原因不明の病気

レス16
(トピ主2
お気に入り55

心や体の悩み

辛いです

妊娠高血圧腎症を患い出産しました。
その後の経過も芳しくなかったのですが、ようやく今落ち着いてきました。この病気は大丈夫なのですが

帝王切開で出産したあと

原因不明の違和感が頭を襲いました

常にフィルター越しの世界で、視野にも違和感が若干あり
頭にもやがかかったようで締め付けられて頭痛がします昔の感覚とあまりにも違うので入院中も旦那や家族、医師にも訴えましたが、高血圧、色々な薬の影響だと言われました。

それでも納得がいかず、高血圧の為に脳梗塞をおこしているのでMRIや、耳鼻科、神経内科、眼科、循環器、最後の最後の精神科すべての科を回りましたが
異常なしでした。

しかし、明らかに出産前は違って頭に違和感があり、クリアでなく。それは育児の疲れではありません。

私のような人を知りませんか?
離人症、メニエル、色々調べました。ほんのささいなことでもよいです助けて下さい

ユーザーID:1511598706

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 日吉丸

    トピ様、あまりご心配なさらない方がいいですよ。私の妻と症状が全く同じで驚きました。あくまでも私の妻の場合ですが、周りは分かってくれませんし他人はおろか身内に泣きながら伝えても無理でした。妻は切迫早産により数ヶ月安静寝たきりの入院ストレスで、産後も半年程、頭痛、目眩、疲労感、頭にモヤがかかった感など不定愁訴が多く、寝たきりでした。当初原因が分からず私が麻酔科、産婦人科など駆けずり回りましたが、心無い医者が多く妻と泣きながらさまよった記憶が20年前ですが思い出されます。医学書を読み漁り、麻酔の腰椎穿刺と頭痛などの不定愁訴が、髄液が僅に漏れる事が原因で起こると記された書物を見つけました。慌てて著者の大学に連絡しましたが退職され後はわかりませんでした。当時は血液パッチ治療などなく、最後に行き着いたのが精神科でした。良い医師に巡り会え、精神安定剤は最小限度で後は無理をせず、カウンセリングを受けて1〜2年ぐらいで元気になりました。産後の肥立ちが悪い方は結構多いですよ。ご主人には協力してもらいましょう。トピ様はストレスはありませんでしたか?いずれにしろ日にち薬で回復します。大丈夫です。御自愛下さい。

    ユーザーID:4365328042

  • 素人ですが体験から

    産後どのくらい経ちますか?体調が優れないと不安ですよね。不調を医師に訴えても医師に似たような臨床経験が無いと、なかなか理解してもらえない、そのもどかしさ分かります。さて、原因を考えてみました。トピ主さんのケースに当てはまるかどうかはわからないですが。
    ・腎炎の治療などでステロイドの内服や点滴をしましたか?ステロイドの副作用はジワジワと時間経過後に出て来ます。・帝王切開は縦切りですか?横切りですか?横切りは傷は確かに目立たないですが、経絡(東洋医学の気の流れ)を遮断するので、人によっては例えようのないダルさや不調が起こります・様々な薬を使うと複合的な作用で思いがけない症状が出ます。抜けるまで辛いです。
    ・検査値はあくまでも平均値です。正常範囲でも本人にとっては異常なことはよくあります。
    ・西洋医学で異常無くても、東洋医学的(鍼灸など)な見方をすれば大変重症ってこともあります。
    トピ主さんの辛さを理解してくれるよい先生に出会えますようにお祈りしています。

    ユーザーID:5235303913

  • 腰椎麻酔後

    脳脊髄液減少症 帝王切開

    で検索なさってみてください。腰椎麻酔後に同じ症状になった方もいらっしゃるようです。

    ユーザーID:4535157911

  • ただの一般人です

    違う可能性の方が強いとおもいますが
    ささいなことでもいいとおっしゃられてるので
    頭にモヤがかかるという言葉で脳脊髄液減少症というのが一瞬頭に浮かびました。
    脳脊髄液減少症 出産で検索かけましたが
    出産を気に発症された方もいらっしゃいました。

    ユーザーID:6952867180

  • お聞きします

    みなさまのレスに感謝いたします。相変わらずの状態でなさけないですが

    髄液の可能性を示唆していただいていますが。
    私の場合、ふらふらした眩暈が一日中、もう2ヶ月続いています。そのせいで見え方がおかしいのかな?とも思います。
    頭の違和感のせいなのか。と思うから心配になります。ただの疲労とはあまりにも考えにくいので

    脳梗塞は、私の年にしては珍しい数なのですが、その影響とは考えにくいと

    頚椎の心配を危惧し、たずねましたがその可能性はないと、むしろ、MRIの検査は脳の血管は大丈夫だと言われました

    あと、腎臓は一切薬は飲んでいません。腎生検の話も上がりましたが今は蛋白は1.78に落ち着いています

    人には、外見普通に見えるので理解されず苦しいです。

    皆さんには、ご迷惑かけますが
    些細なことでいいんです。お願い致します
    赤ちゃんがいるので、早く治したいんです。

    ユーザーID:1511598706

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 腎臓内科医ですが

    トピ主様、腎臓内科にはかかっていらっしゃいますか?
    尿蛋白1.7は全然落ち着いてきたとは言えない数値です。
    頭の症状も高血圧脳症の影響もないとも限りませんね。
    また、腎症がおこりその後に高血圧になっている場合もあり、
    腎症になった背景に膠原病が発症している場合も、若い女性ではありうる話なので、
    腎生検は行ってみた方がいいと思います。
    腎症と若年性脳梗塞をおこす膠原病もあります。

    いずれにせよその尿蛋白を放置していると、将来的に人工透析の可能性があります。
    尿蛋白は0が普通、最低限1g以下にしなければその危険性はあります。
    尿蛋白の原因を明らかにし、きちんと治療するためにも、まだおかかりでなければ腎臓内科にかかって下さい。
    膠原病による腎症の可能性は、腎生検を行わなければ最終的には分からないので、尿蛋白が3ヶ月以上続いているのであれば、迷わず腎生検だと思います。
    高血圧が原因かどうかも、生検をすればわかりますし、頭の症状との関連がわかる可能性もあると思います。

    ユーザーID:6332672161

  • 今、横に座っているアメリカ人の医者に聞きました

    脳脊髄液減少症か、グラコーマ、糖尿病などが考えられるそうです。、とにかく、検査すればすぐにわかりますよと言ってます。

    脳脊髄液減少症の検査はCTかMRI。MRIをされて、大丈夫と言われたなら、この可能性は低いですが、もう一度、脳脊髄液減少症の可能性がないかしっかりみてもらうことをお勧めします。

    グラコーマなら、眼科で眼圧を図れば簡単にわかります。目の検査は、よく見えないとのことですので最低限チェックしておくことと言ってます。

    糖尿病の検査は糖レベルを尿検査、血液検査でチェック。これも簡単にわかります。

    出産されて何か月か、書かれてないので、2か月、目まいが続くと書いてましたので2か月くらいといいましたら、上記のことをすらすらと言ってました。

    産後、私も、全く違う症状ですが、足に力が入らず歩けませんでした。、他人事とは思えず、レスしました。早急の原因解明を祈っています。
    お大事に

    ユーザーID:9527577065

  • 異常が無い?誰にもわかってもらえない辛さ・・・

    本当にお辛いですね。
    腰椎麻酔のあとだと「髄液減少症」類似の病名がつくことがありますが、他のレスにもありますように、必ずしも血液パッチ法を施行しなくても自然に治る例も多く、医者の間でも、診断も評価も別れ、患者さんはますます混乱して途方に暮れてしまいます。髄液減少症の診断基準はけっこう難しく、髄液減少症という病気に懐疑的な医者は、このような症状で苦しんでおられる方は「身体症状障害」という病気なのではないかと考えることが多いです。
    医者によって診立てが違うということで苦しむ原因不明の病気で最も多いのがこの「身体症状障害」です。海外では医者の間ではこの病気はほぼ常識で、患者さんにも丁寧に説明するのでやがて納得されますが、なぜか、日本では、この病気を知らない医者の方が多く、「わたくしの専門領域では異常はありませんので、他所へ(・・・ではないかと適当な科の名を挙げる)」と鄭重にお引き取り願う(=たらい回し)、それだけならまだしも「不定愁訴」扱いしたり「早期更年期障害(医者にとっては『更年期障害ほぼイコール不定愁訴』→婦人科に紹介で、婦人科はホルモン補充または漢方で対処)」と診断したり。続きます

    ユーザーID:3519254419

  • 誰にもわかってもらえない原因不明

    やぶです、続きです。
    このような訴えで漢方の世界に迷い込む患者も医者も多いです。じっくり話を聴く。何か効く薬がありそうな雰囲気で処方、手探りでも試行錯誤でも。最低・・・ヶ月は続けてみてくださいね、と、ずるずると引きずるか、そのうちに何故か自然に治るか。漢方の世界はいわく言いがたい曖昧な世界で、でも紋切り型の「西洋医学」よりは患者に柔らかく優しく癒される。マッサージとかもそうですね。
    でも漢方やマッサージで副作用や悪化を招くこともあり、無害というわけでもないのでご用心ください。
    医学の世界は不確実さがつきもので、100%はないのです。
    でも、身体症状障害という病気らしいと考えたら、医者はまず心をこめて患者さんに向き合い、患者さんの辛さに傾聴します。この基本的態度は良い医者なら誰でもかもし出しているものですが、忙しいとつい忘れられがちです。苦しみを聴いてもらうだけで癒しなのですが、3分間診療(今の日本の医療制度では数をこなさないと赤字なので)では傾聴さえなかなか難しいのが問題です。でも心ある医者は時間をかけて傾聴しなければと努めています、そういう医者に巡り合うよう祈ります。続きます

    ユーザーID:3519254419

  • 原因不明の辛い症状

    やぶです。続きです。
    もったいぶっているわけではありません、でも、身体症状障害というのはとても理解していただきにくい病気なので、もう少し。
    この病気は精神医学の領域なのですが、精神科医よりも心療内科のほうがかかる科としてはハズレが少ないかもしれません。精神科でも心療内科でも臨床心理士を置いているようなしっかりしたところがイチ推しですが、医師ひとりでカウンセリングも全部しているところもあります、もちろん、でもこの疾患の保険診療患者さんばっかり抱え込んだら経営は成り立たないので、保険外診療でカウンセリングをしているところか、鬱病など他のもっと治療法の確立して稼げる疾患の患者さんも多数診て、この疾患の患者さんには採算度外視で丁寧に接している良心的なところを探すしかないのが現状でしょうか。えっ医者の都合やお金の話ばかり?でも、医者がどうしてこのような「原因不明の患者」を検査が終わって異常がなかったら「はいさようなら」なのか、医者を非難されても困るから、医療制度(診療報酬制度)のお話になってしまうんです。カウンセリングが保険診療では赤字必至の医療制度なので、みんな困っているんです。続きます

    ユーザーID:3519254419

  • 原因不明の辛い症状の不思議

    やぶです。続きます。
    この病気は精神医学領域と申しましたが、患者さんが苦しんでいるのは身体症状、それも、患者にとっても表現しがたく、医者にとっても理解に苦しむ症状であることが特徴で、まさにそこが診断の糸口になります。
    不思議な症状。既知の医学では説明できない症状。
    症状自体にに波がある、出没する、予測不可能。寛解増悪因子が患者自身にも不明。強いて言えば、何かに没頭していると忘れていることもある、あれっと、症状がないのに気付いて喜ぶ、でもすぐに戻って来る。
    どの専門科にかかっても、検査に異常なし、ウチじゃない、と言われる。
    周囲からは、最初は同情されるが次第に詐病ではないかと疑われる、おまえが病気を作っているんだ、と、次第にウンザリした身内にずけずけ言われる。本当に辛いのに。
    優しい身内が心底心配して献身的看病、にも関わらず症状はどんどん悪化して寝たきりになることさえ。でも不思議なことに、寝返りはうてるのか、幸い、床ずれは出来ない。患者や献身的家族は、診断のつかない、あるいは精神病扱いする医療機関への不信感を募らせます。続きます

    ユーザーID:3519254419

  • 原因不明の辛い症状

    やぶです。続きです。
    身体症状障害というのは、アメリカ精神医学会の最新の診断基準による病名の和訳で、昔から知られている謎の病気なので病名もさまざまでいろいろ変わり、身体症状障害の前は身体表現性障害といわれていました。ノイローゼとかヒステリーとかも類縁疾患概念ですが侮蔑的差別的響きのある言葉は極力避けることが患者さんの信頼を得るためにも重要とされています。
    まずは身体的異常がないか、鬱病ではないかなど、問診や身体診察や血液検査、画像検査など必要な除外診断をします。でも、この病気の除外診断をしだすとキリがないので(だからこそ、医療機関は、さまざまな検査をするところまでは熱心なのです、一応、儲かりますから)、良心的な医者ほど、検査はほどほどにして、患者さんにこの病気の理解をしていただく方向に診察の重点を切り替えます。
    患者さんには、「身体と心は繋がっていて、不思議な症状がでるのだ(心身相関、ストレスの身体化、など)」というふうにご説明します。でも、納得されない患者さんももちろんおられます。誠心誠意診ますが、精神病扱いされたこと自体に立腹して去られてしまう方もおられます。続きます

    ユーザーID:3519254419

  • 原因不明の辛い症状

    やぶです。続きです。
    治療法は、自律訓練法(リラクセーション)や認知行動療法などですが、傾聴が最も大事で、とにかく患者さんに苦しさをすべて吐き出していただくことです。その過程で、患者さん自身が、無いと思っていたストレス(真面目な人ほど自分を責め無理を重ねます)に気づき、自らを解放し、治っていきます。その過程を助けるために最小限の薬剤療法も併用しますが、患者さんが嫌がれば、薬なしでカウンセリングのみの治療も不可能ではありません。
    レスの中で、最初の日吉丸さんが、実に的確に身体症状障害という言葉を一回も使わずにほぼすべてを言い尽くされており、勇気付けられて私も長々と書いてしまいました。

    あなたの苦しみをわかってくれる医者に巡り会えますように、お祈りしております。
    そして、もちろん、すべての医者が身体症状障害を正しく診断し、患者さんを路頭に迷わせること無く、最短距離で有効な治療へご案内出来るようにと願っております。

    ユーザーID:3519254419

  • そうなんですか

    腎臓内科医の方
    私は蛋白17から1.78になったので、これでさがるだろうと。腎生検の話もでましたが、まだ大丈夫と
    15日に検査があるので、それでわかるかもしれません

    膠原病の指摘ですが、湿疹や筋肉痛などなくても出るものなのでしょうか?血液検査は何回もしていますが、特別な検査が必要なのでしょうか?

    出産してから2ヶ月すぎて、まだこのままです

    セカンドオピニオンを考えています

    脳梗塞の方で一日中船に乗ったようなめまいがするとかありますが
    後遺症だったら、ずっと続くのですか?治ったりはしないのでしょうか?

    私の場合は、ぐらぐらがひどくて人と話すのが苦痛な時もあります。

    脳梗塞の方で後遺症で似てる方はいますか?

    もう限界です。辛いです。病院にいってもわからないってなんなんだろう。新しい病気なんですかね

    ユーザーID:1511598706

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 辛くて早く治したいのに原因不明

    やぶです、続きです。
    身体症状障害、身体表現性障害、など、名前は変わっても、この病気の特徴は、症状は身体的疾患を示しているのにどんなに検査しても何も異常がないこと、そして、実は、精神的なストレスや過労などの精神的原因が深く潜んでいることです。最も有効な治療法はカウンセリング、共感的傾聴、自律神経訓練法(リラクセーション)、認知行動療法などを通じて、「真面目に突き詰めて考え過ぎず、力を抜いて生きる」すべを患者さん自身に気付いて頂くことです。とても真面目で責任感の強い方が病む病気ですので、もうちょっといい加減でいい、融通が利いていい、と、自他共にハードルを下げて人生を楽しんでいただきたいんです。良い母親でないという罪悪感を抱かないでいただきたいのです。
    ある患者さんのご家族が、私がカウンセリングしているさまを見ていて、「辻説法みたいなものですな」とおっしゃいました。そんなものです。少しは抗鬱剤などの「気持をらくにする」薬も併用しますが。
    日吉丸さんのコメントが素晴らしい。
    よく話を聞いてくれて、不定愁訴の多い長時間診療の面倒な患者扱いしない、良い医者を探してください。きっと良くなります。

    ユーザーID:3519254419

  • 同じ病名があがるのでちょっと気になりました

    脳脊髄液減少症 MRIで検索かけると関連ワードにMRI異常なしというのが出ました

    脳脊髄液減少症 MRI異常なし
    検索されてみてください
    MRIで異常が見つからなかった場合もあるようです

    ユーザーID:6329756094

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧