• ホーム
  • 子供
  • 人を疑うことを教えるのは何歳くらいから?

人を疑うことを教えるのは何歳くらいから?

レス24
(トピ主4
お気に入り33

妊娠・出産・育児

ショーン

トピを開いていただきありがとうございます。4歳の娘を育児中のショーンと申します。

犯罪から娘を守るためにも、娘自身が人を疑い危険を察知し逃げる、避ける行動をしなければいけないと考えていますが、どう教えていいのか迷っています。
今は娘1人で外出することはありませんが、小学校入学すれば登下校時や公園は一人で出かけることが増えてくるでしょう。また「知らないおじさん」だけでなく「知ってる大人」「知ってる子供」でも危険な人はいるわけで・・・

具体的にどのように教えたらいいのかご教示ください。

ユーザーID:7425234628

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 確かにそうですよね

    5歳の娘がおります。
    主様のおっしゃること、痛いほどわかります。私は娘には言葉がわかるようになってからは事あるごとに話して聞かせております。

    一例を申し上げますと
    義弟は40代半ばですが、学校も仕事も長続きしたことはなく、今では全く働く気もなく金魚の糞のように義両親につきまとっています。妻がいますが、こちらも信用なりません。
    私自身は義理関係は疎遠にしており、近づきませんが夫が義家族命で事あるごとに娘を連れ出すので、娘にはどんなことがあっても義弟には近づかないようにと言い聞かせています。

    又、クラスメートに身体的に危害を加えられたこともあるので、誰とでも仲良くする必要はないと言っています。気の合わない人というのは誰にでもいるものなので、無理矢理仲良くしなくて良い。挨拶だけは普通にして、後は近づかない等。

    何歳からというより、日頃から言い聞かせておく必要があると思っています。どこの国にも悪い人はいて、泥棒や人殺しもいるから警察があるという話もしています。幼稚園でも物が無くなることがあるので、そちらのほうも工夫して話しております。

    ユーザーID:5013527267

  • 我が家の場合

    中1の娘がいますが、小学校に入る前の今頃から教えました。

    まず、「知らない人」というのは、「お母さんが知らない人」ということを教えました。
    1人で行動するようになると、顔見知りの人が出てきてもおかしくないので、あなた(娘)は知っててもお母さんは知らない人には付いていかない。

    知ってる人でも、この人とこの人だったら「お母さんが病院に運ばれてから…」と誘われても付いて行って良いと限定しました。
    それ以外の知ってる人に「一緒に行こう」と言われても付いて行かないと教えました。

    道を聞かれた時はその場で教え、「その先はまたそこで聞いてください」と言い、途中まで付いてきてと言われても「お母さんに行ってらダメと言われてるから」と言い、付いて行かない。
    大人だったらあなたより色々な方法を知ってるので、わからなくなってもなんとかできるから大丈夫と教えました。

    続きます

    ユーザーID:3641836664

  • 続き

    あとは…
    路駐してる車の側を通らない。→いきなりドアが開き、車の中に連れ込まれどこか遠い所に連れて行かれる。
    大人(特に男の人)から一緒に何かを探してと言われても探さない。(ちょっときてと言われても付いて行かない)→人が来ない場所に連れて行かれてパンツ脱がされたりする。

    大きな声を出す練習もしました。

    「助けて」ではなく「やめて」と大きな声で言う練習です。

    これは、いじめの時にも役立つと思います。

    ユーザーID:3641836664

  • 6才

    年長になると結構 理解できるようになるので
    年長から具体的に教えていきました。

    テレビで一緒にニュースやバラエティを見て
    どこそこでこんな事件があったんだね 怖いね
    こんな人もいるんだね なんて話ます。

    また地域で事件が起こると それを題材にして
    だから一人でいてはいけないんだね とか

    具体的にとまっている車の近くは歩かないとか
    ルールも決めて 練習しました。

    ユーザーID:4391524314

  • 経験談

    うちの親は私が幼稚園入学したころから「学校帰りに寄り道をしてはいけない」「親に知らせずに他人について行ってはいけない」「誰であろうと親が知らないところで他人の車に乗ってはいけない」と言っていました。

    家から小学校まで徒歩30分の距離で、ちょうど中間地点に人目の無い寂しい山道がありました。

    小学校3年生〜4年生が一番危険でした。(今振り返ってみると)

    歩いているだけで「お嬢ちゃん車で送ってあげようか」「お菓子を買ってあげようか」「良い物があるよ」と声をかけられたこと多数。

    「お嬢ちゃん、ちょっとこっち来て、ちょっとこれ見て」と、車の運転席に座っている男性から声をかけられたこと多数。

    前から歩いて来た男性がいきなりコートの前をバッと開いて露出した。

    前から歩いてきた男性がいきなり抱き着いてきた。

    こんな経験が何度もあります。
    一番多かったのが小学校3年生〜4年生。それ以降はぼちぼち。

    とにかく「関わったらお父さんに怒られる!」という思いがあり(怖い父でした)わけもわからず「関わってはいけない」走って逃げてました。

    ユーザーID:5704811161

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 小さい頃から教えてますよ

    「知らない人に話しかけない」
    「知らない人について行かない」
    「知らない人に話しかけられたら逃げる」

    3歳くらいからことある事に伝えています。

    ただ、「知っている人」や「同年代の友達」までを疑うような事は教えていません。
    確かに中には危険な人もいるかもしませんが、そこまで疑わせたら人格的に問題のある人間に育ちませんかね?

    本人が自然と学んで行けばいいと思いますし、逆に自分自身で「この人と深く付き合うのはやめよう」と判断できるようにならないと、大人になって苦労しそうですよね。

    ユーザーID:8419237182

  • 一律に教える

    小さい子に「怪しい人」と言ってもなかなか理解できません。
    だから知っている人であれ、親がいない時には絶対に付いていってはいけない、
    と教えればいのです。

    小学生にもなればある程度の判断は出来ますよ。
    でも私も娘二人で心配でした。
    なので知っている人でも、お友達の親でも、
    親がいない時に勝手に付いて行ってはいけない、と教えていました。

    ユーザーID:7409452450

  • ルールを決める

    犯罪者の心理を理解するのは、普通に育てられた小さな子供にはなかなか難しいんじゃないかと思います。

    知らない人にも知ってる人にもついていかない。
    お友達の家でも自分の親に許可をとらずにお邪魔しない。
    外で誰かがお菓子をくれようとしても「いりません」と断わる。
    など、門限や遊び方など我が家のルールを決めて守ること、挨拶などの礼儀を身に着けつつも他人と適度な距離を置くことを教えて、自衛させるしかないのかなと思います。

    ユーザーID:8388382910

  • 一日中、一緒にいたらどうですか

    子供に教えるのは精々「知らない人に付いて行くな」くらいでしょう。知っている人も疑うくらいだったら、あなたが一日中、一緒にいるしかないでしょうね。

    ユーザーID:6100755211

  • 日々の生活の中から教える

    グリム童話や日本の昔話など恐い人の存在を教える者は沢山ありますよね。でも今は悪者が完全にやっつけられない結末に書き換えられてたりしてしまっていることが多いようですね。

    グリム童話の研究者から伺ったのですが、子供は残酷な結末よりも悪者が罰を受けないことのほうが不安になるのだそうです。

    いくつからでも教えるべきだと思います。そんな人がいるからって怯えて生活できなくなることはありません。

    例えば、幼稚園のお迎えの時歩きながら「今こんなことがあったらどうする?」というところから始めてもいいと思いますよ。

    「こういうときはこうする」というように教えるよりも、お子さんが自分で考え判断できるようにすることが大事だと思います。逃げ方にしてもいろんなバリエーションがあることを教えるほうがいいと思いますよ。

    子供の幼稚園では男の子は小さい時はズボンをずり下げてオシッコをするけど、お尻を見せてはいけないと教えていました。

    周りの大人がいろんな立場で子供達に身を守る方法を教えてくれたらいいですね。

    ユーザーID:9986713828

  • 2度目です

    他の方のレスを読んで、私の回答は少し具体的過ぎたのかと反省しております。

    他の方がおっしゃっているようなことも勿論教えております。
    私の場合は、祥雲社より出版されている「おにのいす」という絵本を何度も読み聞かせています。
    たしか、3さいになった時にこの本を買いました。それ以来、時々読み聞かせています。皆様のおっしゃっているようなこと、(なるべく一人で歩かない、お菓子につられない、大声を出す練習をする、他人の車に乗らないとか引きずり込まれないように注意する、道案内は断る等々)が絵で詳しく説明してあります。
    とても良い本だと思います。

    ユーザーID:5013527267

  • 私の場合

    就学前からでした。
    知らない人から、お菓子・ジュ−スを貰わない! 貰った場合は、持ち帰るか、見えなくなったら捨てる(ゴメンナサイ)と……。知ってる人、お友だちママから貰った場合は、必ず報告。 あとは、知らない人から、お父さん・お母さんが、怪我をして病院に運ばれた(電話含む)系は、絶対に信じなくていいと再三、教えてきました。 大人の人が、言う事だからと、全てを信じるのは、怖い事なんだよ! 高学年になると、こんな事が、起こった場合の、対策など次の一手を予測させる練習をしました。 人間の思考とは、経験からしか予測出来ないそうです。 少し意地悪ですが、こうなったら、こうする。 こうなる場合もあるかもしれない等……。こ−なったら?と質問しながら、考えさせる事も重要視してきました。

    ユーザーID:4149882105

  • 年齢に合わせて徐々に

    小さい子の性犯罪は知らない人より知ってる人の方が多いらしいですね。

    うちの4歳の子には"一人で親の顔が見えない所に行かないで"、"スキンシップ行為は特別な人(親とばあば)だけ"、"公園の物陰など暗い所に入っちゃダメ"、"困った事があったら周りの大人に教えてね"など、ちょこちょこ教えてます。

    ハグしながら「こうやって出来るのはパパとママとばあばだけなんだよー特別なんだよー」など、それぞれシーンに合わせて言うと理解してくれますよ。

    テレビの教育番組でもやってますし、本もいろいろ出ているので一度に全て教えようとせず、年齢にあわせて教えていくといいと思いますよ。

    ユーザーID:8969078567

  • とにかくさけんでにげるんだ

    上記タイトルの絵本を幼稚園の頃から一緒に読みました。

    出版もちょっと古いですし、翻訳ものではありますが、読み聞かせをしながら分かりやすく伝える工夫もできると思います。
    類似の絵本・本はたくさんあります。
    特に小学校入学前後は、リアルな場面をいろいろ想定して、子どもと一緒に考えるようにしました。
    脅しや猜疑心ではなく、こういう場面では自分の身を守ることは必要で正しい行為だと伝えたいと思いました。

    機会があれば、いろいろ手に取って、ご覧になるといいかもしれませんね。

    今は大きくなり、デートDVの本を本棚に並べています。

    ユーザーID:6618631363

  • トピ主です

    お忙しいところご回答ありがとうございました。
    実は私も人形2体使用し(1体は娘として、1体は悪者役として)「こんな場合どうする?」と質問しながら遊び感覚で教えました。しかしながら教えていくうちに「人を信用するな」ということを植え付けているようで、皆様はどうしているのかな?と疑問に思い質問しました。

    1様
    ご親戚に気になる人物がいるというのは気がかりですね。しかしながら近い存在の避けられない人から被害を受けることはあるので、やはり日頃から言い聞かせることは必要ですね。いじめでもそうですが、なんでも親に言ってほしいこと、「親には内緒」と言われ嫌なことをされた場合も「親に一番知られたくないから内緒と言うのだから絶対言ってほしい」と伝えることもそろそろ教えようと思いました。また、「おにのいす」という本のご紹介ありがとうございました。

    ユーザーID:7425234628

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です2

    オリーブ様
    確かに1人で行動するようになると「親はしらないけど子供は顔見知り」という人物も出てくるのですね。知らない人定義を明確にしてあげることも必要なのですね。路駐している車は考えが及びませんでした。ありがとうございました。「やめて」の大声練習、実は一回したのですが虐待で通報されそうで続いてないのです。走っている車の中とかですればいいですかね?

    あき様
    年長から教えていたのですね。今年少ですが確かに理解度に疑問はあります。日頃の会話に盛り込みお話しするのも理解がいいかもしれませんね。

    ぼたにかる様
    危険な状況に何度も遭いながら回避され、ご両親の教育が良かったのでしょうね。「学校帰りに寄り道をしてはいけない」「親に知らせずに他人について行ってはいけない」「誰であろうと親が知らないところで他人の車に乗ってはいけない」はシンプルでかつ具体的ですね。私の娘も「関わってはいけない」と判断できるようになって欲しいです。

    ユーザーID:7425234628

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です3

    ななし様
    犯罪被害の回避方法(犯罪だけに限りませんが)を教えているうちに、ななしさん同様「人格的に問題のある人間」に育ちそうなジレンマに陥りました。
    特にうちの娘は「人懐っこい子」で知らない人にも話しかけるのでとても気がかりです。「知らない人に話しかけない」と教えてもいいのですが、人懐っこい部分の良いところは活かしたく微妙なラインをどう説明すればいいのかなと悩んでおります。

    bee-a様
    怪しい人って難しいですよね。ニュースでも一見好青年そうな方も犯罪者だったりしますし、大人の私も分からないくらいです。あいまいな言葉を言わずシンプルに教えることが大切ですね。「知っている人でも、お友達の親でも、
    親がいない時に勝手に付いて行ってはいけない」はこれから教えてあげようと思いました。

    笹舟様
    「何で?どうして?」を飛ばして「うちのルール」と教えるのもいいかもしれませんね。確かに私も、何でそんな犯罪を犯すのか理解しがたいことがありますから子供に「何で?」の部分は説明できません。娘は人懐っこい子なので「適度な距離を置く」ことを覚えてほしいです。

    ユーザーID:7425234628

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主4

    おっちゃん様
    一日中、一緒にいたいです。

    熊笹様
    確かに昔話には悪者がいて罰を受ける話が多いですね。昔から小さい頃に悪い人もいると教えているのですね。自分で考える方向で教える方法はいいですね。男の子の「お尻を見せない」は私も知りませんでした。逃げ方のバリエーションも知りませんので勉強が必要だと感じました。

    あいな様
    「再三、教えてきました」ことあるごとに教えていいのですね。「経験からしか予測出来ないそうです」シミュレーションが良いのでしょうか。シミュレーションで考えさせると効果的でしょうか。

    ユーザーID:7425234628

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 交通事故の危険も忘れないでね

     男性です。
    自分で言うのもなんですが、子供が好きで優しいので、近所の子供達からすごく好かれてました。

     今は結婚して子持ちになりましたが、結婚前はお母さんから白い目でみられてましたね。でも、ある日、危ない遊びをしていた子供のお母さんに、「危ない遊びをしていたら、叩いて注意しても良いでしょうか?」と聞いたら、その日から近所のお母さん達の見る目が変わったようで、誰もがニコニコして私に挨拶するようになりました。
     ますます、色んな子供が遊びに来るようになって大変でしたが、まあご両親公認ですから、宿題とか見てあげてました。

    私が小学生くらいの女の子に、きつく注意していたことは、

    一人だけでおじちゃんのところに遊びに来てはいけない。絶対に2人以上で来ること。

    ご両親公認と言っても、世の中誠に優しい人だけじゃないですよね。

    性犯罪の過半数は中学生以下です。犯罪者は弱い者を狙います。子供でも2〜3人集まれば強いです。
     それと、性犯罪の被害者数に対して、交通事故にあう中学生以下の女子の割合は30〜40倍だそうです。交通事故も気を付けられた方が良いかと思います。

    ユーザーID:2857575765

  • 教えるのは大事

    でも、理解したと思うな、と言いたいです。

    うちは話ができるようになってからことあるごとに言い聞かせてはいましたが理解してるとか実際に役に立つとかは思ってません。
    親だって怪しい人とそうでない人を見分けるのは難しいのです。子供には無理です。

    うちは子供を一人で遊びには行かせないし、登校は子供の大勢いる通りまでは送って下校は低学年のうちは毎回迎えに。3年生くらいからやはり人通りが多い道まで迎えに行ってました。周りもそういううちは多かったです。
    あとは先生であれ友達であれおかしいな?と思ったら親に言うこと、言えるような関係性を築くことは心がけました。

    交通ルールなんかも小学生のうちはいくら危険性を教えても本当の意味では理解できないそうです。(だからと言って安全教育が必要ないというわけではないです
    )。言い聞かせで危険を回避できるのはほんのわずかなケースだけ。子供を一人で歩かせて危険な目や被害に遭わずに済んだのは偶然ついていた、もしくは被害が小さくて親が知らないケースが大半だと思います。

    ユーザーID:9308896352

  • 2度目ですが

     経験談の追加です。
    よく「知らないおじさんに声をかけられたら」とか
    「知らないおじさんに付いていかない」とか
    言いますが、子供は「知らない」ということが理解できていません。

    おまけに、お母さんも理解できていないんですね。

    「知らない」というのは、住所(住まい)と名前が分からないことです。邪(よこしま)な人は、必ず自分を隠します。逆に、たとえ住まいだけでも知られていると、すぐに捕まりますから、悪いやつでも悪いことができません。
    また「知っている」とは、お父さん、お母さんが知っている場合も入ります。

    一度、子供さんに「知ってる人」「知らない」とはどんな人か、確認してみると良いです。とんちんかんな事を言いますから、直してあげると良いです。

     それから、知らない人には「家は何処?」「名前は?」「仕事は何?」って聞くことです。悪いやつは、これで逃げていきます。

    私は立入禁止の川で遊んでた女の子3人に注意したら、逆に上のように詰問されて、とても感心しました。
    もちろん、にこにこしながら身分証明書を見せましたが(笑い)

    ユーザーID:2857575765

  • 2度目ですが (補足)

    すみません。

     後で読みかえしたら、解り難かったので、もう一度。

    「知っている人」
    というのは、その人を特定する方法があるということです。

    子供にとって、知らないおじさんでも、お母さんがその人を知っているとか、お父さんと同じ会社の人だということなら、簡単にその人を特定することができますよね?

    あと、近所に住んでいて、おうちが知れてるなら「知ってる人」で良いと思います。

     悪いのが、毎日、見かけるだけで、何処の誰だか分からない人です。通学時に、何時も見かけるとかは、顔を知っていても「知らない人」です。

    子供は、これが解りませんから、御注意あれ。

     それから、お腹が痛いとかの緊急時には、知らない人でも助けてもらって良いと、大抵は学校で教わっていると思います。大怪我したとかだったら、知らない人の車に乗せてもらって病院に連れてって
    もらっても良いということです。

    このことも、子供さんに確かめた方が良いと思います。
    (大体、ちゃんと知っていません)

    ユーザーID:2857575765

  • いかのおすし

    私の居住地域限定か、それとも広範囲で通じることばなのかは不明ですが、
    小学校に入ると、学校や学童クラブで子どもたちは「いかのおすし」を習います。

    知らないひとにはついて「いか」ない

    他人の車には「の」らない

    なにかあったら「お」おきな声を出す

    「す」ぐ逃げる

    なにかあったら(親や先生に)すぐ「し」らせる

    いま確認したら、ネタ元は居住地管轄の警察でした。特に大きなポイントは「大声」と「逃げる」だそうです。

    あと、別のところで聞いた話ですが、「答えを求める声かけをしてくる知らない人はあやしい」だそうです。
    こども好きのおじいちゃんとかが道端で、「こんにちは」とか「いってらっしゃい」とか声かけだけするのは
    大丈夫。でも、知らない人が「〜はどこにあるか知ってる?(そのあと、「案内してよ」がきたらクロを疑う)」
    とか「おじょうちゃんのお名前なんていうの?」「どこに住んでるの?」とか言ってきたらあやしい。だそうです。

    ユーザーID:9309898958

  • 子供の危機を教えてくれる絵本があります

    なかやみわ著
    「きをつけなくちゃ!」

    こぐまのくうぴいというシリーズ絵本です。
    小さな子供でもわかるように、連れ去りの危機を教えてくれています。
    初めて読んだときは正直、「こういう時代なんだなあ」と驚きました。

    他人を信用しない、というような簡単な話ではありませんよね。
    前時代的なことを言う人もいますが、その方とは生きる時代がもう違うのだと思います。

    絵本のほかに、親として最新の犯罪を知るために
    ・国民生活センターが発行する「見守り新鮮情報」「子どもサポート情報」
    ⇒身近な犯罪や生活上の問題を、実例とともに教えてくれるメールマガジンです。
    ・メールけいしちょう
    ⇒これは東京限定ですが、警視庁が発行している犯罪や詐欺などの発生通知メールです。

    私は上記の情報などもチェックしています。

    ユーザーID:2924326926

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧