• ホーム
  • 話題
  • 保険(老後・学資)についてアドバイスお願いします。

保険(老後・学資)についてアドバイスお願いします。

レス3
(トピ主0
お気に入り9

生活・身近な話題

opaque

保険をかけすぎなのでは・・??という心配をしています。
ご助言ください。
乳幼児2人のいる40歳夫婦です。

3年前に、夫の年金保険(生命保険にもなる)月3万円かけ始めました。
月3万円は多いかなあと最近思うので保険料を減らすか、解約して株などの投資に回した方がいいかな、と考え始めています。
しかし、60歳までに解約すると解約返戻金が少ないので、迷っています。

また、4年前に、妻が個人年金を月3万円かけ始めました。
これも毎月3万は掛けすぎかなあと、最近は2万円に減らそうかなと思っています。

この二つに加えて、子どもの学資保険にも1人分入っています。
もう一人分も入ろうか迷っているのですが、保険にお金を掛けすぎ?という気がしています。

最近は特に経済が不安定です。銀行に預けるのも利益はないですが、保険会社にお金を払い続けて、本当に大丈夫か?他に投資などして増やした方がいいのではないか? 夫婦で将来のための保険を毎月6万って多すぎないか??と悩んでいます。

子どもは小中高を公立を考えています。大学は行くなら私立でも良いと思っています。妻も正社員で定年まで働く予定です。家のローンは先月払い終わりました。

ちなみに、夫の会社は退職金が出ません。だから平均月収は一般サラリーマンよりは少しだけ高くなっています。私たちは退職金が出ないことを心配して、老後のための保険を高くしています。


みなさんは、老後資金ってどれくらいどのようにためているのでしょうか。
私たちの保険料はだいぶん高めでしょうか。
ご教示ください。

ユーザーID:4002798245

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 詳しく書けばアドバイスがつくかも?

    基本的に
    医療保険:貯蓄がないときに病気に備えるもの
    生命保険:被保険者が死んだ時に残された人が必要となる額を計算して加入する、必要ないなら要らない
    年金保険:単純に利回りの問題、手数料が高いので注意
    60歳以降の為に株に投資:ニーサや確定拠出年金の利用しないのはもったいない
    というのが私の考えです。

    一番楽なのはFPにライフプランニングも含めて相談すること。
    但しFPさんもどこに所属する人かによって言うことが変わるので注意。保険のみなおし無料などとうたうところは保険が要らないとは口が裂けてもいわない。
    とりあえず日経電子版で保険のコラムでも読んだらいかが。


    ・保険不要論を読んで"保険には普通はいるものだ"という考えをイチから壊す
    ・頭がまっさらになったところで自分には保険が必要かどうかをかんがえる
    ・必要なものに加入
    このプロセスを踏んで加入してください。案外日本の年金制度は大黒柱が死んだ場合は遺族に対しての保証が厚いです。むしろ大黒柱とその配偶者も平均寿命まで生き、更にどちらかが一人で長生きする場合に家計が厳しくなる気がします。

    ユーザーID:7947019196

  • できれば学資をもう一本増やす

    こんばんは、同年代の保険のおばちゃんです。

    個人年金保険、学資保険は両方とも保険と名が付きますが貯蓄です。

    老後資金に30代後半から3万円ずつの個人年金だけでは足りません。
    毎年誕生日月に送られてくる年金定期便をじっくり見て現在どれくらい年金がもらえるのか確認してみてください

    私は個人年金を30代後半に月2万円をはじめて、40歳から月3万円はじめました。でも総額1000万円にはいきません

    それ以外に65歳の時に3000万円用意できるように株式、債券、投資信託で運用もしています。私の場合は独身なので住む家+3000万円+個人年金で老後にそなえてます

    学資保険はどの保険会社でも集客のために赤字覚悟の利率で販売しています。なのでお子様が国立自宅通学になるとしても家の貯金として使えるのでめいいっぱいお買いになることをおすすめします。

    最後に個人年金保険は生命保険控除の対象になりますので、銀行に積立をするより、所得税が控除されますのでお得だと思います

    ユーザーID:7761236421

  • バランス

    貯蓄型保険は、預貯金でも代用できるし、
    絶対、いるものではないのですが、
    メリットはあるので、
    預貯金とのバランスと価値観しだいです。

    うちは、私も旦那も終身保険に入ってます。
    旦那の終身保険、死亡時1000万 65歳払い済みですが、
    これは、残り9年になった時に、前納したので、
    支払いはありません。
    私の終身保険、死亡時500万、60歳払い済みですが、
    途中、8年分前納して、残り4年分ほどです。
    これらと別に一時払い終身保険が旦那500万、
    私が300万あります。
    生命保険は、受取人の固有財産なんで、
    受取人が単独で手続きできて、遺産分割しなくてもいいので、
    多く残したい人に、多く残す手段で、相続税の非課税枠もあるし、
    相続放棄したら、故人の預貯金は失われますが、
    生命保険は唯一、残りますので、
    終身保険は、相続、遺産分割対策ですが、
    解約返戻金があるので、解約金>払い込み保険料総額に
    なった段階で、解約して、老後資金に使うことも可能です。
    この目的の場合、時間があるので、
    貯金してから、全期前納、一時払いなど、最初に一括で
    払うのもアリです。

    ユーザーID:2615338762

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧