一時停止違反とは

レス176
(トピ主1
お気に入り249

生活・身近な話題

家人

レス

レス数176

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分が間違っていないと思うのなら

    異議申し立てをするとか。

    ユーザーID:2484583028

  • 警察に言おう

    そう思うなら持論を警察相手に説教すれば?
    俺様が正しいと丸め込んでやれば?
    点数引かれた悔しさを陰でごちゃごちゃ言い訳するような男は間違えなく出世しませんね。
    詐欺師まがいの営業マンで善人を不幸に陥し入れる軽蔑すべき人間か、モラハラ夫くらいにしかなれません。
    残念でした。

    ユーザーID:9651527004

  • 芝桜さん

    歩行者は歩道や横断歩道はもちろん、たとえ横断歩道の無い交差点でも渡りはじめ、あるいは渡るそぶりを見せれば歩行者保護の観点から、
    道路交通法ではその横断を妨害してはならないという法規があり、
    当然車を運転するものはそれを厳守するべきだと思います。

    しかし一方で道路交通法では歩行者に対し、停止している車の前後を横断してはならないという事も謳ってます。
    これは一時停止や渋滞による停止など止まっている車に対し、
    危険防止の観点からいつ動き出すかもしれない車の前を歩行者は横切るべきでない、
    また後ろを横切るのは対向車からブラインドになり見えにくく事故のもとになるからという理由です。

    一時停止の停止線が交差点に近い時、車は歩行者の横断を歩行者保護の観点から妨害してはならないのですが、
    歩行者も近くに車が止まってる前を横切って渡るのはダメで相互に気をつけろという事です。

    道路交通法36条や43条で停止線のある非優先側道路の一時停止において優先道路側から右左折してくる車両等(歩行者は車両等に入らない)の進路妨害してはならないに(横断歩道が無い場合)、歩行者が入らないのはこういう理由からです。

    ユーザーID:5394492578

  • 停止線の位置のイメージが違うのでは

    歩行者保護のためとおっしゃる方の停止線の位置のイメージは、交差する道からの右左折車の円滑な走行のためとおっしゃる方のイメージと比べたら、多分だいぶ前だと思いますよ。
    かなり後方にあるということは、その停止線で止まりきれなくても大通りを歩く歩行者と接触するまで距離があり、ということ。
    だから、奥まった停止線と歩行者保護は関係ない、というだけでしょう。

    道が狭い、という表現も相対的なもので、一方通行だったり、すれ違いも不可能なほどの道幅でしたら、むしろ一時停止線は交差点ギリギリの前にあると思います。大通りを歩く歩行者がびっくりさせられやすいのは、この条件の道ですね。

    トピックの条件の道は、中央線があってもなくても、注意すれば直進どうしなら、車がすれ違えるほどの道幅の道でしょう。3〜5メーター幅ぐらい?
    あと交差点付近だけすぼまって、奥まった停止線付近は広めとか。

    ユーザーID:2363419151

  • その通りだと思います!

    トピ主さん、災難でしたね。

    おっしゃる通り、停止線って、たいてい手前にあり過ぎて、そこで止まっても
    何にもならないのに、と思います。

    私も一度停止線で止まらなかった、と違反取られたので、それから停止線を意識して
    よく見るようになりました。

    ユーザーID:5209675696

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 屁理屈かも・・・・

    正直、私は大型車の侵入だろうが歩行者保護だろうが、停止線で停まらなければならないことに変わりはないので、どちらでも良いです。

    もう屁理屈でしかありませんが、停止線がある脇道が大型車通行禁止だとしたら、何のために手前に停止線を引くのでしょうね。普通車の円滑のため?

    なぜ歩行者保護を否定してまで、大型車の侵入の円滑を主張されるのかよく分からないのですが、何か恨みでもあるのでしょうか。

    ユーザーID:4138148618

  • ちらむんさん

    読んでいて感じたのですが道路交通法の円滑という言葉の意味を勘違いなさってませんか?
    円滑をスムーズとかスイスイとかのニュアンスで捉えてませんか?
    道路交通法における円滑とは「滞らないための判断基準」という事です。
    安全のための円滑、円滑なければ安全もない。
    両立しなければならないという意味です。
    この円滑の逆はカオスです。

    ようはプライオリティ(優先順位)関連のニュアンスであって、
    優先順位があるから判断に迷って滞らない、すなわち安全。
    人や車や自転車の通る場所を決めてるから滞らない、すなわち安全。

    解りやすくいうと
    歩行者は歩道、自動車は車道、
    青信号が優先、
    黄色点滅と赤点滅なら黄色点滅が優先、
    交差点を曲がる車より青で横断歩道をわたる歩行者が優先、
    交差点では直進が優先、
    道幅がほぼ同じ道で右折同士が出くわしたなら左方優先、
    本線と合流なら本線が優先など、
    円滑とは「判断に迷って交通が滞らない」、
    カオスにならない為のルールをもって円滑な通行、
    安全かつ円滑は道路における危険を防止する目的という冒頭から両方つながるわけです。
    決してスイスイのようなニュアンスではないのです。

    ユーザーID:5394492578

  • 芝桜さん

    >優先道路から右左折で侵入する大型車の件も、停止線で停まるべきというトピの話とズレてませんか?円滑の話の流れで出てきただけで、このトピの本質と関係ないような。

    先にも書きましたが、
    なぜ一時停止の際、停止線で一度完全に止まらなければいけないのかという理由が、
    停止線で完全に停止したうえで、右左折してくる車がないかしっかり見極める、
    それは(横断歩道を除いて)交差点を曲がっている車、あるいは曲がり終えた車の進路を妨害してはならないという道路交通法の基本的な法規があるからです。
    非優先側が停止線で一度完全に止まらなければいけないその理由こそ、
    トピの本質と関係ないどころか、
    トピ主の疑問へのドンピシャの回答だと私は思うのですが。

    ユーザーID:5394492578

  • トピ主不在でまとまらない

    何だかレスがカオスな気がします。
    円滑は重要ですが、停止線で停まるべきと言ってる人が円滑を無視してるわけではありませんから、円滑の議論はこのトピとズレてきてると思います。あと、優先道路から右左折で侵入する大型車の件も、停止線で停まるべきというトピの話とズレてませんか?円滑の話の流れで出てきただけで、このトピの本質と関係ないような。

    そもそも、停止線で停まるべきという意見を非難して、何か建設的な話ができるのでしょうか。
    それが侵入する大型車を考慮した位置だろうと、歩行者保護のためだろうと、停止しなければ違反なのは同じです。


    歩行者について言及している方はおそらく、優先側に歩道がある場合に、停止線で止まらないばかりか歩道を全く意識せずに車道に掛かる位置まで飛び出してくる車のことを想定しているかと思います。これは歩道がなくても同じことが起きます。

    大型車の右左折だろうが歩行者保護だろうが、停止線で停まるべき。これは変わらないのです。

    ユーザーID:7600461072

  • 再々カエルくんさんへ

    事例への反証に文字数が尽きましたがカエルくんさんの一番間違っている所は、

    >車両運転の義務は「安全運転」ではありません。そう考えている方はぜひ免許を返納してください。

    これです。
    だって道交法70条(安全運転の義務)にそう書いてあるんだもん。
    円滑はあくまで安全を確保した上での努力義務に過ぎないのです。
    第7節、39条から41条は丸ごと円滑を阻害してますし、14条、38条なんかも安全優先が明確です。

    折角取った免許なので返納しろとは言いませんが、安全と円滑が並列だと考える人は道交法を読み直す事をお勧めします。(寛大だなあ)

    仮免教習車、初心者・高齢者マークの車は往往にして円滑を阻害します。特に一車線道路なんかね。しかし、それを見て円滑も大事だからサッサと走れよ!と思うでしょうか?
    安全の為だから仕方ないね、と内心忸怩たるものがあってもお付き合いするでしょう?

    ユーザーID:4439084589

  • 通行帯違反?

    通行帯違反のことをおっしゃっているのでしょうか?

    この取締が円滑のためであるというのなら、右左どの通行帯も法定または規制速度上限でスムーズ流れているにもかかわらず違反になることの説明は付きません。円滑な交通を阻害していないのですから。
    カエルくんさんも書かれたとおり、右端通行帯は追越し(一般道では右折車も)の為に開けておくべきものです。何故なら「安全な追越し」を阻害するものだからです。
    また右端通行帯を長期走行すると、左方からの追越しという危険な走行を誘発する為なのです。

    第1条を読みましたか?と尋ねたのは、通常日本語では(多言語でも)最初に書かれ、しかも繰り返される言葉が最も重要で、それ以外も重要であっても優先順位は低いからなのです。

    最近の警察は取締の際とても柔和です。切符切った後は「安全に気をつけて走行して下さい」という有難い言葉を掛けてくれます。「円滑な交通にご協力下さい」とは言わないのです。
    建前かどうかはともかくね。

    ユーザーID:4439084589

  • ちらむんんさん間違っています。

     「安全かつ円滑」は安全と円滑ではなく順位が付くものではありません。

     法律の文章は「と」で接続されていますが理解は「安全を計り」「円滑を計る」と言う意味です。両立を図るです。勝手な解釈は事故の元です

     >>警察による取締りが危険防止・・・・
     「円滑に違反」して取り締まれた人なんか聞いたことないでしょう。「0」ではないです。高速道を追い越し走行せずに追い越し車線を走行し続けていとりしまられた人は少なからずいます。それほど円滑に対する取り締まりはやりようがないというのが実情なだけです。

     何回もい言いますがトピ主さんはルールを破ると言っているのではないなんでこんなに手前に停止線があるのか理解できないからその回答を必要としてるのです。

     私の住む近くでわかりやすいところは『新潟県燕市市役所』ここをグ○グルアースで役所前の広域農道を1キロほど進むと○○製作所交差点があって、ほかの交差点と比べ道路が広い割に停止線が後方にあります。(実際は右手の見通しも悪い)

     此処に立って何故交差点後方5メートルで一時停止なのだろうと考えれば一目です。

    ユーザーID:7553246851

  • 追伸

    >信号のある交差点で、左折して侵入してくる大型車が多い場合に、停止線がかなり手前にあるのはじいさん様が書かれた通りですが、トピにあるのは信号のない交差点のはずですから、その話とは関係がありません。

    信号のない一時停止の交差点でかなり手前に停止線がある交差点などいくらでもありますよ。
    例えば郵便や宅配便の大型集配基地近所などや溶鉱炉など大型機器を作る工場の近所など、
    信号がない交通量が多くないような交差点や意外なほど閑静な生活道路でも、大型車の通行がある右左折が多い所では停止線はかなり後ろにあったりします。
    私が知る某日本郵便支店の近所などは信号なしで50mほど手前に停止線がある場所があります。
    一時停止の停止線で止まって左右確認などできっこない交差点に出るまでの距離がすごいのです。
    そんな交差点状況が全く見えない場所でも一時停止線で完全に止まる必要があるのです。
    トピと関係なくないですよ。

    ユーザーID:5394492578

  • 回答します

    >あたかも正しいかのように書かれてますが、仮にそうだとしたら見通しの悪い交差点では永久に進めませんね。進んだタイミングで優先権のある側から大型車が侵入してくるかもしれませんから。

    永久とは大袈裟だわ。
    鉢合わせた場合は非優先側なのでバックして先に行かせるしかないではないですか。
    そういうルールですから。
    それにあたかも正しいって、道路交通法をきちんと理解していれば書いてるのですが。

    そもそもある程度以上交通量がある場合は信号機が設置されます。
    仮に信号機があっても夜間など一定量より交通量が少なくなると時間帯で円滑な交通のため点滅信号になるのはご存知かと。
    交通量が少ない全ての交差点に信号機を設置するのは途方もない予算と労力の無駄、円滑な交通の流れを阻害する事にもなり利点より問題が大きい。
    だから交通量の少ない交差点では優先道路と一時停止で信号機の代わりをまかなってるわけです。
    信号機がないような交通量の少ない交差点で永久に進めないとは、それこそ、これ如何にです。
    あと別の方、「車両等」に歩行者は含まれません。
    原付やバイク、自転車、リヤカー、路面電車等で歩行者は歩行者です。

    ユーザーID:5394492578

  • 「安全と円滑」の伝道師さんへ

    道交法1条目的は読みましたか?
    この法律は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り・・・・・です。

    まず、道路上の危険の防止なのです。その上でその他の安全(繰り返されます)次に円滑なのです。当然円滑より安全が優先されます。
    なので、一に安全、二に安全、三四がなくて五に円滑なのです。

    警察による取締りが危険防止(安全)なのは各警察のWEBページでも確認できます。例を挙げると山口県警のQ&A に、「危険性の高い違反に重点を指向した交通指導取締りを実施して交通事故の発生を抑止することとしています。」とあります。
    警察は安全のため取り締まっているのであって、円滑のために取り締まっているのではないのです。違反点数表にも安全運転義務違反はあっても円滑妨害運転義務違反はありませんし、その他安全の付く違反種別はあっても円滑は無いのです。

    なので、このトピを取締りへの愚痴と考えた人は「安全のため」と考えて当然ですし、第1条の趣旨から奥まった停止線も「ここで一旦停止して侵入車の有無を確認しないと、事故になる可能性が高いよ。交通の円滑にも寄与するしね。」と解釈するのが正しいでしょう。

    ユーザーID:4439084589

  • 停止線の位置を決める人は?

    停止線の位置を問題視するよりも、ドライバーとして決められたルールを守ることが前提でしょう。

    ですが現実は、私も必ずしも停止線を守って一度停止してから、
    そろそろと前進して再度左右確認しているかと言われたら、守っていないときはあります。

    しかし、それはあくまでも自己責任でやっていることであり、
    その際に違反を指摘されれば、素直に受け入れます。
    建前論では確実に違反をしていますから。

    ぜったいに検挙されたくない人や、効果が低くても少しでも事故のリスクを下げたい人は、
    たとえ無駄だと思っても、停止線でいったん停止してるんですよ。

    とぴ主には、この現実と建前を分けて考えれていないように見えます。

    ユーザーID:7634969886

  • じいさん様

    >じいさん様
    あたかも正しいかのように書かれてますが、仮にそうだとしたら見通しの悪い交差点では永久に進めませんね。進んだタイミングで優先権のある側から大型車が侵入してくるかもしれませんから。

    信号のある交差点で、左折して侵入してくる大型車が多い場合に、停止線がかなり手前にあるのはじいさん様が書かれた通りですが、トピにあるのは信号のない交差点のはずですから、その話とは関係がありません。

    ユーザーID:6462015832

  • ??

    >>白い祠さん

     それを言っちゃあ、信号だって手前で安全が確認できれば守らなくてもよくなっちゃうよ。

    ユーザーID:6804650368

  • じいさん様の指摘により道交法43条を読みました!

    確かに、道交法43条の規定では

    「交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない」

    とあります。

    ただ、ここには「車両等」とありますので、交差道路を通行する

    「歩行者」

    が該当するのではないでしょうか? 違いますか?

    ユーザーID:0470075563

  • 道が細いんじゃないすか

    見通しに議論が集中しているようですが、交差点中央よりかなり奥まったところに一時停止線が引かれる最大の理由は、道幅が狭いので、あまり前に出られると交差している道路からトピ主さんのいる道に右折左折で入れなくなるからじゃないですか。

    交差点中央でかち合っちゃうと、事故になら無かったとしても、互いにバックしないとすれ違えなくなるでしょう。

    見通しの悪い交差点では、たいがい、信号機かカーブミラーがあって、それら見ながらゆっくり進まないと。ない場合は、よくとおる道なら警察に信号機かミラー設置お願いした方がいいでしょう。

    徐行どうしといっても、10キロ10キロどうしなら20キロ。結構なスピードになります。
    向こうがトラックだったらと想像すれば、自分の安全のために一時停止するにこしたことないとおもうんすよね。

    ユーザーID:2363419151

  • 白い祠さん

    >それとも停止線で時速2−3キロにして、同じく安全を確認しながら進むのと、
    どれだけ安全に差があるのでしょう?

    優位な差は無いだろうがこれはルール。みんなが守ってこそ意味がある。

    あなたは例えば見通しの良い道路で赤信号で車両停止した時、周りに歩行者も車両も無い場合、信号がまだ赤であっても徐行進行するのだろうか?

    すると答えるなら極めて稀な方と言わざるを得ない。30年以上運転しているがそんな人は見たことない。

    しないと言うなら、その理由は何なのだろう。あなたの主張は停止線と信号で見解が異なるのだろうか。

    理不尽だと思えば警察なり公安委員会に主張すればいいのであって、ここで言っても何も改善されない。

    検挙された時も署名せず堂々と意見を主張すればいい。
    それが正しければ主張が通ることもあるよ。

    ユーザーID:4439084589

  • ときどき見かけます

    停止線で止まらず、オーバーして止まっている車。
    長ーいトラックが左折できずに困るパターンね。グダグダしてると信号が変わって、気の短いドライバーが警笛鳴らしたりしようものなら、運転が荒いと言われている地域なので、修羅場になるのでは・・と一瞬凍り付く交差点。

    事なきを得て車が動き出すと、歩行者も、自転車も、信号待ちしてたすべてのドライバーが「停止線オーバーして止まったこいつが元凶」という目で見ていくのね。

    そんな場面をしばしば目にするわけだから、停止線ってちゃんと意味のある場所に引かれているのだと登校班の子どもでも知っていますよ。

    ユーザーID:9270902330

  • 規則

    小遣い稼ぎは置いておいても、規則があっても自己流解釈する人が一定数居る以上、もし無かったらどれだけ自分中心になることか。

    数多の海外動画を見ると良いと思います。完全に止まって居る事と、僅かでも動いてる事は180度違いますから。

    ユーザーID:0134509899

  • 「安全と円滑」の伝道師

     >>なぜトピ批判者こそ免許返納なのか、意味不明です。

     お答えします。

     私の地元には工業団地等造成地が多くあり、利用者が増えると一時停止の交差点に信号が設置される場合があります。
     この事例でちょくちょく不思議な事が起きます。

     「信号が設置されると元一時停止側の停止線が後方に下がる」というのが見られます。信号がない時は交差点近くに停止線が引かれ信号設置で3メートルくらい手前に引きなおす、旧停止線を消した跡が残るので誰でもわかります。
     ちなみ信号設置で稼動してもしばらくは赤と黄色の点滅信号ですので一時停止側は今までより3メートル後方で一時停止が必要になります。

     一時的とはいえ、なぜ一時停止の場所が後退するのでしょうか。
     これを「安全」で説明する事は不合理、不可能です。
     円滑で説明すれば一発です。
     信号3色点灯の時、赤で今までの位置の停止線に停止されると青側の右左折の妨げになる場合があるからです。

     だから何度も言うように運転は『安全かつ円滑』しつこいけど『安全かつ円滑
    』なのです。円滑が理解できない人は免許返納と言っているのです。

    ユーザーID:7553246851

  • 大事な事は・・・にお答えします。

     あくまでもトピ文にある交差地点からかなり後方に停止線がある事例です。

     『安全』という概念しか持ってないから理解できないのです。
     確かにトピ主さんや白い祠さんが言うように最々徐行で停止線を越えても「安全」は確保できるでしょう、多分。
     しかしこういう交差点で停止線を越えた時点で右から大型トレーラーが左折してきたらどうしますか。

     当然安全のために止まるのでしょうが停止線の先で止まられても邪魔です。トレーラーの迷惑なのです。だってトレーラー左折できないから。

     こういう交差点では交差点に入る前に左折行動をする大型車がいない事をまず停止線の位置で確認して2段階停止をする必要があるのです。

     2段階停止中に大型車の左折があった場合はバックする、バックできない場合は「正当な行為で先に交差点に侵入したのであれば優先される」が適用される。ただし正当な行為を証明するのは難しいです。(というよりトレーラー側が我慢)

     何回も言いますが車の運転は『安全かつ円滑』です。

     円滑のために停止線が後方に引かれているのです。

    ユーザーID:7553246851

  • 基準はだれが決める?

    > もちろん停止線で充分速度を落とさずに進んでしまうのは論外です。

    十分な速度とはだれが決めるのでしょうか。
    人それぞれ”十分な速度”の基準は違うと思いますが、それでは安全が確保できません。
    したがって明確な基準として”止まる”ことが求められているのではないでしょうか。
    止まっているか、動いているかは誰が見ても違いは明らかでしょう。

    また、停止位置も”どこまでが安全か”の基準も人それぞれでしょう。
    そのまちまちな基準では安全が確保できないため、停止線で止まることが求められているのではないですか?。

    人によって異なる判断基準で運転してると混乱するため統一の基準(法律)が出来ていくのではないでしょうか。
    それを”自分はこう思うから”で無視されては迷惑ですね。

    ユーザーID:6706768018

  • 追伸

    カエルくんさんの仰る通りが正しいです。
    >「歩行者が危険」だとか「他車の安全」を妨げているという意見は作り話でしかありません。

    一時停止の意味は信号のある交差点の点滅赤信号と同じです。
    優先権のある側の道路が点滅黄色信号と同じく徐行しながら進行、
    および右左折を行なう。
    優先権のない側の道路が点滅赤信号と同じく停止線で一時停止を行い、優先側の道路の直進および右左折を妨害しない。
    そして優先側の流れがないと判断した後に妨害しないようトロトロ徐行した後に交差点の見える位置まで出て左右確認して進行する。

    一時停止と停止線は信号がない場所での信号と同じ意味であって、
    冒頭にある歩行者の危険とか他車の安全は全く関係ない作り話であって、本トピで回答されてる方々の多くが知らないのが驚きです。
    あくまで円滑な交通のための交通ルールだという事です。

    ユーザーID:5394492578

  • 何度も冷やりとしました!

    最近、女性の運転手で停止線をオーバーして、脇から歩道ぎりぎりに止まる?止まると見せかける車がとても多いです。

    自転車で歩道(歩行者、自転車通行可)や車道の左側を走っている時は、左から出てくる車に何度冷やりとした事か。
    時には心臓がドキドキして、本当に怖い思いをしています。

    この場をお借りして‥
    ドライバーの皆さまへ

    停止線で止まる時は早めに減速を心掛けて下さる様、お願いします。

    ユーザーID:7309573808

  • 停止線に一時停止する意味

    これだけたくさんの方がコメントされてるが、
    左右が見えないずっと手前の一時停止線で一時停止する意味を解ってる人って実はほんの少数なので驚きました。
    中には歩行者保護のためとか書いてる方もいますが、それ違いますよ。
    一時停止線のある道路は優先道路でない側です。
    ずっと手前に一時停止線が引いてあるのは優先側の横方向からの右左折車が曲がって来た時に進路妨害にならないようにです。
    非優先側なので停止線で一時停止をし、左右方向から来る車の妨げにならないようにする。
    特に大型車やバスなどは曲がる時、
    内輪差が大きいので道路に対してまっすぐになるまで距離が必要です。
    大型車が妨げにならずに曲がれるよう、
    停止線は例え左右が見えなくてもかなり手前にあったりするのです。
    非優先側なので完全に停止した後、左右からの車両が来ない事を注意しながら、ゆっくり徐行し、左右方向からの車と出会い頭にならないように進み、初めて交差する道路を見渡せる位置にまでトロトロと進み左右確認を行なう。
    その時に横方向の車だけでなく歩行者も厳重に注意しなければなりませんが、歩行者保護の意味で一時停止用停止線があるのではないのです。

    ユーザーID:5394492578

  • それと、とぴ主擁護派の皆さまへ

    デュークさんのおっしゃっていることはご尤もです。

    ですが、今回のとぴ主さんの話をよく読み返してください。

    トピ文では、一時停止で捕まった一事例から始まってはいますが、話の後半では、

    >停止線より少し前に出て,よく見通せるあたりで安全のために左右の確認をする
    >このほうがよほど交通安全になる

    と、一時停止の在り方について踏み込みました。

    ですがこの時点では、読めば判る通り、己の目視確認のみにしか言及していないことから、他の歩行者等に己の存在を知らしめる意義については、無理解であったことは明白です。

    だから、それを感じた多くの人が、自分の存在を知らしめる意義を教えたのですよ。

    ところがとぴ主さんは、レスでは、自分が語った一般論など知らぬが如くに三叉路という一事例に戻して、ここでは当てはまらないと反論し且つ、何の根拠も示さない外国という言葉で捨て台詞を吐いたのです。

    しかし、「すべてがこういう見通しの良い停止線に」と書くあたりから、見通しが悪いからこそ停止線に意味があるとは、最後まで理解できなかった残念な御仁ですよ。

    この方をどうして擁護出来るのかが理解出来ないです。

    ユーザーID:4407245272

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧