男性から発信するトピ

定年された方、定年を迎える方にお伺いしたいことがあります。

レス26
お気に入り59

ロン

男性発

45歳男性会社員です。定年された方、定年を迎える方にお伺いしたいことがあります。

人生に悔いはありませんでしたか?それともありましたか?

若いうちにやっておきたかったこととか、それともこうしておけばよかったとか。
あの時ああしておいてよかったとか。

教えてください。

生き方に迷っています。このままでいいのかと・・・。
でも収入は必要ですから。生きるって難しいなと思っています。

ユーザーID:0786273127

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数26

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あなたの迷いはどこから来るのか?

    定年後に多くの人が後悔することは自分の人生です。自分の生き方が定まらないという惨めさです。そこには自分というものが無いのです。現役時代から自分を見失っていたことに気づいて、定年後に愕然とするのです。自分の拠り所が見当たらないのです。

    それは「我々はどこから来たのか、我々が何者なのか、我々はどこに向かうのか」というタイトルの、ゴーギャンの絵があります。まさしくその絵に表せるような心境で、定年後に自分自身を喪失してしまう人が後を絶ちません。

    自分を見失えば自分が見たり聞いたりしたものに振り回され、それを頼みにすると刺激を追い求めるだけとなり、最後は行き詰まって退屈します。刺激が無ければ、何となく一日が終わったとか、一年が過ぎたとかいうことが、自分の中で問題になるのでしょう。生きていても、このことを一つを目指して生きて来たというような確かな道を歩いている実感が持てないのです。

    あなたが見失っているのは、確かな道です。これは定年前であろうが定年後であろうが関係ありません。それを見失えば、虚しさを感じるのです。その道を導いてくれる先輩に出会い、迷いを吹っ切る道が見つけていくしかないでしょう。

    ユーザーID:5901808049

  • 悔いはありません

    50代男です。
    役員昇格は断りましたので、この3月末で役職定年を迎えます。

    父が80代ですが、100まで生きると言っていて、体も頭も手先も鍛えています。
    私は父の年齢を超えて生きたいので、まだ人生の折り返し点まできたところですね。
    それより10歳近く若いトピ主様はまだまだ若造ですよ。
    生き方に迷うなんて若い証拠です。
    (私は高校生の時に悩み、出した答えは人の笑顔を見るために生きるで 今も変わりません)

    今までの生き方に悔いはありません。
    思った通りにいかなかったことはたくさんあります。
    座右の銘は鷹山の”為せば成る”です。
    うまくいかなかったのは自分の努力が足りなかったせいなので、次は頑張って笑顔になってもらおうと思って生きてきました。

    子供達も成人し、次男も間もなく大学を卒業します。
    子供達と一緒にできることを楽しんできましたが、これからは妻や友人と楽しんで生きていきます。

    役職定年で20%程度減額となり、年収は1400万弱になるでしょう。
    生きていくために金は必要ですから、必要とされて働ける場があれば働いていきます。

    ユーザーID:3087956368

  • うーん、まだまだ発展途上

    わかりません。ただ、言える事は、現役時代のような、体力・知力全て持続しません。僅かながら働いてます。働くて、社会参加の為ですし、まだまだ、借金の返済中です。教育ローン勿論、息子二人の。良かった事て…余り?ないような。

    ユーザーID:9182741768

  • 悔いなんて誰だってあるでしょう

    人生は1度きり、主さんの思うように生きてください。

    ユーザーID:9710518143

  • あるといえばあるし、ないといえばないです

    愚かな過ちを犯したこと、何人かの人に迷惑をかけたことは一生忘れ難い
    悔いですが、仕事に関しては自分なりに全力を尽くした思いがあり、その点
    では、というよりその点のみが誇りです。
    元々が気弱で野心など抱くタイプでもなく、同じ条件、環境ならもう一度
    生まれ変わっても同じことかとも思ってます。
    トピ主さん、本気で迷ってらっしゃるならその迷いに向き合うのが正しいでしょう。
    無論収入は必要なので仕事をこなした上で、です。
    親が資産家であるとか、宝くじにでも当たれば別ですが。
    誠実に向き合えば生きるって難しいと思いますが、特に必然性もなく生まれてきた
    だけと割り切れば気楽になれますし、実際眉間に皺寄せず、淡々と生きてゆくの
    もありかと思います。

    ユーザーID:9624024156

  • 定年退職に備えて 計画してきました

    私は60歳で定年退職した身です。 努力してきたので悠々自適な日々を過ごしています。

    >人生に悔いはありませんでしたか?
    仕事に関して、悔いはありません。
    日本中で、行かなかった都市はない。と言えるほど全国出張しました。
    仕事仲間、仕事関係の取引先など、登録してある電話番号は800近い。
    今でも「東京に来たので会いませんか」と電話がかかってきます。嬉しい。

    >あの時ああしておいてよかったとか。
    貯蓄してました。
    定年退職の1年前に現金で注文住宅を建てました(31年めの改築です)
    もう一軒、もっと大きな新築を買える貯蓄があります。
    お酒とギャンブルをしないで、貯蓄していた。
    年金受給は、退職金の年金払、公的年金、個人年金の合計なので、使い切れない。
    若い時から計画してた通りの生活です。私の勝ち。

    >生きるって難しいなと思っています
    自分の目標を定めてないからです。
    だれにでも言えることですが、子供を独立するまで育て、孫の顔を見るのが人生です。
    孫が成人するまで見届けたら、人生に悔いなしです。

    ユーザーID:9499387791

  • 籠の鳥が今更籠から出されても

    あなたより少し上ですが、私はレールの人ではないので特にありません。
    大卒知人は40後半に退職金もらって早退、その後非正規転々、大手の工場に派遣なのに正規と嘘を、知人らは知ってるけど、かわいそうなので突っ込まない。

    辞めないで済むなら体とも相談ですが、続けたほうがいいと思う。
    籠の外は恐竜だらけです。

    先日、同窓会でリストラの人も数名いました。彼らにすれば会社の看板=自分の人生の看板=社会で通用するとまだ思っているのに驚きました。
    主も含め、私達は若い頃まあまあ良い時代で入社し、ずっとその会社に勤め、将来は役員まではと夢見たものでした。それがたった20年足らずでコロッと変わり、リストラ、出向、減給、非正規が半分という時代に。という事は大看板なんて20年も持たなかったという事。自分を律するために大看板を妄信しているに過ぎず所詮幻影、幻影でも毎回食事が出るならそれに越した事は無いのです。

    ユーザーID:4003117573

  • 定年になったら

    アレコレやります
    って言ってた人の多くが
    実際に定年になって聞いてみたら
    ほとんどの人がやっていなかった

    一例では、小さな会社作って
    利益は小さくてもなんかやりたいとか
    言ってた人。まるで何もやってなかった

    自分ももうじき定年だが
    そもそも60歳くらいになってくると
    気力が減って、いろんなことが面倒に
    なってくることがわかった
    つまり、できることなら何もしない
    という方向になるのである
    ところが40歳くらいのときは
    定年後時間がたくさんとれるので
    アレコレやりたいし、やれると考えてしまう
    実際には、さきほど書いたように
    ほとんどの人が言ってたことをやっていなかった
    なので準備して何か購入しても
    廃棄か売却するようになるので
    準備や定年後のことは考えるのはおやめなさい
    定年後の生活設計の経済的なことは
    考えるというより40歳前後からは
    準備しておく必要はあります

    ユーザーID:7104119683

  • 妻ですが、いいですか?

    夫は現在50代です。

    夫は、今、数年ぶりに忙しく…今回のレスは、夫がお世話になった方の話になります。先ごろ、再雇用制度の任期も切れ、退職なさいました。夫にはメールで退職の挨拶があったのですが、夫は「メールで返信するのは失礼だと思うから手紙を書きたい。手助けしてほしい」と言われました。
    私たち夫婦は社内結婚で、結婚当初、夫はその方の部下で赴任中、私は本社にいました。ところが、夫が鬱になり、夫の上司であるその方と私が面談することがあり、面識があります。
    下書きをしたため、夫の了解を得て、代筆であることを明らかにした上で手紙を投かんしました。

    数日後、お返事をいただきました。夫がその方の元でやり遂げたプロジェクトの一つ一つに関わる思い出話と夫に対する当時と変わらぬ優しい気持ちにあふれたお手紙でした。

    当時から15年以上経ちましたが、夫はその方ともうお一人、心に残る上司がいます。もう一人の方は私の上司でもありました。大きな背中がいつでもあるように思って…もう立場的には背中を見せるほうです。いい上司に恵まれました。かないませんけれど、目標のようです。

    ユーザーID:0371634069

  • 定年が人生の最後ではありません。

    夫は中学、私は高校の教諭を数年前に定年退職しました。

    現在はそれぞれ週に3日ほど非常勤講師で働いております。

    この40年間、思い出すのも辛いことが多くありました。

    3人の子供を育てながら、何度仕事を辞めようと思ったことでしょう。

    でも今、頑張ってよかったなと思うことが2つあるんです。

    1つは、子供たちが皆、良き配偶者に恵まれて可愛い孫達と会えること。

    そしてもう1つは、一生懸命働いたおかげで、夫とふたりでいろんな所へ旅行したり、趣味や習い事をする金銭的な余裕があること。

    60年余り生きてきて、今が一番楽しい。私たち夫婦はそう思っていますよ。

    ユーザーID:0070985886

  • 若い頃は夢中で過ごしました

    大学教員及び研究者として講義の傍ら朝から晩まで研究室にこもり研究を続けました。

    実験をする→結果をまとめる→特許を申請→論文を書く→学会で発表するというサイクルを繰り返していました。専門書も出版し良く売れ印税も入りました。

    個人的には良い家族にも恵まれ上出来の楽しい人生で悔いはありません。

    定年後は家を建て替え、今は悠々自適の生活です。

    ユーザーID:1784498998

  • 悔いのない生き方を

    悔いのない生き方をして下さい。

    我慢ばかりの人生では後悔します。仕事はしっかりやるとして、プライベートは好きなように生きるのがいいです。好きなようにと言っても、財産無くす程遊べと言ってる訳じゃありません。たまには息抜きも必要という事です。家庭を壊さなければいいんです。
    残り少ない人生、仕事だけではつまんないし、女房の言いなりでは後悔しますよ。適度に息抜きは誰にでも必要です。

    ユーザーID:3961865469

  • もはやすべて決した

     今までの人生に悔いはあるか?悔いはあるがもはやすべて決した。

    考えても無益である。将来への参考にすべきである。それは知恵というべきもの。

     過去と他人は変えられないが自分と未来は変えられる。

     収入を得る仕事はそこそこの熱意をもって邁進する。もはや迷いはなかった。

     家族もいたし転職できるほどの才覚もなし。ただし教養と品格は高めておく。
     
     そうすれば退職後も人格的素養から軸がぶれないですむ。

     年金生活でもはや冒険はできないが心の平安を保ちながら生きていくことができる。
     

     



     

    ユーザーID:0608119115

  • 時の流れの速さに…

     本当に、あっという間の67年です。
    人生の悔いは、この時の速さを理解して
    いなかったこと、速さに付いて行けなか
    ったことでしょうか。

     それゆえに、若いことの素晴らしさ、
    可能性などに気づかなかった、あるいは、
    蔑ろにしていた事かもしれません。

     どんなことをするにしても、多分、
    年齢に制限はないとは思います。
    しかし、若いころの感動、例えば、読書
    や音楽、目上の人から受けた教訓など、
    今の自分とは、かなり違ったものなるに
    だろうと、しみじみ思います。

     時々、自分より若い方々に話すときが
    あります。「俺より若いのだから、
    自信を持ちナ!」

    ユーザーID:0496518430

  • 過去より先を見て進む

    私はありません。もう仕事=趣味ですし、自分の社会活動を支え導いてくれるものなので仕事はやれるまでします。
    50代で退職した友達も収入は低いけど頑張って働いてますよ。

    女性は社会と上手に繋がりますが、男は仕事が無くなったら寂しいもので、なかなか遊びができない、スポーツジムで仲良くなっても昔の会社の功績話や子供の自慢話で競い合い、戦う習性が染み付いてプライドが邪魔して遊びに専念できないのでしょう。だから一人で貸農地で野菜作りして、それも結局は妻の為。妻がいないとどうなるんでしょう。
    私は趣味があるのですが、残りの人生はどんどん人と関わり仕事もしながら自分をアピールしていきたいと思っています。
    無常の風さんが言われているように、過去を振り返って考えるより、何か目的や目標もってみてはどうですか。
    どうせ寿命なんて限られてるんですからできるだけ好きな事しないと。
    そう言いながらもあなは十分やれる事はやって来ておられるはずです。自信を持ってください。

    ユーザーID:7736478056

  • 妻の立場からの意見ですが…

    夫が6年後に定年になります(役員にはなれませんから)。
    50歳を目前にした再婚同士で夫婦になりました。夫はずっと営業の仕事をしていましたが、朝晩、土曜日曜も関係なくお客様から電話がかかってきて、出張範囲も国内でかなり広いようでした。体は完全なメタボ。精神的にもかなりしんどかったようなので、結婚してから「部署換えを希望するか、いったん仕事辞めても良いよ」と提案してみました。だって定年する頃に健康でなくては何もできないから。幸い私も仕事があり、夫に経済的には全く依存していません。
    今は部署替えに成功、弁当男子になったおかげで若い頃のすっきりした体型に戻り、スポーツや資格試験のための勉強と、毎日忙しい様子。それもこれも定年を迎えた後の準備のようです。
    定年するのが分かっていて、時間が限られているのですから、有効に使いましょう。
    夫は言っています、「何故もっと早く準備を始めなかったのだろうか。時間は限られているのに」と。
    いつまでも社会から必要とされていたいというのが夫の希望です。仕事でも人間としても。
    時々お尻を叩いているのは私ですけどね。

    ユーザーID:4536614872

  • それぞれ

    介護職をしています。

    仕事の対象の方は殆どが定年退職をされています(笑)

    どんな生き方かはおひとりお一人違っています。
    ただ、私たちが接する方たちは老後に援助が必要な方ばかりですので偏った意見かもしれませんが…

    殆どの皆さん表面的には自身のそれまでの生き方には後悔をされていません。
    内面的な事は分かりませんが。
    他人から見た目など所詮他人の物差しで測っているだけですから。

    大きく二つに分かれて老後の生き方を変えているのが、無くした事を数えているか残っている事数えているかです。

    体力・気力、一つ一つ無くなっていきます。
    それをどう捉えるかが残りの生き方を変えているようです。

    ユーザーID:7490572420

  • 楽しい思い出

    学生時代はけっこう楽しんだので悔いどころかいつも良い思い出が人生の後押しをしてくれそれが成功に繋がったと思います。
    若い時に楽しい思い出がないと人生の中で取り戻そうとしますが若いときにしか味わえない感動は味わう事はできません。
    若いときに遊んでいるとダメだなんていいますが、遊んでいたのが社長やってる事が多く、遊ばず勉強して帰宅してたのはまあまあの地味なサラリーマンで終わってます。主も悔いがあるなら今のうちです。

    ユーザーID:2530508703

  • まだまだ現役の夫

    夫は50才で商社を早期退職しました。
    そのまま勤めていたらあと数ヶ月で定年。

    勤めていた頃のことを思えば、必死でしたね。
    生意気な男だったせいで、不便な国ばかりに飛ばされてました。
    防弾ガラスの入った車が社有車だったり、社宅がアサルトライフルを持った警備員に守られてる要塞だった国もありました。
    女の私には過酷過ぎる環境。

    そして無い無い無い。何にも無い国。
    これが一番まいりましたね。
    夫は、無いなら売ってやる・・・と思ったけど本社は却下。
    会社辞めてその地に自分の会社を立ち上げました。

    商社にいれば、ガードマンや安全な住居を確保してくれるけど、辞めたら全部自分で身を守らなきゃいけない。
    さすがに私は帰国しましたね。

    今はそこそこ儲かっています。
    私も年に1度くらいはあの忌まわしい国に行きます。(嫌いじゃないんです)
    夫の元同僚は貧困ビジネスとか言って馬鹿にしているようですが、何も手に入らない国で、必要なものを届け続ける夫は生粋の商社マンなのだと思います。

    年に30日も会えないのは正直寂しいですが、夫がまだまだ現役だと思うと誇らしいです。

    ユーザーID:6425198106

  • 働くのは、人間の本能です。

    定年を迎え、5年になる暇親父です。

    定年後、妻と旅行したり、妻と一緒にグルメを楽しんだりして来ましたが
    正直言って、飽きます。

    最近は、どんな仕事でも良い、働きたいと言う欲望に満ち溢れています。

    働くと、いう事は、やはり、人間の本能なんですね。

    トピ主さんも私の境遇に、なれば、痛いほど分かると思います。

    ユーザーID:4400491002

  • 悔いがあるから人間なんだ

    全く悔いはないという人間はミュータントみたいで気味が悪い。誰しも大なり小なり悔いがあるのが人間ではないだろうか。

    ボクシングの世界チャンプも一発も打たれずに勝つ事はできない。
    野球の3割打者も失敗の方が7割だ。

    トピには、生き方に迷っています、とあるがそれが人間なんだよ。ただ人が年を取るのは本当に速い。45はたった15年で60歳になる。

    今から新しいことを始めるのは遅いと思う。守りの人生は誰からの評価も得られないが、実はディフェンシブな戦い方は一番手堅い。

    ユーザーID:7449355002

  • 人生悔いあり。

    夫ですが、50歳ちょい過ぎに、この仕事を続けたら仕事に殺される、と言い始めたので、収入より安全性を取りました。もちろん収入激減!ですが、家のローンは返済済みだったため、今では、夫は、好きなバイト「これが鍵デス、何事も好きなことなら文句なし」しながら、細々と贅沢を抑えて生活しています。

    ユーザーID:4655755150

  • 人生これから

    ロンさま
    まだ45歳という若さでいらっしゃる。
    定年まぎわとか定年経験者とはずいぶん年代も違います。
    人生が、あるいは生きていくのが難しいのは、まあいわばあたりまえのことかと存じます。
    私 関西の隠居ものは通常の定年年齢(60)をとっくに突破しておりますが
    私の45歳ごろはあとで振り返ると、サラリーマン人生で最も頑張っていたころかとおもわれます。
    同僚に抜かされる、転勤話がある、子供が難しい年代に来ている、よめさんの機嫌が悪いなどきりがないくらいいろいろあるでしょう。
    しかし定年期になったらなったで、人によりますが、相変わらず悩みの種はつきまとってくれます。
    今が一番という強い気持ちで、困難な今を乗り切ってくださいね。

    ユーザーID:7036785507

  • 迷わず働いてください

    50歳の時、職場の講習で
    これからの手当とボーナスはすべて貯蓄してください
    年金だけでは絶対生活できません
    と言われました。
    その通りにしたわけではありませんが貯めることは大事と思いました。

    定年からしばらく経ちましたが、悔いと言えば40代で体を壊したことですね。
    やっと定年を迎え社会や人とのかかわりをもたないと決めていましたから
    今は精神的に楽です。

    足で、チャリで、バイクで、車で走り回っています。

    主さまへのアドバイスは、健康に最後まで務めあげることですね。
    そこから思うように生きればいいです。

    ユーザーID:5124439597

  • サラリーマンなら悔いが残るのは当然

    サラリーマンは雇用されている人なので長く続ければ、誰だって40過ぎたら仕事もさらに辛くなり本当の自分らしい生き方とは何かと立ち止まる、50過ぎたらいよいよ本格的なリストラとの戦いで中には辞める人もたくさんいます。
    私の旧友Aは給与はいいけどかなりつらい仕事、世間からもあまり賞賛されない仕事を続け40半ばで辞め、同系統の収入のよい転職はあっても二度とその職種はしないと決め収入は低くても転職を繰り返しながらも頑張って働いています。彼は今はいい顔しています。

    ユーザーID:4209130604

  • 離婚しました

    トピ主さんのリクエストとは若干異なるかもしれませんが、定年退職後4年して、妻からの申し出により離婚しました。原因は「性格の不一致」

    財産分与、年金分割をして、経済的にはかなり苦しくなりましたが、子供は独立し
    両親も他界していましたので、自分だけならなんとかなりそうです。

    これまでの人生にも、離婚したことについても悔いはありません。

    これから先は、「責任」から解放されて、気楽に自分の好きなことをして過ごせるのがうれしいです。

    トピ主さんが、定年後に離婚の恐れがあり、それを避けたいなら、今からその対策を考えておくことが必要でしょう。

    トピ主さんが定年後に離婚を考えておられる場合も、同様に準備が必要です。

    ユーザーID:0258372810

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧