現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

これはナゼ不正確なのですか? 携帯からの書き込み

小学生の母
2016年2月22日 22:55

小6 算数のプリントテスト
問 □(四角)にあてはまる言葉を書きましょう

道のり = □ × □
時間 × 速さ →不正確
速さ × 時間 →正解

息子は不正確。
親としてはこの問題が「法則(公式)を書きましょう」ならば、(教科書とは)表記の順番が違うから間違いだと説明出来ます。ですが、問題はあてはまる言葉となっており掛け算の交換法則を既に習っている小学6年生の場合…なにをもって不正確とするのでしょうか?教えてください。

ユーザーID:5315534571  


お気に入り登録数:471
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:127本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
正解だと思うけど?
ナナ
2016年2月23日 0:05

その先生がおかしいと思います。

ユーザーID:0175265903
小学校ではかける数・かけられる数に意味を持たせる
元塾関係者
2016年2月23日 0:30


日本の小学校の教育は「計算の法則は計算の範疇」であって
「式は解き方の意味を表すもの」という方針で扱われています。

つまり「かけられる数」と「かける数」に意味を持たせているのです。
例えば100円玉5枚の金額は5×100でなく100×5と教えるようにです。
これを形式的に言うと、かけられる数のほうに答えの単位が含まれることになる。
5×100だと5の単位は枚だから、答えの単位に「枚」にするというルールなんです。

速さは「単位当たりの量」という単元の1つです。
この考え方は6年で導入されますが、言葉は使わなくても2年から使っています。
つまり1枚あたり100円の硬貨が5枚だから、100×5ということ。

同様に速さなら、毎時3kmで2時間で進むみちのりなら、3×2にしましょうということ。
このように式に意味を持たせるのが小学校の方針ですから
「時間×速さ」では、その方針の根幹を満たさないとされています。

日本では中学で文字式での表し方を学ぶまでは上記の方針に従うように指導されてます。

ユーザーID:3657661311
レスします
玄米米粉
2016年2月23日 0:57

掛けられる数と掛ける数の順番についての質問は、ネットでよく話題になります。
正直、意見は割れると思いますよ。
ですから、実際に不正解とされた先生に説明していただくのが一番よいと思います。
あ、ただしお子さんから質問したほうがいいです。
先生の授業をうけ、テストを受けて不正解になったのはお子さんですから。
もしかすると「時間 × 速さ」ではダメだと習ったのかもしれません。


まぁ、公式の考え方からして、時間 × 速さと書くなんて、公式を理解していないのか?と思ってしまいます。
正解不正解より、私ならそこのところを我が子に確認しますね。

大事なのはわずかな点数の差ではなく理解度です。
そこを間違えると大事なことを見落としますよ。

ユーザーID:7261207136
うーん携帯からの書き込み
ほほぅ
2016年2月23日 1:04

道のり=速さ×時間

それが公式として小学生の頃に習いましたが素直にそうやって覚えれば良いでしょ?気に入らないなら学者にでもなって世間を納得させる位の術を身に付けたら?

ユーザーID:0408693683
(かけるかず)と(かけられるかず)の違いかな?
めんたい雄
2016年2月23日 1:14

高校になれば、ディメンジョンの概念がわかるので、説明も容易ですが、小学校ではそうもいかないので、「わかるように」説明となると難しいですね。

積に関しては、ab=baだから、数字の上では正しいと言えるのに、ということ、かな、と想像しました。

「速さ=単位時間当たりの距離」になりますから、例えば時速ならば1時間当たりの距離、になるので、時間をかけてやれば距離が求まる道理、というのを勉強したのでしょう。

つまり、かける数が「時間」、かけられる数が「早さ」になるので
「速さ×時間」と書くのが、理屈を理解するためには必要な道理、
ということじゃないかな、と思います。

違っていたらすみません。

ユーザーID:5569896057
これはよくもめる問題ですね
高校理科教員
2016年2月23日 1:54

これは,高校レベルではあまり問題にならない(普通,どちらでも正解にする)のですが,義務教育ではよく話題になる問題のようですね.

「時間x速さ」を不正解にするのは,やみくもに公式を暗記するのではなく,計算の意味を考えましょう(自分で公式をつくる力を養いましょう)ということでは?

たとえば,

「一つのお皿にリンゴが5個ずつのっています.3皿ではリンゴはいくつになるでしょう」という問題なら

  5個/皿 が 3皿分だから「×3」で 15個

と考えますが,

  3皿を5倍すると15皿・・・?

というわけです.

ただ,一旦数式に乗せてしまえば,「5」とか「3」が何を意味しているのか考慮せずに機械的に計算できるのが数式の強みですので,順序にこだわることはない,とも言えます.

初等教育で順序にこだわるのは,式の意味を考える習慣を付けたい,ということでしょう,おそらく.

なお,理系人間は式の意味ということを割と考えますので,会計簿などに

 個数 × 単価 = 支払い金額

という順序で書いてあるとなんとなく落ち着かない,という理科教員は高校でも結構います(私もそう).

ユーザーID:6199662180
教師がダメなだけ
コリン星人
2016年2月23日 2:16

マニュアルから外れただけで×を付けるだけのダメ教師。

たぶん距離計算の公式の意味を理解してないで、テストの”正解集”から外れたら×を付けたのでしょう。

恐らく今後も似たようなことに遭うでしょう。
私が息子さんだったら徹底的に話して論破しますね。

モンペ扱いされても良かったら採点した教師に詰め寄るのも有りですね。

ユーザーID:9361981906
不正確は不正確じゃない?
不正解ではないのよね
2016年2月23日 2:19

前後違うと、意味が違ってくるでしょう?

2×3は、2に3を掛けるのであって、3に2を掛けるのではありませんよね。
例え計算結果が同じであっても違うから、不正確なのでは。

お子さんがどう考えて時間を先に書いたのかはわかりませんが、普通、時間は後ろに記載することになることが多いですよ。

ユーザーID:1751136338
公式の表記と逆だからでは?
foo
2016年2月23日 2:41

明記はされてませんが、公式を完成させろという問題なのでしょう。
自分が小学生ならそう判断し、公式通りに記入したと思います。
基礎的な事を学んで、それを聞かれてるのだから、交換法則とか言ってわざわざ逆にしないですね。というか、不正解が悔しいから交換法則を持ち出したのでは?

私の子になら「公式通り通りに書かないから不正解なんだよ」と言いますね。プリントテストの点なんてどうでもいいです。基礎はしっかり型通りに覚えて欲しいです。


私は算数は非常に高度な学問だと思います。ただ計算するだけではなく、数の扱いかた、考え方、応用の仕方を学び、(他の小学校で学ぶ学問同様に)現代社会に必要な能力を身に付ける為の学問という認識です。数学の簡易版、という認識ではありません。

数学では理屈で正しければ正しく、[時間]×[速さ]は不正解にはなりませんが、上記の理由から、算数では不正解とするのは受け入れられます。

ユーザーID:7892348808
算数と数学の違い
t
2016年2月23日 5:15

算数は、命題を読み、教わった通りに答える勉強です。国語力が必要です。
数学は、公式を駆使して、解が合ってさえいればよい。

「当てはまる言葉」というのは、公式を求めていますよね。

ユーザーID:9656634842
たぶん
sara
2016年2月23日 7:29

授業で「テストではこの順番で書きましょう」と指導されていたのでは?

まぁそれでも不正解は納得できませんが・・・

ユーザーID:7026085975
「考える」教育
aはエーではない
2016年2月23日 8:00

今の教育は「考える」ことにシフトしています。
「時間 × 速さ」がなぜ不正確なのか考えることを求めているのでしょう。
それが、マイナス × マイナス がなぜ プラス になるのか・・・
そういった理解につながるはずです。

ユーザーID:6106043492
前提条件の重要度
tora
2016年2月23日 8:02

教師が教室でどのように指導しているのか知りませんが、私の考えとしては、

距離の場合、速度>時間、が重要度の順位だと思います。

「私は太郎です」と「太郎は私です」では、微妙に違います。この違いと同じです。

教師(教科書)は思考方法を合わせて教えているのだと思います。

ユーザーID:6634973091
かけ算の基本ですね
Kanmei
2016年2月23日 8:14

かける数とかけられる数の意味は違います。
「何が」「何個」の順番です。
この場合は、「速さ」が「時間」だけ継続したので
速さ×時間が正解です。

時間が速さ個あったわけではありません。

ユーザーID:5296615841
距離を求める問題だから
どりる
2016年2月23日 8:23

道のりとは距離のことだから、答えはm単位で書きます。
先に書かれてある単位で答えを出すものだから、
時間ではなく速さが先です。
還暦をとっくに過ぎた私ですが、このくらいは孫に教えてあげられそうです。

ユーザーID:6700161171
確かに不正確
ぽち
2016年2月23日 8:24

「正解・不正解」でしょ。「不正確」って…。

そりゃ、「先生に習ったとおりに書いていない」んなら「不正確」と言われても仕方ないのでは?

算数の問題としてはどちらも正解でしょうけど。

ま、"事の本質"で物事を考えられない人が多いからね。その先生も"教科書どおりに書いてない"ってだけの事しか考えてないんじゃないの?

ユーザーID:6140630150
単位の問題でしょう。携帯からの書き込み
オジンオタク
2016年2月23日 8:28

例えば時速5キロメートルの自転車で、2時間走りました。
道のり(距離)を求めるには、5キロ×2時間=10キロが正しい考え方です。

ユーザーID:6369591688
単なる掛け算ではないから
2016年2月23日 8:46

文章問題の場合、単なる計算式ではありませんよね。考え方をきちんと理解できていることを求められるはずです。

・車で2時間、時速60キロで走りました。
・車で時速60キロで2時間走りました。
どちらが自然でしょうか。

あと、授業では生徒に覚えさせるために先生が何度も「道のりは速さかける時間」と説明し、復唱させたのではないかと思います。
息子さん、授業が分かるからと、きちんと先生の話を聞いていなかったということはありませんか。

ユーザーID:5448468943
今時は
豚の尻尾
2016年2月23日 9:12

道のりと云うんですね。

確かに掛け算は左右を入れ替えても答えは同じになりますから、
時間と速度が入れ替わっても問題はないと思います。
採点者に訊かれるの宜しいかと思います。

ユーザーID:7140127923
論理的思考法
かん
2016年2月23日 9:12

この問題は、a× b=b ×aという問題とは違います。
例えば
1個200gのリンゴが5個ある時の総重量を求める考え方は、
1個200gが5個だから、200g/個×5個となりますね。決して5個×200g/個ではないはずです。
計算の結果としては、全く同じですが、考え方の方向性として違うということです。
数学の目的の一つに、論理的思考法を身につけるということがあると思います。
細かいところから、きちんとそういう思考方法、考え方の筋道を身につけていくことが必要だと思いますよ。

ユーザーID:9508528804
 
現在位置は
です