であれば、お父さんが外で働いてお金を稼いで来てくれてるんだ、ということは、おぼろげにでも理解していてしかるべきだと思います。
    ある程度それを理解していれば、回答も、おかあさんと買い物に行って買ってもらった、などになるのではないでしょうか。
    その回答であれば、お姑さんもそう目くじら立てないのではないかと思います。
    そう回答しているにもかかわらず、更に、そのお金の出処は?という質問をかぶせてくるのであれば、お姑さん側がやりすぎだと感じます。
    程度問題なんじゃないでしょうか

    ユーザーID:7405636882

  • そんなことわかってる

    ママも娘さんもパパが稼いだお金なんてこと、百も承知なんじゃないの?
    だから、わざわざ繰り返し言うおばあちゃんに、
    なんでそんな言い方してくるんだろう?
    と思うんじゃないの?

    ユーザーID:2436022947

  • 私の稼いだお金と言いたいなら、パートにでも出て稼いで見返せ!

    元はと言えば専業主婦で甘んじていられるのは姑が息子をちゃんと育てたから余裕のある職に就け貴女を養っているのではありませんか?
    被害者意識になるより感謝する方が娘さんも親に感謝する子に育つのではありませんか?

    ユーザーID:1618707298

  • まあとにかく

    トピ主さんが出てこないので背景だのの詳細がわからないので何ともですけどね。
    >パパが働いてくれたお金があるから買えたのは、本当のこと
    これをわざわざ孫に言わせたい姑の性根にはやっぱり賛同出来ませんが、
    パパに買ってもらったと孫に言わせたいなら、今後この姑が何か買ってくれても
    ジジに買ってもらったとしか孫は言わないことになるのはいいんですかね?

    世のおばあちゃん。何か嫌じゃないの??

    そしてたとえパートでも稼いだお金は家計に投入している奥さん方、お金に色は
    ついていないのにパパに買ってもらった、が正解というのはなんとなくむなしく無いかしらんね?
    さらには夫より妻の方が稼いでいる場合は、パパと買い物に行った時でも孫は
    ママに買ってもらったと言うわけですが、それは当然となるんですかね?

    ユーザーID:1189530212

  • 義母批判も判りますが

    義母の言い方は確かに感じ悪いですし不愉快になるのも判りますが、「その度に必ず」なら主さんも
    学習できなさすぎませんか。

    主さんは専業主婦だと思いますので、「夫が働いたお金で私(主さん)が買ってあげた」に決まっていることを、
    何故、義母はそんなことをわざわざ言うんですかね。問題は義母が判りきったことを「わざわざ」言うところに
    あると思うのですが。

    ですから、子供さんに「「誰に買ってもらったの」とお祖母さんに聞かれたら、「お父さんが働いたお金でお母さんに
    買ってもらった」と答えなさい」と教えてあげたらよいのではないでしょうか。子供さんがその局面で先述のように
    答えれば、義母はそれで満足すると思いますので。


    関係ないですが、口はなるべき閉じておきましょう。いや、兎関連のレスを拝見していて噴き出してしまったものですから……。

    余計なことでした。失礼しました。。。

    ユーザーID:1672640398

  • 嫌な物言い

    わざわざ幼い孫に言うようなことですかねえ。
    孫を通して嫌味を言っているとしか思いませんが。

    外で働いてくれていることに対しての感謝をしなくていいとは思いません。
    だけどねえ、奥さんが育児して、家事して家庭を守っているからこそ、
    旦那さんも外で思い切り働くことが出来る。
    双方の働きがあってこそ生活が成り立っている訳で、
    旦那さんにだけ功績があるわけではないでしょう。

    専業主婦はへりくだって大黒柱の旦那さんをたてるべきとか、
    どうも私はそういう考えは受け入れがたいですね。

    ユーザーID:7079110451

  • こういうことかな?

    あなたあっての私、私あってのあなたということであれば、釣り合いは取れてくるでしょう。ですからこのケースでトピ主が私あってのあなた(夫)ということを主張するには、逆の場合には夫あっての私ということを娘さんにも教育する必要があります。
    夫が仕事中少し横になったりテレビを見るときには、夫が働いて稼いでくれるのでこうして楽ができる、とか今日の晩御飯は調理したのは私だが、それはお父さんが稼いでくれるおかげ。頂きますはお父さんに言うのです、と。
    これに対して拒否感があるのであれば、トピ主が嫌う姑と同じ。トピ主とその同調者の理論ですと、家事育児は当然お母さんのお陰、しかも稼ぎにおいてもお母さんのお陰ということで100%お母さんのお陰になってしまいます。

    ユーザーID:1279641682

  • 父親の責任

    わたしは、いつから自分の父親が仕事して稼いでるのを知ったのかは覚えてないけど、物心ついた頃には知ってました。
    だからって感謝とか何も感じなかったし、当たり前のことだと見てました。
    お父さんのお陰で生活出来るのよ、感謝しなさいって言われても、口だけなら感謝言えます。
    誰が稼いでいるかなど、大したことなかったです。
    でも、父の威厳はありました。悪いことしたらキツく叱られたり、悩み事を聞いてくれたり、そういうことで父は強いと感じました。
    誰が稼いでるか教えないと父親の存在がなくなるって、それは普段子どもとの接し方の問題だと思います。

    ユーザーID:0473521372

  • 子供に言う場合はお店で買ってもらった人

    子供に言う場合は、普通稼いだ人じゃなくて、お店で買ってもらった人になりませんか。
    しかし、これはとぴさんが専業主婦という場合ですよね。
    一般的に専業主婦が今半分以下になっているので
    ママが働いている人にこのような質問をされたら、どうなるんだろうと思いますね。
    どなたかが書いていましたが、ママが稼ぎが多い家庭もあります。
    そのとき、パパと買い物に行って、このおもちゃはママが稼いだほうが多いからママに感謝しなくちゃねなんていいませんよ。

    ユーザーID:5596117768

  • もし自分が稼ぐ役割だったら?

    私は女性ですが、もし自分が稼ぐ担当で夫が家事担当だったらと考えてみました。

    子供がいつも買ってくれるのはパパだからこれはパパが買ってくれたんだって認識しか持ってなかったらちょっと悲しいかな。しかも夫が稼いでるのはママだけど、役割分担してるだけで夫婦のお金だから俺が買ったと子供が思ってても何もおかしくないって思ってたら、、、どん引き。
    この感情っておかしいですか?小さいですか?

    私は専業主婦なので逆の立場ですが、自分だったら耐えられないので夫に感謝を持って子供にちゃんと伝えたいと思います。姑に言われなくてもね。

    ユーザーID:4805112460

  • なるほど

    >「パパが稼いだお金→(ママでなく)パパがかってくれた」は、論理的に破綻しています。
    理由1:「かった」=「店との譲渡契約締結」と定義すれば、行為者=ママ(≠パパ)。
    理由2:  〃  =「家計からの支出の許可」  〃  、許可者=ママ(≠パパ)。
    理由3:「かった」に要したお金は、ママ権利(財産分与)も娘権利(養育費)も含むと考えられます。
        であれば「要した金≠パパの固有財産」であり、「パパがかった」は不成立。

    店へ行って買うという行為に限定すれば「パパがかった」は不成立かもしれませんね。
    でも理由2の許可者=ママ(≠パパ)はなぜ(≠パパ)なのですか。
    トピ主に収入がないのであれば許可者はたとえその場にいなくてもパパを外すわけにはいかないと思いますが。
    紙上の論理としては「パパがかった」は不成立かもしれませんが
    世間に流通している言葉は「パパの稼いだお金で買った」は「パパに買ってもらった」はほぼ同義語です。
    たとえ非論理的にでもです。

    そしてそのことと姑の意図するところとは関係ありません。
    トピの情報だけでは推測というより空想です。

    ユーザーID:9690680117

  • 美味しいご飯ならまあ

    ママのおかげ!って感じだけど、買い与えるだけじゃねぇ。
    お金ぽいって出すだけでしょ?
    そのお金を得るためにどのくらい大変かってやっぱりどこかで教えないと。
    買ってあげただけで「買ったのはわたしよ!」だとちょっと過剰反応かも。
    美味しいレストランもそう。
    作ったのはシェフかもしれないけど、そこに行けたのはやっぱりお金があるからだから。

    なので、美味しいご飯のときは「パパが稼いだのもあるけど、ママがお料理上手だからね」でいいと思います。
    ちゅーか、正直こんなの家族のなかでお互いを誉め合ってれば済む話ですよ(呆)

    ユーザーID:1183506598

  • ママが!ママが!

    姑さんの言いたいのは、家庭での役割分担のことでしょ。
    財布からお金をだし買ったのはママだから、パパが買ったのではないとか、言い回しの揚げ足とりはどうでもいいです。
    パパが働いてくれたお金があるから買えたのは、本当のことですから。

    ママが許可をだしたから買えたとか、パパの稼ぎは妻の権利(財産分与?)だからパパのお金ではないとか、理不尽な理由までくっつけて
    そこまでして、ママがママがと主張したいですか?
    家庭が回っているのは全部ママのおかげ、ママが一番偉いんだと、どうしても言いたいんですか?

    パパが働いたお金で買ったんだよ、でいいじゃないですか。その通りだし。

    働いていないコンプレックスが強いのかと思いますが、あまりに我が強く夫を軽んじていると、夫にも娘にも愛想つかされますよ。

    ユーザーID:3668198848

  • お姑さんの言い方が悪い

    「父親が稼いでるおかげでそれが買えた」これは間違っては居ないとは思いますが、言い方が悪いですね。
    「ママが買ってくれた」→「ママに可愛いお洋服買ってもらえてよかったね。パパが一生懸命お仕事してくれているおかげでもあるからたまにはパパにもお礼いってあげてね」とか「おばあちゃんからの目線」で言えば角がそこまでたたないかなぁと。

    何がイラッとするかって「パパのお金で買ったのよね〜」と娘さんに同意を求めてる、「パパに買ってもらった」と言わせようとしているところです。
    「パパが稼いでるお金で買っていることを娘にちゃんと教えるべき」みたいな意見の人もいるけど、
    それを娘さんに教えて父の日とか日頃父親に感謝の気持ちを伝える子になればそれは素晴らしいと思うけど
    だからってそれを教えたところで子供は「パパのお金でかった」とは言わないと思うんですよね。

    その内娘さんはお姑さんと買い物の話をすると萎縮するようになりそうですね。

    嫌味を言われても家庭円満アピールすればいいと思います。
    「そうねぇ、パパもお仕事頑張ってるから今度パパの為に2人で〇〇しようね〜」で話を終わらせてみるのはどうでしょう?

    ユーザーID:3553658028

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧