娘さんをくださいはもう古いの?

レス60
(トピ主0
お気に入り83

恋愛・結婚・離婚

さやか

はじめまして、よろしくお願いします!
あの、結婚する時に男性が女性の家に結婚の挨拶に来て、
お父さんに向かって言う、「娘さんを僕にください!」は言わないんですか?

現代は共働き当たり前で介護は実子でと言う風潮で、
一昔前の、嫁入りするからとか嫁に行ったからと言う理由で、
旦那さんに尽くしたり、義母の言いなりになったりする時代ではなく、
単に結婚して相手の名字になっただけで、そっちの人間になった
訳ではなく、互いが独立して新しい所帯を持つに過ぎないですよね?

なので、最近は結婚の挨拶に来たら、「これからは二人をよろしくお願いします!」と言うそうです。。。皆さんは何と言って挨拶に来てほしいですか?
何と言う言葉だと、しっくりきますか?

よろしくお願いします。

ユーザーID:3862124446

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数60

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「〇〇さんと結婚したいです」

    「〇〇さんと新しい家庭を築きたいです」

    くらいですかねえ、、。

    ユーザーID:9417247915

  • ものじゃない

    子どもは、ものじゃないです。
    親の庇護下にあっても1人の独立した人格であり、親の持ち物じゃない。
    「ください」は有り得ない。
    と、55歳の私ですが、思います。

    ユーザーID:1152701652

  • 結婚させてください

    結婚させてくださいか
    結婚を許してください
    でしょうか。

    いくら結婚は二人の意思とはいえ、やっぱり形の上でも親の許可を求めてほしいかな。
    いきなり結婚します!や二人をよろしくお願いします!と言われると、
    誰がいいって言ったんだと思ってしまうかも。

    それ以前に頻繁に会っていて、いつ結婚するんだろうと皆が思ってる状態であれば
    よろしくお願いしますでもいいかも。

    娘さんをくださいは無いですね。自分が彼女の立場でも親の立場でも。

    ユーザーID:6640939666

  • 結婚して33年になりました

    最近の挨拶は知りませんが、夫が私の父に挨拶に来た時は、
    「お嬢さんとの結婚を許可して下さい。」でした。
    物じゃないんだから「僕に下さい。」はだめだろうという考えです。
    おかげさまで夫と私は対等の立場で結婚生活を続けています。

    ユーザーID:6580477491

  • 娘さんと結婚させてください、じゃないの?

    二人をよろしくお願いします?
    変だと思います。
    それは、結婚式とかで親族代表の人が言う言葉では?

    男性が女性の父親に言う言葉は「娘さんと結婚させてください!」だと思うんですが…

    ユーザーID:5873800248

  • 下さいなんて昔から言ってないけど・・・

    もう20年前になりますけど、私の周りでは「お嬢さんを下さい」と言った奴は聞かないなぁ〜

    言葉は違えど、結婚の同意を取りにご挨拶に行く感じでしたね。
    確か青年誌にそんなことが書いてあったような(うろ覚え)

    「お嬢さんを下さい」
    「やらん」
    鍵を娘の親に握らせしまうから、親としては反対しやすい。
    だから面倒。

    「二人で話し合って結婚することにしましたんでヨロシク」
    「お、おう」
    娘の同意が前面に出てるから、もう決めたことだから報告でーすって感じ。
    あくまで鍵はこちらが握っているから反対しにくい。

    そんなセリフは昭和の都市伝説だと思ってました。
    平成の世でそんな事言ってる人っているのかな〜?

    ユーザーID:8384187838

  • 柳行李一つで来てください

    この言葉に相手を思いやる気持ちを感じます。
    娘さんをください、幸せにします。
    苦労はさせません。大事にします。
    この言葉が続けばいいと思います。
    これからは二人を宜しくお願いします。
    いいでしょう。二人をとことん使いましょう。

    今でも、柳行李一つで来てください。
    プロポーズの言葉として嬉しいです。
    実家に経済的負担をかけない思いやりのある言葉。
    花嫁支度の心配はいらないです。
    優しさでしょう。

    ユーザーID:1478207305

  • 20年前ですが

    夫は一人子。

    我が家に来て、行った言葉は
    【お嬢さんと結婚させてください】でしたね。


    下さいは無いんじゃないかと。
    犬猫じゃあるまいし。


    これからは二人をお願いしますも 違和感あり。

    やっぱり育ててくれた両親に対して敬意は払って欲しいですから
    結婚を許可してください系のほうがしっくりくるかな。

    私も同様に 相手の家でそのようなことをお願いしました。

    ユーザーID:1153735092

  • お嬢さんと結婚させてください。

    で良くない?

    ユーザーID:1425475157

  • 私の夫は

    「娘さんを必ず幸せにします」

    と言ってました。
    娘さんをください、とは言いませんでしたね。

    私は『物』ではないですから、『下さい』と言われるのはやっぱり違和感がありますね。

    ユーザーID:1255595254

  • 古いわけでは・・

    ・・古いわけではないですけど、やはり、結局はその男性(婿)の性格がものを言うのではないですか?

    そういうことをすんなり、言える人と言えない人がいると思います。ですから、その辺は、女性側が許容すればそれでいいと思いますが・・

    家の旦那も、娘の婿さんもそれは言えない人でした。けど、だからって結婚生活に一切、支障をきたしていません。

    ユーザーID:7151211040

  • むしろ

    女性に対する彼ママチェックが厳しいみたい。
    女性側の「息子さんと結婚させてください。」もあるのでは?
    彼の親に駄目出しされて結婚を諦めた話も聞きます。

    ユーザーID:4869331773

  • 息子さんと結婚させてください

    「お嬢さんをください」なんて言われたら「うちの娘は物じゃない」って言っちゃいそうだなあ。
    ちなみに私は50代ですが、夫はうちの親に「○○さん(私の名)と結婚させてください」でした。私は夫に連れられて向こうの家に行き「○○さんと結婚します」と紹介されました。

    うちは現在男の子しかいませんが、結婚相手の女性が「息子さんと結婚させてください」って挨拶に来たらちょっと感動してしまうかもしれない。もちろん息子も向こうに行って「お嬢さんと結婚させてください」と言うんですが。

    ユーザーID:4366141398

  • えっ古いの!?

    今月結婚した娘がいますが、昨年彼が挨拶にきました。普通に「娘さんをください。必ず幸せにします」と言われて、こちらからは「ふつつかな娘ですが、よろしくお願いいたします」と言いました。
    お嫁にやったという感じはないですね。本人も嫁いだという実感はないと言っていました。我が家の方が二人の新居に近くて、バレンタインデーも父親にチョコを渡しに帰ってきたし。
    でも年末年始は彼のご実家で過ごしました。(結婚前だけど、ご親族にお披露目)

    ユーザーID:6095644565

  • 20年前だけど

    今回籍を入れようと思います
    よろしくお願いします
    くらいだったと思います

    ユーザーID:6565736436

  • つい最近ありました。

    娘が結婚しようとしているお相手と会いました。何度か会っていて、そのときも自宅ではなく、他の場所で会ったのですが、そういうご挨拶がありました。
    確かに『娘さんをください』ではなくて、『○○さんと結婚したいと思います』みたいな感じでしたね。『よろしくお願いします』というのもなかったような…。
    でも彼氏さんがとっても緊張していて、真面目にきちんと娘とのことを考えていることが伝わってきたので、実際の言葉とか挨拶とかいうのは全然気になりませんでした。やはり必要なのは雰囲気や態度から見える誠実さではないでしょうか。

    ユーザーID:9253756803

  • 下さいは確かに古い

    人はモノではないですからね。あげたりもらったりするものではないです。
    二人をよろしくお願いします、がやはりしっくりきます。

    ユーザーID:1350654465

  • 普通

    トピに書かれてる状態なんで結婚します って報告だけで良いんじゃ無いでしょうか?

    相手の両親なんてどうでもいいのに挨拶だけはしてほしいって…なに?

    ユーザーID:1545109043

  • これからも2人をよろしく

    「これからも2人をよろしくお願いします」がいいです。私には娘がいますが、「娘さんをください」は嫌です。あげるつもりは毛頭ないです。昔は女性の地位がないに等しかったから、「ください」なんて言えたんですよ。冗談じゃない。娘は物じゃありません。「ください」なんて言われたら、私は「あんた何様?」と娘の相手に言いますよ。ひどいです。
    昔とは女性の意識が違うから、そんな事を言われたら憤慨する娘と母親がいる筈です。昔の意識を捨てないとダメです。男性も昔に比べたら、意識が変わってきてると思います。それでいいと思います。

    ユーザーID:1813442726

  • 27年前でも言わない

    娘さんをください、こんな挨拶を夫がしたら、結婚しません。

    自分の親もあげるとか、そういう感覚を持っていたら縁を切るか、その存在を自分の中で抹殺した。

    それから、幸せにします、も嫌いな言葉なので、夫は言いませんでした。

    自分の幸せは、自分でなしえるもの。

    夫の挨拶は、娘さんと結婚させていただきます。
    僕は、確実に幸せになります。

    親は、わかりました、これから二人で頑張ってください、でした。

    ユーザーID:8532616009

  • 「2人をよろしく」でいいんじゃないですか?

    トピ主さんご自身、書いている通りで、女性が夫親に挨拶するにも三つ指ついて「ふつつかですが今後は◯◯様に代わってご両親にお仕えさせていただきます」なんてやって家来みたいになることは現代ではまず見ませんからね。同じことです。

    女性が物や動物なら「ください」でもいいでしょうが。それだと教育や雇用や選挙権を与えたのが間違いになる、なんだったんだ?となります。
    女性も人間なら権利と責任のある一人前にならないと全部おかしくなる。責任をとらない人が権利だけ主張したらどうなりますか?

    ドラマやCMで「お嬢さんをください」的な場面がよくありますが、女性差別には過敏な世論やマスコミが男性の人権は無視しているからでしょう。もっというと、意図的に差別を黙認したり助長している。クレームの電話をかけない女性たちも口先だけの平等をいってぬるま湯にでも浸かっているんでしょう。
    いずれも、誰も本気で人権なんか考えちゃいないからでしょうね。

    都合のいい平等と都合のいい差別をツギハギして平然としている女性が多いのには驚きます。
    一方で男性が人権や平等を主張したら「男のくせに」とバッシングを受ける。一種の恐怖政治です。

    ユーザーID:4637218817

  • 次は十数年後?

    トピ主さん初めまして。45歳の既婚男性です。

    妻の実家に結婚の申し込みに行ったのはもうかれこれ十数年前ですが、『娘さんをください』なんて言いませんでしたよ。
    “ください”って物じゃないんだから。

    私の場合は『これこれこうやって1年間○○さんと付き合ってきましたが、このたびは2人で結婚の意志を固めたのでご挨拶に参りました。どうか○○さんとの結婚を認めて下さい』というような意味のことを、つっかえつっかえ口にしたように思います。
    いやー懐かしいな。思えばあれがそもそも間違いの元……あ、いやいや。それはこちらの話ですね。失礼。

    次にそういう場に立ち会うとしたら、今度は3人いる子供たち、とくに娘二人の結婚話が出たときでしょうね。
    長女がこの春ようやく中学生なので、まあまだまだ先の話ですが。

    >何と言って挨拶に来てほしいですか?

    というのは考えたこともないですが、とにかく誠実に、二人で幸せになりたいと心から願ってくれていれば、それで充分だと思います。
    そういうのはきっと相手の顔をしっかり見ていれば、ちゃんと伝わることなのだろうな、とも。

    ユーザーID:7581231395

  • 結婚の許しを貰うための挨拶ですよね?

    『お嬢さんと結婚させて下さい』ではないでしょうか…


    >最近は結婚の挨拶に来たら、「これからは二人をよろしくお願いします!」と言うそうです。。

    これは、結婚の許しを得てからでは?
    許してもないのにこんなこと言われたら、、、快く許すつもりでも許せなくなりそうです。
    まぁ、二十歳を超えたら許しは要らないと思ってるなら、それ相応の対応の仕方になるでしょうね。

    ユーザーID:9821733009

  • かなり昔から

    15年〜20年くらい前には、すでにドラマの中の様式美みたいなもんだったような。

    当時のマナー本なんかでも
    事前に話を通しておいて、当日は「○○さんとの結婚を許していただけますか」が基本だったと記憶しています。

    ユーザーID:0808357472

  • やらねえよ!!

    うちには娘はおりませんが(笑)

    「娘さんをください!」なんて言われたら、その時点でカチンと来ますね。
    「結婚させてください!」でいいのでは?

    ユーザーID:0163724418

  • 別に

    「娘さんを下さい。幸せにします」とか「結婚の許しをください」とかで良い。
    「二人をよろしくお願いします」は事後報告?
    「二人の事は二人で決めたので反論は無しで」と言われたようで逆に違和感。

    現代はとか風潮がこうだからって通し方はやめた方が良い。
    人間関係、特に狭いコミュニティ(家族や恋人や少数の友人など)ではその中でのルールや価値観が共有されてれば別に世間からずれててもいいわけで。

    嫁に行った訳じゃないという風潮も、そこの表現にこだわらない人は何もいわず、こだわる人が「こんな表現今時じゃない」と声上げるので目立つだけ。
    別にいちいち定義しなくても嫁扱いでこき使うような義親や夫ばかりでは無いし、苗字変わったんだからそっちの人間て認識で別に構わないし、別に旦那にも家の親の色々に手伝ってもらう事もあるよってバランスの夫婦はいるので。
    結局は夫婦間なり親子間でコミュ障害に陥ってる人があ〜だこ〜だ言ってるだけなので、自分達が違うならこだわる必要ないですよ。
    意図が伝われば。
    そこは実子が親子の対話で調査すれば良い。
    親が「嫁に出す」表現にこだわるなら避ければ良いだけ。

    ユーザーID:0051444924

  • 僕にください

    ちょっと笑えるよね。
    ドラマじゃないし、娘は商品でもないから「僕にください」は無いよね。

    「○○さんと結婚させて下さい」と頭を下げるのでは。
    先ずは相手両親の承諾が先だと思うよ。
    それから、あなたの言う「これからは二人を宜しくお願いします」じゃないの?
    そんないきなり「これからは二人を・・・」と言われても親としては驚く?いや馬鹿じゃないのこの男?挨拶も知らないのかと思いますけどね(苦笑)
    流行りに拘らず常識のある挨拶が良いと思うよ。

    ユーザーID:6326914322

  • 「娘はモノじゃない」

     亡父は常々こう言ってました。「もし、『娘さんを下さい』なんて言われたら、『俺の娘はモノじゃねえ。出直してこい』って言って追い返す」と。だから、彼氏(現夫)がうちに挨拶に来る際には「絶対に『娘さんを下さい』だけは言わないでね。」と釘を差しました。
     
     実際父は、そのたぐいの言葉を聞きたくなかったと見え、仕事の話や世間話を延々と続け、彼にそれらしき言葉を言う余地を与えませんでした。最後に「君たちは若いのだから、最初から贅沢しないで、二人で協力し合って地道にやりなさい」みたいな言葉で締めて会談(?)を終えました。

     彼は「お父さんは君のことがかわいいんだね。娘の彼氏から決定的な言葉を聞きたくなかったんだろう。でも、僕のことは認めてくれたのは伝わったよ」と笑っていました。

     かれこれ30年ほど昔の話です。

    ユーザーID:8118335449

  • 親世代ですが

    遠方で暮らす子供たちは30歳前後で、まさにいつ結婚してもおかしくありません。
    私はそんな子らを持つシングルの母親ですが。

    「お嬢さんをボクに下さい」と言われたら「はい、どうぞ」というかな。
    娘はもう小娘じゃない。これはちょっと古いけど定形の挨拶文としか思いません。
    ただ、次回娘と会ったとき、娘と爆笑する予感がする。

    「お嬢さんと結婚させて下さい」にも当然「はい、どうぞ」ですね。

    結婚挨拶に「これからは二人をよろしくお願いします!」はおかしいかな。
    肝心な言葉が抜けている。

    「僕達は結婚したいと思っています。許して頂けますか」「はい、どうぞ」
    「これからは二人をよろしくお願いします!」
    こんな感じかな。

    ユーザーID:3475356491

  • 古いっていうか

    「娘さんを僕にください」→嫁、婚家に入ること

    になりませんかね。それなのに「介護は実子だ」「私は義家に嫁に来たわけじゃない、息子の奥さんになっただけ」っておかしいものね。

    まず第一に「ください」ってなんだ?と。親のものでもないし別に結婚したからって男の持ち物になるわけじゃない。親と彼の持ち物のやり取りみたいでね。

    夫は夫の家にお嫁に来ました。家業を継ぐ長男の嫁ですから義実家に入った感じかな。なので夫は「お嬢様を僕のお嫁さんにいただけないでしょうか」とあいさつに行きました。父は「そんなの好きにしていいから」と夫の仕事に興味を持ち、夫の仕事の話しかしてませんでした(笑 父は学者 夫は職人さんなので畑違いすぎて面白かったみたいです)。

    ユーザーID:0231453517

レス求!トピ一覧