海外のお墓事情を教えてください

レス10
(トピ主1
お気に入り50

生活・身近な話題

千の風

海外ドラマ(特にアメリカ)の葬儀のシーンを見て、疑問に思うことがあります。

基本的にドラマでのお墓は、その人のためだけのお墓ですよね。

日本では遺体を火葬し小さくし、先祖代々のお墓に入るのが一般的なので、土地の心配はあまりないと思いますが、
海外ドラマのように遺体の入った大きな棺を埋葬し、一人に一基のお墓を建て、それが何十年も続いたら土地が足りなくなりませんか?

また、新しい証拠を探すために、何十年も前のお墓を掘り起こしたりしていますが、永遠に遺体はそこに埋葬されているのですか?
日本にはお墓を継承する人がいなくなると、墓じまいをして更地にし、また新しいお墓が建ちますが、
土葬の国では、どうなのでしょう?更地にしたら、遺体はどこへ?そもそも更地にしない?
お墓詣りに来る人がいなかったら?管理・維持費は?
例えば、日本でいう無縁仏のお墓というものがありますか?
その場合も、大きな棺に入れて埋めるとしたら、広大な土地が必要になりませんか?

?マークばかりですみません。
分かりやすく教えていただけたら幸いです。

ユーザーID:3746205612

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • アジアですが

    赤道直下のアジア某国在住、土葬です。

    基本的に遺体は永遠にその場所で眠りますが、管理費が不払いで放置されると、
    人の手に渡ってしまいます。遺体は移動させず、新たな遺体を埋葬してしまうようです。
    土地が足りなくなる、、、、は私もそう思うのですが、この国は広大ですのでどこかしら埋める土地があるので大丈夫かな?
    海に散骨などが一番良いと個人的には思います。

    ユーザーID:4018043199

  • 日本でもまだ土葬の所はありますよ

    アメリカのことはよく分からないんですが、すみません。

    私は非英語圏の田舎です。主人の実家のお墓は先祖代々の土葬です。親戚一同皆同じところにはいるので、盛り上がってる山みたいなのが年々どんどん高くなっていきます。
    そこにドンドコみんな入っていくようです。
    ここらでの風習は「火葬は縁起が悪い」と言われています。

    ですが最近は政府から衛生面のため火葬を推奨されるようになって来ましたので、私や主人の代には火葬になることと思います。

    尚、日本でも99%は火葬ですが、地方によって土葬許可が下りる(土葬禁止区域でない場所)の地域ではまだ土葬の所もありますよ。
    昔からの風習として先祖代々土葬など。
    そして火葬を嫌う外国人のためのものです。

    トピ主もご存知のように、多くのアメリカ人は土葬なんですよね?
    では土葬希望の外国人が日本でお亡くなりになった場合は…やはり土葬を選択し、希望は叶えられるようになってるんです(日本ってすごい!)。
    なので外国人用の土葬用のお墓も日本には存在します。

    ユーザーID:5478481970

  • イタリア事情

    一般家庭の場合です。

    2000年に亡くなった舅は、10年間、土の下で眠りました。

    2010年に掘り起こし

    骨壺に収まった骨は、地上の納骨ロッカー(?)に引っ越し。
    居住権は40年のようです。

    それ以降は、遺族が契約更新をすれば、延長できます。



    ロッカーは
    "ossari cimiteriali" で画像が出てくると思います。

    経済的に豊かな家系だと、納骨堂のような建物を所有していることもあります。
    "celletta"で検索してみてください。


    墓地は市が管理していて、埋葬費用は300ユーロ弱、ロッカーへの引っ越しは150ユーロほどでした。
    また、夫婦や幼子などは、原則同じロッカーの住民となります。

    ユーザーID:6706747479

  • アメリカです。

    こちらに来て結婚し4年ですが、通夜2回、葬式1回出ました。また5年前の
    婚約時期に、義父のお墓に連れて行ってもらいました。

    うちの夫と義兄と故義父はカソリック、義母はメソジストというキリスト宗派です。
    ドイツ・イギリス・アイルランド系です。義父の棺桶は、かなり深い位置に埋めて
    あるそうで、義母が亡くなったら、義父の上に一段浅目のところに埋めるそうです。

    夫に、「あなたはそのまたお母さんの上に埋められるのか?」と聞いたら、
    「僕の分と兄の分は、父の墓近くに、それぞれ別の墓区画が買ってあるから、そこに
    埋める。」と言われました。私も自分が埋葬されるであろう場所は見ました。

    全米がそうなのかは断言できませんが、結構深めに掘って上下に埋葬している
    ようです。だから、トピ主さんが思っているよりは土地を2倍か3倍(?)、縦方向
    に有効利用してるようですね。

    私は土葬されるのは嫌なので、火葬よろしく!と頼んであります。

    以前は、アメリカのゾンビ映画を馬鹿にしてましたが、土葬を考えると、死人が墓
    から出てくるのが、彼らにとって恐怖なんだろうなと思いました。

    ユーザーID:9269731570

  • 何度もすみません

    >永遠に遺体はそこに埋葬されているのですか?

    多分そうだと思いますよ。南北戦争(1861-1865)で亡くなった兵隊さん等のお墓を
    よくTVで見ますから。しかし、100年くらい前、なにかの理由(洪水、土地区画等)
    でお墓を移転させようとして、業者が面倒くさいのでほとんどの墓をそのままにし
    て、更地にした土地に霊が良く出るようになったりしたという番組も見ました。

    管理費・維持費はどうなっているのかはわかりません。多分、教会の寄付金で
    賄われているのでは?と思います。

    無縁仏も、南北戦争の兵隊さんの犠牲者のお墓を見ました。名前が分からない人の
    お墓には、ドー(Doe) という仮名の名字がついているのでわかります。

    現在でも、遺体の名前が分からないと、女性だったら、ジェニファー・ドーとか、
    男性だったら、ジョン・ドーとかニュースで言ってますので、無縁仏のお墓も
    あると思いますよ。

    ユーザーID:9269731570

  • もう一度すみません。

    女性の場合の身元不明の場合、ジェーン・ドー(Jane Doe)でした。
    ジェニファー・ドーとか言って、すみませんでした。

    ユーザーID:9269731570

  • フランスでも

    基本は家族のお墓です。上下にいくつも部屋があります。管理する人がいなくなれば、そこは更地になって、売りだされます。そこに埋葬されていた人は、無縁仏になります。最近は火葬も広がってきています。
    その昔、お墓の土地が足りなくなり、遺骨をすべて地下に捨てて、新しく土地を作りました。それがカタコンブです。

    ユーザーID:5491440088

  • 畳の上が一番!

    面白く、又重要な問題提起と思います。

    最近の事情は把握しておりませんが、独逸では葬式税が課せられておりました。 其の際、何宗なのかも申告するはずでした。 今もそうかな?

    そこで問題になるのが宗派。 墓地の多くも宗派管轄ですので、かってにあそこにして! と言う訳には参りません。

    キリスト教徒でない日本人が欧米で亡くなると、必然的に無宗派の墓地、市営とか、になるはずです。 俄かキリスト教は日本人の特技ではありますが、結婚式とかも、、、。

    現在の西洋は他宗教の移民がなだれ込んでおりますので、近い将来、宗派別の墓地なり税金なりの問題が起こるでしょうね。 イスラム教は埋葬はしない、と聞いておりますし、、、。

    西欧の我が一族には領地内(私地)にお御堂もあり、其の周りが墓地になって、鉄柵が巡らされております。 或る親族には祠があり、集団で入っていた時代もあります。

    私にも兵役がありましたが、今わの際にはどうするかの記入が求められました。 ややこしい時代になったものです。 

    ユダヤ教だと何時間かの規定後に埋葬されるそうです。 キリスト教の WAKE です。  

    ユーザーID:5956600354

  • 墓のない人もいるー(米国)

    在米です、日本人の親友が亡くなりました。

    先祖代々の(大きな)お墓を持っているのは金持ちや由緒ある家柄の人だけで、普通の人は個人の墓だけです。私の親友もアメリカ人のご主人でしたが、普通の方でしたし、失業中でお金もなく、(彼女の)遺言通り火葬にはしましたが、お墓は買えず、お骨はそのまま自宅に置いてます。

    もう10年以上経ちましたが、彼女の墓が出来たとは、聞いていません。

    また、他の知人も数人亡くなり、葬儀など出席しましたが、(仏教と違い)その後3回忌や7回忌などはなく、キリスト教は亡くなったらそれで終わりみたいです。よほどの有名人や大きな事故(911など)で亡くなったのなら、毎年、メモリアルで人が集まりますがねー

    ユーザーID:3898987742

  • トピ主です

    回答くださったかた、ありがとうございました。


    基本的には永遠にそのまま埋め続けるのですね。
    土地がなくなるのでは?という心配は、せまい日本ならではのものなのかもしれませんね。

    また、みなさんのお話しから、ずっと平面に埋めていくのだと思っていましたが、縦に埋められているなんて、驚きです。

    イタリアでは10年後に掘り起こして引っ越しするんですね。
    日本の墓守も大変ですが、それも大がかりで大変でしょうね。

    海外ドラマを見るたび、気になっていたことが解決して、すっきりです。
    周りの誰に聞いても分からなかったので、教えてあげようと思います。
    そんなことを気になっていたのは、私だけかもしれませんが・・・。

    ユーザーID:3746205612

レス求!トピ一覧