• ホーム
  • 話題
  • 海外小町 手ぬぐいと風呂敷が同じ???

海外小町 手ぬぐいと風呂敷が同じ???

レス15
(トピ主1
お気に入り18

生活・身近な話題

Mooko

ヨーロッパ某国に住んでいます。30代女性で、これまで3カ国で通算すると約10年、海外生活をしています。

今回は、手ぬぐいと風呂敷の事についてご意見を聞かせていただきたくトピを立てました。

あるクラスに通っているのですが、そこにはこの国の現地の人のみならず
私のような外国人の生徒も多くおり、私以外にも日本人女性が一人います。
このクラスに通うまで全く知らなかった人です。

先日、クラスで持ち寄りのパーティーがあり、私は日本から持ってきたお重に食べ物を詰め、風呂敷で包んで持って行きました。
もう一人の日本人の子は、使い捨ての容器を手ぬぐい(日本から持ってきたもので、本当にいわゆるさらしのような布の、手ぬぐいです)で包んで持ってきました。

クラスメイトが私のお重と風呂敷に興味を持ってそれについて質問してきたときに、彼女が「私が包んで持ってきたこの布もそれと同じだ。贈答品を包んで人にあげたりするものだ」と言いました。

私の感覚では、手ぬぐいというのは文字通り手を拭う布であり、その他、体を洗うとか、あとはお祭りのときのハチマキにするとか、汗拭きに使うとか、そういった使い方をするものだと思っていたのですが、風呂敷のように贈答のときに手ぬぐいで贈答品を包んで持っていくというのは見た事も聞いたこともなく驚きました。
でも違うという100%の自信もなかったので、その場では否定せず、帰宅してからネットで調べましたが「近年はラッピングとしての使い方も」というようなサイトもあり益々困惑。

近年そういう見直し方がされていても、私は手ぬぐいを贈答品を包むのに使うのは抵抗があります…。これって古いのでしょうか?
海外に住んでいるからこそ、日本の正しい文化を伝えたいのですが、日本では今、手ぬぐいでお土産を包んで持って行ったりするのでしょうか?
皆様はどう思われるかお聞かせいただけませんか。

ユーザーID:7916757432

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 正式には風呂敷だと思う

    仰る通り、正式には風呂敷だと思います。
    でも最近はお洒落な手ぬぐいが出てきて、ラッピングに使うと言う風潮もあるのもまた事実。

    ただし、例えば結婚のご挨拶とかちゃんとした場に手ぬぐいは使わないです。
    あくまでも友達に送るカジュアルなもの、言うなれば浴衣と同じようなもんだと思います。

    あと、手ぬぐいラッピングの場合は手ぬぐいごとプレゼントするというイメージが強いですね。どちらかと言うと包装紙の代わりのような。
    これは私の個人的な印象ですが。

    ユーザーID:0868642812

  • んー

    浴衣の今昔とか木綿の着物みたいな扱いでしょうか。高価な紬ですが木綿ゆえの格落ち、みたいな。
    美しい手ぬぐいは持ち寄りパーティーや知り合い間のお土産を包むには素敵ですが、正式な結納とかお歳暮とか格式ばった訪問には非礼ですね。唐草模様の風呂敷みたいな木綿と正絹の違いもありますね。

    ユーザーID:0477886382

  • 和物はシルクロードの賜物

    海外在住です。
    私の周りでは日本の物を本来の使い方以外に、自由な発想で使いこなしている人が多いので
    日本人の私でも勉強になります。

    古着の帯をテーブルセンターに使ったり、徳利の一輪挿し、土鍋や和食器に剣山を置いて花を活ける。
    漆塗りの箸をヘアスティックにしたり、風呂敷の柄を生かしたスカーフなどなど ・・・
    日本手拭いの柄や素材感、長方形の形もアイデア次第で思いもよらない使い方ができるかも知れませんね。

    ちなみに日本での本来の風呂敷の使い方は贈答品を包んで持っていくが、先方に渡すときには
    風呂敷を解き、風呂敷は持ち帰ります。なぜなら道中、品物が汚れないように包むものなので
    用途からいって風呂敷は既に汚れていると解釈します。
    風呂敷という呼び名もかなりプライベートで私的なものですもんね。

    ユーザーID:4734602923

  • テレビで見ました

    先日、テレビで手ぬぐいの老舗店が特集されてました。
    老舗店に婿養子として入った男性が社長となり店を盛り立て、最近海外進出もし始めた…というもの。
    それによると海外ではまだ手ぬぐいの知名度は低く、
    持っている人は普段使いなどせずにアートとして額に入れて飾ったりしてるそう。
    で、その社長は手ぬぐいをもっと普段使いできるように海外バイヤーにアピールするために
    風呂敷のように物を包んだりしてました。
    日本のプレゼント品って包装紙で可愛くラッピングしてくれますよね。
    それと同じようにワインや小物を手ぬぐいでラッピング。

    なのでその女性の言ってることは全くの間違いではない。正しいとは言えないけど。
    現在の手ぬぐいはオシャレ度がかなり高いので、手を拭く以外の使用度もかなり高いです。
    まあ言うならば「本来は手などを拭くものだけど、アートとして飾ったり風呂敷と同等に物を包んだり
    自由な発想でいろいろと使えるもの」…という感じですかね。
    ちなみに、老舗店の社長は海外で手ぬぐいをスカーフのように女性の首に巻いてもいましたよ。

    ユーザーID:7651741538

  • こんにちは。

    わたしもヨーロッパ在住10年です。

    このようなことはお料理や着物などでもよくありがちなことだと思います。

    お料理を詰めたお重を風呂敷に包むのと、密閉容器のようなものを手拭いで包むのとでは、日本人からするとまったくイメージが違いますよね。形やサイズも用途も違いますし・・・

    それは後日にでも、一般的で伝統的な日本人の感覚をはっきりと説明されてもいいと思うのです。

    風呂敷の使い方は海外でも多く紹介されていますから、それとは違って、手拭いとは名前の通りこういうものだという説明も。

    でも最近京都などにはすばらしく素敵なデザインの手拭いが多く存在しますし、それを風呂敷のように使ってみたいと思うことも不思議ではないですよね。でも私なら一般的な日本人ならとても美しい手拭いでも、普通はものは包まないということも説明します。

    私は、日本のものの奇妙なアレンジなどには、首をかしげたくなるときもありますが、一般的な日本人の思うことをはっきり伝えたらもうそれ以上は言わないようにしています。

    ユーザーID:3688529856

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 真に受け過ぎ

    一々真に受けずとも。その人と極一部の人の妙な感覚というだけの話でしょう。

    ここで主張せずとも、何についても世の中おかしな極少数の感覚というのは存在しますから。

    現実で極少数派でも、ネット上で同類が集まってきて騒げば多数派のように思えますけど、実際は異端は異端。

    真に受け過ぎですよ。

    ユーザーID:1264802318

  • 風呂敷だって

    元々銭湯で床に敷き、脱いだ着物を包んだものと聞いた事があります。トピ主さんが言っているのは、「日本手拭い」だと思いますが、古くは、頭を被ったり、包帯替わりにしたり、鼻緒のすげ替えに使ったり、サラシと同じように使われ、現在ではその柄のカラフルさから、ちょっとした贈答品を包む事もあるそうです。時代によってその使用方法も多様性を持つ事自体は良いと思いますが、その原初となる使用方法程度は把握しておきたいものです。

    ユーザーID:3323715301

  • いま、手ぬぐいはちょっとしたブームになっていまして…

    今までとは違う近代的な柄のものがあったり、額縁に入れて飾ったりすることもあります。
    ただ、みんなに浸透しているというよりは、一部の和風小物好きな女性などにウケている状況です。
    件の彼女の説明は、現在の日本でも、え?そうかな?…という感じです。
    やはり、手ぬぐいの一番ポピュラーな使い方は、ハンカチとして、浴用タオルとして、という
    使い方ですね。

    エコの観点と古典回帰みたいな雰囲気から、風呂敷は以前のような「バッグ」としてではなく
    「包装紙」としての使い方をしているところが出てきました。
    贈答用の菓子折りのパッケージに(安い)風呂敷が使われていたり、とかですね。
    これなら貰った人が、捨ててしまわず、何かしら再利用できますから。
    手ぬぐいも同じようなポジションにいるといえば、いる。
    だけど細長い形状から包める物は限られてきますね。

    手ぬぐいのラッピング、それはサプライズ的な演出として捉えられるので
    例えば身内や親しい友人の間での贈答品のやりとりでなら「うわぁ素敵ね」となりますが
    謝罪に持っていく菓子折りを包めるような雰囲気ではありません。
    あくまで「変わり種のラッピングとして」です。

    ユーザーID:5287133246

  • 時代と言うか・・・

    日本手ぬぐい、ってそもそも使う人が少ないんですよね。
    なので販売戦略の一つとして「ラッピング」という要素を打ち出してるんだと思います。

    ただ、必ずしも手ぬぐいが「拭くもの」とは限りません。
    これは受け売りですが、噺家さんにとって手ぬぐいは場面を表現する「小道具」だそうです。
    あと、おしゃれでポップな手ぬぐいを「半襟」として使う人もいます。もちろん、木綿なのでカジュアルな格の着物しか使えませんが。

    でも人に何かを差し上げるときは「風呂敷」ですね。
    もっと格上だと「ふくさ」でしょうか。
    そう考えると手ぬぐいで包むのは、カジュアルなスタイルで正式ではないのよと言い添えるのがよいかもしれませんね。
    それが正式だと思って、恥をかく人がいても困りますから。

    ユーザーID:1902605457

  • そんなの簡単

    風呂敷は日本古来のバッグである。

    手拭いはいわば和風ハンカチ兼ハンドタオル(ほら、麻のあれ)で、最近はこれをラッピング・ペーパー替わりに使うのが日本で流行っている。

    次回はこう説明すれば、周りは皆納得してくれますよ。

    その手ぬぐいの人は反論するかもしれませんけど。

    ユーザーID:3728607571

  • 時代は変わる

    昔のような風呂で使う手拭いとは違い、今はおしゃれな手拭いが流行っているので、
    彼女の説明があながち間違っているとは思えません。
    日本ではアートな手拭いがブームというような説明も加えてみたらいかがでしょう。

    ユーザーID:1090791444

  • ありがとうございます。

    皆様、レスを頂きありがとうございます!
    やはり、昨今日本ではおしゃれな手ぬぐいがたくさん出ていて、
    使い方も昔よりも広がっているようですね。
    実際に日本にいる方からそういったお話を聞けて勉強になりました。
    海外にいるとどうしても日本のことについて浦島太郎状態になってしまうので
    とても助かりました。
    私がクラスメイトの話に対して懐疑的になったのは、彼女が日本についてほかのクラスメイトに説明するときに、このことに限らず、どうも私が知っていることとは違うことが多かったからです。
    他にも、日本の学校では毎日国歌斉唱をしている(そんなことありますか?私の学校ではしていませんでした。公立でも、私立でも。)、とか、健康保険の仕組みなんかも間違って理解したままみんなに説明したりしていて、アレ?と思うことが多かったのです。

    手ぬぐいと風呂敷、これはあながち彼女の説明も間違いではなかったようですね。
    でもたしかに、外国の方が勘違いされてはいけないので、次に折を見て
    手ぬぐいでギフトを包んだりするのは新しい風習で、決して伝統的で正式なものではないことを説明したいと思います。

    ユーザーID:7916757432

  • 手ぬぐいも昔から包むために使っていた!

     もちろん、「手」を「拭う」のに使うから、「手拭い」と言うんでしょうが、昔から、あるものを包むのにも使っていました。
     それは「顔」です。
     泥棒や顔を見られたくない奴が「頬被り」に使ってました。

    ユーザーID:5163548778

  • わざわざ言うと不思議がられますよ

    伝統的な使い方ではないことを伝える必要がありますか?
    その場で「伝統的ではないけどね」と言ったのならともかく、
    おそらくその日本人がいないところで言うのでしょうが、現地の人たちは思いますよ。
    「日本人同士なのに、あんまり仲良くないのね」と。
    彼らにとって不可解な日本人像ができるかもしれませんね。
    外国にいる日本人同士は、なぜかライバル意識を持つ人が多いようですが、見ていて
    あまり気持ちのいいものではありません。

    ユーザーID:1648838552

  • トピ主さんの気持ちはわかりますが

    そのクラスは生徒が各国の伝統文化を教え合うクラスなのですか?
    そうでなければ、わざわざ後日「私のやり方が正式で、彼女のやり方は正式じゃない」なんて否定しなくていいと思うなあ。
    私も海外に住んでいたことがあり、帰国後も海外の方と接する機会が多いので、外国人の「日本観」をより正しくフェアなものにしたい気持ちはわかります。
    でも、すべての日本人が同じ生活習慣や価値観を持っているわけではありません。
    クラスメートにとって、トピ主さんバージョンの日本と、その彼女バージョンの日本があるのは豊かなことです。
    それから単純に数だけで言えば、現代では手ぬぐいをタオル以外の用途でも使っている人口の方が、重箱+風呂敷を普段使いしている人口より多いと思います。
    「勘違い」と言い切るのはどうかと思います。

    ユーザーID:1537112143

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧