海外在住 小学生息子の進路について

レス14
(トピ主5
お気に入り44

趣味・教育・教養

青空が見たい

夫の海外駐在帯同3ヶ国目、現在は途上国に暮らしています。
今の国はスライド移動で、もうすぐ2年になります。現在小学4年生の息子は前の国(先進国の都会)で小学1年に上がる時にインターに入り、今の国でもインター(G4)に通っています。
英語は前の国のインターでESLを1年ちょっとで卒業し、今はコミュニケーションには問題ありません。学力も統一テスト等でも学年相応以上です。
今悩んでいるのは、息子のこれからの進学です。今の国にはおそらくあと1年かそれ以下で、また次の国にスライド移動しそうなのですが、私と息子だけ日本に帰国して中学受験することも考えています。そして、これが悩みどころなのですが、母子で帰国するとして、いつ帰国するか、どういう受験をするか、ということです。
詳細は省きますが、日本の勉強も4科目を通信教育でしっかりやっていて、日本に4年生の夏に一時帰国した際に塾に少し通ったのですが、かなり良い成績を取り、御三家も狙える素質が十分ある、と言われました。この間の冬も同じような感じで、塾の方には受験をするならできるだけ早い時期に帰国した方が良いと言われ、一般受験でトップクラスの難関校を狙うなら、その通りだと親である私たち自身も思っているので、悩んでいます。もちろん帰国受験の選択肢もあり、その場合、家族一緒にできるだけ海外に暮らして対策を取ることもできると思いますが、その場合、学校が限られてしまいます。(男子ではあまり難関校が無いですよね)あとは、そもそも中学受験を考えず、長い目で見て進路を考えるという選択肢もあるかもしれませんが、中学の時点でどこにいるかがわからないので、あまりにも不確定要素が多すぎるように感じています。ちなみに、自宅が東京にあり、いつでも帰ろうと思えば帰れます。

海外経験豊富な皆様からの様々な観点からのアドバイスをお待ちしています。よろしくお願いします。

ユーザーID:3054581490

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 中学受験ってそんなにいいかな

    中学受験と私立中に、家族の同居に優先するほどの価値があるのか疑問に思います。

    最初から都内などに在住の方の場合は、公立中の授業や環境が良くないのでお金で学習環境を買うという面は確かにあります。しかし駐在でインターに通えるなら、国際性やクラスメイトの多様性などの点では、むしろ私立中進学組からも羨ましがられる環境で学ぶ事ができるのでは。理数科目の進度は日本に劣るかも知れませんが、それこそ本人に資質があれば後からでも追いつけます。

    トピ主さん夫婦は、お子さんを日本の有名私立に入れる事で安心できるかも知れませんが、「他の子と同じような」ではなく「その子にしかできない」体験をさせる方が、子供のためにも社会のためにもなると私は考えます。海外に住む間は家族で過ごし、中途半端な時期に帰国になった時は、親が必死で編入先を探してあげれば良いではないですか。

    ユーザーID:1895993132

  • ちょうどいいのかも。

    海外赴任で、うちもトピ主様と同じような感じでした。
    今は日本です。
    まわりは小学校高学年〜中学生くらいになると
    単身赴任してもらう家庭が多いですね。進路にもよりますが。
    海外の大学へ〜と考えてないなら
    中学受験もいいかもしれません。

    帰国されるなら今がちょうどいいのかも。
    日本でいう、新学期(4月)に合わせてはどうですか?
    日本で受験する子たちは4年生から塾に通う子が多いです。
    遅くても5年生かな。
    日本語だけの授業にも慣れなければならないだろうし
    まずは生活環境を落ち着かせるため、今がちょうどいいのかなと。

    ユーザーID:2480987674

  • 優秀ならどの国でもなんとかなる

    私は2か国帯同しました。お気持ち分かります。ただ、経験上驚くのが
    子供の適応力の早さです。どの国に行っても、帰国しても、あっという間に
    言語&授業に追いつきます。

    息子さんは優秀なのでそのままインターで帯同を続け、本帰国になったら
    日本の帰国子女枠で慶応など上位校にすんなり入れるのではないですか?
    確証がないと不安は付いて回りますが、息子さんなら大丈夫な気がします。

    外国で頑張ってるご主人のそばに家族で居るのが幸せかと思います。

    ユーザーID:2820021126

  • 家族ごとに何を重要視するかが違いますからね〜

    親の都合で子供を海外なんかに連れてきてしまって可哀相…ごめんね。
    と思う両親もいれば、

    親のおかげでこんな素晴らしい体験が出来てる!子供はラッキーだね!
    と思う両親もいる。

    どうやらトピ主夫婦は前者のようですね。トピ主のような家庭が多数派のようです。
    その後、成功した家庭もあれば、失敗した家庭もあり両方見てきました。

    我が家は後者。今のところ成功しています。
    今後はどうなるか分かりませんが、就職に関しては心配していません。
    社会が望む資質を十分に兼ね備えていますからね。

    トピ主、有名私立の名を手に入れることで失うものもあります。塾の営業トークは結果を保証するものではありません。望む結果が手に入らなかった場合、お子さんを責めてしまいませんか?

    ゆらがないものを子育ての根幹にすえておくべきです。我が家の場合それは「家族」でした。

    ユーザーID:9280665017

  • レスありがとうございます1

    トピ主です。レスをくださった方々ありがとうございます。
    それぞれ納得できるお答えばかりで本当に悩ましいです。個別にレスさせて頂きます。

    子供はバイリンガル 様
    ご指摘の内容は日ごろよく考えるところです。インターでの教育はMathなど?な内容も多いですが、日本とは全然違う教育方法は非常に興味深いですし、息子もいろんな意味で良い体験をしていると思います。ただ、今の国は途上国で生活環境・学習環境が最初の2ヵ国と違い過ぎるのと、次の国がどのような国になるのかがわからないので、不安が出てくるのです。今が英語圏の国なら迷いはあるかもしれませんが、おそらく家族一緒の生活を選択すると思います。ただ、確かに日本の普通の子とは違う体験をできているのは事実です。これが将来のためになると良いなぁ、と切に思います。

    レス2へ続きます。

    ユーザーID:3054581490

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • レスありがとうございます2

    レスの続きです。

    みいた 様
    首都圏特に東京近辺だと同じような考えの家庭も多いですよね。なので悩みます… 勉強の方は3年2月から中学受験対応の勉強をしているので、今日本に帰ってもまだ大丈夫です。ですが、5年生からの内容が格段に質・量とも増えてきたので、それを継続するのがどうなのか(受験しないとほとんど無駄になるので)、中途半端な気持ちでやっても息子の負担になるだけなのかと迷いながら勉強を続けています。息子は日本が大好きですし、日本に体験入学した時も塾の講習に参加した時も楽しくやっていて、日本の方が伸びるのかも(英語以外)と思わされることも多いので、日本の勉強をやめる選択もまだ出来ず、迷いながら勉強させています。

    ダイヤモンドダスト 様
    おっしゃるとおり、息子の適応力には驚かさせるところがあり、この子なら後でもどうにかなるかなぁ、と思ったりします。ただ、男の子ですし、将来理系に進みたいと思ったときに国立に行ける力をつけていけるような学校をと思うと、どうしても伝統的な中高一貫の進学校を考えてしまいます。とは言え、どんな状況でもその時にどうにかする力が本当の力なのかもしれませんね…

    ユーザーID:3054581490

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • レスありがとうございます3

    レスの続きです。

    くわとろ 様
    本当に考えさせられます。私は比較的保守的な価値観を持って生きてきて、友人の多くもそうなので、普通のレールから外れるのが不安なのです。ですが、海外に長く住んで、外から見てこれからの日本も変わらざるを得ないとも思うので、これも一つの与えられたチャンスかもしれないと思ったりします。家族が一緒というのは私も一番だと思います。これからも悩んでみます。

    トピを立てた時には、私自身に日本に帰りたい気持ちがあり(今の国は住むのが楽しくないので、定期的にそういう気持ちになります)、日ごろ考えていた息子の進学選択のことで頭がいっぱいになってしまっていました。今はいろんな意見を頂けて、少し冷静になれています。これからもよく考えてみます。

    ユーザーID:3054581490

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • なぜ日本の教育にこだわる?

    今現在、ご主人様も海外でお仕事をなさってらっしゃって、きっと息子さんにもそういうグローバルな活躍をしてもらいたいと願ってらっしゃるのではないかと思いました。

    そして、どうやら、そういうことができそうな、優秀な息子さんです。

    それを日本の教育に委ねようとされることがびっくりです。

    日本の教育にはそれなりの良いところがありますが、息子さんの生きていく道筋としてはもったいないと思いました。だから、ポチも「びっくり」を押しました。

    ちなみに、日本での最高学府と言われる東大でさえ、世界のランキングではやっと31番目です。(USニュース 2015年10月29日の記事より)

    で、どこへ進学するかですが、このままインターで世界中の子供たちと切磋琢磨し、そしてアメリカやイギリスの大学を狙うというのはいかがでしょう?

    ご両親が日本に帰らなくてはならない時には、全寮制のプレップスクールもあります。

    我が家の近所にある学校には留学生が多いのですが、中でも韓国からの留学生が多いです。

    息子さんの可能性を延ばすために、視野を広げて、よく考えてあげてくださいね。

    ユーザーID:1643271720

  • 経験談から申し上げます

    私が海外で過ごしたのが70年代と80年代でしたので今とは環境も違いますから、同列には語れませんがその点はご容赦願います。

    中学入学をどうするか?という事も当然重要ですが入学した後の事の方がより重要です。

    私は幸いに中学受験で私立難関校に運よく合格しましたが、それまで通っていた海外現地校の小学校の生活とあまりに異なり、結局馴染めずにまた海外に戻りました。

    難易度だけでなく、帰国生の受入体制、ご子息との相性を優先して進路を考えてあげてください。

    有名難関校に入ってから不登校になり、引きこもってしまった例もたくさん知っています。難関校に入ってもその中で自分を伸ばせる子、自身を喪失してあきらめてしまう子、様々です。

    難関校はひとつの選択肢として残すのはありかと思いますが、他の選択肢、たとえば公立の中学、日本のインター(コストはかなりかかりますが)等幅広く考えて、ご子息が学ぶ環境として、また親としてサポートする環境として最適なものをお考えになるのがいいかと思います。

    ユーザーID:8097278864

  • レスありがとうございます4

    トピ主です。引き続きのレス投稿ありがとうございます。

    ペーパーナイフ 様
    海外生活が長くなり、、そのまま海外の高校・大学へ進まれているお子さまをお持ちの友人もいるので、ご意見もよくわかります。ただ、私も最初の国がアメリカで数年住んでいるので、逆にアジア人(特に男性)が欧米社会で生きていく大変さというのも感じていて、息子に積極的に海外特に英米の大学を勧める気になれないのと、やはり資金面での不安があるのです。資金面は奨学金という手もありますが、本人も今の段階はですが、かなり日本志向なので、日本でしっかり勉強して、院からや大学在学中の留学という形が良いのではないか…と思ったりします。日本の教育は批判もありますが、コストパフォーマンスという点では比較的低額で良い教育を受けられるという利点があると考えます。それから、最終的に日本人として生きていく場合に、日本社会では日本語の正しい運用ができ、日本社会の常識を持っている人間でないと相手にされない、ということがあります。子どもが娘であれば、私もあまりこだわらず、英語を武器にするとか海外で就職というのにもっと前向きになれると思うのですが…

    ユーザーID:3054581490

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • レスありがとうございます5

    4に続き、レスです。

    すわ朗 様
    レスありがとうございます。そうですね、海外で長く過ごすと日本での生活特に学校生活が合わないということが出てきますね。周りの方々、先輩の方からもよく聞きます。うちの息子はその点、海外生まれで、海外で生活している方が長いのに、日本の方が生活が合っているようなのがちょっとビックリするところなのですが、これは今いるところが日本より生活環境が良くないところのせいもあるのかもしれません。アメリカで小学1年から過ごしていたら、かなり違ったでしょうね。インターは生徒の移り変わりも多いですし、外国人の子どもたちもベースは本国にあるという感じです。それとは別に、日本での学校選びも幅広く見る必要はありますね。帰国生が多い学校というのは、私は逆に敬遠した方がいいのかと思ったりしましたが(英米帰りの、特に女子が主流派というイメージがあり)、先入観を持たずにいろいろな学校を候補に入れようと思います。

    いろいろ書いていますが、今は、日本に早々に母子帰国するよりできるだけ家族一緒に過ごす方向に気持ちが傾いています。もう少し引き続きレスをお待ちしています。

    ユーザーID:3054581490

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • お子さんの意志次第と思います

    私は4年間の海外生活のあと、小学4年の時に帰国しました。
    小学5年の終わりから塾に通い、御三家と言われる中高一貫校に入学しました。
    大学も旧帝大に進学しました。
    通っている当時は何の不満もない、充実した学校生活でした。

    しかし、それがベストだったかというと、分かりません。
    男子校だったので、女性は今だに苦手ですし、
    今でも男女共学の学園ドラマなどを見ると、羨ましく感じてしまいます。
    普通に公立の学校に通うのも有力な選択肢だと思いますし、
    海外の学校も教育体制さえしっかりしていれば全然ありだと思います。

    子供のうちはやる気さえ出せれば、いつでも挽回可能です。
    ただ、そのやる気を出しやすい環境や刺激が、もしかすると進学校には
    あるのかもしれないとは思います。
    しかしそれにしても、様々な周囲の環境要因の1つにしかすぎません。
    担任の先生、クラスのメンバー、交友関係など不確実な要因が多すぎて
    何とも言えないと思います。
    色々な選択肢を示して、お子さんに決めてもらってもいいのでは?
    私の場合、「自由な校風」という噂に憧れて御三家のとある学校がいい、
    と自分の中では心に決めていました。

    ユーザーID:7350567965

  • トピ主さんに同意!

    トピ主さんの下記ご意見に同意します。

    >>、逆にアジア人(特に男性)が欧米社会で生きていく大変さというのも感じていて、息子に積極的に海外特に英米の大学を勧める気になれないのと、やはり資金面での不安があるのです。

    うちも海外で生まれ育った息子ですが、中学からは日本に戻そうかと考えています(全寮制を考えてます)。
    セカンダリーもインターに行ってしまえば、もう選択肢は海外の大学(もしくは日本の帰国子女枠か。。)しかありません。
    大学まで海外となると莫大な費用がかかると思います。奨学金なんてそう簡単にとれるものではないし、その国の国民がまずは優先でしょう。

    日本で大学まで行って大学院から留学したほうが奨学金は取りやすいと聞きます。
    あと、インターに進学した日本人のほとんどは文系選択になる、というデータもあり男の子の場合、理系に進むには不利かもしれません。

    ユーザーID:6503761485

  • インターのレベル

    次の赴任地が英語圏で、現地校のレベルの高い学校に入って英語ネイティヴの子と
    競いあってやって行ける、というならこのまま海外もアリだと思います。
    しかしずっとインターというのは、優秀なお子さんのようですし、物足りなくなる
    かもしれませんよ。
    インターは高い授業料の割にバカンス気分の教師が多くて、料金と内容が
    見合ってない所も結構あるんですよ。。
    インターだって経営がかかっているので、進学率とか立派な事うたっているんですが
    実態は入ってみないとわからない事も多いですよね。

    お子さんは日本の環境に適応出来そうですし、皆んなが勉強熱心な環境で伸ばしてあげる
    のが良いかと思います。

    ユーザーID:0441020861

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧