現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ボランティアでの音楽療法士の仕事

おばさん
2016年2月17日 17:21

50代半ばのひとり者です。

今の仕事は大学卒業以来ずっと働いており、年金、退職金は恐らく大丈夫です。マンションも買ってローンもありません。

退職後のことを考え始めていますが、音楽療法士の資格を取って、ボランティアで高齢者のホームを回りたいと密かに考えています。

音楽は中学生までのバイエルの少し先とエレクトーン6級程度で、ギターは弾けませんが、恐らく社会人ワクで音楽大学には入れそうです。

音楽療法に興味があるのは、ホームでは童謡ばかり歌わされているようですが、団塊の世代以上はグループサウンズやニューミュージックの方が馴染むのではないかと思うからです。

つまり「普通の」高齢者とオールデイズを歌うという、集団カラオケのイメージです。音楽療法士という公的資格?持ちでボランティアなら呼ばれないか と思うのですが、どうでしょうか?

音楽大学は学費が高いので、ただ行くだけで終わるなら後悔するので、よろしくお願いいたします。

ユーザーID:4954090613  


お気に入り登録数:34
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:17本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
ボランティアなら資格は必要ないですよ?
アマチュア演奏家
2016年2月17日 22:41

私は音大卒ではなく、アマチュア演奏家で、オーケストラで管楽器を演奏しています。
そしてボランティアで特養などの高齢者施設や、地域包括支援センターからのご依頼で仲間と一緒に演奏し、参加してくださるみなさんと一緒に歌ったりしています。
私も音楽療法士については調べましたが、トピ主さんが書かれているような活動内容は、ボランティアであれば、呼んでくださる施設はたくさんありますよ!?
音楽療法士の資格を取得したいためだけに、トピ主さんの年齢から音大に進むのは学費が無駄!だと思います。
ボランティアでの演奏活動をこれまでにしたことはありますか?実際に施設に行って施設スタッフの方とお話しになってみてはいかがでしょう。
演奏技術がまた足りないのであれば音大ではなく、近隣の音楽教室で必要な部分を学ぶ方が早いと思います。
ボランティア訪問演奏は、資格とか勢いこんでやるようなものでもないと思っています。

ユーザーID:4689132610
面白いじゃないですか
塵芥
2016年2月17日 22:48

民間の老人ホームではイベントを持ち込む個人・団体を歓迎してくれます。
決められた時間(例えば2時間一区切りとして)
キッチリ予定を入れてくれれば介護職員の息抜きにもなり、介護者・職員の両方から感謝されますよ。

時間枠の中ではみんなが知っているであろう曲を弾き語るより、参加型で歌って踊るイベントの方が喜ばれる。
これは童謡じゃなくても良いんですよ、
例えばコンサートなんかに行くと、歌手が敢えて振り付けの参加を観客に求めてトークするよね、
そういう乗りで大丈夫

面白おかしくするのならピンクレディがオススメだよ。
期間限定の復活コンサートに行った人なら知っているが、みんなが参加して盛りあがる手法が生かされている。
どういう形にするかは知らないけどトークのセンスは必須だよ。
これが無くてはみんな苦痛を味わうだけになる...

ユーザーID:9530908797
目的は何ですか?
バニラ
2016年2月17日 23:41

音大声楽専攻を卒業後、再度別の大学で音楽療法を学んだ者です。
トピ主さんの目的は何でしょうか?

音大で音楽療法を専攻して専門的に学びたいのか、
単にボランティアで集団カラオケを高齢者としたいのか、
その両方なのか、
その辺りが全くはっきりとわかりません。

先ず音大で学びたいのであればトピ主さんの技量では厳しいと思います。
社会人入試等は学校によって内容が違うのでわかりかねますが、
入学後の単位修得にバイエルレベルでは到底単位が取れません。
また実習に行けば童謡等の伴奏付けもします。
その場で「これが歌いたい」と決まれば、即弾くような事も求められます。
私は精神病院での音楽療法士を目指していましたが、
実習先は老人ホームという風に全く違うところに行く事もあるので、
割と何でも出来ないと厳しい専攻だと思いますよ。

またボランティアでの活動ですが、私は「つて」で在学中からしました。
要するに一切資格のない状態です。
大学の恩師や知人の紹介等で声をかけていただきました。

大学に行ったからと行って受け入れ先がある訳ではないですし、
逆につてがあれば無資格でも活動ができる場合もあります。

ユーザーID:8006139800
目的は何ですか?(続きです)
バニラ
2016年2月17日 23:52

闇雲に目的がはっきりしないまま大学に行くと、
先ず卒業するのが辛いだけじゃないかと思います。
トピ主さんは高校卒業後にどこかに進学されましたか?
もし大学等を卒業していれば、編入や単位認定で多少は余裕が生まれる可能性もありますが、
1年生から4年かけて基本的な部分の科目も学ばなければなりません。
入試が社会人入試であっても、学ぶ内容は全員一緒なので余計にです。
そういった事もよく考えて音大を受けるかどうか判断する事をお勧めします。

もしトピ主さんがボランティアをしたい、
ご自分の現在の力でやりたい事がやれそうと思うのであれば、
つてを頼ってどこかでボランティアを実行するか
売り込みに行くかされてはいかがでしょうか。
そして本気で辛くても専門的に学んでからボランティアをしたいのであれば
音大受験をされてはいかがでしょうか。

あくまで個人的な意見としては、
音大で学ぶのではなく、ボランティアとして活動する事だけをお勧めしたいです。

ユーザーID:8006139800
バイエル程度で?携帯からの書き込み
やれやれ
2016年2月18日 0:53

近所の病院に来ている音楽療法士の女性は、音楽大学のピアノ科卒。リクエストがあれば民謡からジャズ、クラシック、歌謡曲、アニメ主題歌、唱歌に童謡、何でもござれ。公開する日もあり、私もですが近所の人もふらっと立ち寄り聞いていたりします。とにかく美しく表情豊かな演奏です。

老人ホームの事務をしている友人によれば、ピアノを弾いて入所者を励ましたい、私ピアノが得意なんです、無職なのでいつでも何時間でも大丈夫です!と履歴書も紹介状もなくやって来る人が年に数人はいるそうです。聞けばバイエルまでが殆どで音大卒は皆無。きちんと質問していくうちに、家にピアノがないか、あっても騒音問題になる等で、ホームのピアノに目をつけたのだと簡単にわかるそうです。この時点で丁重にお断りし、それでもという人には一曲お願いすると、メロディーしか弾けないか、お稽古事のレベル。酷いケースだと、ピアノを習いたいが練習場所のない子どもの為に、自分がピアノを弾いた見返りに子どもにピアノを少し貸して欲しい、お年寄りも子どもがいれば喜ぶだろう、という母親もいるとか。

トピ主さんは大丈夫ですね?

ユーザーID:5379718730
うーん
まず現場を知ろう
2016年2月18日 22:07

>ホームでは童謡ばかり歌わされているようですが
それ、いつの時代のどこ情報ですか?
私が見学・勤務したことのある施設ではどこも唱歌、流行歌、民謡はじめ色々やってました。
対象に合わせて籠の鳥から氷川きよしまで幅広いですよ。
グループサウンズやニューミュージックよりもっと最近の歌がお好きな高齢者も沢山います。

「高齢者とオールデイズを歌う集団カラオケ」も
施設で(特にデイや老健では)日常的に行っているレクリェーションです。
私の経験したところではカラオケ的集団レクは介護職員が担当し
契約している音楽療法士は少人数を対象に会話を交えながら
回想法を取り入れたプログラムをすすめていました。

一般ボランティアの演奏会は時々ありますが
音楽療法士のボラさんは見たことありません。
そもそも音楽療法士ってボランティア程度のものなんですか?
資格職の専門性を安売りするのは同業者に対してもどうかと思いますよ。
言語聴覚士や作業療法士がボランティアなんかで働かないでしょう。
単なる集団カラオケ目的ならわざわざ認定校行って資格取らなくても
人は間に合ってますしせいぜい無資格ボラで充分では?

ユーザーID:8618361795
情報ありがとうございます
おばさん(トピ主)
2016年2月19日 9:28

耳の痛いことまで書いてくださって、どうもありがとうございました。さすが小町は読者が広くて助かります。ボランティアの経験はありませんが、老後の計画の一環です。

まずピアノ・・・耳コピで「普通」の歌の伴奏はできます・・・小学校の先生よりはマシ程度ですが。

なぜ音楽療法士に ということですが、近所のホームでは童謡ばかり聞こえてきて、いずれは自分もどこかのホームに入ることになると思いますが、童謡オンリーではきっと悲しくなると思うからです。自分が80になってもサザンやユーミンを歌いたい・聞きたいと思うからで、そう思っている方もいるのではと想像しています。

大学に通えば実習なども必須なので、資格と訓練とコネを探すという目的で大学を考えました。

バニラさんは専門家なのでどこのことを指しているかわかると思いますが、私が考えているのは音大の音楽療法士の受験資格が取れるところで、講義は理論が半分以上で、福祉系や医学・心理系科目は今の仕事とも少し関連があります。

音楽家として生計を立てる目的は全くないわけなので、いわばサークル指導のようなイメージです。

引き続きよろしくお願いいたします。

ユーザーID:4954090613
情報ありがとうございます
おばさん
2016年2月20日 17:44

無資格で厚かましく自分からの売り込みは相手にされないと考えたこそ、資格を考えました。ただ働きで職場を荒らす という考えにはびっくりしました。

では逆に資格を取ったとして(実際は、難しいだろうということがよくわかり、それだけでも有益な情報でした)働かせてくれ と言ったところで、経験なしの超高齢者に仕事がないのはどの資格でも同じだと思います。

これからもっと高齢化が進みホームは人手不足になるわけで、職員さんだけで充分リクリエーションの時間が足りているのでしょうか?

なお、音楽療法士は国家資格ではないので言語聴覚士などとは同列には扱えないのではと思います。

皆様のアドバイスからとりあえず音大の科目聴講生になって、コネを作ることから始めようと思います。

塵芥さんの書かれているような、民められた時間(例えば2時間一区切りとして)キッチリ予定を入れてくれれば介護職員の息抜きにもなり、介護者・職員の両方から感謝される・・・こういう日がくるのが理想です。

ユーザーID:0661504864
そもそも
2016年2月21日 1:00

音楽療法士のお仕事って歌のピアノ伴奏ではなくて
音楽を通して高齢者や障害者などの能力を高める広義の治療行為だと思っていたのですが、違うのですか?

ユーザーID:3121698721
特養の介護福祉士です
ケアマネ受験予定
2016年2月23日 0:06

 福祉・看護の学生実習、小学生の体験学習、趣味の講座、社会人サークルなどのショーや作業ボランティアなど、施設には結構外部からの訪問があり、入居者さんの気分転換や刺激になっています。ボランティア希望も内容などの審査はありますが、無資格や年齢を理由にお断りすることはありませんからそこはぜひ積極的にお願いします。まず傾聴ボランティアなどで顔なじみになるのもいいかもです。
 職員の息抜きにもなるというご意見がありましたが、実は大人数を集めるタイプのイベントは予定にあわせたトイレ誘導と車いす送迎に追われ、イベント場所と居室フロアに見守り職員を配置するため、出勤者を増員して通常より多忙になります(そのためにボランティア休出なども…)。決して迷惑ではありませんが、余り頻繁に受け入れられない事情はご理解下さい。ただ、職員も日常の関りを通して入居者さんのQOL向上のために取り組み、集団活動以外の個別の対応も大切にしています(勤務時間外もかなり使ってます…)。童謡ばかりというイメージはちょっと残念ですね。

ユーザーID:2954181044
まずは見学をしてみてはいかがですか
フィガロ
2016年2月23日 13:48

色々な老人ホームを見学する事をお勧めします。

同時にピアノのレベルを上げる事です。
耳コピもいいですが、初見で完璧に弾けたほうがいいのではと思います。
演奏のリクエストもあると思います。

娘二人が音大を卒業しました。
高校生の頃からピアノの先生に声をかけて頂き
演奏のボランティアに行っていましたが上手な子しか声をかけられません。
コネ作るのにも実力が必要なんです。
応援していますが、主さんのリサーチ不足と実力不足は否めません。

私は主さんと同年代です。
私も老後を考え、昨年新たな仕事に就きました。
趣味と実益を兼ねた仕事です。定年がありません。
日々勉強ではありますが、ありがとうといって頂ける仕事です。
同僚は72才。楽しく仕事をしています。
努力は裏切りません。
一緒に頑張りましょう。

ユーザーID:2870710341
音大出てたって
りりエンベルク
2016年2月23日 20:09

下手な演奏者もいるよ。腕さえよければいいんじゃないですか?

ユーザーID:7558599623
ありがとうございます
おばさん(トピ主)
2016年2月24日 18:56

色々ありがとうございます。

実際に施設で働いている方のお話、受け入れる方はどんなに大変かよく分かりました。きちんとお仕事をされている様子が思い浮かびます。未来の入居者ですが、お礼を申し上げます。

フィガロ様の、新たに始めた「趣味と実益を兼ねた仕事で、定年がなく、ありがとうといって頂ける仕事」とは想像がつきませんが、羨ましい限りです。

ユーザーID:4954090613
歓迎しますが、残念ながら職員の息抜きにはなりません…。
音楽療法受入れ経験有
2016年2月25日 2:24

以前働いていた老健でボランティア音楽療法士さんと学生さんの受け入れをしていました。音楽療法は、リハビリとして認められていませんのでレク扱いでした。他の方も書かれているようにボランティアの方がいらっしゃる時は、参加者のリハビリ、入浴、食事、トイレ・オムツ交換も前倒しで済ませ、バイタルをチェックして車いす等でホール等に移動します。車いすが足りない時は更に椅子に移乗してもらい、ピストン輸送で参加者を時間までに集めます。終了後も同様にドタバタです。

途中で具合が悪くなる方もいますので、慰問の方に参加者を完全にお任せする事はできません。お手伝いが必要(耳が遠い、麻痺があってできない等)な参加者が多いので相当数の職員が補助に入りますが、不参加の方のケアも同時進行です。慰問が好きな方ばかりではないので、舞台裏で人数集めの長い説得が必要な事も多いです。

入所者の年齢層って意外に幅が広いですよ。70〜90代の方が中心ですが親子程の開きがある方が一緒に生活している状態ですので、流行もの・懐メロって意外に難しいです。90代アイドル好きもいれば、60代でもテレビに全く興味がない方もいらっしゃいます。

ユーザーID:9447955989
音楽療法士にならなくても。
はな
2016年2月25日 18:06

音楽療法士にならなくても、高齢者さんの施設に直接行けば、受け入れてくれますよ。
ピアノは無いところがほとんどなので、自分で持ち込みですが大丈夫ですか?童謡はお嫌いのようですが、認知症を患ったお年の方は昔の記憶が鮮明です。特にこども時代に歌った歌を聴きたい、歌いたいと思うからこそ童謡は需要があるのです。美空ひばりさんですら、ピンと来ないのに、主さんが演奏したい曲はきっとどなたも知らないと思いますよ。一人舞台になってしまいますよ。

ユーザーID:1974996033
誤解
さて
2016年2月28日 2:21

「音楽療法」というものを根本から誤解されていると思うのですが。
トピ主さんが書かれているのは、介護施設でのイベントでしょう?「音楽療法」というのはまだまだ未研究分野なのですが簡単に書くと

【Aという症状の患者さんにはモーツァルトの交響曲40番の2楽章冒頭から50小節目から70小節目までを2週間聞いていただいて経過観察】

といったような処方をする学問のことで、一緒に歌って気晴らしをするとか懐かしい曲を聴いて記憶を活性化するとかそういうことではないです。(広義としては含まれるかもしれませんが)

なので幅広い音楽の知識とその音が精神に及ぼす影響について学び、研究をすることになりますし、また楽器の演奏が上手か下手かという問題ではありません。

トピ主さんがやりたいのは介護施設でのイベントボランティア、ということになりますね。資格も学歴も要りません。色々な施設に出かけていってご自分の企画を提示し理解していただけたら開催、評判がよければまた次も、とご自身で実績をつんでいくのみです。退職後といわず今すぐ週末だけでも始めたほうがいいと思いますよ。がんばってください。

ユーザーID:1177652878
さて様
フィガロ
2016年3月1日 11:17

さて様のおっしゃっている音楽療法は
受動的音楽療法だと思います。

トピ主さんが目指しているのは
能動的音楽療法。
高齢者には比較的こちらのほうが有効のようだと言われています。
この療法にはピアノや打楽器が用いられる事が多いです。

認知症のかたに春には桜の歌、秋には紅葉の歌などが脳を刺激し
忘れていた季節を思い出させてくれるそうです。
また回想療法では子供の頃に歌った歌を歌うそうです。

認知症の方が目をキラキラさせて童謡を歌っている姿には感動します。

ユーザーID:2870710341
 
現在位置は
です