料理・食事について教えてください。

レス9
(トピ主1
お気に入り52

妊娠・出産・育児

育休ママ

私には生後5か月の子どもがおり、
半年後に職場復帰することが決まっています。

産休に入るまではフルタイムで働いており、
夕食にラーメンや焼きそばだけということもよくありました。

世間的には、夕食にラーメンや焼きそばは「ナシ」なのだと
小町を読んでいて学びましたが、それまでは
そんな食事でも「アリ」だと何の疑問もなく思っていました。

焼き魚+かに玉+冷ややっこ+コンソメスープのような
和洋中華がごちゃまぜでたんぱく質だらけな献立でも「アリ」だと思っていましたし、
夕食にラーメン+餃子を作った時には自分はすごく頑張ったと思っていました。

育休の間に勉強して、世間一般的な食事を子どもに
食べさせてあげられるお母さんになりたいと思っています。

そこで4点教えてください。

1.
皆さまは、夕食には毎日一汁三菜の食事を
作っているのでしょうか?

2.
栄養バランスやおかしくない献立の組み合わせは、
どのように勉強すれば身につきますか。

「昼食ではアリだけど夕食でこのメニューはナシ」というのは
どこで学ぶのでしょうか。

3.
「(料理名)の元」のような、具材にかけて焼くだけ・
混ぜて煮るだけの調味料は基本的には使いませんか?

だしも子どもがいる場合、自分で取るのが普通でしょうか。

4.
子どもの食事について
添加物はどの程度気にしてあげるべきでしょうか。


なお、私の料理スキルは下記のような状態です。

・魚はさばいたことがありません
・カレーなどは市販のルーを使ってしか作ったことがありません
・煮物や照り焼きは目分量で調味料を入れて作れます
 (ただ、お客様に出せるほどの自信はありません。。)
・飾り切りはやったことがありませんが、玉ねぎのみじん切りはよくやります

ユーザーID:9473300291

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 勉強するほどのことではない。

    自分の子供に添加物たっぷりの食事を与えることに抵抗がないならそれでいいと思う。
    感覚は勉強して変わるものじゃないから。
    でも、子供の身体が気になる。不安になるなら、不安にならない食事を与えればいい。
    それだけのことでしょ?
    一汁三菜に拘っても、疲れるだけです。
    拘らなくても出来てる人になるしかない。
    だから、あなたが子供のことを思って作った料理でいいんじゃない?

    ちなみに私は添加物気にします。〇〇の元、使いません。
    餃子も皮から作ります。
    一汁三菜は気にしません。でも、野菜はたっぷり食べます。
    夕食にラーメンはしません。でも、焼きそばはします。好きだから。
    焼きそばにはそばよりも多くの野菜を入れます。人参・キャベツ・玉ねぎ・モヤシ・ネギ・キノコ類などなど。
    そして、サラダとスープは必ず付けます。
    私にとって家で作る料理は栄養です。美味しいことは当たり前ですが、栄養を摂ることが目的。
    だから、外食のような食事では身体に悪そうで気になるのです。
    自分が心地よく食べられる、家族に与えられるのが大切なことです。

    ユーザーID:8161511152

  • 専業主婦とワーキングマザーでは違って当然

    仕事に復帰なさるのですから、とにかく「できる範囲で」を心がければいと思います。

    1;当たり前に作っています。子供にも2歳ぐらいからはこのパターンで
    カレー+サラダなど、例外の日もあります。

    2;小学校の給食の献立が基本。昼ごはんは炭水化物中心になるので、晩御飯でたんぱく質、ミネラル、ビタミン類を補うと考えたら、自然とわかるはず。
    中学・高校の家庭科で習ったはずですよ、本当は。

    3:働いてるならアリだと思う。毎回ではなくて上手く利用して、暇な時は素を使わず味を再現する工夫を

    4:最大級気にしてあげてほしい。ハムやソーセージの多用は要注意

    献立は主菜を考え(肉料理か魚料理かを)その味付けを(醤油味か塩味か味噌味か、和風か洋風か)中心に副菜は和風なら和風でそろえ、味付けが重ならないように(例:味噌味2品にならないように)残り2品作ります。
    焼いた物・煮た物・和えた物の組み合わせで、1品は温度のない物にします。(お刺身、サラダ、和え物、冷ややっこなど)
    主菜1品+副菜2品はこの組み合わせを考える事が大事です。

    ユーザーID:4395743429

  • 楽しい食卓が第一

    結婚25年のアラフィフ主婦です。
    子どもはいないので、4についてはごめんなさい。

    女だから、主婦だからって料理大好き、大得意とは限りません。
    主婦はシェフではないし、全員が栄養学の専門家とも限りません。
    理想を目指すのは良い事でしょうけど、頑張りすぎても息切れしますよ。

    1.拘ってません。

    2.夕食にラーメンも焼きそばも、我が家はアリです。
     特に焼きそばは、野菜も肉も一緒にたくさん食べられます。
     餃子は野菜を食べる料理だと思っているので、ラーメンとセットでも問題ないと思ってます。

     トピに書かれたタンパク質だらけも、1食くらいなら気にしません。
     その日の他の食事や、前後の日でバランスを取れば良いことです。
     栄養バランスについては色々な情報があり、流行のようにコロコロ変わっていきますが、今は病院などで独楽のイラストのポスターがよく目に入りますね。

    3.出汁は特に取らずに昆布を入れるだけが多いです。
     〇〇の素は、私はレトルトは嫌いなので使わず、カレールーなどと某社の麻婆豆腐の素は使ってます。

    ユーザーID:0426215428

  • 娘が一人いる母親です。

    1.基本的には、メインの肉か魚、野菜を使った副菜を二種程度、汁物になるようにはしていますが
    仕事が忙しいときは、カレーとレタスちぎったサラダだけ、なんてこともあります。

    2.実家の母を手伝うなかでなんとなく身についたというか、大げさなことじゃなく、
    タンパク質と炭水化物と野菜が一回の食事で取れるようにと、おかず同士の調理法(煮る・焼く・蒸すなど)が
    かぶらないように気をつけている感じです。

    3.使うこともあります。疲れていて調味料を合わせるのも面倒くさいときなんかに便利ですし、
    自分の中にない組み合わせがあって「おお!」となることもありますので。
    出汁は簡単に取れ、作り置きができますので、余裕があればやってみてもいいと思いますよ。

    4.完全に取り除くのは無理だと思っています。まあでも、出来るだけ体に良くて美味しい物を
    食べさせてあげたいなあ、舌の経験値を積ませてあげたいなあという気持ちはあります。
    だからって贅沢な食材をバンバン使うとかじゃないですよ。

    ユーザーID:3481481596

  • まずは学ぶ

    とりあえず、お子さんが離乳食が食べれるようになったら作ると思うんですが・・・

    幼児に食べさせていいもの、食べさせてはいけないもの、などをまず学ぶことです。

    味付けも最初はほとんど味がしないくらいの薄味からはじめることになるでしょう。

    そして徐々に慣れていき、だんだんと大人の味に近づくわけです。



    大人の食事に関しては、ご飯のおかずが前提としたら7〜8割は野菜、あとはお肉と魚と思えばいいのでは?

    お肉と魚は1日おきにするとか。

    野菜は煮物・サラダ・炒め物・汁物・温野菜など、いくらでも方法はあります。

    ネットで検索すれば、迷うほどにレシピが出てくるでしょう。

    夕飯ならご飯+おかず2〜3品+汁物、くらいでいいんじゃないですか?

    お昼に一人で食べるなら、おかず1品でも。

    とりあえず朝昼夜問わず、野菜をなるべく多くの種類をとるように心がければいいと思います。

    最初は難しいことは考えず、レパートリーを増やすことです。

    そして少しずつ栄養やバランス良く食べるには・・・など勉強しては?

    ユーザーID:9984403451

  • 適当です

    1.一汁三菜の日も有ります。
      毎回三菜作るのではなく、前回の食事の残りで一菜になることが多いと思います。
      夏場は汁物はしないことが多いかな。
      忙しすぎた日には、ワンプレートでおしまいの日も有ります。

    2.和、洋、中華がごちゃ混ぜはよくあります。  
      脂っこい物ばかりはどうも嫌なので、
      煮物や具だくさん味噌汁を中華や洋食のメインに付けることも多々有ります。
      タンパク質だらけはしませんね。
      必ず、野菜料理をします。
      お手軽メニューはランチにすることが多いだけで、
      忙しかったらお手軽メニューが夕食になることがあります。

    3.たまに使います
      でも、めったに作らないメニューならこういう物を利用してもいいのですが、
      頻繁に作るのであれば、きちんと調味料をそろえて一から作ります。
      こういう物は値段が張るからね。
      
      和風だしは昆布とかつおでとります。
      出来上がって味を調節する際や、邪魔くさい時には濃縮つゆタイプを利用します。

    4.あまり気にしていません
      外食をめったにしなければ、まず大丈夫というのが私の考えです。

    ユーザーID:1745227886

  • トータルバランス

    家庭料理なんですから、そんなに固く考えなくてもいいかなって思います。
    タンパク質だらけの食卓になったら、次の食事では野菜を多くとるとか。
    1週間ベースくらいで、バランスが取れていればいいのでは?


    1、一汁三菜を心がけてはいますが、一汁二菜なことも多く、それにお漬物とか納豆とか。
    でも、お味噌汁など汁物は欠かしません。


    2、今は献立の本や、ネットでもいろいろ検索できますので、参考にするといいと思います。
    色みをバランスよくすると、割と栄養もバランス取れますよ。

    3、○○の元のようなものは、基本的に味がとても濃いので、あまり使いません。
    どーーしても時間がないとき用に、2種類くらいは常備してありますが、賞味期限が近くなるまで使わないことも多々です。
    でも、離乳食の時から、だしは顆粒だし使ってます。

    4、明らかにこれは着色料だらけだなーとか、そういうのは避けますが
    あまり極端には気にしていません。
    お惣菜とか、○○の元とかに頼ると、どうしても添加物が多くなるので、
    できるだけ手作りを心がける程度でしょうか。

    ご主人がよければ、夜に焼きそばもアリでいいと思いますよ、私は。

    ユーザーID:2205138494

  • ありがとうございます。トピ主です。

    おひとり、おひとりにお返事できず申し訳ありません。

    ご回答いただいた皆様、ありがとうございます。

    とても詳しく書いていただいたので、大変勉強になりました。

    皆さまの回答を読んでいて、
    「あまり難しく考えすぎるのもよくないかも」
    と思えましたので、できるところから始めてみます。

    まずは、私はレパートリーが少ないので、
    今まで作ったことがない料理も調べて作ってみるようにします。

    また、今は比較的時間がありますので
    「○○のもと」は使わないでもその料理が作れるように
    いろいろ試してみます。

    添加物を気にしながら買い物をするのは私にはちょっとハードルが高そうなので
    (添加物の種類が多くて覚えられません。。。何かいい方法はありますでしょうか?)
    まずは「○○のもと」を使わないようにすることで
    添加物の摂取量を抑えられたらなと思います。

    ユーザーID:9473300291

  • 参考書

    役に立つ参考書をお勧めします。
    【女子栄養大学出版部】の食品成分表の本や「なにをどれだけたべたらよいの」という本です。簡単なメニューの組み立て方が学べます。
    書店の料理本や家庭の医学のようなコーナーに必ずあります。

    育休ママさんはお食事をアリかナシで書いていますが、基本的に栄養のバランスが取れていれば何でも「アリ」です。
    ただ、焼きそばやラーメンだけとなると人間が必要とする栄養素を満遍なくとるのが難しくなるので一汁三菜の定食風を作ると手っ取り早くそれが満たせるのですね。
    また、○○の素のような調味料には自分で普通に作るより添加物が少し増えてしまうので子どもさんには頻繁に使わないほうがいいのではないかと思います。

    凝ったメニューや品数にこだわるより必要な栄養素と適正なカロリーが食事には大切かと、プラスおいしければ言うことないです。

    あと裏技というほどのことでもないですが時間がない時はご飯と野菜を何でもかんでも放り込んだ豚汁を作ってたまご焼きや焼き魚のようなたんぱく質のおかずをつけます。汁の中に二菜分の原料を入れ込んだ形です。
    楽に必要な栄養が取れますよ。

    ユーザーID:5170299548

レス求!トピ一覧