子供に物の大切さを教えたい

レス20
(トピ主0
お気に入り33

妊娠・出産・育児

らなママ

4歳の息子がいます。
とても良い子です。
親だからそう思うとかではなく、ママ友、保育園の先生、用務員の方、たまたま公園で遊んだ子のお母さんなどなど…。
色々な方に、息子は優しくて良い子と言われ、感謝されます。
下の妹にも優しくて、一緒に遊び、ブロックなどを壊されても一切怒りません。
ですが、最近物の有り難みを分かっていないなと思う事が多いです。
我が家はパパが甘く、月に一回は必ずオモチャを買います。
小さいオモチャだと毎週末買います。
主人は実家がお金持ちで、欲しい物を買って貰えなかった事がないそうです。
だから自分も息子にそうしてあげたいと言っています。
私は普通の家庭で育ったので、主人の感覚が分かりません。
今日、ご飯もういらないと言いました。
好き嫌いのない息子なので、食べたくないと言うより、食後のデザートが早く食べたい〜という感じです。
世の中には食べたくても食べられない子は沢山いる!と教えてあげたいです。
一番早いのは、貧困な国の画像かと思ったのですが、4歳の子には刺激が強いでしょうか?
他は特に問題も起こさないので、その位我慢して甘やかすべきでしょうか?

ユーザーID:0808161018

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 怖いよ、主さん。

    「良い子」を強制してはいけません。
    まだ四歳です。
    食後のデザートが早く食べたいは、普通の事でしょう。
    それを
    >世の中には食べたくても食べられない子は沢山いる!
    なんて、大袈裟過ぎて失笑です。

    デザートを早く食べたい、その気持ちは共感して下さい。
    もし毎回そうなっだったら、食べ始める最初に「全部食べられた人からデザートね〜」と言えば良いでしょう。
    もしくは、最初から食事の量を減らすとか。

    それと、おもちゃの買い与えは、家庭それぞれですので何とも言えません。

    ユーザーID:0770992811

  • 賢い子にしたければ物を制限したほうがいい

    まずは旦那さんの説得でしょう。

    私は物をやみくもに与える行為は、子どもにとっては毒にしかならないと考えています。
    甘い物ばかり欲しがっても与え続ける?肥満や生活習病でも?
    さすがにそんな事はしませんよね。


    限りがある中で楽しむためには「工夫」が必要です。
    限定された遊びしかできないおもちゃより、家にある廃材で工作をしたほうが、脳の発達にはいいと思いませんか?
    いつか経営者になるのなら、どこに何を投資すべきか、どう人材を有効に使うか。
    手持ちの駒でいかに工夫して成功するかは、とても重要なスキルです。

    また相手を説得するスキルも、今の現状では磨かれなさそうですね。
    自分が欲しいお菓子やおもちゃを手に入れるために、どう親を説得するか考える事もしなくていいのですから。

    たとえばレバーを引けば欲しい物がいくらでも出つづける機械があったら、人は何の努力も工夫も考えもしなくなると思いませんか?

    もちろん市販のおもちゃを与えるなという事ではありませんよ。

    しかしその様子ですと、手に入れたという喜びさえ親が奪っているように思えます。

    愚かなことだと思いますよ。

    ユーザーID:7171458903

  • 体験させた方がよい

    画像とか見せてもね
    世の中不幸な人たちはいるけど
    自分は違うって
    そんな国に生まれなくて良かった
    って思うだけだと思う。

    そもそも、残さず食べても貧しい国の人が満腹になるわけじゃない
    下を見て自分たちは恵まれてるから、満足しなさいというようなもの
    根本的に間違ってると思う。

    残す無駄にするなら
    今後は家計費の無駄分を寄付する
    ならわかるけどね。

    もののありがたみがわかりたいなら
    アウトドアやキャンプで、最小限の荷物で数日過ごしてみることです。
    TVもおもちゃもない生活
    エネルギーを取るため空腹を満たすだけの食事

    本当の空腹、疲労感を体感してみる
    TVがない生活
    電気のない生活
    日が沈むと暗くなる自然を体感する

    そうすることで、日常生活のありがたみがわかると思う。

    ユーザーID:1232530181

  • レスします

    食後のデザートが食べたいから、ご飯もういらない。

    って、それを許したのですか?
    デザートは、ご飯をきちんと全部食べて、それでも食べれるなら食べるもの。
    なぜそう教えないのですか?

    私も普通の家庭で育ちましたが、あなたの感覚も理解できません。

    問題を起こさないから躾をすべきところを甘やかすって
    何がなんだかさっぱり理解できないです。

    あなたの子が言われている「良い子」って、大人にとって都合の良い子って意味ですよ。

    わが子、親から見てもハチャメチャなことするし、
    私は怒ってばかりだし、悪いこともするけれど、
    周りの人からは「子供らしくて良い子だね」って言われますよ。

    どちらが良いとか悪いとかではないかもしれませんが、
    私は子供は子供らしくあるべきだと思っています。

    ユーザーID:4178556427

  • まだ無理です

    で、デザートはすぐあげたのですか?いきなり貧困の写真を見せても分かりませんよ。それに、私達だって学校で習ったあとすぐに、だから好き嫌いなく食べようって思いました?思いませんよね。農家の人が頑張って作っていること、親が働いてお金を稼いでいること、親が料理していること、いろんな関係性が分かってから、トピ主さんも「物を大切にしよう」って思われたのではないですか?今すぐは無理だと思います。少しずつ教えていけばいいことでは?

    うちの6歳児もそんな感じでしたが、小学校に入って、みんなで給食を食べたり、学校でいろんなことをならって、やっとお金や物の大切さが分かってきたところです。でもまだ、ぼんやりで、大切にするためにはどうすればいいか分かってないし、日々努力するなんてこともしません。人にあげればいいのだと勘違いして、自分のものをただ分け与えたりすることもあります。
    でも、物を粗末にするたびに話をしていますが、返ってくる言葉から、成長を感じます。
    良い子なら、そのうち分かります。でも、甘やかしには注意してね。どうしてあの時はデザート食べられたの?ってなりますから(経験済)

    ユーザーID:4232577917

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • ウチも似た様なもんですが

    食事に関しては、健康の為にも、ある程度キチンと食べないとデザートは出しません。
    貧困云々よりも、作り手の労力に関して教えてあげた方が健全だと思います。
    まあ、そんな直ぐにわからないと思ってますが。

    ユーザーID:0857870589

  • なんだか嫌な気持ちになった

    良い子の息子を更に良い子にしたがっている印象を受けました。
    まず週末の小さなおもちゃを与えるのを止めたらいかがですか?
    月イチのおもちゃの購入もやり過ぎです。
    親のそういう態度を改めることが、先決ではないでしょうか?

    食後のデザートとはどういうものですか?
    魅力的なデザートを食べたい為に、キチンと食事をしないのも問題だと思いました。
    「貧困な国」って変な日本語ですが、それはさて置き・・・わざわざ見せる必要性が感じられません。
    「ほら、かわいそうでしょ。それに比べてあなたは恵まれているのだから、物を大事にしなさいね」ってか?
    まず、親ができることをしましょうよ。

    ユーザーID:3994469484

  • 普通では?

    前半のおもちゃのエピソードはともかく、後半のデザートを早く食べたいから…というのは普通じゃないですか?子供だし。
    うちは、そんな事を言ったら、私から
    「ご飯も食べてないのに、甘い物を食べられるわけないでしょ。ちゃんと食べなさい。」
    と言われて、
    「はーい」
    で終わりです。

    2〜3歳児だったら、
    「ちゃんと食べてくれないと、ご飯が悲しいよ〜、エーン、○○くんに食べてもらいたいよ〜って泣いてるよ」
    で済みましたけどね。

    うちの4歳児には、
    「ママが○○に食べてもらいたくて一生懸命作ったんだから、食べて欲しいな」
    と言うと、頑張って食べます。
    残すのはお行儀が悪い!と教えてます。

    ユーザーID:8769879557

  • まだ理解できないでしょう

    貧困でやせた子供の画像を見せても、自分とは関係ないと思うでしょうね。
    欲しいと言えば何でも与えられる環境は、決していい結果にはなりません。

    お腹がいっぱいならデザートも無しと言うべきです。
    あるいは、残したものは明日食べるのよ、と言ってももいいです。

    物を大切にすることを教えるのなら、子ども自身の生活にどう関わるかを気づかせたほうがいいと思います。

    ユーザーID:6506424527

  • 完璧を求めない

    まだこの世に生を受けて4年しか経ってない子供に、完璧を求め過ぎでは?
    妹にも優しく周りにもいい子だと絶賛されているのに、ご飯もういらないって
    言っただけでそんなにママがカリカリされていては可哀想。

    大人もそうですが、完璧な人間は居ません。
    長所があれば短所もあります。
    あれもこれもそれもちゃんとした人間に・・・親心としては判る気がしますが
    そこそこでいいんじゃないですか?
    もうご飯要らないを毎日なら叱るべきでしょうけど、何度かそんな事があっても
    そんな日もあるよな〜で流しましょう。

    足りない事を指摘するより、今いい所を褒めて伸ばすのが上手な育児ですよ。
    あまりいい言葉ではないけれど、煽てるのもひとつの方法です。
    ご飯食べなかった翌日にちゃんと食べたら「あ、今日はちゃんと食べて偉いね」
    こんな感じで少しずつ軌道修正するのがいいと思いますよ。

    ユーザーID:0302136172

  • ご主人は

    どんな方ですか?
    私も主さんと一緒でそういう感覚は判りませんし、欲しいものが何でも手に入るのは不幸だと思うのですが、ご主人がちゃんとしてるなら大丈夫じゃないですかね。
    あとは義両親にそういう環境でのコツを聞くだけかと。

    ユーザーID:1867462559

  • デザートの件に関しては

    「何故食事をするのか」という事にもかかわってくると思うのですが。
    私は細く小さくあまり沢山食べる方ではなかったので、デザート目当てに「もう食べたくない(お腹いっぱい)」などと言うと
    父親に「お腹いっぱいなのだからデザートが食べられる訳はない(全くその通り)」と言われました。
    父の考えでは身体を作るための食事が第一なので、デザートが食べたいがためにご飯を食べないのは本末転倒だったのでしょう。
    大人なら好きな物を食べても本人の責任なのでべつにいいですが、成長期の子供に大切なのは何か考えた方がいいのでは?
    まあ、あまり厳しくして反動がでても困るんですが・・・

    ユーザーID:8473445106

  • トピ主さんにとって物を大切にするとは?

    物への執着と、物を大切にするって別の事ですよね。

    何でも欲しがるままに買い与えるのは良くないだろうし
    そこはご主人とルールを話し合った方がいいと思いますが、
    乱暴に扱わない、きちんと片付けをするとかでいいんじゃないですかね。
    外で遊ぶとか、既成品の玩具以外で遊ぶ日を作るとか、
    そういった事で想像力は養ってみるとか。

    あとデザートは食事を全部食べてからというルールは必要だと思います。
    もちろん食べきれる量を出すのは前提ですが。

    貧困国の画像とか、玩具を与えないとかは極端すぎますよね。
    四歳くらいなら教訓的な絵本なんかで充分だと思いますよ。

    ユーザーID:5150477271

  • ご飯を完食しないで、デザートを食べるのは有り得ない。

    体を大きく成長させたいなら(背を伸ばすとか)、タンパク質をしっかり食べることが大切と、小児科医から言われています(我が子が小柄なので)。

    デザート、何を与えるのか分かりませんが、夜の果物は銅というくらいで、別に食べなくても構いません。
    私なら、デザートを積極的に与えて、肥満児にさせたくありません。
    子供にダイエットさせるのも、肥満のまま大人になり、ダイエットするのも非常に難しいです。
    リバウンドしやすいから。
    苦戦している友人・親族がいます。

    朝の果物は金と言いますから、朝、積極的に与えるのは良いと思いますが。

    ユーザーID:6612708604

  • 夫婦の足並み

    私の普通の家庭で育ちました。夫は私より貧しい家庭で育ちました。
    ですから、子どもには「おもちゃはイベント以外買わない」が共通認識です。

    お子さんの年齢を考えると、貧困の国の実情は理解できないと思います(うちは子ども【6歳】に水の大切さを教えようと、災害で断水被害にあった人の話をしましたが、「水出ないんだったら、スーパーに買いに行けばいいのに」でした(涙)。

    でも実際にどこにでも水は売ってるし、レストランでは無料で出て来るし、理解できないですよね、子どもには。

    まずパパと話をしてはいかがですか。うちは物を買わないことで、欲しい物は自分で作るようになりました。想像力もつくし、結果よかったです。

    あと友達のうちは「奉仕」させています。お手伝いしたら、ご褒美に小さい玩具を買うという方法です。

    食べ物に関しては、私ならご飯を全部食べない子にデザートはあげません。
    まず食べる前に、食べられる量を聞きます。または「じゃあ、残した分は明日の朝食べようね」と言い、翌朝食べさせます。

    がんばってください!

    ユーザーID:2763922918

  • 熱演してましたよ

    我が家は、残したら小芝居してました。

    「人参さんがね、寂しそうに見てるよ。
    《私のこと食べてくれないの?あなたに食べてもらえるのはいつかな?ってずーっと楽しみにしてたの。おじさんがね、きっと美味しく食べてもらえるよって。だから一杯大きくなろうねって…でも…私、捨てられちゃうんだ…悲しいよ。要らないって言われちゃった…。ねぇ、ゴミ箱にポイするの?あそこは暗くて寒くて怖いよ…あなたのお腹で皆んなとダンスしたいよ。》」

    と、熱演すると同情の涙にくれながら食べます。
    10歳になって演技と丸わかりの今でも「わかったよ。」と、ため息をついて食べます。
    毎回、物を粗末にしそうになったら熱演です。
    ただ、テレビを買い換えるときは、悲嘆の涙にくれて「今日までありがとう」と、言ってうろたえ、電気屋さんが困ってました(笑)。
    「ねぇ、テレビは今頃どうしてるの?」
    「バラバラになってるかな。」
    「えっ、痛くて泣いてないかな?」
    「ダイジョーブ。年寄りには気持ちいいのさ。それから新しい仲間と共に生まれ変わる。それがリサイクル。」
    …付き合うのは面倒ですが楽しんでいます。

    ユーザーID:3896829335

  • 欠乏は執着のもと

    モノが大切な人々の成れの果てが、捨てられないお年寄りのゴミ屋敷となるのでは。
    これって、子供時代にモノが欠乏していた方々ですよね。
    欠乏は執着のもとですから、ウカツに制限するのはまずいのでは。

    モノの価値を教えるなら、作らせてみることです。

    ユーザーID:5104875057

  • 旦那さんと話をする。

    4歳の子供に貧困な国の話って全く意味がないと思います。
    それよりも旦那さんと話あって、どういう子育てがしたいのかを
    はっきりさせてください。

    将来的に我慢を教える時が来るので
    そういう時にどう乗りきればいいのか、どう支えてあげるのか
    話し合いをすると良いと思います。

    男の子は男親との関係が大事です。コミュニケーションをとるために
    ご主人は玩具を買ってあげているのかもしれませんし、
    一緒に子供と遊びたいのかもしれません。

    あんまり欲しい物をすぐに買ってあげると
    「心が虫歯にならないか心配」とご主人に言ってみて下さい。

    それとデザートはやめた方が良いですよ。
    おやつは、子供には食事の一つです。摂りづらい栄養を補う程度にしましょう。

    貧困の国の子供の事を考えるなら尚の事です。

    ユーザーID:1846701960

  • 違う方法で

    まだ、4歳じゃないですか。
    そんな映像見せても、理解より恐怖の方が強く出る気がします。

    オモチャは、ご主人の考えもあるでしょうし、たくさん買ってあげても大切に使ってるなら良い気がします。いい加減な扱いをするようになったら、ご主人と話し合えば良いのでは?

    ご飯は決まった時間にしかあげず、「お腹いっぱい」ならデザートはなしです。
    我が息子は小4ですが、嫌いなおかずを残そうとした時は「残したら明日の朝も残したおかずを出すよ?食べ終わるまでいつまででも出すよ?もちろんそのおかずがなくならないと、新しいおかずは出しません。」と言うと、しぶしぶ食べます。
    小学生でも、そんなものです。

    大きくなったら説得出来ますし、「食べたくても食べられない人もいる!」ってのよりは、食べ物本体や作ってくれた農家の人、料理してくれたお母さんがガッカリ…の方が今は主流では?
    しまじろうとか絵本とか「残されたお野菜が泣いてる」って感じで教えてますよ。
    小学生は「給食を作ってくれたおばさんに感謝して、残さず食べるのが一番のお礼」って感じですかね。

    自慢のお子さんで羨ましい!
    出来るだけ脅さず、説得と納得で。

    ユーザーID:0378968443

  • 問題が、多分違う

    >世の中には食べたくても食べられない子は沢山いる!と教えてあげたいです。

    こう言われて、「じゃあ私は嫌いなものも有難く食べよう!」って思える人って、実際のところ、どれだけ居るでしょうか?

    トピ主さんだって、嫌いな食べ物の一つや二つ、ありますよね?「食べられない人が居るのだから」と思ってトピ主さんが渋々食べたところで、実際に食べることが出来ずにいる人の飢えを満たすことはできないのだから、なんの関連性もない話だと思います。

    実際問題として、飽食の社会で食べ物がどんどんゴミ箱に捨てられている国や地域がある一方で、食べ物を拾ってでも食べたいという人がいる国や地域があるのは、杞憂すべき問題だとは思います。でも、これは現代の社会や経済の仕組み、ここに至るまでの歴史等、色々と大きな問題が関連しているので、こういう言い方は好きではないのですが、夕食よりもデザートを早く食べたいという子供の食育とは「関係ない」話なのでは?と思います。(私だったら、体のために、ちゃんと栄養のあるものを先に食べようね、と言います。)

    ユーザーID:0783824705

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧