現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

社会保険適用拡大の背後で

非常勤
2016年3月8日 0:16

1年契約のパートタイマーとして、同一の会社に20年間勤めています。
これまでは週20時間から30時間程度の勤務時間数でした。
職種は、特殊な技能が必要なもので、現場では常に人材不足、人手不足が課題となっています。

ところが、新年度の契約更新から、私の勤務時間は週20時間以下に削減されてしまいました。
中間管理職的な仕事も任されており、年度末の人事評価では、好評価をいただいていたのに驚きでした。

この背景には、2016年の10月から、社会保険が適用される短時間労働者の対象が拡大されることが影響しているのではないかと推測しています。
勤める会社は、上場を目指しており、法令順守の立場から社会保険負担の義務を負う姿勢は示すが、実質的な負担は極力減らそうと考えているように思えます。
このような事例が増えては、ますますパート労働者の雇用は不安定になり、また収入減につながると思います。
年度末に契約更新を迎えたパートの方に、同様の事例はないでしょうか。

ユーザーID:4925106776  


お気に入り登録数:51
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:1本
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です
非常勤(トピ主)
2016年3月9日 23:29

コメントを下さった皆さまへ

色々なご意見をいただきありがとうございます。
特殊な職種ですが、具体的な状況を書くことができず、
少ない情報で、ご意見を求めたことが誤解を招いてしまったようです。

皆さん、私が扶養の範囲内で働いているとのお考えでコメントをくださったようですが、扶養は外れるだけの収入があり、今年も確定申告を済ませました。
「20年も働いて正社員になろうと思わないのか」とのことですが、現在勤める会社では、これは希望しても成れるものではありません。
他の会社を探す。確かにおっしゃる通りですが、この業界はおそらくどこの同じ状況です。

今回、具体的な状況を伏せてでも投稿した理由は、
非正規雇用の労働者を守るためと称した法改正で、思わぬ締め付けつけが生じていることを一つの事例としてお伝えしたかっただけです。

事例を客観的に見ることの難しさを体験させていただきました。
コメントをくださった方々にお礼申し上げます。

ユーザーID:4925106776
 
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

現在位置は
です