老人の水分摂取事情

レス8
(トピ主0
お気に入り12

生活・身近な話題

パンダの貧貧

実は昨年水分摂取を怠り熱中症になったことから水分摂取に敏感になりました。

普段の生活の中で何をどう飲むかを色々検討しました。

牛乳やココアも試しましたが、現在は水出し茶を利用しています。

500mlのポットにティーバッグ入りの水出し茶2パックを入れ室温で抽出(5分以上放置)しペットボトルに入れます。

飲み終わったらもう一度水出しして一日に1リットル緑茶を飲むという形に落ち着きました。

緑茶の健康効果は色々言われていますし、刺激も少なくかなり安上がりで気に入っています。

皆さんは意識して水分を摂取していますか。

ユーザーID:1783031681

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の場合。

    朝、起床後直ちにコップ1杯の水をゴクリ。→睡眠中、寝汗で失った水分補給。
    朝、昼、夕の食事のとき、ペットボトルのお茶は欠かしません。
    入浴前後はそれぞれ必ずコップ1杯の水。
    就寝前にコップ1杯の水を飲む。
    基本的に、発汗による脱水予防を重視します。

    ユーザーID:5493445798

  • 夏場は2リットル位でしょうか。

    前期高齢女性ですが、特に夏場は意識して飲んでいます。
    特に飲むのは冷やした麦茶、緑茶、ポカリなどです。

    家の中でも何もしなくても、大体1時間事位に100ccでも口にします(夏場のこまめの水分補給は大事ですから)
    夏場の屋外でスポーツする時は(休憩挟んで5時間くらい)クーラーボックスに1.2リットルは持参していくので、こまめに飲みますよ。

    夏以外の冬でも喉が渇かなくても、2時間事位には少しでもお茶や白湯を飲みます。

    だからと言ってトイレが近い訳でも無いです。1日7回くらいでしょうか。
    そして、就寝前には水をコップ1杯(冬場は白湯です)飲むのも20年以上ですが、夜中にトイレに立つ事は無いです。

    年取るほど水分補給はとても大切なので、お互いに意識して飲みましょうね。

    ユーザーID:8824971587

  • 麦茶

    アラフィフです。
    2月に起き抜けに脱水で倒れたことがあり、真冬でも水分摂取を怠らないよう気をつけています。

    茶葉をつかうお茶は利尿作用があり、汗もかく時期には水分補給効果は薄いそうです。
    また、コーヒーや、一般にダイエットティーとされるものも、利尿作用が強いそうです。

    麦茶は利尿作用がないので、夏の汗をかきやすい時期に麦茶を飲むのは、理に適っているそうです。
    ですので、脱水になりたくない私は、家では主に夏は麦茶を、秋〜春は白湯を飲んでいます。

    夏に汗をかいたときや、他の季節でも屋外を長時間歩いたりするときには、吸収されやすいように塩分を加えたり、スポーツ飲料を買ったりもします。
    濃くて飲みにくいと感じるときは、水も一緒に買って半分に薄めます。

    ユーザーID:5100249298

  • 2度目になりますが・・

    訂正させてください。

    夏場の屋外スポーツに持参する麦茶やポカリは、500ミリペットボトル×5本の間違いでした(飲みきれないですが多目に持参しています)

    朝起き掛けにも40年以上コップ1杯の牛乳は飲んでいるので、便秘無しの健康体です。
    何度も失礼しました。

    ユーザーID:8824971587

  • 食べる水

    私も一時は水分摂取にずいぶん神経をすり減らしていました。
    いついつ、あれを、どれくらい飲まなくっちゃって。
    でも、他の食事内容でそれは柔軟に変えなくちゃって思いました。
    例えばスープを飲んだ食事後は水分は足りている、
    どろどろのグラタンがメインの時は水分少し補充する、みたいに。
    体の声に耳をすましてそれに従って飲んでます。

    どこかで聞いてなるほど、と思ったのは「食べる水」のこと。
    何を飲むかより何を食べるかのほうが重要らしい。
    具体的には生の野菜や果物のことだったかな〜、詳しくは忘れました。
    飲み物よりも人体に必要なミネラルを補いやすい、
    酵素を含んでいるのでアンチエイジングになる、
    水分が消化吸収されやすい、とかの理由だったような。

    飲み物ってなかなかごくごく飲めませんけど、
    生野菜や果物を一瞬ガーっとボトルタイプのミキサーに
    かけたものだとゴクゴク飲めます。
    なるべく丸かじりかスティックにする(果物やきゅうりやセロリや人参など)
    女性は50才すぎたらエストロゲンが減って代謝が落ち、
    一気に老化するので、水分+酵素補充で野菜と果物は大切です。

    ユーザーID:0774782203

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 特別意識はしませんが

    緑茶にかぎらず
    コーヒーが長寿にいい効果があることも言われてます。
    反対に利尿作用や睡眠への影響も言われています。

    こ自分で飲んで調子が良ければ
    健康情報に振り回される必要はありませんが
    自分は冷たいものはあまり飲みません。
    喉が渇く前に少しずつがいいと思います。
    リフレッシュは別の効果ですが。

    ユーザーID:5793473402

  • テレビCMごとに一口

    高齢者関係の仕事なので、熱中症や脱水の注意勧奨は、よくします。

    全てをお茶やコーヒーというのは、利尿作用やカフェイン含有の関係でおすすめしていません。

    また、ポカリスエットやOS1等も添加物、糖質等も含まれているので、多量に取らないようにと伝えています。

    仕事で、高齢者の方に呼びかける時に、「テレビのコマーシャル時に一口、口に含むように」とお伝えしています。
    白湯などを主に。
    夏は、水にレモン汁と塩、砂糖一つまみなど入れるように提案させていただいています。

    飲まないよりは飲んでいただきたいですが、高齢になると心肺機能や腎機能が低下している方も多いので
    医師の指示があるようなら、それに従っていただきたいと思います。

    ユーザーID:2569909826

  • 熱中症対策は水分摂取だけじゃない

    全ての病気に言えるけど、熱中症対策はつきつめれば規則正しい生活だと思います。(食事・運動・睡眠等)

    <食事>
    通常は必要な水分の多くを食事でとっている。(ご飯や副菜にも水分は含まれている。)野菜多めの栄養バランスの良い食事を毎日決まった時間に規則だたしくとる。胃腸が規則正しく動くことで消化吸収やお通じも正常化。そういう食生活をした上で足りない水分を飲み物で補う。(たとえばダイエットなどで食事をぬいて真夏の炎天下にいれば熱中症になりやすい。)
    食べ物により、体を冷やす物、温める物など色々ある。夏野菜は体を冷やし水分摂取としても良く、余分な塩分を体外に排出させる。

    <運動>
    筋肉は水分を貯めるタンクの役割をしている。筋肉が少ない人は熱中症になりやすい。高齢の人でも運動をすれば筋肉がつく。又うっすら汗をかく程度の運動を週何回かすることにより汗をかきやすい体を作る。(汗が出れば体温調節できる。)

    <睡眠>
    睡眠中に出る成長ホルモンにより体が修復される。睡眠中に腸が蠕動運動して腸内が掃除され翌朝に食欲が出る。

    テレビの健康番組等で私なりに色々情報収集した結果です。

    ユーザーID:6580059812

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧