2泊3日、京都一人旅。

レス19
(トピ主1
お気に入り54

旅行・国内外の地域情報

もも

今月末頃、2泊3日の予定で京都一人旅を計画しているアラサー女性です。

学生時代に住んでいたこともあり、清水寺や金閣寺・銀閣寺・嵐山などの有名どころは何度か行っています。
となると、京都に行こうと決めたものの、今更ですがどこに行こうかと悩んでいます。
漠然とですが、とりあえずは行ったことがない伏見稲荷大社は候補に入れています。
貴船・鞍馬方面ももう1度行ってみたいかなぁとか、哲学の道が好きなのでまた行ってしまおうか、など考えがまとまりません...。

1日目はだいたい昼頃京都に到着予定で、帰りは午前中の便で帰る予定です。
宿泊先は四条のホテルです。

そこで、皆さんのおすすめの観光スポットやお店(ランチやディナー、スイーツなど)があれば是非教えて下さい。
漠然とした質問で申し訳ないですが、よろしくお願いします。

ユーザーID:7288499471

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 京都は本当にすごいですね

    学生時代に住んでらっしゃったならネットで検索されればと思います。
    神社仏閣の好みは人それぞれですから。
    伏見稲荷大社なら同じ沿線ですぐそばの宇治平等院にも行かれれば。
    当方、昔から妙心寺、龍安寺が好きでした。
    最近行ったところでは平安神社、北野天満宮もあらためて良かったです。
    京都から叡山ケーブル、叡山ロープウェイで比叡山延暦寺に上り、延暦寺から
    ケーブルで坂本へ出て石山寺(あるいはその逆ルート)などもいいかと思います。
    食事はどこも素晴らしくもないが不満もないという感じでした。
    この時期は比較的すいてていいと思います。

    ユーザーID:3444956809

  • 京都府在住の者です

    伏見稲荷へ行かれるならいっそのこと伏見をもっとゆっくり巡ってみては?
    伏見稲荷から京阪電車で10分ほどの伏見桃山で降りれば、坂本龍馬の定宿・寺田屋、月桂冠などの有名な酒蔵の立ち並ぶ道、十石船など落ち着いた風情を堪能できます。そんなに観光客が多くないのでのんびりできますよ。

    宇治もおすすめです。私は宇治が大好きでたまにひとりで行きますが、宇治川のゆったりとした流れを見つつ、世界遺産の神社仏閣、抹茶を使ったスイーツなどを楽しみます。

    良いご旅行になりますように!

    ユーザーID:5433132317

  • 特別拝観

    冬の京都、どこに行くか決めていないならば、特別拝観できる場所に行くことをお薦めします。
    HPで「冬の京都 特別拝観」で検索すると出てきます。

    楽しんできてくださいね。

    ユーザーID:9806271399

  • わらじ屋

     ウナギ料理専門の店です。
     ウナギと言っても、かば焼きではなく、メインはウナギの雑炊ですが、これが絶品です。
     ウナギ料理ばかりのコースしかなく、昼も夜も同じメニューで以前は五千円位でしたが、今はもう少し高いかもしれません。 
     三十三間堂の近くで、古い民家風の雰囲気のある店です。
     最近、京都に行く機会がなく足が遠のいていますが、以前は京都に行くと必ず寄っていました。

    ユーザーID:0096795441

  • 京都レストランウインタースペシャル

    2月の京都ということなので
    「京都レストランウインタースペシャル2016」
    お勧めです webサイトもありますが
    公式ガイドブック(free)を取り寄せてみて下さい

    普段敷居の高いお店も
    特別メニュー・明朗価格で気楽に楽しめます
    冬は京野菜が一層おいしい季節です

    学生時代に過ごされたとのことでしたら
    主要な観光地は網羅されていることでしょう
    京都国立博物館の新館や 
    最近リニューアルしたばかりの岡崎のロームシアター京都
    四条烏丸・烏丸御池界隈も当時とずいぶん変わっているのではないかしら

    冬の京都 満喫してください 
    楽しい旅になることをお祈りしてます

    ユーザーID:7276934388

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 京都らしくないかもだけど

    烏丸押小路を西にずっと行くと、ANAホテルに行く2筋
    手前の右側に NAKAMURA GENERAL STOREがあります。
    今日もスコーンかっちゃいました。

    もともとハワイでスコーンを焼いてらっしゃた方が、
    京都でオープンされたお店です。
    アメリカの味そのままって感じで美味しいです。
    手作り感満載なので。

    その近くにFLIP UPもあるので、パンを買われてもいいかも。
    京都はパン屋さんの数が日本一だそうです。

    京野菜を満喫されたいのであれば、仏光寺東洞院角 賀茂に
    行かれてもいいかも。京野菜のバイキングが楽しめます。

    京料理は沢山のお店があるので、ご予算が分かるとご紹介
    しやすいです。

    ユーザーID:4105749095

  • 思いつくもの

    哲学の道がお好きなら椿で有名な霊鑑寺はどうですか。
    2月末だと早咲きのものが見られるかも。
    昨年の春、朝一にタクシーで行き門が開くのを待って入ったのですが人が少なくて正解でした。

    他には、四条からは離れるけど太秦広隆寺と蚕ノ社(かいこのやしろ)コース。
    広隆寺と蚕ノ社は、実はユダヤ人が原始キリスト教を伝えるために作ったという説があります。ネットで検索してみてください。
    いわゆるひとつのトンデモ学説というやつですが、そういう目で見るのも面白いかもしれません。
    それと、広隆寺の近くに「天山の湯」という日帰り温泉施設(天然温泉)があります。
    あまりに寒ければそこで温まるのもいいと思います。

    楽しんできてくださいね。

    ユーザーID:4906791737

  • 古(いにしえ)の恋めぐり (イ)

    京都中心部の名所旧跡は、もういろいろと観光されたのですね。四条河原町に宿泊なら、周囲が賑やかで、夜はそぞろ歩きや観光・買い物を楽しめます。ならば、昼間は、ゆるりと南の方で「古(いにしえ)の恋物語めぐり」〜なんていう趣向はいかがですか。歴女の方なら、また別の見方もできますが。(1)寺田屋【龍馬とお竜さんの恋物語・縁結び】(2)「恋塚寺」【衝撃的な悲恋物語】(3)「宇治の源氏物語ミュージアム」【様々な愛。浮舟の葛藤と自立】(4)「勝竜寺」【細川ガラシャ夫人の幸せな新婚時代】。その他、今回は、所要時間の関係でルートに入っていませんが、京田辺市の「一休寺」は「一休禅師(一休さん)」が、森女(しんじょ)という瞽女(ごぜ)との【晩年の運命的な恋】が成就して、一緒に住んだ場所です。

    <1日目>伏見散策

    お昼頃に京都駅に到着したら
    京都駅のキャリーサービスで荷物をホテルに送り〜
    京都駅構内から近鉄京都線で〜約10分〜桃山御陵前駅下車〜歩いて巡る〜

    ≪伏見観光≫(古来の酒造り・豊臣秀吉の伏見城の城下町・鳥羽伏見の戦いの地・京都の玄関・水運と水郷の町)

    ユーザーID:3524262121

  • 古(いにしえ)の恋めぐり (ロ)

    (鳥羽伏見の戦いに興味があれば〜御香宮神社〜奉行所跡〜魚三楼〜)大手筋商店街(たこ焼き・お食事処などあり)〜龍馬通り(茶店・カフェなどあり)〜「寺田屋」(1)龍馬とお竜さんの恋物語・縁結び】〜鳥せい本店(焼き鳥・食事)〜伏見夢百衆(カフェ&お土産)〜月桂冠大倉記念館で酒蔵見学と「月桂冠酒香房」見学(予約)。「きき酒」&缶酒プレゼント?〜微妙にほろ酔い?で。

    (注:月桂冠大倉記念館のすぐ横から十石船で、柳の水郷巡りがあるが、2月は運休期間?)
    (「キザクラカッパカントリー」にも、黄桜酒造記念館の見学&きき酒&お食事処&スイーツなどあり。)

    その後は〜(A)か(B)の選択で。(B)も観光するなら、上に書いた観光は、ポイントだけを効率的に。

    (A)歩いて5分の京阪本線の「中書島」駅乗車〜京阪本線で祇園四条に帰る。

    (B)時間があればその後、タクシーで、途中の(2)「恋塚寺」【衝撃的な悲恋物語】にちょっと立ち寄り参拝して(小さなお寺。前の道が狭いのでタクシーは少し手前で待機)。そのままタクシーで城南宮へ行く(直行で約10分弱?恋塚寺に参拝入れて約15分?で城南宮着)。

    ユーザーID:3524262121

  • 古(いにしえ)の恋めぐり (ハ)

    城南宮の有名な梅の花鑑賞(「しだれ梅と椿まつり」開催中2/18〜3/21・期間中は定時に「梅が枝神楽」の演奏と舞あり。平日は午前10時。土・日・祝日は午前10時と午後3時 )。しだれ梅のある「源氏物語花の庭」は午後4時までの受付。その後は〜バス(orタクシー)で、京阪本線の竹田駅乗車に行き祇園四条駅で下車か、または城南宮からバスで京都駅八条口へ。

    城南宮は、白河上皇や鳥羽上皇が院政を行った「城南離宮」(鳥羽離宮)の地にある。一寸法師の話の由来もあり。しだれ梅のあるエリアの「源氏物語花の庭」入場の受付は夕方4時までだが、それ以外の境内には、夕4時以降でも、入って参拝できる。

    夜は、寺町や新京極や先斗町など、河原町周辺散策など?

    四条河原町泊?

    ユーザーID:3524262121

  • 古(いにしえ)の恋めぐり (ニ)

    <2日目>
    ≪A案≫宇治散策(桜時期なら特に美景)

    四条河原町泊(と仮定して)〜

    京阪本線の祇園四条駅乗車〜中書島で乗り換え〜京阪宇治線〜宇治駅下車

    〜(宇治橋ふもとに甘味処あり)徒歩で宇治橋渡る〜紫式部像〜歩き〜参道の茶老舗や茶カフェ・茶スイーツ。〜世界遺産・平等院(鳳凰堂)〜宇治川沿いの道散策(食事処やカフェあり)〜橋をいくつか渡り中洲を歩き〜宇治川を横切る(橋のたもとに光源氏と浮き舟の像&「光源氏」椿が綺麗。)〜世界遺産・宇治上神社〜(3)【源氏物語ミュージアム】(中にカフェ)〜徒歩で約8分。京阪宇治駅へ。(近くの〜放生院の多色の椿が綺麗&宇治橋ふもとの甘味処・食事処)。

    京阪宇治線の宇治駅乗車〜中書島で乗り換え〜京阪本線〜祇園四条へ。

    四条河原町泊?

    ≪B案≫石清水八幡宮と周辺散策。(このエリアは桂川・宇治川・木津川が合流して淀川になる地点。背割堤あり。桜時期なら特に美景。)

    ユーザーID:3524262121

  • 古(いにしえ)の恋めぐり (ホ)

    京阪本線の祇園四条駅乗車〜八幡市駅下車

    〜石清水八幡宮参拝
    男山ケーブルまたは、一ノ鳥居から歩いて上がるのもなかなか良い。標高143mの男山の山頂にあ一ノ鳥居からる。一ノ鳥居から歩いて頂上まで約30〜40分?(枕草子に出てくる「高良神社」もあり)石清水八幡宮がある山頂に歩いて上がる途中に茶店あり。食事や甘味処。(私は、行きは一ノ鳥居から歩きで途中の茶店で一服。帰りは男山ケーブル〜が好み)。頂上すぐ下横の広場の土産屋兼茶店で、名物の走井餅(はしりいもち)と抹茶あり。また興味あれば、山のふもとの外周辺に飛行神社や、松花堂庭園(&松花堂弁当)。ここは松花堂弁当発祥の地。

    石清水八幡宮参拝後、ケーブル(か歩き)で男山を下りて、タクシーでアサヒビール大山崎山荘に上がる。または、JR山崎駅前にパン屋あり。その駅前周辺に食事処いろいろあり。また、JR山崎駅や阪急京都線の大山崎駅前から、アサヒビール山荘美術館へのシャトルバスもある。20分毎。〜アサヒビール大山崎山荘&美術館を見る。(休館日確認を。)

    ユーザーID:3524262121

  • 古(いにしえ)の恋めぐり (ヘ)

    アサヒビール大山崎山荘美術館の2階バルコニーにテラスカフェあり。(『20周年特別謝恩企画』三國荘展会期中限定、リーガロイヤルホテルによるケーキ・スイーツあり。〜3/13まで。)シャトルバスで阪急京都線の大山崎駅から乗車〜河原町下車。

    または、アサヒビール大山崎山荘&美術館観光後、時間があれば、阪急京都線の大山崎駅から長岡天神駅で下車〜長岡天満宮観光(霧島ツツジの時期は特に見事。食事処の錦水亭あり。長岡京市の観光アプリあり。タケノコの名産地)。

    その後〜歩きかタクシーで(4)【勝竜寺】へ【細川ガラシャ夫人が新婚で住み、幸せに過ごしたお城】。(2月は午後5時まで。定休日は火曜。)

    帰りは、巡り方によって

    〜阪急京都線の長岡天神駅から乗車〜河原町下車。
    または
    JR長岡京駅から乗車〜京都駅へ。

    四条河原町泊?
    荷物は京都駅のキャリーサービスに送っておくか、自宅へ配送。

    <3日目>
    京阪本線の祇園四条駅乗車〜〜京阪本線「伏見稲荷」下車〜伏見稲荷参拝〜時間が余ればタクシーで「東寺」へ(河津桜と梅?毎月21日は弘法市)〜東寺参拝〜(タクシーでもすぐ)〜京都駅へ。

    ユーザーID:3524262121

  • 古(いにしえ)の恋めぐり (ト)

    <追記>一休寺へは〜

    京阪本線「祇園四条」駅乗車〜「丹波橋」で近鉄京都線に乗り換え〜新田辺駅下車
    京都駅から乗る場合は、京都駅構内の近鉄京都線乗り場から乗車〜新田辺駅下車。〜

    新田辺駅からタクシーで5分〜「(酬恩庵)一休寺」へ。(徒歩なら約25分)。方丈の庭の廊下に座り庭を眺め、借景の山の木々が風に揺れる音をゆったりと聞き、大阪の豪商や茶道の大家や文化人も出入りした当時に浸る。

    拝観後、方丈の建物の内か、または駐車場入り口にある茶店(お土産も売っている)で一休善哉(ぜんざい)を味わい、禅師が作る有名な一休寺納豆を購入。一休さんグッズも。

    一休さんは大徳寺の管長になってからも、ここから輿で通い、晩年はここで、相思相愛の森女さんと暮らした。

    大きな規模のお寺ではないが趣があり、観光地化していないので、穏やかな自然の中でゆったりと静かに過去に思いを馳せることができる。桜・新緑・紅葉・冬〜季節ごとにそれぞれ良い。

    ユーザーID:3524262121

  • おすすめ

    私も京都大好きで、何十回も行ってます★
    私のおすすめは、

    祇園白川の小森→甘味屋
    高台寺の落匠→わらび餅
    源光庵→お寺
    大覚寺→あぶり餅

    などです。食べ物ばかりですみません。
    知っているかもしれませんが、ぜひ行ってみて下さい。

    ユーザーID:5159701927

  • ありがとうございます!!

    トピ主のももです。
    個別ではなくまとめてのお礼になりますが、いろいろな案をいただきありがとうございます。
    今回は、伏見・宇治のあたりを中心に行ってみようかと思います。
    周辺でひとりでも行きやすいお店があれば、引き続き情報をお願いします。

    京野菜には興味があるので、いろいろ調べてみたいと思います。
    パンも大好きです!おすすめのパン屋さんがあればぜひ教えていただきたいです。

    ユーザーID:7288499471

  • おいしいパン屋さん

    京都一人旅とても素敵ですね。
    私も京都大好きで、京都に住んでいます。

    伏見・宇治方面に行かれるなら、宇治市にある、たま木亭というパン屋さんがオススメです。

    食べログでも京都パン屋で一位です。

    私も何度も行っていますが大好きなパン屋さんです。
    私が好きなのはベーコンがゴロゴロ入っているジャガイモのパンです。
    どれを食べても本当においしいので、ぜひぜひ行ってみてください!


    また他のかたもおっしゃっておられますが、冬の旅で特別公開されているところにいくのも楽しいと思います。解説してくださる方がスタンバイしているので、ガイド付きで楽しめます。
    東福寺も特別公開していますので、よければぜひ。

    ユーザーID:0978942786

  • 伏見&宇治 1

    伏見の食事処は電車の駅近くに魚三楼(うおさぶろう:鳥羽伏見の戦いの銃撃戦による弾痕がお店の外格子にもあり有名)、また桃山御陵前駅から大手筋商店街を歩くと、京菓子老舗店や甘味処・食事処もいろいろ。また通りから左に曲がり、龍馬通り商店街に入ると、茶店やカフェ・懐かしいパン屋さんなど。周辺に鳥せい本店(焼き鳥など)など。
    なお、恋塚寺に近い国道1号線沿いには、ラーメン屋・レストラン・回転寿司・和食など、いろいろな食べ物屋さんがあります。

    宇治では、平等院の表参道に甘味処やカフェ・喫茶店、茶そば屋さんなどがあり、また宇治川の平等院側の土手を上流(東)に向かって歩く道(=あじろぎの道)沿いに、数軒、料亭や食事処がある。一番奥の「喜撰茶屋」は、団体予約がある時には、一般客には食事部門は営業していない時も。また宇治川の対面(北側)に数軒の甘味処や茶そば・十割そば屋さんなど。

    宇治は有名な茶処。有名なお茶の老舗(スイーツも)本店あり。店内で飲食できるお店。「中村藤吉本店」は【JR宇治駅前】。「伊藤久右衛門本店」は【京阪宇治駅】から【北】に歩いて約10分。(どちらのお店も平等院前店は商品販売のみ)

    ユーザーID:3524262121

  • 伏見&宇治 2


    JR宇治駅前にレンタサイクルあり。(レンタサイクルするなら京都駅からJRでJR宇治駅へ。)返却はその店へ。宇治川の中の橋を渡り継いで、中州から赤い朝霧橋を北岸に渡る場合に、橋に上がる階段が急で高いので、女性の力では自転車を上げられないかも。逆の北側からなら上がるかも?なお、平等院あたりから源氏物語ミュージアムあたりくらいまでの宇治川周辺エリアなら、アラサーの方なら、充分歩いて回れる距離だとは思いますが、足と時間と相談で。レンタサイクルするのなら予約しておくのがいいかも。立ち止まって川音聞いたり(【暖かい日なら】、お弁当と小さなシート持って)土手や中州で座り込んで食べたりも楽しい。春になれば、そのエリア(宇治橋上流)の約2000本の桜が迎えてくれて、満開の時期は凄い美しさです。桜の名所。

    さて、先のレスの訂正が2つあります。
    浮き舟(誤)→浮舟(正)
    十石船(誤)→十石舟(正)です。
    よろしくお願いします。

    源氏物語の「宇治十帖」の部分を読んでから来られると、宇治のこのエリア(宇治橋上流)を何倍も楽しめます。ここは、まさに「宇治十帖」の舞台ですから。

    ユーザーID:3524262121

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧