ずっとラブラブな生活でいたい

レス44
(トピ主2
お気に入り82

恋愛・結婚・離婚

つっきー

レス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうだなー

    そのチュウチュウしたラブラブが、少し薄らいできたら
    今度は強い信頼で結ばれていきます。

    子供が出来て、めまぐるしく時が経って
    お互い老けたねと笑いあい、子供たちの巣立ちを少し寂しく、とても嬉しく、誇らしく見送ります。

    いろんな病気もして、あちこち痛い痛いと言いながら
    それでも一応元気で毎日過ごして若い頃の事を思い出しながら
    手をつないで枯葉を踏んで歩きます。
    まだまだ、これからもよろしくお願いしますと。

    ずっと超ラブラブな人もいるでしょうね。
    私たち夫婦は最初の3年くらいがトピさんのようでした。
    その後は上記のような感じです。
    今、65歳です。

    ユーザーID:6107139238

  • ラブラブね

    いつも一緒でベタベタする事がラブラブなんじゃないよ。
    精神的に安定できて信頼できているかでしょ。
    そんな関係であれば自然とラブラブな関係でいられるんですよ。
    極端な話、キスやハグがなくてもラブラブな関係は築けます。

    毎日欠かさないって疲れません?
    そういうのって義務みたいになっていく可能性もあるんじゃないかな。
    お互いがそう思わないんならそれでもいいんだけどね。
    現状のままで何も変化のない生活なら続くかもしれないけど
    生活って変化して行くものだからね。
    トピ主さんだってお子さんが出来たらご主人に構っている余裕なんて
    なくなるかもしれないよね。
    それでも求めてきたらそれに笑顔で答えられるのかな。
    そうなるにはそれなりの信頼関係が必要でしょ。
    ラブラブでいる事よりもそういう事を考えた方がいいと思うよ。

    ラブラブでいられるのは「結果」の話だから
    こうすればいいとかはないんだよ。
    夫婦によってあり方は違うんだからさ。

    家は私が旦那を適当に扱う事がよくあるけど
    それでもラブラブですよ。(ベタベタは嫌い)
    2人の時は笑っている事が多い。
    あえて秘訣をと言うのなら相手を信頼する事でしょうね。

    ユーザーID:5394149936

  • 主さんのいうラブラブは

    いつまでもイチャイチャしたい。という解釈でよろしいでしょうか?

    でしたら、今のまま結婚はせず、同棲を続けることだと思います。
    子どもも作らずに、二人だけの責任のない生活を続けると、イチャイチャした関係が続くかも・・
    本当は、同棲もしない方がいいのですけどね。
    たまに会うから、会った時に気持ちが高ぶるのです。
    常に一緒に居ると、どうしてもマンネリは免れませんよね。

    一緒に暮らすと、金銭面や義理の実家という現実に直面します。
    それがストレスになると、イチャイチャどころではなくなります。
    結婚すると、嫌でも付きまといます。
    子どもが産まれると、女は母親の部分が大きくなります。
    それは、自然なことです。

    高齢のご夫婦が手を繋いで散歩。
    それは、常にイチャイチャしてきたのではなく、長い年月のあらゆることを乗り越えてようやく到達した姿でしょう。

    円満とラブラブがイコールだとは思いません。

    結婚すると、本当にいろんなことが起こります。
    負けずに理想を貫いてくださいね。

    ユーザーID:6041606079

  • 私が思うに。

    結婚12年の者です。

    私の個人的な感想ですが、ずっとイチャイチャやスキンシップを欠かさないと言うカップルよりも、お互いに思いやり、自分の時間も大事に出来る大人なカップルの方がずっとラブラブ感は続くのかなと感じます。

    ちなみに、うちの両輪も70代ですが若い人の様なイチャイチャ差はなくても、深い所で繋がっている絆の様なのを感じます。

    私自身は、仲が良いですがずっとイチャイチャって感じでもないですしね。

    ユーザーID:6202999250

  • あなたが続ける

    ずっとあなたが続ければいいのです。
    キスして。
    抱擁して。
    一緒にお風呂。
    と望めばよろしい。
    それだけです。

    一つだけ申し上げれば、
    ラブラブとはとても愛し合っている男女の行動である。
    と認識をしております。
    40代後半の私から言わせればそれは、いちゃいちゃしているということです。
    しかしそんなことをしなくても深く愛し合っている男女など、とても大勢いらっしゃいます。
    愛し合う=いちゃいちゃする(ラブラブな行動)
    のことではありません。

    ユーザーID:6624254025

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 共感です!

    こんにちは!
    もうすぐ結婚...☆
    おめでとうございます♪
    私達夫婦も
    付き合ってる時はもちろん
    結婚した今でも仲良しです!
    もちろん喧嘩もしますが、
    すぐ仲直りです(笑)
    でも、いつかは..
    とつっきーさんみたいに
    悩むこともあります。

    結婚する時に叔母から言われたのが

    貴方はいつか母親になるけど
    旦那さんとの時間を忘れない様に..

    と言われました!
    私の周りの仲良し夫婦も
    2人の時間を大切にしていたり、
    旦那さんの家族サービスが良かったりします♪

    あと私の両親も円満ではなかったです。
    でも、母方の祖父母(外国人)は
    今でも仲良しで、時々見てるこちらが
    恥ずかしくなることも(笑)
    でも私の憧れの夫婦です♪

    駄文ですみません。

    ユーザーID:0090767561

  • ウチ、実はかなりベタベタした夫婦です

    結婚3年目、新婚当初からウチはかなりベタベタした夫婦だなー。お互いに、相手が寂しがりやだから仕方なくとかなんとか言ってますが、どっちも寂しがりやの甘えたなんだろうなー。そんな私がいうのもなんですが、夫婦円満って、ベタベタする事じゃないと思いますよ。

    とは言え、ずっとベタベタしていたいなら、
    ・バスルームは無駄に広く、かつ浴槽はあっという間に冷める→一緒に入らないと光熱費がすごい事に
    ・リビングはひたすら狭く→くっついていられるスペースしかない
    ・寝室は恐ろしく寒い→一緒に寝ないと寒すぎて寝付けない
    ・お互い友達がいない、もしくは他の人に理解できないマニアックな趣味→休日一緒に過ごすしかない
    ・キスとハグを怠ると不運に見舞われる→ゲン担ぎ
    ・外出時手を繋いでいないといなくなる→迷子対策
    ってどうでしょう?ま、冗談半分ですが、利点がないことって、だんだん淘汰されていきます。

    友達には恥ずかしいので絶対内緒です。完全には隠せないので、友達は甘えた旦那だなーって思っているかと。そして、夫の両親は今でもかなりラブラブ。子供の頃の夫はそれが嫌でしょうがなかったらしいですよー。

    ユーザーID:0355122916

  • まあ、秘訣はいろいろあるでしょうが、

    トピ主さん次第ですよ。

    本人(たち)がその気なら可能だと思います。

    いつまでもお幸せに。

    ユーザーID:1124929109

  • 今年ルビー婚の仲良し夫婦です

    私25歳妻21歳で結婚しました。今年で40年=ルビー婚です。私の母は嫁ぎ先が中規模の農業自営で、多くの負債を抱えていました。父は宮大工でしたので、別途現金収入が有りました。

    母は農業という重労働のの傍ら(洗濯板で洗濯、竈で炊飯の時代)子供5人を産み育て、夜も寝ないで働き続けた父母は、借金を返済して大都会での資産形成の何倍もの困難を乗り越え、地方都市で財を成しました。不出来の長男(兄)が生前贈与をせしめて三分の一、父母宅の横に家を新築して貰い、長年隣居した弟が三分の一、姉と私と末弟がそれぞれ九分の一ずつ相続しましたが、それでも1億円相当の分与を受けました。

    薩摩の男性優位は、ある意味ジェンダーフリーだと思います。気風としては理不尽な男性優位ですが、困難時には女性に最終的な責任を求めません。そんな薩摩に育った母の口癖は「家運も財運も須らく女運」「女が威張れる家庭は栄える」と言っていました。

    ユーザーID:6187295605

  • 今年で結婚40年ルビー婚です・・・2

    さて、私は昨年9月で廃業しようと思っていました。不労所得で生活出来るからです。然しながらルビー婚につき、汗水流した所得で少しだけ大きめのルースを贈ろうと、引退を3年延期しました。

    銀婚は日韓WC時でした。妻とシドニーで二回目の結婚式を行いました。後10年後の金婚時には、国内の温泉地で子や孫総出にて、三回目の結婚式を行う予定です。

    父が宮大工、母が農業の父母の子の私から、トピ主の問いにお答えします。求め合うという事は、板にカンナを掛けること。時が過ぎて木肌が古びれば、またカンナを掛ければ、一時的には色鮮やかに蘇ります。然しながらカンナを掛け続ければ、板は薄っぺらく成ります。古色蒼然に意味を見出す、美的センスが必要なのだと思います。

    ユーザーID:6187295605

  • 今年で結婚40年ルビー婚です・・・3

    また、正しい伴侶関係の在り方は「農業」なのでは無いでしょうか?農業とは時節というタイミングを的確に受け止め、土地を切り拓き土を耕し肥やし、作柄により畝の高さや方向(東西or南北)までも考慮し、種や苗を選択し目を配り気を配り水遣りや防虫や添え木など、手をかけて「育て合うもの」だと思います。

    我が家は、妻が文化部長で、私が体育部長です。趣味嗜好が異なるが故に、互いを触発し感化し合って、共に見識を広め合っています。「意見が異なる」が故に、広く深く進められるのだと思います。

    38歳の長男を頭に、二男一女に恵まれましたが、結婚当初から今日まで「お父さん」「お母さん」「パパ・ママ」等の普通名詞で呼び合ったことはありません。常に「○○ちゃん」「△△さん」とファーストネームで呼び合っています。夫婦の仲良さは、デパートで売っていませんので、お互いに努力して作り上げなければ成りません。子供たちに対する「最大最高の贈り物」だと思います。拙い私の40年間の伴侶関係を開陳し赤面の至りですが、トピ主の幸多き新婚生活を祈念し、ご参考までに記しました。

    ユーザーID:6187295605

  • 今は、浮かれてるだけです

    >ずっとラブラブな生活でいたい

    皆がそう思っていました。

    しかし「私は両親が早くに離婚していて、彼の両親も円満とは言えないそうです。」になるのです。

    多分、二人とも、血筋が似てると思います。

    ずっとラブラブで居ることに、疲労するのです。オマエには、疲れた。

    お互いに尊敬できる人だと、一緒に暮らすのが楽だと思います。世帯年収1200万円超えなら可能性が高い。

    ユーザーID:7422407105

  • ベタベタ=円満 ではない

    仲のいい夫婦=スキンシップが多い これはちょっと違う、かな?
    仲のいい夫婦は、喧嘩や意見の食い違いがあったときに、上手に解決できる夫婦です。

    両親が円満でなかった人が、ベタベタすること=円満、仲がいい、と勘違いするのはよくあることです。でも、仲の悪い両親の元で育っているひとは、夫婦が喧嘩や意見の違いを超えて円満に暮らす様子を見て学んでいないので、いったん相手とぶつかると、とことんこじれることが多いです。相手が自分の思うように動いてくれないと「私を愛していないからだ」と思ってしまったり。

    まわりをみていて、恋人時代・新婚時代にベタベタラブラブしていたカップルのほうが離婚率が高いと感じます。ベタベタラブラブをキープすることを考えるより、もっと大切なことがあります。

    ユーザーID:1679089336

  • 結婚40年ルビー婚です・・・4

    親族の勤務会社の社是は「自ら機会を作り機会によって自らを変えよ」四季の移り変わりに恵まれ、祭りや歳時記に事欠かない日本。桜や若葉や紅葉は一年一度の機会。自ら機会を求めて心に残る時間を蓄えて欲しいと願う。老生は「あと何度桜が観られるか」と、カウントする様に成った。切ない程に心に残る景色の中で、想いを語らい時間を共有して下さい

    若き頃、薄給の身で妻に専業主婦を頼んだ。家事切り盛りは大変だったと思う。お蔭で筋肉質の家計に成った。その頃は自然の恵みの中で「おにぎり」を食する様な時間でも、心は豊かで幸福だった

    50年山登りしている私の持論は「人生は山登り」。登りは「ひたすら忍耐」頂上に達せば「感動」下山は「お天気と山と仲間に感謝」。登山で最も大切な事は「迷ったら登れ」。つまり「困難の選択」。山は頂に向けて収束しているので、登れば選択肢も収束する

    逆に下れば岐路も増え崖や滝や峡谷へと舞い込む。1時間登って引返しても20分で元に戻れるが、1時間下れば上り返すのに3時間掛かる。故に「迷った時は困難な路を選択しろ」というのが鉄則。疲労困憊時に敢えて困難を選択する。それが「勇気」だと思う

    ユーザーID:6187295605

  • 依存し無い

    結婚して56年、未だに愛し合っている夫婦です。逆説のようですが、お互いが依存し無いで、自分自身を持っていることが、円満の秘訣のように思います。

    結婚して子育ての間は、家庭に入りましたが、再就職のための勉強の期間と認識して、子育てのかたわら、勉強を欠かしませんでした。子供たちが学齢期になって再就職し、ずっと共働きで定年退職まで働きました。

    同年輩のご夫婦を見ていても、専業主婦でも奥様が何かに熱中していらっしゃるとか、ボランテアとか、社会的にいろいろな役割を持って活動していらっしゃるご家庭は夫婦円満なように思います。逆に、お互いに依存しあっているご夫婦は、不平不満が多く、冷たい関係の方たちが多いように思います。

    トピ主さまも今から、自分はこう生きる、という目標を掲げて、お主人に依存し無い生活を目指していただきたいです。

    ユーザーID:3931800918

  • 双方の努力が必要ですね

    夫婦二人ならいいんですが、やはり子どもがうまれてからですかね。
    女性はホルモンの変化で、赤ちゃんの夜泣きで目が覚めたりしますが男性は目が覚めない人が多いです。
    仕事に出てしまえば育児と離れられ、方や寝不足で家事もままならない状態で子育てしている母親。
    こういう状態の時に、お互いを思いやれるかどうかですね。

    自分だって大変なんだ!!
    人まかせにして!!

    こういう言葉を言わずに済むかどうか・・・。
    こういうことからギクシャクして、夫なんか当てにならない!妻は口うるさいだけ!!と
    なってくるこということも結構聞きます。
    いつまでも、ラブラブというよりは、思いやりがもてるだろうか?ということですね。
    たとえ一方的に責められることがあったとしても、それだけ今大変な思いしてるんだねと
    お互いに口に出して言えるかどうか。
    傷ついた!むかつく!なんて気持ちが出てくるようでは駄目でしょうね。
    子どもが出来た時に子ども中心の生活にシフトできるかどうか・・・何でも一緒というよりは
    手分けしてやるようになるので・・・。
    よく現実を見て一回話ししてみたらどうですか?

    ユーザーID:0308581868

  • 自分の周囲では・・・

    ベタベタしている人たちは皆別れてますよ。
    結婚して家族になるとはステージを一つ上がることだと思いますがずっと恋人関係のままのステージで留まる必要ありますかね?

    ユーザーID:6789576139

  • ベタベタは不必要

    結婚は恋愛の延長ではありません。
    多分トピ主さんにそう言ってもよくわからないでしょう。
    これはこの先家庭を気築いていけば自然と実感することです。

    結婚に必要なことは「仲良し」ではないですし、老人になってから必要なことは「手をつないで散歩」でもないのです。

    結婚に必要なことは「生活する」ということなんです。

    保育園の懇談会に行った時に「あれ?この夫婦なんだかおかしいぞ」と思う夫婦か一組いました。
    旦那さんの隣に座る姿、相手に向ける笑顔、相手を呼ぶ仕草(どんだけ観察しとんねん!)イチャイチャしているわけではなかったのですが夫婦というよりは恋人のようでした。
    後からわかったことなのですが、その夫婦はステップファミリーの新婚さんのだったのです。
    それを聞いた時に「なるほど」と思いました。
    短期間で結婚された、燃え上がる恋だったのでしょうか、なんなのかははわかりませんが2年ほどで離婚されました。

    他にも両親が仲よすぎても子どもが蚊帳の外になってしまい自分の居場所が見つけられずに育ち愚れてしまった同僚もいます。
    どうぞほどほどに。

    ユーザーID:8078625120

  • 地に足付けて

    今は恋愛でお互いに無責任だからラブラブでゲームをやっていられるのです。結婚したら、生活が懸かって来ます。彼氏が失業することだってあるかもしれない。

    結婚して長くラブラブでいるのも悪くないですが、結婚するなら一蓮托生なので、修羅場での覚悟が必要なことだってあります。

    夢を壊すようなことを言って申し訳ないですが、我々夫婦はいろいろなことを切り抜けて来ました。ラブラブではないですが、妻といると本当にホッとするし、妻もそう思ってくれていると思います。いい歳ですが、お互いに誕生日や結婚記念日のお祝いはします。

    修羅場はない方がいいですが、それを切り抜けられれば、ぐっと夫婦の絆が深まります。そういう時にお互いに支え合えればいいですね。

    ユーザーID:1807715677

  • たくさんは

    たくさんは居ないけど、稀に居るね。

    1つはお互いの自立と、生活水準を高める努力をお互いしている。
    一言で言うならインテリ、勤勉。

    大体、友人知人でもそうですが、どちらかの時間的余裕、精神的余裕、金銭的余裕の欠落から疎遠になったりするので。

    ユーザーID:4113046989

  • これからこれから

    結婚10年の主婦です。
    私も新婚の頃はトピ主さんと同じようなことを考えていましたよ〜

    10年後の今、子供が二人いて家を建てて、絵に描いたような幸せな家族かもしれません。
    でもね、本当に色々あったんですよ。離婚を真剣に考えたこともあります。
    多くは語りませんが、結婚生活(というか人生)は変化の連続です。
    仕事、出産、育児、病気・・・生きている限り何もないなんてありえない。
    その事態に直面した時、お互いの本当の姿が見えるんです。
    そういうことの繰り返しなんですよ。
    私の両親もそうです。40代の頃は険悪でした。なのに60代の今は呆れるほど仲が良いです。

    スキンシップがあることだけが愛し合っている証拠にはなりません。
    憎しみを感じるほどこじれた感情をスキンシップでなんとかバランスを取っているカップルだっています。

    ただ、それを乗り越えてきた夫婦は固い絆で結ばれます。
    何も言わなくても、あなただけはわかってくれる。そういう信頼が生まれます。
    今でも夫のことは大好きですよ。スキンシップはたまにで十分です。

    ユーザーID:0516759841

  • オススメの本

    とても素敵な関係ですね!

    私の彼も、両親が不仲なようで、結婚したいけど、このまま仲良くい続けられる事が想像出来ないと言います。
    私の両親は60過ぎてもラブラブなので、私は逆に不仲になることが想像出来ません。
    そんなものなのかもしれませんね。

    私は両親が仲が良かったおかげで、家庭も平和だったし、家族での楽しい思い出がたくさんあります。そこに救われて頑張れたことが沢山あると思います。

    私が前の恋愛で悩んだ時に読んだ本をオススメします。
    大島渚監督の翻訳で、ベストパートナーになるために、という本です。
    アメリカの心理学者が書いた本ですが、男女の認知の違いや、良いパートナーシップとは何かを具体的に書いてあります。

    私はこの本のおかげで、恋愛において、男性に依存しなくなったし、無駄に不安になったりしなくなりました。

    ぜひご一読を。

    ユーザーID:1420578057

  • 結婚したらラブラブではいられない

    結婚生活、そんな甘くは無いです…

    結婚すると制限されることも増え、最初は浮かれ気分で楽しいでしょうが男性は早々に冷めるそうです。


    知り合いの旦那さんの奥さんがトピ主さんみたいな結婚感の人で、とにかくメンドクサイと旦那さんが外で嘆いていますよ。
    最初は良かったものの、休日もベッタリで離してくれないので友人付き合いも減ってしまい、一人で息抜きすら出来ないとグッタリだそう。
    奥さんの機嫌が悪くなるのでラブラブを演じているそうですが、疲れたとあちこちで嘆いていますよ。

    ユーザーID:4198184165

  • 交際4年、結婚15年。わりとラブラブです

    恋愛感情は最長4年しか続かない、という研究があるらしいです。しかし一部ですが4年以上続くカップルもいるのだとか。

    私の実体験としては…例えば高熱が出て苦しい時、「健康ってありがたいなぁ」としみじみ思うでしょう?ああいう気持ちを平時でも持ち続け、日頃から健康に注意するのに似てますね。
    私の両親も不仲でした。だから家庭円満のありがたみが沁みてるんですよね。トピ主さんの気持ちわかります。

    何年経っても「いい男だな」「ここがセクシーだな」って、夫を男として見る。そして褒める。自分も女として怠けない。愛情表現をマメにする。…面倒くさがっては駄目。一言でいえば『初心忘るべからず』です。
    そうこうしているうちに異性として惚れ直すことがあり、恋愛の賞味期限が延長していきます。
    家族としての愛情も同時進行で深まっていきますよ。両立できるのは一部のカップルだけなので、大半の人は無理だと思うみたいですが。

    私は経験ないのですが、スポーツや趣味を何年も熱心にやり続ける人がいますよね。あれも似たようなものなのかな?って。とにかく好きで、何年たっても情熱的…対象がなんであれ、継続できる人はいると思います。

    ユーザーID:9200124227

  • うちはそうです

    結婚14年目で子供は12歳。
    お互い50超えですが今でもラブラブです。
    キスもハグも沢山。

    ただし夫はアメリカ人でアメリカ在住です。

    こちらでは、夫婦も「男」&「女」なので、周りでも普通にベタベタしてます。

    でも日本だと難しいかもね。

    秘訣は・・・う〜ん、何でしょう?
    特にないかも。

    お互い「好き」なんですよね。何年経っても。
    この人しかいない、とお互い思ってますし、普段からどちらも穏やかな性格なので喧嘩もしませんし。

    生活に関しても、やりたいようにやっているので文句もないし・・・。
    夫は家事も育児もよくやるし、お金や義理家族にも問題ないので、ぶつかることもないです。

    あ、秘訣は自分にピッタリ合った人を見つけることですね。
    生活、家庭、義理関係、仕事、子供、教育、家etc... 全てにピッタリ合った人であれば、そのままラブラブでいられます。

    ユーザーID:7350167187

  • トピ主です

    うのこさんまで読みました。
    誤解を持たせる書き方をしたようですが、私の目標はあたりまえですが老後まで仲の良い夫婦でいることです。
    スキンシップを強調したのはスキンシップが多い夫婦に離婚が少ないというコラムをよく見るためです。
    私が見ていない所で円満な家庭はスキンシップが多いものかと思っていました。
    私へのアドバイスというよりは円満な家庭の秘訣を伺いたいです。
    補足の私達の情報ですが、恋人は安定した大手企業勤めで年収は高めです。
    私は技術職で最近独立して在宅勤務の個人事業主になりました。
    子供が出来ても仕事を辞めるつもりは一切ありません(仕事の量は調整できます)
    私達の関係ですが、浮ついているというよりも彼がかなりしっかりした性格でこれまでに何度も大きな喧嘩をしてきましたが都度話し合って解決しています。
    彼は慎重、現実的、堅実なタイプで安定した企業に甘えることなく社外で使えるスキルも常に探求しています。
    結婚願望は元々薄かったですが、私が独立することや、食いっぱぐれるタイプの職種ではないため結婚を決意したようです。

    続きます。

    ユーザーID:5689506276

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • トピ主です2

    続きです。

    現在の家事の分担は外に出る必要のない私の代わりに彼が買い出しを行い、その他料理等全ての家事を私が受け持っている状況です。
    仕事の量的に現状私が圧倒的に少なく調整も効きやすいため、特に不満はありません。
    子供が出来て幼少期の手間のかかる育児もメインは私が担当することになると思います(一時的に仕事を減らすか休職すると思います)
    ただ、彼も家事をしてもらうことを当たり前と思わず必要とあらば手伝ってくれて労いの言葉をよくかけてもらい体調が悪かったり仕事が忙しく家事が疎かでも全く怒ることはありません。
    私が放っておくと無理をするタイプなのであまり無理をしないようにといつも言われます。

    81歳の女性さんの言う通り、自立していない者同士の結婚はお互いに懸念があるため、私はこれまでより具体的なキャリアプランを立てています。
    書き方が悪かったため、色々誤解を産んでしまったようですが結婚していない以上今後のことはわかりません。
    その為、後学のために先人の方が気をつけていることを伺いたいです。
    引き続き上手くいっている方の体験談をお待ちしております。

    ユーザーID:5689506276

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 結婚6年目。未だ…ベタベタしてます。

    付き合って1年、結婚して6年。
    トータル7年になりますが…
    トピ主さんと同じ状況です。40歳過ぎてるんですがw
    ぶっちゃけ、旦那がいれば友達もいらないと思ってるレベルです。
    子どももいないですしね。(選択子供いません)

    お互い忙しく、平日話ができるのは朝と夜(厳密には深夜)だけ。
    なので、きちんと会話をすることを心がけています。
    お風呂も会話の時間を持つために一緒に入っている感じ。

    毎日あったことを話してるので、隠し事もない。
    仕事の相談もするし、難しい話で議論を戦わせることもあります。

    うーん。秘訣。
    やっぱり、思いやりじゃないですかね。
    相手のことを一番に考えて、お互い行動してるいかも。
    あと、求めすぎない。
    わかりやすく家事でいうと、気になったら相手に要求するのではなく自分でします。
    自分もやりたくなかったら相手に求めず、やれるときにやる。
    それから、してもらったら必ず「ありがとう」を言います。
    してもらって当たり前のことなんてないので。
    大事なことをなれ合いでうやむやにしないことです。

    結果、お互いが大好きすぎて、言葉じゃ足りなくてスキンシップに走ってる感じです。

    ユーザーID:6242328925

  • 家族になることではなずっとく恋人関係でいたいなら・・・

    結婚しなければいい。

    ユーザーID:6789576139

  • 両親もラブラブです。

    わたしの両親が結婚して40年近くなりますがずっとラブラブです。
    とくに父が母のことを大好きのようで、子どもの前でも母に「愛してるよ」と言ったり
    並んでテレビを見る時はいつも身体のどこかがふれあっています。
    お風呂もたまにですが一緒に入っています。
    ふたりが喧嘩しているのを見たことがありません。

    両親共に仕事を持ち、それぞれ趣味の活動で友人もたくさんいます。

    それが普通だと思って育ったわたしは、夫とも子どもたちともラブラブで
    みんなでくっついてテレビを見るし、中学生の娘からもハグされます。
    休日の早朝夫がランニングに行く前には寝ているわたしにキスして出掛けます。

    父も夫も記念日には薔薇とケーキを買い、休日は家事育児を手伝ってくれ世間一般より高収入です。
    わたしの友人の家族もそんな感じです。

    ユーザーID:8522027796

  • まあまあ

    「結婚生活は甘くない」というレスが多いためか、主さんのレスが私たちに上手くいかない要素は無い!という反発心を感じるのは気のせいでしょうか・・・(笑)

    厳しいレスが多いのは、その分結婚生活大変なことを乗り越えてきた夫婦が多いって事ですから、ここにレスをしている皆さんは上手くいっている仲良いご夫婦ばかりだと思いますよ。(表面的な事じゃなく)

    主さん、どうか肩の力を抜いて。
    揉め事が無いのが良い結婚生活な訳じゃないですから。
    お互いを尊重し続けられる関係が良いのに越した事はないけど、それでも予想を超える事態に二人でどう対応していくかは、その時になってみないとわかりません。
    たとえすべての恵まれた条件が揃っていても。
    あまりここで「私たちはこうするつもりです」を羅列するのは意味が無いのです。

    馬には乗ってみよ、人には添うてみよ。

    10年後にもう一度感想お待ちしていますね!

    ユーザーID:8094639101

  • 難しそうですね

    トピ主追加レスを読んで、ラブラブは厳しそうに感じました。
    >子供が出来ても仕事を辞めるつもりは一切ありません
    産んでもいないうちから、こういうことを言う。「一切」というところにまた、トピ主の思い込みの強さが表れています。女性の大きな長所である柔軟さに欠けた方とお見受けします。

    >これまでに何度も大きな喧嘩をしてきましたが都度話し合って解決しています
    「一切ありません」という冷たい言葉を平気で使う柔軟性のないトピ主ですから、そんなことだろうと思いました。
    うちは仲良し20年夫婦ですが、大きな喧嘩すら起こりません。大きな喧嘩なんかしている時点でラブラブ夫婦とは呼びたくありませんね。話し合いねぇ、したことないですね。思考回路が同じだから話すまでもなく、同じ方向を向いて自然と歩いているんですよ。

    トピ主はラブラブ夫婦というより、喧嘩と話し合いのぎすぎすした夫婦になるような気がします。
    なんかもう「コラム」とやらを真に受けてる時点でもう・・・。

    ユーザーID:0519200171

  • 秘訣があるとするならば

    目に見えるもの、耳に聞こえるものだけを信じないことですね。
    大喧嘩をする。それを話し合いで解決する。というのは、まさに目に見えるもの耳に聞こえるものだけを信じている人がやることです。
    それで「彼は分かったと言ってくれた。解決した」と満足して顧みないなら、のちのちその積み重ねが取り返しのつかない亀裂となって目の前に現れます。
    そもそも、本当にラブラブでいたいというなら、大きな喧嘩までに至ったこと自体がおかしい。
    トピ主は、全く自覚がないだろうけれど、かなり言葉を無神経に使っています。「このような書き方をしたら、こういう立場の人が傷つくのではないか」という考えに欠けていることが、レスを重ねるごとに露呈しています。
    ただ、自分の願望に夢中です。誰に自慢したいのか知りませんが、自分の完璧な人生に向かって理想の姿を追い求めているだけです。彼氏はその付け合せでしかないように思えて仕方ありません。
    おそらく彼氏も今は少しの違和感しかもってないでしょうが今後はラブラブどころか結婚生活の維持自体が難しくなる時が必ず来ます。
    その時この言葉を思い出してくれるとうれしいです「敵は己の中にあり」

    ユーザーID:0519200171

  • 夢見る夢子

    子供が出来ても仕事を辞めるつもりは一切ありません
    何だろう、なぜだか分からないけど、この一文、ものすごくカッチーンときました。
    私自身が子供もいて働き続けていてもです。
    言葉にするなら、出産どころか結婚もしてないのに、何を偉そうに、というところでしょうか。
    子供に関してだけは、ご大層な計画を人前に語らないほうがいいよ。
    小学生が語る将来の夢よりあてにならないし恥ずかしいから。

    あと、ここで一切という言葉を選ぶセンスはなんなんですか?
    誰かに止められて反論するときぐらいですよ、そこまで断言するのは。
    誰と戦ってるの?という感じです。
    あと、アドバイスに対して、こういうアドバイスじゃなくてこういうアドバイスが欲しいとか、本当にいちいち偉そうでカチンカチンきます。
    そういう偉そうな女性を好きな数少ない男性が彼氏なのかもしれないけど、すでに何度も大喧嘩してるということは、彼氏もカチンとすることが多いんじゃないの?

    ユーザーID:7104007174

  • この世では全て変化します

    家や土地山川海、人も少しずつ変化するのが自然の理

    ましてや人の気持ちは感情なので変化するのはもっと早い。

    嫌いになるのか 慣れて空気みたいな存在になるかどちらかになります。

    いないと困る空気みたいな関係になれれば成功したといえます。

    ユーザーID:6296145461

  • トピ主さん必死すぎ

    トピ主さんは、ずっとラブラブでいたいと言うより、結婚後のラブラブを長〜く継続するために、何から何までものすご〜く必死だなぁと思いました。

    そんなに結婚に完璧に条件揃えた所で、現実的には、先行きとっても不安なんですねぇ。

    別にそこまで肩肘はらなくても、ラブラブは継続する人はするし、しない人はしないと思いますよ。
    答えなんか、あるようで無いんじゃないかしら?

    ユーザーID:1542857988

  • 幸せの絶頂なのでしょう

    当方65歳
    夫は数年前一人だけで旅立って逝きました
    40数年の短い結婚生活でしたが
    今の主さんたちと変わらぬ暮らしでしたよ
    亡くなる数日は病院の個室でした
    意識も朦朧としていたはずなのに「腕枕をして」と言いました
    いつも私が夫の腕枕で寝ていたのでそのお返しにとでも言いたかったのか
    狭いベッドに一緒に寝ましたよ
    それまでの疲れからかいつの間にか私は熟睡したようです
    物音に目が覚めてびっくり
    看護師の方が夫のケアをしていました
    その方もびっくり仰天だったことでしょう
    そのままにしていてくださいと言われてしまいました
    ちょっと恥ずかしい気もしましたが

    今のままの生活がずっと続けばいいですね
    これからいろいろなことがあるでしょう
    そんな時はこれを書いた日のことを思い出して幸せを思い出してください

    ユーザーID:8472628212

  • 結論から言うと・・

    考えても仕方ない事のような気がします。秘訣と言っても夫婦それぞれのライフスタイルも性格も全く違うので、主さんカップルが上手く行く秘訣を自ら構築する以外は無いんですよね。

    例えば、欧米人との国際結婚なんかはスキンシップは多いですよ。常にパートナーの身体に触れ合って過ごすぐらいに・・。それでも離婚は多いですからね。なので一概には言えません。

    また公私ともに仲良し夫婦と言われて、自負して来た人が突然配偶者の不倫発覚!なんて事もよく聞く話ですしね。また子供が出来てからガラッと生活が変わり、子供中心になるあまり夫婦関係が冷めて行くというのもよくある話です。挙げたらきりがないぐらい色んなパターンがそれぞれのカップルにありますよ。

    結局はそういう浮き沈みを上手く乗り越えて行けるかどうかですよ。上手く行ってる時は誰しも余裕もあるし相手にも寛大ですが、必ずそうではない時が来るのでね。また子供が出来、家族になれば男女の関係はどんどん薄れて行きますからそこはポイントでしょうね。外に目が向く瞬間ですね。

    一つ一つ経験して行くしかないと思います。

    ユーザーID:1595384861

  • はあ?結局なんなの?

    結婚前に夢を出来るだけ沢山みたいわけ?
    結婚して長くラブラブでいる秘訣・・・だなんて聞いてる時点で違和感を感じますが。

    ところかまわずスキンシップばっかりしてる夫婦なんてそう居ませんし、居るなら学生・恋愛気分が抜けない幼稚な夫婦なんだな〜と思いますね。

    普通は落ち着くものですよ。背負う責任も増えますし何があろうと助け合って生きていかなければなりません。
    大きなお世話でしょうが、二年付き合っただけで結婚も心配です。
    “私たちはこんなに凄いんです!”“大企業に勤めていて安定してて凄いんです!”とひけらかして、一体何に向けて必死アピールしてるんだろうと思うのですが。なんだろう、この違和感。

    人生何があるかわかりません。貴女が望んでいない結末を迎える事だってあります。まだしても無い夢の結婚生活をラブラブにする秘訣を他人に聞くよりも、先ずは謙虚さ柔軟性を身に付けた大人の女性になる事をオススメ致します!

    ユーザーID:4198184165

  • 相性と価値観、人生観

    米国在住、国際結婚、30代で結婚して、今50代ですがずっとラブラブでいます。

    子供はいません。
    外を歩くときは手をつなぐか腕を組んでいますが人前ではべたべたはしません。

    家ではべたべたしています。
    行ってらっしゃいのハグ&キスは毎日で、
    それ以外でも I love you とかお互いを褒めあうことはしょっちゅうです。

    テレビを見ているときは、ソファに横たわりながら、私の足のマッサージをしてくれています。 

    寝る前は私が夫の足のマッサージをしています。
    愛に満たされた、甘い関係だと思います。

    自分自身が望んだ理想の結婚生活を送り続けていられることに感謝しています。

    実の両親は不仲でした。
    実父がDV気質があり、両親がはでな喧嘩をしてるの小さい頃から見ながら育ちました。

    私が9歳の時に二人は離婚して、その後、それぞれ再婚し、最初は父のもとに引き取られましたが、数年後に実父が亡くなったので、その後は、実母のもとにひきとられました。

    継父は非常にやさしくおだやかで誠実な人でしたが、実母はドライな性格のようで、ラブラブというようには見えなかったです。

    続く

    ユーザーID:2875758752

  • 相性と価値観、人生観 2

    理想の結婚生活は両親からは見いだせなかったけれど、仲の良い叔父、叔母夫妻とか、他のおしどり老夫婦と接した時にイメージが出来上がりました。

    オーストラリアに滞在していた時に、クリスマスパーティに参加したのですが、いろんな音楽でみんなが踊ったりした後、50年代のロマンチックなの音楽が流れてきて、老夫婦たちがみんなそれぞれダンスをし始めました。 

    とてもロマンティックですごく印象的でした。みんな人生のいろんな経験をしてきてそれでも固い絆にむずばれていて
    深く愛し合っているように感じました。

    当時26歳でしたが、いつか私もそんな結婚生活ができたらいいなと思ったものです。

    夫とは価値観、人生観と物の好みも同じのことが多いのでぶつかることがないです。

    30代での結婚でしたので、それまでにいろんな人とお付き合いしてきましたが、いろんな恋愛をして、たくさんのことを学んだ後だったので、自分がどんな人が合うのかがわかってから結婚したので、それもうまくいっている原因の一つだと思います。

    いくら好きでも相性や価値観が合わないと一緒に暮らしていくのは難しいですからね。

    ユーザーID:2875758752

  • 子どもが分岐点でしょうね。

    お子さんが生まれたときに一度は変わるでしょうね。
    というのは、これは生物の本能でして、母親は子どもをが生まれると、絶対に子ども第一になるんです。
    当然ですよね。赤ちゃんはお母さんが献身的に尽くしてくれないと、死んじゃいますから。
    なので、その時点で「夫は二位」に成り下がってしまいます。

    この時期をうまく乗り越えられるかが重要だと思います。主には夫側が努力しなければならないと思います。
    というのは、母親は胎内で子どもを育ててる間に母親の意識も高まり、命をかけて産むことでそれが決定的になるのですが、夫はそういった経緯なくいきなりぽんと生まれてきて「あなたの子」と言われるので、意識の変革が妻に追いつかないのです。

    妻が子ども第一になり、夫を「ダーリン」ではなく「育児仲間」とみなしているのに、夫は「なんで俺が一番じゃないの?仕事があるのに育児なんてムリ」となっていると、ここで解離が生まれ、夫婦によっては埋まらない溝になります。

    産後クライシスの本でも読んで、あらかじめ準備しておくといいでしょう。知人夫婦にはちらほらこのせいで夫が「動きの鈍いATM」に成り下がった例があります・・

    ユーザーID:1134820936

  • 連投ごめんなさい

    書き切れなかったので・・・。
    >そういうご家庭で育ったという方、両親のスキンシップが多くて仲がいいこと

    私自身はないですが友人にいます。
    その子が高校生の時点で、見るほうが恥ずかしくなるほど、ベタベタラブラブだったようです。

    結論から言うと、本人は嫌だったようです。恥ずかしいとかじゃなくて、両親が仲が良すぎると、子どもは孤独になります。
    前のレスで書きましたが、本来子どもがいたら「子ども第一」になるべきところを、なってくれないわけですから。
    なので、家庭でいつも一人疎外感を味わっていたようで、いちゃつく両親を横目に、黙々と家事をやっていたそうです。一人っ子だったので余計にかもしれません。

    その家庭環境が関係しているのかわかりませんが、真面目な子なのに遠慮がちでちょっと内気な性格になり、10も20も年上の男性にばかり興味を示すようになって、なんか最後の方は相当な年上男性とちょっと不倫??みたいなことになっていたような・・・。

    お子さんの前ではベタベタは自重したほうがいいかもしれません。

    ユーザーID:1134820936

  • 仲良し夫婦ですか

    長い生活の中では喜怒哀楽満載です
    協調も妥協もある生活だと思います
    お互いを優しい目で見られることも大事かな
    たまにはお互いそっぽを向くこともありますよ
    それでもそれぞれを大事に思うから長く共に生きていけるのです
    嵐の日々もあるでしょう
    猛吹雪で視界ゼロの日もあるでしょう
    それらの原因を考え軌道修正しながら生きていくのです

    空気のような存在になることはないです
    私がいるからあなたがいる あなたがいるから私がいる
    お互いに心の底に持っているのです
    お互いに思いやれる心がある限り夫婦は夫婦として成り立っていくと思います
    家族がどんなに増えてもその根底には夫婦があると思います
    60過ぎてもお互いに寄り添って生きていますよ
    抱き合うしキスもするし過ぎた日々と変わらぬ夫婦の姿です
    性欲は若かりし頃よりなくなりましたがいつもくっついて寝ていますし
    若い時の愛より今の愛のほうが深いです
    トピに書いた言葉を忘れず二人の歴史を重ねて行ってください
    ラブラブなどと言う言葉がおかしくなる時が来ます
    出会った時の気持ちが年を経るにしたがってより深くなりますように

    ユーザーID:8472628212

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧