現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

愛犬の病気 心に保険をかける自分が嫌

emy
2016年3月8日 5:34

大切な大切な愛犬(13歳)が重い病気になりました。
病院に通って点滴や注射をして、家では薬を飲ませ、
少しでも良くなるように日々頑張っています。
しかし、いつか来る「その時」の事を考えてしまい、
自分の心に保険をかけてしまいます。
いなくなった時のメリットを探して「その時」が来ても悲しまないように
この子がいなくなったら、あれもできる、これもできる、と。
そう考えた後に、「なんでこんな事を考えてしまうのだろう、自分は悪魔だ」と
自己嫌悪に陥り泣いてしまいます。
愛犬に申し訳なくて仕方ないです。
何より大切なはずなのに。
酷い飼い主です。
こんな自分が嫌で仕方ありません。
どうすれば良いのでしょうか。
喝を入れてください。

ユーザーID:0161335648  


お気に入り登録数:15
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
酷くない。
もーる
2016年3月8日 12:25

その考えは酷いとは思えません。そう思わなきゃ、辛さに負けてしまうとか、そういう気持ちがあると思いますから。

ユーザーID:0963778379
愛してるからだよ
るるど
2016年3月8日 12:59

大切でもなければ可愛くもない。
そんな相手が死ぬと判っても、心の保険はかけませんよね。
だって、何のダメージも受けませんから。

大切で大切で、いざその日が来たら耐えられないと思うから、
そういうことをするのです。
逃避の一種じゃないですか?

むしろ、「悲しみをあるがままに全部受け止める」なんて人の方が、
私は不自然に感じますけど。

ユーザーID:2735046018
優しい主人
北の国から
2016年3月8日 13:00

北のアラ還オジサンです。
私の愛犬は、13才で10年前に亡くなりました。
ですが、今でも愛犬を毎日思い出し、話かける状態です。
死んだ直後は、寂しい思いが主でしたが、今は穏やかに思い出します。
トピ主さんが、自分に保険をかけていると、自分を責める気持ちはわかります。
ですが、私が感じるのは、それだけ愛犬に対する思いが強い事です。
そんなに、自分を責めないでください。
昨日、渋谷ハチ公の映画がテレビで上映されていました。
ハチ公の主人に対する思いが伝わり、愛犬家として涙・涙の感動です。

ユーザーID:2610346332
それで良いです携帯からの書き込み
アトム
2016年3月8日 13:12

主さん…それで良いのですよ。保険を掛けて今の不安を紛らわているだけですよ。
実際亡くしたら違う感情に押し潰されるかも知れない。実際、この私がそうでしたから…うちは多頭犬飼いでした。家族犬です。いずれ親犬は亡くなる、その悲しみを想像したら堪えられない。それで女の子を増やし子供を三匹…主さんと変わらぬ保険です。その時は気付かなかった。増やした分だけ悲しみも辛さも増える事を…馬鹿ですよね!最初に亡くしたのは子供です。私は保険を掛けたつもりなのにペットロスで苦しみました。しかし、其れを救ってくれたのが残った犬達です。掛けた保険が救いになったのです。今は残っているのは三匹ですが、老犬だからいつ亡くなるかも知れない。でも人間って経験を積むと対処の方法も解る様になる。これも保険のお陰です。犬達は悲しむ飼い主を見たくない。どんな時でも笑ってる飼い主が大好きなんです。だから主さんがワンちゃんを亡くして泣くよりも、好きな事をして今迄出来なかった事を楽しんで下さい。主さん…保険を掛けて落ち込む事はありませんよ。ワンちゃんが、生きている間に出来る限りの愛情を与えたのだから…少ない残りのワンちゃんをお大事に…。

ユーザーID:0470096893
いいんですよ
oribe
2016年3月9日 11:12

現実を直視したくないから、心で逃避しているだけです。

本音は違うから苦しいのですよね。

自分で制御機能が働いているんです。

無理してるのわかりますよ


私も考えました。でも結局何もできていません。


泣かずにワンちゃんを抱きしめましょ

ワンちゃんが心配しますよ

抱いて暖かさを沢山感じてください。

ユーザーID:1462010780
そういう覚悟って持つのは大事ですよ
猫技師
2016年3月9日 13:12

自分の心を守るためなんだから、そういう事を考えても恥かしい事ではありません。

現にトピ主さんは重病のワンちゃんをキチンと世話しているでしょ?
ワンちゃんだって自分のご主人が自分の為に尽くしてくれるのは嬉しいでしょうが、自分のために辛い思いするのは辛いのではないでしょうか。

動物は人間より寿命が短いもの。病気だってどんなに気を付けていてもなってしまうものです。トピ主さんの所為ではありませんよ。

あまりご自身を責めず、ワンちゃんを寿命を全うさせるべく努力した事を誇ってください。

ユーザーID:4668409586
ご自分を責めないで!
きょん
2016年4月12日 0:01

つい最近、最愛のワンコ(ジャックラッセルテリア、14歳)を亡くしたきょんです。
うちの子もずっと病院通いが続いてましたし、亡くなる2週間前には救急搬送も2回あって、急激に衰えて、ついに逝ってしまいました(泣)。
今は悲しみに沈んでいますが、emyさんの「心に保険をかける」というお気持ち、痛いほどわかりますよ!
ワンコを愛して大事に思うからこその、心の動きだと思います。
どうか、そんなご自分を責めないで下さい。そして、ワンコのことをいっぱい抱き締めて上げてください。いつかはやってくる悲しい日…ワンコの飼い主だったら、想像するだけで泣いてしまいますよね。心に保険をかけること、ちっとも悪いことじゃありませんよ!

ユーザーID:1497444416
 


現在位置は
です